スフィアサイト

アクセスカウンタ

zoom RSS すれちがい喫茶掲示板跡地14 -PSO2雑記-

<<   作成日時 : 2016/12/01 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 500



すれちがい喫茶掲示板企画用ページとして約2か月使われてきましたが、コメントが500に達してしまったので、新たなページに乗り換えることになりました。
跡地では毎週のタイトルカットを紹介しておこうと思います〜(1枚x12あります)。
コメント欄を読み返すのもいいかもですね!

◆過去の跡地を調べたい時はブログ右下の「ブログ内検索」で「跡地」と入力してください。








◆歴代タイトルカットギャラリー 2016/06/18〜2016/12/02◆

※以前の跡地と一部画像がかぶっていますがご了承ください。



・これからもよろしくお願いしますヽ(´∀` )ノ







■宣伝■




PSO2スペシャルパッケージ
ファンタシースターポータブル2の基本衣装8種類のうち2種類、FUNチケット1000ポイント分、プレミアム権30日(1300円相当)、特殊マグデバイス「クラーリタ」、全クラス装備のきらびやかなクラッド系武器3種などなどがついたvita用ソフトです!
今後もPSO2をやっていく方にとっては実質1300円引きなわけですから、かなりおトクなのではないでしょうかー!
買うなら今でーすヽ(´ー`)ノ




やはりPSOといえばゲームパッドでプレイしなくては!

在庫ありでーす。形から入ろう!ヽ(´ー`)ノ


スフィアサイトの「PSO2」カテゴリの記事にはSEGAの『PHANTASY STAR ONLINE 2』による画像が使われています。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
PSO2の世界で起こったことをターニアちゃんが独自の視点で語る
ターニアたびにっきSQ。

こちらからどうぞ! 0102030405 以下連載中

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆



○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ターニアたびにっき:wiiで発売されたドラクエ3(SFC版)をプレイした様子を読み物にして連載中です。

本文は こちらからどうぞ!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●



◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
スフィアサイトのこれまでのファンタシースターポータブル2インフィニティ関連記事は こちら からどうぞ!

すれちがい喫茶50回記念壁紙配布ページはこちらから!
◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(500件)

内 容 ニックネーム/日時
■ごあいさつ■
・今回も約2か月で500コメントを使い切ってしまいました(ノ∇`)
今後もこのノリで続けて行きますので役に立つ部分だけ抜き取って活用して頂ければと思います。
以下に要点・注意点などを

・URLについて
「画像URL→」のようにURLが記されている場合、ツイッターなどと違って直接表示できない為、URL部分をコピーし、上のバー(もしくはもう1つブラウザを開いて)貼り付けして見て頂ければと思います。
見終わったら左上の「←」ボタンで戻れば直前の所に戻れます。
画像以外にも「参照先」「動画」などのパターンがあります。

・スフィアサイトの方針
この文を書いている人「黒玉サキ」が見聞きしたものを、何にもとらわれずに表現・表示・語るのが最近のメインコンテンツとなっています。
ツイッターなどのように不特定多数の方と話題の共有を図らない、閲覧者を限定した日記ブログとお思い頂ければ。
ゲーマーでアニメ・マンガ(主にジャンプ系)なども押さえているので、話がそれらに偏る傾向にあります。
特定の個人を名指しで非難することは基本的に行わないよう心がけます(有名人・公人に関してはありえます)。
話題も出来る限り全年齢対応にしたいと思っていますが(この場合18以下か以上かの境界のみ)、読んだ方によって良い事や気持ちの良い言葉ばかりではないことが語られていることもありますので、不快に思われた方は大変申し訳ないですが「←」でお帰り頂ければと思います。

それではよろしくお願いします!
■ごあいさつ■@kurotama
2016/10/02 00:53
【終了】モフモフと行く徒花T体験ツアー
【アークス名】ヴィクター
【コメント】
無事終了しましたので簡単ですが感想を。
誰も来なかったらどうしよう…と心配していたんですがターニアさん、Gorgorothさん、ドロスさん、ハツネビーストさん、大和さん、Aquaさん、ストロボヤンマさん、三ノ輪銀さん(ハツネビさんの別アカ)と計7人もの方がお越し下さいました。

徒花トリガー戦は私の手持ちの3枚、ハツネビーストさんが提供して下さいました1枚のトリガーで計4回行う事が出来ました。
収穫としては大和さんに13ライフル、Gorgorothさんにインヴェ足が出たそうですね おめでとうございます!!
そしてサンバ風衣装(幸子風?)で場を盛り上げて下さったドロスさんに感謝です。

企画にご参加いただいた皆様には心より感謝申し上げます。
もしかしたらまた何か企画を建てるかもしれませんので、その際はまたお越しいただけると幸いです。

以上駄文を失礼致しました。 それでは またですメェ〜
■終了■ナナシ
2016/10/02 02:04
>ナナシさん(一部ハツネビーストさん宛に)
・記入時間が…、急かしてしまったようですいません!
今回は結構お高いトリガーを3つも出していただいてそちらもありがとうございます〜。

でも
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUWM1cWZ6VE00Zkk
シュールな絵ヅラw

この出会いには少々面食らいました(ノ∇`)

そして皆さんが続々おいでになった時、仕込みがさく裂。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qT1hGUU1yV0pvck0
そして大変メイニアック(マニアック)なネタ。ググるのは自己責任で!

ここの所、野良緊急で時々起こる「白チャットで他のプレイヤーを非難」というのが本当に嫌いになって緊急も特に出なくなったものですから(コレクトファイル制によって「まとまった回数でなければいけない」になったのも原因)、久しぶりにハンター・ガンナー・ファイターという懐かしいクラスで楽しめました。
サモナーも攻撃が激しいボスだと必殺の「マロン投げ」がクールタイムをフル活用して使えるので楽しいですね。
もはやサモナーというよりボマーでしかないんですが(PsPo2のブレイバーもトラップという名のナパームボムを使い手のクラスでしたねw)。

ヴィクターさんも主催者ということで支援に回ってくださっていたようで、見た目はちょっとアレですが大変助かりました!
周囲の裸族がその力を見せるにしたがってミックスアップ(ライバルの存在がお互いを高め合う現象らしい。はじめの一歩で知りました)を引き起こし、どんどんと毛が刈られていっていましたね(冒頭のショートカットを考えると計算された脱衣の可能性が…)。

つづくー
■お返事■@kurotama
2016/10/02 12:31
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qT1hGUU1yV0pvck0
互いに意識し合い、さらなる高みへ。凡人たる我らは見守ることしかできません。

最後はハツネビーストさんの徒花トリガーで4回戦めをプレイすることができました。
そういえば、新アカウント三ノ輪銀さん(「鷲尾須美は勇者である」シリーズの登場人物のなりきりキャラクター)は、Fiで参加されたはずのもいつの間にか回復役になって頂いていたりしてましたねw
NOUKINで本当にすいません(ノ∇`)

トリガーを皆さんでやりましょうというのはEP4が提供した「新体験」の一つであり、今回のような使われ方、またはあと少し足りないコレクトファイルゲージを上乗せするついでに皆さんもつきあってくれませんか? というものであり、ここに関しては確かに今流行のシステムに少し近づいては居るんですよね。
プレイヤー発の緊急クエストっていう。

本当はここに細かな入場制限(装備条件・メセタ支払いなどを部屋主が設定できる等)、ゲーム内告知などを加えたり「トリガー緊急推奨ブロック」などを作って後押ししてくれればPSO2は更なる進化が出来たと思うだけに残念ですね。

僕たちは一応この掲示板を通して告知ができますから、「運営の用意する緊急に参加できないから、トリガー買ってきたんでやりたいんやけど」みたいな告知は大歓迎ですよっ。

それでは、今回企画を立ててくださったヴィクターさん、そしてトリガーおかわりを出してくださったハツネビーストさん、ありがとうございました!
またよろしくおねがいします〜!
■お返事■@kurotama
2016/10/02 12:31
■運命を手繰り寄せろ@バトガの話(このコメントは10/1に書かれたものです)。
・さー来ました。イヤなことはさっさと済ませて後で困る方が好きなんです。
いや、イヤなんだけどやりたい、やらな…というアレでして、モノがね、来てくれればこの上なくハッピーなんですがー。
それを出るか出ないかヤキモキするのがイヤ(⊃д⊂)

とりあえず最初の一回だけは何が来てもダブりだけはないやさしいガチャだからね。
この回で遥香っちゃんが来てくれればイチ抜けできるんです。

許してください!(←?)

(ここまでは引く前に書きました)

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUldlR184a0JIQ1U
うららちゃん、いらっしゃいましたー!^^

…。

ははは、久々に来たな、この感覚…。

戦 争 の 始 ま り だ ァ ッ ! (強力な声)

ここの所、順調すぎてたんですよねー…。
社員引き(一度のチャンスで★複数枚)なし、確定権のうららちゃんカード1枚でした(ノ∇`)

ここんところうららちゃんカードがかなりの勢いで来てくれていまして、湯上がりは攻撃スキルが、水着はなかよし(パッシブ)スキルが超有能だったりしますし、先日遅れて来たPixieカードも攻撃スキルで攻撃力50%アップと中々強かったです。


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUUlvR0pyOE9yM2c
パジャマうららちゃんの雄姿。カード絵では不自然に○の形が浮き出してますけど、こちらは寝巻っぽいゆるーい感じ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:10
さて今回のカードですが、このうららちゃんカードは「ラブコメの定番! どしーん★とぶつかったらなぜか良い感じで押し倒されちゃいました」のアレですね。
色々小悪魔ぶろうとしているうららちゃんですが、実はまだまだお子様の部分がありますから、大悪魔であるドスケベ両刀ビッチれんげ先パイなんかと違ってこういう感じになると余裕が保てなくなりそうなのがかわいらしいです。

先生は基本、オトナ顔負けの○を持つ心美ちゃん相手だろうと、中学生相手にはめったにドキドキしません。
半分オトナの高校生たち相手だと先生と男性のはざまで揺れて「ダメだダメだ!僕は教師だぞ」と自制するシーンが多いですが(しょうがないよナ)、中学生相手なら結構まっとうな精神を持っているはず…なんですが…。

このイラスト、先生と思しき男性に押し倒されて真っ赤になってるうららちゃんという図。

さっそくストーリーを観てみると、合宿所のリビングで、お風呂上り?寝る前にちょっとした雑談をしている みき・遥香・花音・うらら・心美の5名(なにげにみきちゃん・心美ちゃんの寝巻は先出しですね)。

先生がよそ見してて壁におでこぶっつけちゃったという話を披露するうららちゃん。
「おっちょこちょいなのも先生らしいよね」と笑う彼女に「そう?もっとしっかりしてる方がいいと思うけど」と、先生否定派の花音ちゃんがチクリと刺すと「花音さんはそういうタイプが好みなんですか?」と恋愛脳のみきちゃんがツッコミ。

そこから「いつか私たちにも恋人とかできるのかなー」とか話していると、うららちゃん、先パイたち相手に「恋は戦い!相手に積極性がないならこっちからグイグイいかないと」という感じで男性をその気にさせるテクニックを語り始めますが、鋭い花音ちゃんに「それ雑誌とかに書いてそうな感じじゃない?」とツッコまれます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:10
いわゆる耳年増というやつで、花音ちゃんの言うとおり、聞きかじった知識を披露してただけの模様。
それを聞いて「体験談かと思っちゃった…」という心美ちゃんがなにげにひどいw
うららちゃんを中3にしてけいけんほうふなクソ○ッチだと思ってたってことだよね…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcUJnUTZ3SFZTdXM
目をまんまるにして「それは難しそう」という遥香っちゃんですが、いやいや、あなたはほら、出来るでしょう?
ひざまくら、疲れてる先生にみっちり30分マッサージ、コンサートの間中肩に寄り添って寝てる、今回のカードでもまた寄り添って寝てる、となりあった布団で一晩過ごすなど、個人的にはこれまでのエピソードでド両ビれんげ先パイを超えるボディタッチ・接近率を誇る子だと思うんですが(ノ∇`)
はっきり言うとベタ足のインファイターですよ。リング中央で足を止めて打ち合うタイプ。

うららちゃんと花音ちゃんは仲良しですが、言いたいことをずけずけ言い合う方面の仲の良さなので、花音ちゃんは「こういう子に限って、いざ実際にそうなっちゃうと何にもできないのよね」と煽りますが、うららちゃんは「自分なら絶対にうまく返すもんね」と強気発言。

恋愛脳のみきちゃんが「もし強引に迫られたらドキドキしちゃうって人、みんなは居るの?」とまたしてもそういう話題に持っていくと、女子高育ちの皆さん、家族以外で一番身近な男の人というのは…。やっぱりあの人を思い浮かべてしまう様子。

逆に知らないの男性キャラの名前がすらっと出てきたら全国の先生が血を吐くところだったNE!
オタクはウサギやインコより繊細な心を持っている夢に生きるか弱い生物。
だから、あまり刺激を与えてはいけないんだ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:12
そこへ今日も残業当たり前・宿直当たり前の先生が「消灯時間だぞ」と表れたので、みんな「!!」となってしまい、顔を真っ赤にして停止してしまい、そのよそよそしさに「???」となる先生なのでした。

うららちゃん編はこの後「より親密なストーリー」に続くわけですが…。
フラグを立てまくったうららちゃんがどんな感じでテンパるのか、今から楽しみですぞw
この子、ピンク髪(赤髪)だけど意外と純だからなあ。
そして何もなかったのに勝ち誇って「先生にー押し倒されちゃった★」ってみんなに言いふらして、先生が上司に呼び出されるのが見える…!

■ここから追記:見てきましたヽ(´ー`)ノ

じゃんけんに負けてパジャマパーティの後片付けをすることになったうららちゃん(年功序列をこういう時に適用せずにじゃんけんで決めるのが星守クラスの美点です)。リビングの片づけをしています。
ちぇーっとフテ気味ですが、先生に手伝わせて「でも二人っきりになれて嬉しいでしょ?」と気を取り直します。
自分のかわいさに絶対の自身を持つ彼女に呆れつつもある意味感心する先生。

うららちゃんは「先生って女の子にどんなアプローチされたら気になる?」と、先生に聞き、先生は「(君たちくらいの歳では)緊張して話しかけるのも大変だったよ。今はうららたちのおかげで少しはマシになったけどね」と答えます。

真面目でちょっと奥手な先生に先ほどのアレを実践したくなってみて、例えばこんなのは?と、耳元でささやいたり、手を握って「大きい手だね」とか、女子が男子を喜ばせるテクニックを駆使してみますが、先生の心は至って平静で、耳は「くすぐったいよ」で、手は「男性だし年齢も違うからね」とまるっきりドキドキしていない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:13
先生は中学生組にはよほどでないとドキドキしないのです。
特に、すぐ調子に乗るうららちゃんには若干手厳しく拒絶や態度をたしなめることが多く、線引きをしっかりして保護者としてとても大切にしている様子が伺えます。

若干傷ついたうららちゃんは、早く片付けて寝よう寝ようとなってる先生に後ろから抱きついてみることに。
さすがにパジャマという薄着で密着されるとびっくりする先生。バランスを崩して例のアノ押し倒しちゃった1枚絵の状態に。

先生は彼女の体を気遣い、大丈夫だった?と至って平静に問いかけますが、予想以上の態勢にうららちゃんはいつもの先生をからかう小悪魔っぷりが出せません。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qajdnR3NhbURSTGs
先生はそのままの態勢で「元気なのはいいことだけど、あまりイタズラが過ぎると冗談じゃ済まなくなるよ」「うららが傷ついてからじゃ遅いんだ…。それはわかるだろ?」と説教開始。

しかしうららちゃんはそれを「僕だって男なんだよ、からかいすぎると先生でいられなくなる(※黒玉が書いた解釈)」「イキオイに身を任せて傷つくのはうらら(※黒玉が書いた解釈)」と、男女の仲の話と取り違えて「その気にさせたのはうららだもんね、先生ならいいよ…」と、完全にアノモードに。

先生はうららちゃんの様子がおかしいことに気が付きますが、奥手さんなので、彼女が発情して「いいよ」って覚悟を決めてるとは連想できず、もうすっかり「先生なら傷ついたりしないよ…」となってしまってる彼女にようやくハッ!と気が付いて「まてまて、一旦落ち着こう!」となります(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:13
状況を整理すると、先生は「はしゃいでいるといつか怪我をしちゃうぞ」で、うららちゃんは「うららが可愛すぎてガマンできなくなるぞって話でしょ?」で完璧に噛み合っていない。

先生だからうららたちにそんな感情は持たないと断言する先生ですが、うららちゃんはちょう不服。
本当に感じないの?何も?と問い詰め「自分は先生に見つめられてドキドキしてるよ。これ以上は女の子に言わせちゃダメ…」と押せ押せの態度を崩しません。

そのまま勢いで押し切られそうになる先生ですが、そこにみきちゃんが遥香っちゃんを連れて「携帯忘れちゃったから」と一緒に取りに来てもらうことで先生は救われました。

「まだ片付けしてたんですか?」とみきちゃんに問われて「今終わった所なんだ」「そ、そろそろ部屋に戻ろうかなーって」と顔を真っ赤にしながら弁解?する二人。

二人が去った後、うららちゃんは「さっきはすごくドキドキしたよ。だから今度はうららが先生をドキドキさせるからね」とリベンジを宣言して今回の話は終わりです。


おお…!うららちゃんの攻撃力が先生の防御力を貫通した…!
これまでの「より親密なストーリー」では子ども扱いから抜け出すことができず、先生は多少ドキドキしても保護者ヅラをほぼ崩さずにうららちゃんの積極攻勢をしのいでいたため、うらら押しでない僕でも「どこがより親だ…!」と不満に思っていたものです。

しかしこれはうらら押し先生にはたまらないストーリーなんじゃないかな…かなりニヤニヤできましたね。
最後にお邪魔しに来た中に「たまたま」遥香っちゃんも居ただけで僕は勝手にニヤニヤできましたしね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:18
うららちゃんのスイッチが入るあたりは「あ、ジャンプがマガジンになった」みたいな感じでしたしね(描写のレベルが。ちなみにホメているわけではない)。
今回は胸元の大きい小さいなんていうものは実戦、及びクローズレンジでのバトルでは決定的な戦力の差にはならないということをよく教えてくれましたね。
女子も3日会わざれば括目して見よって感じ。

先生は大変だなー。SHINE(輝き)。

あまりロコツなエ□に走るのはやめてほしいですが、アップルの審査を恐れたせいかバレンタイン以降恋愛路線をほぼなしにしてドタバタと夢オチだけでお茶を濁してきたバトガの「より親密なストーリー」は正直に言うと退屈でした(笑えるのも多かったですがw)から、こういうシチュエーションで見せるラブコメくらいならまあ…良し。

まだボイスドラマのほうは聞いてないのですが、結構評判良い感じですね。
10月からはこういう風にカード1枚のウェイトを高くしていくんでしょうかね…。

ちなみにネットでもこの攻め攻めなエピソードでうらら人気が急上昇。
僕の中でも「フッフフ…、子供だと思っていたのになかなかやるじゃアないか…!」と少し見直しました。
だけどみきちゃんの割り込みで止まらなかったら、先生お縄になってたかもねw

あと3回で遥香っちゃん、来るといいなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/10/02 18:20
■今日は心美ちゃん誕生日!@バトガの話。
・なんていうか、9/23だけ気にしてたけど、9/30、10/2と立て続けに誕生日来るんですね(;´ρ`)ノ
さっそく恒例の誕生日ガチャチケットを使って1回のみ引いてみます…!

心美ちゃんが来てくれて、一瞬おおおおおおおってなったんですが、★3の心美ちゃんでした(ノ∇`)
当然所持してます…。

まあ誕生日ガチャは本気になるもんじゃあないよ…。
しかし心美ちゃんの今回のなかよしスキルは待望の「宝箱回収範囲アップ」。
広範囲スキルで敵をどっかどっか倒しているとドロップアイテムが拾えないっていう難点をかなり解消してくれるおいしい特性です。
来てくれなくて残念ー。

心美ちゃんおめでとう!

■クロムクロ最終回観ました@雑談。
・うん、だいぶあっさりしてましたね(;´ρ`)ノ
色んなキャラクターの活躍でケンノスケを宇宙に上げることに成功し、色々あって取り残されたユキナは5年後、宇宙人ゼルの残してくれたデータと異星人技術を使った超航行宇宙船で220光年かなたの彼らに会いに行きますという所で終わりました。

結局「纏い手になって不老になってる件」「世界が手に入れた宇宙からの超絶技術とナノマシン技術によって人類間の戦争が激化するのでは?の件」はふわっとした形で終わりましたね(一応5年後で同級生のソフィーちゃんが超美人レディになってる横で、ユキナは表情に落ち着きがある以外変わっていないように見えます)。

洗脳されていた人たちは全員死んでると言われていましたが、オペ子ちゃんは車いすで意識のない状態から、反応を見せていましたから回復の兆候が見えた感じです。
不老と限定的な不死まで可能とするナノマシンをもし扱えるなら、医学も進歩するだろうなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 23:17
火薬を戦争に転用した結果、戦争で一度に死亡する兵士の数が劇的に増えてしまった話と同じで、危険な超技術はさらなる破壊の拡大を呼ぶかもしれませんけど、良い方面に使う人もいるかもねと受け取っておいた方がいいかもしれません。

この終わり方はダメではない、しかし…続編を作る終わり方でもない…。
さらに、敵宇宙人たちと決戦をするとは言ってましたが、勝てる見込みのあるなしは度外視して「参戦することが恩返しとなる」感じだったから、どうなるかはわからない…と、悪く言えば「結末は視聴者の心の中に」、良く言えば「彼らの人生は続いているんだよ。何一つ終わっちゃいない」感じでしょうかね…。

うーん、ダメではないんだけど、なんかもうちょっとこう…。
でも、キャラクターの群像劇という意味では各人きちんと描かれていたので(多くの人が高校時代の夢を形にできていた)、そっちの方面で言えば綺麗に終わってるのかな。

このアニメは「戦い」がメインじゃなくて「戦いが降ってわいた現代社会」を描いたんだと思えばいいのかな。
視聴中は楽しかったので、良作だったと言えると思いますー!

■こんなに続きが気になるガンダムはない@鉄オル感想。
・始まりましたね「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ2期」。
状況説明と主人公たちの状態、アトラちゃんが成長期でぐっと背が伸びたのが印象的(室内犬めいた印象だった1期に比べてレトリーバーみたいなもっさり毛長種の犬みたいな印象になった)。
色んな組織が軌道にのり、新たな建物が立ってること、グリフォン姉妹(前作の癒しポジの双子幼女)が寄宿舎制の学校に通ってることから、1〜2年は経ってる感じなのかなー。
少年だった生き残りメンバーもいくぶんがっしりしてきてたしね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/02 23:18
次への準備として新たに雇った少年兵を鍛えたりするシーンもありましたが、前作の主人公たち「鉄華団」の活躍で、皮肉にもモビルスーツの有用性が再評価され、少年兵が正規軍を相手に互角以上の戦いを繰り広げたこと、ギャラルホルンの支配が弱まった反面反乱が増えたことなどから、少年たちはむしろ戦場に多く駆り出されるようになり、世の中はむしろ荒れてしまったのがなんともやるせない。

前作の黒幕であったサクライさん(マクギリスさん)も順当に邪魔者(義父)を失墜させて権力を手に入れ、次のステージに進んでいますし、ギャラルホルンを取り仕切る名家の集団「セブンスターズ」の中の権力争いもより深く描かれることになりそうです。

ネットのガンダムの話題をする場所ではこの鉄オルにアンチも結構いるようですが、僕はこのシリーズ、大好きな「ガンダム00」よりよほど一般人にオススメできる作品だと思いますがねえ。
最近「その世界の社会を描けている」作品が減り過ぎてるので、こういうの大事にしたほうがいいって思います。

彼らの行く末、まあ半年かけて見守ろうと思います。
アトラちゃんだけは不幸になりませんように。
■雑談■@kurotama
2016/10/02 23:19
■2回めにしてもう限界ニャウ@バトガの話(このコメントは10/2に書かれたものです)。
・というわけで、昨日当たったうららちゃんカードのストーリーが想像以上によかったので、ますます「添い寝遥香」カードが欲しくなりました!
今回は5枚のカードに対して4回の確定権がありますから、パッと見では4回チャレンジするので4枚の新規カードがゲットできることになりますが、ダブりが存在するからなあ…。
星のかけらは750を超えたので、250個による確定ガチャに一応フルで参加することはできますが…。

まあ悩んでてもしょうがない、引いてしまいましょう(´・ω・`)

(ここまで引く前に書きました)

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qczVRV0JnM3pmclU
ははは、余裕なんだっての! ヒャッハーーー! 今日は祝杯だーッ!

遥香っちゃん様が、あ、おいでになってくれましたァン!
スピアに続いて彼女の第二の得意武器、ガンですね。

刺激的でもエ□くもない、ネットでは「遥香のストーリーしょぼすぎ(より親密にしては?)」とか言われてますが、そういうのが欲しければ別の子のとこに行くがいい。
そもそも遥香ちゃん好きにとってエ□スなんか「おまけ」でしかないんだよッ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/03 00:49
よその子(押し)になりなさいっ。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qa0wzTG1leFRtSmM
遥香っちゃんの寝巻姿の雄姿。
ゆったりしたのを着ると、セリフでは「大人っぽいパジャマ」と先生にホメられてますが、髪の色も相まってむしろ「西洋人のお人形さんみたいな少女」のように見えますね。
一番右の画像は彼女のスキルです。
夢を食べると言われているバクを召喚、その背に乗って(またがってないのがポイント)、「撃てーっ」な感じで指示すると自身のHPが回復、ロック位置に向かって3ヒットの攻撃をしたのちに15秒?20秒?「ダメージ無効(吹き飛びは防げない)」という、盛りだくさんな効果を持っています。

昨日ゲットしたうららちゃんカードもおまけに来てくれましたが、いかに健闘しようとも若さだけでは到達できないものがあると知るがいい…!あはははははは。

ふう。これで10/5からの確定5枚に500個残して挑むことができます。
あちらはみき・あんこ・明日葉・心美・詩穂という、準お気に入りの子たち満載のガチャですから、正直誰でもいいんやで。

感無量(ボタン押しただけ)、感無量ですよう(ボタンを押しただけ)、この勝利の感覚に酔いしれたまま(ボタンを押しただけだよ)、今日はもうお酒飲んでいい夢見よう。

色々触るのは明日でいいや、あ、エ□い意味じゃなくてNE!
すいませんはしゃいでいます(ノ∇`)

今はただ、コロプラのかみに感謝(だからボタン押しただけだっての)。
■雑談■@kurotama
2016/10/03 00:49
■しあわせのはるか祭り@バトガの話。
・はい、いつもそうなんでが、イベントの「眠れぬ夜は君と…」とカードのストーリーの内容はリンクしていません。
経験したイベントはあとからでも閲覧できますが、カードだけを入手してストーリーを後から見た時にイベントのストーリーがないとわからないものだと意味がないからですね(例外的にバレンタインなど、誰でも見られるイベントストーリーが先生視点、カードはそこに至るまでの生徒視点で、一部セリフが共通のものもあります)。

そんなわけで、「眠れぬ夜は君と…」のイベントと「添い寝遥香」の「より親密なストーリー」を見てきました!

イベント版は5人分全員見られますけど、基本設定として…、星守の中で体調不良が流行していて、念のために合宿所に宿泊させることに。
星守たちの技術・装備面の面倒を見ている御剣先生に言わせると「神樹から受けているエネルギーを上手く体内に循環できないのではないか?」とのことでした。
御剣先生も元星守(しかも歴代最強だったとか)であり、イマイチ把握できない先生にわかりやすくいうと「冷え症みたいなもんだ」ということです。

「おまえ担任だろ?何とかしてやれ」とざっくり命令する無慈悲な先パイに「どうすればいいんですか」と問い直す先生ですが「気が弱っている彼女たちの頼みを聞いて手でも握ってやれよ」と適当に指示され「でも手は出すなよ?」とクギを刺されます。

星守クラスの正担任、八雲先生(御剣先生と同期でその代のリーダーだった)に「星守の力は彼女たちの心に依るから、意外と効くんじゃないかしら」と言われ、よくわからないなりに様子を見に行くことに。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/03 20:21
流れは「疲れているのによく寝つけない」となっている星守たちの様子を見に行ってあげる感じとなりまして、その解決方法は…。

ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイ
先生がグチをあげることになり、最後はしゃべり疲れて寝てしまうのでした。

アイドル志望のうららちゃん
手を握ってくれたらよく眠れるかもと言われたので、手を握っててあげることに。

スポーツ少女の昴ちゃん
ホットヨガで柔軟体操をしていた昴ちゃん。
いつもは弟にやらせている背中のツボ押しを先生にお願いするが、ヘンな声を出すので先生もヘンな気持ちになりかけてあわてて逃亡。

ツンツンツンツンデレの花音ちゃん
寝間着姿の女性の元を訪れる先生の非礼を責める彼女をなだめる為、お昼から何も食べていない彼女の為にうどんを作る先生。
かつおぶし大好きな彼女の為にだしにかつおぶしを入れるものの、取り除かずに出してしまった為にダメ出しをされてしまいます。
でも実はとてもおいしかった為、ダメ出しの最後にちいさく「ありがと」と付け足してしまうのでした。

マイ嫁の遥香っちゃん
眠れないので…

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQnB2OU9WOWNpU1E

この流れで先生に「うでまくら」をしてもらうことに。うでまくら…!

先生はさすがに…とためらいますが、悲しそうな顔をされて仕方がなくうでまくらをすることに。
同衾するわけにはいかないので、彼女が寝付くまで中腰のまま腕を提供した上(どういう体勢だw)、うでまくらのせいで手がシビれてしまいます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/03 20:23
おお…。
攻撃力が高いと思われていたれんげ先パイはいたって普通、うららちゃんは微笑ましい結果と、攻め一辺倒ではない普通の所も見せてくれました。

こういうこと言ったらダメだと思うんですが、ギャルゲー的に「全員が先生に好意を抱いてる」っていう大前提がなければれんげ先パイって絶対に付き合うことはないタイプの異性のポジションですよね。
彼女の「より親」ストーリー見てても「オトナはフクザツ」というより「この子が意外とめんどくさい(意地っ張りな)」タイプなんです。
本来なら女性を(許されるなら性的に)愛したい彼女の、若さゆえの過ち(生物の本能が抵抗して男性に想いを抱いてしまう)でしかないというか。
人間の汚い部分を若くして味わい(新体操の代表選手にセンバツされたら仲間の妬みで足をくじかされて機会を失った)、人前で本気を見せなくなった彼女ですが、それでも星守を含め、女の子が悲しい想いをしないで済むようにというだけの為に戦いの道を選んだという…ブレない性格とかは結構好きなんです。世の為人の為はおまけですっていうね。
星守には珍しい、自分の為のモチベが結果的に世界の為になってる子なんですよ。

遥香っちゃんが皆の健康や安全を守りたいと願う表の存在なら、れんげ先パイはその足りない所や後輩たちでは気づけない視点で裏で護り、真面目な展開において先生と生徒の意見が合わない時なんかは「超えられない最後の壁」として立ちはだかったりしますからね(あの時は先生のほうがオトナのリクツを振りかざしてる悪者だったしな…生徒の盾になるのはお前の役目だろっていう)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/03 21:01
と、彼女のキャラクター性を理解した上で感じた感想が上記のアレなんですよねー。
こういう千載一遇のチャンスで「グチを聞いてもらう」で終わるというのは、やっぱり色々考えてしまいますね。
(これだけ書くくらいにキャラクター性は好きですよ)

花音ちゃんは相変わらず損な性格。この子も宿命(基本的には先生が好き)がなければ先生をいかに想っていようと「怖い^^;」と思われて終わりそうな感じがあります。
というか、勝気をこじらせて男全般が嫌いな気もしないでもない(事務所の上役にはきちんと敬意を払ったりはしてますよ)。

逆にこういう話でそういう感じのしない昴ちゃんはツボを押されてヘンな声を出して先生をモヤモヤさせてしまう大金星。
弟くんは姉とはいえこんな声聞かされて、ストレス解消に組みつかれて巴投げされて…と、変な性癖を植え付けられてないか心配ですw
でも姉のいる男って女性に対して憧れとか持ってないし女性に対してやったらヤバいこと知ってるから女の子にはウケがよさそうですよね。
僕の知ってる姉持ちの男の多くは「悪魔だね(断言)」「弟なんて奴隷以下としか思ってないと思う」「怖い」という感じが多いな…。

さて、遥香っちゃんは今回最もヘビーな接触のお願いしてきました。
さすが彼女は1vs1に持ち込んだ時の立ち回りに長けているなあ。
世間的には「清楚なお嬢様」で通ってるけど、こういう時の意識しない破壊力は彼女の大きな魅力ですね。
(この後色々書いてたんですが、押しの子を面白おかしくからかうにしてはあまりにも真実を突いてしまって笑えなかったので削除(´・ω・`))

先生は本当に大変だなぁ。SHINE(輝き)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/03 21:03
ちなみにカードの方の遥香っちゃんの「より親密な」ストーリーは…

合宿所のリビングで見つけたバトル漫画「ド畜生がいる!」をついつい読んでしまっていた遥香っちゃん。
見回りをしていた先生に見つかってしまい、「合宿中に漫画なんか読んでいてごめんなさい」と謝る彼女ですが、先生は「息抜きも必要だよ」と別に咎めるつもりはありません。
しかもその読んでいる漫画は先生も昔熱中して読んでいたので、話が盛り上がってしまいます。
熱が入ってうっかりネタバレをしそうになる先生を止めた遥香っちゃんですが、先生と漫画の話がもっとしたいから、読むまでまって頂けます?と二人で並んで漫画を読むことに。

彼女のリアクションを眺めて、自分もあのあたりは燃えたなーとか、あそこから一気に話が面白くなっていくんだよなぁーなど、同じものを読んで気持ちを共有する楽しさを感じる先生。
遥香っちゃんは登場人物に強く感情移入してしていて表情がころころ変わるので、ついつい彼女を眺めてしまうのでした。
先生の視線に気づいた彼女に

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qY1AzdUlaZ2xZcFE

と、つい「かわいい」と言ってしまったので、テレ隠しにそっぽを向かれてしまいます。

ふと気が付くと漫画に集中してた先生に寄りかかって寝ている遥香っちゃん。
合宿で疲れてるんだろうなとそのまま寝かしてあげる先生なのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/03 21:08
うん、かわいらしい話でした。大変良し。
寝言で「先生…すき」というのを聞いて一瞬ドキっとするけど、続けて「スキありですよ」と別の漫画の夢見てたのか…となること以外、ニヤニヤ展開はなかったので、ネットでは「いまいち」となってしまってましたね。
うららちゃんの逆にヤバいくらい攻め攻めなのを併せて聞いた人は「この程度なの?」と思ってしまうかもです。

でもね、遥香っちゃん好きにはこれはこれでいいものなんです。
アイドル「Sirius」でのおしりを強調したポーズからこっち、胸勢への対抗勢力の急先鋒として「なんかエ□枠に入ってないか?」となってた彼女ですが、本来ならメインヒロイン格3人娘の「おとなしい系」なんですから、こういう微笑ましい穏やかなものもないと困る。

これまでヒミツだった「実は漫画…それも結構バイオレンスものが好き」という趣味を先生に知ってもらって、共通の話題があることがわかったわけで、男女で趣味が噛み合うっていうのはとても素晴らしいことですよ。

しかし、先生との距離の詰め方がイベントの方がすごいっていうのは、添い寝カードに過度な期待をしてお金ぶっこんだ先生とかからすれば「がっかり」と言われてもしょうがないんだろうなあ。

ボイスドラマのほうはまだ聞けていないのですが(合宿所の模様替えしたり、親密度が減るのでキリのいい時でないと実行できない)、まあ良し。
手元にあるんだ、急ぐことはない…。

心置きなく10/5の後半戦に行くことが出来そうです。
■雑談■@kurotama
2016/10/03 21:09
■ハツネビさんから動画を頂きました@PSO2の話。
・先日ヴィクターさんが開催してくださった徒花祭りの戦いの様子をハツネビーストさんが録画してくださってました!
こちらをどうぞー!上のURLが動画、下のURLは画像となっておりますー。
========

徒花トリガー戦 動画+画像アップしました!

先日の徒花トリガー戦お疲れ様でした。

トリガー戦の様子を録画しておりましたものをアップいたしましたのでご連絡いたします!

1戦目と2戦目を録画していたのですがヴィクターさんとドロスさんに呼応してGorgorothさんも真の姿をお見せした2戦目をアップさせて頂きます!

20161001_モフモフと行く徒花T体験ツアー(2戦目).mp4

https://drive.google.com/open?id=0BxQTIwKUblduSkxXM2ladl9oeGM



また皆様の集合写真も一緒にアップさせて頂きます。

みなさま裸族へヨーコソ!.JPG

https://drive.google.com/open?id=0BxQTIwKUblduVjQzM05zeEc2MWs

1枚目と2枚目のヴィクターさんとGorgorothさんの変身姿にご注目!


今回おかげ様でコレクトファイルを進めさせていただけました!

こうして皆さんで集まるのにトリガーは今後も色々活用出来そうですね。
また私の方も機会があれば開催させて頂きたいと思いますので宜しくお願いいたします。

=========

黒玉コメント
はい、ありがとうございました!
徒花の突進をステップで回避しててすごいと思いました(ノ∇`)
緊急トリガーは上手く使えばイベントとして面白そうですよね〜。
またよろしくお願いします〜!
■動画■@kurotama
2016/10/04 00:55
■タルナというせいぶつ@デモゲの話。
・FF11において「タルタル」という3頭身種族がいます。
いわゆる「ホビット」のような、子供が若干がっしりしたような感じではなく、まさしく「SD(スーパーディフォルメ)キャラ」。
イマドキでいうとフィギュアの「ねんどろいど」が比較的近いといえますが、タルタルはタルタルであってタルタルでしかないという独自性もあるので(顔というか鼻がコアラに少し似ている)、FF11の生んだ偉大な発明の一つと断言できます。

まあ他にも「ガルカ」という、シッポが生えてて指が四本しかなく、転生で生まれ変わる為「性別」を持たない(シルエットは男性に見える)ゴツい種族、ネコがだいぶ混じっていて、男性が希少種という「ミスラ」、身長が高くスラっとしているがいわゆるエルフっぽい外見に反して全種族一の腕力を誇る「エルフの外見のドワーフ」と言われている「エルヴァーン」など、5種族ならぶと、普通・長身・女子枠・巨漢・ガキと、日本の生んだ「定型5人組」の感じになるのです。

これには明確な名称はなかったと思いますが、いわゆるスーパーロボット系アニメ、ガッチャマンなどがその感じですね。
物語が作りやすいというかキャラが付けやすいんです。

ただFF11はそのガキ枠を世界観無視とさえ言えるくらいのSDにしたのが新しい。
基本的にリアルで重厚な世界観なんですが、完全にSDの子たちがあちらこちらにいるしプレイヤーでもあるっていう絵ヅラがよかった。
そして、かわいいもの好きの女子や、TRPG時代にホビット使いに多かった「何事も楽しむ…いや、からかってかかるロールプレイを好む」タイプも見受けられ、「エ□タル」「クソタル」「蹴っ飛ばすぞ」「タルバインド(後述)」など、大変愛されていました^^

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:19
また、タルタルの国で始めると、登場NPCは老人も青年もゲーム史上に名を刻むほどの超・大魔道士(老婆らしい?)も、ゲーム一のイケメンで「アニキ」とまでよばれる熱血魔道士も居り、個性豊かで若干濃い(アニメ的といいますか)面々に囲まれるため、ギャップが大変面白かったのです。

種族の特質的には敏捷で器用というイメージとは違い(それはミスラが持っています)、主に高いのはINT。知力というか魔力ですね。
いい加減RPGは知力と魔力は別にしろと思うんですが…、逆に伝統だからどうしようもないのかな(厳密には知力と知識と教育度と魔力と意志力とは全部別。賢さにも発想力と洞察力の差もあるし、生活の知恵者や学歴が高いアホもいるわけで)。

まあそんなわけで、ガチ前衛としてやるにはなんとも頼りない防御力とHPを持つ反面、INTが必要なクラスでは無敵。
他の種族の追随を一切許さないほどの凶悪さを誇ります。
オープニングムービーの「タルタル黒魔道士団による究極魔法メテオの召喚で敵の群れを蹴散らす」のは有名ですしね(その後人類軍は無残に敗退しますけど…)。

で、タルナです。タルタルのナイト。

FF11のナイトは、初出のFF1のジョブが「回復魔法を少し習得した戦士」ということで、ダンジョンズ&ドラゴンズなどではパラディン(神に仕える戦士)といわれる存在でした。
なので英語表記及びキャラ略称は「PLD」ですから、FFの歴史に沿って日本名を「ナイト」としているだけですね。
他のMMORPGでいう「壁役」と比べると大変柔らかく、自己を回復魔法で治療しながらむしろそれで敵からの「ヘイト」を集めるという、防御系の魔法戦士であるとも言えます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:20
いわゆる主人公=戦士=ストーリー上でナイトになるとか、FF4の主人公が「パラディン」であることから、主人公に憧れるプレイヤー人気は高いものの、その実際の役割は「サンドバッグ」であり、死ぬと経験値(プレイ時間30分〜1時間分。パーティ成立までの待ち時間を除外した数字)を失う危険が最も高い役目です。

レベル上げ、ストーリーミッションなどで守りの要である反面、司令官が無策だったり無能だったりするともっとも被害を被る係であり「オレが大活躍してボスを華麗に撃破したい」という、主人公好きの…悪く言えば若干好みが幼いプレイヤーにはとてもできない「縁の下の力持ち」でした。
こういう役割分担ゲームでは自然とそうなりがちですが、敵の攻撃を死なないようにさばくのに必死なので戦況などは見る暇がなく、魔法を使うタイミングを計らないといけない魔道士や、全体のバランスを見ながら歌唱効果を振りまく詩人などのほうが司令官としては適していたわけです。
当然求められるのは「レベルに見合った防御力、思わぬ一撃に耐えるHP、魔法を充分に使えるMP」です。
できるだけガタイのいいほうがいいのは明白ですが、最も頑強な「ガルカ」はMPが致命的に低い(一応のマスターレベルである50レベルで魔道士系ジョブでもMPが3ケタにならないとか)為、別の意味で苦労したりしますが…。

存在が主人公ぽい「ヒューム(人間。ご多聞にもれず全てにおいて平均的)」が向いている感じですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:20
じゃあタルタルはというと…、HP=低い、防御力=低い、MP=高い と、装備が整うエンドコンテンツならともかく、強力な装備もできず、狩場でトラブルも多く発生する(プレイヤー同士のいさかいではなく、敵がいきなり増えたりするほうのトラブルね)アカの他人とのレベルアップ狩りでは「申し訳ないけど帰れ^^;」という感じになります。

FF11でよくあった「○○は(パーティ参加)希望出すな」ですね。

好きなクラスが「暗黒騎士」で、パーティに席がなかった僕は、同じような体験をしていてあまりこういう差別的なのは好きではなかったのですが、それでも「盾がタルだ…」と若干不安を覚えるくらいのものでした。

ちなみに、カッチカチの金属防具に身を包んだ三頭身のキャラが、全長数メートルの巨獣の猛攻に耐えている姿はけなげで大変良い絵ヅラなのですが、やはり厳しい。

タルタルプレイヤーは「MP上限値をHP上限値に変換する装備」などを駆使して皆さん頑張っていて、戦闘開始時は「HP上限値をMP上限値に変換する装備」などでMP高め・HP低めにし、ダメージをたくさん受けたら大回復魔法を自身に唱えて敵からのヘイトを固定すると同時に、逆の装備や防御力とHP補正を兼ね備えた装備に切り替え…とかやってるんですが、他のクラスでそれを駆使すればもっともっと安定するのよね(´・ω・`)つらい

そんなわけで、タルナというのはMPの最も少ないガルカ族の魔道士と同じく大変難しい存在でした。

僕はフレにタルナちゃん(♂)がいて、彼が迫害と戦いながらもレベルアップを続けて僕らの所属するイベント攻略ギルドで準メイン盾とかしてたんで悪感情はもっていないのですが、倒れた時に「やっぱりタルナじゃな^^;」と思われがちなのが他人事ながら悲しかったですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:21
ナイトは死ぬジョブなんで、死ぬときは死にますからね。
だけど非難する人によると「でもガルナ(ガルカ族のナイト)だったらあのダメージで落ちることはなかっただろ」となるわけです。
最適を求めれば確かにそうだけどなあ(「だったらお前がガルナやれよ」は1キャラ育成が重いFF11ではかなり無理があった)。

まあそんなわけで、効率プレイを自然に求めるFF11において、非適正組み合わせによる活躍というのはいかに難しいものであったのか、正直、エネミーよりプレイヤーのほうがラスボスだった気もします。
実際は錯覚・風評被害に近いものがあったとは思いますが、誰でもかけた時間分確実に成果が欲しいのです。
負けたくないし死にたくないしおいしく稼ぎたいんです。

ではこれが何でデモンゲイズの話につながるのか。

最初に仲間になるミグミィ(犬というか室内犬?人間。たれみみがかわいい三頭身種族。ちなみにチームムラマサ作品では伝統的RPGのホビットをタルタルに、ノームをミスラに置き換えているフシが見受けれる。ノームは日本人には受けないよね…。ちなみに猫人間種族はウィザードリィ5から普通に存在する。本当にネコの顔だけど)の女の子「ペガサス」。

発音できないから自らをペガッソと名乗る人懐っこい子で、ライターがミグミィという種族を理解していないのかそういう扱いなのか、いわゆる「幼女ポジ」です。
作中何度も「ミグミィは子供だから小さいんじゃあないと思うのだが」と突っ込みたくなる。

ナイトの特性をもちながら回復魔法で支援もできる、FF11のナイトに近い感じなんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:21
その小ささと性格、初めて仲間になるデモンということで、マスコット的キャラクターであり、いずれはガチムチムチムチなおねいさんに盾役も主人公の興味も持っていかれてお留守番が定位置になるんでしょうね(黒玉さんが悪い)と思ってたんですが…。

いわゆる盾役はね、残り15人のデモンたちの中で「寡黙なドワーフモンク。回復と守りをしながら自らは鍛えた拳で敵を討つ」と「重装備のドワーフブラックナイトで、スキルはむしろ攻撃寄りの力こそパワー」の2人しかいないんですよ(´・ω・`)イラネ

16人のデモンたちはストーリー上でどんどん仲間になってくれるのですが(というか敵に支配されているのをブチ(検閲)してこちらの手下として改めて支配しなおすことで綺麗なデモンにする。そう、これは浄化です。きれいにするんだ)、16名中12名が女性で、4名が男性です。
しかも剣異でいうところのスキルセットを上手く使って「6つの装備クラスにスキルを割り振って16のクラスを作り出した」という感じでして、悪く言うと「役割がかぶっている」キャラも多数います。
デモゲ特有の「神器」システムで5つまでスキルをセットできるので、キャラクターの足りない所を補わせればどのキャラも使えるようにはなっているんですがねー。

その上、敵の特殊な能力を持つ3デモン以外はみんな「1レベルで加入」する為、結構キツい!
レベルが発動条件や威力決定に関わってるスキルたくさんあるんだぞw

今回は仲間キャラ=デモンなので、ダンジョンの中のデモンサークルから仲間を「召喚」して入れ替えることが出来ます。
つまり、道中は雑魚戦が得意なメンバーで突き進み、ボス戦が近くなれば編成しなおして挑むようなことができる。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:22
なので複数…最低2パーティ分8名は用意するのはゲームを楽しむ上でも価値があるわけですが…16名も育てるのは大変だよね。
だから12名にしよう。
あっドワーフとかいらないんじゃないかな?ついでだから男性4名はこう…見なかったことにしよう。

というわけで、うちのパーティのメイン盾はタルナ…ミグナになりました。
周りのメンツが入れ代わり立ち代わりして、レベルが低い子を戦わせるために編成を次々変える中、ペガッソちゃんだけが常にパーティに存在し、主人公を「お兄ちゃんはわたしが守るよ!」みたいなノリでずっと守り続けるわけです。
うん(消去法だけど)かわいがることにしよう。

ちなみにデートイベントはシステム上大変価値がある成長をするのですが、サムライ肉食系女子「レオ」のイベントで、組み手をしてたらつい胸元に手が当たって云々というのがあって「ダンジョンRPG好きにこういうノリは果たして耐えられるのだろうか」と心配になりました(´・ω・`)

でも萌え系ダンジョンものって結構多いから、デモゲもそれに乗っかったんだろうなあ…。
僕はまだ大丈夫、まだいけます。

後述すると言ってた「タルバインド」ですが、敵と自分の立ち位置を意識してくるくる動き回るアタッカーとかが「ンッ移動がひっかかるな」と思ったら足元にタルタルシーフとかがうろちょろしてて、一定時間相手の移動を封じる魔法「バインド」というのと同じような状態になるために生まれた言葉です(ノ∇`)
今のペガッソちゃんもこれ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:22
ちなみにデモンゲイズの世界観ではボスは、お供「○○シード」を召喚してきます。
それらはいわゆる「ビット」のような球体で、攻撃が得意・防御が得意・魔法が得意などあります。

敵説明の項目を読んでいたら「シードはデモンが操っているように見えるが、デモンの意志を解して自律行動している魔法生物」ということが書いてあって、これはなかなかいい発想だなと思いました。
うん、今のペガッソちゃんもまさしくそれだよね…防御型シード。間違えて蹴っ飛ばしたりしないようにしないと。

今は武器としても使える盾と普通の盾の「盾二刀流」ですから

((ぺ)) < さあ来い!

という状態…まさしく見た目までシードみたいになっている…ウニ的なw
なんかちょっとかわいくなってきたw

デモンゲイザーにとってお供のデモンたちって、仲間でありしもべであり意志はあるが支配しているという感じだからねえ(ここもちょっとギャルゲっぽいですよね)。

最初は「自分でキャラ作れないのか」と思っていましたが、召喚獣扱いだった前作よりこっちのほうが世界観に馴染むといえば馴染みますね。
イベント絵も特にないんだから、キャラの外見をまた50種類くらい用意して自由に付け替えさせてほしかった(セリフ発言するから無理か)。
デモゲ2、色々あるけどトータルでは結構楽しいです。
幼なじみ姉妹の妹ちゃん(巨○)が案の定薄幸キャラになりそうで、最後は主人公の為に消えそうな気配がギュンギュンしてきて今から辛い。
■雑談■@kurotama
2016/10/04 20:22
■パソコンが不調になると黒玉さんも悲しい、つまり@雑談。
・KOIってこと…?
いやいや、「シグルイ」の山口貴由さんがおっしゃる通り、現代の人間にとってモバイル機器及びネットワークはすでに生活の…体の一部。
その自由度を損なうことは体の一部が不調なことと変わりないわけです。
ある意味サイボーグ的な感じ。
でも大体、ロードアイコンがくるくる…ってなったまま固まるのの原因は大体、adobe・norton・microsoftのせい。
ああ、後はgoogleがイラネってなんどはじいてもしつこくchromeを使いましょう!ってゴリ押してくるあれのせいもあるかな…。
InternetExplorerなんか未だに使ってるの?プフーって言われることも多いですが、FireFoxはアドオン関係でよくガッチリ止まるしなあ。
そんなわけでパソコンの根幹に触ってくる系のメーカーのせいってことが多いのは困りましたね。

【告知】ジョジョ第4部第27話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/04(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/10/04 20:32
■これもネットリテラシーなのか@バトガの話。
・明日実装の「おやすみなさいガチャ」の宣伝で、公式ツイッター担当がやらかしたようです(ノ∇`)
みきちゃんが寝起き姿でスマホを見ている様子を「朝チュン?」と表現したのが大きな話題になったとのこと。
多分担当者さんは「お目覚めの時間」と思って書いたのでしょうけど、ネット民的には「男女間で親密な行為があった時、あえてそこは描写せずに、共に朝を迎えましたよ」というのを表現するため、暗転からの小鳥の鳴き声で朝を表現するのを朝チュンというのです。

それを公式が書いたので「え、それだとみきちゃん先生と合宿所で…?」となって瞬間的に大荒れしてあわててお詫びと訂正の入ったものに差し替えられました。
バトガのツイッター担当は先日も、神経衰弱ゲームの際に「桜ちゃん・あんこちゃんは最強、ミミちゃんはむみぃ…ですw」と、ネットで言われている「頭むみぃかよ(バカにした表現)」を引用した所、ごくごく一部のミシェルファンから「公式自らバカ扱いとかひどすぎない?」と言われて絡まれていました。
悪いけどミミちゃんがのんきものでかしこくないのは事実だと思うんだが…。
それに嬉しい時も悲しい時も基本的に「むみぃ」と言ってるのも本人なので「むみぃ」の中身は状況によるとまでいえるあれなんだからいいじゃんて思うんだけどね。
でも今度の「朝チュン」は寝床のシーン(当然きちんと着衣してますよというか、若干子供っぽいパジャマだなぁw)ですから、あらぬ誤解を招いたのも事実。
ツイッター担当さんはよくゲームを理解して愛のある宣伝をしてらっしゃる方なので、災難だったねとしかいえないなー。
僕は彼女はよくやってると思う。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/05 01:53
【終了】ジョジョ第4部第27話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今週はGorgorothさん、ストロボヤンマさん、ハツネビーストさんが来てくださいまして、JOJOを一緒に鑑賞しました!
今回は前回のジャンケン回に引き続き、自称宇宙人さんが登場します。

最初はただのあたまのおかしな子だと思ってからかっていた仗助くんと億泰くんですが、サイレンの音を聞いてアレルギー反応を起こす彼を見て億泰くんは「つきあってられるか」と離脱、放っておけない仗助くんは宇宙人の能力「何にでも変化できる」を使ってその場から移動、お礼をもらえるということになりました。
最初は「お礼の為に助けたんじゃねーし」と正義の心を見せる仗助くんですが、なんにでもなれるということに気づいて、夏の遊興費を稼ぐために金持ちの露伴先生からギャンブルでむしってやろうと画策。
宇宙人くんにサイコロになるようにお願いします。

露伴先生は嫌いな仗助くんの持ちかけたギャンブルになんか乗らないつもりでしたが、彼の手持ちのカネをすっからかんにしてやったら爽快と考えて結局勝負を受けることに(さすが!)、で僕あたりのおろかな視聴者は「賭け事を持ちかけたヤツが持ってきたサイコロをよぉーッ使うわけないんだよなぁーッ」と鼻高々に指摘してたんですが(口調は違いますよ。現場ではターニアちゃんが発言してるので)、同様の警戒をした露伴先生は自宅にあったサイコロを使うと宣言。
仗助くんはあせってしまいます…が、それも織り込み済み。
実はそうなると予想して先に彼の家に侵入、宇宙人サイコロと取り換えていたのでした。
住居不法侵入だからね…それw しかしズル賢いw ジョセフの子供なんだから当然であり、すっげー理解できますねw

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/05 02:17
ルールをきちんと紙に記して始める勝負ですが、宇宙人くんは加減を知らずに仗助くんの回には大当たり、露伴先生の回には大外れを出すという「やりすぎ」の出目を出してしまい、仗助くんはあせり、露伴先生はいぶかしんでいる所で今回は終わりです。

先週はジャンケン、今週はチンチロリンやってたら終わったぞ…w しかも「つづく」だし。
しかし、宇宙人を発見→自由に体を変えられる→サイコロになってもらってイカサマやろう!と発想する荒木先生は本当にすごいです。
何食べてたらこういう発想が出せるのだろうか…素晴らしいw

そして第三部でもそうでしたが、荒木センセのギャンブルシーンはものすごく楽しい。
初期の読み切り(デビュー作?)が「武装ポーカー」ですしね。
別の作品ですが「ポップコーンを3回投げてすべて口でキャッチできないと殺す」みたいなシーンでもたかがそれだけのことをものすごい緊張感で書いてたりしましたしねー。

今週も面白かったです…。

ちなみにその後はPSO2のストーリー考察やカガクの話や筋少の話をしていたら2時前になったのであわてて退散しました(⊃д⊂)
すいませんでした。

ちなみに、この画像を見て頂きたい。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcU1UWV9kR2hLZ0k
くわえスぺアリブ?を縮小して「くわえタバコ」を再現。
地味だけど素晴らしいアイデアですねー。お見事!

というわけで、今週も楽しくJOJOを見たりおしゃべりしたりできましたよう。
またよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/10/05 02:17
■明確なアタリとハズレの差とはなにか@バトガの話。
・今日から「眠れぬ夜は君と…」後編、および「おやすみなさいガチャ」としてみき・あんこ・明日葉・心美・詩穂の5名が登場します。
バトガはロコツなエ□に走らないのと、イラストのリアルさとアニメ絵の度合いのバランスが好きなのですが(伝わるかわかりませんが、布の薄さというか、布の内容物の描写度合いというか。意味もなく立ってるのとか嫌いなんですよね。常に発情してるのかよと(´・ω・`))

それでも「シチュエーションを想起させて結果エ□い」ものは多く存在します。
アイドルグラビアとかと同じで「かわいい」だけでなく、そこから来る想像をかきたてるものがいいんです。
それにカードストーリーなどもついていますから、ものによっては「これどういう状況なんだってばよ」と気になるのもあったりします。

僕はガチャ課金はせずに来てますし今後もそうしますけど(押しキャラの誕生日イベントを勝利で終えたので勝気です)、日頃から石を貯めて出来る範囲でならガチャに参加し、出たあ、出なかったあ でキャッキャしたい感じは十分にあります。

そんなわけで今回もわりとトバシ気味の「添い寝(というより寝巻姿の生徒たち)」を描いたイラストは絶好調。
やっぱりほら、寝るときくらいは○バンドを外してる子が多いと思うので、合宿のムードと先生と二人っきりというシチュエーション、ゆるい襟元から覗くソレが無邪気な(一部邪気あり)彼女たちとのギャップを醸し出して…こう、大変良し。

今回はメインヒロインたちの集う高1組、お色気要員の高3組、一部お色気要員の中3組(お色気がないほうが本気を見せてきましたが…)、新規キャラの高2組2名ということで、バトガが誇るお色気要員、れんげ先パイ、詩穂さん、心美ちゃん、あんこちゃんを惜しみなく投入してきました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 00:15
一時期○に依らないお色気要員として気を放っていた遥香っちゃんは今回は清楚係で、同じく巨○のくるみちゃんはこれまで一切ブレることなく無意識系聖女枠なのでこういった時は除外されますから、ひさびさのお色気要員押しが来たわけですよ。

そんな中、オトナ(配慮した表現)である先生たちに常に高い評価を受けているのが、ザ・和装美女の生徒会長明日葉ちゃん。
うちには縁がなくてほとんど来てくれていませんが、クリスマスなどに代表されるように「風情に感じ入っている姿そのものが風景に溶け込んで大変美しい」という、イラストとしてハイレベルなものが多いのです。

星守の宿命として「幽霊が怖い」「雷が怖い」「流行りにうとい」「水が怖い」「歯医者が怖い」「お笑いのセンスがマイナス」などおまぬけなポイントが多数用意されており、わりとポンコツなんですが、基本的には先生以上に星守の戦闘方法を理解し、指揮を行うことが出来るベテランの5年戦士であり(星守は多分13〜19くらいまでしか戦えないはず。少なくとも成人の星守は存在しない)、生徒会長の実務も一切問題なくこなしつづけ、星守だけでなく一般生徒からも憧れを抱かれる
スーパー女子です。

個性的な星守を統率することで中々うまく行かないことも多く、皆の規範にならねばと厳しく立ち回る為、キビキビとした印象を受けますが、本来はとても穏やかで、名家のしきたりを護る落ち着いた女子です(用意された問題点が本人でなく、作中最強の押しの強さを誇る明日葉ママであることからも彼女単品はとても良い子)。

以前から言ってますが、面倒を見る子たちがいない先生との1vs1ではとても落ち着いていて、同様にきちんと大人でいられる先生とすごく良くお似合いなんですよね。
僕の個人的押しを考慮に入れない場合、まさにベストカップル(年齢的にもさほど問題はないし)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 00:16
そんな明日葉ちゃんの今回のカードは…。

「落雷で目が覚めてしまい、不安そうな顔つき」であり、普段の凛々しい様子が消えてしまっていますし、寝巻が和服なので多少こう…乱れてしまっていてですね…。

大変良し…!

あいかわらずふくらみを強調する連中(ひどい言い様だw)の直接的なあざとさとは違う、ギャップとギャップを掛けたこの破壊力はすさまじいです。
重要なのは元のお気に入り度が0だとギャップも効果がない所。
普段の凛々しい様をよく知らない人にはただの微エ□イラストであり、どうってことはないのですが、普段の明日葉ちゃんを好きな人ほど「不安」「襟やすそが無防備」というものの破壊力が増す仕様となっております。

明日葉ちゃんは夜のイラストに良いものが多いのですが、遥香っちゃんが将来成長して「艶」を手に入れたら破壊力が増しそうな若干「妖しい方面」なのに対して、「夜なのに澄んだような感じ」がいい。

イラストネタは多分坂本Pを始めとした(スマホは規模が小さいのでプロデューサーとディレクターは兼任が多いよ!)スタッフで会議して決めてるようで、ファンブックでは「こういう案はどう?」「○○はそういうことはしないだろ!」とスタッフ間でたびたび衝突が起こると笑っていましたからね。
イラストやストーリーにキャラごとの傾向が出ていくのは当然だしそうあるべきですよね。

だから極まれに「このキャラがこういうこと言うの?」となるとネットが荒れるわけです。
作り手の出してきたキャラを理解し、愛でているからこそ「違うんじゃないかな」という意見が出る。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 00:17
非難の声として「それはお前が勝手に思い込んでるだけだろ」というのもありますが、きちんと鍛えられたバトガプレイヤーなら一番の根幹が描かれるメインストーリーくらいは見ているものですから、そこに大きなブレはないと思うんですよ。

多数アイドルが出てくるギャルソゲ(ギャル曽根に似てる)の後発作品としてバトガは「人数を減らして深く描き、愛着度を高めてもらう」としたそうで、それは成功してると言えるでしょうね。

実は僕もバトガ一辺倒ではなく、後発の「オルタナティブガールズ」「マジガーーーール!」などを始めとして、ソレ系は調べてはいるんですよ(すいませんスクエニのアレは調べてません。スクエニ=ダメなのは悪いがもう覆らない。これは絶対)。

「マジガ」はうちの機種がショボいということで弾かれてしまいましたが…、やはり今でも「バトガでいい」になるのよね。
初期の星衣(戦闘衣装)がほんとうにクッソダサいのは不満ですが、それも今は後期衣装の「星衣フローラ」になって解消されていますからね。
まあとにかく…この長文で何が言いたいかというと…。

今回は明日葉ちゃんカード狙いやで★ ということです!
きてーきてーヽ(´ー`)ノ

(ここまで引く前に書きました)



画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qempXU0ZSTnVlSDA
はい大勝利。心美ちゃんとみきちゃん、ごあんなーい!ヽ(´ー`)ノヤッタネ
今回は二人ともお色気感はゼロですが、好きなキャラですからボイスドラマ入手が嬉しいですね。
しかもみきちゃんの場合、枠を圧迫せずにそっとうしろからのご登場ですから、おトク感がいい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 00:18
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qWkU1MlZxQTRJN2M
寝巻心美ちゃんの雄姿。
大変心美ちゃんらしい、星空柄のゆったりとしたパジャマがいい感じですね。イベントなどで無理に着せられた衣装では思わぬ破壊力に目を見張るものの、この子の選ぶ服は年相応の落ち着いたものが多いので安心。

心美ちゃんは現時点で戦闘能力的にぜひ欲しかった「隕石」付与のガンカードです。
隕石は2回ほど前のガチャから登場した「落雷」「散弾」「嵐」「マヒ落雷」につづく5つめの付与効果で、攻撃の度に敵ロック位置に隕石が降ります。
隕石は範囲攻撃で、嵐同様被弾するまで効果は消えず、連続使用でレベル3まで範囲が上がっていくのです。

前回はいかにも隕石と縁のありそうなロッドでしたが、ロッドの通常攻撃は威力が高いとはいえ対単体ですから、ちょうっと使いにくいのよね…。
ホントはツインバレットに隕石とか付いたらすごいんですが、今はまあガンでもガマンしておきましょう。
うちはガンのエリートカードはほぼ揃っていますし、先日の水着昴ちゃんの「レイジオブオーシャン」による大クラゲさん大召喚によって、クラゲさんのHPが尽きるまで設置位置から広範囲に3倍の威力をバラまきます。
これはダメージを与えると同時にのけぞりも呼ぶのでクラゲさんをバリケード代わりにして立ち回ることで他の武器やスキルで安全に立ち回ることが出来るという、威力以上のメリットもあります。
そこで隕石ですよ。被弾すると終了ってことは被弾しなければ戦闘終了までずっと隕石ですから、困るのはクラゲさん+隕石でうちのクソ端末の負荷がひどいのでは…?ってことだけです(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 00:18
つまり、今回の心美ちゃんカードは隕石付与ってだけで個人的には大当たり!
使ってみたらスキル攻撃部分も広範囲2ヒットで使いやすく、遠距離攻撃バリアを持つ敵にも隕石は貫通するので、素晴らしく使い勝手がよかったです。これはアタリやで!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUVk4enJYWGhfNms
みきちゃんの雄姿。
ネクタイを直すセリフは基本衣装のものですが、この若干ボサついた頭のパジャマ姿で言われるととっても奥さん感が出ていていいですね!
この子はレシピを見ないとか、善意があれば必ず喜んでもらえると盲信してるような視野狭窄の部分がオトナになって改善されれば、ものすごくいい子なので、彼女の母親同様に「パティシエであり良きママでもある」奥さんになれそうな所がポイント高いですねえ。

こちらはツインバレットですがスキルの方は今時点では威力が低すぎてだいぶしょんぼり感?ロック位置範囲ですが、ツインバレットはもっといいスキルを多数持っているので、残念ながらそちらではあまり戦力にならなそうです(ノ∇`)

そんなわけで好調な滑り出しですが、星のかけらはあと少し頑張れば500に戻りそうですから、もしダブっても250個につき1枚は確保できるってことで、残るあんこ・明日葉・詩穂を狙って見たい所です。

次の体育祭?イベントでは今回でた10名の新カードはないと思いたいので、多少星のかけらを使い込んでもきっと大丈夫だと思う…。
長文書いてる間に0時過ぎた(ノ∇`)
もうつぎの確定がひけるんですねっ。
■雑談■@kurotama
2016/10/06 00:19
■今回のアプデは合計するとよかったのでは@PSO2の話。
・はい、今回は下半期一発目の記念すべき大アプデ。
結構ぐりぐりいじってきて悪くなかったのでご紹介ですよう。
最近PSO2プレイ時間が激減したから代わりにここの文章が長文化してましたが、できればPSO2の(良い)話を中心にしたいとは思っているので今回は気が楽だ…。

・エキスパートブロック快適すぎ
色々な要素で泥に足を取られるような思いが常態化し、耐えられなくなった人がやる気はないけど経験とアイテム寄こせよwと張り付いてる人を見つけては白チャで「○○さん動いてないですよね」とか糾弾するようになっていた地獄の野良緊急。

僕は未強化で来て敵の攻撃が来るたびに死亡マーク出してる人より、それを発見して問い詰めようと目を光らせているプレイヤーがいること自体に心を痛め、野良緊急さえもでなくなっていました。
以前野良緊急で白チャで「やったぜ」みたいな感じで盛り上がったことがあっていい意味で名前覚えてた人が上記のような糾弾をしてて、すごく気持ち悪かったんですよ。

で、待望のエキスパートブロックです。独極1−5クリアの称号を持ってないと入れないということから、最低限グンネさん、リンガーダさん、ディアボさん、グリフォンさんは1人で倒してきたということ(HPが低いと言われてますが、マルチに登場するのの12分の1と思えば、1人分の戦力はあるといえるのでそれでいいと思う)。
実際の強さよりも「プレイを繰り返して敵の動きは最低限学び、向上した結果勝てた」という実績、このゲームに向ける姿勢こそが大事なのであります。
今は弱いけど強くなりたい人は独極をクリアしてくればいいのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 19:41
実は特定クラスでちょこっと工夫すれば攻略する必要さえなくクリアできるアレでもあるので、ようはやる気があればかなりの方はクリア可能だと思われます。

まっとうにやるにしても装備が最低限XHで敵を倒せる火力(運営の提示する★12武器、★11防具)を持っていれば「え?こんな程度なの?」となるくらい弱めに設定されてますから大丈夫。
ハーフドールも持ち込めば1回はミスも平気ですし、なんならガチャ1回分以下のお金でスケプー買ってもいいですよね(まさかこれが狙いじゃ…ないよなw)。

やる気がない人は運営的にお客様でもプレイヤーの和を乱すのなら違うとこで遊べばお互いにカチ合わなくてハッピーだよね。
今回のはふるいにかける選別ではあり、サカイさんの求める所ではないのかもしれませんが、度合ですよ、サカイさん。
やる気のない人の為に頑張るほどこと虚しいこともない。
向上心のある「今はまだ弱い人」はここで苦汁をなめたと思うのなら抜け出せるようにすればいいんです。
やる気になればわりとハードルは低いですからね。

そんなわけで、なんと8ブロックも用意された「住み分け」ブロックは昨日20時のトリトリで大人気でした。
ボスがね…登場する雄たけび上げる間に死んでんのw 強化グランゾさんが20秒で沈むのね…。
途中またEトラ待ちになったものの、逆行する人もアイテム拾ってていつまでも先頭についてこず最悪の場合後方でEトラを発生させてしまう子も居ないのはとっても快適で、3分残して4周めに突入できましたね。

今回はゲージの伸びもそこそこあって悪くないですが、左下武器はランダム出現のメカ犬コンビなんで、武器を直接拾った方がいい気もします(1匹で6%くらいしか伸びないので独極6-10で上げるにしても厳しい)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 19:44
徐々に独極を最低限クリアしただけの人が混ざって来て結局前と同じじゃねーか!になりそうな危険は感じますが(称号はアカウント単位、新キャラを作ればクッソめんどくさいサブ上げが待っている為)、今はまあ「よかった」と言っておきましょう。

・ノンウィークボーナスがすごそう
注目していたランチャー待望の強化リング、ノンウィークボーナス。
ランチャー使用時に限りレンジャーのスキル「ウィークヒットアドバンス」が非弱点でも乗るようになるという、いささか意味の分からないことになっていますが、最近弱点を露出しない敵が増えて来てレンジャー自体が追い込まれ気味だった上に、弾速が遅い爆風攻撃なのにヘッドショットや弱点狙いをしないとロクなダメージが出ないランチャーはちょっと厳しい位置にいましたからね。

しかし、どれくらい「ノンウィーク」なのかで全てが変わる危険も持っていて、僕の予想ではバウンサーの「ブレイクSDボーナス」みたいな、スキルの一部でしょと思ってました(あちらは135%が115%になる)。
しかし、アプデが開けてみると取得時ですでに50%(これは自分でも確認済み)、swikiのコメントをうのみにするなら10レベルで60、11レベルから+4%ずつ…つまり20レベルで100%になる可能性は十分にあります。
例えそうでなくてもレベル1時点で僕の思ってたのより高火力ですから、特に問題はないです。

ランチャーのウィークヒットなくせは結構な方が言ってたので、リングかよとは思いますが選択肢が出来ただけで嬉しい。
これはハンターギアセイブ、DSカマイタチ、フロントSロールに続く「事実上の仕様調整」なんじゃないかなと。
リング経験値上げるためにしばらくレンジャー生活が続きそうです(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 19:45
・零式が快適(強いとは言ってない)
今回はパラレルスライダーがEP1OPムービーのアレのようなホバー撃ちになるということでしたが、ネタだけでなく実用性もありました。

消費は少々重い(始動で20くらい、後は10PPで1秒持続くらい)ものの、移動できないミリオンストームに比べて途切れめのないワンポイントを射撃移動より早い速度で自在に移動しながらスイー…ババババババと、サテライト移動(ターゲットを中心に円運動で回避しながら集中攻撃する機動)してると自然と顔がにやけてしまいますね。これは良い。これはグッジョブ。

以前のパラレルも悪くなかっただけに排他式なのは残念ですが、この零式は損はしないできじゃないかなー。
わがままを言えば持続に使うPPを半分にしてくれればなあと…。

お次はストレイトチャージ。動画を見てたらストレイトチャージをただ連発してるだけのような感じでしたが、実際は…「押しっぱなしにするとPPの限りバーンナックルのポーズでダメージを与え続ける」という、おバカ感が少々にじみ出てるものの、大変有効なものになってました。

空中で出すと赤いオーラをまとってふおおおおおおおと飛んでいくので人によっては「かっちょいい」と思うかもですが、若干笑えます(ガンナーを操って空中でくるくる回りながら)。
これ、多くの敵は貫通するのですが、壁系ボスなど貫通しない相手だとかなりのダメージになるみたいですね。
テックアーツも一回乗せればいいわけで技術のない子にも悪くないかも。

さらに注目だったサクリファイスバイト。こちらはもうPAの域を超えて「新スキル」ですね(´・ω・`)
いや、もうソードの仕様変更じゃないかな…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 19:45
まず、発動するとステップより長い距離踏み込んで、3ヒットかまします(以前は1ヒットめの後にズギュウンと吸収ターンがあった)。
さらに効果は「 3 分 間 」持ちます。アホか。
そして通常攻撃の範囲がとても広くなり、ダメージは3倍(PAはこれまで通り20%アップ)。
PP稼ぎの間にも与えダメージはきっちり伸び続けるわけですね。

さっそく「通常だけでいいんじゃね?」という人もいますけど、通常攻撃にはスーパーアーマーないやろが…!使い分けだと思います。
ソードの戦い方って敵の攻撃にPA発動あわせてSAで耐えながらゴリ押しじゃないの?
まあとにかく、サクリ依存が進む結果とはなりましたけど、運営の出した答えはサクリ漬けなんだから、もうあきらめてみんなでチュウチュウしよう?
サクリで距離を詰めることができるので、始動技としても十分だしね。

・まとめ
色々まだ足りない面はありますが、今回のは「これまでの非難をフィードバックして改善」がよく見えました。
新規プレイヤーにとっては初の「スキルリセットパス配布」でもありましたしね。

レイヤリングウェアも「お腹が膨らむならお腹にかからない上着を出せばいいじゃない?」とした衣装もありましたし、ソードの仕様変更を1PAでやった感のサクリなど、多分スケジュール内で出来る範囲でゲームの改善をやろうとしたんでしょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/06 19:47
仕様そのものを変更することはもう無理なんですが、これまである仕組みを上手く使って疑似的にプレイ感を変えるというわけです。
コレクトファイル絞りすぎ問題も今回はわりとマシな気もしないでもないですし。
何もかも気に入らない気にくわないでは始まりませんから、いい時はホメないと。今回のアプデはよかったで…!

あ、ストーリーは始終「ヒツギちゃんくっそめんどくさい子だな…」という印象でした(´・ω・`)
プレイヤーが敵から「おびき寄せておいて本拠地を○○する」程度に警戒されて、一見たてられているように見えますが、実際はヒツギガール主人公の大活躍を見よ!という感じで、もう地球勢だけでやってればいいのに^^;となりましたね…。
でも地球なんか他の星にもやってきたように焼き払い、奪い尽くせばいいのでは?は通用しなくなりましたね。
親の不始末とはいえ無視するわけには行かないし。
でもあの新ヒツギちゃん衣装は欲しい…。あとマザーの顔がイマドキのすっきり顔と比べるとモサいと話題ですが、あれたぶん○○ンと同じ顔使ってるんだと思いますよ。独特の言い回しからして彼女のコピー(劣化コピー)であることは意図されているので、あえてスッキリ顔ではないあの顔なんではないかなと。

というわけで、ノンウィークボーナスを20まで鍛える目標が出来てちょっと嬉しい。
ステップハイジャンプはダイブロールからは使えないそうなので、作るのやめました
(ノ∇`)
■雑談■@kurotama
2016/10/06 19:48
■エキスパートブロックすてきっ@PSO2の話。
・エルサーが5分で終わったw
あとAISライフルとランチャーを活かす為に金バッジ980個も投入してオービットランチャーを導入。
強化100%とスキップ→5を惜しみなく使ったのでそこまでお金は減りませんでしたヽ(´ー`)ノ
Gu/Raは性にあわないけど、Ra/Huは結構好きなので、まあオービット持っておいてもいいかな…と。

あとステップハイジャンプ取ってみたけど…、これはあれだ、通専用ですね…。
走り続けて最高速度になった時のジャンプを、ステップ→ジャンプでいつでも引き出せるとか、違いがわかりにくすぎる…。
僕はレベルが低いせいか有用性を見出せませんでした(´・ω・`)

■うまく行くと欲に駆られる@バトガの話。
・僕は大体、1ガチャにつき2枚新規カードが出たら撤退というスタイルで行ってますが、初回で2枚出るいわゆる「社員引き」をすると、2回めにチャレンジしたくなってしまいます。
たとえダブっても星のかけら250個につき新★4カードが2枚取れれば、結果的には大体OKだからです。

サービス1年で終了するソゲ(ソーシャルゲーム)が多い中、2年めの半分まで来てストーリー第二部とパラレルワールドの「アイドルガールアフタースクール」の2本を半年で綺麗に終了させた計画性は評価できますが、逆に言えば2017年に放送予定のアニメ化までもつかどうかも分からないので半年で綺麗に終わる形にしていたとも取れますね(;´ρ`)ノ

開発が「白猫プロジェクト」で業界bRを誇るコロプラですし、キャラクターが多くてなかなかアニメ化にするわけには行かないらしいそっちと違って、最初からアニメ化企画と同時進行だったということが先日明かされたバトガですから、資金はこう、あるんですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 03:06
去年あたりは「白猫がネット部門のほぼ全てを稼ぎだし、バトガを始めとした残りの5本くらいでよくて3割」みたいな発表をされていましたけど、アイドルイベントでCDなども出し始めて、アンドロイドのセールスランキングにもちょいちょい顔を出すようになるくらいには評価されてきた模様。
傾向は広く浅く、ではなく、安定したログイン率を持つユーザーがほぼ毎日インしているという、深く狭くのようです。
僕が評価してないだけで、人気や規模自体は「スクールガールストライカーズ」とかのほうが高いっぽいし、アイドルマスターシリーズは言わずもがな。
はっきり言うとソゲ界のセガゲーのような存在です(この場合はバカでやたらと出来がいいのになぜかメジャーになれない古き良きセガのことを指しています)。

3Dアクション部分は最近「ひとつの強スキルぶっぱしてるだけでラクショー」にもなりつつありますが、ちょっとコロプラが本気の攻略系マップを出すとすぐに「手持ちの組み合わせでなんとかしのがないと勝てない(⊃д⊂)」と追い込まれてしまいます。

以前はストーリーを攻略するために戦力を集める感じだったのが、非難を受けて「イージーモード」を搭載。
ストーリーを見るだけならば本当にサクサクで実装された全てのストーリーを観ることが可能になりました。

賛否両論ありますが、協力プレイのレイドボスや、不評でしばらくお休みとなった?センバツイベントなどではエリート戦士先生たちが鍛え上げた自慢の生徒で1秒を競い合うランキングもあって、ゲーム攻略部分も結構楽しめる出来になってるんですよね。

ギャルゲーというだけでお客を選ぶものの、アクションとしてもキャラゲーとしても結構出来が良いので気に入っているんですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 03:06
ここしばらくはゴツい戦闘がない(あるけどうちのクソ端末では重すぎてプレイすらままならないので放置してますw)ので、こちらの興味もキャラ部分に集中してる感じですねえ。

でもそっちでも楽しめますから、溜めた星のかけらを「この衣装欲しい」「このスキル(演出)かわいい」というだけでガチャをするのは十分価値がある。

そんなわけで、後のことを考えると取っておいた方が良い気もしますが、引いてみましょう…!

(ここまで引く前に書きました)







画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZTZCWnFZRG5zcGc
うう、昨日と同じ感じの出方でした(;´ρ`)ノ
ロードがないから怪しいと思ったら案の定、心美ちゃんとみきちゃんがご登場です…。

これはなー…。
いやね、今回来てくれていないカード3種はどれも欲しい…(あんこちゃんのも良い)。
まだちょっと諦めきれない感が残っている。

久しぶりに「完全にハズレ」が来てしまったなあ。

どうしようかなあ、この後0時のに最後の250個ぶっこむか…。
勇気をもって撤退すべきか…。

イベントは10/16までなので、ここで使い切っても10/16の15:00から始まるであろう新イベントまでの10日で様々な方法で250個はいけなくもない気もする(毎日最低11個ゲット出来る為)。
しかし、温存しておけば余裕を持って1〜2回挑戦し、さらにその次の11月初旬のガチャへ向けて貯めることも可能。
年末のボーナスシーズンはまた先生のサイフを狙って彼奴ら(コロプラのこと)が何か仕掛けてくるでしょうし、星のかけらはいくつあっても足りないんですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 03:07
悩むなあー。武器ガチャ(150個で★4確定)も来そうなんだよなあー。
このゲームって基本的には日頃のプレイで星のかけらを貯めておいて、どこでそれを解放するかという、リソース管理も楽しみの一つなんですが、戦略や理屈よりも「今欲しいか欲しくないか」やぜというのが大正義としてあるのよね。

ホント、ひさびさに賭けが大失敗して追い込まれてます。
まさか2枚来て2枚ともダブるとはなあw

今回のイベントは遥香っちゃんをお迎えできて完全勝利だったのに、よけいな欲を出すからこういう目に合うんだよな…!

はい、というわけでコメント書いてたら0時を過ぎました。
毒を食らわば皿まで…、もう一回引いてみましょう。
これでまたダブってたら大変なことになってしまいますが…。
連休も控えているし泣きながら石稼ぎすることもできましょう。

あれだな…死ぬにはいい日だ。ということでひとつ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 03:08





画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qRGtMdmFyYWNHdkE
ふぅーッ、やれやれだぜ。泣きの一回が功を奏して乱れた浴衣姿があまりにもまぶしい明日葉ちゃん、大光臨です。
いらっしゃいー!
雷に怯えて眠れないといった感じがたまりません。
普段凛々しいだけにこの弱弱しさのギャップがすごく良いですねえ。
うっかり覗いた胸元とかが異様にエ□いのもポイント。

またロードなかったので、涙にくれながら「どぼじで…ごうなっだんだろうなぁ…」と石を稼ぐ未来にはならなかったようですね。
石を貯めなおす苦労は変わりませんが、そこには希望があるわけですよ。

そう、これは清貧…清貧だよ!


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qaF9WUG53dmpzMHc
明日葉ちゃんの雄姿。当然ですがLive2Dでは乱れていません(ノ∇`)
和装美人は寝巻でも麗しかった!いやー苦労(ボタン押しただけです)のかいがありましたよう。

あんこちゃんはイラストもLive2Dも髪ボッサボサで衣装も乱れまくっていますが、エ□くはなく「だらしない」という感じです。
だけどそれが彼女らしくて良くて、そっちも欲しかったですが…もう石がないのであきらめるしかないですねえ。

イキオイで星のかけらを使い切ってしまいましたが、明日葉ちゃんが来てくれてよかった。
ボイスドラマつきというのはちょっと必死になる魅力がありますね…。

さあまた星のかけら稼がないと…w
■雑談■@kurotama
2016/10/07 03:40
■このマンガがすごい(´_ゝ`)@雑談。
・ジャンプ+に突然現れたこなれた絵柄のバトル漫画「オニマダラ」。
絵柄的には「ワンピース」の尾田栄一郎先生と、「フェアリーテイル」の真島ヒロ先生風味の絵柄に最近どんどん魅力を増してきている「トラウマイスタ」「うらたろう」の中山敦支先生を和えてクッチャクッチャに混ぜ合わせたような感じで、とても良い意味で今風少年漫画の王道です。
おとぎ話の主人公たちがみんな残酷な性質や生い立ちを持っていて、それぞれが主人公ですからある意味華がありますが、「神」に導かれて新たな戦いへ…。
となったから、最初はね、「あ、スーパーおとぎ話大戦かな。ドリフターズとか月光条例みたいな感じだよね、ふふっ」と思ってみてたんですよ(´・ω・`)

漫画URL→http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP02PLUS00005489_57
現在4話まで更新中。基礎の絵柄は尾田一派なのに、容赦のない展開と見開き芸がすっげー中山先生。

内容には賛否あるかと思いますが「読者をわくわくさせてびっくりさせて裏切ってやれ」というのがすごく感じ取れるのはステキ。
少年(バトル)漫画っていうのはある意味「安心感」のあるものなんです。

わー、こんな敵にあったら○スタ死んじゃうようと思っても友情と根性で100%切り抜けるのがわかってるからハラハラしながらも安心して読めるんですよ、ブ○ッククロー○ーとか(いつのまにか超人気漫画になったよな…。面白いかなあ)。

でもトラウマイスタはひどいよね。あれで中山先生は少年漫画誌から離れた感あるよね。
ゲルニカ可愛かったのになあ(巨大獅子舞状のスタンドっぽいやつ)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 21:01
デビュー作なのにいきなり少年漫画誌離脱かwwと思ってましたが、調べたらジャンプデビューで月刊少年ジャンプで単行本を合計3巻くらい出していらして、月ジャンが休刊してSQには拾われなかったので小学館に持ち込みをされてという流れだった模様。

他で受けたからってヤングジャンプで再度持ち上げるとか、相変わらずジャンプ編集部は見る目ないなぁ(進撃の巨人の持ち込みを蹴ってヒットを逃した話は有名)。

昔とある4コマで「少年(バトル)漫画って年端もいかない少年が辛い目悲しい目にあって痛めつけられて…児童虐待だよね(´・ω・`)」とツッコまれていましたけど、でも苦難の末必ず報われるからこそ成り立ってるんですよね。
そこを外れたら本当に「主人公がただ痛い目にあってるだけ」となってしまう。

はい、というわけでオニマダラがこんなにウケそうな絵柄なのにジャンプ+での掲載っていうのは「少年漫画」である絶対条件からズレてるから、なのかなあと。
ジャンプ+っていうのは他にも、本筋ありきで合間にエ□があるものとちがい、テーマが「男性が滅んだんで好きなだけ子作りしてください」っていう世界に抗う「終末のハーレム」とか、軸がブレている、突出しすぎて少年誌に乗せるべきではないものなども流される、いわば「愚連隊」なんですよ。
週刊少年誌でお子様たちに見せられるものよりちょっとズレちゃった不良校のツッパリのようなものの活躍の場、それがジャンプ+。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 21:02
■エッ チというのはヘンタイの頭文字だそうですよ@デモゲの話。
・かなり昔の若い女子たち…もしくは雑誌などで自然発生的に広まったアレだったとか。

順調に中盤戦に差し掛かってきたデモゲ2ですが、おかしいと思ってたんですよ。

このゲームは仲間であるデモンを意志のあるまま暴走するよう指示を出すことができまして、前作では1体だったのが今回は仲間全体暴走させることができます。
しかしその暴走状態でないと彼らのデモンスキルが発動できないので、主人公は自分の行動とは別に「デモン操作」ターンが与えられています。
でもね、意図的に力を解放する指示を出すのに、昨今なら「覚醒」とか使うと思うんですが、しつこく「変体」と書くんです。
だって「デモンたちをトランス(変体)させますか?」って聞かれるんですよ。
おかしい。トランス(変身)でもいいじゃん?

そうしたらね、すっかり忘れてたんですが、今回のシステムのウリで「デモン合体」というシステムがありまして。
デモンたちはPOWER・SKILL・MAGICの3つに大きく分かれており、主人公がなれる強化デモン体はその3種から選択できるわけです。

つまり…合体のパートナーを選べば。

主人公は物語の中盤でやはり「仕込まれていた」ことが判明。
支配者にデモンゲイザーとして改造されたあと、一定の時期、またはトリガーによって「暴走」するようにされていたようです。
つまり、革命団の切り札として活躍するのも、配下のデモンを5体も6体も奪われても何もしなかったのも、調子に乗らせておいてとある時期にデモンゲイザーが正体を表して暴走、アジトごと殲滅してしまえという(おそらくね)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 21:02
しかし、主人公は心の中でアジトの面々を自ら惨殺するという悪夢を見せられ、その悪夢そのもの「デモン覚醒した自分」に殺されかけます。
自分の意識が死ねばおそらくこの怪物は悪夢を現実にすることでしょう。

抵抗する主人公ですが勝てず、トドメを刺されそうになったところで、今は味方となった敵方の重要3デモンの1人、キグナス(黒髪パッツン冷静カタブツ美少女)が戦闘に介入。
なぜここ(自分の心の世界)に?という問いには「我らデモンはあなたに魂をとられた時、一度心の中に来ている。これはその残りだ」と説明します。
キグナスは主人公に「主よ、今までの自分を越えなければ死ぬぞ」と告げ、自分の言うように操作して欲しいと指示、デモンゲイザーとデモンが合体することで目の前の怪物となって、悪夢を大撃破します。

そしてVita特有のトロフィー(ゲーム内で条件を満たすと称号がもらえ、それを集めてキャッキャしてる人もいる)で「はじめてのガッタイ」と出るわけです。

ああ、それがやりたかったのね…。

コトを済ませたあと、現実に戻った主人公の元に現実のキグナスが登場。勝手に心の中に立ち入ったことを謝罪してくれますが…。

選択肢が「助かった」「(初めてが)キグナスでよかった」「他のデモンがよかった」とあって、詳しくは説明しませんが、なんかこう、アニメ「創生のアクエリオン」を初めて見た時の感覚になります(´・ω・`)

デモン合体はデモンスキルを使う為のゲージ(スターゲージ・SG)を一気に消費しつくす代わり、ターンを無視して連続行動ができます。

親密度の低いデモンとは失敗の可能性があることと、SGがなくなって合体解除された後はデモンが3ターン衰弱して無力化するなど、リスクもありますが、ここぞという所で上手く使えば戦況を覆すことができるのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 21:03
ちなみにデモンを動かす力は「星力(せいりょく)」と言います…。
仲が良くないと失敗、終わったら衰弱ねえ…。

こいつら(デモゲ開発スタッフ)絶対酒飲みながら企画会議して出たバカノリでそのまま進行してオヤジギャグ的にシモネタ感を出して「シリアスなギャグ」狙ってるよね。

わかったわかった、乗っかればいいんでしょう(´_ゝ`)

デモンをヘンタイさせてガッタイすればセイリョクの限り動けるゾ!キミは誰とする?

ですよね。バーカバーカ!ウンコ!

ちなみに合体の後の衰弱は大変リスキーです(防御スキルも発動しないし)。
なのでボス戦などでは、盾役や魔法回復役などは3ターンいないと本当にそれだけで敗北する可能性があるので、合体相手はいてもいなくてもどうにでもなるアタッカー役の子が多くなります(攻撃しても命中しなければ居ないのと同じで、それが3ターン続いただけのこと)。

しかし、うちはもう盾役をペガッソちゃん(幼女ナイト)に任せることにしたので主人公も盾役ビルドを放棄しましたから、彼女が居ないと話にならないということで、積極的にメンテナンス(個室で二人っきりで弱っている所を見つける)を行っています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/07 21:03
親密度が上がるとデモンのパーティ補正が上昇し、主人公の能力も高まるのでじゅうようです。どうせ呼びっぱなしなら最高まで高めてもいいでしょ!

と、ひんぱんに幼女を地下のメンテナンス室に連れ込んで色んなとこをタッチして仲良くなって、戦闘では合体するんですか…。
もうイヤになってきたので詳細は書きませんが、タッチする場所やメンテナンス後のセリフは徐々にアレな感じになり、クセになりそう…とか言いはじめます。幼女が(ちなみにおっさんも良い所を突かれるとアッーっていう声が出る。デモゲスタッフはホントに正気なの?)。

インモラル…インモラル!

やっぱり男子キャラは居なかったことでいいですかね。
だって合体時に声付きで「お兄ちゃん、行くよ!(ペガッソちゃん)」とか「兄貴、オレと一つに(侍ガールのレオ)」とか言われるんだよ。
男性陣はゴツ盛り・力こそパワー(本当にブラックサタンっぽい外見)・性格悪いショタ・まとも?なイケメンニンジャですから、どの合体セリフも聞きたくないです(´・ω・`)

なんなのこのゲーム。なんなんですか!
あ、ペガッソちゃんとボス戦で合体すると本当に敗北するので、雑魚戦で合体しています。
いやいや、協力攻撃のことだから。やましいいとはないんだ。
わるいのはチームラ。
■雑談■@kurotama
2016/10/07 21:04
■ひさびさに★13ゲット@PSO2の話。
・はい、トリトリ2016のヴォルグ付きパルチザン「血槍ヴラド・ブラム」が生ドロップしました。
炎属性33だったのでガッカリしてましたが、シートで得られるのも炎だったのでハッピーにヽ(´ー`)ノ
この槍は法撃も少ないですがついていて、ヴォルグが固定でついている上に、Fo・Teも装備可能ということで「ヴォルグイルバしたってや」と言わんばかりの性能ですね(ノ∇`)

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qRFVVRmxwWE5yQ1E
潜在が限界駆動なので、ただでさえPP周りがキツいパルチとしては少々微妙な性能といえますね(;´ρ`)
どうせならスカルについてる「消費30%減・威力−5%」のほうが欲しかったなぁ。

ちょっとカッチョイイのは良いところですねっ。

■これなら安心@雑談。
・ジャンプ+で連載中の「彼方のアストラ」。「SKETDANCE」の篠原健太先生が送る宇宙での少年少女サバイバル生活モノです。
現在18話まで終わりましたが、週刊少年ジャンプで言えば打ち切りラインを回避したことになります。
物語も初の長編を終えて、だいたいこの漫画がどういう感じなのかがつかめてきた感じがあります。

・ショッキング展開を中心に据えていない(不安感を煽る場面もあるが、例えばページをめくったらキャラが真っ二つになってるようなことは起こらない。今GANTZのスピンオフもやってるので差が際立つ)
・緊迫感を増すために宇宙放浪にしているが、手抜きだからではない
・確かになんでも上手く行っているが主人公たちは自分達でできるベストを毎回尽くしている為、はいはいどうにかなるんでしょとはならない

こんな感じ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 10:06
同じ少年少女宇宙漂流ものの「無限のリヴァイアス」でも描かれましたが、意外となんとかなるのですよね。進歩した宇宙船はマニュアルに従えば子供でだってつかって行けるものなのです。
もっともこっちの作品は宇宙船が「たまたま運よく用意されていた」ものであり「謎の球体によってどこかもわからない場所にワープさせられて」いて、「メンバー内に混乱を持ち込む裏切り者・もしくは仕掛け人が居て他の人の殺害を示唆」しています…。
うん、十分不穏だわ(´・ω・`)

もちろん主人公たちものほほんとはしていませんが、悩んで疑ってもしょうがないのです。
水と食料と空気を維持しながら通信の届く文明圏まで移動するのが最も大事なのですから。

上で挙げた「リヴァイアス」は正規軍からの逃亡劇でもありまして、オトナたちの追撃でトラブル・戦闘・被害が起こると当然意見は分かれ、小さな社会は乱れます。
説得して言うことを聞いてもらおうとする穏健派、艦内に唯一持ち込まれた銃という「力」を誇示して暴力によって支配する武闘派など、人間社会の縮図も描かれましたね。
武闘派はのちにクーデターにあい、怒りの民衆によって制裁されるという憂き目にあいますが…。
(あれ女子のほうがひどいめにあってるよな。陰湿ないじめのシーンもバリエーション豊富でひどかったし、夕方6時で放送してたテレ東は本当に頭がおかしい)
しかし、閉鎖空間に閉じ込められた少年少女がどうなっていくのかという、逃げのないシミュレートアニメとして、未だに唯一と言える部分があるかもしれないなぁ。

そのせいで、彼方のアストラは警戒して見守っていたのですが…。
今の所は大丈夫、かなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 10:07
こういうのは組織やオトナという、理性的でスキもない障害にぶつかって被害が出た時にある意味初めてスタートするとも言えるんですけどね。
無慈悲だがそこに悪意や欲望はない宇宙の自然の脅威に対して、力を合わせて抗って仲間内の絆を深めるという部分は成功していると思うので、ばらまかれた事件のタネに関わる部分で必ず出てくるストレス要項をどう料理するか、結構注目しています。

苦言ばかりですけど、絵の質も高品質でイヤミがなく、学生ものでブイブイいわせてきた篠原先生のノリも十分楽しめて、懐かしの宇宙探検の要素も取り入れられていますから、レベルはすごく高いです。
注目されたり話題になるのはショッキングなものばかりだけど、こういうきちんとした良作も見てもらえるといいのになーと思います。
だからこそ、ヘンな話題作りで「積み上げてきたものをぶち壊してしまえ」みたいなことはしないでほしい。
地味なら地味なままでもいいじゃん。僕はもう主人公のカナタたちを全員スキになっているんだぜ。

■もみじ狩り→焼き芋ってなる美学@バトガの話。
・はい、3連休キャンペーンで「もみじ狩りの季節!もみじゲルを狩って景品をゲットしよう」が行われています。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qbmxVY1hHM0FNalk
告知広告では焼き芋スピアを見てにんまりしている遥香っちゃんの姿が。
芸術が転じて食欲に変わる…、あると思います。

あと、もみじ狩りともみじゲルが微妙にかけてあって、ちょっとモヤっとしますが、こういう細かいイベントを用意してくれるのは好きです。
焼き芋スピアも実用的な性能を持っているのでそれだけで参加する意味あるしね〜。
■雑談■@kurotama
2016/10/08 10:13
■パラレル零式が使える@PSO2の話。
・先日実装された「パラレルスライダー零式」。
ネタPAかと思いきや、空中でスタンディングスナイプ(スタスナ)を行える性能を持っているそうで、使ってるうちにこれスタスナのってるんじゃね?と思ってswikiに確認しに行ってみたらやはりスタスナが乗ってる模様。
発動時のくるりと回転してる時は無敵があるという情報も仕入れました。

ワンポイントは消費が低く、パラレル零はエンドアトラクトやサテライトカノンをチャージする時間がない時などに、スタスナ要項を満たしてからwb→JAパラ零で一気にまとまったダメージを奪えるのがいいですね。
途切れめがない(PP10=およそ1秒もつ)というのはそれだけでメリット。

コアが完全に真上をむいてるゼッシュさんなどはグローリーレインで敵が死ぬまでグローリーするのとかも有効ですが、こちらも初段ヒットが遅い。

マルチなどで手柄の取り合い状態になってる時はどれも少々遅いと思っていたので(ぶっちゃけるとwbさえ適切に張れば別の敵に向かっても構わないくらい)、どんどん活用していきたい所です。

こうなってくるとRa/Guより素直にRa/Huのほうがいいよなあ…。

なにより楽しいのでスキさえあれば使ってます。TMGをメインで使ってたので、ライフルPAはどうにも遅いと感じてしまいますからついワンポイントを使うのですが、そればかりだとさすがにねえ…。

待ち受けられる時、ダウンは仲間に取ってもらってこっちはチャージを用意する…みたいな使い方すればいいんですけど、マルグルの今の速度はかなり早いからね
(;´ρ`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 18:40
■チン黙の羊(´_ゝ`)@デモゲの話。
・ええ、デモンの中に「耐アンデッド戦のスペシャリスト」と言われる僧侶「アリエス(羊座)」がいまして、いわゆる丁寧しゃべり糸目キャラなんですよ。
デモンごとに使えるパーティスキルは決まってまして、剣異でも大変お世話になった「ヒールシャワー(毎ターンHPが最大の10%回復)」を使えるのはこの「アリエス」と、ドワーフモンクの「キャニス(大犬座)」でして、男性キャラは育てるの面倒だしいっか^^;となってた僕からすればこのアリエスたんが救いのアレだったわけです。

で、マップを進めてデモンサークルを一つ一つこちらのものにしていくと、残り2つ〜3つになった所、いつも通りにその地区の担当デモンが「顔見せ」にきて、人間体とのバトルになるんですが…。

こ い つ 野 郎 や な い か い !

ダメだもう絶望した。
しかも慇懃無礼キャラで嫌味っぽく自分の賢さを鼻にかけているのを隠しきれてない感じのイヤな糸目。
ダメもぉまぢ無理…。

あーあ、やる気なくなったわーと思いながらマップを進めてボス戦ですが…。
最近、ペガッソちゃんの両手盾も極まって来て(今回攻撃能力のある盾がいくつもあり、それらはなぜか右手に装備できるので、盾二刀流ができる)、

((ぺ)) <お兄ちゃんは私が守るよ!

と、自律稼働するウニ状のシールドビットとして大活躍。
ヨーシヨシヨシヨシという感じだったんですが(ミグミィは犬耳だし)…。

そのアリエスくん、追い詰められるとJOJOの登場人物張りの悪口雑言で主人公たちを攻めてきたので「ああもうこっちもお前にはガッカリだよ、ぜってー育てないからな!」とケンカ状態で戦闘開始(何をやってるんだw)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 18:40
すると彼は開始2ターン目に僧侶系魔法の即死判定技「グランドクロス」を使用、やる気満々だった主人公とネコシーフのパボっさんをSOKUSIさせます。

な、なんですとーー!
残りの3名は、ウニ、僧侶、アイテム士(補助魔法特化)とアタッカーが居ない為、リセットしようかと思ったんですが…。
なんか負けたくないじゃないですか。

男女サギのせいで僕の糸目に対する感情は最悪であり、貴重な蘇生アイテムを使ってでもこいつは撃破する…。
そして仲間にした後1_も使用しないでゲームを終えるわ…と決意してましたから(主人公のパラメータ上げるためにデートイベントはやります(ノ∇`))、パボっさんには死んでもらっていたまま、主人公だけ甦らせて戦闘続行です(蘇生アイテムはゲームクリアまで、20個取れるか取れないかの貴重品です)。

なにせ主人公がいないとデモンの解放や合体ができませんからね。

即死魔法持ちなこともわかったので、剣異でいう「精霊の壁」を張って状態異常完全無効を狙いますが、今作はパーティスキルがデモン暴走時にしか使用できず、1ターンごとに10ずつくらいスターゲージという与ダメ・被ダメで増えるポイントを消費していきますから、パーティスキルを常時維持することが大変難しくなりました(その分敵が隊列破壊や魔法消去をほとんど使ってこない)。

しかし主人公も結構鍛えられていますし、逆手には前作でも猛威を振るった麻痺&気絶付与専用武器「スタックスタッフ(6回ヒット)」を持っていますから、一度「麻痺」にすればボスはスキルを使用できなくなります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 18:41
チームラゲーの剣異・デモゲは基本的なシステムは似通っていて、武器やアイテムの名前なんか毎回同じもので、モンスターグラフィクも剣異のは描き下ろしだと思っていたら2011年の初代作「円卓の生徒」で使われていたものがほとんどだし、デザインまでさかのぼっていいならそのさらに前から流用だとか(ノ∇`)
だけど、細かい差がありまして、例えば「麻痺」。

デモゲではかなり強力なボスでも完全抵抗はおそらく持っておらず、かかるとスキルがアクティブ、パッシブを問わず使用できません。
防御系パッシブスキルはダメージを無効化したり半減したりしますからかなりやっかいなのですが、それを封印できるわけです。
おまけに時々「麻痺している」で行動が止まりますし、ボスの場合だと「スキルは使えなかった」となることもあります。

最悪なのは「戦闘中の自然回復はしない」こと。つまり敵の場合はボスであろうとも麻痺が通った時点で戦力の4割くらいはないの同じです。
このせいでデモゲでは「STRなんかよりLUKあげて敵を状態異常に落とし込む」ほうだ大事となっているのです(デモゲ2ではSTRであがる攻撃値補正が上がった模様)。
プレイヤーも戦闘後に自然治癒するだけでスキルが使えないのは変わらないので、かかると治療が必要です。
デモゲは基本毎ターンスキルを使うゲームだからなあ。

剣異での麻痺はプレイヤーにかかった場合はスキル発動不可、敵にかかっても特に何も変わらない感じ?で、わりとどうでもいい感じです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 19:56
お次は「気絶」

デモゲの気絶も当然敵の行動がその時点でストップし、スキル発動は当然不可能、かかった次のターンに回復と強力ですが、それだけな感じです。

剣異の気絶は防御半減がつくため、敵が強くなればなるほど気絶をさせるのがこちらが無傷で勝利するのに必須の条件になってきます。
毎度毎度死闘してたんじゃあ体が持たないからねえ。

そんなわけで、ディレクターでも違うのか、使いまわしと言われてはいますがプレイ感は結構違うんですよ。
デモゲは麻痺のほうが大事で、剣異は気絶の方が大事という感じ。

このあたりに気づかずに力押しで攻めようとすると運ゲーになったりしてしまうって寸法です。

話を戻しますと、アリエスの使う範囲攻撃には「沈黙」がついており、魔法使い系が沈黙させられると無力化するのでこまめにアイテム士が治療しなければなりませんから、麻痺が効いた時、シメシメ、ケヒヒと思ったんですが…。

ウニちゃん…いやペガッソちゃんが意外と強烈なアリエスの打撃で気絶、盾役として一旦お休みすることになったターン、無慈悲な一撃が主人公に襲いかかってなんと僧侶めいたアリエスに撲殺されます((((;゚Д゚))))
ペガッソちゃんが落ちることはありえないので「防御半減する代わりに敵の防御を無視するスキル」を常用してますからね…。

さらにこのアリエス、武器の射程を無視できるスキルを使って後列から鈍器でめった打ちができるというのがコンセプトだったわ…。
鈍器は基礎能力で気絶を持っていますから、他の武器より気絶を招きやすいのよね…。

ちょっと一瞬心が折れかけましたが、再度貴重なアイテムで蘇生し、アイテム士の「1ターンにアイテムを2個使う」を使って肉を口に2個突っ込んでもらって急速回復させたら、またしても「グランドクロス」でウニちゃんが沈黙。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 19:58
その前の2回は誰も死ななかったんですがねえ…、範囲即死こええ。

動かないウニちゃんを尻目に、くそうー!となって、魅了などもパーティスキルでかわしながら、起死回生の合体を狙うことにします。
アリエスの打撃は強烈で、魔法は範囲即死で読めませんから、時間をかけるほど不利になりますからね。

合体は…

@デモン暴走していること。2スターゲージ必要
Aスターゲージの残り量で合体成功率が変化
Bスターゲージがあればスキルや魔法も使えるが、0でも通常攻撃は5〜8回行えるため、合体さえできれば無条件で複数回殴れる
C合体が成功してもしなくてもスターゲージは0になり、対象となったデモンは3ターン衰弱して行動不可となる

でして、追い詰められた僕はスターゲージが3貯まるまで待って、アイテム士を生け贄にわずか16%の合体に賭けますが失敗。
つづく「グランドクロス」でアイテム士も死亡していまいます…。

あああ、もうこれ勝てないかもとなるんですが、敵HPゲージはもう残りわずか、押せば…いける!
と、僧侶と合体を試みますが、やはり失敗(16%だしなあw)。

ついには打撃で僧侶まで撲殺されてしまいます。

マヒでスキル使えなくても通常攻撃がヤバイ!
こうなったらもう…死ぬまで「たたかう」をやるだけよ!と攻撃していたらアリエスのほうが根負けして倒れてくれました…。

ふうふう、えらい激戦だった…。つーか今作の主人公中々強いなー。
前作は正直最初から最後まで中途半端でイマイチ役に立たなかったのに(´・ω・`)

主人公はパーティから外せないので経験値が一番貯まる為、できればコイツが死んだ状態で皆に経験値が行きわたるのが理想なんですが、今回は見事に全滅した為、本来5で割るハズの経験値をひとりでガッツリ貰ってまたレベルが上がりました…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/08 20:11
まあ、グランドクロス回避は運ゲーだからもう二度はやりたくないし、ネタ的にもおもしろいのでアリですね。
蘇生アイテム2つも使わされたけどな…。

やれやれ、16人中5人が男性だったのかー。ヒールシャワーが封印されるのは厳しいなー。
まあどっちにしてもアリエスは使いませんね(僧侶のクセに最強攻撃魔法のオメガインパクトまで使えるスゴメンなだけに残念)。

プレイ時間は17時間ほどですが、内容が濃いです…。
これで難易度「普通」なんだよなあ。

今回はメイン盾のペガッソちゃんがまだLUKを上げきってないから、気絶や睡眠の状態異常でガードを開けることが多いので、そうなると死人が出る危険に見舞われますね(;´ρ`)
かといって彼女なしではオートで軽快に戦闘飛ばすとこっちの首が飛ぶような感じなので、居なくてはならない存在なのですが。
うん、愛玩動物系メイン盾はアリかもしれない。

ちなみに後で同じミグミィ族のロリババア(何度も転生を繰り返している魔女。人を弄びすぎて恋のできない呪いを受けたので、見た目は3頭身だが200歳)「アクエリアス(みずがめ座)」が登場。

彼女のデートイベントではペガッソちゃんを見て「あざとい奴め…くっ…」となり、主人公にあえて「頑張ろうね、お兄ちゃんっ! これでええか?」みたいな対抗心を燃やすイベントがありました。
ライターさんに言いたいのだけど、ミグミィはオトナでもその体型だからな…、子供じゃあないんだよ…(でもペガッソはマジ子供らしい。メイン盾にしてていいのか…)。
■雑談■@kurotama
2016/10/08 20:11
■アークスライブ観ました@PSO2の話。
・おお、がっつりアプデ解説と質問コーナーだけだった。結構楽しめました!

少しショックだったのは「独極」は「どくごく」、「直ドロップ」は「ちょくどろっぷ」と言われてたことでした(´・ω・`)
僕「どっきょく」「じかどろっぷ」と読んでましたよ…(今後も変えませんけど)。

【告知】新PAで行く徒花ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/09(日)22時半からの「徒花」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
そんなわけで、なかなか好評のPAカスタム群。
サクリファイスバイト・ストレイトチャージ・パラレルスライダー・シャープボマーなどなど。

それらを使用して徒花を倒してみませんか!

どのPAも単品で徒花さんを倒しきるのはちょっと厳しいので、あくまで「新PAの使い勝手を各々感じてみる」みたいなので行きたいと思います。
まあめんどくさい、カスタマイズしたくない方はそれでもいいんやで。

参加希望の方は22時15分頃からウィスを受け付けていますのでよろしくおねがいします。

今回の集合場所は、Monochrome♪さん(Aterさん)からのご提供されたチームルーム「大和」となりますー(ご本人はご多忙の為居られない可能性がありますが)。

それでは…大和の甲板でターニアちゃんと握手!

あ、チームルーム内は白チャ全域ではないので「遭難」する可能性がありますから、そこそこの時間で入口の基本チムルム部分に戻って来て頂くとありがたいです。

参加希望のお客様の数によっては普通にクリアするだけで一杯一杯になる可能性がありますので、そのへんはなんかこううまいことアレして頂ければと思いますっ。
それではよろしくお願いします〜。
■告知■@kurotama
2016/10/09 17:24
■お知らせ■
・フレパリストが更新されました!

【終了】新PAで行く徒花ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
というわけで、本日はCzarnyさん、エリシアさん、ハツネビーストさん、リリさん、Gorgorothさん、ヴィクターさんが来てくださり、Czarnyさんご提供の大和チームルームに集合して頂きました!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qRzhOQlc2bFRpR0E
これが大和の頂きからの光景。美しい!
無限の海を突き進む我らが戦艦大和!ときどき流れてくるサマー・ラッピーを見たターニアちゃんの感想は「あれでからあげ作ったら塩味が効いてそう」でした。
というか、最初からこうして実装すればあんなにモメなかったんじゃないのか…。
出来も良いしねえ。

大和体験ツアーと雑談で徒花さんへのARKSがレベル3になってもちょっと気づかなかったんですが、教えて頂いてあわててカフェに。
今フランカ’ズカフェも豪華ホテルの屋上風にチェンジされているので、新しく増えた料理や、以前のチームルームでかなり適当だった作りの部分を確かめに行っていたりして(ちょうショボかった花が綺麗な木に差し替えられていました)、またもや時間が経過…。

結局あと7分くらいのところで受注するハメに(ノ∇`)

しかし、もっと早く気付いておくべきでした…。
上の写真、エリシアさんが着ぐるみ着ておられますよNE。

それを見落としていたばかりにこんなことに。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZzA5czhnaTBkVXc
出来心こええw 全国のからあげファンが驚愕しますよ。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/10 02:07
そんなわけで各々新PAを中心に使って戦闘開始!

サクリファイスバイト零式はステアタが使いやすくなった上、今まではPP稼ぎの意味しかなかったショボめの打撃が大幅にパワーアップしたことで、合計ダメージがかなり上昇したようです。

ストレイトチャージ零式はおしっぱなしでどんどん追尾してゴゴゴゴゴゴと削り倒します。前半戦よりも貫通しない徒花本戦のほうが凶悪なダメージを出してた気がするなー。

ストライクガスト零式はどんどん上昇する連続サマーソルトキックであり、派生を出してシフタをかけるついでに出る一撃が強力だったとのこと。
実はブーツPAの中で唯一「微妙」「いらない」と言われていたストライクガストが、これでようやくきちんと役目ができたとおっしゃってました。

パラレルスライダー零式は楽しかったそうです(ノ∇`)
徒花は射撃厳しいからねw 実際はスタスナのせてからwb→JAスタスナパラレルで回避しながらえんえん死ぬまで攻撃できるのでサイキョーではないですが、ちょう便利ですよっ。

うちに★13が出たのでなんだと思っていたら、レイナックルでした。

終了後はPAの話もそうですが、今回のアプデの話を中心にしていて、ストーリーなどの話も盛りあがりました。
途中でNierさんが参加してくださってお話していまして、今回エキスパートブロックに入れるようになったとのことでした。
やっぱり開始から始めてる層にとっては独極1−5は頑張ったらクリアできる感じですよね。
おめでとうございます〜。

1時を過ぎてしまったので本日は解散という感じでしたー。
皆さん、またよろしくお願いします!

あとCzarnyさん、チームルームのご提供ありがとうございました!
使ってよいとのことなのでまた普通に集合場所にさせて頂きますっヽ(´ー`)ノ
■終了■@kurotama
2016/10/10 02:09
■映画「利休に尋ねよ」がひどかった(;´ρ`)@雑談。
・千利休が時の人、豊臣秀吉から切腹を命じられたという結末を独自の視点で掘り下げた作品です。
しかし、やたらと秀吉を下げる展開が続くんですよ。
確かに彼は晩年、利休を疎んじていたとは言われていますが、「利休の大事なものを全て奪ってやる…」と、名を落とし、弟子を殺し、娘を側室に招き入れると申し出て彼女に自殺させたりと、粘着質のゲスとして描かれます。

問題の多い人物ではあったようにも思えますが、一応戦国時代の英雄の1人だぜ…?
ここまでいやらしい悪党に描くってなんだ。

その上、お隣の国の美人に惚れ込む要素が終盤突然入って「なんぞ!?そんなことあったっけ?」と思って調べたら案の定でした…。
今話題のEBIZOだから見たけど、これはひどいな。
歴史物はある程度ファンタジー入れるもんだし、解釈はそれぞれでそこに突っ込むのも楽しみの一つだけど、これはない。
時間を返せと言いたくなりました…。
これなら「千利休忍者説」でもテーマにしてくれたほうがマシだった。

■ニセコイの結末がHIDOI@雑談。
・ニセコイはひどかった。
「ゴールありき」の最悪ともいえる展開でして、この物語は「10年前のヤクソクを交わした女の子を探す」というテーマに沿って展開されており、中盤までのヒロイン4名はみんなその約束の記憶を持っているんです。

それが誰かを示すペンダントとカギが物語の焦点となっていて、終盤でようやくその10年前のヤクソクの女の子は主人公の楽が中学からずっと好きだった小野寺ちゃんだということがわかりました。

だけど、家の稼業を安定させるためにニセモノのコイを演じていたメインヒロインのチトゲが、実は楽のことを本気で恋してしまったんです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/10 19:59
なので彼女は小野寺ちゃんがヤクソクの子だとわかると何も告げずに逃亡。

心配した楽と小野寺ちゃんは彼女を追ってアメリカにまで飛びますが、その過程で楽は「好きなのは小野寺だけど居て楽しいのはチトゲ」だと気づき、小野寺ちゃんの「気付いてしまったけど決着付けたいから」とされた告白を蹴ってチトゲの元に向かい、幸せな初めてのキスをして物語は終わります。

あ…、あ…?

と「コミックボンボン版飢狼伝説(そのスジで有名なネタ漫画です。ボンガロでぐぐっても出てくるくらい有名)」の有迷シーンのままに読者が混乱する中、追ってきた楽に「ファッションデザイナーの修行がしたいから数年あえない」とお預けをくらわせます。
それはまあ良しとしても、楽ってその後の高校生活を、親友と小野寺ちゃんの親友のカップルと一緒に小野寺ちゃんを仲間に入れて4人で楽しくすごした描写があるんですよ。

え?振った後も「変わらず友達でいよう」ってむしろ4人一緒に行動してたの???小野寺ちゃんめっちゃ心を残して見つめてるんだけど、楽は「俺たち友達だから」とつっぱねるけど離してあげなかったの?とさらにギモンが加速する数コマを挟んで、時は数年経ち…。

チトゲと再会即ケッコンの式に呼ばれるアノコロの仲間たち。
小野寺ちゃんは実家の和菓子屋を継がず、パティシエとして活躍しており、楽とチトゲの為に特製結婚祝いケーキをプレゼントして終了という…。

楽も作者も完全にサイコパスとしか思えない感じで終了し、ファンだった人ほど「古味先生はキチガイ」と評価する結果となっていました。
まあヒロインの1人が政略結婚させられそうになった時も、責任取るつもりはないけど結婚は許せないっていってぶち壊しに行った男ですからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/10 20:00
もとから性格は歪んでいたわけですが(本人と作者さんの中ではまっすぐないいやつということになってるらしい)。

そのニセコイ最終巻のおまけ漫画にて、作者のキチガイっぷりが変わらず健在であることが垣間見えるエピソードが描かれ、また一部でざわ・・・となっているんですよ。

あれから10数年の時が経ち、主人公たちの通っていた高校の入学式に1人立つどことなく見覚えのある少女。
苗字は変わっていますが、これは小野寺ちゃんの娘であることが想像できます。

そこに現れるのはチトゲの髪の色と同じ金髪の、楽そっくりの一条姓の少年と運命的な出会いを…となるんですよ。

時を経て果たせなかった想いが子供世代で実を結ぶ…のかもしれないね。
という、古味先生からしたらサービスだったと思うんですけど、小野寺ファンからしたら「これ以上…ッ、痛めつけてやるな…もう…許してやれ…ッ」となる感じですごく辛い(⊃д⊂)

さらにこの現象はひとつの事実を示しているんです。
「子供同士は初顔合わせってことは、お互いの結婚後連絡は取りあってないってこと?」です。

最終回の数コマで「高校卒業までは親友カポーとただの友達同士の男二人・女二人で仲良く過ごしていた」のに、子供同士はそれ知らないんですよね。
まあ高校生の時親友だったからといって、結婚後もそれがずっと続くとは限らないのですが、どうにも違和感がある。

作品で人となりを判断するのは間違っていると思いますが、古味先生はちょっとおかしいよね。
■雑談■@kurotama
2016/10/10 20:00
■ボイスドラマを聞きましたヽ(´ー`)ノ@バトガの話。
・添い寝カードを入手して合宿所に特定の家具セットを置いて、アロマキャンドルをプレゼントすると起こる「添い寝」テーマのボイスドラマ。
遥香っちゃんのを聞いてきましたのでざっと感想を。

マイ嫁の遥香っちゃん
寝付けないのでリビングに来た遥香っちゃんですが、当然深夜ですから誰も居らず、帰ろうとしたその時…。
ソファで寝こけている先生を発見。
最初は驚きましたが、すぐに心配モードになって「こんなところで寝たら風邪を引いてしまいますよ」と声をかけるものの、あと5分…的な寝言を言うだけで全く目を覚ましません(ボイスドラマでテキストが表示されないので、声優さんの一人芝居なんです)。
しょうがないのでタオルケットを持ってきて先生にかけてあげる遥香っちゃんですが、先生の寝顔をついついチラ見してしまいます。
近くで見る先生の寝顔は新鮮で、ちょっとかわいいと思ってしまい、その考えに顔を真っ赤にしてしまいます。

全然目を覚まさない先生を見て、ちょっとだけなら…と寄り添って寝てみた彼女は、そのまま先生にもたれかかって眠ってしまうのでした。


おお…。
男性が女子にやるとHANZAIですけど、女子が男性にやるのはOK(他の例:暴力など)な、無防備な寝顔を見てドキドキするというやつですね。
カードストーリーのほうでは大変健全すぎて少々肩すかしをくらった感のあるものでしたが、ボイスドラマのほうは単なる良い子ちゃんだけでない、欲求にわりと正直な所を見せてくれました。
遥香っちゃんはやっぱり何気に接触が多くてステキですね。

ちなみにボイスストーリーが発生しない場合に寝ている星守の寝室に侵入するとまた親密度が0になります(ノ∇`)ソリャソーダ
先生はそろそろONAWAになりそう。
■雑談■@kurotama
2016/10/11 00:55
■ボイスドラマを聞きましたその2@バトガの話。
・(*´Д`*)(ほっこりしているの図)
明日葉ちゃんのも聞いてきました。
500個の星のかけらは無駄じゃなかった…!

まずカードストーリーのほうは、ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイによって「この合宿所には幽霊が出る」と教えられた明日葉ちゃん、先生に一緒に見回って欲しいとお願いに来ます。

当然、怖がる明日葉ちゃんをみたいれんげ先パイのイタズラだと思われますが、彼女は生真面目な性質ですからそこに気づいてはいないのです。
さらに、ピーンときて悪乗りしたであろう同期のパソコンオタクあんこちゃんが「この合宿所は以前実験施設で、ゾンビが出る」とどこかのゲームでありそうな設定を上乗せした為、幽霊の類が大の苦手な明日葉ちゃんは眠れなくなってしまったのでした。

さっそく作戦会議に巻き込まれる先生ですが「星守の力で撃退するとか」と提案すると、彼女は「相手はイロウスではなく幽霊です。成仏させてあげたい」と拒否されます。
困った所で窓がガタガタと鳴った為「これは合宿所に現れるという猫の霊!」とパニくり、先生の携帯が鳴ったらビビって取り上げ「このメールに呪われたくなければ指定の口座に入金を…」というイタズラメールに「霊のしわざかも!」とますます錯乱してしまいます。

窓が鳴ったのは今夜は天気が荒れ気味だったこと、メールはただのイタズラメールであったことを冷静に説明して、不思議なことは何も起きていないだろう?と優しく諭す先生のおかげで冷静さを取り戻す明日葉ちゃんですが、突然明かりが消えるという不思議現象が起こってパニックが再発。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/11 01:42
暗がりの中で本気で怯えている明日葉ちゃんの手を握ってあげると、彼女は安心するのでした。
おそらく遠くで落雷があり停電したのでしょう、明かりはすぐに回復しました。

いきなり手を握ったことを謝罪する先生ですが、明日葉ちゃんは「いえ、むしろ…」と本音を言いそうになってごまかします。
起こった全ての出来事は「幽霊の正体見たり…枯れ尾花」という状態でしたが、不安なら見回りをする?と問う先生に、明日葉ちゃんはもう必要ありませんと答えます。

胸の中で「何かあっても先生が居てくれれば大丈夫」と感じ、お騒がせしたことを謝罪して部屋に帰って行ったのでした。


おお…。
れんげ先パイのイタズラが結果的に明日葉ちゃんのハッピーな記憶の手助けになった!
たまには役に立つんですね。
しかし、イロウス相手には一歩も引かない歴戦の勇士が幽霊とかオカルトにはてんで弱いというポンコツっぷりのギャップがいいですね。

見えないモノに恐怖を感じるというのは感受性が強くないと起こらないのですが(それが証拠におっさんになると暗闇で怖いのは犯罪者が潜んでいるかどうか、でっぱりにつまづくかとか現実的なものだけです)…、良く考えたらNOUKIN揃いの星守の中で、明日葉ちゃんは読書少女の一面も持ち合わせていたのでソッチは素養があるんでしたね(ノ∇`)


続いてボイスストーリーのほうです。
突然の雷雨にあって先生と明日葉ちゃんは合宿所に避難してきました。
とりあえず服を脱いでくださいと言われて先生は少々ためらったようですが、上着を脱いで彼女に渡します。
彼女は自分も着替えようとしますが、そこに至ってようやく「異性と部屋で二人っきり」であることに気づくのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/11 01:42
さらに悪いことに、落雷で停電してしまいます。
しかし、濡れた服を脱がないといけないのは変わらない為、暗がりだけども先生にはあっちを向いてもらって着替えをする明日葉ちゃん(部屋から出て行ってもらえばいいのにw)。

しかし、明日葉ちゃんの鋭い悲鳴で先生は思わずそちらを振り返ることになります。
何事か問うと「窓から恨めしそうな顔をした女の幽霊が覗いている!!」とパニックになっていました。

先生は(おそらく。声優さんの一人芝居ですから先生のセリフは復唱するパターンでしかわかりません)「それは反射した君自身の姿なのでは…」と指摘、明日葉ちゃんは冷静さを取り戻しかけますが…。

そこで停電が回復。明日葉ちゃんは着替え途中のあられもない姿で先生にすがりついていたことで再び悲鳴を上げることになるのでした。
星守の皆には今回の失態は秘密にしてもらうというお願いをして小さくなる明日葉ちゃんなのでした…。


ああもう、本当にオカルト系になるとこの子はダメ人間だな…。でもそれがいい。
問題は「バトルスピリッツダブルドライブ」の緑主人公がこの明日葉ちゃんの声優さんなので、所々彼の顔が浮かんでしまう所でしょうかw

先日見た「コメットルシファー」のキチガイキラーマシーン少年兵士もこの方で、デモンゲイズ2のNOUKIN最強デモンもこの方です。
男勝りの女性や少年役をよく演じられる方なのかなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/11 01:44
実は明日葉ちゃんの「若く勇ましい女指揮官」めいた声が珍しいパターンなので、普段は「いい意味で全然違うじゃん」と思っているんですが、ボイスドラマで長時間のしゃべりになると、結構緑主人公な感じでした(ノ∇`)

でもやっぱりアニメでがっつり活躍してる声優さんですから、ゲーム用の短いセリフだけでなく、一人芝居させても上手だなあ。
アニメのバトガのほうは「全員出るわけではない」と言われていますが、声優さんの質は高い方なのでそこは心配いらなそうですねえ(むしろすげー金かけている)。

冒頭でも書きましたが、添い寝明日葉ちゃん欲しさに使った星のかけら500個は決してむだじゃあなかった…。
思ったよりしっとりしてなかったけど、ギャップ萌えがステキでした。

ちなみに今日はたっぷり時間をかけてたまった録画やEBIZOとか見ながらずうっと「サドネ狩り」をやってたので、星のかけらを+200個くらい拾いまして、400近くに回復できましたヽ(´ー`)ノ

これなら10/17に500個(確定ガチャ2回分)は最低限確保できそうだなあ。
ただ今「武器ガチャ(星のかけら150個で11連)」が絶賛開催中ですが、今回は泣く泣くスルーしたので、つぎのガチャではハマらないで上手く欲しいカードをゲットしたいもんです…。
■雑談■@kurotama
2016/10/11 01:46
■EP4ストーリーが僕に残したもの@PSO2の話。
・先日の配信ストーリーでアレされたNPCオークゥさん。
物事をパーセンテージで表す頭の悪そうな会話と、戦闘モードで巨大三角定規を持ち出すことで、ライターさんはよほど理系が嫌いなんだろうなwと思わせられるキャラでしたね。さんかくじょうぎっていたそう!

まあ波動方程式(実際にある)を展開すると爆発が起こる攻撃を使いこなす天才ダークファルスを産んだ人の新作ですから、てんさいwというアレということでひとつ。

その彼女の口調「○○%形容詞・動詞」の汎用性が大変高いのです。

例えば「200%がっかり」は、思っていたのの倍ひどいと読み取ることができますが、「150%生意気」は、想定よりもくそ生意気だなあんたという表現に使われます。

さらに仲間を「70%おじさん」と形容するのは、その彼が「七三分け」だからなのですが、もしかしたら彼女の中で「物足りないヤツ」も込められているかもしれない。

この汎用性を活用し「その言葉の強度を調整」することができるのも注目点で、先ほどの強調以外にも「20%期待しておくわ」だと、期待低いなwwということになります。
「50%賢い」と「50%バカだろ」の意味が同じものを示しながら方向性をつけられるのも良い。

これらは「オークゥ語」と呼ばれ、一部の方から深く愛されていまして、彼女○き後も、PSO2終了後も残っていくのではないか。
僕の中でドゥドゥさんの「運が悪いな、キミは」を超えたな…と思ってしまわずにいられない。
オークゥさんは51%偉大なキャラだった。

呼んだ人にトンチを提供するエンターテイメント性を秘めた言葉として評価できるんじゃないかなーと思います。
EP4すごい。続きが15%気になるので350%早く終わって欲しい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/11 19:38
…。

昔、家庭教師の友人とその教え子の間で「暴言を吐いた後で「いい意味で」とつければ何を言っても良いトーク」が流行りまして(なにをやってるんだw)「こいつ最低だよな、いい意味で」とか、「(悪い奴のニュースを聞いて)血反吐吐いて苦しんで死ねと思うよ、いい意味で」とかやってましたね(´・ω・`)
今の世の中に流行りとして特に残ってないということは、このネタは間違ってたんだろうな…きっとw

■境界線のJUNPAI@PSO2の話。
・最近ネット界隈で話題になりがちな「エキスパートブロックの是非について」。
これをね、強気な人は「独極6-10クリア者用ブロックも作れよ」と言いますが、ほぼすぐに「いやそれはまずい」ともっともらしいこと、6-10クリア者の少なさ、そうなることで人数が少なすぎて成立しなくなる…とか「やってはいけない理由」がドバんことわいてくるわけですよ。

僕はそれを見て、ニタアアアアと笑ってしまうのです。
ここに境界線がある。きょうかいせん、みいいつけたあああというわけです。

人は比べる生き物でして、いかに安定し幸せを享受しても、必ず差異を見つけ、優位感と劣等感で自他を比べ、幸せを感じたり不満を持ちます。それはヒトがこれだけ地球の中で版図を広げた要因でもあるので、必要なことです。

「たかが遊びで本気になるこたぁないよ」と余裕をかましている方も「逃げてるんですね?じゃあ自分不戦勝ってことでいいスか?」と煽られるととたんに「ゲームごときに本気になってる○○みたいな」と人格批判に陥ったりしますからね(全員がじゃあないですよ。マイペースで心穏やかに自分の出来る範囲でのみ楽しんでいる方も多い。今回はネットに匿名で書き込む人たちの攻撃性と差別感についてのお話をしています)。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/10/11 19:39
まあそこまで攻撃的じゃあなくても、日本人は特に居ると思うのが「自分は半分よりはマシだろうな」です。
中庸を求める、批判はしないがされる側でもない位置に居たい。

これは当たり前であり、現実でも、他者と共闘でき、ついでに比べることが出来るオンラインゲームでもそうです。

そういった人たちの中で「○○は基準以下」という意見を反映したのが「テンプレ装備」「ユニクロ装備」というワードです。

テンプレはテンプレート、服飾用語の「型紙」、図形を描く補助に使う○とかの穴が抜かれている定規のことを指します。
ユニクロは大手衣料品店で、全国展開をしている為、比較的安価で安定した品質の同じデザイン・同じ規格の品を提供することから「街にでたら同じフリース着てるやつに出会ったww」が頻発する、ちょっとだけ笑えるアレです。

「テンプレ装備」は、そのコンテンツに参加するには攻撃力・防御力・パラメータ補正など、入手難易度を加味した上で「最低限これくらい身につけてこないと足引っ張るだけだぞ。非難されてもしょうがない」というもので、2ちゃんねるの悪習の一つ。
とはいえ、多くの人が「これならまあ」と納得する選択なので、気にする人は多いわけです。

「ユニクロ装備」は、運営の用意した足並みを揃えさせるための装備群を指すことが多く「○○に一定回数参加すれば100%もらえる」など、入手方法がプレイ時間に依り、持っていてもおかしくはないが最先端ではないことが多いです。
これも「まともにプレイしてれば持ってるはずなんだからこれくらい揃えろよ」とされます(今のPSO2はある意味全部「ユニクロ装備」なわけです)。

以前はそこが「マナー盛り」という言葉になっていました。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/10/11 19:39
なにしろほぼすべての武器が「ユニクロ」。防具も1年かけて最上級のものがほぼ全員に行きわたった為、差異をつけるには特殊能力付け(以下OP)しかなくなった。
そこの基準は僕に言わせれば「必要攻撃性能(打射法)3、好きなソール、スタミナ3、スピリタ3」の「ソール333」の4スロットで、今の仕様なら、そこに拡張合成を追加して「ソール333+○○フィーバー、お金持ちはブーストアイテム」で100%成功の合成をすればそれ以上は求めないという感じです。

この時点で、攻撃補正が大体60〜85、HP50〜70、PP4〜6くらいは確保できるので、武器・防具3か所で攻撃補正+240、HP+150、PP+16は確保でき、現在最も安定して有能な「サイキ防具」ですと、セット効果で攻撃補正+60、PP+25が得られますから、もう充分です。
それ以上はこだわりがあるならやってくれればよし。

ネットの皆さんは大言壮語が基本ですので、誰かが+60が境界線だと言えば「最低85、120まではデフォルトだろ」と返されますが、あんなもの真に受ける必要はないですからね。
やったらやっただけその後の総攻撃力が○%あがるようですが、そのダメージを見るのは本人だけです。自分のこだわりにあわせて数値の上下はしてもいいと思います(個人的には攻撃力の所をレジスト系、他の攻撃力系OPに変えるなど、意図のあるものに変えてるのも十分にアリだと思います)。

ダメージ測定ツールとかは今は一応運営が「使うなというよりそれを晒して他者を貶めての自慢はよせ」としていますしね。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/10/11 19:40
で、その基準の話をすると必ず「いや、○○もいらないだろ」が現れるんですよ。一見「ハードルを上げてムチャさせるなよ」と言ってるように見えて、僕には「お、俺は基準を満たしてるよね…」という意図が読み取れるので、大変ニマアアアとなるんです。

今回の「独極6-10にしろよ」からの即擁護はこの流れがそのまま横にスライドしてきたかのように見えて、大変興味深い。
PSO2は今後「独極6-10を超える高難度コンテンツの追加」を発表しています。

僕的には独極6-10は「装甲チェックやな?」としか思えなかったのですが…空中に逃げるガンナーが何言ってるんだかwと思われてもしょうがないですね(ノ∇`)(僕がクリアできてるのはカタコンBrとデッドリーサークル零式FiとGu/Huなので、あまり自慢できるアレではない。全部ゴリ押しじゃんw)

まあ次も空に逃げるけどな!

次の基準はどこになるのかなー。

基準より上を目指すRPG!ネットゲーはしゃかいのしゅくず。

【告知】ジョジョ第4部第28話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/11(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/10/11 19:41
【終了】ジョジョ第4部第28話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はGorgorothさん、カガミネニューマンさんが来てくださって、名言の登場する回を見ることになりました!
前回、自称宇宙人の男に恩を売って、その変身能力を使って金持ちの天才漫画家、岸部露伴先生から 夏のバカンスのお小遣いをちょうっとだけカスめとろうとしたセコい貧乏学生の仗助くん。
彼が仕掛けたチンチロリン(わからない方はググってこよう!)ですが、宇宙人くんの化けたサイコロがあまりにも仗助くん有利、露伴先生不利な出目ばかりなので、仗助くんはあせり、露伴先生はおかしすぎると疑いの目を向けます。

3度続けて最高の出目を出された先生はサイコロをよく調べますがタネがわかりません。
しかしそのイカサマにブチ切れて自分の小指を刺し(漫画家だから右手は守ったのかw)「あと一回ずつ勝負して僕がイカサマを見破れるかどうかの勝負にする」と宣言。
200万円をドサりと目の前に置き、自分が負けたらこの200万円で仗助くんのクレイジーダイヤモンドによる治療を依頼、しかし自分が勝ったら同じ傷を仗助くんの小指につけるルールとします。

そこで仗助くんがイカサマを使わなければ見破れないので…と用意したのが、第四部冒頭で一瞬だけ活躍し、康一くんに敗北して自ら舎弟になったものの、あれこれあって人知れず病院送りになっていたチンピラの玉美さん(おっさん)。

露伴先生の依頼で登場した彼は罪の意識を感じると体自体が重くなる錠前のスタンドを使って「ジャッジ」することとなりました。

彼を雇う条件は「賭け金の勝ち分20%(最低40万円)」を支払うこと。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/12 02:50
つまり、仗助くんが見破られれば高校生にして40万円の借金を背負うこととなります(以前重ちーと協力して得たお金の口座は母に見つかり封印されました)。

プレッシャーをかけられる宇宙人(現在サイコロに変身中)ですが、何度も何度もシェイクされつづけてしまって酔っており、嘔吐してしまっています(サイコロが嘔吐するという漫画史上おそらく初の描写がすごいw)。

しかしようやく事態を呑み込めたのか、露伴先生の出目を「そこそこ」にすることが出来ましたが、仗助くんの出目は問答無用の最高の出目。
疑わしいとは思うものの、錠前は反応せず、露伴先生は見破ることが出来ません。

玉美さんもあせって決着を促しますが、負けてしまうのがシャクに障る先生は認められず…そうしているうちに消防車の音が近づいてきます。
前回見せられたのですが、この宇宙人は消防車のサイレンの音を聞くと体中に発疹が現れる体質でして、バレそうになるのです。

しかし、燃えているのは露伴先生の家でした。
先ほどサイコロのイカサマを確認している際、虫眼鏡を置きっぱなしにしていたため火災になってしまったのです。
仗助くんはどさくさに紛れて露伴先生の小指を治し、掛け金の3万円も失ったまま退散。

露伴先生は700万円の損失をこうむることになって(たいした額ではないと豪語してますが)、二人の仲はさらに悪くなるのでした…。
宇宙人は結局スタンド使いなのか本当に宇宙人なのかまったくわからないままですが…、透明な赤ん坊の謎も放置したままだしそういう不思議な話もあると思いますw

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/12 02:53
今回はここだけで終わらずに、新たなスタンド使いとの戦いに露伴先生と仗助くんの仲悪いコンビが挑むことになります。

たまたまバスに乗り合わせた露伴先生に仗助くんはネチネチとイヤミを言われ続けます(もしかしたらイヤミをいいに現れた可能性もありますがw)。
しかし仗助くん、ほとんど自分のせいで彼に損害を与えたわけですから、強く出られません。

そんな露伴先生はトンネルの中に窓を見つけます。
そこでは謎の男が謎の女性の手首を切り取るシーンが映っていて、驚いた彼は仗助くんにそれを伝えますが、彼はそれをイヤミの延長だと誤解してついにブチ切れてしまうのです。

仲たがいした二人ですが、露伴先生は自前のバイクで再度トンネルに侵入し、窓と、部屋につながるドアを発見しますが、うかつにもその中に入った彼は敵スタンドに追跡され、捕まってしまいます。

ヘブンズ・ドアーで敵スタンドの情報を読み取り、それが「ハイウェイ・スター」ということは突き止め、それまでの行動から、時速70km以上の速度は出せないこと、そして一度捕まればスキはないということを読み取ります。

ハイウェイスターに「養分」を吸われ衰弱していく彼はすでに新たな文章を書きくわえて攻撃を回避することもできなくなってしまいました…。

そこへケンカ別れしたはずの仗助くんが登場。
ひねくれものの彼は一旦冷静になった後、やはりさっきの発言が気になってトンネルまで戻ってきたのです。
トンネルから猛スピードで飛び出てくる露伴先生のバイクに驚きますが、彼が乗っていない。
あわててトンネルに入っていく仗助くんの元に、ドアと囚われの露伴先生が。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/12 02:53
ハイウェイ・スターは露伴先生に「あいつを招き入れたらお前の命は取らないでおいてやる」と脅しをかけます。
「別にあいつと恋人同士ってわけじゃあないんだろう?呼べよ、助けを」と促され「呼べば…助けてくれるのか?」と問い返す露伴先生。
約束は守ってやるとニタつくハイウェイスターですが、露伴先生は「だが断る」と突っぱねるのです。

驚愕するハイウェイ・スターですが、彼はそのまま「この岸部露伴は自分が強いと思っているやつにNOを突きつけるのが好きなんだ」と理由を説明し、大嫌いなはずの仗助くんに「来るな、これはワナだ!逃げろーッ」と指示。

しかし仗助くんは「逃げろと言われて逃げるもんかよぉッ」と乗り込んできます。

でもこのスタンドに囚われれば逃れるすべはなく、共倒れになってしまいますから、露伴先生はヘブンズドアーの最後の力で仗助くんに「70kmで吹き飛ぶ」と書きこんで彼を逃がし「本体を探せ!」と指示しました。

事情を察した仗助くん、露伴先生のバイクをクレイジーダイヤモンドで修復し、本体をブチのめしてやるぜッという所で今回は終わりです。

すごいなー。
毎週書いてて申し訳ないんですが、話の流れが面白すぎる。
イカサマ勝負が前半の途中で終わるとか、どういう構成やねんと思ってましたが、その仲たがいからの「共通の敵を前に連携が成立する」という流れがいい。

でもこの露伴先生の仗助くんの嫌いっぷりって、昨今の「誰もかれもが主人公を認め、好意を持って接する」タイプと違ってていいですよね。

しかもウマが合わないと言いつつ結局相性バッチリじゃねーかwというのでもない。
お互い「苦手」「嫌い」と思い合ってることは全然かわってないし、実は相性がいいわけでもないまま。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/12 02:54
まあ「ハイウェイスターに捕まった時はもう書き込む力も残ってない」と言ってたのに仗助くんに「70kmで吹き飛ぶ」と書けたこと、トンネルの内壁に叩きつけられずに数十メートルの距離を水平にトンネルの外にまで綺麗に吹き飛んでしまう不自然さ、そもそもバスを降りた露伴先生がバイクを持って再度訪れるまでの間と、バスを途中下車して歩いて戻ってきた仗助くんの時間がこうも上手くかみ合うのか?とかもありますが…。
僕もだいぶJOJOに慣れてきたので、そのあたりに整合性を求めても面白くないというのがわかってきましたから大丈夫。

さらに、ネットでも多用される有名セリフ「だが断る」のシーンはあえて漫画版と同じになるよう白黒でタッチもより原作に近く、よくある誤用の「だが断る!」とか「だが断るッ」でもなく、相手の誘いに乗るかと見せかけてからの「だが断る」でした。
露伴先生は性格が悪くプライドが高いので、してやったと思えればそれでいいのです。

ここは綺麗に意図ごと再現してくれて、演出もサクライさんも大変良し!

この前のじゃんけん少年にも「操られて曲げられるくらいなら死んだ方がマシだッ」とトラックへ身投げするのを見て「誇りある行動には敬意を表する」と考えを改めた彼ですから、彼自身も己の誇り自体を最優先にするのでしょうね。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/12 02:55
その上で「漫画家は読者に選ばれないと意味がない」という、自分は選ばれて作品を描かせてもらっているという、エンターテイナーの悲哀も飲み込んで作品を作り続けているんですから…(己のプライドを優先しすぎて仕事が来ないのでは本末転倒ですからね)。
さすが荒木先生の思う「理想の漫画家」像を投影されたスーパーヒーロー漫画家ですよね。

僕も露伴先生は大好きで、JOJO単行本は多すぎて買うのを躊躇しましたけど「岸部露伴は動かない」の単行本は購入していますから。

まあそんなわけで、伝説の名ゼリフのシーンを見られただけで大変満足できました。
個人的には「発疹を出してゲ□も吐くサイコロ」という凄まじい絵ヅラを見られたのも大きかったw

その後はPSO2の話とか家電量販店やアマゾンの話などをしていたのですが、1時になったので解散となりましたー。

ローソンセレクトの100円のラーメンはとてもおいしいので、ぜひお試しを!

今週もありがとうございました〜!
上手く700文字埋まらないですが、今日はこの辺で!
■終了■@kurotama
2016/10/12 02:57
■ボイスドラマを聞きましたその3@バトガの話。
・((((;゚Д゚))))ヤバイ
はい、その3は心美ちゃん・うららちゃんです。
この二人はセットになっていて「授業でわからない所を仕事が終わったら先生が教えに来てくれるのを待っていた」と基本設定があります。
で、先生が訪れると片方が待ちきれずに眠ってしまっていたという感じなんです。

まずは心美ちゃんのカードストーリーから(こちらは勉強会の設定はなし。就寝前の見回りにきた先生が…というシチュエーション)。
合宿所でテンションが上がっているうららちゃん、TVでやっているホラーものを心美ちゃんと観ようとしますが、心美ちゃん、本人は幽霊の姿が見える霊感少女(あと星の声も聴けるというスーパー生巫女)なのに、フィクションのホラーはてんで苦手なのですが、うららちゃんに「出だし見ちゃったんだから最後まで見ないとかえって怖いよ!と押し切られて見ることに(ちなみに内容は殺人鬼が「爆発しろー」と叫びながらカップルをひたすら惨殺するという、なんだかバトガプレイヤーのようなヤツの魂の叫びの物語です)。

早く寝ないとダメだぞ。とたしなめる先生ですが、うららちゃんの提案で「これ見終わったら寝るから」と中央に座らされてしまいます。
怖がる心美ちゃんは先生(の腕?)にしがみつきますが、結構痛い。

うららちゃんは「先生ーこわーい♪」と甘える口実に使ってるようですが、心美ちゃんは怖すぎて硬直してしまっています。

気遣って「うららにはあとでとりなしておくからここまでにする?」と問う先生に、手を握っててくださいぃとお願いして観続ける心美ちゃん。

無事に観終わった3人ですが、心美ちゃんのあまりの怯えようにうららちゃんもちょっぴり反省して謝ります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/12 21:20
映画が終わったら寝る約束だろう?と、もう遅いから就寝するようにいう先生に、調子に乗ったうららちゃんが「怖くって眠れないから先生一緒に寝て〜」と甘えるものの、先生は断固拒否(中学生組には節度を持った態度が崩れないなぁ。時々突破されるけどw)。
しつこくせがむうららちゃんに困って「ほら、心美もそんなの困るだろう」と言ってみると、心美ちゃんは「ぜ、全然困りません!(大声)」で否定してしまったので、しょうがなく二人が眠るまでつきあうことに。

うららちゃんは心美ちゃんの手を握って、怖い映画に無理につきあわせたことを再度謝り、心美ちゃんも快く許して眠りにつくのでした。


うん…、これ「うららちゃんのより親密なストーリーver2」じゃないかな。
でも、両隣にいる女生徒の両方の相手をしてるって「恋人とその友達と一緒に過ごしていて、友達のほうと不倫をする男」の感じが出てて生々しかったです」(ノ∇`)

うららちゃんも映画で怖がって青ざめていた心美ちゃんが頬を赤らめているのを気づいてむっとしてましたし(うららちゃんは再三甘えようとするものの、相手にされていませんでしたからね)。

しかし、うらここコンビの相乗効果はボイスドラマのほうでさらにバーストするのでした。
両方取れてハッピーヽ(´ー`)ノ


◆心美ちゃんのボイスストーリー
勉強会待ちしている間に頑張って起きていたけど結局寝てしまったうららちゃん。
先生は仕事が長引いて遅れてしまったお詫びにケーキを買って来ていました。
(合宿ですから星守の特訓などで)疲れているうららちゃんを起こしたくない心美ちゃん、自然と身を寄せ合ってのひそひそ話になります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/12 21:21
「お仕事お疲れ様です」とお出迎えする彼女に、先生はおそらく感心の言葉をかけたんでしょう(ボイスストーリーはテキストなしの声優さんの一人芝居です)、心美ちゃんは恐縮して「母が父をそう出迎えていたので…」と恥ずかしそうにするのでした。

先生はせっかくだからケーキを食べようと申し出ますが、うららちゃんが怒らないか心配する心美ちゃん。
先生はあとでうららちゃんだけの為に「特別に」ケーキを買ってきてあげるからきっと平気だよ、と彼女の扱い方を心得ている対応をして、心美ちゃんを安心させてあげるのでした。

お茶を入れようとした心美ちゃんはつまづいて先生にダイブする形になり、思わず大きな声を出してしまいます。
うららちゃんが目覚めそうになってしまったので、音をたてないようにじっとしているのでした。

彼女が起きてないことを確認している間、ずっと先生に抱きしめられている形になってしまった彼女は真っ赤になってしまい、気を取り直してケーキを食べます。
とっても甘いですねと先生に感想を伝えると「あっさり甘味のムースなんだけど…」と不思議そう。
甘いのは彼女の今の気持ちだったのかも…。


HAITOKU感。
いいですね、起こさないようにする為という大義の元、二人で小さなヒミツを共有する感じ。
善良極まりない心美ちゃんの頭の中には「先生を独り占め…ケヒヒ」というような感情はみじんもないでしょうが、彼女も機会さえあれば掴みたいものがあるのです…!

ストーリーと合わせて見ると大変良かった。
これをみると遥香っちゃんとか明日葉ちゃんが今回大変控えめだったことがよくわかりますね。
しかし、最後のうららちゃんのボイスストーリーは、えらいことになっていたのです…。
こりゃあ「うらら爆上げ」とかトピックが立つわけだわw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/12 21:21
◆うららちゃんのボイスストーリー
勉強会待ちをしている(以下略)心美ちゃん。
うららちゃんは、ここみは寝てるから起こしちゃダメだよ…と彼女を起こさない大義名分を悪用して先生にささやき声で話しかけます。

まずはお約束の「仕事が忙しかったって…仕事とうらら、どっちが大事なのぉ」と先生を責め、先生が彼女の機嫌を損ねないように「どっちも同じくらい大切」と答えると「仕事をまじめにしないとうららとも会えなくなるもんね」と先生を肯定。
「どう?いいオンナでしょー」と自画自賛します。
大変いつも通りで良し…しかし、この一連のしゃべりかたがいわゆる「まれいたそ〜」と洗脳される声豚たちを生む「内田真礼」さんの激甘ボイスをさらに甘くした…、いわば「ピロートーク」状態でやられるので、黒玉さん、頭がかゆくなってくる感じでした(ノ∇`)

遥香っちゃん…先生の横でつい眠っちゃいましたとかやってる場合じゃないぞ…!

これはヤバいよね、まれいたそファンは120%ゲットしないとアカンよね。
(うららちゃんには)ノンケの黒玉さんでさえうっかりもっていかれそうになったからね…!

このまましゃべっていたらここみを起こしちゃう!と更に正義を振りかざして先生を真横に座らせたうららちゃん。
恥ずかしがってるの?とか暴れちゃダメとか、狙いすぎなワードで豚たちを萌えあがらせると、うららのことをおろそかにしてると、逃げられちゃうかも…と脅し、好き放題翻弄した後、先生の横で眠りに落ちるのでした。


HAITOKU感がすげー…。
心美ちゃんのHT力を2としたら、うららちゃんのは16くらいかな。
ベッドのきしむ音(座った時の)まで入っていて、萌え豚共がぷぎぃいいーと「寝てる親友の横で(以下略)じゃねーか」と狂喜してた理由がわかった。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/12 21:22
ここにきて攻撃力を鋭く研ぎ澄ましてきたけど、僕はいつも思うのです。

おまえはアイドルなりたいんちゃうんか と。
1人の男に執着してどうするねん…。みんなの為にみんなの彼女になるのがアイドル道ちがうんか!
おまえのアイドル道はその程度のものやったんか!と大阪弁で説教したくなる。

まあわかります。

目の前の一人を落とせずして日本中を…いや宇宙中を落とせるゆうんでっか…マネージャーはん…?

と不敵に笑ううららちゃんが見えるようです。

これなー、先生がその気になったら「ごめんね1人のモノにはなれないの、だってアイドルだから!」ってやりたいのに先生が落ちないから意地になってるうちにハマっちゃったとかならわかるんですよ。

だけどそうするにはこの子は純情すぎる。
いかに小悪魔ぶろうとも、根本的な所で人を弄ぶ性質を持っていない正々堂々タイプなのよね。

目的の為に手段を選ばずに堕ちて行くことはなくても、だからこそメジャーになりきれずに悔し涙を流す、清く正しいけど世渡り下手であるがゆえに結局大成できないタイプね(知り合いのリアルアイドル志望がこれで道を絶たれたのを知ってる…。ねたみの蹴落としあいとかの片鱗も聞かせてもらいました…。アイドル道こえー)。

芸能単品だけで大抜擢されて流れを産めるタイプは本当に一握りの天才のみだからなあ。

そんなわけで、今回はエラいことになっていました(ノ∇`)
うららちゃんの将来が心配だw

さて、うちに来てくれた添い寝カードはあとみきちゃんのみ。
このうらここコンビをみきちゃんごときが超えることは150%ないと思うのですが、一応期待しておきましょう。
■雑談■@kurotama
2016/10/12 21:22
■勇者再臨@雑談。
・「勇者ヨシヒコと導かれし七人」始まりましたね。
もうこの作品にどうこう言ってもどうしようもないので(ホメ言葉)、見て面白かったら笑う、つまんなかったらあいそ笑いをするという感じでつきあおうと思いますヽ(´ー`)ノ

■公式小悪魔@バトガの話。
・これまで「ピンク髪のくせに影が薄い」「相方の心美ちゃんに比べて胸元が切ない」「常にうぐぐってなっている」となりがちだったアイドル志望のうららちゃん。
第二部では星守とフォルテシモをつなぐ役割を果たし、さらに先日の大暴れによって移り気な先生たちのハートをわしづかみにすることができまして、いま流れに乗っています!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qblZVZ21nTkQ2Q28
のってけのってけといわんばかり(ノ∇`)

先日のみきちゃんに続いて「ログインボーナス特典カード」第二弾として「小悪魔うららちゃん」が登場。
みきちゃんのほうは殺人料理を卒業してまっとうなパティシエになる為の修行中…という「ちょっと未来の姿」という感じのイラストでした(髪型が少しだけオトナっぽくなっている)。
だから次に来るのは「星守たちの未来の活躍想像図シリーズ」かなーと予想されていたんですよ。
いや、うららちゃんが未来は悪魔になってるんじゃないかとかそういうことじゃなくて。

今期からの新要素としてこのログインボーナスによる★4カード配布は続けていくのかな。
このシリーズはパラメータもスキルもサイキョーではないですが、ちょっとだけお役立ちな…人によっては利用価値を見いだせるかもしれない性能を与えられていて、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/13 01:38
うららちゃんは彼女の得意技(他のカードでもよくついている)「注目させることによって範囲マヒ」を与える力があるそうです。

必要SPやコンボ数が少ないなら、これでマヒさせてから安全にコンボを貯めて大技を…とかにできますが、どうなるかなー。

■エキスパート増量@PSO2の話。
・おっ、今日から「エキスパートブロック」の数が8→14になっていますね。
先日のアークスライブで木村さんが「入りたい人が入れないのは避けたいから増やします」と言っていた通り、増やしてくれた形になります。

「緊急が来るまでログインしっぱなしで上位ブロックを占有している放置プレイヤーを強制ログアウトしてくれ」はシステム的に事実上不可能ですから、ブロック数を増やして自然に散らせるこちらのほうが現実的な解決策となりそうですね。

本当はブロックとクエストを分けてくれればいいんですが…。
そうすれば占有問題は解決するし、4名6名5名…とかで散ってしまっている班を統合してより緊急がやりやすくなると思うんですが…。

目的別ブロックに分かれた後にパーティを組む という形式があかんのよね。
目的別条件を満たした人が入れる人同士でブロックを問わずパーティを組める ようにすれば解決なんですが…。

このPSO2の間は無理そうです(ノ∇`)

■混乱は真逆の気持ちか本音の発露か@デモゲの話。
・物語も終盤に差し掛かりまして、お約束の「城」編に突入です。前作も周辺地域からクリアしていき、最後はお城での冒険でしたからね。
デモンも全員出揃って育成に励んでいるのですが、主人公と両手に盾を持つ幼女ナイトのペガッソちゃん(以下ウニちゃん)はぶっちぎりの高レベルとなっています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/13 01:39
まあ、残り10名は平均的にレベル上げてるのに主人公は外したくともパーティから外せず、ウニちゃんなしでは敵の攻撃が来るたびに「誰か死ぬかも…ビクビク」としながらオートモードにしないとですから気楽ではない。
メイン盾のレベルが高くて困ることは特にないので、もう運命共同体ということで固定メンバーと化しているウニちゃん。

正直に言いますと、クリア前のカタさではないw
両手に盾を持ち始めてからというもの、防御無視のスキル以外では60ダメージ以上もらったことがないレベル(HPは1400くらいある)でカタく、絶対の信頼をおいて、主人公も戦っています。

そう、前作でも猛威を振るった「防御・回避を0にする代わりに攻撃回数+1、命中大アップ、敵の防御を0扱い」という超凶悪攻撃スキルでね。

そんな主人公がオートモードで戦っていたらなぜか即死しました(´・ω・`)
なんぞ?と思って戦闘ログを見返してみると…。

○○のグループ攻撃!

ペガサスは○○をかばった! ペガサスは攻撃を回避した!
ペガサスは○○をかばった! ペガサスは攻撃を回避した!
ペガサスは混乱した!

ペガサスは主人公に攻撃!
1回ヒット! 466のダメージ!

ペガサスは主人公に攻撃!
1回ヒット! 750のダメージ!

主人公は死亡した。

と…。
あ、あれこれ「飼い犬に手を咬まれた」形ですか(;´ρ`)ノ(ウニちゃんの種族はちょっと室内犬ぽい印象の亜人間です)
両手に命中補正の激しく下がる盾を持って、重装備で命中力が他のメンバーの半分近くになっているウニちゃんの攻撃は、それまでは「ははは、こやつめ」みたいな感じで、混乱してこちらに襲ってきてもフルヒットはしなかったんですが…。

今主人公が使っているスキルは「防御0、回避0」ですからね…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/13 01:39
なんかアレだ…最近美女デモンが立て続けに加入してきたので、メンテしたり合体したりしてて、ウニちゃんのことは便利なシールドビットくらいの扱いでしたから…、こう…混乱した際に本音が出たのかもしれません(ノ∇`)

っていうか先日の剣異といい、設計者の思惑通りにトラブルに見舞われてる僕はほんといいお客様ですよねw

タイトルは「飼い犬が手を咬むので」でもよかったなァ(筋少ネタ)。

■速い…速いですよ!スレッガーさん!@バトガの話。
・はわわ、明日の0時(10/14の0:00)から「ハロウィンパニック」イベントが始まります…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qam1YZHRFOC1kQzg

今やってる「眠れぬ夜は君と…」が16日の14:59までなので、次のイベントはてっきりそれ以降だと思ってゆったり構えてたわ…。

しかも先日の投票イベントの結果によって、むみぃことミミことミシェルちゃんをリーダーとした「かわいいがテーマの体育祭」のストーリーイベントも14日からです。

怒涛のイベント攻勢で、下半期もバトガをよろしくー、よろしくー、よろしくー、…ネッという感じですね。

し、しかし星のかけらが…まだ400個ですよ!先週「サドネ狩り」で150個ばかりブーストしてやっと400貯めたのにまた減るのかようー。

今期からバトガのイベントは「誰が後半くるんだ…」とヤキモキしなくていいように「前半は○○、後半は○日から○○が登場」と完全に予告してくれるようになったので安心して石を浪費できるようになっています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/13 01:40
今回の前半戦は望・ひなた・ミシェル・サドネ、後半戦はゆり・くるみ・桜・楓の合計8名です。
去年のハロウィンカードがある、みき・昴・遥香・明日葉・あんこ・蓮華・心美・うららの8名以外というラインナップですね。
なぜか花音・詩穂の新規組はハブられていますが、先日のストーリー第二部でカードがどどんと増えていますから、一段落と言われればそういう感じです。

今回はアレだ…、イベント参加用に1枚だけ確保してしのがないと…。石の貯蓄が追い付いていない!
前半組と後半組で言えば…うぎぎ、迷うなー。

でもイベントに初日から参加するって意味でやっぱり前半でしょうねー。
またくるみちゃんと縁遠くなったなw

でもその次は全員参加、または遥香っちゃんの出番が来そうですから、その時に「タマ」がないというのは失格ですからねえ。
ヒカキン先生はガマンする時はガマンしないとアカンな?

でもね、やることなしとかより、こういう幸せ波状攻撃を受けるほうが楽しいですよ。
石が足りないのは僕がペースを崩して明日葉ちゃん欲しさに500浪費したからですしね(出ただけマシ)。
コロプラもボランティアじゃないんだから、星のかけらを思わず買いたくなるイベントをバンバカ用意して先生のサイフ、がっつりいってやって欲しいです!

あ、僕は出しませんけど(ノ∇`)(11月発売のCDは買うよ!)
もう育て終わったけど添い寝遥香っちゃんと遊んでるから新カードがなくても寂しくない!
■雑談■@kurotama
2016/10/13 01:40
■大好きだけどなんか違和感がある話@雑談。
・「バトルスピリッツダブルドライブ」がね、子供向けのカードゲーム販促アニメながら大好きなんですよ。
全シリース見てるわけではないんですけど、今回のダブルドライブは気に入っています。

干支にちなんだ12の「神皇」と呼ばれるカードを敵と取り合うのがメインなんですが、主人公勢がわりと負けるんです。
負けて自分の、自分だけの神皇カードを取られるとか普通にありますからね。

それはまあ置いておいて、OPテーマとEDテーマがかっこいいんですよ!
少年向けアニメなので、英語もわかりやすく聞き取りやすく、王道のカッコイイ系なんですね。
僕はひねったものよりこういう直球のほうが好きなのです。

OPテーマなんか

やってみなきゃわかんないだろ、切り札きればいい!
魂を解き放て、限界なんて吹き飛ばせ、君だけにしか拓けない未来、見てみたくはないか?
果てなき夢がフロンティアの地図なのさ!

ですよ!おほーっカッコいい。
カードゲームアニメなので「切り札」、タイトルの「スピリッツ」なども盛り込んである、教科書みたいな歌詞ですねっ。
カラオケで歌うと気持ちよさそう(子供向けなので舌が回らなくても歌える易しい仕様となっております)。


EDテーマも
きっと明日も風は吹くだろう、瞳上げて歩き出すんだ
友達は風、風はいつだって背中を押してくれる、ワクワクを胸に抱いて仲間と一緒に待ち遠しい明日に向かって歩いていこう
まぶしい光は未来につながっている

みたいな感じですよ。いいですよね(OP/EDとも同じ方が歌っています)!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/13 22:27
しかし…。
EDの歌詞の中に違和感を感じる所がありまして…。

瞳上げて



思い通りに行かないなんて、誰にだって当たり前だろう

なんです(´・ω・`)

瞳を上げる…?
面(おもて)を上げる(顔を上げる意味)と、上を向いて歩こうというのがなんとも混ざり合ってしまったんでしょうかね…。
意味はふわっと分かりますよ。前を向いて、上を向いて、元気出していこうぜ!と言いたいんでしょうね。

続いては「誰にだって当たり前だろう」ですが、これはまあ…「この単純な言葉が並ぶ中、なんでこの言葉なの?音楽に合わせた?」くらいなんですが、気になります。

いやいや、これも好きで毎週飛ばさずに聞いてるからなんですけどね…w
音楽全体としては放送が終わったら寂しくなってCD買いかねないくらい好きです。

本編のほうは最近主人公(赤い方)が普通に勝ち始めた上に、自分が追い込まれていないから弟分に対して頼りになるお兄ちゃん風を吹かせていて気にくわない…。

あの主人公は思い通りに行かないとヤダヤダヤダってダダっ子になって自己中満開になるクズっぷりや、攻撃しか考えない典型的「俺様主人公タイプビルドで搦め手プレイヤーにケチョンケチョンにしてやられて涙目になる」ような部分が魅力なのになあ。
また良い感じの敵に想定外のとこから攻められて自信喪失とかしないかしら(くろたま は みかた が ゆがんでいる!)。
■雑談■@kurotama
2016/10/13 22:27
■早すぎる邂逅@バトガの話。
・何事も早すぎというのは良くない。
現実は「ブッ殺すと心の中で思ったならッ!その時スデに行動は終わっているんだッ!という感じではいけません(´・ω・`)(JOJOのセリフネタですよ)

11時開店の店に11時に入って少々迷惑な顔をされる経験をしたことがある人はわかるでしょう…。
先日、移動中だったので早メシする機会があり、以前から行きたかった店でそれやったら「あたしらの忙しい前の雑談タイムを邪魔ぁしやがって…という感じで(被害妄想ですけど)、4人のパートのお嬢さん(配慮した表現)たちが後ろで無言で立ち、水を飲み切っていないのに次々入れられるという「早く出て行け」という待遇を受けた僕はわかります。
でも「飲み屋のカツカレー」はインスタント風だったけどなかなかいい味だったナァ。今度はきちんと12時過ぎてから行こう(ノ∇`)

で、本日から開始の「ミシェルのかわいい体育祭」イベントもクリアして星のかけらはなんとか500前になりましたが…。

今日の0時(これ書いてるのは23:30頃)から、ハロウィンイベントが始まります!

今回は前半・後半あわせて1回にしておかないと11月以降の戦いについていけない恐れがある為、あまり良いことではないのですがリーク情報で後半のイラストまで見てきまして…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/13 23:53
前半組

望:怪しげな薬品を試してみよっか?と妖しく迫られる
ひなた:キョンシー風衣装で困った顔
ミシェル:妖精衣装のミミちゃんが危ないポーズで乗っかってくる
サドネ:檻に閉じ込めればサドネだけのものだよね?

という感じ。

後半組

ゆり:ナースゆりが聴診器を…
くるみ:棺桶の中にいらっしゃい(中の人は吸血鬼ものアニメやっておられましたねw)
桜:みにすかぽりすじゃ。タイホしちゃうぞ?なんてのう…ぬははっ
楓:今宵のイケニエは貴女ね…という感じの吸血姫

…。

よし、前半は勇気を持って撤退しましょう(´・ω・`)ゞ
一回しかないチャンスですから、魔女・キョンシー・妖精・魔女の前半より、ナース・吸血鬼?・ミニスカポリス・吸血姫の後半のほうがどれが来ても嬉しい…。

さよならひなたちゃん、さよならミミちゃん。

まあ、とか言っておいて

「この黒玉、我慢などという言葉はもっとも似合わん男よぉーッ!」

とか言って引いてる可能性もありますが…w

封印されし右腕が(ガチャボタンを押したくて)疼く…、
鎮まれッ、オレの真の力(よくぼうによわい)よ…!
■雑談■@kurotama
2016/10/13 23:55
■Amazonプライムビデオしゅごい@雑談。
・ひさびさにAmazonプライムビデオのラインナップ眺めたら、サンライズ作品がヤバいレベルで視聴可能になってて笑いました…。

コードギアス(1期・2期)・コードギアス亡国のアキト(OVA)

ガンダムビルドファイターズ(1期・2期)・ガンプラビルダーズ(OVA)

ガンダムSEEDスターゲイザー(OVA)

ガンダムSEED、ガンダム00(1期・2期)、平成ガンダムシリーズ(G・V・W)、鉄血のオルフェンズなどなど…。
劇場版Zガンダムのリメイク3部作が全部見られるのはイイ。
特に恣意的なピックアップではないのですが、ターンエーガンダム、ガンダムAGE、Gのレコンギスタなどは「なぜか」ラインナップにありませんね(Gレコは新しすぎるとはいえ、去年やった鉄オル1期あるしなー)。

おいおい…亡国のアキトとか僕DVD5巻中3巻まで買ってたんだけどww
サンダーボルトやオリジンなどはまだ完結していない上に、セールスで十分やってけるでしょうからプライム枠にこないのはまあ当然でしょうけど、何気に劇場版Zガンダム3部作とアキトは大盤振る舞いだと思います。

孤独のグルメもシーズン1〜5まで網羅しているし(特番はまだ見られない模様)、これはすごいな…。

セル(販売)があまり期待できない映像作品は、こうやって視聴契約を結んで小銭でも得たほうがマシなんだそうです。

世界的巨大企業であるAmazonの莫大な広告費をわけてもらったほうが権利者もお得、プライムの価値が上がってAmazonもニッコリ、会員は好きな時間に好きなだけ好きな作品を観られてハッピー、と、全方位winじゃないですかね。

Amazonから別に1円ももらってない僕ですが、Amazonプライムはお得ですと宣伝しておきましょう。
■雑談■@kurotama
2016/10/14 20:40
■ヒレッ!?こシャークな!@デモゲの話。
・この珍妙なしゃべりは前作デモゲ1にて登場した「シャーク教団」のものです。
シャーク教団は物語の序盤からちょいちょい登場する狂信者共(笑)で、どうみてもエイであるモンスターを「シャーク様」と呼んで信奉しているんです。

信者である彼らは「何!?」「なんと」を「ヒレッ」、「小癪な」はこシャークな、「そうですか」を「そうでフカ」と、立て続けにサメシャレを繰り出してきてデモンゲイザーを苦笑させるのですが、そもそも「おまエラの神はエイだからな?」という大前提すらも解消してくれないので、軽くイラつく存在でした。

そのうち話が進むと「救い手様(デモンゲイザーのこと)にお頼みが」と、病に倒れたシャーク様を治療して欲しいとお願いされるのです。

この解決を剣異にも登場する「光の精霊神の化身(手下。あくましんかんみたいなもの)」の、デモンゲイズ時代の化身であるプロメスというけだるげな女子に頼むと「(私たち落ちぶれた神とは違い)あらたな神が生まれようとしているのですね。信仰はいつしかシャーク様を本当の神とするのかもしれません」と理解を示し「エイナオール」というクスリを作ってくれるのです(エイって書いちゃったよね?実はバカにしてるだろw)。

そんなこんなでシャーク教団に恩を売る中で主人公は彼らの生い立ちを知ります。
シャーク教団員は「ミスリル鉱洞を掘る為に造られたゴーレムたちが時を経るうちに知恵をつけ、自分たちの仕事を代わりにやらせる下位のゴーレムを造り出してこき使っていたものの、下位ゴーレムの中にも知恵を持つ者が出始めて不満を持ち、逃げ出した野良ゴーレムの集まり」だったのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/14 22:53
なぜエイを神としたのかは定かではないですが、知性はあれど生はなく、魔力が尽きれば動かなくなる彼らにとって「目的」「信仰」というものは拠り所として大切な物だったのでしょう(別のゴーレムはミスリル鉱石食べて魔力補充してたらから、補充は出来るのかもですが)。

しかし物語終盤、デモンゲイズの根幹にかかわる悪党の手によってシャーク教団は皆殺し、シャーク様も魔眼の力で魔物として主人公たちに襲いかかってくるので(システム的に逃げられない為)それを止む無くSATUGAIさせられることになります(ちなみにシャーク様はわりと強いので油断すると普通に負けます。戦う気で会いに行ってないタイミングということもあるし)。

デモゲは一般冒険者とか当たり前のように死にますし、イベントで登場したモブ(群衆・一般人)冒険者なんかも次のイベントでは死んでたり当然なんですよ。
だけどみんな危険な場所をデモンゲイザーが解放するとお金目当てで我先にと突っ込んで死んだり殺されたり、運のいい人はお宝にありついてラッキーみたいな刹那的な生き方をしてるどうしようもない人たちで、見ているプレイヤーのほうも「まあしょうがないね」と、彼らについてはなんとも思わなかったんですが…。

シャーク教団とシャーク様にしたこの仕打ちは許せない。
普段は無気力で何を考えているかわからないプロメスも真面目に「私たち(光の精霊神に連なる者)は悲劇で終わった物語を決して忘れはしません」と、彼らを悼む気持ちを表していました。

罪もなくサメシャレを駆使しながらキャッキャしている彼らを、主人公を煽る為だけに踏みにじったその悪役に対してはプレイヤーも「おまえはゆるさん、死ね」と思わせるくらい盛り上げてくれたものです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/14 22:53
最後は憑代となった元の人物の心がほんの少し戻っていたようですが、その悪役がやったことは許せないので「消えろ」としか思えませんでした。
シャーク教団のこと、好きになってたんだなァ。

ちなみにゲームクリア後にシャーク教団のアジトに行くと、そこには少し小さな新たなエイ…シャーク様と、魔力を取り戻してまた動き出す教団とプロメスの姿が。
プロメスは詳しく語ってはくれませんでしたが、すでに力を無くしつつある光の精霊神のさらにしもべである彼女の持つ力はもうそう大きくはないのに「特別なはからい」をしてあげたようですね(これはデモゲクリアした人も知らない人いるみたいです)。

デモゲ2には魅力的な脇役っていないよなー。

あ、タイトルの解説だけで長くなりましたが、今作はメイン盾をメイン盾ならしめるスキル「ディボーション」がイマイチ信頼性がないんですよ。

ディボーションは敵のターゲットを引きつけながら自分の回避は上昇し、仮に味方にターゲットが行っても代わりに浮けることができるスキルです。
敵はHPや防御などが低いものからターゲットにするので、命中重視のアタッカー装備や防御や回避を犠牲にして攻撃力を高めるスキルを使用している弱い味方が重点的に狙われる(上に当たったら即死しかねない)んですよ。
なのでこのゲームではこのディボーションをメインで行う「メイン盾」が重要なんですが…。

わりと守りを突破して死人が出るんです。
先日の話題のようにメイン盾の子が混乱や気絶で行動不能になってしまった場合は仕方がないのだけど「守れなかった!」で突破されることが多いんです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/14 22:54
なんか参照パラメータでも変更になったの?と思って調べようにも、デモゲ2、やはりいろんな要素があいまってあまり売れていないようで(初週14000本。イース8はここが43000本くらいだった)全然話題が見当たらない。
2ちゃんもデモゲとデモゲ2で特に分ける必要もなしという感じですしねえ。

で、どうも過去作ではAGI参照だったそうで、デモゲ1のwikiでは「今作ではさほど影響しなくなったのでは」と書かれていたものの、2がそうとは限らない。

ペガッソちゃんのパラメータ割り振りはVIT最大値、LUC最大値に向けて割振り中だったのをちょっとAGIにも振ってみることに。
もとからAGIは「デボーションが苦手とする後列への身代わり防御スキル」を発動させるために上げる予定ではあったんですが、ちょっと前倒しにしないとだなあ。

先日も書きましたけど、システムを流用流用言われてるけど、味付けによってバランスとか信頼性とか結構違うのよね。
車で言うと剣異はマニュアル操作、デモゲはオートマ操作って感じ。
剣異のほうがリスクコントロールをしやすいのよねえ。

そろそろデモゲ2のクリア後大コンテンツ、ベニー松山氏が全面協力したデモゲ1とのクロスリンクもの「柳生斬魔録」が登場しそうだから(公式ツイッターにて開発終了したーとのつぶやきが)、クリア目指してプレイ時間増やしていかないとー。
■雑談■@kurotama
2016/10/14 22:54
【告知】週末の徒花トリガーツアー。
【アークス名】ヴィクター
【条件】喫茶のメンバーである事。
【日時場所】10/15(土)23:00〜 私のいるブロックのカフェにて。
【パス】hino
【コメント】
徒花コレクトも来週まで!! ……という訳で最後の徒花T戦を行います。

トリガーは手持ちの2枚を出しますのでトリガーをお持ちでない方、普段あまり来られない方も遠慮なくお気軽にご参加下さい。

22:15頃から申し込みを受け付けておりますので、参加される方はwisまたは直接現地にお越し下さいませ。
(トリトリ後に参加される方はwisをいただけると助かります)

それでは皆様のご参加を心よりお待ちしております。
以上駄文を失礼致しました。 それでは、また。
■告知■ナナシ
2016/10/14 23:21
■コードギアス亡国のアキトをイッキ観@雑談。
・ふうふう、ぶっ通しは疲れましたよう。Amazonプレイムで観てきました。
5話で5時間ですぜ!
はじめに結論から言わせてもらうと「これでいいんだ」でした。

1話(DVD・MXの放送・今回で3回くらい見たことになる)時点の主人公アキトは「あぶないヤツ」でしたが、第3話で仲間と共同生活をしたことで「大切な仲間」を得てからは「たよれるヤツ」に変更。
自分を殺そうと執拗に狙ってくる兄を、そして仲間たちをなんとか救おうとするやつに変わります。
仲間たちも第一話登場時のアウトローっぷりは2話の冒頭を最後に方針でも変わったかのようになりをひそめます。

このあたりの印象の変更を「残念になった」と見る方も多かったと思いますが、僕は「本来こいつらはこういう性格だったんだよ」と思うことにしました。

物語の結末も「ギアス(呪い)の力って結局なんなのよ」と思う場面も多くありますが、その真骨頂は一応完結編の「コードギアスR2」はもっとわけわかんないですからね(この作品は1期と2期の合間の話です)。

でも、1期2期を見た人がアキトを見ることでギアスの真実については1つ解決、1つ疑問が生まれたような感じとなりました。

戦争ものですから多くの人が死ぬ作品ですが、人は結局自分の手の届く人たちをしっかり守れればそれでいいんだよという結末になってよかった。

作品に登場する前にも辛い思いをたくさんしてきた主人公たちが未来の見えるハッピーエンドで終わるのは整合性とか盛り上がりより気持ちがいいので好き(二期終盤で世界中大荒れになるけど、たぶん彼らなら平気)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/16 02:27
悪のやり方で世界を救うのは1期2期の主人公ルルーシュがやってくれましたから、外伝はこんなのでいいんです。
亡国のアキト、きちんと面白かった。

あと、1話、2話時点ではぎこちなくて「手描きのほうがいいのに!」とプンスカしながら見ていた戦闘シーン(1・2話も結構いいのですが、やはり時代を感じる)、3〜5話になると「すげえええええええ」と何度も巻き戻して観たくなる魅力がありました。

この作品、ワイヤーとローラーダッシュによるメカアクションが超カッコいいんですが、2期になってみんなプーンって空飛び始めてファンからは「手抜き」と言われてたんですよ。
だけど2期の最後、両軍の最強機体同士の激突はひさびさに超絶格闘シーンが見られて、うおおおおおってなったものです。
で、亡国のアキトはそういう戦闘シーンばっかりですから見ごたえ抜群でした。

僕、トライガンで一番すきなGUN-HO-GUNSは「モネヴ・ザ・ゲイル」、好きなガンダムの3位あたりに「ガンダムヘビーアームズ(1位はバスターガンダムで2位はゴッドガンダム)」、好きなバトロイドは「デストロイド・モンスター」で、ガトリングガンが大好きなんです(モンスターは機銃ついてないけど)。

中盤で登場するバカ犬っぽかわいいアシュレイくんの駆る「アフラマズダ」がすごいガトリング機体で、その活躍には惚れ込んでしまいました。
はあああああ、トリプルガトリングを両手に搭載して大暴れしてるのちょうカッコイイ。
あの弾幕でロクにヒットしないのはさすがにどうかと思いますが、まともに当たったら粉みじんになるし仕方ないよね…。
戦闘も面白かったです。
■雑談■@kurotama
2016/10/16 02:31
【終了】週末の徒花トリガーツアー
【アークス名】ヴィクター
【コメント】
無事終了しましたので簡単にですが感想を。

今回はターニアさん、Gorgorothさん、Aquaさん、ストロボヤンマさんの合計4人の方々がお越し下さいました。

トリガー戦は私の2枚、Aquaさんが出して下さった1枚を使い3戦行う事が出来ました。トリガーを出して下さったAquaさんに心より感謝です。

徒花戦は5人という少人数なこともあり最初は苦戦をしましたが、回数を重ねるごとに討伐タイムが縮み最終戦では4人で個人戦を制することが出来ました。
4人で倒すなんてそうそうできる事ではないので皆さん流石です!! お見事でした。
(……その後の目玉ビームで全滅しかかったのは秘密という事で)

収穫としてはターニアさんに13メロンが出たそうですね おめでとうございます!!
その後軽く雑談をして解散という流れでした。

多人数での数の暴力によるごり押しも悪くありませんが、少人数での手応えのある戦いもいいものですね。思わず癖になりそうな面白さでした。

今回お越し下さった皆さんには心よりお礼申し上げます。
そして繰り返しになりますがトリガーを提供して下さったAquaさん、本当にありがとうございました。

もしかしたらまた何か企画するかもしれませんのでその際は宜しくお願いします。
以上 駄文長文を失礼致しました。 それでは、また。

追伸、ゴルさんのお姿が衝撃的&素晴らしい出来栄えでした。
■終了■ナナシ
2016/10/16 08:52
>ナナシさん
はい、またしてもトリガーを出してくださってありがとうございました!
思わぬ形で少人数攻略になってしまいましたが、皆さんよう頑張られたと思います〜。

最後の3回めでは個人戦で仮面さん(仮)を撃破できちゃってましたねw
あれはすごいと思います!だけどナナシさんも書かれているように、その後の目玉ビームは全員に880ダメージx複数ほど与えていたようで、華麗に全滅させられていて(ナナシさんがハーフドール使ってくれた感じでしたね)、徒花さんも中々やるもんです。

ああいう多人数だとまず使わせてもらえないであろう攻撃を見られるのはこういう少人数攻略時だけですから、なかなか面白い体験をできたのではないかなって思いますー。

こちらはまだ育成中のマロンも投入してのマロン3匹体勢でしたけど、なかなか面白かったです。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUDJSSElxWlFJM3M
こちらがGorgorothさんの雄姿。体表のイレズミは血管や筋肉の透視図感を狙っているとか。
先日実装の飛び出る目玉がなかなかいい仕事していますねえ。

デザコンによって後付け目玉(SDガンダムについてるようなやつ)の実装も決まりましたから、そっち方面はまだまだ伸びていきそうです!

そんなわけで、トリガー戦を提供してくださったナナシさん、Aquaさん、ありがとうございましたー!
■お返事■@kurotama
2016/10/16 19:18
■AmazonプライムをBGMにするぜいたく@雑談。
・というわけで「孤独のグルメ」を適当に流していますヽ(´ー`)ノ1年物のアニメとかもいいかもしれないなぁ。
今だと「勇者ヨシヒコ」もありか。
僕はDVDなどのソフトで不満があるのが「たった1時間半ほどでディスクの入れ替え作業をしなければいけないのがキツい」こと。
作業用としてこれはいくない。
その点、見放題の動画を裏で流すというのは大変良し…!

■これはシステムの穴なのか@デモゲの話。
・ちょこちょこデモゲ2を進めています(´・ω・`)
最初ほど熱がないのは、デモゲ1に比べてイマイチ盛り上がらないからです…!

たとえば、前作の最強の剣は城突入と同時に1Fの中央に鎖で封印されたまま見つかりまして、城の各所を護るデモンたちを全て倒せばゲットできるという、わりと燃える設定でした(攻略エリアも8ステージくらいあり、城編だけで全ステージの半分近くボリュームがあったのです)。

今回は城に到着した時にはすべてのデモンは撃破&こちらの味方になった後であり、1Fと2Fの攻略可能箇所を全部踏破しているともらえる謎の素材を使って武器屋さんがサクっと何もない所から最強剣を鍛え上げてくれます…。

しかも、ついさっきまで使っていた武器がフル強化の+30で「141x3ダメージ」与えるのに、最強の剣が「171x2ダメージ」とかなんですよ…。
まあ前作も「最強の剣よえええw」と言われてましたけどね。
実際に使うと「攻撃後に50%で魔法が追加発動」のついている魔法付き剣なのでわりと強くはあるんですが、どの敵種にも特攻がついてないので最終ダメージの伸びは期待できませんね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 01:40
まあ前作もクリア直前に2段階めになり、クリア後のやり込みで最強の3段階めになったら結構強かったので、今回も強くなってくれると期待しておきましょう。

で、穴の話です。

このゲームは前作から「前衛の数を選択して残りが後衛になる」という編成が出来まして、最終的にはメイン盾を前衛に1人でおいて常時防御をさせ、後衛4人はパーティスキルの「後衛への攻撃無効」を発動させればほぼ無敵になれました。

今作はダンジョン内でも自由に編成ができるのがウリなのですが「パーティが最大の5名以下でも前衛の数を自由に設定できます」。

これがどういうことかというと「全員前衛にできる」わけです(´・ω・`)
前作は5人固定だったので(こちらの任意で5名めを入れないことは可能ですがメリットがない)、前1・後4、前4・後1以上はできなかったんです。

というわけで、ダンジョン内でも攻略済み召喚陣さえあれば、パーティメンバーを4人にして突き進み、ボス前で前衛と後衛のバランスパーティに変えることも可能ですから、主人公を含む3人のNOUKINで固め、メイン盾のペガッソちゃん(小人族ミグミィの上、実際に子供)の影に3人の前衛が隠れて無敵で無双できることになりました…(´・ω・`)

今作は今の時点で「後衛攻撃」してくる敵が結構多く、うかつに後衛を2−3名とか用意すると1ターンめで後衛をSATUGAIされることが普通にあります。
なので、ペガッソちゃんが「ディボーション」のスキルで高い確率で攻撃の身代りになれるNOUKIN4名で前衛のみパーティという編成が最も事故が少ないことになりました…。
(ちなみにこれを書いている現在では5人めの後列から攻撃でき、硬めの防具を身に着けられるNOUKINを追加しています)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 01:41
しかも、デモンは各自「仲間に入れている間パーティ全体の能力を向上」というのを持っていて、NOUKINたちは当然、HPや攻撃力、命中力をサポートしてくれるわけで、それが「全部乗せ」。
意外な所に最適解があった…!

これ、バランスパーティで迷宮探索するより、アタッカー組、魔法組で分けて攻略してもいいんじゃないのかな…。

主人公は今回、サムライ系でして、ここのゲーム特有の「両手に持った武器で素早さと範囲物理スキルで開幕に状態異常をバラまく」という役目をこなせます。

仲間になるパッケ絵に出てくる4人のデモン(イベントでもこの4人ばっかりでてくる)も、メイン盾・両手武器アタッカー・正統派僧侶・正統派魔法使いですから、主人公を状態異常係にすればちょうどここのメーカー製RPG伝統のバランスパーティになるようになってますね。

パッケ絵に出てくる4人はそれぞれ

「女子唯一の盾役可」

「不意打ちを100%防ぐ」

「後衛への攻撃無効のパーティスキル持ち」

「パーティスキルを使って敵に直接ダメージを与える」

で構成されており、最終バトルにはこの4人で決まりだね!といわんばかりの性能を持っています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 01:42
特に「不意打ちを100%防ぐ」パッシブスキルで、今作は不意打ちを防ぐ手段がこれしかないために非常に重要。
城に入ってからは、敵に殴られれば盾役以外は運が悪いと即死しますから…、無駄な死人を出さないために必須と言えます。

さらに、敵に直接ダメージを与えるパーティスキルは、前作までは「敵と味方の双方1名ずつに大ダメージ」だったので立て直しが不可能な展開における破れかぶれの一撃…もしくは高HPに任せて敵が使ってきてプレイヤーを苦しめるという感じでしたが、今作は敵のみは対象になったので威力は低下したけども使いやすい能力となっています。

最終的には10数名いるデモンは必要なく、主人公+このメインの連中を組むのが最適解になってるのかと思って、そこも面白くないなーと思っていたんですが…。

それはボス戦だけにしておいて、道中はテーマを決めてパーティ編成すればいいってことですね。
そう考えると、同時に16名育成(うちは男子を省いているので11名、ペガッソちゃんは固定なのでフリーは10名)というのはなかなか楽しいのかもしれない。

しかし現状ではボスが全然強くないのでガチパーティ組む必要ないのよね(盾はいないと殴り殺されますけど)。
前作では最初のボスから使ってきた、前衛後衛を入れ替える「隊列破壊」も、魔法効果を消し去る「魔法消去」も全然使ってこないんだけど…。

もうすぐ実装のクリア後コンテンツだとソレクラスの厳しいバトルになるのだと期待しておきましょうか。
今回はあまり攻略情報とか見ていないので、ネットではどう評価されてるのかわかんないなー。
とりあえず、他のダンジョンRPG調べて見てると、オタク向けにかわいい女子ばっかり用意したハーレムダンジョンRPGが多く、みんな絵が綺麗で羨ましい(´・ω・`)
■雑談■@kurotama
2016/10/17 01:44
■グワーッ!コロプラのカラテは強い@バトガの話。
・明日からハロウィン'16後編と「トリート・ナイト記念ガチャ」によってゆり・くるみ・桜・楓の4枚のカードのうち1枚が確定になるのが始まるのですが…、同時に「復刻ハロウィン'15ガチャ」が開催されることが発表されました。

去年はみき・昴・遥香・あんこ・蓮華・明日葉・心美・うららの8名で、まだ「10連のおまけ11枚めが★4確定」のルールもないのに交換所での交換もなくなった為、星のかけらを250個単位でぶっこんでも成果のでない先生が続出。
「バトガ終了…オワガやな」と大批判の嵐になったガチャでした。

その後にメイド16人闇鍋ガチャ(うち5名は復刻カードという手抜き)という拝金主義的なガチャも開催し泣き叫ぶ先生、怨嗟の声をまき散らす先生が多数生まれ、諦観と共に多くの先生が去って行った上、期間限定交換可能カードだった「浴衣くるみ(当時ではぶっちぎりの「壊れ」性能を持っていた)」が配信が終了し、取れなかった人を持ってる人が煽りまくるという、バトガが一番荒れていた地獄の時期が訪れるのですが…。

「終わりの始まり」であったハロウィンが1年後に大復刻です。
絵柄もデザインもカワイイとエ□いの境界線を上手く攻めていて、こういうので大事な「本人は多少恥ずかしいながらもイベントだから、と浮かれモードでちょっとダイタンな衣装に身を包んでいるのを、オトナのいやらしい視線で見るとめっちゃエ□いww」を出せていて、デザイン・テーマ的に結構力が入っている衣装群でした。

単純にエ□いものなら、専門の訓練を受けた子たちの登場するほうのゲームがたくさんありますが、それは違うんですよ。
元からおゲレツなのは実は黒玉さんあまり好みではないのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 20:12
というわけで、ハロウィン、そして続くメイド闇鍋は僕にとっても深い傷を残し、新規カードも2ヶ月ほどゲットできずに「飽きてきたしやめよかなー」とこの掲示板でも書くくらいテンションが下がっていました(泣きながら25個貯まるたびに単発ガチャをみじめに引いていたらメイド心美ちゃんが来てくれましたけど)。
それが復刻ですよ。

カードの戦闘能力的には見た目に反して「1_も魅力がない」ことでさらに先生たちのやる気を低下させたシリーズではありますが…(浴衣くるみショックがゲーム全体を震撼させてたしね)、絵柄的にはかなり…押さえておきたいものがあるんですよ。それが復刻!!

正直、今回の完全新規の4枚、ゆり・くるみ・桜・楓の4枚は…、絵柄コレクション的にもLive2D的にも3Dモデル的にも「微妙」です。
メンバーもくるみちゃん1人で先生たちの興味をひいてるくらいですから正直戦力不足…!

コロプラも求心力が足りないと思ってるんでしょうねw ここで復刻をブチこんできたわけですよ。
例えば明日葉ちゃんは珍しい「ドラキュラ伯爵コスプレ」でして、男装がかっちり決まっていますし、めずらしく「ふはははは」とノリノリな模様(カードストーリーでは乗り移られて一時的にホンモノになってしまってたらしい)。

そして魔女っ子のみきちゃん、心美ちゃんはその大胆さとかわいさを併せ持つ衣装で一気にファンを増やしたほどの出来の良さでして、心美ちゃんが「実はスタイル抜群」という爆上げはここから皆に周知されていくことになります(それまでは特定のカード保持者以外、その巨○を気づいてないくらい地味だった。まあ気弱系は人気の出にくいタイプだからね…)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 20:12
しかし何より、遥香っちゃんですよ。
それまでは「聖母」「清楚」「女神様」と清のイメージだった彼女が突如「イケナイお注射しちゃいましょうか?」ダークナースになったことで、極々一部のマニアが「ヤンデレ遥香にベッドから動けなくされて手厚く看護・飼育されたい(*´Д`*)プギィ」となっていて、うわぁー…とドン引きされていたのに(僕は違いますぞ。僕は年上好きの毛並みのいい女子になんか超好かれる感じが好きです)、公式がそれにアンサーを返したかのようなアレになっていました。

カードストーリーのほうは親友の昴を「のうみそ筋肉病ですね」と診断するという、相変わらず本当に親友なのか疑わしいアレが展開されるそうなんですが…(ファンブックにてあらすじが書かれているのです)。

戦闘能力のほうはお世辞にも高いとは言えないアレで、現状からしたら「お遊びでも使えないレベル」なんですが(ハロウィン'15は他のも総じてしょぼいです)、初期星守16名の中で見た目にDARK属性を持っているれんげ先パイやうららちゃんとは違い、実はDARK属性なのでは…?となった記念すべきカード…、これは欲しい、が…、8枚セットなので、★4が当たっても8分の1ですからね…。

しかもよくみたら「復刻ガチャ」に「確定」の文字はない。
あれ、これダメなやつじゃない?

明日はおとなしく新規カードが1枚確定のトリートガチャやっておこうかなあ。
でも、年末に向けて温存したほうがいい気もしてきた。

この感じで行くと、お正月は年越し・年明けで去年選ばれなかった12名から6名(絵柄2パターン)出されることになるわけで、そこに遥香っちゃん居る可能性高いんやで…!

クリスマスもあるし、恐怖のバレンタインもある…。
ひさびさに使うフレーズですが「考えろ、その魂の使い道」という感じですね。
■雑談■@kurotama
2016/10/17 20:13
■レッドスプライトほぼ最下段の巻(⊃д⊂)@雑談。
・先日始まりました週刊少年ジャンプ新連載「レッドスプライト」。
「アイアンナイト」のオギ先生が放つ「革命x飛行船x改造人間」ネタのそれです。
この作品は必ず最後まで単行本は買う予定で(50巻とかになったらわからないですが)、かつ「アイアンナイト」の時から大ファンであることを先に述べておきます…。

うん、ウケる要素が見えてこない!
あああ、もういつもオギ先生はそうだよ!どうしてそこそこ流れに乗ってきた作品が「○○団長・○○」とか「○○帝国・○の団」とかの紹介やると思ってるんだ…。
敵は多いぞ、どうする主人公!って煽る為じゃないですかー。

先日ね、飛行船の搭載量一杯の最新最強兵器「レールガン」を装備した飛行船を駆るイヤミエリートを大撃破してみせたんですが、そこで止まってるんです(いや、話的にはまだまだ追手の尖兵だよという感じは出してましたよ?)。

畳み掛けるような追い打ち、アイデアはまだまだあるんやで!というのを見える形で演出していくのとかもアリだって思うんです。

第1話の見開きタイトルで、主人公たち特殊改造人間が敵軍にさらわれて実験や道具として「強化」「調整」された後の無残な兵器めいた姿でちょろっと描かれていまして、第1話であどけない少年少女だった彼らがどんな姿で登場するのかがある意味それに相当するんですが…。

新登場のいかにも仲間になりそうな青年が、普通の軍人の恰好で、強化人間っぽい活躍をして大軍を1人で殲滅、今回では育ての親との信頼と「俺はこの国の為に死にたい!」と決意を語る場面が描かれて、僕的には「カッコいいし、いい話だわ…」と思うんですが…、週刊少年ジャンプで生き抜きたいならこう…「掴んで」いかないと。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 22:34
その対集団戦闘に特化した彼を「潰す」為に大国が送り込んできたのは反応速度特化の強化人間4人衆。
どうも彼にとっては相性が悪い相手のようで、主人公はその反応速度特化の中でも最強の能力を持つ男。
彼は今まさに向かっている所で、ピンチには間に合うのでしょうが…。

その4人衆がシルエットからして「区別がつきにくい」んです。
「るろうに剣心」なんかでは和月先生がそこでインパクト重視にするあまり「格ゲー」とか「アメコミ」とか、好きなゆえに影響を受けてしまい自分で操りたくなったキャラを出して、残酷な読者から「パクり」と一言で切り捨てられ、単行本でグチュグチュ恨み節を述べることになったりしてたわけですが…。

だとしてもそれって「見栄を切って期待を煽る」を意識してのことだったと思うんですよね。
僕はオギ先生の作品は戦闘や設定より、その力を操る人たち、そういった力を持たない人たちによるヒューマンドラマこそが見所だと思っているんですが、それでもやはり掴みって大事だと思うんだよなあ。

彼はそれを見た目でなく「設定」で済まそうとする部分が今回ちょっと強いのですよ。
背景や設定を考えれば軍隊の特殊戦闘員部隊があまりにも個性的なのはどうかと思いますが、全体的に地味なんですよねー…。

飛行船部分の作画とかかなり出来が良くて、これまでにないジャンルを描いてると思うんですが、バカバカしくても子供っぽくてもいいので、もう少しケレン味を出していくと良いのにな…と思います。

前半戦の異常にスピーディな展開は終わり、2〜3話でヒキタメオチを綺麗にこなしてるのの3話めくらいなんですが、順位はすでに最後尾確定作品、もうすぐ連載終了確定の作品の一個上ですからね…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 22:35
その下に大人気の「食戟のソーマ」があるけど、どうせ入稿が遅れた程度のことでしょう。
あれが今すぐどうこうなるわけない。

ただ最近見た目に作画クオリティが低い回が増えてきたような気もしますけど。お忙しいのかなー…。
元からあれを週刊で描いてるほうが異常だったんだけど。

10話あたりでセンターカラー(一応編集部最後のゴリ押し。なかったらほぼアウト確定)でうまく盛り上がるかでしょうけど、不安しかないニャウ。
「アイアンナイト」のほうが変身・怪物・意外な生存者とか謎の同行者とか、わくわくする要素が多かったっていうのは結構危険な状態です。

できれば全員仲間集めて「待っていろよ皇帝!」くらいまで行ってくれえ。

■僕は好きです@雑談。
・ジャンプ版「モンスター娘のいる日常」だった「ラブラッシュ」。
天使娘、サキュバス娘、狼娘の3編が終わって、ただのラブコメにモン娘要素を取り込んだ話というのは問題なく進行しているようですが…、今回「スライム娘」で不穏な空気が。
顔見せしただけで大暴れして沈められて1話で終わったぞ…(一応、平静系の正ヒロインの心情の変化を描いていましたが)。
ドタバタ期間の時間が短い…、あの、もうヤバげなんでしょうか(;´ρ`)

山本先生の前作「E−ROBOT」は昨今では珍しい11話打ち切りエンドでしたから、12話は行ってくれないと新たな「つきぬけ作家」の汚名を着せられてしまう…(※有名打ち切り漫画「ロケットで突きぬけろ」というカートレース漫画が作者の奇抜な巻末コメなどで話題となり、以降10話打ち切り、早期打ち切りを「突き抜ける」と表現するようになりました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 22:36
ジャンプギャグ漫画史上最長を誇る「ボボボーボ・ボーボボ」の作者さんの新作「チャゲチャ」は驚愕の8話で打ち切られた為「チャゲる」などともごく一部で言われますが「つきぬける」と違って一切定着してない模様。というか8話打ち切り自体が反骨精神あふれる渾身のギャグだと思ってます。長い)。

まあそんなわけで、絵柄は大分かわいくしてきましたけど(主線が細すぎてメリハリがない気もしますけど)あまり人気があるように見えないのですが…。
絵柄と前作のノリでもっとエ□い展開かと思ったら、ほぼそれ系がない、ただカワイイ子がドタバタするだけって感じですからねえ…。

この先生、きっと真面目で超いい人なんだろうなって思います(自キャラを脱がせる作家さんが悪い人という意味ではないですよ)。
シナリオ展開やキャラの心情の描き方が「愛」に基づいているというとわかりますか。
主人公もヒロインもモン娘たちの心情も全部大切にされていて、ないがしろにできない感じが出ています。
そこには運命のせいで過酷な目に合うことも、ひどいキャラに大切に育て護っていたものが踏みにじられることもない、丁寧で優しい世界なんですよ。

だから読んでいて安心はできるんですが…。
毒もフックもない(フックがないって僕の語録にはあるのになんでか見ないよなって思ったらアドバタイジングデザインやコピーライティングの世界の用語で、「目を引く箇所」「見た人を釣る要素」の意味のようです。僕一応デザイナーだったので…センモンヨーゴだったようです。だけど今後も使いますよ!)んですよ(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/17 22:37
でもね、幽霊の彼女とリアルの彼女のどっちがいい?となってた作品では生身ヒロインが突然チンピラに襲われてアレされそうになり(暴力の恐怖でヒロインが抵抗の意志をなくすシーンがやたらと生々しかった)ドン引きしたりしましたし、やりすぎはよくないですからね。案の定すぐ打ち切られましたが。

僕はこう、男性としてポル○は当然嫌いじゃないですけど、ふさわしくない場でそういった描写(しかも合意に基づいてないやつ)はあまり見たくないのよね。

だからヤングジャンプの人気ボクシングマンガ「リクドウ」も最初のアレはびっくりしたわ…。
あれ以降あそこのヒロインがいつひどい目にあうのか不安でしょうがない(あちらは青年誌なので文句を言われるいわれはないですが)。

エ□い漫画とかはそれ自体がウリになるとこあるんだけど、少年ジャンプはそれか?違うだろ?というやつ。

短編アニメを3本まとめたバラエティアニメ「ウルトラスーパーアニメタイム」にて、突然男性 同士の恋愛を描く作品を見せられた時も僕ドン引きしましたからね…。

最初からそうだって言っててくれ…ジャンルの否定はしないけど、僕は見たくなかった^^;

そんなわけで、ラブラッシュは思ったほどラッシュにならず、小さくまとまってしまいそうな感じなんですが、ヘンに刺激を狙ってめちゃくちゃされるより、安心して読めるまま終わってしまうかもですが、それはそれでいいのかもしれません。

だって8話時点でもう「人間ヒロインが親愛と恋愛の差を受け入れたら終了」だし、受け入れかけてるからね…。
ほんとに10話エンドがあり得る…怖い。
単行本はこうたるさかいな…気張るんやで…山本先生。
■雑談■@kurotama
2016/10/17 22:44
■すべりこみセーフ@バトガの話。
・というわけで、添い寝みきちゃん関連のストーリーです。

カードストーリー
合宿中、寝る前に日誌をつけていた先生の元に、みき・遥香・うららの3名が訪れます。
なんでも3人で「王様ゲーム」をしてたものの、女子だけだとイマイチ盛り上がらないといううららちゃんの意見で先生にも参加してもらおうということになったようです。

うららちゃんは確かに言いそうですが、遥香っちゃんまで居てどうして…と言いたげな先生(黒玉さんの感想)。
しかし、彼女も「二人を止められなくて…でも私もご一緒したいので♪」とちょっと夜のテンションになっている模様。

手を引かれ、背中を押されて半ば強引に彼女たち3名の泊まる部屋に招かれた先生は、彼女たちのやっていたのが王様ゲームと聞いて警戒しますが、健全だから大丈夫ということでつきあってあげることに。

結局みきちゃんが王様になって阿波踊りを指定→先生が踊る…、次のうららちゃんがコサックダンスを指定→先生が踊る…と先生ばっかり踊る感じに。

一旦トイレに行くと言って逃げ出した先生ですが、帰ってきたその間に決まったうららちゃんが、恋バナを披露することを指示。

みきちゃんが当たってしまい、二人から「好みのタイプ」について質問攻めにあいます。

彼女は「年上の頼りがいのあるけどちょっとドジな所が好きで、意外な側面を見ると胸がキュッとなる」と語り、遥香っちゃんも「自分だけが知ってる顔かと思うとドキドキする」とノリノリ、うららちゃんも「わっかるー」と賛同します。
みきちゃんは続けて「でも背中を見てるとカッコイイって思っちゃうんだよね〜」と語り、女子トークでキャッキャと盛り上がる3名。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/18 00:37
しかしうららちゃん「それ好みのタイプじゃなくて特定の人のことじゃないの?」と揶揄し、遥香っちゃんも「気になるわね」と追及する感じになってしまいますが…。

先生、入るタイミングを完全に逃した上に、まるで盗み聞きをしている感じになってしまっていた為、わざと物音を立てて存在をアッピル、部屋に戻ります。

良い所を邪魔されてぶーぶー言ううららちゃんですが、もう遅いから部屋に戻ると告げると解散することになりました。

おやすみを告げるみきちゃんは先ほどのこともあってちょっとぎこちなく、先生は「頼りになるけどちょっとドジで、だけど背中を見てるとカッコイイ」相手が自分なのかとちょっとドキドキしますが、気づかない振りをします。

翌朝、特訓が始まるのに(?)起きてこない3名を起こしに行くと、案の定寝ています。
おそらくあのあと盛り上がってしまったんでしょうね。

寝ている女子の寝室に入るのはためらわれましたが、先生もお仕事ですからしょうがなく入っていくと…。
みきちゃんはまだ寝ぼけていて、昨日の女子トークの内容を先生に語ります。
先生が起こすために近寄ると、彼女は夢の中と混同して「あ、来てくれたんだ…わたしの好きなひと」と言ってしまうのです。

目が覚めた3人に早く支度するよう指示する先生ですが、みきちゃんの発言にちょっと動揺を隠せないのでした。
みきちゃんは着替えながら「寝ぼけてとんでもないことを伝えた気がする…気づかれていませんように」と願いますが、どう見ても伝わっています。本当にごちそうさまでございました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/18 00:38
うほっ。メインヒロインきたーーー!
以前お伝えしようとして機会が結局なかった「入浴みき」「湯上がりみき」の「より親密なストーリー」でも、時間切り替え制の露天風呂で、従業員のミスによって女湯に入ってしまった先生をみきちゃんが逃がそうとして森に入り込み、突然の雨に降られて半遭難してしまった時、みきちゃんは気が弱くなって「もし最期なのなら、聞いてほしい事があるんです…」と先生に想いを告げようとしたけど、雨が止んだら視界もよくなって意外と近くまで帰って来ていたことがわかって「あ、あの話は忘れてください!」みたいになったことがあったんですが…。

ついに、僕が確認できたストーリーの中で先生に直接「好きなひと」と言ってしまった子が出ましたね!
でも以前からみきちゃんは先生ラブを隠せてなかったからなー。
まあ先陣を切るのはメインヒロインちゃんに譲るしかない…!今回は負けを認めてやるッ(謎の上から目線)。ただし最後に勝つのは遥香っちゃんよ…!(※先生の数だけここの答えはある)


ボイスストーリー
寝付けないみきちゃん、眠っている先生の部屋を訪れて(もしくは先生を自室に呼びつけて?)少しお話させてくださいとお願いします。
その場で先生は彼女の初恋の話が聞きたいと結構ゴリ押ししたようで(ボイスドラマは声優さんの一人芝居なので、先生はテキスト発言さえありません)、テレながらも彼女が話を始めます。

内容はカードストーリーのほうと同じく、年上の頼りになる人で、ちょっとドジな所が良くて、でもその人が笑っていると自分も楽しくなって、いつまででも話していたくなるということを語ります。

今度機会があったら先生の初恋話も聞かせて欲しいと述べ「また明日もたくさん話しましょうね」と彼女は寝付いてしまうのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/18 00:38


ほあああああああ、語るに落ちる!語るに落ちる感じでしたよ!
いつまでも話していたくなる→明日もたくさん…の件で自ら初恋の相手を示唆してしまってますねw

ここがもし遥香っちゃんなら「狙ったのか」と思いますが、みきちゃんはたぶん天然でしょう(僕の遥香っちゃんの評価がなにげにひどいと思うことがたまにある)。
あえてボカして気づいてもらうのじゃなく、多分気づかれてないと思い込んでいます。
何かを仕込むほどかしこい子じゃあないですからNE。

その人が笑っていると…の件の声優さんの演技を聞いてると、ほんとうに嬉しそうに憧れが込められていて、完全に「これが結ばれなかったらちょうかわいそう」のレベルになっていて心が痛みますw(先生の数だけ押しがいるからね…!)

しかしこれを鑑みて遥香っちゃんのボイスドラマの「ソファでうっかり寝ている先生を発見して、ついこっそり添い寝してしまったらその暖かさと安らぎでスヤァってなってしまった」を考えると「生涯の親友を立てて自らは一歩退くものの、あきらめきれない気持ちから誰にもバレないように想いを遂げる」みたいな感じに妄想できて大変良し…!

遥香っちゃん大好きっ子の僕ですが、彼女はやっぱり「みんな公認の仲良し大カップル」ではなく「秘めた関係」が似合う気がします。
「在学中からイケナイとわかりながら付き合う」とか「親友が好きな人と同じ人を好きになってしまい、その人は今自分のことを選んでくれているのが嬉しいやら申し訳ないやら」とか、あけっぴろげにキャッキャしない感じですね。

結果だけ発表して周囲の人が「えーっ、二人って付き合っていたんですか!」ってなる感じの。
みきちゃんが太陽なら遥香っちゃんは月。

高1組残りの昴ちゃんは…なんだ、おまけですね(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/18 00:38
うらここコンビのショッキングさには150%敵わないと書きましたが、なかなかの破壊力でした。
それだけに地味だった遥香っちゃん、ちょっとしたエ□トラブルで話が落ちた明日葉ちゃんあたりは「もっとしっかりしなさい」という感じだったと言えるのではないでしょうか。

「世界終末時計」ではありませんが、先生が星守の誰かとくっつく(卒業後に、ですよ)カウントで行くと、今回みきちゃんは大分針を進めたんじゃないかなー。

遥香っちゃんは先行逃げ切りで通せるのか。

■ガンプラビルダーズ観ました@雑談。
・Amazonプライムビデオにガンダム系がたくさん入っているのを知って、まずはガンダムビルドファイターズ(以下GBF)の前身「ガンプラファイターズ」から観てみました。
いわば「読み切り版」みたいなものでして、GBFとは似てるようでいてまるっきり違う(世界も違うし)。
だけど、オリジナルモビルスーツや、読者…視聴者…いや、模型ファンとでもいえばいいのか、参加型企画のカラーリングや組み合わせ機体なども登場してて結構楽しかった。

GBFでいう「カワグチメイジン」の位置に居る人が町中で馬を移動手段にしていたり、普段は物静かなイケメンが操縦時だけヒャッハーなお兄さんに豹変するなどキャラ立ても意識されていましたしね。

彼の駆る重装甲パワー型のザク、「ザクF2000(原作のザクUF2型の1000倍つええ!だそうです)」が結構かっこよくてよかったし、オマージュ元の「プラモ狂四郎」要素である「パテの盛り付けが素体に馴染んでないから機体がもろいんだ!」みたいな実素材が戦闘に影響する要素もよかった。

GBFでは素材ネタがほぼなかったのでニヤリとさせられましたねー。
なかなか楽しかったです。
■雑談■@kurotama
2016/10/18 01:07
■ちょっとちょっと待って!いやいやいや、おいおいおい@デモゲの話。
・おいィ?

NOUKINパーティがラスボス撃破したんだけど!?(難易度:NORMAL)

おかしいでしょう。
被ダメ半減させるの使って多少隊列破壊や魔法消去で苦しめられたけど、被害者は後列に居たタカビーお嬢様槍使いのカプリコーンだけだったよ??

まあNOUKINナンバー1のドラコさんとか、最強スキル(防御・回避0のかわりに攻撃回数+1、命中大アップ)を使えば2ヒットで2400ダメージとかたたき出すし、主人公やサムライガールのレオさんとかも多段ヒットで合計で言えば1500〜数千ダメージ出してたけども!

だいたい最終ステージの雑魚が全部2ターン以内で無傷で殲滅できるのがおかしいのよね。
これやっぱ、バランスパーティ向け(前衛が2〜3名)で敵の強さ設定されてるよね…。

うっかり「じゃあ全員前衛にすればいいじゃん」に気づいた時点でデモゲ2はクリアしたも同然だったということですか(´・ω・`)

むう…剣異にくらべてライト感はでてましたけど、まさかここまでとは…。
おまけにいうとデモゲ1の絶対勝てないラスボス感と、実際戦った時パターンにハメられると立て直し不可能で詰むあのバランスはなんだったんだ。

ちなみに「主人公の為に歌って死にそう^^;」といってた妹ちゃん(巨○)は色々あって無事生還。

姉(普○)が「今後の話(ケコン的な)を考えないとね///」とか言ってるけど、おまえじゃない…、我が主人公が欲するのは巨、いや妹属性でございます。

お ま え に 用 は な い ん だ よ !(断言)

しかし、無慈悲なことにエンディングを選択できるのは好感度が最大に達しているデモンとだけ…(好きなデモンを選択できる)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/18 20:21
しょうがないので(また混乱に乗じてSATUGAIされるのも怖いので)ペガッソちゃんを選んでおきましたが、内容は「これからもよろしくね!お兄ちゃん!」くらいのものだったので、他のエンディングを見る必要は特にないナって思いました。

だがなぁ、最終展開はもうひたすら「いいからお前は色々説明しろよ当面のラスボスさんよォ!」としか思えなかった。
当面のラスボスさんが今後訪れる脅威、自分がしでかしてしまって今ヤバイ、星自体がマジヤバイっていうことを主人公にしっかり伝えてくれれば、手を取り合うことすらできるくらい、真のラスボスが人類の敵なんですよ。

そこでおまえら争う必要あったんかいという…。
ただ、当面ラスボスさんは物語開始以前までの間に何も知らない一般人を数千・数万単位でSENNOUしてSATUGAIしてますから、許されることは無理な感じではありました。

ネットでチラ見したコメントの「あいかわらずモブ(群衆・一般人)は何人死んでも関係ないってシナリオだよな…」というのが正しいかもしれない。

まあ、世紀の大悪党だろうとその真実はただの弱い1人の人間、1人の親でしかなかったよというのを主人公パーティだけは知っててあげるというのは雰囲気だけはいいですね。

でも主人公は今回、真ラスボス呼び機として利用されるためだけに記憶は取られ、人としての生は奪われたわけで、やっぱ許せないといえば許せない(「真ラスボス呼び」を無理やりやらされて星力を絞りつくされて一旦死んじゃうしね)。

ちょっといい風の話だけど主人公の悲惨な状況は一切解決してねーからねこれ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/18 20:22
同じく造られた人のようでいて人ではないデモンたちという永い永い人生の道連れが居てくれるのはせめてもの救いか。

まだクリア後ダンジョンは今から挑む感じですし、秋中には実装される大型追加コンテンツも当然プレイする予定ですが…、ひとまずデモゲ2はエンディングを見られました。

感想としては可もなく不可はありの40点くらい。デモゲ1は85点くらい(音楽で+20点はついている)なので、続編としての役目を果たせたかというと微妙ですね(;´ρ`)

開発の関係上前後してるんでしょうけど、7月最後発売の新釈剣異よりもUIで劣っている部分があるのは大きなマイナスでしたねえ。
あっちより不便があるのはなんか納得できないなー。

まあ、来る新コンテンツに向けてデモンたちを強化しておきましょう。
前衛ばっか育って後衛育ててないもんな。
クリア後ダンジョンクリアまではレベルキャップが50だそうなので、逆に前衛陣を50にしちゃえば高速育成できるようになると思われます。

剣異の時は99レベルになると経験値分配から外されるため、例えば99レベル5人と1レベル1人のパーティなら経験値は分配されずに全部1レベルのキャラに入るので、高速育成ができるんですよー。

デモンゲイザーの戦いはまだこれから!
■雑談■@kurotama
2016/10/18 20:22
■黒玉はそれをガマンできない@バトガの話。
・はい、「ハロウィンパニック」後半が始まりまして…、先日のトリックナイトガチャに続いて、後半の4名「トリートガチャ」が開催されたので一回(星のかけら250個消費)引いてきました!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qbjhZSTZIZGhUZkk
くっ、絞りに絞った魂の一回で来たのがゆりちゃんだなんて…(⊃д⊂)(失礼)

カタブツ風紀委員チョのゆりちゃん、ハロウィンはダークナース2(1は遥香っちゃん)コスで大登場でございます。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qbjhZSTZIZGhUZkk
Dナースゆりちゃんの雄姿。
天使の羽を付けながら闇属性?らしいのですが、中身はいつものゆりちゃんで、ハロウィンの浮かれムードで先生に甘えようにもなかなかうまくいかないから回りっぷりに涙ぐむ高2です!
後輩たちの方が色々進んでいるとか…、ある意味かわいいと言えますよね(ネットではよくゆりパイセンと言われています。無○派の熱い支持を受けているのでわりと勢力は大きい方)。

まあ、あれだ、意図はないのですが、後輩たちのハロウィン姿(復刻イベント)もペタりと貼っておきます。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qbjhZSTZIZGhUZkk
左はダークナース遥香っちゃんの攻撃スキル。早いのでエフェクトが顔にかかっているこれしか撮れませんでした!

つづくー
■告知■@kurotama
2016/10/18 20:57
そして右の右は去年の先生たちに「おお…(こんなお宝が眠っていたのか…)」と感心された、心は小動物だけど体の一部が暴牛な心美ちゃんのハロウィン衣装。これはイイ。エ□い視点を抜きにしてもとってもかわいいのが良い。

ちなみに右画像の左に立っておられるのがドスケベ両刀ビッチれんげ先パイです。

若々しさのある心美ちゃんに比べ、人★妻レベルのアレを放つ衣装が若めの先生から大きな支持を受けていましたね(今は詩穂さんがそのポジにいます)。

はぁ…。
いえ、ため息に意味はないんですが、ゆりちゃんが来てくれました!

ちなみに遥香っちゃんは注射器を使って敵に貫通ビームを放ちましたが、ゆりちゃんは笑顔で注射器を3本宙に放ち、敵ロック位置にバガンドガンボガンと3回ヒット。

しっかり2016年のクオリティを持っており、特別な効果はないものの使ってて楽しくそこそこ強いという良い感じのスキルとなっています(ただしハンマーなので、他のスキルの性能が良すぎてこの程度では騒がれることはないです)。

しかしこのカードには最大の特徴があります。
僕が知る中でまだ3枚くらいしかない「○コンボでHP20%アップ」がついていることです。
○コンボで〜でHPやSPがアップするシリーズの仲良しスキル(パッシブスキル)は、条件を満たすと上限値を上昇させるだけでなく、実数値も引き上げます。
つまり、これらを搭載しておいて戦闘中に意図的にコンボを切って貯めなおすことでその度にHPやSPを回復することが出来るのです。

今回のゆりちゃんのカードは15コンボでHP20%アップですが、最終進化でここが10コンボくらいにまで落ちる強化ならかなりとんでもないカードとなります(必要コンボ数が減らずにHP上昇率が上がる場合はそこまで使えないかも)。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/10/18 20:57
3人で組めるパーティのもうあと一人に「○コンボでSP18%アップ」とかいうのを入れれば、HPとSPをこちらの意志で好きなだけ回復できるようになるという…、ある意味ナースっぽい効果を秘めたとても良いカードということになりました。

これは戦力的にはかなりのアタリです!
ここ3か月「センバツ」がないので、戦力を求める意味はほぼなくなって来てますが(センバツうざーいと言う声が多かった為。僕は好きだったのだけど…)、そういうのが来たら頼りになってくれそうです。

【告知】ジョジョ第4部第29話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/18(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/10/18 20:57
【終了】ジョジョ第4部第29話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はメグリネキャストさん、Rozzさんが来てくださり、JOJOを見ることが出来ました。
前回チンチロリンの出来事が元でかなり強烈に仲たがいしたままの仗助くんと露伴先生ですが、露伴先生がトンネルの中で見た謎の現象に近づくうち底に潜むスタンド「ハイウェイ・スター」に囚われてしまいます。

ケンカはしたものの気になって様子を見に来た仗助くんは露伴先生の残したバイクを見て不審を感じ、調査し始めるのですが、露伴先生決死の行動によって敵の情報を与えられ「本体を探せ!」という指示に従って、時速60kmまでしか出せないハイウェイスターから逃げるため、露伴先生のバイクで走り出すところで終わってました。

今回は映画「スピード」のごとく、スピードを落とすことができない状況を仗助くんがクレイジーダイヤモンドの「破壊と再生を自在に行える」を駆使して追手から逃れ続けるというスリリングかつスピーディな展開が魅力でしたね。

まあ、仗助くんは「ノーヘル・免許ナシ・スピード違反」とHANZAISYAまっしぐらでしたがw
充分に引き離したので康一くんに協力してもらおうと電話ボックスに立ち寄る彼ですが、ハイウェイスターは距離が離れる、追跡が困難になると目標の近くまでテレポートするというとんでもない能力を披露。

再び逃げることになる仗助くんですが、道行く人たちの持つ携帯電話を奪って康一くんに連絡(窃盗まで増えたw)、彼のサポートをとりつけながら逃走を続けます。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/19 02:19
康一くんの協力によって(新聞のスクラップを取ってあるとか康一くんデータ派だなあ)スタンド使いが最近あのトンネルで事故を起こした青年なのではないかと仮定、彼の入院する病院へ向かいます。

スタンドの主、墳上裕也をあと少しの所まで追い詰めるものの、ハイウェイスターに囚われて養分をズギュウウンと吸われる仗助くんですが、彼のうけていた点滴をちょっと拝借して栄養を確保(すごい力だ点滴!)、ケガ人を殴るなんて、後味悪すぎるだろうとのたまう彼の傷を治し…、再度入院するレベルにボコボコにし、露伴先生も救出できたのでした。

ここで「元旦の朝におろしたてのパンツを履いたような爽快な気分」の名言シーンを見ることが出来ました!
第四部は名言の宝庫だなw

最後は吉良さんこと川尻浩作パート、謎のネコが彼の家に入り込み…?
というところで今回は終了です。

そんなわけで、今回はシンプルながらも仗助くんの機転と、スタンドを使いこなす力、そしてムカつく敵をオラオラオラとボッコボコにする爽快感という、第三部以降のおいしいとこを全部乗せで観られる回でしたね。
大変面白かったです。

その後は(始まる前にもですが)、漫画論とかPSO2の話をしていたんですが、1時半を過ぎてしまったので逃げるように撤退しました(ノ∇`)

みなさん、ありがとうございました〜!
またよろしくお願いします!
■終了■@kurotama
2016/10/19 02:19
■んん?これは結局ダメなのでは?@PSO2の話。
・先日フレの方とお喋りしていた時に出た疑問があります。
サモナーの初期3ペットは今回のアムドアルチで出現する「進化版」を使えばレベルやキャンディはそのままに基礎パラメータやPAを上方修正された上位種に進化できますとされていたんですよ。

だけど★13トリムに★10エアロ(トリムの進化種)を使ったら★10エアロになっちゃうの?
それとも★13エアロということになるの?

というね…。
その場合★10エアロはどういうパラメータになるの?というギモンもあったんですが…。
アプデ情報を普通に読むと「レアリティ進化」ということなので、これ、★13トリムがある人は★13エアロ出るまで進化はお預けってことになっていそうですね(;´ρ`)

まあゲームやらせたいんだろうししょうがないか…。
しばらくは★13ペット欲しさにアルチにサモナーがあふれかえることでしょうね。
誰だってそーする おれもそーする

追記:コレクトファイルに新ペット★13が並ぶそうですから、無理にSuで行かなくても平気ということが判明。

しかし「(他クラスの)PAはもうネタ切れなんで、零式等で使い勝手をメンテナンスする方向性で行きたい」といいつつ、ペットは毎月更新の勢いを見せられると「早くEP4終わってくれ」という念は強くなる一方ですね(;´ρ`)

完全にペット開発に全部持ってかれてるじゃん(8%しかいないのに)。
■雑談■@kurotama
2016/10/19 19:13
■1日限りのプレミアム復帰@PSO2の話。
・はい、アルチ行ってきました。それどころか、3時間ほどかけてコレクトファイルを1周終わらせてきました。
スタートでゲットしてしまわないとすぐ飽きられるのも怖いからです(´・ω・`)
いちおう感想としては「Ra使える^^」でした。
何もかもジャマーされるわけではないので、やはりwbが有効で、そして回避しながらロック位置へのパラレル零式、固定マップなので行ける所ではノンウィークボーナスの力で生まれ変わった「スフィアイレイザー」など、ランチャーPAが良い仕事をしてくれます。

wb貼る位置は最初は部位破壊(ユニット狙い)でやってたんですが、想像以上にNOUKINばっかりでロクに壊してくれないので諦めて顔に貼ることにし、他Raさんと張替え合戦になったら多少wb貼るのを控える感じでしょうか(きちんとしたRaならすぐに「あ、自分以外腕に攻撃してないし、ひとりでやってもめっちゃ手間かかる…」と気づくはず。僕はきちんとしてないので最初の1時間くらいはずううっと顔以外の部位破壊狙いしてました…)

一応、最初の3時間フルブで挑んで、ギグルパルチ、レイユニット(脚)x2をゲットしました。
しばらくしたら「部位破壊しろ」ってうっさくなりそうだなあ(;´ρ`)
ギグルパルチは生ドロップだったのですが雷属性なので助かりました(ファイルでもらえるのは雷)
しかし、属性29なので結局3本必要ですよKUSOGA。

注目の潜在は…TMGの場合は「90秒ほどメイト・乙女の使用がないと最大20%威力が上昇」だそうで、またオービットにもライフルにも持ち替えできない系の潜在ではありますが…、基礎能力は+32の時点でオフスより50も高い上に20%ですからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/20 03:02
パーフェクトキーパーより条件が緩いので、これはさっさと属性60にしちゃうのが吉ですな。

というわけでプレミアム1日券を使ってコレクトファイルの受注を5件にし、最初の3時間で、★13エッグを全部もらい、生ドロップしたパルチと、TMGの2枚めをゲットして今回ってるのですが…。

一周5〜6分程度で半固定わきなので、重ねて言いますがRaが光っていますね。
犬アンガさんも胴にロックして前から狙えばヘッドショットでパラ零をえんえん当てられるので(上手くやればwbも顔に張れる。弓やTMG使ってる人には嬉しいはず)。

しかし…、初日の時点で12人揃うのちょい待ちが発生するわ、何度も何度も死ぬ人いるわで…わりと荒れ気味ニャウ。

そんなわけでガッツリプレイしてコレクトファイルを2周してきましたヽ(´ー`)ノ
これくらいで集まるファイルが理想だよね。

追記:ギグスTMG、メイト使用ではなく被弾で…でした。
つまりハイタイムと合わせて「また」1ダメージでも受けたら攻撃力が35%下がるクラスに戻ったんだけどwwwwふざけんなw
もう+31にしちゃったよ(ノ∇`)

さらに追記:他の同系統潜在の話題で「基礎値は6〜7%あった上で、最大20におよそ90秒〜120秒かけて到達なので、オフスよりちょい下くらいの基礎能力はあるのかなー。
どっちにしてもオービットでのPP回復は状況を見ながら、になっちゃいますね。
Gu/Raだとまたwbがつかいにくくなるのでちとかわいそう(多少の被弾無視で戦うGu/Huにも面白くない潜在ですwなんなんですか!)
■雑談■@kurotama
2016/10/20 03:02
■秋はじごくのきせつ@バトガの話。
・11月は秋葉原の「キュアメイドカフェ」にて、バトガのリアル喫茶が開催される模様です。
僕はリアルイベに行く勇気はないのでスルー確定なんですが、ゲーム内でもメイドカフェテーマのストーリーが開催されますね。

去年は遥香っちゃんにイチゴタルトを持ってきてもらうと、大好物のソレを目の前で食べられる(自分は給仕なので食べられない)ことに涙目になる彼女に「一口食べる?」と促すと、一口で一個まるごといかれるというアレが繰り広げられ、望ちゃん特製ビーフシチューが大人気により品切れ(リアルカフェでもあっという間に品切れになったとか)になったので遥香っちゃんが特別に作ってくれたラーメンが二郎系だったり…、食の魔王っぷりを存分に見せてくれました。

今年はいったいどうなってしまうんでしょうね。

しかしそんなほのぼのした話題をしているのは、バトガをプレイする先生たちにとって秋と言うのは滅びの記憶を呼び起こされるアレでして…。

たびたび話題にのぼる「アタリ16枚で確定なしの闇鍋限定ガチャ」で多くの先生が戦い、そして散って行ったのです。

今年はあれから、サドネ・花音・詩穂の3名が増えていますが、当然カード化され、当然ガチャがあるでしょう。
その形式はどういったじごくなのか。
ネットでもアノトキの記憶がよみがえったのか、先生たちが戦々恐々としたレスをしまくっていますね…。
確かにイヤな予感しかしないもんな…。

個人的にはメイド遥香っちゃんスがまた来るのは好ましいけど、たとえ確定で、新キャラ勢3名は別のガチャになったとしても16分の1やぜ…。
うーん。挑むだけ無駄な気もしないでもないなぁ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/20 19:53
■せんたんのやみ@PSO2の話。
・昨日はプレミアムチケットを使ってじょういぶろっくとやらに入ってたんですが…。

シフタくれませんか?(´・ω・`)と白チャで指示する人がいたり(どうせDPSでも計ってるんでしょう)、12名めが中々降りてこず、うちも確認してたらディメが残り1個になってたからキャンプシップに戻ったら、どうも「はじまらねーなら抜けるわ」って行動とカンチガイされたのか、12人めに「早く降りてこいや!」という意思表示なのか、恐ろしい勢いでテレポーター起動キャンセルを繰り返したりとかして「ああ、やはり先頭を走る連中ってこわいきもちわるい」と思って、色々なブロックを見て回った所…。

やっぱりエキスパート先頭3ブロックくらい(つねにプレミアムまで埋まってる辺り)は、子供なプレイヤーさんが多いって感じですね。
20時台くらいで埋まり始める4〜6ブロックめあたりのほうが総合的にマシな気もします。

そしてアムチの攻撃は無駄に苛烈でこちらの攻撃機会も少ない為、近接がまたしても「ほんろうされてるうちに遠距離が着実にケズって、なんらかのアレでダウンしたらそこに殺到する係」になっててちとかわいそうだったなぁ。

でもなあ、白AW出しまくって4回も5回も倒されてる人は、悪いけどガッツドリンクとか飲んだ方がいいと思う…。
うちRaで何度もタゲとってひどい目にあったけど一回も倒されなかったよ?(オーディンライフルの被ダメカットが素晴らしすぎるだけですが)

2ちゃんでもさっそく叩かれてますが、GuなんてサブRaはスタスナのせる機会ほぼなし、接近するヒマなし、遠距離でエルダーとか笑わせんな打ち上げんな、サブHuは来るな(シンプル)と散々ですね(;´ρ`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/20 19:53
でもメインGuの僕が見てもこのクエストでGuが活躍する場面ってないかもしれない。
RaやFoといった座標にダイレクトアタックできるクラスがあって彼らが削った上で、スキを見せたらゴリ押しアタッカーがトドメを刺しに群がる感じ。

「その時にチェインで大ダメージだ!」は残念ながらSu/GuがGuと同じ手間をかけたうえでPA一発で軽く4〜5倍ダメージを出す為、役目を完全に取られてしまっていますね。

どんなクラスでもSロールで200%してたり、どんな編成でもカタナ持ってシュンカすればOKなEP2よりもひでーなこれ。
Guはまた冬の時代になりつつありますなぁ…。

でもネットで未だに「格闘系PAにゼロレンジ乗るようになれば」とか言ってる人はGu/Raで格闘系PA使ってるからだろと思いました。
理解もせず触ってもないのに「叩いてもいい存在」としていいように言われてるのはすっげー面白くないな。

まあこのように早くも仕様が判明し始めてギスって来てるので、うっとおしい白チャ指定厨とかが現れる前に最低限もらうものだけもらって撤退しようそうしよう(アンガも進化したらめんどくさそうだしね)。

あと20回クリアでひとまずTMGとパルチは属性60になるからね…。TMGは+35目指したかったけど、+32が1562、+35が1598で36しか射撃力差がないから、ここは妥協しておこう。

もしアムチがじりじりプレイしていけるようなものなら1月までかければ20回クリアもまあできるかもだし(3本は60回か…攻撃力たった10ぽっちあげるために??)

1週間経っても非プレミアムで部屋が成立するかどうかは怪しいなー。
個人的には固定マップ形式は覚えゲーになっていくから好きなんだけどなぁ。

さあ、(実装2日めなのに)最後の戦いだ…、逃げ切るぞー。
■雑談■@kurotama
2016/10/20 19:55
■戦いのおわり@PSO2の話。
・はい、なんとか逃げ切り成功です。
2日めの戦いでは★13武器も★12ユニットもなにもでませんでした(;´ρ`)
まあ昨日のおよそ半分しか戦ってませんからねえ。

で、トリトリで貯めておいたノクス+26を解放してギクスを+32にしてきました!
+35まで行けば射撃力がソール1個分くらい上がりますが、更に60周とか勘弁してください(´・ω・`)
カタナの3本めと同時進行で貯まったら、かねえ。

気になる威力のほうですが、これはなかなかステキな結果になりましたよ。
敵の強さが必ず同じな、TAのナベリウスSHにて、オフスTMGとギクスTMGを撃ち比べてきました。

条件はゼロレンジ有り、フューリースタンス有り、ギアなし、ヘッドショットなし、ハイタイムなしの状態で通常攻撃1段めを出し、クリティカルが出た時の数値です(クリ率は100%なので余裕でした!)
ギクスは装備変更直後(カウント開始時)で測っています。

特殊はオフスが+130、ギクスが+125、そして最低限の+32なので、ギクスを+35にするとまだ37は射撃力が上がるのですが、まあ誤差と思って頂ければ。

オフス:260
ギクス:259

おお、ほぼ変わりないですよ!
そして逃げ回ってダメージの数値が上がらなくなるまで待ってみると…。

ギクス292

という数字が出ました。
swikiなどでは「15秒待てばオフスを超えるのでは」とか想像されていたのですが、もし+35のギクスなら素の状態でオフス並と言ってもおそらく大丈夫なのではないかなー。

カンチガイされるといけませんので一応言っておくと、通常攻撃のような倍率の低い状態だと「たった32ダメージ上回っただけじゃんw」となりますけど、PAとかでやると結構違います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 03:18
先ほどと同じ条件JAなしサテ(おそらくヘッドショットつき)の数字は…

オフス:12271
ギクス:11835

で、最大時は13387になります。
差は1100くらい。

ハイタイム最大+JAをつけると…

オフス:25478
ギクス:24711

で、最大時は27796になりました。
差は2300くらいですか。

…。

さらに「大きなダメージ時の視点では何秒待てばオフスに並ぶのか」はやはり15秒かかっていましたね。
なんとなく思ったんですが…

オ フ ス が あ る な ら そ れ で 良 い

という感じじゃないでしょうか(;´ρ`)

ハイタイムの攻撃力上昇の満了時間が7秒ですから、武器の方も合わせてくれればとは思いましたが、ノリはまあ、似てるのかなー。

このシリーズの良いところは「オフスほど取得に手間がかからないのに潜在の初期値の時点でかなりオフスに近い上、潜在を活かす動きや手段を駆使すればオフスを超えたままずっと戦闘できる」ですかね。

ちなみに15秒というのは長いように思えますが、戦闘と戦闘の合間に10秒くらい普通に経つので、思うよりずっとオフスを超えている時間は長いです。
最初はイキがいいけど、被弾したらしょんぼりするような感じですかね。
それガンナーは基本の感じですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 03:19
とりあえずソニチの出してくる「高難易度」は敵のモーションもなく浸食核が弾を飛ばして来たりするので、アムドアルチでは射撃ギクスはほぼ役立たずな気がします(ノ∇`)ヒデー

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qOW5kWFNXcjBJZnc
ギクス装備ターニアちゃんの雄姿。
感じ方には個人差があると思いますが、TMGはデザインに恵まれていないと思うのは僕だけなのか。
迷彩必須なんだが?
これからしたらオフスはまだ…、いや、謎の黒い組織が残っててちょうきしょいからダメだな、あれも…。
レイTMGは「レスキューガンじゃねーかw」と言われてたし、ちょっと何とかして頂きたいなあ。
もっとこうゴリグリなグリースのにおいがする機械仕掛けの銃がいいんです。
マシン・ガンでしょう?
ソニチにはダブルアベンジャーを一丁ずつ装備したようなバカっぽい強さを演出するセンスが足りないよ…。

「トライガン」の内藤先生なんか、個人で持てる最強の携帯火器「パニッシャー(人よりでかい十字架型の重機関銃で、ランチャーも搭載している夢のクソバカ銃。十字架の細いとこには拳銃まで入っている究極のデッドウェイトダメ武器だがちょうかっこいい)」を追加腕を駆使して3本も使っちゃうぜ!ってキャラ出してたりしてたけど、カッコよければバカらしくても大OKっていう…そういうのが欲しい…。

コレクトファイルで再び不知火星ちゃんが入手できたんですが、あれのほうがカッコいいとかどういうことなの?
■雑談■@kurotama
2016/10/21 03:19
■エルゴって何?@デモゲの話。
・僕の知ってるのはファミコンのコントローラーで「エルゴデザイン」という、人の握り手に合わせて成形されている片手もちコントローラーで、その後キーボードなんかもそういう「人間の体に合わせて作られたデザイン」というのが一時期流行し、今でも一定の人気がありますよね(僕はマイクロソフトの純正キーボード大好きっ子であり、薄型やエルゴ式は好かんというカタブツですが…)。

で、デモゲの敵は今回「宇宙からの侵略者」なんです。
基本的にチームムラマサのダンジョンRPGは世界観を一つ持っていてそこで起こる事件が描かれるのですが、これまでは「光・中立・闇の3神が世界の覇権をめぐって勝ったり負けたりしている」世界観です。

これ系のご多分に漏れず、一回神様同士がガチでやりあった結果、大地が滅びかけ、神自身も数百年程度では癒えないダメージをお互いに被ってしまったので「マジやばい。お前らも滅びたくないっしょ?」と協定を結び、人間に力を貸したり干渉したりするだけに留めて「直接のやり合うのはやめよ?えへへ」と保身に走りました。
例えば「剣の街の異邦人」では、異世界から召喚された中で魂の強い者だけが人の姿を保て、弱い者は形を保てずただのエネルギーとなるか、魔物になるルールで「ふるい」にかけられますが、人のカタチを保った者はこの世界の常人より遥かに強い為、神達の力の源「純血晶」を魔物から奪い返す為の尖兵として利用するのですが(その彼らもいずれ戦いの中で力尽き、この世界のエネルギーに変換されるというひでーシステム)、3柱の神はそれぞれ人間の姿をした代理人を立て「得た純血晶をどの神に奉じるかについて強制はせず、最も力を得た神が世界の覇権を握る」という形で争っていました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:33
「デモンゲイズ1」では、神を超えかねない強大な力を持つ悪魔「ソル(地上に君臨する暗黒の太陽と自称していた)」を抑えるため、光の精霊神が作り出した半機精神生命体(いわば天使にあたるのか)に封印を命じていましたが、ある者はソルの手下に敗れ、またある者は封印している間にソルの気に中(あ)てられ、ある者は終わらぬ使命に疲れ果てて次々に「デモン」化、ソルの手下となってしまいました。
主人公はソルによって作られた「動ける自分の分身」のようなものでしたが、とある人物の手によってデモン部分を封印され、物語を通して「人間」としての暮らしを行います。

最後は敵に回った全てのデモンを討ち取ってその身に封印に成功するものの、「最後のデモンも消さなければ」と、中立の竜神の娘によって殺されます。
しかし、彼女が主人公に与えた剣は「デモンを狩る剣」。人間としての魂を十分に成長させていた主人公はデモン部分を自身から完全に切り離すことに成功し、晴れて生身の人間となれたのです(ついでに中立の竜神の娘とケコンした)。

この物語の中でも強大なデモン「ソル」の力を巡って中立と闇の神の手下同士がぶつかり合いましたが、その時に中立の竜神の娘が「度を超えて介入」した為、不利を被り、その後ペナルティも与えられてしまいます。

これらの話の中でジョーカー的に話をひっかきまわすのが、あまりにも力をつけて神の座を狙おうとした不死者の王「ルキフェル(ルキフェイヴ、クェーサーなど、名前は次々変わる)」さん。

上に挙げた2つの話、その他のこの世界の作品のほぼすべてで、大なり小なり「3神を出し抜いて世界を手中に」と狙ってくるのです。

今回「デモンゲイズ2」ではどう絡んでくるのでしょうか。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:33
本編のストーリーは…。

真相から語りますと、売れない旅芸人が商才を発揮して街の名士にまで成りあがったものの、大切な一人娘を病気で失ってしまい、その復活を願ったことから始まりました。
様々な秘術、そしてこの地に天から降り注ぐ「星力」の力で蘇った娘は、中身を宇宙からの侵略者によって奪われた「むすめのようななにか」となっていたのです。
名士(以下ラスボス)は、娘の命を維持するために「星力」を集める施設を作り、他の開拓地への移植を呼びかけて人を集めては、星力を搾り取る「炉」にくべて燃料としていました。

しかし、ラスボスも途中から気づいたのです。
この「むすめのようななにか(以下娘)」は「宇宙より来るなにか」を呼び出すために星力を集めているのだと。
娘は非道な実験を繰り返し、人間をベースにしたり(主人公のこと。墓場にはしっぱいさくと思われるおびただしい数のゾンビが恨み言を述べながら徘徊している)、たくさんの炉にくべられた人間たちの魂から抽出したり(仲間のデモンは元の個人があるわけではないらしい)してデモンを造り、その中でも特に歌の適正の高いデモン3柱に「星力」を持つ歌「スタリカ」を歌わせ、人々の思考力や判断力を知らずのうちに奪って洗脳し、その事実を隠ぺいするために護衛のデモンたちに各地を護らせて、もし真相に気づいた一般人が居てもどうしようもできない状態を作り出すことに成功していました。

ここからはゲーム本編になります。

革命団の任務中にさらわれた主人公を救出した革命団(といっても酒場のチンピラの集まり。ボスは二人の年若い姉妹だし)は、リーダー姉妹の姉がアジトの経営をし、まだ生まれたばかりの新技術「ラジオ」を使って、ラスボスの悪事をあばくゲリラ放送局でした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:34
救出された時には記憶を失った代わりにラスボスの手下であるデモンを統べる指揮官のような能力を身につけていたことから、それを好機とし、敵の3柱の歌姫をラスボスから奪い返して市民の洗脳を解く計画を実行(ここがゲーム部分)。

作戦は順調に進み、妹の歌には3柱の歌デモンより強い力があることもわかります。
しかし、歌に魂を乗せられる反面、全力を出して歌いきると魂も消費してしまうかもしれないということもわかりました。
3柱のデモンたちの力を合わせたスタリカでも抗えない、ラスボスの使う強制魅了の力「スターゲイズ」を破る為には妹がもしかしたら命を賭けなくてはいけないかもしれないと。

対決ムードは高まって行きますが、何度かまみえるうちにラスボスとの会話を聞いていると、革命軍で伝わっている彼の悪行とは食い違いが生じてくるんです。
ラスボスはどうも「来る何かを警戒して力を蓄えている」ようで、革命軍は「ラスボスが悪と決めつけてかかっている」。
ラスボスは「早く気付け、おまえたちが誰に操られているのか」と語ります。

天から降り注ぐ「星力」だけで足りず、市民をだまして搾り取っている過程で多くの市民が犠牲になっているという点からすれば悪には違いないのですが…、どうも何かがかみ合っていない。

話の序盤からずっと「ラスボスの副官なのに考えが合わないから」と主人公たちに手を貸してきた男がいるんですよ。

「疑わしいなら縛っても牢屋に入れても構わないよ」と無力を装うし、作中人物からも「よく言うぜ、お前だって加害者だろ」と指摘はされているんですが、結局彼の情報や手引きがないと何もできないのは事実なので、なあなあで力を貸してもらってました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:34
そして彼の力を借りて、ついにラスボスまで撃破してしまうんです。

だけど彼は最初に自分で言ってました。「デモンを造っていた」んですよ。
仕掛け人だと自らバラしていた。

つまり主人公と言う成功作を使って、自分の言うことを聞かないラスボスを倒させ、その後ラスボスを超える「星力」を持つことになった主人公のエネルギーを使って自分の本体「宇宙から来るなにか」を呼び出す計画を立てていたんです。

革命団は彼にまんまと乗せられていたわけで、このデモンゲイズ2の話は全て「むすめのようななにか」の形をとって「宇宙から来るなにか」の召喚計画として利用されてたわけです。

ラスボス降臨時にはもう娘はソレと同化していましたが、立ち向かえるものは居ないはずでした。
それを降臨させるために主人公の「星力」は使い果たされて死亡してしまってたからです。

しかし、今がその時…といわんばかりに妹が魂を込めた歌で彼に「星力」を譲渡しようと歌い、姉はラジオで「みんなも歌を歌って、私たちに力を貸して頂戴」と、主人公に歌を捧げ、失った星力を取り戻した主人公は、仲間のデモンと共に「宇宙から来たなにか」を撃破。

魂ごと捧げ、消えてしまったかと思われていた妹ですが、デモンゲイズ1から物語の裏方としていい仕事をし続ける「光の精霊神の化身」の無気力系ガールが、人々の歌があったおかげで歌と魂を切り離すことに成功したらしく、妹は今後は「ただの歌の上手い巨○歌手」というだけの子になるかわり、死なずに済んだのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:34
めでたい…けど、ルキさんは?と思ったら、クリア後ダンジョンの「うちゅうヴァルキリー」さんが「(数百年前に剣異の世界でうちゅうパワーを手に武装ルキフェイブ「クエーサーα」として登場するも凶悪な異邦人たちにボッコボコにされ力を失ってぶっ飛ばされ、つい先日デモゲ1のラストダンジョンで「我は新たなる神になる予定の者よ!ふははは」とこれまたうちゅうパワーを手に正統派ドラキュラスタイルで登場するもクチャミチに撃破されて霧散したから)さっき倒れた宇宙から来たなにかの力を吸収してきゅうきょさんせんしたらなんか性別が♀になってたけど覚悟しろ。世界はもらtt」であっという間にケチョンケチョンにされてまたもや霧散することに。

実は革命団の姉妹は「闇の神」の娘たちであり、母からの手紙で「うっとおしいストーカーがそっちにいったけど、しつこく再生すると思うんで力つけすぎる前に適度に倒しちゃって★(意訳。だが原文もわりとライト感でてる感じの表現です)」とお願いされていたという…。

ルキさん…悲惨だな。
ちなみに倒すとちょっとだけ良い物を確定で落とす上に、ちょう弱いので、トレジャーハンティングの帰りに気軽に狩られてしまうくらいの雑魚となっております
(⊃д⊂)

これはあれだ、そろそろDL開始されるクリア後大型コンテンツ「柳生斬魔帳」に向けてレベルカンスト、装備調整しておきなよってことなのかな…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:35
はっきり言うと、本編がすごく物足りなくドラマ感もデモゲ1以下の上、盾役の能力が落とされているのでしょっちゅうガードからもれた一撃で死者が出るので「運ゲー」感がひどいんですよ。

思いつく解決法をやると、パーティメンバーが固定されちゃうのよね…。
というか、やはり「パッケージに描かれている4名」が一番バランスいいのがちょっと寂しいなあ。

あれが一番デモゲ1のような固定メンバーのスタイルに綺麗に落ち着くのよね。
追加コンテンツが「多数のキャラがいたほうが便利」になるといいと思う反面、男性陣必須になったらテンションあがらねーwと思う僕が居ます。

後、やりこめばやりこむほど「デモゲ1のほうがUIがよかった」ってなるのはおかしい。
向こうは「敵が何列居るか」は明記されていたけど、こっちはカーソル合わせて確認するしかないし、「魔法による支援効果とデモン能力による支援効果」が向こうは画面の左右に散ってたのでわかりやすかったのに、こっちは右にひとまとめになってる上にアイコンの意味がわかりにくいというね。
幸い、本編はアイコンの意味がよー分かってなくても大丈夫でしたけど、戦闘が激化してくるならわかりやすさというのはすごく大事だと思うんだけど…。
でも、チームムラマサのスタッフ募集に「UIデザイナー募集」ってあったから、困ってそうですねえ。

あ、タイトルの「エルゴって何?」は、宇宙産のエネミーすべてに「エルゴ○○」と名付けられているからです。
エルゴが人間工学に基づいたそれこれということから、宇宙人視点での「宇宙ナイズされた○○」って意味なのかなー。
歌のタイトルとかダンジョン名に「序・破・急」をつけまくる(シン・劇場版エヴァのタイトルね)小学生みたいなセンスの持ち主が作っておられるので、考察するだけ無駄かもしれない。
■雑談■@kurotama
2016/10/21 20:42
■かっぱ寿司の底力@雑談。
・今回転すしチェーンの「かっぱ寿司」が、業界内で一番落ち目なのを挽回しようと新キャンペーンを開始しましたね。
この前からソレがずっと気になってまして…、今日のお昼はかっぱ寿司でした。
おんばしら祭りとかいう、丸太と一緒に山の斜面を滑り降りる、しょっちゅう死者が出ている日本有数の奇祭をテーマにしたやつが食べたくてねえ。

柱に見立てたキュウリ+卵のロールの上にうなぎが6枚乗っていて、バーナーであぶって焼きを入れた後、あおさ?あおのり?を揚げたてんかすのようなものをちりばめてあって410円です。

かっぱ寿司の計算だと4枚分とけっこうお高いのですが、けっこうおいしかった。

うちは家でうなぎを頂く時は、半分はごはんにたれと一緒にまぜ、卵焼きをうすく作って刻んでのせた上にうなぎをのっける、いわゆる「ひつまぶし」風にするんですが、このお寿司も卵ときゅうり+焼きが入ることで「炭火焼うな重」のノリが出せていましたね。

10/31までだそうですが、もう一回くらい行きたいかも。

■ソロでアムチを攻略したらなぜかもう一周していた件@PSO2の話。
・なんとなく…部屋があったので…、コレクトファイルもう一周分しようかなとうっかり思ってしまい、クリクリまわし始めたら…、レアブ250が切れていたのに気付かず「+2.5%」になった回があったんです。
さらに、Guxな話題が方々で言われていてイラっときたので「ソロでクリアしてみよう」と思いました。

我ながらわけがわからない。先日リリチソロで「もう二度とやるかぼけ(⊃д⊂)」ってなったじゃないですか。
結果から言うと1時間以上かかりました(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/22 05:17
4回くらいメイトが尽きてキャンプシップ送りになりましたが、フリーザ様(ドラゴンエクスの進化型。声のせいでこういわれている)とアンガさんは一度も敗北せずに撃破できましたよ!

特にアンガさんは、以前ナベチで挑んだ時は40分くらいかかって「二度とやるかばーかばーか」と泣いて帰ってきた感じでしたし、リリチでも耐性変更に悩まされたもんでした。

Guは空中戦ができないとほんとに豆鉄砲でしかないので、TMGを封印されたらどうしようもないんだよなあ。
ライフルがあるじゃないかと言われそうですが、Gu/Huではおまけくらいの火力でしかなく、Gu/Raではwbを有効に使いたければ4発終わるまでTMGに戻れない(上にマッシブと乙女が使えない)、と姉妹クラスなのに血のつながりがないかのように相性が最悪なんですよね…。

パーティプレイでならライフル使うのもwb係でもいいでしょうけど、ソロでアンガで防御策なしでライフル固定っていうのはどのサブでもキツいよね(´・ω・`)

まあ、まだ生まれたばかりのアンガさんはバリアチェンジが行えないようなので、20分ほどかかりますがメイトも3−4個の消費で撃破できました。

まあソロ挑んだ時点でコレクトファイル4枚半…、70回は倒してるわけですから、動きもだいたいわかっていますしね。

実は一番厳しいのは高台に龍族アーチャーが居て、全員トレンシャルアロウしてくるあの部屋です。
部屋中の龍族が一人に対して集中攻撃してくるので、うっかりかするとジュって蒸発する感じ。

この「重ねトレンシャル」はその後ハツネビさんと一緒に野良アムチをやった時も先行した結果やっちゃいまして…、野良アムチ初の戦闘不能となってしまいました
(⊃д⊂)ハズカシー

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/22 05:17
で、せっかくなので(持ってくるの忘れたので)、ボス用のアウラTMGを持ち出さず、ギクスTMGでプレイしてみたんですが…。

情報がしっかり調べられた今では、最大の20%になるのは90秒ではなく70秒後だそうで、わりと活用していける感じでした。
野良では「うちあげんなぼけ」とめっぽう嫌われているGuですが(不思議と同レベルの戦犯のBoのカイトシュライクは話題に登らないあたり、いいがかりも含まれてるよな)、ソロなら思う存分エリアルシューティングでカチあげてからバレットスコールで拾うとか、エルダーで撃ちあがったらフロントSロール2回で高度を維持しながら接近してバレスコで拾ったりとかいう、Guならではのハメ技で敵に一切反撃させずに始末できてステキです。
ボスにも空中戦で安全地帯から攻撃できるので、ギクスの条件「70秒」は結構満たせました。
空も完全に安全ではないものの、リリチほど対空攻撃が激しいわけでもないのでわりと余裕でしたね。

犬アンガさんなんか終盤の大回転アタックくらいしか空中への攻撃手段ないんじゃないかなー。
スタンも予兆を覚えればわりと高い確率でかわせるのでかなり雑魚い感じでした。
旧アンガさんは例の「逆さ回転切り」でひどいめに合わせてくれたもんですが、犬アンガさんも徐々に強くなっていくんでしょうかねえ。

ただ、ゼロレンジ圏内の上空程度では敵の攻撃はほぼ当たってしまうので、かなり高空からのチマチマ攻撃になりがちで、やっぱりこのクエストにGuは向いてないよなぁとメインGuの僕でも思うのは変わりませんね(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/22 05:24
龍族名物「痛みに弱い」のは世壊種と言えども一切変わっていないので、ダウン攻めに強いFiとかはなんだかんだで向いてる気がするなー。

で、先ほども述べましたが、ハツネビさんが同じブロックに居られたのでおつきあいして頂いてクリクリとアムチを周回して、3本めのギクスカタナ、4本めのギクスTMGをゲットしました。

ギクスTMGはこれ、ヤスミ9000Mやラサハ様と同じで「Guぽい動きが成功していればどんどん火力が上がる」っていう楽しみがあって結構気に入りましたから、どうせなら1点でも威力上げて愛用したいと思ったのですよう。
見た目は本当にダメですけどね(※個人の感想です)。

この週末で6本めまでいけばいいんですか。
うぎぎ、もう5時か…。
でも久々にPSO2が楽しくてちょっと嬉しいかも(*'-')
バカにして不満述べるために続けてきたわけじゃあないんだよ…、ターニアちゃんを駆って軽快に暴れたいんだよう。
だから内容がよければいくらでも手のひらを返す準備は出来てるんだぜ。
たまたまうっかり丸1年機会がなかっただけです(ダメかもしれない)。
■雑談■@kurotama
2016/10/22 05:25
■サモナーやばい@PSO2の話。
・ジンガ(ワンダの進化種)の突撃技「ジンガアサルト」がやばい。
本来は攻撃して手元に戻すだけの技だったんですが、超高速でジグザグ移動し、巻き込んだ敵すべてに15000くらいのダメージを与えます。
トリムスタッブよりは弱いのですが、消費がたったの10なのでトリムを出すまでもない雑魚、とにかく数が多くて困る時などPPが切れるまでアサルトしてればいいんですからね。
新スキルによって手元に戻さずともマスターの支援が届くようになったのでちょっとアレになりましたから(うちはまだ習得できてませんけど)、他の役目も与えようという感じなんでしょうけど…これは大丈夫なんだろうか。
とりあえずメインGuさんが息してないんだけど、いまのPSO2だとエルダーリベリオン零式をぶっこわれにして対処しそうな嫌な予感がする。

【告知】アルティメットアムドゥスキア体験ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/22(土)22:30頃からアムチを身内でやりませんかー。
【パス】hino
【コメント】
というわけで、個人的にはわりと無心で公公できて好きなアムドアルチ。
まだ行ったことないという方も含めてご一緒して見ませんか?

22:15分頃からターニアちゃんの居るフランカカフェでお待ちしていますー。
あまりに少人数だと結構厳しいので、4人ほど集まって頂けたら突っ込んでみる感じでしょうか〜。

レアブ250とデイリーとアンブラステッキだけで一番貯まりにくい項目が5.01%貯まるので、21回のチャレンジでコレクトファイルが1枚コンプリートできますから、色々狙うのもいいかもしれません!

それではよろしくおねがいします〜!
■告知■@kurotama
2016/10/22 18:18
■お知らせ■
・フレパリストが更新されました!
飛び出す目玉が猛威を振るっているw

【終了】アルティメットアムドゥスキア体験ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回は冒頭にメグリネキャストさんの呼びかけによって彼女の徒花トリガー戦をお手伝いすることになりました。
いいですね、こういう風にトリガーを活用してくださるとこう、彩が出るといいますか。

というわけで、メグリネキャストさん、ストロボヤンマさん、美里さん、ティーナさん、Aquaさんが来てくださり、まずは徒花トリガー戦です!
多少時間はかかりましたが6名だからね…!
うちは新調したギクスカタナの試し斬りをさせてもらって遊んでいました。

単純な火力潜在なので、以前使っていたタガミカタナがそもそもかなりの高性能だったこともあって実感はわかなかったのですが、カタナ弱いと言われ続けていたせいか、素の攻撃力の上昇幅が+150くらいあるのでまあ強いんだと思います。

問題はスキル無振りの弓との差がまたついてますます持ち替えに意味がなくなってきた感じですかね。
シャープボマーはカミカゼと違ってなかなかカッコイイので僕的にはアリなんですが、Br/Raとかの射撃ビルドで使った方が楽しそう。

その後はGorgorthさんが合流してくださってアムドアルチに大突入。
人数が少な目、初めての方多しだったのでカタさと攻撃力というか攻撃性の高さに驚かれたかもしれません。
12人でしかやってなかった僕も初の前衛だったので結構楽しかったです。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/23 19:12
とはいうものの、Brは回避行動がそのまま反撃につながるのでそこそこに削っていける上、90秒に1回20秒攻撃しほうだいのカタコン無敵があるのでわりと攻めて行けるのですが、回避行動がほぼ回避の意味しかない他の前衛クラスはやっててもしのいでるだけで終わってそうな感じもしましたね。
まあ12人で圧殺するだけではなく、ああいう感じで「挑んでみる」っていうのも面白いかなと思いました。

しかし近接の目線で見るとますますGuはアレ出番ないな…。
サテ連もインフィ零も決める時間が稼げるか怪しい…。
チェイン貼って皆さんの大嫌いなエルダーリベリオンで削っていくか、空中からゼロレンジののらない豆鉄砲で削るしか思い浮かばないものなあ…。

キチガイが平気で混ざってくる野良ではちょっと出せない気もします。
僕だって周回は楽にまわしたいですからね。
でも他にGuが居ることには意見はないですよ。一緒に戦ってくれるなら全然OKです。
だけどメインGu視点ではアムチではRaのほうが有利だと思うのでそっちで行ってます。後半3つはSuで周回してるんですが、サリィの進化版ポップルの遠距離吸引技が結構便利。
マロンはボス用のパフェ詰んで作ったものの、まだカンストダメージを見たことはないなー。
でもまとめて30〜50万をドカンとぶつけられるので確かに有利かもしれない。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/23 19:13
で、2周めからはバイロンさんが参戦してくれて、合計4周ほどして解散しました。
感想としては「キツい」「目がチカチカする」「怖い」「メイト切れた…」などあまりプラス評価が聞けませんでした(ノ∇`)

ティーナさん(後にクリスさんにキャラチェンジ)に★12アームが2個、ターニアちゃんにギクスガンスラが出た感じでした。おめでとうございますー!

個人的には嫌いじゃないというか、今までのアンガ掘りメインだったアルティメットより好感触なんですが、ネット世間ではあまり評判良くない?気もします。
でも最近「文句を言う為に悪い所ばかりピックアップ」する書き方する人も結構いるからなー。

ギクス武器も「PP回復のオービットともちかえが不可になるからいらない」と言ってる人も多いですが、持ち替えても10秒でオフスより強くなるのに、とにかく使い分け不可を強調してネガってるからね…。
オフス持ってない武器種ならかなりいいと思います。
緊急待たなくても自分のペースで20周できれば1本取れますし。
ラスベガスはそこが50周だったので無視しましたけど…。

まああれです、今回のメグリネキャストさんのように「トリガー戦をはさむ」なんていうご利用法も全然アリだと思いますので、活用して頂けたらと思いますー。

それではみなさん、ご参加ありがとうございました!
またよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/10/23 19:13
昨日はトリガー戦、およびアムドゥスキアアルチご一緒ありがとうございました。

直前になってから徒花コレクトが残り3つが後一回の徒花さん撃破で終わることに気づき急なお願いにも関わらず皆様にご協力頂いて、無事コレクトを終了してアムチに参加させて頂くことが出来ました。皆様本当にありがとうございました。

アムチは有る程度固定なので慣れてくれば段々と撃破が早くなってくるような気がします。
取り巻きさえいなければボス戦とかは理不尽な攻撃はあまりなさそうなのでソロでも楽しめそうですね。
またボスごとに色々とセリフがあったりレアボスも何回か出てきて、新しいセリフを聞けたのも楽しかったです。

教えていただいた様にトラブ100%で回さなくてもいける仕様の様ですのでまずはエッグを入手しますがその後武器もゲットしていきたいと思います。

またご一緒させていただければと思います。宜しくお願いいたしますー。
ハツネビースト(メグリネキャスト)
2016/10/23 20:47
■今度こそ終了@PSO2の話。
・はい、というわけで水曜日から始まっていた「秋のPSO2祭り」、ようやっと終了です。
ギクスTMG6本、集め終わりましたー。
前半はRa/Hu、中盤はSu/Gu、終盤というか最後の5周だけHu/Fiで行ったんですが、なんとHu/Fiが一番楽でしたし、エキスパ下位ブロックでSu/Gu出してる時は9〜12分という体たらくだったのが、Hu/Fiで参加した時は全部6分後半〜7半後半っていうね。
きっとマガツが終わってエリートが流れ込んできたんだと思いますが…、さすがに100周以上してると敵の挙動もわかってきますからね。

Hu/Fiでパルチメインで動いてたんですが、硬い奴にヴォルグ→レインで辺り一面巻き込む、固い相手でめりこむくらい近ければヴォルグ→ピークも混ぜながら戦ってたらかなり活躍できてた気がします。
セイガーパルチは40秒ごとにHPを満タンにしてくれるので、SAを上手く使って立ち回れば攻撃の手を一切緩めずに戦え、お仲間の回復が薄めの周でもメイトを消費せずに戦い抜いたりできます。すげーな(;´ρ`)

もちろんダウンする攻撃はJGでかわすのですが、グリングリン動き回る敵もね、タゲ持ってる人たちで固めちゃえば動かなくなるのよね。
というわけで、客観的にみても「あの勇者コスプレすっげー張り付いてんなw」という感じに見えていたと自負しておきますヽ(´ー`)ノ

アンガの範囲スタンをJGで弾いて周りがピヨピヨになってる中平気で戦闘続行中とか、フリーザ様の爆撃アタックを受け損ねて死亡マークが2−3個でてもJGで受けてそのままピークで削り倒したり、クォーツっぽいやつの突進からレーザーから回転アタックから全部JGでいなしてえんえん顔に張り付くとか…。
Huのプレイは楽しかったです。

つづくー
■お返事■@kurotama
2016/10/24 01:39
ヴォルグを硬い敵の破壊されない部位に貼れて、テクニックさんのゾンディが発動すれば…、ヴォルグ爆発がまとまった敵全部にボガァンといきますからね、ウヒャヒャってなってました。

Huのプレイはやっぱり「耐久性高めて被ダメ無視しながらSAで攻撃し、ダウンしちゃう攻撃はJGで綺麗にかわす」っていうのが楽しい。
敵も味方も攻めに受けにポンポン吹っ飛ぶゲームで地に足の着いた重戦車のような戦い方がいいのですよ。

接近して倒せばキリングリングでPPも回復しますしね。
ネットで言われてるみたいな不遇は自分でやってみた時は感じなかったなー。
昨日の感想で「Br以外はキツそう」と書いたけど果たしてそうだろうかって思ってHuでやってみましたが、ちょう楽しかった。
というか、あの攻撃で死んでる人たちはHPいくつなんだろう…。
前衛はHPだよ!と伝えたい。
攻撃力下げてガッツドリンク飲むなんて云々って話も聞くけど、必要ならガツんと体で受けて攻撃を優先するのの何が弱いのかよくわかんないです。
少なくともHuはそういうクラスだよな…。

でもソードはちょっと使う気にはなれなかったなー。
ヴォルグフル稼働でやっと雑魚が1ターンで倒せる感じ(ヴォルグ→レイン前段ヒット→爆発でやっと倒れてくれる)なので、ソードの火力とゾンディだまりへの攻撃手段の少なさ(自ら突っ込むライドかOEくらいしかない。ソニックとか使うんですかね…)を考えると残念だけどちょっと力不足かもしれない。
新スキルの「チャージ開始時にガード判定がつく」というのがあるんですが「チャージ中SAがつく」だったらよかったんだけどねぇ。

まあとにかく、Hu/Fiが一番楽しかった。

つづくー
■お返事■@kurotama
2016/10/24 01:39
Ra/Huでじっくり敵の動きを数十周観察してたから、対処法を結構知ってるのも強かったかもです。
ネットの雑談は情報としては頼りになるけど、やっぱり自分でも確かめてみないとあかんですねえ。

これでTMG6本、パルチ3本、カタナ4本、ガンスラ1本、新エッグ★13を2種類を1個ずつ、ドラゴン防具2個、レイ防具は背x1、腕x2、脚x2をゲットできまして、本気で挑むアムチは終了となりますヽ(´ー`)ノ

実装週の週末まで持つとはなかなかやるじゃないですか。
やっぱり20周で1コレクトファイル埋まるのはいいですね。
他のクエストいかなくてもいいから人が集中しやすいし、SGでクールタイム解消も「週末でやってしまおう」と思えば買うでしょ。
やらせたいこととやりたいことをうまく合致させればPSO2もまだいけると思うな。
だってHuでアムチいったら楽しかったもんw

>ハツネビースト(メグリネキャスト)さん
・お疲れ様でした!そしてトリガー提供ありがとうございました〜!
自分のコレクトファイルを埋めるために、こういう場を使って頂けるっていうのは、僕がまさしくやって欲しいことなのでありがたいです。
緊急トリガーも、現在開催中のイベントのものは1回60SGとそこそこに安いお値段だと思うので、狙っているファイルを終わらせるのにあと1回でいいんだけど…みたいな時にはすごく便利ですね。

つづくー
■お返事■@kurotama
2016/10/24 01:40
土日などは予告緊急も多いですから、その2日前に終わっててくれると助かるみたいな計算合わせにも使えますしね。
★13エッグはどれも有用でして、僕のSu/Guプレイ時には実はサリィの進化種、ポップルがかなり役に立ってました。
以前からサリィ★13が欲しいと思っていたので今回入手できて大変よろしかったです。
敵をおまとめする技を開幕でやってもいいし、ゾンディおまとめのとこに撃っても継続の役に立つし、通常攻撃のPP回収力がすごいんですよー。

マロンストライクばかりが取りざたされるクラスですが、今回の進化種★13配布で残りのペットにも注目が集まるといいですね。

僕は非プレになってしまったのでスタートダッシュで駆け抜けるんや!と急ぎ足で目的を果たしましたが、ハツネビさんはプレミアム者なので時間が経過してもまともなブロックに入れそうですからね。
せっかくマイペースでできる良コレクトなので、頑張ってください!

そんなわけで、またよろしくお願いします〜!
トリガーだけで告知をされてもいいですし、他の方の企画に相乗りするのもOKだと思いますから、やりたいことがある方はご活用くださいねっ。
■お返事■@kurotama
2016/10/24 01:41
■この破壊力はさすがといわざるを得ない@バトガの話。
・はい、明日はフォルテシモの大きい方、大家族の貧乏アイドル詩穂さんのお誕生日だそうです。
まあ何も言わずにこの画像を見て頂きたい…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdE9jSjlRVnlJbnM
すげぇ。もう病気じゃないのかこれ。ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイとはなんだったのか。これには黒玉さんもびっくりですわ。

コレがステージで踊ってるのか…。詩穂さんは歌が得意、小さい方のツンツンツンデレ花音ちゃん(相対的に。別に貧○ではありません)はダンスが得意だそうですが、男性ウケがいいのは多分こっちだよなぁ。

第二部メインストーリーでは「足を引っ張っている」と周囲から思われていると思い込み、疎外感を募らせていったあげくにラスボスに上手く乗せられて闇落ちまでした彼女ですが、写真集とか出したら自信回復すると思うよw

というわけで、今晩はちょっとだけ単発でみじめにガチャまわしてみようかなって、えへへ(*'-')

く ろ た ま は き ょ ○ ゅ ○ に よ わ い !

※ちなみに気が向いた時にハロウィン復刻ガチャにみじめ単発引きを数度行っていますが、ハズレばっかりで無駄に浪費しています。

ふーっ、行ってくるか、地獄へな!

(※ここまでは引く前に書きました)

チケット分:あんこちゃん
1回め:望ちゃん
2回め:明日葉ちゃん
3回め:桜ちゃん
4回め:望ちゃん
5回め:望ちゃん
6回め:遥香っちゃん
7回め:ミシェルちゃん
8回め:明日葉ちゃん
9回め:詩穂さん(水着'16)
10回め:ミシェルちゃん

でした…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/24 02:49
残念ながら誕生日詩穂さんは来てくれず…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qRzNsMUxGVGpucmM
まあ250個消費で一応新★4カードが来てくれたのは何より!
胸元がまぶしい水着詩穂さん、大光臨で御座います…。ゴリッパ!
こんなのを前にして先生は平気でいられるんだから(いられてないけど)、すごいよなぁ。
凶器だろこれ…。

しかし、手持ちの星のかけらが250個切ってしまったのでここで撤退。
おっ○○には貴賤はないけど格差はある…ひとつでも手に入っただけでもOKとしましょう…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQlYzTjhKUnBSem8
詩穂さんはわりと警戒心が強くて、人当たりの良さにつけこんで気安く近づこうとするとビシっとNOを出すタイプな感じなんですが、ツン要素が厳しすぎる花音ちゃんの代わりに大分初期から先生には甘々な態度を見せてくれます。

子供が10人欲しいと言うだけあって家計を意識した買い物をしたり、弟妹の面倒を全て見ているおかげで大変家庭的なんですが、この若さにして若干「オカンっぽい(包容力があるが同時にちょう口うるさい)」という特性から若干めんどくさい子ではあるんですが(あと少し秘密主義)、この思わせぶりな発言の数々は結構来るものがありますね!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/24 02:52
魅惑のボデェーを誇る代わりに性格は意地っ張りで素直でなく、見た目ほど不真面目でもないので「遊びではつきあえないし、表面上は本音を見せない面白がりを演じている」という、大変クソめんどくさいドスケベ両刀ビッチれんげ先パイに比べたら、まだかわいいほうだとは思いますが。

というわけで、アレにつられて大切な星のかけらを250個も浪費してしまいました…。
来月はメイドということで、よほど小分けにしてくれない限りあまり引く気が起きなそうだなあということで(遥香っちゃんのメイドカードが現実的な入手手段になったらその時に困ることにする。課金はしないけどな!)。

だからまあ、時間の猶予はある…、12月に向けてまた資源を少し掘り出してこないとなあ。
貯まってる動画見てる間に「サドネ狩り」でもしよう…!

ちなみに僕の行ってるまとめブログさんではさっそく「何万入れてもでねぇ…」と嬉しい悲鳴が上がっている様子。

「おまえたちの嘆きこそがこの○○(誕生日の生徒の名前が入ります)の力となるのだぁーッ!」

とラスボスのような感じに見えてきますね。
まあ、好きな子の為に先生たちのいのちのあかし(労働の対価のこと)がどんどん捧げられていけばこのかみ(バトガのこと)も永く生きることができるでしょう…。

ちなみに信仰心がないと力が出せないからダメな女神を盛り立てて信者、増やしちゃおうぜ!ってネタはやろうとしてたら有名ラノベ(アニメになったアレ)でやられてましたね(;´ρ`)クソウ

デモゲ2のダウンロード新作部分もやりたいし、またオフゲが忙しくなりそう!
■雑談■@kurotama
2016/10/24 02:57
■空耳のせいで@PSO2の話。
・アムチのクォーツ型の進化種(面倒なので名前を覚える気がない)がね、前に突き出した掌から多方向にビームを放つ攻撃があるんです。
最近のネット関連のやり取りで「〜だと思う」「それな」「わかる」みたいな短く簡潔に同意を示すアレがあるんですが、状況も声の感じもまるっきりトーンの違う、いわゆる真面目カッコイイ系を目指してるアノ金色ドラゴンさんが「ここなw」って言いながらビーム撃ってるので、大変集中が削がれるんですよw

絶対に聞き間違いなのは確定なんですが、答えが(swikiなどで)書かれるまで僕の中では「ここなw来たか」と思ってしまう…。

(おそらく「ここだ!」らしいです)

■僕は最期まで見守り続けるよ@雑談。
・はい、週刊少年ジャンプの「レッドスプライト」「ラブラッシュ」がどうみても打ち切り間近です。
本当にありがとうございました。まだ9週めやぞ…!

レッスプ
敵の神経強化型改造人間5人衆(4人じゃなくて5人だった)に囲まれ絶体絶命の旧友。助けに現れた主人公のタツを見て実は個性的だった彼らがマスクを取ると実は個性的な面々で、各々の特殊能力を駆使して戦闘開始かと思ったら見開きで全員ぶっ飛ばされた(ノ∇`)

ラブラシュ
時が経ち、作者紹介で「これは7月頃の話だと思ってください」と注釈があって海に遊びに来たレギュラーの皆さん。
一向に振り向いてくれない主人公に変わらない熱烈アピールをするキューピッドのココロちゃんですが相手にしてもらえず。
そんなこんなでおぼれてしまったので(たくさん女子とかいるのに)主人公がしょうがなく人工呼吸をすると「キスをした」認定がされてしまいどうなっちゃうの?


うわああああああ。
もうアレだ…終わってるじゃないですか!もう通達されたあとやないかい!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/24 22:50
レッスプのほうはまだメがあると思いたいけど、ラブラシュのほうはもう時間がないのが見え見えですね…。
なぜかおぼれる、なぜか人工呼吸とか、山本先生にしては雑すぎるもんな…。もう次週打ち切りでE−ROBOT以下も普通にありえるぞこれ…。

確かに火ノ丸相撲の時みたいな「新人離れした大物感」は一切なかったですが…、終わる終わるの最終章展開中のトリコ銀魂より早く終わるとは思わなかった(⊃д⊂)

大丈夫、単行本は買いますよ…。週刊少年ジャンプは3アウト制(3回めまでは新連載をバックアップしてくれると言われています)ですが、「ムヒョとロージー」の西先生とか3アウトした後に今週からヤングジャンプで連載させてもらえるしね。
僕はあの作家さんは青年誌向けだと思う…。

しかし今のヤングジャンプはメチャレベル高い猛者の巣窟だからなぁ…。西先生のエ□スは文学的というかシチュエーションや設定や想像の余地のエ□スなんで、美麗絵描き揃いのあそこでどうにか立ち位置を保てるのか心配。
少年漫画チックな絵柄なのに生理的嫌悪感をもよおすデザインが出せるっていう方面でなら勝負できると思います…。
僕は結構好きなんだけどなー。

2アウトから奇跡の大逆転を放った「僕のヒーローアカデミア」の堀越先生はやっぱりすごいと思う。
また停滞ムードでだらだらし始めてるけどね。
打ち切り漫画の悪役をリバイバルさせて活躍させてあげようっていうのは、個人的には執念や愛着が感じられて大好きなんですが(今活躍している「悪役と見間違えるヒーローbPのシャチの人は、彼の初連載のラスボスさんです。僕の大好きなプードル娘も観客の中に居た。アレをだせよう!)、なんていうか、ずっと追ってる人には「何か」が伝わってしまう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/24 22:51
真面目に「ヒロアカ」を楽しみにしてる人にとってのおまけとならなければいいんですが(PSO2のEP4前半、大和あたりまでのあの蛇足感ですね)。
ヒロアカは1巻までなら文句のつけようのない名作でしたから、今後は盛り返してほしいです。

他の作家さんの話になってしまいましたが、関連がないわけではないです。
西先生も堀越先生も、1作めより2作めのほうが評価が低いという屈辱を味わってきましたが(西先生は1作めはヒットの部類、2作めは僕は大好きだったがすぐ終了、3作めは一切評価されなかった感じ。口の悪い人は「ムヒョ終わらせなくてよかったでしょ」と言っていた)、失敗を研究して成長し続けたからこそ続きをやっていけてるんですよね。

特に「ヒロアカ」は爆発的と言ってもいい人気が出ましたし、異例の「早すぎる」アニメ化も驚かれました(視聴率はアレでしたが、そんなのガンダムシリーズだって視聴率自体は低いのばっかりだし)。
でもそれはロコツで不自然なプッシュがあったとかじゃないんです。
読んでて「この話の続きが見たい!」とすっごい思わせる掴みをできてたんですよねー。
2作め「戦星のバルジ」とか、もう設定もキャラの動機もグッダグダでどうしようもない迷走としか言えない感じでしたからね。
なんていうか途中から「投げてた」って感じ。

それが最期のチャンスで弱点を見事に埋めて高評価を受けたんだから、やっぱりすごい。打ち切り経験漫画家の星だと思います。
オギ先生も山本先生もこれにめげずにちょう頑張って欲しい。
週刊少年ジャンプってだけで必要レベルが高いんだからある意味しょうがないからね…。

ここまで書いててどっちかでも生き残ったりしたらどうしようw
■雑談■@kurotama
2016/10/24 22:51
■やらずに避けるのはやっぱりダメ@PSO2の話。
・というわけで、サモナーのスキル振り直しをしなければいけなくなった(新スキルがそれくらいやばい)ので、やらずに感触だけで語るのはイクナイということで、カタナ弓両立Brセットを作って見ました。
弓側を大分重視した(全振りより射撃力が100低いだけ)ツリーなのはBr/Hu打撃盛りで出来るだけ弓のMAXに近い数値を見たいからです。
Brのスキルツリーは2枠あるので、両立がいいならもう一つをBr/Ra用にビルドするのもいいかもしれないし、気に入らないならカタナ特化にしてもいいわけです。

結果から先に書きますと「肩越し弓はシャープボマー零式のおかげでだいぶ楽しくなっている」ですね。
XHのレベルアップクエストでビブラス(クーナの曲かかるやつ)を撃破してみましたが(ソロで余裕になってるとかアークスの底力すげー上がってますね…)、ラピシュバニシュボマボマで総計30万くらいをドカドカ与えてはいるんですが…。
マッシブがあってビブさんが地上戦モードの時はバニカミカゼx2もやってみましたが45万くらいを与えてはいるんですよ。
カタナでこの時間でこれだけ与えろと言われると確かにキツい気もしないですねえー…。

でもね、ラピシュMAX振りのPP回収能力でも先ほどのコンボって2セットが限度なのよね。
カタナは瞬間火力ないかもだけど、カタナギアブーストが乗ってるとPP回収も凄まじいから、がっちりカタナギア維持できるならクリティカル率50%も相まってギクスカタナで相当削ってる気がするのよねー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/25 02:41
だけど、ラピシュ回復で弓、時間が切れたらギア発動後にカタコン、と無駄なく攻め続けられるのはなかなかよかったです。
そこも考慮すると「確かに両立Brのほうが無駄なく効率よくダメージを与えられる」と言えるかもしれませんね。

Br/Raもダメ厨には楽しそうだけど、もう一つのツリーはやっぱりカタナ特化にしようかなー。
でもバニシュ→グラビティ→シャープ零式でBON!というのがやたら楽しかったです。
肩越しシャープボマーがすっげー楽しい。

でもネットでは忌み嫌われている「カタナ接着」でプレイするのが好きなんだよなあ。
うちの両立ツリーではジャストリバーサルHP回復、カタコンフィニュッシュがレベル1なのでギクスカタナを活かす意味ではちょっと弱体化しているからねえ(アタックアドバンスを削るなんてとんでもない!)。

まあせっかく弓も自分アロー固定じゃなくスタイリッシュアクション()で実用的なものも出たし、こしらえたセイガー弓をきちんとした環境で使ってあげたくもあるので、しばらく両立ツリーで動いてみましょう。

しかしこれだけ威力が上がってもベクスカタナ(消費PP30%減、威力-5%)の魅力は失われないってのはすごい。
PPをほぼ気にせず自在に動けるっていうのはステキですよう。
■雑談■@kurotama
2016/10/25 02:42
■大団円(目そらし)@バトガの話。
・はい、今日から「第二部エピローグ」が公開されました。
大物の敵は一応引っ込んでしまった後なので、残りかすのようにわいてくるイロウスを倒すだけの、戦闘面では大変ラクな感じでした。
ただ、徒党を組んだり組織だって動かないだけで数はたいして減っていないというのが不気味ではありますが(大体ラスボスは倒せたわけじゃないからね)。

で、物語の中心は星守となったフォルテシモの花音・詩穂二人と旧星守の16人がお泊り会をして交流を深め、イロウスの襲撃で台無しになったフォルテシモのライブを再度行う「復帰ライブ」の様子を描き、今後の活躍を示唆して綺麗に終了しました。
4章x3節割いてるので、完全に1章分使うというぜいたくぶり。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qbG1jZlIyYW0xSm8
すれちがいからほんのひとときだけでも離れ離れになった二人は、その出来事をきっかけにして更に深い絆を得たのです。
もうおまえら結婚しちゃえよっていうレベル。

しかし、詩穂さんが闇落ちしてライブ会場のみならず一般市民も人型イロウスにして暴れまくり、空が見えない程のイロウスを召喚して街を混乱い陥れ、星守たちも連日の戦闘で疲労困憊という…、あの終末感あふれる展開をした張本人がこうもあっさり受け入れられていいのか?
というのは少々ギモンが残りはしますね。

まあ詩穂さんは事実上操られていた被害者ですから、責めるのもかわいそうではあるんですが…。
リアリティを描く作品が増えている中、この「ぬるい展開」に不満を持つプレイヤーは多そうではありますね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/25 20:46
僕的には星守を管理・保護している「星の箱舟」の幹部たち、学園の理事長である神峰牡丹(かみねぼたん。見た目は子供、中身はBBAの…)やプレイヤー先生の上司、八雲樹(やくもいつき。日高のり子)さんたちによって「国枝詩穂は厳重な保護観察処分とする」として担当を花音ちゃん及び先生にする…くらいの大岡裁きはして欲しかった。
完全に「なかったこと」にするのはいかがなものかって思うけどなー。
無知に等しい(洗脳を受けている?)サドネちゃんはほんとうに利用されていただけなので、いわゆる「責任能力はなかった」なんですが、詩穂さんの場合は悪質な「そそのかし」によって歪められたとはいえ、力の行使は本人の意志によるものだったからなー。


ただまあ、意志はあるが言葉では表現しない神樹さまが二人を「星守として認定」した以上、世界にホンの少ししかいない(しかもたった数年の少女期しかなっていられない)星守は保護されるべきですから、多少甘くてもいいんでしょう。

現用兵器を超えた力を持つ彼女たちを「兵器としては扱わず、出来る限り同年代の子たちと同じ経験をさせてあげたい」としている謎の存在、理事長の判断基準からすれば、ここの責任を取るのは若き星守たちではなく、おそらく将来的な意味で自分自身だと思っていることでしょうからね。

ただし、第二部で登場した黒幕「イリス」という謎の女性は星守を大層憎んでいる様子。
第一部の悪役「エヴィーナ」の度重なる失敗で切り捨てた際も「星守になれなかった出来損ない」と評し、花音・詩穂の二人については「星守になれる素質の子たちを(多くの女子を試して)星の箱舟より先に確保できたので、神樹が与える力と同等のなにかを無理やり引き出させて心と力のアンバランスな魔人を作り出そうとしていました(これが闇落ち詩穂さん)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/25 20:47
星守の力の源は「誰かを護りたいと思う強く純粋な気持ち」であり、それを失って勝敗や別のものにこだわると神樹さまは力を貸さなくなります。
メインヒロインのみきちゃんは第一部終盤において「大切な人たちを傷つけない為なら自分はどうなってもかまわない」と、誤った自己犠牲精神を幼なじみの遥香っちゃんに「それで自分だけ助かったって何も嬉しくない!」と非難されていました。
同時に神樹さまも彼女に力を与えなくなってしまい、本当のラストバトルまでみんなの苦戦する様子をぐぬぬと見守るだけの子になってたんですよ。

イリスが花音と詩穂に行ったのはまさしくこれで「心の健やかな成長からくるまっとうな人類愛」が育たないうちに力だけを与えられ、登場時点では大きく力の差があった星守たちをあなどり、足手まといと評しておごり高ぶっていたわけです。
フォルテシモの二人は星守と共闘するうちにお互いを認め始め、星守もまた新たな力を目覚めさせたわけですが、そこまで入り込ませた上で離反者を出すことで彼女たちの力を削ごうとしたわけです。復讐も入っているのでしょうが。

第二部を通して得られた情報と残った疑問

@永遠の幼女、神峰牡丹と神樹さまの関係は?
月や火星の指導者たちを笑顔一つで震え上がらせるその権力の素地はなんなの?

Aイリスと星守の関係って?
星守はなりたくてなれるものではなく、なってしまうもの。
ただし、なれるけどならない選択もできるらしい。
当代の星守たちは全員自分の意志で志願しているが、やる気だけあっても選ばれないとどうしようもない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/25 20:47
Bエヴィーナは新人類ではなく一般人だった?
彼女が処罰される時、サドネちゃんにもついている耳フードから異音がして苦しんでおり、その時に教室の1枚絵が表示されたことから、あれは洗脳装置だったのでは?と憶測がされている。だとしたら新人類ソフ(おそらくソフィスケーテッド・ヒューマンの略。意味は洗練された人類)などというものも存在しない?
さらにそうだとしたらサドネちゃん自体も長い時間をかけたスリーパー(長期間に渡る潜入スパイ。定められた条件で行動を開始する)の可能性まであるのですが(⊃д⊂)

C神峰牡丹の罪
今時点では「本来なら普通に過ごせるはずの少女たちを戦いに駆り出す申し訳なさ」のような感じで思っていることが見て取れるが、もしかしたらもっと大きな問題や行く末を知っているのでは?
人型イロウスは「人の心の闇が浮き出て勝手に破壊活動を行う者」であり、撃破されると元の人間は気絶しているだけで死亡したりはしない。
つまり、PSOのダークファルスや、勇者王ガオガイガーのゾンダーのような「人が居る限り永遠に存在が消えることはない」存在なのかもしれない。戦いが終わることは永遠にないというアレ。

D「白の観測者」は?
1年めサブストーリーにちょいちょい登場していた敵スライムに酷似した知性体。
神峰牡丹と旧知の仲で、地球に住むのにふさわしいのは人類とイロウスのどちらなのか、見定める役目だと自称していた。

ちなみにイロウスは大型化すると「瘴気」を放って大気汚染をし、人間はそれを吸うと最悪の場合死に至り、その効果は人工知能にも影響を及ぼして操作不能に陥る(先生が瘴気のあるエリアに行くときは神樹さまのお守りを持って防いでいるらしい。なくしたら死ぬじゃないですかーやだー)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/25 20:47
サドネ・エヴィーナ・星守は瘴気に対して完全耐性があり、サドネが仲間になった時の身体検査で得た新人類ソフ(99%はヒトと同じ遺伝子だそうだが、その身体能力や超感覚、異次元を行き来する力は超人としかいいようがない)が持つ成分を得たことで、人類は瘴気を科学で払うことが可能になった(通称サドネ汁)。

話的には今回の第二部エピローグで綺麗に終わってもいいのですが、バトガに残された謎はまだまだ多いのです。

イヤな話なんですが、アニメに先駆けて富士見ファンタジア文庫(スレイヤーズ!とか魔術師オーフェンとか)でラノベ化されるそうです。
4コマやイラストストーリー連載してくれてる電撃じゃねーのかよ!何か闇を感じるww

ロクでもないのにしないで欲しいなー。
まどマギとか流行ってるけど「かわいい絵柄でグロいエグい設定」にだけはしないでほしい。
バトガはプリキュアレベルのシリアス度でいいのよ。

夢にあふれる少女たちがすごく頑張って、絶望に追い込まれそうになっても心の底から祈ったら奇跡が後押ししてくれるような、目の肥えたオタクなら鼻で笑うような、でも優しい世界がいいのです。

なんでもかんでもシリアスグロエグばっかりじゃあつまんないでしょ。

ちょっと字数が余ったので余談を。
「公式が病気w」という言葉があります。公式ツイッターなどがあまりにも同人的というか、業の深いネタをキャッキャして出すのを指すホメ言葉ですが…(最悪の場合は本編が病気)。
先日の詩穂さんの誕生日イラストが「御剣先生の開発した超若くなーる(機械)」によってようじょ化した花音ちゃんになっていて、闇落ち詩穂さんが喜んでいるという「どういう誕生日プレゼントやねん!というかプレイヤーも任意の子をようじょ化させr」というアレでした。
本編にそのアイテム輸入してくれ…!(←ごうがふかい)
■雑談■@kurotama
2016/10/25 20:52
■追加要素おもしろ…!@デモゲの話。
・ようやく本編の全神器(他クラスのスキルを一つ身につける装備品)をコンプしたので、先日公開された大型ダウンロードコンテンツ(マジでゲーム一本分のボリューム)「柳生斬魔録 コール・オブ・グリモダール」。
あのウィザードリィ小説の「ベニー松山」氏が監修を手掛け、ゲストキャラには「バスタード!」の萩原一至先生を起用してのぜいたくなオマケです。
まだ始めたばかりなんですが、難易度がガッチリ「デモゲ1」になってる。
しかも本編クリア後固定なので、敵がノーマルでもかなりの硬さです。デモゲ2から始めた人は認識を新たにしないとついていけないことでしょうね。
逆に本編がガッカリだった人にはBGMやシャーク教団再登場、アノ時のラストダンジョンは今どうなっているのか、そもそもなんで前作のデモンが襲ってくるのかなど、わくわくしながらダンジョンを進めていくのですよ。

デモゲってこうだったよなー…。謎や気になる展開につられながらデモンの支配地域を奪っていって追い詰めて撃破。自分の力に変えて、さらなる奥地に突き進むっていう。
このクリア後コンテンツ用だけに新たなアイテムやスキルがどかんと増えていますからとてもオマケと言えない感じです。
何よりBGMがデモゲ1のなんですよねー。
リバイバルされて印象がかわって「前の方がよかった??」となってるのもありますが、それも原曲が神がかっていたからこそですからね。

一つ問題なのは…先日書いた「パッケージに出ている4デモン」のパーティがあまりにも強すぎる(ノ∇`)
主人公結構強めのはずなのに合計1500ダメージくらいしか与えられないんですよ。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/10/25 21:13
だけどNOUKINナンバー1デモンのドラコちゃん(声はバトガの明日葉ちゃんの人)なんか、両手武器を二刀流して5800!4700!とか2ヒットした上、攻撃回数が確率で上昇するスキルが発動したら「3回ヒット! 8649ダメージ」とか出すんですよ(そのあとに4700ダメージの追撃が入る)。

その立役者は後衛に陣取る頭の弱い巨○、センタウルちゃん。
武器の威力を大幅にあげる魔法「デバインウェポン」と、1ターンだけ攻撃と防御を上昇させる「フォースブースト」を駆使すると本来3000〜4000くらいのダメージがさっきの6000近いダメージに上がるわけです。

盾役が状態異常になるとあっという間に死人が出始めるのでペガッソちゃんは相変わらず外せないし、主人公が戦闘開始時に状態異常ばら蒔くことで安全性を確保しないとだから、後必要なのは回復・アタッカー・フリー枠なんですよね…。
つまり、パッケージのパーティで良いということになってしまう!なんなんですか!

【告知】ジョジョ第4部第30話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/25(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/10/25 21:14
■激辛ピリカレーやばい@雑談。
・駄菓子として古くからある「ピリカレー」というのをご存知ですか。
あれの時点で結構辛いのですが、それの「激辛」が売ってたので、つい食べてしまったんですが…。
こいつはヤバい。「カラムーチョ」で一時期激辛のが売ってましたが、それに匹敵…いや、超えてるかも。
「暴君ハバネロ」のヤバイほうのやつ(緑のやつ)並じゃないかなーこれ。
2〜3口食べた時点で口がヒリヒリで痛みを消すために何か飲み物を含まないと耐えられないレベル!
しかしうまい…。
うまからい!痛いのに…辛いのについ食べちゃうようーっっていう感じです。

【終了】ジョジョ第4部第30話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
今回はZyklonさん、ストロボヤンマさん、ハツネビーストさんが来てくださいまして、JOJOを一緒に鑑賞しました。

今回は仗助くんたちは一切出ず、吉良吉影こと川尻浩作(以下吉良さん)に起こった奇妙な出来事が描かれます。
自宅に侵入した猫を追い出すよう妻から言われた吉良さんですが、彼女が暴れた際にすでにガラスの破片が刺さって死んでいました。
妻が言うには「喉元に大きな穴が開いていた」ということで、彼はそれが「矢に貫かれてスタンド能力を持った猫なのではないか」と思ったのです。
猫は普通に死んでいたので庭の隅に埋葬したのですが、翌日、猫は「草のようなもの」になって生き返っていました。
妻を見かけたその猫草は無意識のうちにスタンド能力を使って妻を攻撃、足の爪をはがしてしまいます。

吉良さんはその猫草が草のようでいて猫の習性を持ち合わせていることを確認しつつ「自分に害があるかないか」を見極めようとしますが、自分をひどいめに合わせた女をかばう彼も猫草に「敵」とみなされます。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/26 03:41
猫草は空気を自在操るスタンドであり、鋭く小さい弾から、大きいさく裂する弾までを自由に使い分け生えている所から動けないなりに攻撃を仕掛けてきて、さく裂したサボテンの破片で吉良さんも妻もケガをしてしまいます。

その時、吉良さんの中に理解不能の感情が生まれました。
「妻が無事でよかった、目にサボテンの針が突き刺さらなくてよかったと思っている」のです。

手首しか愛せない吉良さんにとってこれは未知の感情。
元の川尻浩作は、妻から「つまらない男」だと判断され、二人の仲はすっかり冷え切っていたのですが、中身が吉良さんの夫はすこし「ワル」であり、彼女は10歳近くの子供を持ついい歳のオトナでありながら、あらためて旦那様に恋をしてしまっており、その愛されようとする姿勢は登場時のクズ女からすると見違えるような輝きを放っているので、まあわかります。

しかし荒木先生の女性描写はあいかわらずリアルすぎて引きますねw
男性に気に入られようとする女性は確かに魅力が300%マシになってると思います。

普段JOJOに出てくる女性はコビない、甘えない、自分の意志をしっかり持つという自立した女性だからこそ凛々しく美しいけど、マンガとか大好きで「応援できるかわいいヒロイン」を求める視点から見ると「^^;」となる感じですからね。

興味なしでもう飽き飽き→怠惰なクズ女

私のことをもっと見て★→年齢など関係なくイキイキしてる

この差を少年漫画でキャラ付として描いてるっていうのは面白いなあ。

しかし観察力に優れた荒木先生ですが、冒頭の妻と猫のバトルでは、猫が威嚇で爪をジャキンって出すんですよ。
あれはいけない、猫の爪は威嚇になど使われません。
猫はハンターですから、威嚇も何も、自分より弱い獲物を狩るだけです。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/26 03:42
爪は必要な時に必要なだけシュっと出す暗器のような使い方をします。だっこしてグリグリと猫のいやがるのも無視してかわいがってると「やめろや!」と猫パンチに突然爪が出てザリッと削られた経験は猫を飼ってる方なら経験あるのでは。

ちなみに熟練してくるとそれを見越して先読みでかわすこともできるようになりますぞ。
3歳の時に猫に額を真一文字に切り裂かれ、3本の爪痕をつけられた男である僕がいうのだから間違いない(幼い頃だったので幸いすぐに消えました)。
やつらの爪をかわしながらグリグリかわいがるのだ!
ハハハ!人間様の力を思い知るがいい!

猫は「やるぞ!やるからニャ!」じゃなく「ブっ殺すッ!と心の中で思ったらッ!(以下略)」のほうなんですよねー。
妻の動きは面白かったけど、猫を飼っていた者から見ると違和感がありました。

まあちょっと脱線してしまいますが、見えない空気弾の脅威と危険性を見て、吉良さんは「この猫花はここで始末しなければならない」と感じ、キラークイーンによって始末しようとします。

しかし、なぜか爆発しない。
猫花は本能で「その爆弾の周りを空気で覆っていた(真空にした?)」らしく、空気がないと爆破できないキラークイーンの能力が発動しないのです。
本能でそんなことわかんのかよ?と思うでしょうが、それはもう少し先までとっておいて頂きたい。

意外と打つ手なしの彼の腕に小さな痛みが走ります。
手首の血管につけられた小さな痛みは血管を膨らませながらどんどんと腕を潜っていくではないですか。
人間は血管に空気が入り、それが心臓あたりまで達すると色々あって死にます。

吉良さんはそれを知っていたので、ケガをするのは不本意だったものの自らの腕の血管をキラークイーンによって爆破、出血をしてしまう代わりに命は取り留めたのでした。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/26 03:42
本能で「人間の血管に空気が入ったら即死させられるやんな^^」ってわかるわけないでしょう?

この猫花は危険だと判断した彼は(おそらく夜になるのを待って)、猫花を屋根裏に置いて味方につけることにしました。
もし追跡者相手にこの花をぶつければ被害を与えられそうですからね。

上手くいっているようですが、彼には一つ誤算と懸念がありました。
川尻浩作の本当の息子です。

彼は小学生ですがキレる男で、突然様子の変わった父のことを不振がって彼の部屋の天井に監視カメラをつけて様子を観察(監視カメラは以前から)。
言動、好みの違い・靴のサイズ・筆跡を練習…。

吉良さんが川尻浩作になりかわろうとして行っていることを不自然に感じた息子は彼の正体を暴こうとしているのですが、吉良さんはまだ気付かれかけていることを知らないのです。
ですが、吉良さんも知能犯ですから、息子の様子から彼を警戒し始めていました。

登校する子供たちが学帽をかぶっているのを見て、玄関の帽子掛けに彼の帽子が残っていたという…ほんの些細な違和感から不安を感じ、猫草の隠してある天井裏を確認しにいく吉良さん。

息子は屋根裏部屋の暗がりを明るくしようと窓を開けたところ、謎の猫のような草の攻撃を受けます。
この猫草は日光がないと休眠してしまう為、窓を締めようとした息子を空気の手かせ足かせで壁に貼り付けてしまいまいました。

そこへ警戒を強めた父が帰って来た為、息子は空気のふくらみなら…と筆記用具でそれを割って、猫草用に吉良さんが用意したキャットフードをバラまいて自分の侵入した痕跡を消し、隠れることに成功しました。

息子がいないことを確認した吉良さんは「もし私の秘密を知るようなら、殺してしまわないと」と独り言をつぶやき、息子はそれを隠れていた箱の中で聞いてしまったのでした…。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/26 03:44
いやーすごい。
猫草が若干かわいかったんですが「自分の父がある日を境におかしくなる」という少年視点のサスペンスホラーで見ると、スタンドも見えないわけでそれこそ「宇宙人にでも取って変わられたんじゃ」となりますよね。
ここで注目したいのは「子供はやっぱり親のことをよく見ている」のです。
不仲の夫婦、冷めた子供であっても親子は親子。父が変わればすぐに気が付きます。
その違いを前向きに受け取ったのが妻であり、そこは夫婦がいかに結ばれようと「他人」であることの証拠なのかもしれません。
息子はその違いに不信を抱いたわけです。

JOJO第四部はロクに読んでないのですが、これは面白いなー。

しかしここの所の流れが 写真の幽霊と化かし合い→ジャンケン勝負→宇宙人大登場→チンチロリンをしてたら家が燃えたでござるの巻→トンネルに喰われた男の話→猫が死んだら草になって蘇って父は「なにか」に取って代わられたらしい と、本当にバリエーションに富みすぎですよね。

これ連載で読んでたらさぞ盛り上がっただろうなーw

その後はおしゃべりをしてたんですが、Zyklonさんが最近「黒い砂漠」というMMORPGを始めたらちょう楽しいとオススメしてくれました。

Zyklonさん
https://drive.google.com/file/d/0BxPBqpzsUlU3Mkg4REJMMm15QjA/view?usp=sharing

女子
https://drive.google.com/file/d/0BxPBqpzsUlU3NVU3MlB0aUVNQ0U/view?usp=sharing

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/26 03:45
Gorgorothさん
https://drive.google.com/file/d/0BxPBqpzsUlU3YjlZbG81TlU0NXM/view?usp=sharing

こんな感じでキャラクリは結構リアル。まゆや目がちょっとアニメ寄りでしょうかね。
想像してたよりずっとアクションゲーしてて、オープンワールド風だと結構熱烈にアッピルされていたので、ちょっとよく調べてためしにプレイしてみるだけしてみようかなーと思いました。

ざっと調べたりお聞きしたりした所だと

・キャラクター(性別・種族)=クラスで、6キャラまで持てる
・レベル50まではソロでもわりとサクサク
・56レベルで「覚醒」をして戦闘スタイルをもう一つ持てるらしい
・女性サムライのクラス名が「ツバキ」w
・パッド対応している
・PK(プレイヤーキル)あり。ただしするのもされるのもレベル50以上

みたいな感じです。
あちら産のゲームなのでどうせパッド非対応でしょう?MMOだしと思ってたらMMOだけどアクションゲームなのね。
一時期人口がグっと減ったようですが、最近また盛り返して来たとか(PSO2が不調なせいかもしれないw)。

アーキタイプ系(キャラ=クラスでアクションや外見の方向性がある)ではあるものの、クローザーズとかソウルワーカーよりは自由度はありそうですね。
オープンワールド風でっていうのが気になったので、そのうち体験しにいってみたいなー。
でもあれだ、PKされるのは殺意が湧くほどムカつく派なので(そのせいで大好きなはずのウィザードリィオンラインを無視したくらいイヤ)、どうだろうなあ。

そんなわけで1時になってしまったので解散となりました!
みなさんありがとうございましたー!またよろしくお願いしますー。
は、はよねな!
■終了■@kurotama
2016/10/26 03:45
■アノコロは光り輝いていた@バトガの話。
・今日からひさしぶりの「センバツ」が始まりました。
毎月行われるセンバツに対して先生方が「飽きた」と非難が起こってやめてたので、およそ3か月ぶりくらいですかねー。

今期のバトガは2週間で武器ガチャ2回、フォルテシモガチャ(確定なし)2回と、もう星のかけらを購入しないでやっている層は見逃すしかないようなのを次々と繰り出してきています。

センバツも一通りやってみたんですが、全ステージやりがいがすごくあるので、ステージごとに最高編成を組まないといけないんです。
このゲームの場合、バトル画面から編成画面に行くときに通信とロードがあり、カードを選ぶ画面に行くたびにロード、武器切り替えにロード、編成画面に戻る時にロード、バトル画面に戻るのにロード、戦闘開始にロード…で、各ロードが15〜30秒かかるのですっげーめんどくさい。

また、3人1組で5班作れるのに武器やサブセット武器は共用なんです。

つまり、同時に5パターンの編成をバトル選択画面に持ち込むことが出来るのですが、例えば★4ソードをソード遥香っちゃんが使っていたら、別の班のソードくるみちゃんは別のソードを使うしかない。
サブカードも同様なので、戦闘に出る「母艦」キャラだけを変えて色々試したい時などは編成画面にまで戻らないといけないのです。
これがくっそだるい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/26 22:39
センバツではそのあたりを駆使して何がいいか詰めて行かないとなので、試行錯誤に時間がかかるのです。いえ、ロード時間を強いられるんですよ(´・ω・`)
試行錯誤はゲームの華ですが、ロード時間は違いますからね。

その上恒例の「持ち物検査」と称される「特定カード、特定武器がないやつは勝手に低順位でもがいていろ!ふははh」と、コロプラさんが数値で語ってくるアレがありまして、今回うちには協力バトルを何十回もやれば手に入るブレイドカノンと先日闇鍋に入れられた花音ちゃんカードがないため、全クリアすることさえできませんでした(ノ∇`)

ダブルベッドをかけたセンバツでは見事駆け込みAランク先生になれた僕ですが、今回はまたBランク落ちになるだろうなあ。
今回のランクごと報酬はロッド。メインで使うより、他の武器にサブでセットすることでパラメーターが上昇するそうです。

Sランクロッドは全ステータスに+200、Aランクロッドは+100、Bランクロッドは+75ですから、できればAにはなりたいが…?

全くロード時間にもなやまされず、戦闘もラグなく、協力プレイで3人のスキルが飛び交っても処理落ちしない、動画撮ってる人みたいな環境でやるバトガはまるっきり違うんでしょうね。
うらやましいなあ。

粘っても時間の無駄っぽいから、ごほうび満了の8000点まで頑張ったらあとはデモゲ2でもやっていよう(ノ∇`)
■雑談■@kurotama
2016/10/26 22:39
■先日アークスリーグをちょっとだけやってみた@PSO2の話。
・それまで誰も参加してなかったのに、うちが7匹倒した瞬間に100匹増えた人が居て、5分後に200になってましたね。
なんでもかんでもチートとか不正とか言いたくないけど、100ずつ増えるっていうのはなんか気持ち悪かった。
ラスベガスのヴァルチャーだったからライドクエだと100匹とかまとめて出るのかなー。

その後3位くらいになればいいかって放っておいたら4位になって10SGもらって終了でした(3位は30SGね)。
終了間際はもう余裕と思ったのか、不自然な数値を調整でもしていたのか、224みたいな中途半端な数値になってました。
うちは20倒してたんですが、27、21の人が居て4位(10SG)でしたね。

なんか100SGを容易にとらせたくないから運営が仕込んでるんじゃないかみたいな陰謀論を考えたくなるし、そうでなくてもパーティ組んでるのか何か知らないけど5分で100いきなり稼ぐ人とは勝負になりそうもないんで、やっぱりアレに出るべきじゃなかったなぁ。

なんか取る為に必死になれば、該当敵を周囲に貯めておいて終了5秒前に一気に殲滅して順位を一つ上げるとか考え付くのですが、タダでもらえるSGを取り合ってプレイヤーで醜く争っているのって、上からカネを放り投げて貧乏人ども(僕含む)が争っているのを楽しんでいる人がいるような…そういう被害妄想にをするんでもういいや(´・ω・`)

■サイクロンジェネレーター@デモゲの話。
・はい、デモゲ2のクリア後限定追加コンテンツをグリグリプレイしています。
迷宮を歩いているとランダムで発生するデモゲ2本編終盤からの新要素「スターサークル」のおかげで新鮮に楽しい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/27 21:49
武器種ごとのジェムを魔法陣(サークル)に捧げると敵が召喚され、それを撃破するとジェムに応じた種別のアイテムがドロップするという、デモゲシリーズ式のハクスラ要素があるんですよ。
デモゲ1では99個しか販売してなかったのですが、今作は無限に購入できる為、カタナが欲しいならカタナジェムを買い込んでサークルめぐりをしていればカタナがドロップしまくるという感じです。
そして「ユニークアイテム」というのは1つしかドロップしないので、そのエリアのユニークアイテムを掘りつくしてしまうと、後はプラスの数値が高いものが落ちるの待ちになるんです。
自力での強化は、ノーマルアイテムは+10、ユニークアイテムは+30までという制限がありますが、掘りあてた時には「(主人公の)最大レベル分までのプラスが加算されていることがある」ので、最終的には+80だの+90の付いた装備品こそが最強となります(これ良いシステムだよなあ)。

で、スターサークルは続けて出そうとすると超歩き回る必要があって、3つめあたりから「15分くらいオート移動しまくってもでねえ!」となるのですが、街から城に侵入してから1つめなら、1分もオート移動していれば出現するので、容易に「スターサークル狩り」ができるんです。

スターサークルで捧げるのはジェムではなくデモン。
高度かつ膨大な魔力の産物であるデモンはそれ自体が高度な魔法存在であり、ジェムの代わりに捧げて魔力を込めれば(星力は異質で高純度な魔力、らしい)、起動できるわけです。

つまり…、パーティメンバーを捧げるわけですから、弱い戦力で出てきた敵に勝たねばならない。
デモンは1名〜3名まで捧げることが出来ますが、3名捧げると主人公と後誰かひとりとなります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/27 21:49
盾役がいないと2ターンで全滅させられるこのゲームにおいて、メイン盾のペガッソちゃん(以下ウニちゃん)なしの少人数バトルなど、確実な死と同義語なんです。

でもスターサークルは「捧げたデモンの装備可能品をドロップ。すでに所持しているユニークアイテムや神器も再ドロップの可能性アリ」という大変おいしい設定なので、せっかくの機会には3枠分欲しいじゃないですか。

ウニちゃん以外を捧げれば普段と同じようにオートバトルを選んでいるだけでほぼ確実に勝利できるものの、彼女の装備品も欲しいのでたまにはウニちゃんも捧げないといけません。
そういう時は残った1人と「合体」をします。合体は現在8回連続行動できるので、敵の攻撃を受ける前に全滅させれば問題ないわけです。

しかしそれをやるとデモンの専用スキル(パーティスキル)を使ったりするのに重要な「星力」。
スターゲージが0になってしまうんです。

スターゲージは1回攻撃ごと、1回被ダメがあるごとに1ずつ増えていきますが、合体ではなく普段使いの「覚醒(ゲーム用語では「変体」)」だと、5人パーティで発動すると1ターンに12くらいずつ消費します。
パーティスキルを使用するにも3〜15くらい使うので、現在130しかないスターゲージでは10ターン持たないことになりますね。

スターゲージは敵や状況によっては必須ですから、ゲージ稼ぎはとても大事。
主人公もダウンロードコンテンツになってからの新スキルで「増加スターゲージ+1」というスキルを習得するくらいですからねえ(本編は100までだけど、クリア後はおそらく200まで伸びるのでバランス調整でしょう)。

で、このクリア後コンテンツは敵がとにかくカタい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/27 21:50
ボスなんか30ターンくらい殴り続けるのとか普通です。そうするとボスバトル中にスターゲージを全部消費する「合体」なんか危なっかすぎて使えませんし、「覚醒」も数ターン後には通常状態に戻ってしまい、またスターゲージが十分たまったら覚醒する感じ。

そうなってくると攻撃方法も選択しなければいけません。
今のパーティには使い手が居ないのですが「威力が50%に落ちるが3セット攻撃(つまり全ヒットで約1.5倍ダメージ)」のスキルはよかった。
両手に武器を持っているキャラがやれば、それだけでスターゲージが+6されます。
ウニちゃんが盾役ならおもらし(2ちゃん本スレでもペガッソちゃんのガードが抜けるのは問題、事故と言われていて、通称がおもらしです。秀逸なセンスw)はほぼなく、自身も被弾しないので受ける側のスターゲージ獲得は期待できませんからね。

でも今のパーティの対単体攻撃は「敵防御を無視し、攻撃回数を1回増やしながら命中も大アップするが、自身の防御・回避は0となる攻撃」ですから、両手に武器を持つキャラでも+2しかされません。

これで攻撃していると威力は十分ですが、スターゲージがモリモリ減っていくんですよ。
そこで、攻撃力最強のドラコちゃんが素で覚えるものの1ターン「集中」を行わないと使えない為にいまいち使いづらい「サイクロン(命中・威力が下がるが1ターンに7回攻撃する。結果的には5倍くらいに落ち着くけど相手防御が高いとショボくなる)」です。
それに好きなスキルを装備させることができる「神器」システムで狩人系の最終奥義「ダメージを受けるまで集中が途切れない」を装備。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/27 21:50
1ターンめ、およびブレス攻撃などで被弾した後にだけ「集中」が必要ですが、それが来ない限りずうっと毎ターン7回攻撃です。
彼女には「両手武器を両手に1本ずつ持てる」神器をセットしてるので、両手武器で1ターンに14回攻撃します。

はい、これでスターゲージ問題は解決ですね。毎ターン+14と主人公の二刀流の攻撃で+18、頭の弱い魔法使いセンタウルちゃんは「4属性の魔法を1ターンで放つ」魔法を「1ターンに魔法を2連続で使う」スキルで+8してくれますから、「覚醒」中のターンごと消費分をまかないながら、別口で使っていくパーティスキル分も確保することができました。

このサイクロンを使うようになってからはボス戦が結構楽になったなあ。
威力自体はもう一つの防御無視のやつのがちょい強いんですけど、一緒にゲージを稼いでくれるのは大きい。

ここのゲームはマンネリとか色々言われてますけど、今回「これまでシリーズで強かった武器が足元にも及ばない高レベル武器」がどかどか出てくるので、純粋に新アイテムにワクワクします。
まさかあの「村正」をゲットしたのに「よわ^^;いらんわ」と倉庫送りになるとは思わなかった。そういう意味ではしんたいけんであり、とっても楽しいです。

ただやっぱり問題は「パッケージのパーティが安定すぎて他のメンバーを育てる意義が感じられない」ですね(;´ρ`)
この黄金パターンを崩してまで攻略しないといけない何かがあるのか、ライトなプレイヤー向けの基本パーティで満足できない人用の「遊び要素」なのか。
キャラクター性や見た目はどれも微妙なので(断言しちゃった)、どうでもいいです…!
マイキャラたちが作れた方がよかったよなあ。
■雑談■@kurotama
2016/10/27 21:57
■怨念式鍛練法@デモゲの話。
・クリア後の追加シナリオ「柳生斬魔帳 コール・オブ・グリモダール」をやってます。
前作主人公の為に死んだおねいさんそっくりのサムライが登場して「あ、あれは誰なんだー!」となってるんですが、魔眼持ちで眼帯してるから柳生とかつけたのかわかりませんが、冒頭に出会ったっきりかれこれ10時間分くらい(こっちが勝手に稼いでて進行してないせいですが)、ストーリーらしきものもなく旧作デモンの幻影をつぶしたり探索したりで進行しています。
まあ、本編が何かとNPCに振り回される展開だったので、こっちの放ったらかしのほうがダンジョンRPGっぽいんですけどね。

そんな中、同じ邪眼(魔眼の上位版らしい。前作主人公と今作主人公しか持っていない。いずれも魔眼持ちを人体改造して人工的に与えられた能力)を持っているとということで、前作で城を荒らしまわられた恨みを晴らすとのたまう悪魔将軍的なキャラ(雑魚敵の最上位種)が登場したんですよ。

なんでも復讐の機会を狙っていたらしく、自分の軍隊を打ち破ってみるがいい!と主人公たちを閉じ込めて雑魚兵士をたくさん配置します。
ゲーム中で「北東に来い」と言われたので、素直に北西から探索すると

★基本ルール
雑魚を倒すと最後に待つ将軍の強さが上がる

★サブルール
@向かって左には強さの糧にならない雑魚を配置
A強さの糧になる強雑魚は色の違う床の上に配置
B天井に穴が開いている所は「ふりだしに戻る」

ということがわかります。
敵を弱くして楽に進めたいなら、上に穴の開いていないマスでかつ、左に居る雑魚を倒しながら将軍にたどりつけばよし、追加報酬?に期待して最強将軍と戦いたいのなら色の違う床の強雑魚を全滅させていけばよしということですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/28 21:05
で、しばらく戦って、マップを埋めたい派の僕は(イベントが終われば敵シンボルが全部消えてフリー移動できるようになるかもしれないのに)全マスを埋めるためにマップを総ざらいしていったのです。
で、ふりだしに戻るで戻ると、敵が全員復活している。

これはまあ将軍が強すぎた際のリセット要素なんでしょうけど、ここの雑魚、兵士系の敵でかなり強いものの、持っている武器に「混乱」がついていて、ごくまれにペガッソちゃんを混乱させてガードをこじあけるのが少々怖いですが、逆に言えばその程度。
何が出てくるか読めないサークル戦で稼ぐよりラクチンじゃない?と思いまして、ためしに主人公の持つ「リターンドア」を使ってみると、なんの障害もなく街に帰還できました。
フラグが中途半端で進行不能になるかと思いもしましたが、多分大丈夫です。

というわけで、32レベルとかで止まっていた控えのデモンたちをペガッソちゃんの後ろに3名ずつ配置(主人公は外せないからね)して、怨念式レベルアップ祭りの開催ですよ!

このゲーム、パーティで最もレベルが低いキャラにプラスの経験値補正がかかるので、レベル差は比較的すぐに埋まります。
倒してはふりだしに戻る、倒してはふりだしに戻る…と繰り返していると、面白いようにレベルが上がっていきましたww

組み合わせを考えないと倒すのに時間がかかってしまいますし、時々事故(ペガッソちゃんのおもらし)で死人が出ることもありますが、敵アイコンが周り中にわんさかあるうえ、弱い雑魚は進行方向向かって左、中級はその逆、色違いの所は強い雑魚とわかってるのですから、パーティが弱い時は強雑魚にはからまずにリセットすればいいのです。
安全この上なし。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/28 21:06
恨みがあるらしい将軍さんですが、それそもそも前作主人公が勝手にやったことなわけで、付き合ってあげる必要はないんですが…。
魔物には人間の細かな違いはわからないのか、プレイヤーが同じなんだから「魂」は一緒だという深い話(メタネタ的だけど)なのかはわかりませんが、とにかくおいしかったです(*´Д`*)

これ進めないと話も進まないのだけど、あまりに快適なのでしばらくここで稼ごうかしらんと思ってしまうのでしたw

ちなみに本編クリア後の裏ボスを撃破するとおよそ16万経験値入りますが、メンバーが弱いと勝てない上負けたらゲームオーバーです(当然)。
ここは最初の部屋の弱雑魚が2万、中雑魚が4万、強雑魚が10万くれるので、大体裏ボス周回するのと同じくらい経験値入ってるのよね。
ふりだしに戻るマスも2歩先にあるので脳死周回できてしまうんです。
強雑魚はさすがに「デモン覚醒」してパーティスキルで防御をあげないと、おもらしで即死する子が出てきますが、基本はオートボタン押しっぱなしなので大変にラクチン。

いい意味で悩むなーw

とりあえず新しいアイテムがたくさんすぎて、掘れば掘るほど新アイテムが出てくるっていうのはハクスラ系ゲームとしてはひたすら幸せです。自分のレベルが上がると、序盤のアイテムに+60とか補正のついたアイテムがでてきて(命中マイナスなどが少ない為)わりと使えたりする意外な発見も嬉しい。
こう考えるとキャラクターが17名もいるというのは「装備可能な有用アイテムが出てから育て始めてもいい」という意味でありかもしれない。前作ではファイター専用の最強武器が出ても「1から育てるのダルい^^;」で、なかったことになってましたからね。
■雑談■@kurotama
2016/10/28 21:11
■29日は「ふくの日」だそうですが…@雑談。
・地域の生活密着店なんかだと「衣服」が安かったり「大福」が安かったりするみたいですね。
しかし僕にとっては「にくの日」です(*´Д`*)
近所の焼肉屋さん、すた丼、このあたりを中心に?栄えているチェーン店などはにくが安いんですよ!
というわけでにくって来ます★

【告知】霜降り肉を狩るツアー(予定)
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】10/29(土)22:30頃に行われる予定の生放送緊急をご一緒しませんか?
【パス】hino
【コメント】
というわけで本日は20時から新生した生放送の日。
同時に、謎の報酬期間によって経験値・レアブとも150%ブーストがついています(数値は適当です)。
緊急予定表もガッツリ空いていることですし、放送終了の22時〜23時の間に生放送で決まった緊急をやることはほぼ確実ですね。

というわけで、参加希望の方は緊急開始15分まえくらいからウィスを受け付けていますので、よろしくお願いします!

参加してくださる人数が一定数おられる感じでしたら過疎ブロックに集まってやろうと思います〜(目安は1パーティくらいかもしれません)。

おそらく、22時に放送終了→22時半にライブ→23時から生放送緊急の流れだと思うんですが…。

先日「実は喫茶でトリトリ2016をやったことがない」と聞きまして…、それだったらいいですねヽ(´ー`)ノ
というか、徒花コレクトも終わった今、トリトリ2016くらいしかウリがない…、アムチに更にブースト倍率ドンとかと比べるのかねえ。

そんなわけで、よろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/10/29 14:48
■新生放送感想@PSO2の話。
・PSO2ジアニメでリナ会長の役をやっておられた諏訪彩花さんとなすなかにしのお二人で始まる新生放送でした。
2時間の前半をアップデート情報に割き、後半をバラエティと物販、(批判的でない)おたよりコーナーにしたのはよかったですね。
ゲーム内容の話だけ見たい子はes情報局って出たら終盤までは好きなこととしてていいんだから。

内容として気になった点を箇条書きで。

・会長かわいい
諏訪さんは大変天然で、司会としてはモモーイを100点とした場合、30点くらいしかないんですが、天然でかわいいので結果的に120点でしたヽ(´ー`)ノ
なすなかにしのお二人が素人に毛が生えた程度(失礼)の諏訪さんをしっかりいじって優しくいじめるので(いやみじゃないってことね)、見てるこっちも「はははーこの子はポンコツだなァ」とニヨニヨしてしまいます。
最後にはサカイさんにまで「こんなにポンコツとは思わなかったw」と言われてましたしねw

「これまでのメンバーがいなくなってかなしーなー」ってなってたニコ生キッズたちも、この新メンバーのことは気に入ってた様子でしたね。
というか、なすなかにしのポテンシャルの高さがあなどれない。
あいつら(失礼)ボケっとしてそうに見えてなかなかのキレ者ですよ。
僕も結構好きです。


・+35武器を「素材」にすることで、高確率でつく特殊能力が追加
鑑定時にしかつかない「マーク〜」シリーズのみたいな、1つでお得な能力なんでしょうね。
武器ごとに選べる潜在が違うのだと恐ろしいですが、+35武器ならなんでもいいのならだいぶ緩いですが…?

※追記:ついている特殊能力を高い確率で移植できるの?という見方と、+35にした武器によって違うかも?という二つの見解があるようですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 03:58
・新リングに超ジャンプ追加
AISについているあのハイジャンプ機能ですね。
Guにはすごく良さそうなのですが、★12ユニットにつけられるように「Lリング」だそうです。
しかし、リングの為だけに★12ユニットをいま使ってるやつ並の作るのか…。
一応レイシリーズなら背腕脚あるんだけどなぁ。


・おまとめ鑑定と高額鑑定追加
1月までかかるかもっと言ってたおまとめ鑑定は2ヶ月も早く実装されることに。大分頑張られたようですね!
そしてついている特殊能力のランクや属性値が上がる高額鑑定と同時に、レアリティの高い武器はアイコンが変わるそうです。
しかし、木村さんのいう「レアリティの高い武器」が★10(キューブになるからね)以降だったらメセタ消費加速のマイナス要素なんですが、レアドロップ時の表記がかわる★13だけ色が違うというのなら、それにだけ「高額鑑定」をかませばいいことになりますね。

これで現在「25〜35、運が良ければ40も」みたいな鑑定★13が「35〜45、運が良ければ50も」になってくれれば、必要なコレクトファイル数が1枚減るかもしれません。
+35には新たなうまみを入れましたから、もうこれまでのように「武器の威力たった3%上げるためにがんばるっかっつーのwww」という感じにはならなくなりましたからね。

属性60にさえなればいいんやでという層と住み分けできるようになって欲しいなー。
できればもう属性は最初から60でいいだろと思うんですが、スクラッチに属性+5があるうちはまあダメでしょうね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 03:59
・オービットガンスラ、ドロップ限定か
一部で期待されていた、ファミ通カップで登場する「これまでなかった武器種のオービットがNTになって登場コレクト」。
オービットと言えば抜刀時にPP回復力があがる潜在と納刀時にPP回復が上がる潜在を選択できる…、どっちにしてもPPをたくさん回復してくれる、とても優れた武器ですね。
オフス・ギクスなどは火力潜在ですから、上位の火力潜在が来たらいつかはお役御免となる運命ですが、移動中にPPコンバートより早くPPが回復するオービットはケタ違いでかつ、今の所オンリーワンですからね。

そんなオービットに「ガンスラッシュ」がなかったのは当然です。
全クラスで装備できるサブウェポンであるオービットガンスラを出せば、PP回復用に使いたい方は「ガンスラだけでいいわw」となって他のオービットに興味をなくしてしまうかもしれませんからね。
それがいよいよ登場するのか…と期待されていたんですが…。

今の所、コレクトファイルでは登場しないようです(;´ρ`)(カタナのすぐ下にライフルが来ていた)
ということは、ドロップ限定ということです(あくまで現時点の情報では)。
ファミ通コラボ緊急は予告限定であり、今の所トリガーは「ファミ通を買ったらついてくる」としている以上、SGで容易に購入はできそうにないですからね。
つまり、1か月しかない期間の間に生ドロップしなかったら入手機会終了。
これは厳しい。
これ、取れれば全クラスでアノオービットの便利さが味わえるんだよなあ。
持ってる人はわかるでしょうが、あの急速回復は病みつきになりますよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 03:59
・ギャザリングにテコ入れ
現状25コンボ貯めればフィーバー確定となっていますが、スタミナ回復SGを稼ぎたいためか、詳しい説明は省きますが普通に25まで貯めようとすると採取スタミナ30〜10になってようやくフィーバーするだけというクソのような設定だったんです。
運が良ければコンボ1からでもフィーバーが起こる可能性はありますが、うちのように5キャラでやってるならともかく、1キャラしかいない人は本当に「運ゲー」であり、フィーバーしたからと言って宝石が出るとも限らず…とにかくストレスのたまるアレでした。
そこを緩和と言ってましたから、20〜18くらいにしてくれるとまだ掘るチャンスが増えるんですけどねえ。

ただし

フィーバーしやすくなったから出現率を下方修正して結局前と変わらない獲得率にすることは十二分にありえます。
ギャザリングを24時間やりたい放題にしろといってる人もいましたけど、それだと宝石の出現率を現在の所要時間を5分として5〜10回に1〜3個くらい出る確率(すごい時はいきなり10個以上掘れたりもするけどね)のを、24時間分に引き伸ばされた結果超レアアイテムになって本当にムリゲーになるの見えてます…。


・冬の新レイド戦はまた眼が死ぬ
すっげーキラキラしてました。
綺麗なのは間違いないのですが、何度も何度も繰り返す上に15分くらい攻撃避けるためににらめっこするわけですからね…。
あと、ライドロイドにのっての追跡パートがあるので生視聴者から一斉に悲鳴が上がっていましたが、操作感はいつものアノアレではなく、わりとアナログキーでぐりぐりする…わからない人も多いと思いますが「アフターバーナー(どっちかというとギャラクシーフォース)」の感じで障害物避けを行いながら追跡する感じみたいでしたね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 03:59
★14あるか!?との期待はありましたが、情報はまあまだこれからということで。
ネットではそれよく話題に出てるけど、どこかで「レベルは75、武器のレアリティは★13で打ち止め」って聞いた気がするんだけどなー。
まあそんなの公言したらネトゲとしては致命傷だから(今後縦方向の拡張は期待しても無駄wと言い切るネトゲに価値などないでしょう)、たぶん僕の勘違いだと思います。


・次の生放送はまたオフイベ会場から
セガ全体のイベントにて2時間頂いて放送するそうです。
サカイさんによると、最大のウリは「春実装予定の完全新機軸のコンテンツを先出ししてプレイしてもらう」らしいです。
PS4版のグラフィックの時のように、ユーザーの皆さんから意見を頂いて洗練させてから出したいという、テストサーバー案をうまくとりいれて会場に足を運んでもらおうという、なかなか上手いアレですね。

これまでとは相当違うノリとのことですが、東京で痛い目にあった僕らがそれ聞くと「ビクっ」てなるんだけどw
い、いやな予感しかしないニャウ…。

ただ、結果はどうあれ(早いよw)、皆さんに先に見せて感想を聞いて5か月かけて詰めるわ…という発想自体はすごくいい感じですね。
月額課金ゲームのFF11では終盤5年「テストサーバーで先にいろいろ実装し、有志は無償で参加し、プレイをして意見を出す」というのをやってました。

PSO2は基本無料ゲームなので、実際にはテストサーバーというのは無理に近いと思われますが、それでもできる範囲でユーザーの意見を反映させたいという考え自体は素晴らしいですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 04:00
ただホント、EP4もそろそろ終わりそうでやっと「うちゅうファンタジー」に戻ってくれるの?となってた矢先に、もっと頭を抱えたくなるようなラノベが腐ったみたいなのノリになったらどうしよう(⊃д⊂)
本当に不安しかないんだけど…。

というか、今の人の好みかもしれないけど、運営の用意するキャラがのきなみ頭でっかちで体は細く、そのくせ胸だけは立派みたいなキャラが本当にちょっといやなんですが…、衣装を紹介する時のモデルキャラがみんなそれなのよね。
つまり衣服もその体型にしか合わないわけで。


・まとめ
2時間で終わった上に、ゲーム部分とバラエティ・オフイベ宣伝関連をきっちりわけてくれて好感触。
Su/Guがあまりにも大ダメージを出せるのでバランスが崩壊してる関連のことについては一切何も言及がなかったですし、PAやバランス調整関連は1_も話題に登りませんでしたから、新コンテンツが来るよってこと以外にはなんもいいことないんですけどね。

ただ今回は「すっげー頑張っていろいろ開発してはいるんだなー」というのは伝わってきましたね。
ゲームの安定性を求めるプレイヤーと、イベント・話題性を求めて客引きをしなければいけないけど開発力には限りがある運営のみぞはまあ埋まらないわな(;´ρ`)ノ

とりあえず、来月の生放送で発表される「これまでとかなり感触の違う春からの新コンテンツ」が気になりますね。
ギクスの話とかもうぶっとんだ感があるw
あと眠いです!
■雑談■@kurotama
2016/10/30 04:00
■勇者ヨシヒコ実写版@雑談。
・いやいや、実写でしょうよという感じですが…。

参考URL→http://www.maxfactory.jp/ja/mxf-yoshihiko

フィギュアブランド「Figma」から「勇者ヨシヒコ」ノンスケールフィギュアが発売ですよ!
3D塗装なる新技術で青髭まで再現し、山田孝之さんの協力・監修まで受けたバツ牛ンのできばえです。

ヨシヒコは基本的に「ドラクエ5」をモチーフにしたドラクエ風世界観なんですが(出身地の「カボイの村」はドラクエ5において印象的なイベントがあった「カボチの村」とそっくりですし)、詳細に再現や二次創作を狙ったのではなく、スタッフや原作者(監督?)の中の「あー、そうそう、ドラクエっていえばさあ」をうまくコントに落としているというか…。
オープニングで「予算の少ない冒険活劇」と謳っていますが、実際は「低予算風を狙った」ものだという指摘がありましたね(宅麻 伸さんがレギュラーにいる時点でカネかかってるわな)。
漫画原作モノといえば一昔前は松山ケンイチさん(デスノート、銭ゲバとか)だったんですが、勇者ヨシヒコで山田孝之さんがその位置にいる気がします(闇金ウシジマくんとか)。
山田さんは基本濃い目のイケメンなんですが、役になりきるというか、斜に構えない感じがいいんですよね(実際はどうかしりませんけど)。

なので、純朴でまっすぐだけど巨○と美人と誘惑に弱い勇者役が完全にドハマリしてるわけです(彼を危険なレベルで慕っている実の妹は貧○で、旅の村人も貧○です)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 17:25
ですが、ドラクエ5の主人公と言えば、世界最強の王の息子でありながら10年以上に渡る奴隷生活を経て心身ともに人として最低の扱いを受けながらも生き延び、天空人の妻をもらって子を成し、その子は勇者として魔王を倒すことになります。

実際には人間界の勇者と天空人に近い能力を残した種族の子(これが主人公)が、天空人と子供を作って、限りなく天空人に近い性質を持ちながらその種族がたどりつけない魔界へと送り込める「天空側の最終兵器」とも言えるような…、悪く言うとそうなるように定められた悲しさを持つ主人公なんです(ドラクエ4・5・6の天空編はどれも裏に潜む天空人の長、マスタードラゴンが人を操って魔王を討たせようとする物語なので、いろいろモヤっとすることが多い。というか主人公全員に悲劇要素があるのが特徴)。

しかし何より、多くの悲しみを背負っているからか、10年の肉体労働で日に焼け、鍛え上げられたせいか、村人や重要NPCとの会話内で「美形」「ステキ」とほうぼうでホメられるんですよね。
最新のリメイク版では「幼い頃に実は出会っていた」ことにされましたが、二人の花嫁候補のうち1人は出会って即ケコンするわけです。

勇者ヨシヒコとドラクエ5はまあその衣装以外ほぼ関係がないのですが、山田孝之さんは「ドラクエ5の主人公っぽい」男らしい美形で大変カッコイイですね。
Figmaのフィギュアの方も真顔が大変ヨシヒコらしくていいです。
意外とヒゲが濃いのもしっかり再現出来ててすごいなーこれ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 17:26
■2ちゃんねるで恐ろしいものを見た話@雑談。
・とあるスレで、とあるSSがね、公開されたんですよ。
僕が去年やっていた「FFブレイブエクスヴィアス」の運営に対するお問い合わせの返答です。

「本アプリではレア召喚の排出率等をお客様のアカウント毎に設定しておりますため、排出率などは公開しておりません」

だそうです。
なにこれ…怖いwww
意味が分からないかもしれませんが、これこそ「イン率・課金率などでガチャした時に何が出るかのリストはプレイヤーごとに違う」んです。

つまり「ちょっと出ないようにしてやれば万単位でつっこむアホ」相手には確率を絞り上げているわけで、「まだ課金してないサイフのヒモがくっそ硬い貧乏人」相手にはちょい緩めにして、とあるところで出さないように絞れば「いつもの調子で俺は豪運で引き当てるしww」とお金をつっこむのではないか?というアレです。

いやー、これが天下のスクエニ様が運営しておられる大人気ゲームですよ。
素晴らしい。
スクエニでかつソゲだなんて本当にやる価値ないな…。
いつのまにかBGM集が発売しててもう売り切れたので二度と買えなくなってた(以前欲しいなーって言ってた直後に発売した模様)から恨んでるわけじゃあないんですよ(´・ω・`)KUSOGA

僕がバトガで課金をしないのは「ガチャにお金を入れるのはもうやめにしよう」というのもありますが(PSO2で総計で安いパソコンが買えるくらい突っ込んでいたのを見てドン引きしたので)、やはり「上顧客様用リスト★」に移されるのがイヤだからなんですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 17:26
思えば「押しのキャラ(データ的に見ると使用率が一番高く、親密度が一番高いキャラクター)」が3か月かけて3回とも来ないこととかありましたから、あれが「まだ課金してない貧乏人」に対しての「ゆさぶり」だったとしたら、わからなくもない。
僕はバトガは好きなのでCDなどは買ってます。
今度出るカレンダーはさすがに部屋に飾るのもアレなのでスルーする予定ですが…、年末までに2枚出るCDはもう予約済みで御座います。

だけどやっぱりガチャにはカネは出したくないな。
キリがないからねえ。
毎日1万円の不労所得が得られるくらいになったら好きなゲームをガチャで支える富豪プレイヤーになったるわい、げはは(100%ない話です)。

ドラクエだって「カジノにハマりすぎて冒険の装備が買えなくなってはどうしようもないぞ。あまったお金で楽しむのがいいだろう」と村人が教えてくれるんですから…。

いやいや、恐ろしい話ですよ。
「語るに落ちる」というのは言う側が気づいてるかいないかで印象がかわりますが、スクエニのは「そうですが何か問題でも?(にっこり威圧)」の方だと思う。

■91DAY'Sを見ました@雑談。
・「ベルセルク」をイッキ見しようとしたら、最後になぜか91DAYSの最終回が混ざっていたのでそちらから観ることになりました。

いわゆる「ノワールもの」でして、マフィアの抗争に巻き込まれて両親と弟を殺された少年がとある手紙によって復讐を開始、仇に近づくために自らマフィアに入り込み、幼なじみも巻き込んで壮絶な復讐劇を繰り広げます。

禁酒法の横行していた時期(1930年前くらい?)ですから電話も銃もある為、クセのあるキャラも良いキャラも悪党もほんの少しのズレやすれちがいやだまし討ちで、撃たれて刺されてあっさり退場します。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 18:28
主人公はいつか殺さなければいけない者たちと仮の仲間として信頼を得るために動くのですが、情が移ってしまっているのではないか?と思わせる描写も出てきた中で「自らの手で親友を始末」させられます。
しかし奇しくもひとつ前の話で「兄に弟を殺させる」をやった後ですから、まさしく因果応報。

それを境に主人公はすべてを壊すことを決め、見事な知恵でファミリー全員を地獄送りにできたのですが、最後は情が移ったファミリーの若頭に捕まって死出の旅に出ることになります。

この二人で旅をするというのは序盤にやっていて、視聴者に「やっぱり殺し合わないといけないの?」と思わせるくらい、相性がいいんですよね。
しかも若頭は主人公の家族を殺した一員ですが、若く経験もなかった為、結果としては家族の誰も手にかけていないのです。
ですが、主人公は若頭の仲間を、父を、組を(第三勢力の手も使って結果的に)皆殺しにしました。
そして若頭は主人公に唯一残った幼なじみを殺すように指示したのです。

大切なものをお互いに奪いつくし、若頭はファミリーのボスですから今も追手に追われていますから、捕まるか殺されるのはもう目に見えています。
そして復讐を終えた主人公は若頭に「なぜあの時撃たなかったんだ」と泣き叫ぶのです。
「いっそあの時撃たれて死んでいれば復讐を胸に生き延びることもなかったし、おまえも全て失わずに済んだだろう」ということ。
主人公は「復讐の先にはなにもないと言われるが、自分にはまだ希望はあるに違いないと思っていたが、終わってみたらやっぱり何もなかった」と、生きることをあきらめています。

だけど若頭は裏切りの横行するマフィアの世界で主人公を本当に信じていました。
馴染みの部下から「あいつは怪しい」と進言されても拒み続けるほどに。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 18:29
そんな男に裏切られ、仲間とファミリーの仇を討つためにさらってきたものの、どうにも殺せない、そこで言われたのが先ほどの「あの時撃たなかったんだ」です。

最後は、見たかった海で主人公がふらふらと歩き、その背中を若頭がしっかりと狙い、銃声が響きます。
1人で車を運転し、街の方へと帰る若頭の口には笑みが浮かび、彼をつけていた刺客が動き始めるのでした。

波にさらわれて砂浜に残る二人の足跡が消えていくシーンで物語は終わるのでした。


おお、結末は視聴者の手にまかせたシナリオですね。
感想サイトなどでもどちらの意見もありまして、

「若頭が今度こそ撃ってすべてを解決、自分もおそらく追手にやられてこの話は結局なにもかもなくなって終了(ファミリーの一人娘だけは上位組織のダンナから授かった子供をお腹に抱えて生き延びていますが、彼女の身を捨てた婚姻も因縁を残すだけとなってしまいました)」

というのや、

「撃ったことにして復讐に生きた部分の彼を殺し、お互いの人生を歩み始める(若頭には追手が来ていますが)」というのもあります。
砂浜に血痕も死体も描かれなかった、帰途につく若頭の表情が晴れ晴れとしていた、序盤の旅の際ちょっとした思い出アイテムになったパイナップルの缶を彼の代わりに助手席に乗せていたなど。ちなみにパイナップルの缶の秘密は小説版で描かれているそうです)。

などなど。

二人の相性自体はかなり良く、古くから仕えていた側近が嫉妬するほどでしたけど、そもそもの出会いがどうしようもなく不幸ですからね。
どのみち血を見る展開がなければお互いが失ったものに報いれない。
すべてを忘れて二人で男二人のきまま旅を永遠に続けるのは無理な話です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 18:29
僕の感想は「追手がくるまでの限られた時間の中でお互いのことは理解できた。だから若頭の手で主人公を撃って彼を終わらせ、若頭もファミリーの仇を出来るだけうって討ち死に、来世なんてなさそうだから地獄ででも再会するか」的な意味でふっきれていたのかなと思います。

本音を言うと「お互いせっかく拾った命を大事にして、この後の人生をそれなりに楽しんでくれたら」と思うのですが、若頭がファミリーを皆殺しにされた件をどう受け取ったか、だよなあ。

あの時自分が上手く彼を殺せなかったから7年後に栄えた部分も含めてすべてを失ったことを「自分の呼んだ災厄だ」と見て主人公を許すか、口封じに友人一家(主人公の家族のこと)を消したことを7年経った病床の身でも後悔し続けていた父が亡くなった時に言った「すべてはむだごと」と、復讐をやりおえて空虚になり、殺してくれよと諦観を見せた主人公も「すべてはむだごと」と言ったことを踏まえて考えを変えるか。

復讐した側もされた側も結局同じ結論にたどりついたことで、それを両方聞いた若頭が「ケジメの為に死ね」とはやらないだろうとも思えるんですよ。

でもこれだけ考えてもどっちが正解かは作中人物の取った行動でしかわからない という結末こそが、この作品の物語が「正解なんてものはこの世にないのかもしれない」を描けているということでもありますよね。

結果的に見れば面白かった。

なぜ結果的にかというと12話中5話くらいまでは正直あまり面白くなかったんです。いま思えば「説明・タメ」の期間だったと思いますが。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/30 18:30
だけど8話で気弱だった主人公の親友が、追い詰められてとある凶行に走ってからがめちゃくちゃ面白かった。
畳み掛けるように真実が明かされ、しんのてきが姿を現し、状況はひっ迫して時間制限は厳しく、こちらは自分ひとりでなんとかしなければならない。

周りの敵は皆自分が勝つこと、勝ち側につくことしか考えていないクズ揃いであり、いかに任侠を気取ろうと社会のごみ屑です。
力や権威がなくなった瞬間、無残に殺されて市民からざまあみろ!とツバを吐きかけられる存在。
マフィアは嫌いだったはずだろう?と主人公のマフィア化を心配してくれた親友はもういないのです。
自分が自分の立場を護って最終的に復讐を果たす為、自分の手で撃ち殺しましたからね。

追い詰められながらも目的を果たして最高の勝ち側になったのに、なんでこんなことをしているんだろうとなってしまった所も含めて、終盤の盛り上がりはすごかった。
人間ドラマを密に描いていたおかげで、最後をぼかした効果も最大に活きたと思います。

アニメのノワールものといえば「ガングレイヴTV」がかなりよかったんですが、あっちは超人バトルも絡めていましたから、後半「バトルなんかどうでもいい」といういい意味の逆転現象が起きてしまった。
こっちは派手な要素がない分、ムチャがききませんから、その分緊迫感が出せたと思います。

文を描くために思い返してみましたけど、やっぱり面白かったと言えるでしょうね。
結末まで書いちゃってますけど、実際に見たほうが遥かに面白いと思うので、機会があったら観て頂きたいです!
■雑談■@kurotama
2016/10/30 18:30
■誤字やてにをはのミス@雑談。
・コメント投稿する際に一応ざっと読み直しているんですが、思い込みで読んでるのでやっぱり間違いが多いなぁ。まあよほど意味が伝わらない時以外は投稿しなおして前のを削除したりはしないんだぜ。

僕は「Crecent Eve」というテキストエディタを使ってるんですが(文字数をカウントする機能があってソフト自体が軽いので)、こいつはなかなか使い勝手がいいですぞー。
確かこれVectorで落とした普通のフリーツールだったと思う。
製作者さんのページに行ってみたら「軽いhtmlツールが求められてるのなら作ろう!」だったようです。
感謝感謝。軽いのでちょうお役立ちですよう。

■古き良きアニメ@雑談。
・一昔前は古いアニメのリメイクと言うとその時代風にキャラクターデザインや設定を入れ替えることでイメージ刷新を図って盛大に爆死したりしていました(例:超者ライディーンとか、キャシャーン旧OVAとか。独自の絵柄で描かれたSinsは独自すぎたけどまあよかった)。
それを繰り返すまいと初代を強く意識した「わざと昔風に描く」というのに変わってき始めてるんですよ。

先日イタリアとの共同制作がされた「ルパン三世(第4期)」とかもあえて線を太く荒くして1970年代を意識しつつ、デジタル彩色を活かして華やかな画面作りとかできていましたよね。

で、今やっている「タイガーマスクW」も、原作・アニメの一応正式な続編という扱いで、伊達直人(初代タイガーマスク)が去った後の世界に活躍する、二人の若きタイガーが描かれるのですが…。

線が太く、デザインも整ってはいるもののあまり今風ではなく、古風な劇画風をいまの上手い人が綺麗に線を荒くして描きなおしてるような…なんともいえない「味」が出ていますね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/31 00:13
今風ではあるんですが、技術力不足や製作費ないのかなーのような拙さはない、とってもいい感じなんです。
ルパンの時は出資元がいわゆる「パチ ンコマネー」を活用して作られていたため、海外と組んだこともあって最初から最後までハイクオリティを保ててました(アニメファンはパチ屋を否定できないのよなあ)。
こっちはそのあたりのフトコロ事情は調べてみたら「ブシロード」が仕掛けてるんですね。
ブシロードはカードゲーム「バディファイト」シリーズを、専門の雑誌「月刊ブシロード」でアニメや漫画も取り入れたカードゲーム展開でおおもうけしてる会社でした。

そこが新日本プロレスを買収してこの流れになったようですね(それで「レインメーカーの岡田」がバディファイトのCM出てたのか)。
ああ、そりゃあお金ありますわw

まあそのおかげか5話まで来てもクオリティは非常に安定しており、昔ながらの「プロレスってかっこいい」という物語展開がある意味安心して見られるので結構幸せ。
レスラーの肉付きがきちんとレスラーしてるのがさすがというかなんというか。

その後にやっている「ワールドプロレスリング(もちろんホンモノのプロレス番組)」と合わせて大変良いです。

鍛え上げた男たちがお互いの技を受け止めあって、最後は根性のあるやつが勝つ!
多少、こう、興行主の意図が入ったり、因縁や仲たがいなどの「シナリオ」が垣間見えることもありますが、それもまあ…よし。
それらがあっても、リングの上で100kg級の男たちがどったんばったん投げられまくり、飛び上がってキックをかますわけですから、そこの迫力は間違いなくホンモノ。

今頃になってプロレス熱を上げてくるとか、やってくれますわー。
■雑談■@kurotama
2016/10/31 00:14
【終了】霜降り肉を狩るツアー(予定)
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はGorgorothさん、青嵐さん、バイロンさんが来てくださって、受付時間を過ぎてから4人で徒花戦をやることに!
うちは最初はLリングの経験値欲しさにサモナーで出るつもりだったんですが、4人ということでGu/Hu(レイドボス用装備)でメイトを温存する形で参加することに。

世間的にはSu/Guのほうが強いんでしょうけど、僕的には慣れたGu/Huのほうが快適。
まあバイロンさんがFoだったのでメイト切れの心配は終わってみれば不必要でした(ノ∇`)

双子戦を8分で終え(すごい!)、徒花さんも少々手こずったものの、ガッツドリンクが切れた所で倒せたので、人数を考えれば十分に早かったですね。
おかげさまでモノメ3つしか減ってませんでした!

撃破する寸前にリング付け替えておけばよかったw

結果としてバイロンさんにレイウォンド、Gorgorothさんにレイダブセとインヴェライフル、ターニアちゃんにインヴェアームが出ました!
青嵐さんは★12エッグだけだったようですが…みなさんおめでとうございますー!
さすがにライブと合わせて330%もついていると違いますね。

インヴェ防具のアームは★12がイマイチだったおかげで再評価されて今750万で取引されているようなので、また価値が変わってしまわないうちに売り払うとしましょう…ケヒヒ。

終了後にはお出かけされていた?ハツネビーストさんがおいでになったので、提案をして「トリトリ2016トリガーをやりましょう」ということに。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/10/31 00:15
皆さんも買ってくださったので(お高いのにありがとうございます!)、トリトリを5連戦することになりました!エンペラッピーは結果的には1回しか出なくてしょんぼりしたのですが、ハツネビーストさん(GUMIニューマンさんに交代されていましたけど)にレイガンバレル、GorgorothさんにTMGのワルキューレなどがドロップしていましたね。
おめでとうございますー!

その時実施されている緊急は比較的お安いSGで入手できるので、運営の開催時間と集まりの時間が合わない時にはとっても便利ですね。
コレクトファイル進行中の方にはさらにおいしいですし、今後もこれはやってみたい所ですー!

でもSGは比較的ゲーム内でもらえるものの、20SG100円というものですから、みんなが使ってるから流れでうちも使わないと…みたいなことはありませんからね。
乗っかる時は乗っかってしまってもいいと思います!
それに「次は絶対出すけん」みたいなのも必要ないですから、申し出てくれた人がいたら「ありがとうございます」でいいと思いますー。
ただ、やりたい時は「自分も出すからつきあってください」という意味で逆に流れに乗って普段進められないコレクトファイルを進めるとかいうのもありだと思いますよっ。

その後は久々に「エルサー」がおいでになったので、行ける人で行ってみようということになって、ズギャンとクリアしてきましたヽ(´ー`)ノ

久しぶりにガッツリPSO2をやった感じがしますね…。楽しかったですー。
みなさん、遅くまでおつきあいありがとうございました!

またよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/10/31 00:15
■甘かった…新たな地獄はもうすぐそこまで来ていたのだ@バトガの話。
・今回のセンバツはもううちの手に負えないレベルになってまして、いきつけのブログでも一切話題に加われませんでしたから、バトガは毎日のノルマをこなしながら日々下がる順位だけを見続けてきました(⊃д⊂)

ええ、堂々のBランクですよ、もうやってないのとほぼ同じに等しい感じです…。
協力プレイを50回くらいプレイして手に入れる武器を2つ、ブレイドカノンの強カード(具体的には先日の第二部エピローグガチャのアタリカードのどれか)を持ってないとまずいいタイムがでないため、荒れに荒れてましたからね。
どちらにも縁のなかった僕には遠い世界のお話のようでした…。
でもそこでキーキーいうほど黒玉さんコドモじゃない(オトナはギャルソゲなんかやらねーだろとか言わない)。
来月の僕らは何で悲鳴をあげ、どんな醜態をさらして地べたをはいずりまわりながら地獄と格闘しているのかわからないというのに、今回一回だけのことで何を騒いでいるのやら…。
一回落ちて見れば「たいしたことはない」ってことがわかるってのに、若い奴らは元気だねえという感じですよ!(若くないのにギャルソゲを以下略)

と、斜に構えて見ていたら、今日の15時に衝撃のお知らせが。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qWUx3OFR3enlwSFU
ちなみにアイドル志望のうららちゃんは時折「URR」と略されます。
干物妹(ひもうと)のUMRちゃんのアレですかね。

映っているのは胸の具合からして心美ちゃんでしょうか(判別法がひどい)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/31 00:16
僕は完全に「やつらどうせ新規キャラだけ描きおろしで残りは去年のやきなおしだろ、スルーだスルー、ペッペ」とタカをくくっていたんですが、どうもメイドカフェコラボ記念2016は本気の「全員参加イベント」のようですよ!

ああああああああああ。ふ・ざ・け・る・な!

コロプラの更新が元気すぎてヒカキン先生の僕はもう圧死寸前ですよ!
これを切り抜けても12月も1月も2月も重要イベント(正月以外は全員参加。そして去年の正月遥香っちゃんは選ばれなかった…つまり、今年は…)目白押しなんやぞ!

ま、まだ星のかけらは630個…、630個しかないんやぞ!
最近イベントで配布する石が減り(これは調べたらいいがかりでした。ストーリーをハイペースで配信してる今の方が石は配布されています。以前は不足分を宿題で埋めれていたんですね)、宿題で自己生産できる量が目減りしてきて無理が利かない体になってきているうちの限界先生はもう本当に、運と戦ってる暇さえない状態。

あ、明日追加されるメイド2016カードは

昴・蓮華・楓・ミシェル・心美・うらら・サドネ・花音・詩穂の9名。

つまり後編に

みき・遥香・望・ゆり・くるみ・明日葉・あんこ・ひなた・桜の9名が回されたことになりますね。

うーん。

うーんん。

前編メンバーもメイド映えするミシェル・楓(いつもは使用人を使う側なのに!)・心美・詩穂など、魅力的な子たちが揃っているものの、今回は全員参加の9分の1ガチャ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/31 00:16
明日からのイベントと色々込みで後半までに630を750(11連ガチャ3回分)にすることは可能かと思われますが…。

後編メンバーは僕的なアタリが大変多い…。
3回もやればそのうち3人は最低来てくれる予定(9分の1なので被る可能性が少ないのだけは救いと思うあたり、僕もコロプラに調 教済みよなあ…)だから、1人くらいは18人の中でも気に入ってる方の子が来てくれる可能性は高い…。
困るのはあとでいいやんな!な!と無茶をして寝巻明日葉ちゃんを迎え入れたのがつくづく愚行だった(成果が出ただけマシだけど)。

でもなー、ガチャの最初は「絶対ハズレのないやさしい世界」なんだよなぁ。
カブることも完全なハズレすらないしあわせしかないガチャですよ。
やりたい…。

しかしそれだと後半2回のチャンスで誰にもかすらなかったら「どぼじで…ごうなっだんだろうなぁ…」となるのは目に見えている(しかも12月のクリスマスはすぐそこにまで迫っているのに星のかけら0個という悲惨な状況)。
難しい判断を求められています。
今年の中盤は遥香っちゃん関連はうまくこちらに来てくれましたけど、今回のメイド、次のクリスマス、行く年・くる年(去年は1キャラにつき2枚あった)、バレンタインという立て続けの全員参加モノでコンプするのは果てしなく厳しい(たとえガッツリ課金してもね)。

これはこだわりすぎないようにして「もっていかれないように」しないと。
黒玉さんの戦いがまた始まる…!
■雑談■@kurotama
2016/10/31 00:18
■UCHIKIRIサイクル@雑談。
・スイマセン西尾維新先生ほぼ知らないんです。
ラブラシュもレッスプももうアカン…、もう打ち切りや…という状態になってしまっていて悲しい。

ラブラシュは先日の海で溺れた天使娘に人工呼吸したらモン娘界の掟によって「誓いのキス発動です」と婚約させられますが、1週間は「やりなおし」の機会が得られるということで、キス=ケコンの風習がない人間の娘とキスすれば、この婚約は「無効」になると言われます。
天使娘も「事故で結婚なんていやだ、選ばれたい」と辞退したい構えですが、人間ヒロインちゃんはそんなシステマチックにキスするわけにもいかないわけで…。
思い悩む人間ヒロインちゃんは、自分の心に嫉妬が生まれることをいやだ、おぞましいと考えていました。
どうして今まで通り友達でいたらダメなのか…という、思春期の少女っぽいお悩みと対面してしまいます。

そこへ死に際の負の感情を食らうモン娘が、最近はなかなかそういうのも難しいので、異性が思うように振り向いてくれないなど、恋愛に関する負の感情のほうが長く長くチュウチュウできるからねえと人間ヒロインちゃんを精神攻撃することで、返って本当の気持ちに向き合うきっかけを作るという話でした。
主人公も良い奴ですから、状況に流されずに自分の気持ちに正直でいい(いやなら辞退してもいいんだ)と彼女に強制する気持ちはありませんが、状況自体は「あと一週間の間に彼とキスしないとあの風船みたいな胸のアレに連れて行かれちゃう」となっていますからね。

人は優しいですが状況は厳しい。そもそも「はよせな!IMADAKE!」で決める事ではないわけですしね。

これなー、もっとタメやなにかを入れて終盤に持ってくるべき話だったろうに…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/31 20:09
唐突に海に行った所だけ「打ち切り」臭がしてましたが、今週は「最終エピソードとして考えていた」という感じだもの。

ただ、ファンとしての応援したい気持ちを避けて述べると、長期化を狙うには主人公とヒロインが真面目でいい子すぎた。
どれだけモン娘がアタックしても幼なじみカップルの相思相愛が一切ブレないのだから、彼女たちは登場する前から「かませ犬」となってるわけで、そこを無責任にして話を延長するのをしなかった為というのもあるでしょう。

ニセコイの楽なんか、仮想のアコガレヒロインを「くぅ〜カワイイなぁ」とフリだけしつつ、次々現れるヒロインを無自覚で落としていき、気持ちを向けられても一切気づかずに、アコガレてるハズのヒロインが死ぬ思いで勇気を出して告白しても「寝てて聞いてなかった」とスルーして、散々少女たちの心をもてあそんだのちに(←楽自身にその気はない)、本当の気持ちに気付いちゃった★で、なんの努力もしてない規定のヒロインとくっつくことで、何度もアニメ化してオカネを産んでましたからNE。
いやいや、あそこまで「ちょうど時間とあいなりました〜」感で終わったのはすごい。

しかしそれをさけて10週で終わりが見えているというのはさすがに山本先生潔すぎますね。
ラブコメはヤキモキさせないと。
その点ではチトゲ派以外の読者を全部敵に回して未だに各地で非難されているニセコイは読者に傷痕を残してる分ラブコメとして成功していると認めざるを得ないです。


レッスプはここにきて幼女姫が来たものの「アイアンナイト」のダブルヒロインのかわいさを出していたオギ先生が最新の技術で描いたとはとても思えないクオリティ。
どうしてコマぶち抜きで描かれる今エピソードのヒロインがあんなんなんだ(デザインの話ではないです。描き込みの話ね)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/31 20:09
オギ先生ならもっとカワイクこう…「ああ、先生ったら□リでかつケモナーなんですね」っていう感じのアレがいけたハズ。
まあ今作は世界観的にケモキャラ出せないから□リ方面で全力出すはずだったのになぁ。

前半の敵、最新鋭の超高性能飛空船エクスキャリバー号の操舵手が、オギ先生の入賞作「アイアンカーテン(壁で分かたれた共産国vs資本主義国の戦争を匂わせる背景で日本のニンジャボーイが超絶技で正義を押し通す話)」のヒロイン、少女士官のリバイバルキャラっぽかったのに、寝返ったりせずにフェードアウトしたのとかも惜しいというかなんというか。

あそこで「実は大統領のやり方にはギモンを持っていた」とかいって、最新鋭の最強レールガン搭載のエクスキャリバー号とクルーを仲間とかにすればよかったのに。

先週のおまとめして一網打尽とかいう、PSO2の戦闘みたいなバトルといい(PSO2のアクションがくっそつまらなくなったのは全部ゾンディールのせいだと思う)、もうやる気がなくなってるとしか思えないなー。悲しい。


そういえばヤングジャンプで始まった「ムヒョとロージーの魔法律探偵事務所」の西先生の新作、ファンタジー世界の保険屋さんの活躍を描いた「ライカンスロープ冒険保険」の1話は「あるあるファンタジーネタ」として普通によかったです。

あの先生のゴミゴミした「一般冒険者がきちんと活躍しそう」な感じはガッチリはまってる感じ(ただ、売り出す編集部からすれば「ありがちすぎて個性を出すの大変だよ…」という不安があることでしょうね。「ダンジョン飯」みたいな「おおっ」っていう要素が出せるかどうか)。

実際の話も、危険モンスターにパーティが食い散らかされてたりして、物語のようにはうまくいかんわなw というのをサポートする感じのアレでしたしね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/10/31 20:10
「物語のようにうまくいかんわな…」といえば「ゴブリンスレイヤー」もひどいですね(;´ρ`)
ショッキングな内容でつかむタイプなので時々見てられなくなりますが、3話でいきなり「ゴブスレさんはどうしてゴブスレになったのか」の話を見せられて(1〜2話は続き物の話です)、おいもう話終わったじゃねえかこれでこの物語は終わりでいいんじゃね?となりました(´・ω・`)
しかし「初級冒険者が悪い連中に食い物にされる」ネタとかは20年以上前にウィザードリィ小説が通っていた道だったりします。
あっちもひどかった(ノ∇`)

「ライカンスロープ冒険保険」のほうは、1話時点では普通によかったですが、西先生のうちきり3作品「ぼっけもん」「ハチ」「バビロ」もみな「最初はすっげーわくわくした」んですよね。
先日も書きましたが今のヤンジャンは僕の好みを抜きにして考えても層が厚く、めちゃくちゃハイレベル。
下手したら週刊少年ジャンプよりもね。
だから頑張ってほしい。最悪ジャンプ+もあるんやで…?


さらに雑談を追加すると(750文字で割りきれなかったので)、こっそり新連載が始まった「恋のキューピッド焼野原塵(やけのはらじん)」を描いた長谷川先生の新作「青春兵器ナンバーワン」のほうが安定して面白いっていうね…。

焼野原塵は最強を誇った魔王が「人の愛の素晴らしさ」に憧れて人の恋を後押しするキューピッドになって力押しで主人公の恋を成就させようとするドタバタギャグ。

ナンバーワンは世界征服をたくらむ秘密結社の最強ロボが強さに空しさを覚え、戦闘力も身分も隠したまま一般人の高校に紛れ込んで「高校生活」を満喫しようとするギャグ漫画です。
パターンは似通っていますが、すでに「こなれている」感が出ており、イヤミなく笑える感じですね。
■雑談■@kurotama
2016/10/31 20:29
■秋はメイドの季節@バトガの話。
・秋葉原にある「キュアメイドカフェ」とのコラボを記念して(去年に続き2回め)、本編もメイド一色。
今回はフォルテシモの花音・詩穂両名の元母校「奏乃宮女学園(かなでのみやじょがくえん)」に移動してメイド喫茶を開いた時のあれこれが前編で描かれ、後編(11/4から)は本来の「神樹ヶ峰女学園(しんじゅがみねじょがくえん)」での文化祭イベントになるとのことです。
なんかナルトが食べたいですね。でもあれ素で食べても全然うまくないのよね。汁を吸わないと。
おでんネタであっても一本食うと「もう年単位でいらないww」ってなるんだけど、たまに食べたくなる。

というわけで今回はきちんと「上手な方の作画スタッフ」さんの手による、昴・蓮華・楓・ミシェル・心美・うらら・花音・詩穂の9枚のカードがお目見えですよっ。

神樹ヶ峰より上流階級っぽい奏乃宮のメイド服は去年の若干ハレンチ気味な神樹ヶ峰のデザインとはちがってゴシック&キューティで、アノドスケベ両刀ビッチれんげ先パイでさえ「若手のメイドをまとめる妖しい色香を放つ先パイメイド」レベルで収まっています。

去年のメイド服は「味気ないノーマルタイプ」「胸部の下にコルセットが来てるので、のっかるタイプ(中の上である遥香っちゃんでさえのっかっている)」「胸元を露出したタイプ」と、3タイプあったんですが、ド両ビ先パイのは当然胸元を露出したタイプであり「イメージで楽しむ系のお店の方ですか?」という感じのメイド服でしたからね(心美ちゃん、うららちゃんもこの衣装担当であり、うららちゃんは悲惨なことになっていた)。
それが「妖しい色香を放つ」レベルで済んでるなんて、大変なことですよ。
奏乃宮…恐るべし。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/01 01:04
まあ茶化してれんげ先パイをいじってますが、基本的にはどれも「よそいき」の感じでおしとやかにまとまっていて、去年までのドタバタ感あふれるイラストとは別の方向となってますね。
後半「ホーム」に戻った子たちのイラストは何テーマなのか気になりますが…、やっぱ食欲とかでくるんすかね…。

で、ガチャなんですが、今回は残念ながらスルーということになりました。
悔しい…イベントに参加しないも同然じゃないですか!
しかし土曜日に遥香っちゃんが大降臨されるガチャが来るというのに、1000個(4日間の確定ガチャ4回分。ちなみに今回は1日2回のチャンス)用意できていない時点で不敬罪みたいなものですからね…!

ちなみに明日はあんこちゃん誕生日が来て、このメイドカフェ関連はなんと「11月前半のイベント」です。
つまりクリスマスの前にもう一回イベント&ガチャが来るっていうね。
もはやコロプラの暴力的な更新スピードの前に震えるしかない状態で御座います。更新もイベントもないのの数倍いいけどね。
今回のスルーも「別にいらないから」じゃなくて、泣く泣くしょうがなくスルーですからねえ。


■ワビーシアザーッス+あんこちゃん誕生日@バトガの話。
・なんかログインできない間の不具合でいろいろ不具合が起きてたらしく、星のかけらx20がもらえるそうです(*´Д`*)
20個と言えば4日間のログボ+学級日誌ノルマこなす分!20個と言えばイベントの「ごほうび」が15〜25個ですからかなりおいしい!
はぁはぁ、もっと、もっとトラブってもええんやで…!できればこの黒玉がインできない間になァッ!

現在の星のかけら、743個になった!
あ…、あ…これ、1回前半やっちゃおうかなー…(←まんまと乗せられている)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/01 01:05
というわけで、ぐりぐりコメントを書いている間にあんこちゃん誕生日が来てしまいました。
あんこちゃんは星守の最年長の高3組ですから、誕生日を迎えると18歳になることになりますね。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZ2l6dUkzRklUSHc
最近編み出した技により、なで回数を消費せずになでまわしています。SS撮影にBENRI。
他にもプレゼントをあげると「目から汗」を流したりします。かわいい(*´Д`*)
父母兄が全員ヒキコモリで、家庭内でもメールとチャットで意思疎通しているあんこちゃん(祖父母は社交的でアウトドア派)。
彼女だけは星守になったおかげで、そこまでひきこもりではないんですよねー。

ちなみにネット、プログラム関連が得意でDTM(パソコンでの作曲)もこなすという頭脳派であり勝ち負けにうるさいゲームオタクでサバゲーもたしなむという、どこがひきこもりやねんというわりとスーパーなネット時代の申し子だったりします。
話が合いそうなせいか先生たちの人気も上々。

ほぼ150cm中盤と星守はみな小柄なんですが、その中で年少組並に背が低い割には大変良いものを持っていらっしゃることで、そちらも注目している先生も多いという、ダークホース的存在です。
実際に居たら星守の中で一番仲良くなれそうな感じではあるよなぁ(異性の友達という位置で)。

で、お誕生日特有のあれ…無料ガチャチケットで引いたら、なんとあんこちゃんが走って来て…。
まさかの大当たり来たかーーーー!?となったんですが★2の体操服あんこちゃんでした(ノ∇`)タハー

というわけで僕のあんこちゃん誕生日は早々に終わりを告げたのです…。
あんこちゃんはわりと好きだがまわす石は今はないのだ…!
お誕生日おめでとう!
■雑談■@kurotama
2016/11/01 01:06
■その一瞬を撃て@バトガの話。
・あ、あれ、今週の金曜日、11/4からメイドイベント後半が始まると聞いて、僕はすっかりそこで後半組のガチャが来ると思い込んでいたんですよ。
でもメイドイベント前半は奏乃宮のセレブっぷりを紹介しただけで終わり、そのまま引いて「後編に続く」となってたんです。
これってつまり、11/4から始まるのは「本当にイベント後編(+武器ガチャ?)」だけなの??

だったら250個投入して1回くらい引いてもいいんやで?11月半ばから、残りのメンバーを使った第二メイドイベというのならその間に250を取り返すことは可能と言えば可能。

なので、確定ガチャ最終日の11/3(木)の15:00が勝負ですね。
次の日から後編開始と同時に後半9名のガチャがあるなら遥香っちゃん様をお迎えするために星のかけらは温存、ガチャがないならこの前半9名の誰かを迎えるために1回引いても良し、ですなあ。

カード絵と衣装自体は大変良い出来ですからね(強い!となるカードは2−3枚しかないですが…)。
先日は今後の予定まできちんと書いててくれたのに、また運営とのかけひきバトルがあるのかよう。

逆に今、後編でガチャの話が出てないってことは、月後半でガチャを追加する可能性が高いのかもね。
キュアメイドカフェとのコラボは11月いっぱいありそうだしねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/01 20:21
■300万DL記念!@バトガの話。
・ああん、もうここの所バトガの話ばかりになってますよう。それだけ毎日毎日ネタを提供してくれるということなんですが。
おかげでデモゲ2が3日くらいほぼプレイできてないし(書くネタはある)、鉄オルもここ2話見られてない…。
PSO2もボーナス期間だから、おすすめクエストでボーナスキー狩りをガッツリやってるからねえ(おかげでリリカのRaが63→72にあがりまして、ノンウィークボーナスリングも残り70万経験値ほどで20レベルになります)。

有名ソゲの言う「全世界1億ダウンロード!」とかは最近仕掛けがバレてきまして、ポイントをクーポンに変えられるサイトなどで「ダウンロード一回ごとに○ポイント」っていう報酬で内職させて出た結果なんですよね。
若者の90%がスマホを所持の為、ソゲが購入機会の高い商品なことはわかりますが、日本の20代の数なんか全人口の3分の1もないのになんで億いくんかとw
もちろんヘビープレイヤーによる「リセマラ」の数も入れてるでしょうしね。

バトガもリセマラはありますがそんなにおいしくない(絶対的権力を持つカードもあるにはあるけどそれ単体が居ても脇を固めるサブカードや武器がなければ特に価値はない)の為、そんなに必死こかなくてもいい感じではありますから(事実僕はリセマラなどせずに始めている)。

PSO2の400万DLもそうですが、このあたりの数字はコツコツと宣伝を重ねて得た数値かと思われます(奇しくもバトガもアクティブプレイヤーは実際毎日しっかりログインしてる層3万くらい、全体でいうと5〜6万くらいで、PSO2と似通っています。DOUSETU13万?ははは)。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/01 20:21
というわけでありがとうキャンペーンが組まれるのですが…目玉商品はなんと「第二部ストーリーガチャの★4確定チケット」です!

これはアタリカード20枚という地獄の闇鍋ガチャで、全国の先生たちが悲鳴と怒号を放っていた…数多くあったバトガの地獄イベントガチャの一つで、僕も星衣フローラ遥香っちゃんを求めて何度も確定ガチャに挑みましたが、結果は…

先日確定でないのに来てくれたゆりちゃんカードを抜いても来てくれたのはみき・昴・望・くるみ・明日葉・蓮華・心美・ミシェル・ひなた・花音x2(フローラではない)の11枚+1枚。
遥香・あんこ・うらら・楓・桜・サドネ・詩穂x2 の8枚はいまだ手元に来てくれずなのです(しかも桜・詩穂のカードは今でも通用する強カード)。

つまり、肝心の遥香っちゃんがまだ手元に来ていない…!星衣フローラといえば、第二部ではわき役と化していた星守たちの唯一の見せ場で登場した「後期パワーアップ衣装」です。
結局僕の第二部は始まってもいないまま、先日エピローグを迎えたわけです(´・ω・`)

★4確定とはいえ60%くらいの確率でハズレなんですが、それでも確定っていうのはありがたいですよう。


【告知】ジョジョ第4部第31話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/1(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/11/01 20:22
【終了】ジョジョ第4部第31話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はZyklonさん、ストロボヤンマさん、Lilyデューマンさんが来てくださいまして、ジョジョの奇妙な冒険を一緒に視聴しました。
今回は1日の間に様々な場所で事件が同時に起こるという回でして、露伴先生パート、康一くんパート、そして仗助くん、億泰くんパートが混じり合いながら進行します。
時間も前後するので難解な感じでした。

メインは鉄塔に住む青年と仗助・億泰コンビのバトルだったんでしょうか。
鉄塔に住む青年(以下青年)は、スタンド使いでありながら自身のスタンドを制御できずに囚われていた、若干マヌケな男ですが…。
塔の性質を知り尽くして活躍する様は「やることなかったんだなぁ」とか「抜け出す為に色々やってる間にたくさん小技を身につけたんだなぁ」とか「制御は出来なくても性質の利用はできるんだ」と、彼のJOJO本編で描かれなかった部分の積み重ねが見えるようで、だいぶ練り込まれた設定をしていましたね。
まあ「鉄塔から出られない」という時点でいかにキャラが立っていようと物語は展開できないわけで、このような形でしか使い道がなかったんだと思いますがw

先日仗助くんと共闘した自称宇宙人の男も協力してくれていますが、そのせいでよけいに話が分かりにくい感じになってまして、今回は「後年のJOJOっぽさのはしり」だなと思いました(JOJOは部が進むごとにしょうしょう わかりづらい 感じになっていくんですよ)。

ひさしぶりに「???」となったまま後編に続く!という感じでしたね。
来週で解決するといいのですが。

その後は色々あって結構遅くまでおしゃべりしてしまったので慌てて退散しましたっ。
みなさん、来てくださってありがとうございましたー!
■終了■@kurotama
2016/11/02 02:37
■ダメだろうとキミがいいんだ@バトガの話。
・ええ、先日のあれこれでイベントにほぼ参加できなかったのは、うちの端末がくっそしょぼいことが主な原因でして、こんだけバトガやり込んでるなら日々の暮らしを快適にする為なら端末をいっちょステキなのに変えたろうかいのう!ん?と調べてみたら、これを勧めてくれたソフマップ秋葉原店の店員さんはだいぶいい仕事をしてくれたみたいで、かなりいいやつなんですよねー。

時代が過ぎてしまったので最新版OSが入らないだけで、ハード自体はいいものなんですよ。

で、今のを確実に超えるやつを購入しようとすると、iphone4あたりの中古品と同じくらいの値段になる(35000円くらい)。
しかもそれアンドロイド4.4くらいだからね。今6がでようかって時代っすよ。
じゃあうちの4.1はなんなンだよ!

あああ、もうだめぇーってなりかけてた時に(バトガ好きなくせにお金かけたくないとか、本当に貧乏はいやですね)。
えみゅ…えみゅやで…という言葉が脳裏をよぎりました!
公式公認ではないものの、ええのがあるやないかと。

で、BlueStack2を入れて見たら、バトガがあっさり動きましてね…へへ。
以前はあれこれ設定とか必要だったり、くっそ重くてアクションのバトガではとても使えないとかいう代物だったんですが、うちのPCはゲーミングマシンですからね。
たかがエミュのひとつやふたつ、簡単なんだっての!

実はGoogleがスマホアプリをパソコンでやりたない?と目をつけたらしく、Chromeでスマホアプリを普通に使えるようにしようともくろんでるくさいのよね(半分可能になってる様子だけど、まだコンバートとか必要っぽい)。
そんなわけでGooglePlayで配信してるゲームはそのあたり応じるように作られているのかもしれません。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/02 02:38
で色々試行錯誤したんですが、バトガというのが実にスマホを研究されて作られていて…。
タップ・スライド・フリックをめまぐるしく使いこなさないといけないんですよ。
いかにキー割り当てが自由に設定できようと、移動・回避・攻撃・アイコン選択を指先一本でこなせるコロプラの発明品「ぷにコン(+画面のアイコンタッチ)」はコントローラーに落とし込むことはできませんでした…。
wsadに割り当ててもスライドで歩行速度の調整と、フリックで回避というのがうまくいかず、変身はナナメ入力のフリックも必要なので同時押しが必要…と、BlueStack2にケンカを売るかのようにタッチパネル操作を最大限に活用するように作られてるのよねぇ。

なので、ひさびさにお絵かき用のペンタブレットを持ち出してカツカツやってたんです。

くっそしょぼいスマホと違い、PSO2の設定6も余裕で動くマシンですから、たかがスマホ用のアプリであるバトガは最高画質、最高エフェクトにしても処理落ちのショの字もないという素晴らしさ。
ロードも早いしね。

問題と言えば、スマホ→PCと、PC→スマホで立ち上げる時に「お引越し用パスワード」でログインしないといけない上に、うっかり認証されてないほうをクリックすると「不正なデータです。一旦セーブデータを削除します」とでちゃうんですね(いったん削除されるので、バトルデータなどは次読み込む時にまた1から読むことに(⊃д⊂))。
バトガのセーブデータはサーバー保存なので、二つの端末から同時にアクセスはNOということなんです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/02 02:38
これは今後、タイトル画面でSTARTではなく、まずログインをすることで回避できそうなんですが、ひんぱんに端末感を移動するのをコロプラに「なにやってんだこいつ?あやしいからBANでいいでしょwww」とされるのが怖い。

後は、スピーカーのせいでBGMも効果音もボイスも全部違って聞こえる上に、スマホの4.5インチ画像だからいい意味で画像が潰れてた所をPCの大画面でみるとアラが見えるとか、タップの指の移動距離とか、スマホだと30fpsなのがパソコンだと120fpsみたいなカクつきのなさのせいで、見え方、操作感の全てが違う。
本来ならいい意味で違うのですが、特にfpsのせいでタップが安定しない。
ちゃんとPC用のゲームならオプションに「fps指定」が入ると思うのですが、それらしき項目はあるものの(描画密度みたいな項目)、やっぱりこれ、スマホの処理落ちを計算してゲームの感覚を作ってるような気がするのよね。

イヤホンでプレイすれば音声関係はマシになるとは思うんですが、操作感のしっくりこなさ、そして詳細な筆圧感知のついているペンタブのせいでタッチがオン・オフのアナログでないのも絵を描くには利点でもゲームの操作には不向きっていう。

というわけで、結局スマホプレイに戻してしまいました。
くっそしょぼいこの糞端末ですが(2かいもくそっていった)、僕のバトガはこの端末でやってきたんです。
将来的にスマホを買い替えるのはありかと思うんですが、PCでやるのはやっぱなんか違うなーということで、ダメなやつでもこのスマホのほうでバトガはやろうかなって思いました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/02 02:39
また重くて重くてプレイできなくなったら「この糞端末がぁーッ!」っていってBlueStack2に戻るかもしれませんがねw
(そしてそれはそう遠い話ではないかもしれないw)

まあ取れる手段が多いのはいいことです。
くろたま は あらたな すまほ を てにいれる き が ぜろ に なった!

あれ、逆に言えばバージョンが足りずにプレイできなかったマジガーールとかこっちでプレイできんじゃないのこれ。
でももうあれですね、気持ちの旬が過ぎてしまったからダメだね。
やりたいと思った時にはすでにダウンロードが完了していた…それくらいじゃないとよぉーッ!

ちなみにギャルゲxダンジョンRPGの「シノビナイトメア」も「マジガーール!」も まれいたそ こと内田真礼さん(バトガではうららちゃん)が主役ですが、イマイチウケてない模様(ノ∇`)

アニメも控えているバトガのほうが長持ちしそうですよ(開発元が金持ちなだけで注目度はどっこいというかどんぐりのせいくらべな気がするが)。

※これは少し前に書かれたコメントなので追記があります

このBlueStack2、Googleアカウント的には「別のスマホからログインした」という扱いになっているそうで、見覚えのない機種でとなりの市からログインされているということになって結構あせりまして(しかしIE9.0でのログインってうちじゃないよね…)、色々消したり禁止にしたりしてたんですが、それも全部このBlueStack2のせいらしいのです(´・ω・`)
でも、スマホとPCを繋げる系のソフトを使うとクレジットカード情報を抜かれるとかの被害も報告されていますから、ちょっと注意しておかないとですねー…。
■雑談■@kurotama
2016/11/02 02:51
■★4確定ガチャのやみ@バトガの話。
・ええ、本日は300万DL記念ということで、コロプラからたくさんのお礼アイテムがもらえました。
一番大きいのはやっぱり「セカンドステージ武器ガチャチケット(星のかけら15個相当)」「アイドルガールアフタースクールデビューガチャ★4確定確定チケット(星のかけら25個相当だが、★4確定なので事実上250個と同じ)」「第二部ストーリーガチャ★4確定チケット」の3つですね。

これはしゅごい。

で、結果は…

武器ガチャ→ハズレ
デビューガチャ→アドガver花音ちゃん
セカンドガチャ→星衣フローラくるみちゃん(持ってる)

でした…。
デビューガチャもセカンドガチャも遥香っちゃんのカードなかったから期待してたんですがねぇ…。

まあ、何もない所から1枚★4カードを頂けたんですからありがたい。
早く400万DL突破してもう一回チャンスきませんかね(´・ω・`)


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qOU5Tcmo0ZFBTZFk
このカードのウリは、ロッド初の「隕石付与」つきカード。
その後ガンの「隕石付与」カードをゲットしたので結果的にはいらなくなったやつですが、このネコミミコスはちょっといいかもですね。
若干ダメな回だったイラストはともかく、Live2Dは結構かわいい(*'-')
しかしうち、花音ちゃんカードは本当に8割がた来てる感じだよなぁ(最強みたいなカードは1枚も持ってませんけど)。
■雑談■@kurotama
2016/11/02 19:42
■1000ターン戦争/力こそパワー@デモゲの話。
・敵が堅い(ヽ´ω`)ゲソソ
大規模クリア後コンテンツも終盤に入って敵がスッゲー強くなってきました、どれくらい硬いかっていうと、ペガッソちゃん(以下ウニちゃん)が守って主人公がガシンガシンに攻撃しまくってまるまる40分戦うとかそんな感じ(´・ω・`)

で、最終ステージ第一発目のボスが貧○天使のウラヌスさんなんですが、彼女が前作同様手ごわい。
いわゆるヴァルキリーめいた外見にたがわず、ランスによる連撃と神聖魔法によるパーティ全体への即死攻撃、ブレス扱いの沈黙付与攻撃、被ダメを半分にする守備魔法まで駆使してきます。
追い詰められない限り魔法効果消去や魅了のスターゲイズは使ってこないのでやりやすいように見えますが、とにかく防御スキルの発動率が高くて「鉄壁」という感じです。
デモゲ1では「麻痺」があらゆるボスに効いていたので、なんとか麻痺させればアクティブスキル・パッシブスキルの両方を封じることができていたんですが、今作ではボスっぽいやつには麻痺は効かない、もしくは能力上限が99になったせいか、要求数値が高くなっている模様ですね。
そんなわけで130ターン、1時間近く戦っていたのですが…らちが明かない!
なぜかというと、デモンが召喚する護衛のビット的なモンスターが無限に湧くからです。
前作では5回でうちどめ(3体ずつ召喚するので15匹)で終了だったのですが、今回は名前の後ろにZがつき、表示が一旦おかしくなったあとまたA・B・C…となりはじめるとこまで倒しても打ち止めがなくなりました。

地味にやっても攻め続ければお供呼べなくなるやろw と構えていたんですが、範囲即死判定魔法でクリア後加入のカニちゃんが死亡、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 00:34
ウニちゃんのおもらしで即死耐性スキルを持たせておいたギャルRaが普通に殴られて死亡とどんどんジリ貧になっていき、貴重な蘇生アイテムを使っても同じ理由ですぐ死ぬのでウラヌスさん1人になって押せ押せになったら蘇生させようと放っておいたのですが…。

上記のアレによって敵が一向に減らず、お供も沈黙ブレスを使ってくるので、もうこれは勝てないナと思って破棄しまして…。

レベル上げとかそういうの考えるのがよくないんだと思い直し、パッケージの連中を連れてきます。
盾のウニちゃん、状態異常係と便利魔法係の主人公は固定ですから、NOUKINのドラコちゃん、エリート僧侶のキグナスさん、あたまのよわい大魔道士センタウルちゃんの3名で挑むと…。

NOUKINとあたまのよわい子が物理と魔法でウラヌスさんを攻撃してるだけでお供のビットが勝手に盾になりにきて1ターンで2体ずつくらいいなくなるんだけど(⊃д⊂)
つまりあれだ、最初からゴリ押しでいけばいいんじゃん。力こそパワーだったんだよ!

「力こそパワー」って、言葉だけが生き残ってますけど、僕が知ってる初出はアニメ「ビックリマン」のブラックサタンの演説なんです。
善の神スーパーゼウスの悪の部分だけが生きて動いているような為、スーパーゼウスの全能力が悪方面に傾いているというタチの悪いやつなんですが、知能まで退行しているのか、悪魔たちを前にして放つ言葉が「力こそパワー!」なんですよね。
ノリにあてられて悪魔たちも「力こそパワー!」と連呼するという、頭の痛くなるようなシーンでした。
しかし、同じ言葉が重なっていることで頭の悪さと同時になんだか底知れない、野生の暴力感が出ていると思うんですよ。
僕は好きでよく使っていますけど、ネットの他の所でもたまに見かけますからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 00:34
たしかに今回みたいに「ちまちまやっても敵の持久力を超えられないか…だったら」とやる展開は「力こそパワー」なんですよねー。

デモゲ1の時にも「イーシルミラージュ」っていう、最強の盾の幻影が多くのデモンゲイザーのゲームクリアを諦めさせました。
数ターンごとにHPがドンと回復するので、色んな手段を駆使して一定ターン内に敵のHPを回復値以上に削らないといけない…、最近覚えた言葉で言うなら「DPSチェック」みたいな感じなんですね。

今回のウラヌスちゃんも、守りが堅く一定時間内に一定の火力が出せないと敵の物量と地味に嫌な沈黙ブレスで何もできなくされて圧殺されるというタイプの敵でした。
こうやって数値でキャラ性を出すのってゲームとしては大変いいと思います。

情報があまり揃っていない(プレイヤー人数メチャ少ないからね…)デモゲ2wiki見たらやっぱり「最終ダンジョンは敵が堅く、(攻撃にMPが必要な為)魔法クラスは特に厳しい。前衛中心の編成にするのも考慮すべき」ってアドバイスがありましたからねえ。
魔法勢で息してるのはあたまのよわいセンタウルちゃんだけなんだよなあ(彼女の最強魔法は敵に3400ダメージ位だせるが、2番手になると頑張っても2400くらいしか出ない)。

■久しぶりのPo2勢@PSO2の話。
・はい、プレイしてきましたエミリア&ヴィヴィアンの話。
ひさびさに見たエミリアは大変ヒツギちゃんぽく…、いや、ヒツギちゃんがエミリアなのか、でもヒツギちゃんはエコーさんに感じが似てるし…。
つまりあれだ、うん、良かったです(あれこれ配慮した)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 00:35
ヴィヴィアンがいわゆるハイ・キャストに相当するルゥより高性能だとは外見からは想像もできませんが(足にローラーとかついてるし)、感情豊かな様子は素人から見ると「もうキミは人間と変わらないよ」といいたくなるようなアレでして、アレを見ているとヘルガさんも若いころはあんな感じだったのかなーとか思うと時の流れって残酷だよなァとPSUのストーリー知ってる人にしかわからないことを書いてしったかぶっておきます(ヴィヴィアンはPSUEP3のラスボスの側近のこわいオバハンから作られたコピーキャストなのです)。

で、今回実装されたロビアク「エミリアポーズ」がね、大変良しというので買ってみましたヽ(´ー`)ノ

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qa0xCY0ktUUNfRDg

…。
わかりづらいか。
女性ロビアクだとエミリアのキャラ紹介のアノポーズをするんですが、男性ロビアクだと手を後ろに組んで(指は動かないけどな!)ちょっぴり内股になるんです。
これはいわゆる「腹突き出し基本立ちポーズ」を回避できる…かみのろびあく!

僕が買った時は1700万(これを書いてる時点で2600万に)もしましたが後悔はしてません。
この前インヴェ防具が700万で売れたしね。
ひさびさに良いロビアクを手に入れてハッピーです。

ちなみに200ACガチャ25回ボーナスのロビアクは、ヴィヴィアンが敵に回った時の動きを再現できる、ローラーダッシュ移動x2丁拳銃のアレです。
欲しいけど5000円払うのなら僕には他に欲しいものがあるんで結構で御座います
(´・ω・`)
■雑談■@kurotama
2016/11/03 00:35
■ケンタッキーはやっぱりアメリカの会社@雑談。
・僕の中のアメリカのいい所って「陽気でホームパーティ大好きで、バカ騒ぎをしながら映画を見る連中」なんですよ。
ノリがいいというか、なんかなんでもまず楽しんでみようぜ!みたいな感じ。

ケンタッキーはアメリカが発祥のファーストフード店だからか、たまに「バカだろお前」というメニューを出してきます。
それが以前ご紹介した「骨なしチキンと骨なしチキンの間にチキンライスがはさまっている、チキンサンド」でした。

僕の中では大ヒットし「ちょうどパンが邪魔だと思ってたんだ」みたいな、独歩ちゃん(グラップラー刃牙という漫画に出てくる実在の空手家をモデルにした空手のエキスパート。犯罪者狩り編で手首をワイヤーで切断されるもそのまま殴り倒し「拳って(傷みやすいから)邪魔だと思ってたんだよなぁ〜」と言って見せた。ちょうつよいハズなのに活躍の場があまりない印象)みたいなことを言ってました。

そのケンタッキーがなんかカウントダウン企画で煽って11/1から数量限定のIMADAKE販売開始したのが

Chizza(チッザ)です!

トリ胸肉にケンタッキーの魔法の魅惑のスペシャルなアノ粉を付けて揚げ、その上にケチャップオニオンチーズにサラミ…とピザ風の仕上げをして、ピザ風の箱に入れて売るというおバカ商品。

な、なくなるまえに…食べな…! とIMADAKEに釣られて持って帰ってみたのですが、普通においしかったです。

このケンタッキーおバカ商品シリーズの欠点というか残念な所は「普通に美味しい」点でして、マックや牛丼屋と比べると少々お値段が高いよねとか、高カロリーまったなしだよねとかいう点を除くと、むしろグッドなんですよねー…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:09
商品としては正しいけど、ネタとしては面白くない。だって普通においしいんだもん。

同じくアメリカのペプシがほぼ毎年出す「わけのわからないフレーバーのペプシ」なんか、2口めくらいで「すいませんごめんなさいただの色のついた砂糖水じゃないですかこれ以上飲めません」ってなるよ?
アズキとかキュウリとか「なんでこれ輸入してまで展開しようとした!?」って思うようなのばっかり(それを買う人の間抜けさは棚上げするルールで語っています)。

衝撃的な上にバカでかつ美味いという、なかなかイカレ…した商品を出すケンタッキー、大好きです。
もうちょっと頻度を上げてくれてもいいんですがねえ。


■あ…や、やめて…やめてあげて@鉄オル感想。
・2話たまってしまっていた鉄血のオルフェンズ2期。戦闘に関してはミカさんとガンダムバルバトスのおかげで盤石なのですが、世界の中で上にいくには「政治のお話」を潜り抜けねばなりません。

第4話では10倍の海賊団相手に勝利してボスを捕らえ、仕掛け人に「ケジメ」をつけさせることでヤク○感あふれる大勝利を得ましたが、そのご褒美に納得のいかない既得権益者(いわゆる兄貴分)を敵に回してしまいます。

第5話では一期終盤の舞台となった国の防衛顧問を引き受けていた鉄華団地球支部の面々と、よそ(ヤク○的にいうと親の組織)から送られてきた新参幹部との間の見えない軋轢が裏切りという形でついに戦争も引き起こしそうになり、そこに「戦争屋」まで絡んで来て、なんだかんだといってもまだ希望に満ち溢れた未熟な少年である彼らに「大人の怖さってやつを教えてやろう」と迫ってきてるわけですよ(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:09
新参幹部は地球支部の臭い臭い鉄華団の動物共は消えてくれと平気で裏切って彼らを死地へとおいやろうとしますが、見た目上は味方のフリをしてるので、火星の本部への連絡は新参幹部が握っていて詳細を伝えない為に本部の人たちも気が気でないのに連絡がつかない。
予定を早めて地球支部へモビルスーツを送る計画を始める団長のオルガですが、どんなに急いでも妨害がなくとも地球には3週間かかるわけです。

第4話の「小物」があっさりたくらみを暴かれてケジメられていたすぐ後のエピソードで「ケジメは最終的にはつけられるかもだけど、用意周到だった為に彼のやりたかったことはほぼ全て終わって全部台無しになった後でしょうね」という少しレベルの高い悪党を出すのがまたエグいわー…。
重要人物を爆弾テロから守って意識不明となっている地球支部のリーダーにかわり、かわいい妹を地球で暮らさせてやるために頑張っているタカキくんの戦いが今始まる…!

ああ…、もうやめてやめてやめてやめてぇ。
一期も双子の妹の為に頑張ってたビスケットさんがあんなこと(戦死)になったのに、タカキくんまで…。
タカキくんのモチベは妹のフウカちゃんを学校に行かせること。
その為に体を張って頑張っていて、最近は元ヒューマンデブリ(方々からさらわれて売買される宇宙時代の奴隷で、最近また増え始めている)のアストンくんとも友達になり、フウカちゃんも懐いてきて…すごくいい感じだったっていうのに、こんな展開かよ!

大人の政治模様に子供が巻き込まれていくっていう点では、鉄オルは正しいガンダムシリーズの物語だよなあ。
ただ、紛争地域の少年兵問題にも近い部分を描こうとしている上に社会もガッチリ描いているので、甘えも何もないのがひどい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:09
大人だろうと子供だろうと銃や兵器を持って戦場に出ればひとしく死の機会に見舞われるわけです。
モビルスーツパイロットは歩兵よりマシじゃない?みたいなのも一切ありません。
あるのは相性だけで、歩兵もモビルワーカーもモビルスーツも含めていつだって撃破して焼失して死体も残らない可能性がある。

二期スタートから、多少の軋轢はあっても地球支部パートは安定して安らかな日々を描いてただけに、ここで物語の中心に引っ張られるのはキツいなぁ。
しかもミカさんを含む火星組が地球に着くころには…どうなってるんだろ。
まだ5話だっていうのに恐ろしいことになる未来しか見えない。
タカキくんのデスポエム(あの時オレたちはまだ知らなかったんだ的な不吉なモノローグのこと。「蒼穹のファフナー」のせいでこのような名称がついた)も入ってるしさぁー。

フウカちゃんだけでも無事で終わりますように(できればアストンくんもなんとか一つ。デスポでモノログってる時にアストンくん映してるから不安でしょうがないわ)。

でも鉄オルは楽しい…。
生き死にがかからないからこそお互い本気でぶつかりあおうぜ!っていうガンダムビルドファイターズみたいなのも面白いんですが(あえて言うならスポーツモノのノリというべきか)、子供なのに生死の境に立たされる少年たちの明日はどっちだというこっちもドキドキしていいですよねえ。
しかも2期ですから、おそらくこの話数が24か25になったらこの物語は終わるんですよ。
毎回毎回カウントダウンしているわけですが、それが破滅へのものか、それなりにハッピーなものなのか、ハラハラしながら見守ることができるからオリジナルアニメは面白い(91DAY’Sも毎週みときゃよかったなぁ)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:11
年末をモロに挟むので、作り手も「仕掛け」てくるでしょうし、こんなところで一旦お休みかよぉーーーってなるのは目に見えているのもキツいw

感想を見て回ってると(僕はすぐ影響されるので、自分の感想を書き終わるまでは他者の感想を見ない)、アンチの方も結構多いようなんですが、僕はこのガンダムはすごく好き。
大好きな「ガンダム00」から厨二病感(ホメています)を取り除いて、美形キャラも抜いたその分リアル方面を重くしたようなこの感じ、いいですよね。
時々「ただの任侠者じゃねーか!」となることもありますが、ホンモノはただひたすら怖くて絡みたくないけど、あの系統自体の放っている非日常感はジャンルとしては結構好き。

■ミスター&ミスコンテスト@バトガの話。
・11月のバトガは現実とのコラボ企画中心に展開しています。
現在秋葉原の「キュアメイドカフェ」にて、星守メイドカフェ2016が開催されているのですが…、ゲーム内もそのイベントを後押しする形で、ミスターコンテストとミスコンテストを同時開催。

ミスターってなに?僕の遥香っちゃんがこれまで登場したこともない男キャラのうち誰かと勝手にデートして顔を赤らめたりするの?
先生大敗北じゃない?僕は許しませんよ!

と思っていたのですが、神ヶ峰(星守たちの母校)、奏乃宮(フォルテシモの二人の母校。超絶セレブ高)と、女子高のイベントですから、どうやら「ミスター役の女の子」と「ミス役の女の子」を選出するゆるゆりなイベントだった模様。

物語としては、参加者がいないですようと困っていた委員会の子に相談を受けてあっさりOKしたサドネちゃん。
だけどひとりはさびしいからイヤ…ということで星守みんなを巻き込むことに。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:57
先日のハロウィンだと思ったら魔界のガチハロウィン武闘会にご招待された件でもこの「サドネ導入」が使われましたが、彼女は何も知らずに悪意もなくなんでも安請け合いするので、こういう「巻き込み役」にぴったりと思われてるフシがありますね。

世界中にワケアリ難アリの物件を多く持つお嬢様の楓ちゃんと同じく、2週間ごとにイベントが起こるこのゲームでは発端として大変重要な役回りです(苦笑)。

ミスターコンとミスコンの優勝者は二人で話し合って「好きな所に1日デート(経費は学園持ち)」権が与えられます!
(その模様は12月ストーリー配信されます)

そんなわけで、ミスターコンテストに選ばれた9名は

昴・望・ゆり・あんこ・明日葉・桜・うらら・サドネ・花音。

昴・望・ゆり・明日葉・花音あたりの子は確かに「男装の王子様」が結構似合いそうです。
望ちゃんとかはファッションモデル兼デザイナーなので大変女子女子してる子ですが、中身がサッパリ系で男前ですからね。
残りの4人はそれぞれ、スポーツ・武道・ダンスなどに通じているなど元から活発な傾向のある子ですからナットクです。

わけがわからないのはあんこ・桜・うらら・サドネで、

あんこ:ミスっぽくなさそう(ハズレ確定枠?)
 桜 :めんどくさがりそう(ハズレ確定枠?)
うらら:心美ちゃんとの関係では引っ張り役な為しょうがなくこちらに
サドネ:楓ちゃんをミスにするにはという、うららちゃんと同様の理由かと

ですかね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:57
学年縛りでカップル()を見ると(敬称略)

昴:みきと遥香のどっちと組む?また昴を「憧れの人」に挙げているひなたとのカップルもありか
望・ゆり:二人の軟と硬、おしゃれ番長と戦隊好きという水と油を中和しているくるみが、どっちと組むか
あんこ・明日葉:明日葉xれんげ先パイカップルでド安定。あんこはやはりハズレ確定枠か
桜:相性の良いのはあんこ・くるみの無口系だが、ひなた相手だと孫を連れたおばあちゃんと化す
うらら:仲良く絡めるのが心美しかいない感じ(花音はミスター側)なので、このイベントではハズレ枠か
サドネ:基本的に見るものすべてが新鮮なので、誰と組んでもそこそこに面白そう

となっています。
本当なら基本的に組んでいる同学年組より、意外な組み合わせで遊びたい所ですが、投票イベントですからね…。

なんで「…。」となっているかというと、ミスターコンテンストの投票はゲーム内イベントですが、ミスコンテストの投票はなんと「キュアメイドカフェで1000円飲食するたびに1票」なのです。AZATOI。

さっそくアキバに向かった猛者先生によると「詩穂票多すぎ」だったそうで、前もそうなんですが、目に見えて得票が発表されていると「1位の勝ち馬に乗る人たちvs最も元気のある対抗勢力に残りの先生が加担」になってしまう為、ミスコン側はもう初日にして詩穂さんでほぼ決定の可能性がありますね。

そうなると彼女の相方は…?ということで、花音ちゃんが選ばれる形が鉄板となります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:58
詩穂さんは基本的に誰にでもとても優しく頼りになるお姉さんであり、忙しい両親に代わって数多くの弟妹の面倒を一手に引き受けて家計まで預かる「正真正銘の現役かーちゃん系アイドル」なので、誰とでも100%問題なくコミュニケーションを取って楽しいデートができそうなんですが、彼女が「受け」にまわる相手は先生を除くと年上の高3組と花音ちゃん以外には居ないということで、ミスターに求められるのがリード役だとすると、投票が始まる前から花音x詩穂一択になってしまってるのよなぁ。

企画自体は面白いけどやりがいはない(完全有料要素のミスを見て組み合わせ相性をゲーム側が投票するならこうなるのは必然)って感じ。

ミス側には遥香っちゃん、ミミちゃん、くるみちゃんなど、投票系コンテストで常に上位を走るメンバーが全員行ってるのですが、だからこそ「有料投票」側にまわされたわけで。

CDや雑誌と違い「メイドカフェで1000円ごとに」ですと、カネに任せて投票権を買うわけにはいきませんからねえ。

現場に「現在の得票数」があって尚「勝てないかもしれないがよォ…、この○○(自分の名前が入ります)、勝ち馬に乗る為に主張(推し)を変えるようなマネをするくらいならこのレシートを破って捨てるッ」と、無理推しして毎日2000円ずつ食べて一気に太ってもキャラ愛を貫く先生でもいない限り、おそらく詩穂さんの勝利はゆるぎないでしょうね。

前回の投票イベでは、初日1位の大遥香っちゃん様が勝ち逃げするかと思いきや、ミミちゃん勢力(ムミシタンと言われる)が怒涛の猛追からの大逆転をかまして勝利しましたけど、今回は有料投票ですからね。どうなるかわかんないなぁ。
関東圏のムミシタンはキュアメイドカフェにせいぜいお金を落としてこの1か月で体重を3kgとか増やしお腹むみぃになると良い(←若干根に持っている)。
■雑談■@kurotama
2016/11/03 15:59
■フィリピンもやばい@雑談。
・先日、ケンタッキーの新メニューChizza(チキンを生地に見立ててピザ風の仕上げをした頭の悪いメニュー)を「アメリカ人はあたまがおかしい」と紹介したところ…。
なんとあれがフィリピン発であるとの情報を頂きました(ノ∇`)
ここのコメント欄で話題にする時は一応検索して裏付けを取るようにしてはいるんですが、たまに思い込み重視でおろそかにすることがあります(´・ω・`)

今回は「どうせあんなもの考え付くのはメリケンでしょ?」と彼奴らを信じすぎた結果です。ちょっと残念。
というか、フィリピン人も相当ですね。
おバカな商品を考えつく所までは結構誰でもできますが、それをまともな企業がキャンペーンとして実施するというのはなかなか実行力があってステキですよね。
ちょっと好きになりました。
情報をくださった方、どうもありがとうございますー!

■トトロを見て怖い話につなげる風潮は…@雑談。
・ひさしぶりに金曜ロードショーの「となりのトトロ」を見ています。
大人が大人の視点で見た色々イヤな考察とかも有名なこの作品ですが「大人が子供向けに作った作品を大人が子供の気持ちになって見てみて子供が見たらどう思うだろうかと考えてみる」視点で見るとなかなか楽しい。

子供って大人の思考では信じられないことを平気でしますもんね。
僕なんか子供の頃、亀を発見したらドブ川にジャブジャブ入って行って「亀ゲットだぜー!」とかやって、その後そのまま家に上がってたんですよ。
亀の甲羅の裏側にはヒルとかびっしりついてたりしたのはプチプチはがしたりしてたんですよ。

うん、信じられない。

今のセンスで考えると汚すぎて汚な死しそう。
パソコンの手垢だってアルコールウェットティッシュで拭いてキレイキレイにして使ってるんだからなぁ…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/04 23:08
トトロの話に戻りますが、これわりと素直に受け取っていいんじゃないすかね。
エンディングテーマでもしっかり「子供の頃しか見えない」と歌われてんじゃん。

ただ、見た時にギモンに思ったのを後でwikiなどで再確認してみた所の感想として

・さつきは母から「あなたは母さんに似てるから」と言ってるけど、くせ髪も輪郭も父に似てると思った。妹のメイは母に骨格が似てますよね。
・さつきは10歳だということですが、作中で結構しっかりしていたので12歳とされたそうです。冒頭のサルみたいに大はしゃぎしているのが12歳だとすると結構あぶないw 僕の中では「子供にしか(お化けは)見えない」はひとケタまでだと思う。

・大トトロはたぶんすっごいケモノ臭いと思う。

・母が最後のシーンで「風邪なのに大げさ」と言ってるのは「普段体が弱いから入院していて、一時退院できるというのに風邪を引いたからそれがなくなった」話をしていて、入院自体はかなり長いと思う(引っ越しが春先だとして、途中から夏服に変わっているので最低3−4か月は入院している為)。

とまあそれくらいでしょうか。
あの優しいお父さんが子供たちを心配させないようにぼかして伝えているのは想像できますけどね。

尚、宮崎駿のコメントで「あの人物たちは頭の中でそのまま成長しつづけていて、主人公たちは最近お嫁に行きました。嫁に行ったあとのことはしりません(笑)」だそうで、ネットの不穏な想像はでまかせであるとジブリも否定してるみたいですね。

まあ、人気作を意外な方面で「真実はこうだった!?」とすれば話題が取れますからしょうがないね。
僕はわりと普通に楽しめました。

スタジオジブリ作品に出てくる背景の虫とか小動物がいつも好きになります。
ラピュタの天空の庭にいたキツネリスとかいいですよね(*´Д`*)
■雑談■@kurotama
2016/11/04 23:11
■剣異とデモゲの差@デモゲの話。
・「剣の街の異邦人(以下剣異)」と「デモンゲイズ(以下デモゲ)」は、ほぼ同じシステムを使用して少しづつ差異のある作品でして、ネットでは「使いまわし」と言われていますけど、システムが同じでシナリオが違う作品というのは大本にしているウィザードリィだってそうなのだから、僕は意外と抵抗がありません。

では今年度、7月あたりからずうっとチームラ(開発元のチーム・ムラマサ)作品にどっぷりハマってきた僕が両作品で感じる差とはなんなのか。

剣異

・絵柄を海外硬派ファンタジー系のを少しだけ日本向けに調整した感じに。いわゆる「萌え」ではない。

・転職を重ねてスキル組み合わせの相乗効果を狙うことで独自のスキル構成を楽しめ、手間をかけるほどキャラが強力になる。

・ストーリー要素は主に設定と雰囲気作りの為であり、ストーリーよりダンジョン攻略が中心。

・キャラ死亡による金銭・希少なアイテム消費などのリスクが高く、一時的にパーティから外して「休養」などをさせないと、ロスト(データ消失)さえある。ただしプレイヤーに知識と注意力が培われてくるとここは障害とはならない(最悪の場合リセットすれば大丈夫だし)。

・終盤装備・スキルが整うと戦闘における「運」要素を様々な手段で排除できる為、レアアイテムの「運」だけに集中して楽しめる。
ただし、1ターンの間にメイン盾キャラクターの防具に「呪い」がかかって無力化され、続く攻撃で丸裸で打撃を受けて即死からの残りのメンバーも次々にやられていくという「事故」はあり、そういう敵がいた場合真っ先に対処してしまわないと「運ゲー」となる部分が強く批判されており、最新バージョンでもそのまま放置されている。もっともそれも防げてしまうと死の要素が消えてしまうかもしれない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 16:23
・レアアイテム掘り時、装備カテゴリーが偏ると「チャレンジしたい装備品の入った宝箱が出ない」という運ゲーに悩まされることになりがち(例:兜レリーフの宝箱持ってくる敵が出ないんだけど!)。
ただし、最高レアを持つ敵と戦えるようになるまで操作ミス=即全滅の戦いを15回以上は繰り返す為、プレイが長時間化する。携帯ゲーム機なのでいつでも中断できるが、迷宮内で保存はできない上に、戦闘ログを確認するとフリーズするというバグが多くのプレイヤーの心に傷をつけた(機種・環境による為、メーカーの完全解決も不可能の模様。現在では「ログを見たやつが悪い」となっている)。

デモゲ(2)

・絵柄は完全に「萌え」系だが、著しくレベルが低い為、デザインコンセプトあたりの根本的な所から「アマチュアのフリーソフト以下」と強い非難を浴びている(最近のアマチュアがレベル高すぎとも言えるが)。

・転職がない代わりに他職のスキルを装備するシステムがあり、終盤までたどり着けば安定したスキルバランスのキャラの作成も可能。能力値振り分けの意味での育成ミス以外は起こらないのでそこの楽しみは主に装備掘りで楽しむことになる。

・ストーリー要素は比較的強いが「おつかい」のようなプレイ時間稼ぎのようなクエストはあまりないため、ストーリー→ダンジョン→ストーリー…とバランス良く進む。あたまのおかしなキャラが多いがそれなりに愛着がわいてきてアットホームな雰囲気が出せているのはとても良し。

・キャラ死亡によるリスクは低く、最終盤になると僧侶系キャラクターは「蘇生」の魔法を自力で使えるようになる為、よくあるRPG並のレベルとなる。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 16:23
・スキルが揃い、パラメータが上がっても「運」でキャラクターが死ぬ要素を排除しきれない為、事故が多く安心できない。手段を尽くしても「結局運頼り」になる展開が多いのは大変困る。
しかし1ではクリア後にその要素を完全排除できた為、装備を極める必要性がなくなったので今回はそうなったのかもしれない。

・レアアイテム掘りは「味方を捧げる事で戦力が下がるが、その味方の装備可能装備をゲットできる(1つしか出現しないはずの強力なユニーク装備さえもドロップする可能性がある)」システムによって「何が出るかのワクワク感」は大変良し。
前述の「他クラスのスキルを装備できるアイテム」すらも本来なら1種につき1つしか所持できないはずがこのシステムのおかげでやればやるだけ取得のチャンスが得られるため、最強のスキルを必要人数分揃えるのも不可能ではない。

という感じです。

まとめとしては

剣異
重厚な世界観で自分のパーティを作ってダンジョンを攻略し、強敵から強力なアイテムを手に入れることに集中できる。
ゲームの難易度が「マイパーティから消滅者が出ないよう生き抜く」ことになっていて、死なずに強敵と渡り合う為の方法をゲーム全体をかけて準備していく感じ。

デモゲ
NPCとの会話が多く、1も2も「帰る場所」としての拠点がある為、自然とNPCたちに愛着がわくのは良い点。
ヒロインと強引に恋愛関係になることに抵抗がないなら2よりも1のほうが居心地はいい。
2は1のNPCたちのその後の活躍が見られる以外、そこまで見どころはない。
ゲームの難易度が1直線で優しめなので、ストーリーに沿って揃っていく戦力を普通に駆使していればクリアは可能。
1には終盤大きな「壁」があり、ぬるぬるプレイヤーにとっては装備・スキル・レベルの上げ直しなどを求められる為、難関がある。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 16:24
2はメインストーリークリアまでそういったものはほぼなく進む為、このシリーズのプレイヤーからは早々に飽きられてしまった模様(クリア後のDLコンテンツでその評価は良い方に持ち直した)。

という感じですね。

車で言うと、マニュアル操作で細かなところまで行き届く代わりに楽しさを引き出すには知識や腕、想像力などが求められるのが剣異で、オートマ操作で流れに沿って比較的お手軽にダンジョンRPG感を楽しめるのがデモゲです(ただしキャラクターは向こうのお仕着せになります)。

デモゲ2は本当に色々失敗している「残念な」作品となってしまってますが、これまで出土する装備品まで毎回使いまわしだったチームラ作品において、ついに「これまでの最上級品がゴミになるレベル」の超・最上級品を含む新規アイテムが200種類以上増えたのは大きい。
なので、ゲーム部分は若干微妙でも、それらアイテムを掘る楽しみがあるのは嬉しいです。
拾った装備品一つでさっきまで1700ダメージが精いっぱいだったキャラクターが5600ダメージとか出すようになったりしますしね(敵もそれに十分耐えられるほど凶悪だし)。

1と2の戦闘面の細かな差異として、前作ではカタナが大変弱く、最上級品が出ても正直に言うとガッカリな強さでした。
なので今作も「AGIで行動順を上げて、LUKで状態異常(即死含む)確率上げる。STRなんかいるかw」としてたんですが…。

今回はそれを反省したのか、カタナに攻撃力に優れたものが多く出た上、終盤の敵にもカタナ系特有の「即死」が有効な敵が増えました。
一方、ボスでさえほぼかかっていたスキル使用不可の状態異常「麻痺」が効かないボスが大変多く追加された為、攻撃回数が少ないが単発ダメージに優れる「両手武器」および、武器の攻撃力を底上げする「STR振り」が有効になっています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 16:26
前作はSTRには1点もパラメーターを割り振らなくても何も問題なかったのですが、今終盤で活躍しているのは両手武器を得意とするSTRを上げまくったパワフル前衛たちですからね。力こそパワー!

状態異常は効く敵には相変わらず有効ですが、それらの小手先が通用しない高HPの敵が現れると火力武器の出番です。
2の主人公は珍しく「カタナ装備可」なんですが、両手武器カテゴリの「重武器」も扱えるので、終盤に来て役に立っています。

面白いのが、レア掘りをしている時にポロリと落ちたSランクのノーマル両手剣の+56(ドロップ品は自力強化では+10まで、ドロップした時のみ主人公のレベルと同じプラスまで付く可能性がある)の攻撃力が1200を超えていて、前作最強の斧「ドラゴンスレイヤー+0」の800を遥かに超えまくっていることです。
逆に前述の「ユニークアイテムも再度ドロップする可能性がある」掘りを進めて行けばもしかしたらドラゴンスレイヤー+99まで出る可能性があるわけで、レア掘りに「まさかの意外な高プラス品」が出る可能性が常にあるというのはものすごくやる気がわきますね。

剣異の最新バージョンではこのプラスの値をお金だけで+99に出来る点が「つまらない」と語る方も居ましたが、デモゲ2のこれを見ているとそれには納得できるかもしれません。
一本拾えば後はお金次第でサイキョーの武器になるのはお手軽ですが、「+99がでるかもでないかも!それにはまず掘らないとな」とやってるほうがハック&スラッシュとしては面白いですよね。

このレア掘りに関する部分が長期プレイに耐えられるように作ってある一点において、デモゲ2は「一応最新作」としての役目は果たしてる気がしますねー。

しばらくゲームを買う予定はないし、まだまだデモゲ2でレア掘りしていよう
ヽ(´ー`)ノ
■雑談■@kurotama
2016/11/05 16:26
■その事件はメイドカフェで起こった@バトガの話。
・はい、秋のイベント、星守メイドカフェ2016の前編「奏乃宮編」の後編が実装されましてストーリーも見終えました。

今年の文化祭は星守たちの過ごす「神樹ヶ峰女学園」と、花音・詩穂の元母校「奏乃宮女学園」が合同で行うことになり、星守の生徒もクジ引きで半分が向こうの文化祭に参加することに。

奏乃宮に派遣されるメンバーは、昴・蓮華・うらら・心美・楓・ミシェル・サドネ・花音・詩穂の9名。
神樹ヶ峰では毎年「奉仕精神を学ぶためにメイドの衣装でケーキを作る」行事を100年以上前から行っていると(バトガの舞台は2050年以降だったはず。そのせいか星守の子たちは髪は比較的おとなしい色だが瞳の色は日本風じゃない子が多い)いうことでしたが、奏乃宮は毎年「来場するお客様にどれだけ奉仕できるかでポイントをつけて競い合う」メイドコン(テスト)が開かれているとのこと。

メイドの衣装に戸惑う子、喜ぶ子もいる中、彼女たちの出し物の喫茶店に招かれていた先生がもうすぐ来るという時にその話が出たため、一部生徒が「一番を取る!」と燃えてしまいました。

そのことを特に知らされてない先生は妙にサービスのいい様子にわけがわからないものの、まあ悪い気分はしないのでした。

詩穂さんが焼いてくれたスコーン(ケンタッキーのびすけっとが一番近い印象か。英国風焼きお菓子のこと)を冷ます間、お昼休憩をみんなでとって奏乃宮の文化祭を見て回ることになりました。

超がつくセレブ女子高の奏乃宮は部活動ももはや部活の域を超えていて、将来のデザイナー、将来の名シェフを探しにスカウトが訪れるほど芸事に秀でた所のようで、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 17:42
雑草揃いの神樹ヶ峰の子たちからはただただ驚くばかりの光景が目に入ってきます(元の15人のメンバー中、明確に名家なのは2名、お嬢様1名で、後はみんな市井の普通の家の子です)。

出店もレベルがケタ違いなのですが、値段もケタ違い。先生を含めたみんなのお財布では手も足も出ずに撤退するハメになります…。
若干しょんぼりしたみんなに詩穂さんが「私たちはスコーンでも食べていましょうか」とうながし、花音ちゃんが厨房に行くと、彼女の悲鳴が上がります。

駈けつけたみんなに花音ちゃんは、スコーンがなくなっていること、声に驚いて逃げた何者かがいることを告げるのです。
そこで普段から探偵モノの小説の世界にハマり、自分も隙あらば名推理で事件を解決して見たい詩穂さんに火が付きました(なおポンコツな模様)。

おい…まさか遥香っちゃんじゃないだろうな…犯人。

まずは逃げた犯人?ですが、逃げる後姿を見た花音ちゃんから「髪がなびいていたので女性だと思う」と証言が。
しかしそれを見た窓というのは空気入れ用の小さなものであり、ここから逃げ出すというのは難しいのでは?となります。

スリム(胸部が)な昴ちゃんが挑戦した所、抜けなくなってしまって先生に救出されることに。
彼女は一部がスリムなだけで、スポーツ少女だから肩周りとかはがっしりしてる気もするんだけどなー。みんなひどい。

この窓から抜けるのはちょっと厳しいんじゃないか?となってしまったので、詩穂探偵は「では次は遺留品を探しましょう」と提案、みんなで厨房を探してみたところ、見つかったのはリップクリームと髪留めゴムだけでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 17:43
リップクリームを見てのんきもののミシェルちゃんが「かわいい〜」と反応しますが、それを落としたのは蓮華先パイらしく「後でつかわせてあげるわねぇ」と嬉しそう。間接キスとか狙いですよね(蓮華先パイはかわいい女子を守る為に星守になったおかしな子です。女子高は彼女にとって楽園だそうで)。

髪留めゴムはうららちゃんじゃないの?という意見が出ますが、うららちゃんはそんなゴムは持ってないと主張。そして自分が食べたと思われてるの?と少し不満気。
詩穂探偵は「もしかしたら身内(この9人+先生)に犯人がいるのでは?と発想の転換をしてみますが、花音ちゃんが調子に乗ってうららちゃんを煽った為、売り言葉に買い言葉でケンカが始まってしまいます。

それを見てサドネちゃんが「ケンカ…しないで…」と泣き始めたため、みんなは反省し、お互いに謝罪します。
先生も仲間同士で疑うようなことはやめにして、外に食べにいこうよ、と促しますが、外の料理は高い…。

ということで改めてスコーンを焼きなおすことにするのでした。

しかし、楓ちゃんにスコーンの完成写真に見せられたサドネちゃん、何かに気づきます。
そこで蓮華先パイが「実は言い出せなかったけど…」と、自分がスコーンを全部食べちゃった犯人なの白状し、ミシェルちゃんも「ミミが食べたの!」と白状。

急に起こった白状合戦に「???」となってしまったのですが、サドネちゃんが自白します。
サドネちゃんは確かに焼き立てスコーンのおいしそうな匂いに釣られて、つい食べてしまいました。しかしみんなが「スコーンがない!」と言っていた時は「食べたアレ=スコーン」と知らなかったのです。
なので、楓ちゃんからスコーンの写真を見せられた時、これまでの騒動と争いが自分のせいだと知ってしまいました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 17:43
そこで蓮華先パイが自分が泥をかぶることにして事態を収拾しようとしたのですが、サドネちゃんがスコーンを食べていたことを見て黙っていたミシェルちゃんもあわててかばおうとしてしまったのです。

サドネちゃんの知識不足と、二人がついた優しいウソを当然みんなは許して、あらためて焼きたてのスコーンを食べることが出来たのでした。
当初の「ご奉仕ポイントを貯めてメイドコンで勝つ」なんていう話はどこかに消えてしまいましたが、解決して良かった…。

しかし、先生にはギモンがありました。
スコーンって結構大きいんですよ。5cmx3cmくらいのふわサクの小麦粉(薄力粉)ですから、サドネちゃんの小さな体で10個はおかしい。
遥香っちゃんじゃないんだから。

それをサドネちゃんに聞いてみると「? 食べたのは3つだよ」と言われます。
詩穂さんは10個焼いたと言っていたのですが、残りの7つはどこに行ったのでしょうか…。

神樹ヶ峰に戻る道のりで先生はひなたちゃんに出会います。
奏乃宮に行ってたの?と問う先生に彼女は「何かを隠そうとしているような態度」で答えますが、どうも怪しい。
そして口元にはパンのかけらのようなものが…。
これから神樹ヶ峰に戻るから一緒に行こうかと誘う先生を無視して、ひなたちゃんは逃走するのでした。


うーん、遥香っちゃんが犯人じゃなくてよかったw
文化祭の出し物とはいえ、先生は喫茶で紅茶やスコーンの代金払ってるんですよ。
つまり、ひなたちゃんのやったのは食い逃げ…!犯罪…!

まあ、これは先生の胸の中にしまっておいたほうがよさそうですねw
現場に落ちてた髪留めゴムはおそらく彼女のもので、人の気配がしたから逃げ出した際に外れてしまったんでしょう。
そのせいで髪が長く見えて上手く姿は隠せたようですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 17:43
ひなたちゃんのことですから、髪留めゴムを返された時にうっかり「それひなたのだ!」と言ってしまって自分から犯行をバラしてしまいそうな気がすごくします。
ここの所ひどいシナリオ(困るとすぐに洗脳されたりキャラが入れ替わったりする)が多かったバトガですが、メイドカフェコラボ前半戦はよかった。
今回は詩穂さん主役に見えて、実はれんげ先パイの株が上がるストーリーでした。

れんげ先パイのハグと言えば、お年頃の子たちからしたら気恥ずかしいのかなにかを警戒されるのか、若干引かれる困ったクセなんですが…(れんげ先パイの誕生日ストーリーで全員抱きしめられるのがご褒美になるくらいだしな…普段よっぽど避けられてるんだろうw)、人のぬくもりに憧れのあるサドネちゃんはぎゅうぎゅう抱きしめてかわいがっても喜びますから、れんげ先パイ的にもかわいい後輩(意味深)。
そして無邪気にリップを塗ってもらうミミちゃんを見てハァハァしてそうなのも想像できて、相変わらず性別が違ったら犯罪者でしかない様子が描かれました。

だけど、女子の悲しむ姿を何よりも憂い、必要ならば自分が悪役になっても場の空気を調整しようとする漢気あふれるムードメーカーな所もきちんと描かれていましたね。
何を言ってもやっても「何か企んでるでしょう」と言われてしまう彼女ですが、やっぱり企んでるんですよ。
だけど逆に言えば、物事の裏側や不測の事態に備える思考を持てるほぼ唯一の人材でして、純粋で何事もまともに受け止める傾向のある星守たちのフェイルセーフ機能(何かあった時のダメージ軽減/正常化の為の装置)なんですよねー。
さすが年長組。
すごくめんどくさい子なんですけど、それがゆえに面倒な事態は予測済み、予測が無理でもリスク計算をして最悪自分で帳尻を合わせるということができる、優れた人なんですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/05 17:43
星守は上下関係が緩く、年上に敬語を使わない桜ちゃんなども「個性」として野放しになっています。
年上だからと比較的ぶっきらぼうな口調で年下に指示をするのは実はあんこちゃんくらいなんですが、それも召集がかかってるのにキャッキャいって遊んでる困った後輩たちに「呼ばれてるんだから早く来なさいよ」くらいのものなので度を越して横柄には見えませんでしたし。

そういう縦社会の圧力のようなものがないのは、硬派で作戦行動に常に真剣に向き合う武官のような明日葉ちゃんの横でニマニマわらっているれんげ先パイが居てこそということにしっかりなってるのよね。

ひさしぶりにストーリーでしっかりとキャラの掘り下げの助けになるような要素があって、なかなかよかった。
これを考えると「性格改変、入れ替わり」系のネタがいかにせっぱつまっているか、ネタがなかったかというのがよくわかるなぁ。

ちなみに星のかけらはあれこれあってようやく1000個を超えました。
これで11月後半に来ることになった「メイドカフェコラボ後半戦」のメイド遥香っちゃんをお迎えする準備はひとまず大完了。

開始までに1250個にできてれば12月冒頭から開始されるであろうクリスマス・おおみそか・お正月大攻勢の足しにもなるだろうて(ヽ´ω`)ゲソソ

できるだけ少ない個数で遥香っちゃんをお迎えし続けて来年につなげたいものですなあ…。
■雑談■@kurotama
2016/11/05 17:44
■サブFiもいい@PSO2の話。
・フレパ登録の為にサブFiのサモナーも作ってみたんですが、マロン大爆発が常時狙えるようなコンテンツじゃない時はサブFiのほうがいいかもしれませんねー。
特に強化されたサリィの進化種、ポップルの爆弾が広範囲に5〜12万(属性一致で弱点にヒットした場合)を与えるのでなかなか楽しい。

しかし安定してSHハルコタンTAをクリアできるものの時間は7分半もかかってしまいます(主にマロンをあぶっている時間のせい)。
バルロドスをもっとも苦手としている為、うちのメンバー中最も火力がないと思われがちなアリーシャちゃんのDブレードブレイクスタンスツリーBoが4分半なので純粋な対集団戦ではBoも結構やるものですねー。

【告知】強化アンガさん体験ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/05(土)22:30頃から、アルティメットアムドゥスキアをご一緒しませんか?
【パス】hino
【コメント】
というわけで、犬アンガさんがついに成長しきって?耐性が最大3つつくようになったっぽいです。
お好きなクラスでアムチに挑んでみませんかー?

本日は一太郎さん司会の「アークスライブ!」が放送されますが、生放送緊急などはないようなので大丈夫です。
参加を希望される方は22:15分頃よりウィスを受け付けていますので、よろしくお願いします!

ターニアちゃんいないよ?となっていた場合、たぶん参加希望の方が居なかったので落ちたんだとお考えください(ノ∇`)
それでは皆さんのご参加をお待ちしております〜。
■告知■@kurotama
2016/11/05 17:50
■アークスライブ!第2回感想@PSO2の話。
・今回もきちんとゲームのことだけ話して90分。冒頭わいわいキャッキャしてて、コメントで「早くゲームの話しろ」みたいなこと言ってた方もいましたが、6分めにはゲームの話になってました。すごい。
数時間単位で待たされてトーク聞かされてた旧生放送とは本当になんだったのか。

今回のポイント

@生放送本編で紹介された新規要素の詳細解説について

・上級鑑定の仕様
20万メセタかかる上級鑑定では、スペシャルウェポンの最低属性値が30からになるため、現在25〜37くらい(最大は40?)がまるまる+5されることに。

・オービットNTおよび、直ドロ限定オービットガンスラッシュNT
来週11/9からのファミ通緊急でコレクトファイル・直ドロップによってゲットできるこれまでにないオービットシリーズの武器は他の入手手段があるとしてもかなり先だろうとのこと。
以前そういわれたペットのラッピーは未だ他の手段がないので、価値がゼロになるくらいの相当先かと思われる。
オービットガンスラ(全職でPP休息回復を可能にしてくれる夢のアイテム)が直ドロ限定になったのは、コレクトファイルにするとそれとってはいはい終了というのが嫌だったから(これはまあ理解できますね)。


A質問コーナーの話。

・ドロップ限定★13を集めるのが厳しい
ドロップ限定★13を6本集めなさい(2ヶ月以内に)とか厳しすぎひん?ということに関してはなんらかの施策を施す予定ではある、らしいけど、どうも木村さんの中では「+30時点で+35の威力が欲しいんでしょ?」みたいなことになってた模様。
違うんだ、属性60で落ちてもいいくらいだよと言ってる(もしくは+35で開花する「因子」のシステム上+35がおいしいのに事実上無理じゃないか?という話)

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/06 01:42
・CMにばっかりお金かけてないで開発に回してください
木村さんの解説が中々わかりやすかったです。
好きな作家さんがいて、一作書いたらいくらもうかるとして、自分がもし富豪だったとして「倍出すから倍書けって言われて書けると思います?」更に「半分のカネで2倍かけや」と言われてできますか。ということでした。

この説明はわかりやすい。広告を打たなければ客も入ってこないのだから、広告にカネを用意するのは当たり前のことですね。
ただし、その貴重な時間をかけて行う調整が的外れだから文句言ってる人がいるんだけど、そこはうまくボカされましたね(´・ω・`)

・クエスト中に通信が入るとチャットを強制終了されるのがいや
これについてはすぐにどうこうではないですが、問題だと思っているとのことでした。
これは解決されると嬉しいなー。

・SOROってスペルおかしくない?
単独という意味の英語はSOLOの為。
でも木村さんによるとソロでやりたいからそう名付けたのではなく、リナ会長が好きだった物語の白騎士がソロであり、それをローマ字読み?で名づけたのがSOROでして、孤高でソロプレイを好む男というのは後付けのあだ名なので関係ありませんとのことでした。
きちんと説明されていますね!言われてみればその通りだしね(ソロプレイありきではないという所)

Bマメ知識コーナー

・AISの機体色が衣装のカラーに染まるのは知っていると思いますが、搭乗中に衣装を変えると色がじわじわと変わっていくそうです。

・法撃武器の中でタリスはチャージ開始が0・36秒遅いらしい。

・マイショップのプレビュー画面を大きくする際、下を掴んでずーっと伸ばすと最終的には顔アップにできる。
これを使えばイヤリングや瞳をプレビューで良く見てから購入可能。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/06 01:42
という感じでした。

後はスタッフ募集を毎回してるのは人がそんなにやめてくの?みたいな質問?というか風評被害に対し「デザイナーとかはいくらいても足りない」みたいなことを言ってましたがスタッフを指して「幼稚園みたいなものです」と言ってましたね。
みんなで楽しくバカやりながら開発してますよwという前向き発言なんでしょうけど、なんか知らないけど「納得」してしまいました。
いや、深い意味はありません。

そんな感じで、ゲームの話ばかりする番組は結構いい感じでした。
ボスである酒井さんが現場にいないせいか(前回は心配して様子を見に来てくれていた)、若干ぶっちゃけトークも混じりつつというのが面白いですね。

【終了】強化アンガさん体験ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今日はハツネビーストさん、ストロボヤンマさん、AIBAさん、Dorisさんが来てくださいました。
AIBAさんは今回のガチャを25回やれば入手できる「ヴィヴィアンポーズ」というロビアクを披露してくださいました!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdVBPQ1hyMU9ZWDg
ロビーを縦横無尽に駆けて二丁拳銃で攻撃するAIBAヴィヴィアンさんと、それをかわすボヤンさんの雄姿。

結構遊びがいのありそうなロビアクですねえ〜!
1%で出てメセタがないと買えないロビアクと、5000円出せば確実に入手できるロビアク…。
どっちがいいのかは状況によりますが、これをメセタで取引できないようにしたのは僕的には「アリ」かなと思いますね。
転売などで何億も持ってるプレイヤーにやらせ過ぎたんだから、実際にお金を落とした人を優遇すべきなんです、基本無料ゲーはね。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/06 01:43
そんなわけで、若干少人数ながらアムチに突っ込んできました!
1周めはうちはGuで行ったんですが…、うん、ギクスの潜在発動させんの無理ww バウンドする弾、狙い撃ちしてくる弾、レーザー、飛び道具とあらゆるものが飛んできて、本当に小さい被ダメなんですが、それでもハイタイムの20%とギクスの追加14%が消えるんだよw

ボス戦では空中からショウタイムの使用によってウォクラがしょっちゅうかかる為、攻撃機会の多いGuは結構タゲを取ります(他クラスの50%の火力が出てればタゲを取れるのだから)。それはいいんですが、対空攻撃のあるボスはそればっかりやろうとして結構飛ぶんですよ。
だから途中で「これじゃ皆さんが攻撃できない!」と気づいて地上に降りて戦ってましたが、それだと地上は危険がいっぱいなのでまた被弾しまくるっていうね…。

Guは好きですけど、やっぱりアムチではダメかもしれないなぁ(;´ρ`)

そんなわけで特に耐性もつかないまま撃破して2周めに。
次はHu/Fiで挑戦ですよ。

ソード・パルチ・ワイヤーとまんべんなく使ってみましたけど、12人の野良でやってた時とちがって5人ですから当然部位破壊ダウンの連続で実質動かさずにどうこうというのはできないため、結構ガッツリ敵の攻撃も浴びながら戦う感じになりました。

ワイヤーは乱戦でアザースピンで集めた所にヘブンリーフォールが出せると結構「ヒャアーッ」っと気持ち良くなりますが(黒玉さんが言っています)、ごちゃごちゃになってくるとソードやパルチなんかのほうが良かった感じかなー。
ボスとガリガリにやり合う時にはソードがいい気もしますが、まだイグナイトパリングを使いこなせていないので、ちょっとまたどこかで練習したいところですね。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/06 01:43
本日の生放送で「部位破壊をするとドロップ限定★13武器が落ちる」と公式から正式にアナウンスされたので、部位破壊で行ってみたんですが、それだと余計にガッツリ戦わなくてはならず、なかなか歯ごたえがありました。
喫茶のアムチでは初めて登場したグリュゾラスなんたらさん(以下サクライさん)は楽しかったんですが、混乱になりまくってその度にボヤンさんにアンティをかけてもらっていたような気がします。ありがとうございます!

今、バーンとフリーズを完全に防ぐリングは実装されてるんですが、パニックやスタンも早く防げるようにならないかなーと思いますねえ。

そんなわけで今回は耐性もつきまくって大変にウザい犬アンガさんとやり合うことが出来ました。
ところで、250%+デイリー+30%つけてるのに、2周して★10武器が1個とか、なんなんでしょうか…?
絞りすぎもここまで来るとひどいよね。

その後はボヤンさんも落ちられたので、少人数すぎるとただきついだけですから1時頃までお喋りをしていましたが、遅くなってしまうので解散ということに!

来てくださったみなさん、ありがとうございましたー!
ファミ通緊急は4名や5名ではクリアーできそうにないし、どうしたものかなぁ。
いま考え中ですっ。

それではまたよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/11/06 01:43
■SGのためにいともたやすく行われるエゲつない行為@PSO2の話。
・第7部はまだ読んでないんです(タイトルがJOJOネタ)。
いえ、先日のトリガー祭りで、SGの重要性に目覚めて今更ビンゴ埋めをやってるのですが、アメリアちゃん(Hu/Fi)は別口で終わらせまして、ツバキ(Br/Hu)さん、アリーシャちゃん(Bo/Hu)、リリカ(今回は装備の関係でGu/Hu)でビンゴ埋めに行ってきたんですよ。深夜。

で、裏ビンゴに居るディーオヒューナルさんは日替わりレベルアップクエストでもあえる日があるのですが、メカ犬41レベルというのが出ない。
それで独極8にいるあいつを狩りに行ったんですね。ディーオさんはもし倒せたらラッキーと思って。
そしたらですね、ツバキさん、リリカがストレートで独極を普通にクリアしまして、なんだか自分でドン引きしたというアレです。
Br/Huはカタナ一本で本当に楽にクリアできちゃうんですね。7分くらいしかかかっていませんが、やはりカタコンで一気に押せるのは強いというかなんかズルい気がする…!
ツバキさんはHP盛りだから、ガッツドリンクまで飲んで1600にしてしまえばあそこでは死ななくなるというのも大きい。

そして若干キツいかと思っていたリリカは、サイキ前ターニアちゃんのお下がり防具をEx8のHPクラフトにしていて、HP1072、PP140しかないんです。
武器は大和TMGなので、持ち替えせずに15匹倒せばオフスに近い高性能を誇る、ソロエクスには特に向いている武器ではあるんですが、ディメイト4までしか減ってなかったので大分うまくやったみたいですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/06 17:36
アンガさんを開幕チェインを決めて即ダウンさせ、復活後とわちゃわちゃやっているうちにディーオさんが湧いてしまったのはあれですが、空から攻めるのが得意なGuにとってはディーオさんというのは単体ではなんの障害にもならない相手でして…(ここのはHPちょう低いから腕コアがエルダー一発で壊れるのです)。
グラビトンスマッシャー的なアレで即死しなければその他の部分は普通にやってるだけで勝てるのです。
暴れまくった時のベーアリさんのほうがイヤだっていうくらいお得意様。

そして深淵さんは、以前はサテライトカノンで隠して放ってくるオーバーエンドでまっぷたつにされていたんですが、さすがにもう覚えました。当たらなければどうということはないので、サテカノ中はチェインを貯めて、OEを回避した直後に接近してインフィニティファイア零式のフルヒットで一発KOでした。
なんなんですか!インフィ零スゲーなこれ。動画撮っておけばよかった。

で、ターニアちゃんの記録より早くリリカがクリアしてしまいました…なんかショック(ノ∇`)
最近はGu下げがひどく、野良でとても出す気にはならない感じでしたが、やっぱボス連戦だとGuは強いなー。
深淵さんの始末の仕方でも書きましたけど、結局敵を観察してスキのあるタイミングを知ってるか、その時に備えて各種スキルやコンディション(HP75%以上とか、ハイタイムの具合とか)を合わせて行けるか、PAを放っているスキに逃げられたり動かれない数の中で最大のチェインを稼ぐかとかそのあたりを経験で知ってるのと知らないのではかなりの差が出るのかなと思いました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/06 17:37
威力で言うとたぶん他クラスより全然弱いんですけど、アメリアちゃんのギクスパルチを持った挑戦ではアンガさんを素早く倒しきれずに同時に相手してたらメイト切れて倒されましたからね。
単純に僕がしょぼHuなんだと思いますが、久しぶりにGuでスッとしたw

もうネット見てると特定プレイヤーが暴れたせいでGuがいじめられすぎててつらいのですが、逆にこれだけいじめられてればまた強化きますかね、えへへ。
おまえたちの非難がGuの力になるのだーとか、ラスボスみたいなことを言ってみます。

さっきの深淵さん瞬殺の時はチェインインフィ零で38000x12+38万?くらい与えてて、wbもなしにここまで出せるなら割りとありだと思うんだけど、アムチみたいなとこではここまでやらせてもらえないのよね。
深淵さんも攻撃は激しい方だと思うのですが、単体で出てきた時点でダメ。
Guを止めたいならしょぼダメージでもいいからとにかく攻撃判定の嵐の中で戦わないと。
たぶん木村さんとかもう存在ごと忘れてると思うんですが、インフィニティ追加ボスのディラ・ブレイヴァスとか出されたらGuちゃんは死んじゃうと思う。

あいつカッコいいからPSO2クオリティで見てみたいんだけどなー。
あと4つ足の…、体験版で何百匹も倒した…、えーと、なんかタカアシガニみたいなやつとかね。
ジャンプアクションとかないけどインフィニティのボスは良く練られてて倒しがいがあったよなぁ。
あり過ぎて周回する気が失せるくらいに。

ほんと、インフィニティのHD版とか出さないかな。
■雑談■@kurotama
2016/11/06 17:37
■お知らせ■
・フレパリストが更新されました!

■せっかくだから比較してみました@PSO2の話。
・はっきりいって火力不足のGu/Huのテコ入れとして登場したと言い切っても良い「インフィニティファイア零式」。
他のPAから使用することでフィニュッシュだけ活かす方面がよく言われていますが、実装当初から1か月ほど?放置されていた「前半部分の射撃回数」がきっちり見た目通りとなり、12発も放ってくれるので、スタンディングスナイプを意識しなくていい(と開き直るしかない)Gu/Hu的には、通常JAからそのまま素インフィティファイア零式につなげれば消費PPはたったの35(〜45)です。
サテサテインフィとかのほうが確かに強いですが、小ジャンプサテサテするPPやヒマがない時、結構ありますからね。

どんな具合なのか「ベンチマークテスト」「DPSチェッカー」「かかし」などさんざんな言われようをしているSHバルロドスさんで比較してきました。

全部属性不一致で、唯一のライフルはエンドアトラクトを使用しています。
順番は

アメリアちゃん(ラサハディス)シフドリ・潜在・スキル全部適用状態で、射撃力2958

リリカ(ファイアーアームズ・クラフト10)射撃力2475

ターニアちゃん(オフスTMG)ラサハと同じ条件で、射撃力3129

ターニアちゃん(ギクスTMG)ラサハと同じ条件で、射撃力3208

です。

動画URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUjJWVEp4bUJRbFk
合計で1分半ほどなので、ぜひ見てみてくださいヽ(´ー`)ノ

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/07 02:58
ラサハは96チェインで、81,120x12+642,088

青字388377? でたくさん(最低4回は)ヒット。

オフスは98チェインで、89,014x12+999,999

ギクスは100チェインで、111,860x12(でロドスさん死亡)

うん、エンドアトラクトつよい(⊃д⊂) ★7のクラフト10って極めても何もないやつだよね。

追記としてはラサハの最後64万ダメージは、ハイタイムの効果時間が切れる等の何かの妨害を受けています。
これまでの経験だと、上手く全部弱点に当たっていた場合、12ヒット部分と最後の〆部分は大体同じダメージ量だったので。

あとざっくりx12って書いてますが、釣り上げられてぱくぱくしてるロドスさんの上あごに当たると少しダメージが下がるので、実際に与えているダメージは少々目減りしている模様ですね。

まあそんなわけですが、条件さえ整えればの条件部分が厳しいとはいえ、Gu/Huも最大だとこれくらいいけまっせということでひとつ。
被弾が一切許されない状態で50秒経過するというのを潜り抜ければ、倍率がドンドンドン!とかかる展開ではギクスの強さが光っていることもわかりましたね。

そして無印バルロドスのHPはやっぱり120万くらいのようです。
風評被害で「最弱」の烙印を押されているので(実際アムチではやっぱり役に立たなかったしな(ノ∇`))、ここは一発被害者めいたものいいで強化を頂いちゃいましょう。
だけど強化されても、タチウオ(バレットスコール零式)実装当時の「猫も杓子もGuで来て嬉々として逆立ち撃ちしかしない」みたいな悪夢の光景になるんなら今の弱い弱い言われてる方がいいのかもしれない…。

「使いこなせば強みもあるクラス」でいいのよなぁー。
■雑談■@kurotama
2016/11/07 02:59
■うう、やめて…やめてあげてえ@鉄オル感想。
・うわああああ。
タカキくんが汚いオトナの手練手管であっさり堕ちた(⊃д⊂)

鉄華団と裏で手を結んでいる一期のラスボス、宇宙の警察的に幅を利かせている軍事組織ギャラルホルンを率いる7名家(セブンスターズ)の一つとなったマクギリスさん(以下サクライさん)。
彼をなんとか失墜させたい7名家の1人ラフタル公は、その為だけに鉄華団が軍事顧問をしている国、アーブラウを戦争状態としました(現在地球は4つの経済圏に分かれていて、アーブラウは現実に当てはめるとロシア・カナダなど地球の上のほうの国々の連合で、今回の相手はSAU(アメリカなど)。

そしてアーブラウ正規兵を訓練していたタカキくんたち鉄華団地球支部の面々も当然のように戦争に巻き込まれていきます。
しかし、タカキくん、よくわからないもののこの戦争に違和感しか感じない。

それは、鉄華団地球支部にアーブラウから「協力者」として送り込まれてきた戦争屋のガモンというヒゲの大男が、実はラフタル公の手先(旧友)でして、戦争を長引かせることで調停できないマクギリスを株を落としてやろうということなのでした。
エリート戦術家であるガモンの指揮によって「消耗はするが決着はつかない小競り合い」を、タカキくんたちはもうまる1か月続けているのです。

人は信じるものであるという性善説なタカキくんが感じる違和感は、ガモンの「鉄華団の乗っ取り」に対する警戒心だったわけですね。
協力者のフリはしているが、実際はひっかきまわすために来ている味方。
これほどストレスのたまることはありません。そして、鉄華団の親組織から派遣された新参者も今はガモンと通じていて、通信を司る彼が情報を隠ぺいしているものですから火星の本部にこの真実が伝わらない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/07 21:04
鉄華団の地球支部は今、サクライさんの価値を引き下げるだけの為に消耗戦を強いられて1人、また1人と欠けていっています。

ここでギモンなのは、先週「障害や妨害がなければ3週間でたどり着く」という火星本部の面々、ミカさんとかNOUKINとか、強い人がたくさんいるチームです。1か月たってるじゃん!

彼らは守るはずのアーブラウ本国から「戦争状態ですのでいかなる目的のシャトルも入港できません」と足止めをくらって降下できないでいるのでした。

今やかれらはチンピラではありませんから、法を破って無理をしても道理がついてこない…難しいことも考えないといけない立場になりましたからね。
しかし逆に、アノコロのイキオイだけのチンピラでもない。
鉄華団副団長のユージンくんは、そう言って「別の手段」で無理押しをすると頼もしい限りなのですが…。
現地ではもう…。

その頃、タカキくんはとあるすごいぴんちをガモンさんに「運よく」助けられ「もうすぐ戦争は終わる!あと少しだからガマンしてくれ」と言われてあっさり「ガモンさんはすごい人だよ」と洗脳されてしまいます(⊃д⊂)
元スペースデブリ(この世界の宇宙奴隷のようなもの。人権はなく、売買されて主に戦闘行為を強制される)のアストンくんは学がなく、これまでまともな人間扱いされてこなかった為、うまく言葉にできないものの、プレッシャーと違和感、戦争の重圧でタカキくんが潰れないよう、支えようとしています。
しかし、つい染みついた奴隷根性が出て「いざとなったら俺が命を捨ててでも守る」ようなことを言ってはタカキくんに「最初から死ぬことを計算にいれないでくれ」と怒られてしまうのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/07 21:04
先日までは鉄華団地球支部の仮リーダー(本リーダーは重要人物を爆弾テロから守って意識不明の重体中)として、いつのまにかガモンが仕切っていることに不満まで感じていたタカキくんですが、例の件ですっかり大人の懐柔策で手なずけられてしまい「もうオレが指揮しなくても大丈夫だろう」とモビルスーツに乗ることにしています。
つまり、指揮はガモンが執るわけですよね…。

で、当のガモンは鉄華団の裏切り者と「あいつらは犬みたいなもんだ、たまにエサをやって頭をなでてやりゃあ…ころりということを聞きやがる」と得意気に悪巧み。
そしてアストンくんのような「スペースデブリ」を扱いやすい、いいコマだ…と目を付けるのでした。

話し合いでは戦争は回避できず、このままではアーブラウも鉄華団も全て台無しになると踏んだサクライさんが自ら出撃したとの報を聞き、ガモンさんもジグジグ嫌がらせのように続けるつもりだった小競り合いをやめ、直接恥をかかせにいくことになり、戦場はいよいよ激化していくのでした…。


ああ、少年兵が汚いオトナたちにとことんまで利用されつくす、胸糞悪い世界観をグイっと押し込んできましたね。

鉄華団の戦いって悪く言うとミカさんが突破口を切り開いて無理を無茶で押し通してるんです。
彼は一期の時も何度も何度も仲間が、団が絶体絶命のピンチに駈けつけて破滅を回避する「フラグブレイカー」として大活躍してきましたからね(それだけに最終盤のビスケットを救えずに目の前で死なせてしまったのは視聴者もショックを受けたわけです。あのミカさんが…と)。
その彼が不在なだけでコレだよ(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/07 21:05
一期の終盤でも彼は自分の武勇が高いだけではなんともならないことがあることを知りました。
権力・血筋・立場…、彼にはないそれを使えば軍隊同士の衝突を宣言一つで収めることだってできるんです。

今回も彼は、自分がモビルスーツで普通のパイロットの10倍敵を倒そうと、何ともできないことがあることを知る展開になるのでしょうか。
いつかそれが、鉄華団の仲間よりも大切な、オルガやアトラちゃんに降りかかるかもしれない可能性もありますからね。


奇しくもそれは初代ガンダムでも語られていたんですよ。
アムロがガンダムで弾の数だけ撃墜数を増やし、それが切れればビームサーベルでエネルギーが切れるまでジオン軍のモビルスーツを倒しまくったとしても戦争は終わらない。
一個人の武勇が体勢に影響を与えることはない(実際には影響がないわけではありません。TVの前でジオン軍の1艦隊を壊滅させた所が放映されれば、戦争なんか早く終われジオンはひっこめという気運も高まるでしょうし)という話は、その後のガンダムシリーズでも大きな位置をしめていくことになります。

続編のZガンダムでは「宇宙新人類思想」を掲げて暗殺された男の息子が演説をし、ZZガンダムではジオン軍がほぼ唯一生き残った皇族の娘をひっぱりだして新たな御旗にすえようとしましたし(結局影武者でしたが)、戦争には目に見えるわかりやすい大義が必要というのは結構描かれてきましたからね。

今回の鉄オルも、紛争地域の少年兵問題を地球と火星の格差問題、ロコツな階級社会の軋轢を一手に受けさせられてしまっている労働階級や子供たちという形でけっこうやろうとしてて、そこにモビルスーツというケレン味でありファンタジーである要素をいれることで絵ヅラ的に見せ場を作ってるわけですから、やっぱり面白い。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/07 21:05
しかし…、今回もタカキくんのデスポエムは絶好調であり、下手したら「火垂るの墓」みたいに霊となった彼が回顧録を語ってるんじゃないだろうな…という不穏な感じになりました。
アストンくんがなんやかんやで護るとは思うのですが、この世界、何かを成そうとすれば何かを差し出さなければならない感じですからね…。

とりあえずあの鉄華団サイドの新参裏切り者はひどい結末を迎えて欲しい。
どっちが死んでもフウカちゃんが泣く感じになるでしょうからね…!

僕は普段は幼女派ではありませんが、鉄オルの幼女たちはみんな厳しい現実の中で小さな幸せを守ろうとするけなげな子たちであり、一期の双子はすでに兄を失っているんです。
だからよけいな不幸にはできるだけ巻き込まれないようただ祈るだけです。

だけど、この話ってどんな展開していくのかいまいちわからないですよね。
世界を革命するまでどこまでも広げるのか、小競り合いを制して終わっちゃうのか。
もう6話ってことは4分の1過ぎたんだけど…。
サクライさんも今は味方ですけど、どこかで必ず袂を分かつ相手ですよ?
どこから対決ムードになるんだろう。
その上、鉄華団は親の組織の兄貴たちからも煙たがられていて、一回はぶつかることになるでしょうし…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/07 21:05
今時点だけで片付けないといけない案件が

・地球支部の乱(今回の話)

・サクライさんを敵視するギャラルホルンの内輪もめ

・鉄華団、短期間に功績をあげすぎて既得権益アニキから疎まれるの巻

・サクライさん、共闘か対峙か?

・アトラちゃん、ミカさんをクーデリアお嬢様と仲良く共有したい「ハーレム計画」進行中

これだけあるのにもうあと20話切ってるんですよ。
まあ、色んなとこがvsマクギリスを画策して組んで襲ってくるのを鉄華団が牙となって迎え撃ち、全部返り討ちにしたのちにサクライさんがラスボスになる…みたいなのが自然かなぁ。

オープニングの画像で、足腰立たなくなってるミカさんが唯一動く左腕で宙をかく演出とかあるんですが、一期最終決戦で本気を出してガンダムと同調しすぎ、右手と右目が不自由になった(ガンダムにつながると使用可能に戻る)あれがどんどん広がって身体が不自由になっていくのでは疑惑もあるしなあ。

とにかく不安要素が多すぎる(⊃д⊂)
毎週毎週ハラハラさせてくれて、本当に楽しいですねえ。
■雑談■@kurotama
2016/11/07 21:05
■これこそがリスペクトからのオマージュである@デモゲの話。
・クリア後DLコンテンツ「柳生斬魔録 コール・オブ・グリモダール」をひとまず大クリアです。
謎の魔女によって鎮静化したはずのグリモダール城(デモゲ1の最終決戦場)が再び目覚め、それを以前下したデモンゲイザーは今、ケコンした竜の姫と新婚旅行に出かけていて居りません。

最近出始めたばかりの「ラジオ(電波でなく魔力で通信する)」によって前作のHENTAI猫娘ピーネ(管理人さんの匂いが大好きで、不在のスキに下着をあさったりする犯罪者です)からのピンチコールを受信した今作のデモンゲイザーが城の異変に挑む!
ということで、前作のデモンがなぜか敵となり、新旧デモン対決!という触れ込みでしたが、ラスボスも含めて前作とはほぼ関係ない感じでした(ノ∇`)

しかしですね、追加コンテンツのライター「ベニー松山」氏はデモゲ1の頃から熱心なファンとして知られており、開発元のエクスペリエンス(チームムラマサはここのチームのひとつです)の生番組に出るほどのデモゲファン。

氏は「侍」大好きっ子であり、ウィザードリィ作品を書くとほぼ絶対にサムライかニンジャが主役です。
「新釈・剣の街の異邦人」購入特典の小説もサムライが主人公でした。

なので今作も、剣異の設定を活かし、柳生十兵衛がこの世界に来た「異邦人」だったら、そして女体化して十兵衛ちゃんとなってて、そこに前作で主人公を助けるために魂を削って犠牲になったイケメン先パイお姉さんデモンゲイザーの魂が危機を感じて融合したら…と、トンデモ設定をかましてくれました。

彼というか彼女は様々な変化に戸惑いつつも、グリモダール城で起こる異変が世界をマジ滅ぼしかねないものとし、柳生流の封印の結界を作って城に立てこもっていたのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:01
それを主人公が敵とカンチガイして討ち取りますが、事情がありげで、同行者の武器屋はデモゲ1でお世話になっていたそのお姉さんデモンゲイザーが死んだはずなのに姿がそっくりだった為に助命を願った為、生かして連れ帰り、治療を施してあげるのです。

しかし、元から強い人間が「異邦人」となって何倍も強くなったおかげか、神を何十体も葬ってきた主人公パーティ相手にものすごいいい勝負してました。やりおるわー。
とりあえず範囲物理攻撃に即死効果乗せるのやめてくれませんかね(´・ω・`)
そういうルール外のことされるとよォーッ運ゲーになっちまうだろうがよォーッ。

ということで、防具の耐性のせいか、何度も何度も死ぬ子は蘇生させない感じで倒しました。

話に戻しますと、この城の地下では今、強大な「魔」を呼び出す儀式が行われていて、十兵衛ちゃんが張っていた結界が破られたことで召喚の儀式はおそらく終わってしまっているとのこと。

あわてて準備を整えて封印されていた地下への入り口に向かうと…。
黒衣の女が居て、最初は被害者めいた感じで主人公をだまそうとしますが、こんな魔界のような場所に1人で居る女がただものであるわけもなく、それにはひっかかりません。

あっさり正体を表した女は「自分は異世界の魔女であり、ここに来るとなぜか何倍もの力が出せる(彼女もまた異邦人ブーストをもらっているわけです)」と語り…、力があったらさあ…ヤるでしょ?と、世界を消滅させるほど大魔神を召喚しちゃったそうなのです。

この世界は光・中立(竜)・闇の3柱の神がかったぁまけたぁーとキャッキャしてバランスと取っているのですが、彼女はそれがちょう気にくわない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:02
止めれるものなら止めてみなさいと、障害を配置して彼女の幻影は消えてしまいます。
世界消滅までの時間はあとわずか。

主人公たちのたった数人にしか知られていない世界を救うダンジョン攻略が始まりますよ!

で、攻略して奥地にたどりつくと、サディスティックなことを言いながら襲ってくる魔女。
敵グラフィックはここから「バスタード!」の萩原一至先生のものになっていて、すこぶる良し。
キャラデザインと違い、モンスター絵は元から良いデモゲですが、萩原先生の描く魔女はもっと良い感じですねえ。

で、魔女だけあって、こちらの魔法の威力を下げ、自身の防御を2倍にする魔法を毎ターンのように使ってきて、手下も大量に召喚するため結構苦労させられましたが、一応撃破します。

デモゲ1のクリア後ダンジョンはランダムに呼び出されたデモンがいつ魔法消去を使ってくるか読めず、魔法消去を防ぐ防壁魔法が1回しか防げない為、1ターンに2回使われて魔法が全部消え、パーティ大壊滅とかあったんですが、デモゲ2ではそれをやられたのは一回のみ。

以前の怨念式鍛練法の時のボスで。手下を倒しまくって最大まで強めると、最後尾に強い魔法系雑魚が2匹居て、同じターンの間に魔法消去を2連続で使う為、側溝そいつを1体にしないと本当に詰むのです。リセットしかけたよ…。

で、魔女を倒すと彼女は敗北を認めながらも異界から来た大魔神をこの場に呼び寄せます。

その絶対的な存在はもはや人の力ではどうすることもできず、宇宙からきた侵略者さえ退けた主人公たちでさえ「無理だ」と直感でわかるほどの威圧感を放っており、それみたことか!と高笑いする魔女ですが、そこで登場した十兵衛ちゃんの中に居た先パイお姉さんデモンゲイザーの魂が「残った魂のすべてを邪眼に込めて魔神の力を抑える!」と、封印をかけてくれます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:02
なんとか戦える状態にまで弱体化された魔神の姿は…。

ベニー松山さんが大・大・大好きなウィザードリィのモンスター「マイルフィック」じゃないですか!

女神転生では「魔神パズス」として登場していますね。
実際は、ファミコン版のイラストを担当した末弥純(すえみ じゅん)氏がメソポタミアの邪神パズズ(疫病を運ぶとされた、風の邪神)の像をモチーフにデザインをした為、マイルフィック=パズスなのは日本の創作なんですが…。

ウィザードリィのパソコン版のグラフィックは製作者本人も認めるくらい「しょぼい」ですからね…。
ファミコン版のモンスターイラストはそれほどファンタジー好きに衝撃と歓喜で迎えられたのです。
ファンタジー系ゲームで見かける「ゴリマッチョな巨大悪魔」は確実に氏の描いた「グレーターデーモン」の影響下にあると思われるものが多いですから、けっしてバカにしたものではない…、そしてその影響を受けた1人がベニー松山氏であり、彼の書いたウィザードリィ小説「隣り合わせの灰と青春」では、ダンジョン攻略中に出会ってしまった「不幸」とでもいうべきシーンでマイルフィックにパーティが半壊させられたりしますからね。

実際、ラスボスの大魔道士ワードナ以外にゲーム中最強の魔法「ティルトウェイト」を使ってくる上に、せっかく上げたレベルをタッチするだけで3レベルも吸い取る「エナジードレイン」の使い手であるマイルフィックは悪夢そのものとしかいいようがない。

13レベルあれば魔法使いと僧侶が最高レベルの「7レベル魔法」を習得するため、一応ワードナに挑んでも平気とされているのですが、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:03
ティルトウェイトのダメージはパーティ全体に10〜150のダメージであり、生命力をよほど高めてある魔法使いでもHPは70あればマシなほう、普通の魔法使いは知恵や敏捷度を高くしたいと思うものですから、HPが40もないようなキャラばかり。
同様に盗賊もHPは低く、運が悪ければ開幕ティルトウェイトでパーティは壊滅してしまうのです。

お供にいる「ヴァンパイアロード」もエナジードレイン4レベル、さらに下位のお供「ヴァンパイア」もエナジードレイン2レベルの力を持っていますから、もしうっかり攻撃がヒットすればせっかく鍛えたNOUKIN共がシオシオになってしまい、しかも全滅したら死体はそのラスボスの部屋に放置されますからね(´・ω・`)

戦闘開始と終了でセーブされるため、本当にいやなら「リセット」すればいいのですが、あまりの衝撃にボタンを押してしまって結果が「保存」され、救出もできない為にサブキャラがいないと「本当に1からパーティを育て直し」になってしまいかねない。

実際にはあっけないくらいラスボスは倒せるのですが、うっかり彼の行動を許すまで生存させると上記のパターンで鍛え上げた13レベルパーティが本当に壊滅しかねないのです。

それくらい恐ろしい「ティルトウェイト」を使ってくる雑魚敵が最終層にウロチョロしてるっていうね。
マイルフィックは恐ろしい存在なのです。

ちなみにPC版(APPLEコンピューター版)は、マイルフィックが出現するとデータがあふれるのか何かしりませんがパソコンごとフリーズさせるという凶悪な特殊能力というかバグを抱えていたそうで、今のパソコンみたいにロードとか早くないんで、大変恐れられていましたね(たしかアップル版は自動セーブじゃないから、その回の冒険の成果は全部消し飛ぶし)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:03
その、伝説の悪魔が、20年以上を経て、ウィザードリィクローン(影響を受けて似た感じに作られたゲームのこと)のクリア後コンテンツのボスとして登場するなんて、これはうれしいサプライズです。

ふうふう、長くなってしまいましたが、それくらいテンションがあがりました!
ちなみに名前は「トゥルバディルス」となっていますが、どうみても萩原先生に「マイルフィック描いてw」とお願いし、古いゲーマーである(TRPG好きのはず)萩原センセも「OKww」となったのは目に見えています。

だいたいお供の名前が「フィックシード」ですからね(2ちゃんを見てたら、魔女のお供は「メイルシード」でバレバレやんけwとなってた)。

でね、開幕から、手下を2列分5匹召喚します。ティルトウェイトを再現したいんでしょうけど、後衛にいると1ターンに3回行動するうちの2回が、ゲーム中最強魔法の「オメガインパクト(これもティルトウェイトイメージの魔法です)」とは別に「終焉の業火」という特殊魔法を使ってきて、魔法防御を特に意識していないNOUKIN共の1400ぽっちくらいしかないHPを600とか700削るんです、それを2回。

そして、疫病を運ぶ厄神の再現の為に、沈黙・毒の2種のブレス攻撃も放ってきます。
魔法とブレスは参照パラメーターが違うので、魔法防御ではブレスは防げないんです。

それを食らって僧侶ちゃんが沈黙し、回復にあわわってなってる間になんとNOUKIN2名が死亡。
先ほどの魔女戦からの連戦ですから、敗北やリセットをするということは多大な時間的ロスを強いられることになり、負けられないしリセットもできません!時間もったいない!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:03
しょうがなくまだ5つしか持ってない虎の子の「神の手」を使ってみると「すべての魔法からダメージを受けなくなる」が出ましたので、かみのちからにすがって全滅を回避します。

2ターンめ、ブレスが来たら本当に全滅しかねない感じでしたが、前に出てきてくれたので、ペガッソちゃんに9回攻撃をしてくれて助かりました。
ペガッソちゃんはたゆまぬ努力で防御と回避を上げる装備を揃え続けてるので、敵の攻撃で「16回ヒット!」とでても被ダメ半減スキルを発動させて7ダメージに抑えるカタさ。
攻撃スキルの効能で防御がゼロになってたNOUKINちゃんはペガッソちゃんのおもらしで攻撃が直撃した時3000ダメージもらってましたから、ペガッソちゃんがいかにカタいかということですね。
両手に盾持ってるのは伊達じゃないわ。

((ぺ)) <お兄ちゃんはわたしが守る!

で、かみのちから に護られたあとはティルトウェイトが来ても大丈夫ですし、ちょっとずつ補助魔法で強化を重ね、HPを維持しながら、不測の事態(ブレス2連発など)に備えて、マイルフィックさんが後衛に下がったターンは1ターンだけ対ブレス防御を高める魔法とかを使って備えていました。

お供が魔法消去を使ってきたら詰んでましたが、幸い高度な補助魔法を使うばかりで魔法消去は使ってきませんでしたから、5ターンごと?(ボスは魔法消去や魅了を規定ターンで固定行動として使ってくるのです)の魔法消去ログを見逃さなければ後はNOUKINどもに削ってもらうだけです。

いやはや、燃えました。日本製RPGの王道パターン「世界を滅ぼす大魔王の召喚を阻止しきれず、主人公たちは世界の命運をかけた決死のラストバトルに挑む」は、ありきたりだけどやっぱりいい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:04
ダンジョンRPGだから、その強さはムービーとか泣けるシナリオで語られるのではありません。
しのぎ切れなければゲームオーバーの猛攻をギリギリで受け止めながら敵の行動パターンをその場でトライ&エラーで覚え、持てる戦法、アイテムの中でなんとかしなければならないという「圧倒的な強さ」で表現されます。
準備を怠る、装備更新を怠るなどのマイナスポイントが全て響いてくるわけで、これまでのプレイを試されているかのような強敵っぷりは大変よかった。

かみのちからがなければ、ティルトウェイト2連発来ただけでアタッカーが死亡するとかスゲーことになってたなぁ…。
ここまで来たデモゲプレイヤーなら初見撃破も無理とはいいませんが、うかつな方は開幕の極大魔法攻撃で壊滅して絶望しながら魔女戦からやりなおしをくらってたかもしれない…。
(実際wikiのQ&Aにラスボスの全体魔法対策の項目が用意されているほど厳しい)

まだ本当の最後の敵、繰り返してレア掘りする用のフロアと最終中の最終ボスが残っているんですが、それはまたゆっくり攻略しよう。
デモゲ2、先日の感想では「デモゲ1以下」みたいな書き方でしたが、ネットのデモンゲイザーたちがいうように「コールオブグリモダールはよし」という感じですね。

本編のクリア後に出てた「エルゴワルキューレ」さんとかなんだったんだろうなw
次代のかみをねらってたようですが、地下から来た大魔神に1ターンキルされそうなんだけど(´・ω・`)
にょたいか(他の作品ではナイスミドルのヴァンパイアですが、今回はなぜか女子になっている)程度で世界獲れるとか甘いんだよッ。
■雑談■@kurotama
2016/11/08 02:04
■バトガのこういうとこがスゴイ@バトガの話。
・まずはこれをご覧ください。演奏会イベントの様子です。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZlV4N29MNk5Odlk
バトガのハウジング要素(部屋を家具とか置いてカスタマイズするコンテンツのこと)「ほしもり合宿所」。
そこには個室(そんなに高くない費用で、個室・2人部屋・3人部屋・1フロアぶち抜き7人部屋を選択できて、1F・2Fと分かれている)地下室内プール、リビング、お風呂に加え、視聴学室(というかスタジオ)があります。

先日の花音・詩穂の母校「奏乃宮女学園」もたいそうなお金持ち校でしたけど、なにげに星守たちの「神樹ヶ峰女学園」も結構施設にはお金かけてるよなぁ。

そこで、文化祭イベントの一つとして「4人で組ませて演奏を練習させ、一定ポイントまで訓練したら発表しよう」というのが追加されました。やり方としては

@組ませたい4人をスタジオに入居させる
Aイベントで入手できる「楽譜」をプレゼントすることで熟練度アップ
B一定値以上にあげたのち、何度か様子を見に行くと(1〜2回)演奏会に招かれる

感じでした。
メンバーを交代すると熟練度は0になってしまいますが、そもそも満タンにする為の楽譜は結構簡単に入手できるので、みたいと思った組み合わせで気軽にやっちゃってOKです。
ゲーム要素や経験値などでのプラスは一切ありませんが、バトガはアクションRPGでもありますが、基本的にはキャラゲーなので、好きな子の色んな姿を見てキャッキャするものですからね。

演奏されているのもフォルテシモ(花音&詩穂のアイドルユニット)の代表曲のオーケストラ版ですし。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/08 20:51
ちなみに11/30までの期限付きですが、17日からはロック版も選択できるようになるとか。
今回うちはみんな「学際準備用のツナギ衣装」で固めてますが(ひとり水着がいますけど)、ロック版では各自のアイドル衣装を持ってきて色んなチームをまぜこぜにしてもいいわけです。

何かトクがあるの?って言われれば1_もありませんが、そんなお金にもならないことにシステムを作って実装するこのコロプラのサービス精神は本当に素晴らしい。
メインでやっているとあるゲームがカネの話しかしないのにうんざりしているので、こういう遊び心のあるイベントって楽しくなります。

明日からは文化祭イベントのあれこれを描いた18人全員分の「星守ダイアリー 〜あの子と過ごす学園祭」が始まります。
ゲーム中の行動にポイントが設定されて、溜めたポイントを支払って好きな女の子の学園祭ミニストーリーを見ちゃおうというキャラ掘り下げ企画です。

去年は後夜祭のフォークダンスの時の様子を全員分やりましたねえ。
どの子のもほほえましくて、IMADAKE先生を独り占め…となっててとってもよかった。

これ、ポイントが貯まる要項の中に「稼いだ経験値の1.5倍ポイントゲット」があるおかげで、毎日あるチケット消費制クエストの月・木・土にある「経験値稼ぎ」に参加するだけで10万ずつくらい稼げるからほとんど苦労せずに貯められるのよね。

これもいわゆるプレイ時間を稼ぐためにひたすら苦行を強いる要素の一つではあるんですが、返ってくるものには見返り(キャラの新ストーリー)があるわけで、十分やる価値はあるよなあ(経験値クエストはロード時間を除けば1回50秒くらいかなー)。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/08 20:51
10月以降、今期のバトガはイベント目白押しでアップアップになりそうなくらいになってて、とても「ヒマガ」ではないのがいい。
前期はちょっと「やることが3週間なにもないんだが…ヒマガじゃね?」と言われ続けてましたからね。

ちなみに明日のイベントを入れると今現在

・秋葉原キュアメイドカフェとのコラボ&コラボ投票イベント
・星守メイドカフェ(前編・後編)
・メイドカフェ記念協力バトル開催
・ほしもり演奏会
・星守ダイアリー

と全部同時並行しています。
ちなみにどれも「星のかけらを回収したらやらなくてもやってもいい」というイベントなので、強制とかIMADAKEHAYOSENA感はないですね。
うちは今回、メイドカードを1枚も引いていないので「星守メイドカフェ」のポイントが毎日5回、運営の助っ人キャラ(武器+衣装で+75%上がる上に「助っ人ボーナス」でポイント3倍になる)を使ってきっちりプレイしないと最後までごほうびがもらいきれないので、あと14日くらいいやでも毎日5回やらないとダメですが…。

そこでのドロップ品に「協力バトルを○十分プレイしないと買えない素材」が高い確率で出土する為、協力プレイダルイめんどくさいとやってない僕には普通に美味しい。

ここはやらないといけない要素に「星のかけら(ガチャがひける石)」を用意し、プレイヤーの意志でやりたくなるキャラクター要素を用意して、ノルマを低めに設定してくれるので、他の所で聞いてるような「ランキング戦で勝つためには廃人プレイ+石油王かよってくらいの課金を求められる」みたいなのは縁がないのですよ。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/08 20:52
あくまで「キャラクターを好きになってもらって、キャラ欲しさにもっとガチャしたいとかなら課金すれば良い」なんですよね。
これのもっとも割り切ってて「儲ける気ナシ」と言い切ってるし実際にやってるのが「艦これ」ですが(ソゲではなくブラウザゲーですが)、バトガもスタミナ要素なし、ランキング要素薄め、課金なしでも普通に最前線に行けるなどなど、よくいわれている悪質であこぎなソゲの香りはないんだよなぁ。
なにより、運営のキャラ愛が結構すごい。
最近は「マジでこれOKだしたの?」っていうようなクソシナリオやキャラ崩壊、「より親密なストーリー」のはずなのにただの雑談で終わってしまって「これ大枚はたいて入手した人どう思ってんだろなw」となるのも散見されるようになりましたが…。

登場人数をしぼって、次々出さないようにすることで深く描いていきたい、みなさんにもこの子たちを好きになって行って欲しいというコンセプトはブレてないのよね。

【告知】ジョジョ第4部第32話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/8(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/11/08 20:52
■明日からファミ通防衛戦!@PSO2の話。
・うーん、防衛って聞くだけで「ギスギス?」と連想できてしまうのがいやですね(ノ∇`)
コレクトファイルと、成功/失敗モノクエストの相性が悪すぎる。
野良の面々に恵まれずに塔三本折れて「失敗」となった時ファイルが進むのかどうかが心配ですね。
どっちにしても進む場合でも最終ウェーブに進むことで登場する敵の項目は伸びなかったりするでしょうしね。

僕的に必要なオービット(移動中にPPを急速回復したい武器種)というと…。

Gu用のTMG→持ってる
Ra用のランチャー→持ってる
Fi用のどれか→持ってない!
Hu用のどれか→持ってないぞー。
Br用のどれか→欲しいことは欲しいが(ギクスカタナは持ち替えで威力減るし)
Bo用のどれか→そんなにBoで活動しないし。
Su用のどれか→コレクトファイルにオービットタクトはなかった。

これでいくと、シート枠3としてFiとHuのが一応欲しい、かな。
Brも弓運用をする際にあるのもいいかもしれない。

以前の交換品で、ナックル・ソード・弓は出てしまっているので、今回のファイルで得られるのはダガー・ダブセ・パルチ・ワイヤー・カタナということになるのかな?
オービットライフルを狙えば、Gu/Raでwb抱えたまま行動する時に便利ですが、wbに捕らわれるTMGしばりが発生するくらいならRa/Huでいい。今のRa/Huはランチャー周りが実に充実して自由に使えるのでストレス一切ないしね。

しかし何よりも、直ドロしかしないというガンスラが出てくれれば一本で済むうえ、Suでも使えるのよねー。
先日Su/Fiもなかなか良いと言ってましたが、Su/GuのPP回収率に慣れた身ではPP周りがキツいと感じました。
出ると良いけど、あまり期待はできないなー。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/09 02:06
性能周りは以前のオービットと潜在が同じ、性能もほぼ同じなので、1本取るだけでも「電池」として活用できるという意味では良い感じ。
あとは「ファミ通買ったらトリガーが得られる」を活かす為に一周クリアあたりの伸び値をどのあたりに設定するか…ですね。
一回の防衛で2周までできるとして20周以内に収まってくれないと厳しいけど…?
運営の用意した機会だけでも一応もらえるようになっててほしいなぁ。

でもこの「アタリ武器が欲しすぎて欲し死しそう」っていうのは去年のPP回収鬼ガンスラ「クイーンヴィエラ」以来です。
あの後、TMGはヴィエラ様に頼らずとも十分なPP回復力を入手した為自然と消えてしまいましたけど…。
でも最近のPSO2の場合「(緊急12名パーティが)成立するのかどうか」のほうが切実ですからねw
初週の日曜までに用件は済ませておきたい所。

エキスパートブロックも最近全然エキスパ感ないからなぁ。未クラフトの★11武器かついで平気な感じの方増えて来たし。

■今日、今気づきました@雑談。
・掲示板跡地11(2回前の跡地)に「ブログ気持玉」が入ってるじゃないですか。
跡地は5月のものですが、頂いた日付を見るとつい最近(10/26)ですね。
コメント欄は外からのワード検索でひっかかりにくい為、なかなか引っかからないと思うのですが、めっちゃ分量のある跡地を後から読んでくださってる方がいるんでしょうかねヽ(´ー`)ノ
基本的にひとりごとを好き勝手にのたまっているだけなので、リアクションがもらえると嬉しいですねっ。
気持玉にはネガティブイメージのある項目がない為、書いた人が深い悲しみに包まれないようになっていますが「びっくり」なのが気になるw
気持玉、ありがとうございますっ。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/09 02:06
【終了】ジョジョ第4部第32話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はZyklonさん、MEIKOニューマンさんが来てくださいまして、おしゃべりをしたりJOJOを見たりしました!
このJOJO鑑賞&感想会、JOJOが39話で終わるようなのですが、おしゃべりする機会としてまたその時の作品でも話の肴にしながら続行できればとは思っていますー。

そんなわけで7月15日に起きた4つの事件を描いた話の第二話ですが…。

・鉄塔の男との決着編
・露伴先生のもとに訪れた謎の男
・消えた康一くんと新たなスタンド「エニグマ」との対決

を中心に描かれました。

鉄塔の男は彼のスタンドの能力を逆に活用して勝利します(すごく端的に書くとこうなるな…)。
見ている方から「結局この塔の男は吉良吉影の父(in写真)に矢で作られたスタンド使い」だったのか「人間嫌いが講じて鉄塔に住んだこととスタンド使いに関連はあるのか」などの詳細がわからないままという指摘がありました。

しかしJOJO第四部にはこのような「もやっとして解決してない出来事」がたくさんあるようで、ファンの間でもしばしば議論の対象になっているようですねw
ハイウェイスターの導入で露伴先生が見た「吉良の殺害現場の再現シーン」とか、結局今の今まで一切説明もされていないそうですよ!w

でも「週刊誌だから描いてるうちに予定なんか変わるだろ」というオトナな解釈より、何があったのかについて語り合うほうが面白いとも思いますね。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/09 02:07
先日ご紹介した「91DAY’S」もいろんな想像の余地がある結末がよかったのですが、あれはまあそれを狙って作ってると思うんです。
見た人がどう解釈するかでいかようにもとれるように。

だけど、忙しい週刊連載の中、話の解決に重点を置いたらいつのまにか謎のまま終わったけどまあいいかw という要素もアリだと思うんです。
しかも「回収し忘れた、もしくはしてるヒマがなかったのでできなかった伏線」とかじゃないんですよ。
気にしなければわりとどうでもいい要素ですが、何度も読み返して理解を深めると「あれはなんだったんだよw」となる。
アラ探しのアラといえばそうなんですが、全てが明確にわからなくてもいいとも思えます。

漫画からアニメにしたことで違和感が浮き彫りになったらしい露伴先生がハイウェイスターの「時速60km以下で移動していると捕らえられ、そこから脱出することは不可能」という能力から仗助くんを逃がすために、自身のスタンドの力を振り絞って「70kmで後ろに吹っ飛ぶ」と書き込むシーンも、アニメだとくそまじめに露伴先生のからみて後ろに吹っ飛ぶとトンネルの壁面にあたるだけで、すぐに追いつかれて仗助くんとJOJO第四部が終了するところでしたが、ご丁寧にトンネルから飛び出るくらい…、見た目で言うと200mくらい移動してるんですよ。

だけど全体の流れで見るとあのシーンは「嫌いなやつだけど助けなければ共倒れだ」と仗助くんに自分の命と事件の解決を託すという燃える展開でしたからね。

突っ込みどころだらけのダメ漫画ならここまでの評価は得ていませんから、突っ込みも楽しんでやらないとと思います。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/09 02:08
で、中心はやはり危機が目の前に迫っている「エニグマ」戦ですが、どうやらそのスタンドは「相手の恐怖のサインを観察によって発見し、確認した後でもう一度そのサインを出させれば回避不能脱出不能の暗号(謎=エニグマ)となって意識もないまま紙に閉じ込められてしまう」らしいですね。

エニグマの使い手は登場の仕方やハッタリなどで相手の恐怖を引き出し、確認したらエニグマで捉えるので「初見殺し」どころではありません。完全に使い手の脳内で条件が成立して、気づくこともなく葬られるわけです。
こいつはエグすぎる…。

今の所、実母の倒れている様を見て起きた仗助くんの恐怖のサイン「下唇を噛む」を発見したエニグマ使いですが、仗助くんに勝利のメがあるとしたら「恐怖ではなく怒りのサインだった(二度目が起きてもエニグマの発動条件を満たしていない)」「自身が負けるかもという形では最後まで恐怖しない(条件を満たせずに同行者の噴上裕也の「匂いで追跡する能力」で居場所を見破られ敗北)」とかでしょうかねえ。

現地でも話題に出ていたのですが「第四部は唯一の回復可能なキャラが自分を治せない」「距離が短い」「死んでしまうと治療できない」などなど、制約がたくさんあるおかげでだいぶ緊張感が出ていますよね。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/09 02:08
ファンタジーものなどでは「回復魔法」の扱いは大変なんです。見栄え的にケガしてもピロンって治るのは絵ヅラ的に緊張感でないものね。
なので制限を付けたりしてなんとか「万能の治療手段」にはしないよう頑張っています。

JOJOも派手な展開の為には多少治せたほうがいいとは思っても、それが無敵の回復キャラだったら緊張感もへったくれもない。
なので「戦闘が無事終わりさえすれば生存者は次回の戦いに後遺症がない」だけのものとなっている感じです。

この辺はうまいかなーと思いますね。
しかも仗助くんがケガをする度に「やめて!彼の指とかもげたら主人公的に画面構成に支障がでちゃうよう」とか、いらない心配をしなくてはいけませんから。
他のキャラなら「うわ派手にやられたwまあ死んでなければ治してもらえるっしょ」と鼻ホジ状態で見ていられますから、心配度が違いすぎる。
でも今回で32ってことはあと7話しかない…?
吉良さんとやりあうのに使う尺を考えるともう結構終盤に来てるってことですねえ。
まあエニグマは今週時点では0ターンキルになりかねない勢いですから、それを潜り抜けないとですが…。

今回も面白かったです。
おつきあいしてくださった方もありがとうございましたー!
■終了■@kurotama
2016/11/09 02:08
■挑戦状キツイ(ノ∇`)@PSO2の話。
・うん、結論からいいますと

出待ちで瞬殺できると思ってる人たちが待ち構えた方がよくね?と考え直さないとクリアは無理という感じでした。

敵アイコンがあるほうに右に左に走ってる子が多い状態だといいように足の速い雑魚に塔に取りつかれて終了という感じ。
20時の2回はクリアできなかったんですが「北で出待ち→止められずに抜けられた雑魚1〜2匹に拠点攻めされる」で攻められ、それをしのいでも4〜5の重めのボスに全員群がってるうちに他のボスがわいてそちらの手が足りず圧殺されるという感じでしたね。

ソケットの浄化ができないため、ソルプラさん(ソケット汚染弾でどんどん汚していくやつ)を倒そう!となってるのですが、防衛名物「ソルプラさんいなくてもソケット汚染すすんどるやんけ」で使用不可のソケットがどんどん増えていくという。

しかし待ち構えたからラクショーかというとそうでもなく、ダーカーに限らず「足が速く、塔破壊力の高いエネミー」を多数配置されてる上にボスがほんと、重量級のガチムチばかりなのよね(´・ω・`)

これは挑戦状としては面白いけど、回数こなすコレクトファイルを進めるのと合ってないなー。
明日あたりにはもうきっと「前衛は来るな」と言われてしまうことでしょうね(個人的にはボスを速攻撃破するためにFiさんとか居て欲しいが…右往左往しないでボスを始末できる人ね)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/09 21:00
まあうちもRaで参加してたんですが2回とも失敗してるんだからエラソーなことは言えません(ノ∇`)
周りのせいにはできないよなぁ。
ファミ通ウォール破壊、戦闘機、塔のおでき破壊にはwbが効くので、やはりRaはいて損がないと思いますがねー。
あと、スフィアイレイザーがゴキちゃんを本当に一掃できるので、ソロでも1集団くらいは始末できるのはなかなかすごい。

2回やってきた感じでは「よそのプレイヤー(ファミ通側)がよく研究してぼくのかんがえたてごわいぼうえい」を作った感じ。
防衛の小技である「ゾンディできるやつは待ち構えて火力を集中させて瞬殺」「ボスが出たらいの一番でウォクラし、引っ張り倒してその間に石を集めておく」「戦闘機が出たら即始末」など、きちんと防衛しないとダメな作りとなっていて、腕利きゲーマー編集者を多く抱えるあの雑誌っぽいと思いましたね。

高難度を求めていた方には嬉しいかもですが、失敗ではコレクトが1_も進まないというのはやはり荒れる原因にしかならんよなー。

ガバスチケットのほうはなかなか興味深い品も多かったんですが、必要枚数が多いなーこれ。
ライディングクエスト行ってくれということでしょうけど、そのやる気はでないですねw

22時の回ではクリアしてみたいと思ってエキスパート上位ブロックに来てみましたが、どうなることやら…。
■雑談■@kurotama
2016/11/09 21:01
■うーん、難しいね@PSO2の話。
・というわけで今日はコレクトファイルを5つにする為にプレミアムチケットを使ったので、プレミアムブロックでプレイできるのです。
それを使ってB-20に潜り込んでやってきました。
おそらく皆さんベテランアークスなので、3−4回も経験すればすぐにスイッチが「これやばいクエストだわ」と切り替わったと思うのですが、なんとかクリアできていましたね。

★13が出たからおほっと思ったら、ただのリフォルス(ガルグリからでるやつ)でがっかりでした…。
たくさんブーストをかけて時限インストも入れて見て(採掘基地でいいはず…)、合計2回クリアで一番上がりにくいエクソーダの項目が24.3、ランダム要素?があるやつは38.4%だったので、7〜8回もクリアすれば1シート埋まるのかなー。

幸い、オービットシリーズは属性20でも「電池」としては活用できますのでHu・Fi・Br・Ra(Gu)・Boでも「電池」活用できるようにしました。
期間は短いですが、1周すればいいという条件ならばまだやっていけそうですねー。
頑張ってファイル1周は終わらせたい所。

■改心の衣装?@PSO2の話。
・今回のアイドル衣装のベストが「上着なのにちちぶくろ化している異常な状態」を脱却してくれました。
ちちぶくろというのは「裸の絵を描いてその上に衣装の模様を描きこんだ」のように、体型がぴっちり浮き出る描き方のことで、主にギャルゲ・エ□ゲなどで制服などをもっさりずん胴にしない為に作られたと思われる「煽りテク」の一つです。

現実の女性用衣装でも、数年前から遊びのないぴっちりしたニット地のセーターとか出たりして、それにソフトタイプのジーンズでぴっちりさせると、きちんと着衣しているのに体のラインはほぼ丸見えみたいなの増えてきましたよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/09 23:17
スタイルに自信のあるお嬢さんなら結構ステキな感じですが…。

まあPSO2のほうも、レイヤリングウェアになってからはこのちちぶくろ状態となっていまして、胸部の盛り上がりはいいとしても、下のくびれというか乗っかるとこの奥にまで布地がぴっちりくっついてて「ボディペイント衣装」と揶揄されてましたよね。
PSO2もある意味、エ□キャラクリで売っているとこもあるんでいいのですが(嫌な人は着なければよい)、上着の胸元の下にもね、くびれがカッキーンとついてまして、ここのデザイナーはあたまおかしいんじゃねーのと思っていたんですよ。

それが今回のアイドル衣装が、ベースはいつも通りのボディペ衣装で胸のくびれまで布が入り込んでくっきりでてるのですが、上着は比較的自然なんですよ。

先日から思っているんですが、4月に実装された大和やレイヤリングとかの新要素に対するフィードバック(反応を見て方針を変える)が、半年を経て適用されたのがここの所出て来てるんじゃないかなと。
コレクトファイルもわりと現実的な周回数となってますし、ギャザリングの緩和もされますよね(なくせばいいのにというのはもう言ってもしょうがないので言わない)。

半年じゃ遅いと思いはしますが、反応があるだけマシとも言えますからね。
手放しで絶賛する気にはなりませんが、よくなっていくのなら歓迎しますぞー。
■雑談■@kurotama
2016/11/09 23:17
■風邪ひきました(⊃д⊂)@雑談。
・ここの所で温度変化でキュウとやられました…。
基本的に睡眠時間の少ない黒玉さんは体力(免疫力)が低い為、こういうのにいっつも持ってかれるのよね(´・ω・`)
花粉でも風邪でも役に立つ「パブロン鼻炎カプセル」様には足向けて寝られませんなあ。

■コロプラが不調だそうです@バトガの話。
・かしこい新聞のニュースでコロプラの半期決済の報告がされてたとスレ内で話題になってて、読んでみたら「白猫プロジェクト」が不調で前年の64%減収だったそうです。

白猫プロジェクトといえば、バトガと同じく「ぷにコン」によって操作する、ソゲにしてはわりと本格的なアクションゲーム。
だけど、僕は絵柄が合わないので特にやってなかったんです。
あちらはガチャの度にサイキョーが入れ替わり、あまりに強すぎてゲームにならないので協力バトルに参加すると「一人でやってろぼけ(自分に出なかったので妬ましいです)」と抜けられたり、「○○持ってないやつは出てけよクソが」と排他しようとするなど、いい話が一切聞こえてこない有様。

だいたい「白猫プロジェクト」のCMってゲーム画面ほとんどうつさずに「快適なコミュニケーションツールでカノジョもできちゃうかも!」みたいなリア充っぽいのばかりでしたからね。
バトガはそこ正直にゲーム画面で押したらキチガイから「なでなでが気色悪い」と噛み付かれましたからw(しかしお茶の間に流れたらはうっと空気が止まるのは否定できない)

で、まあ評価が下がり続けたので、バトガのスタッフを借りて「白猫テニス」なるものに鞍替えしようとしたのですが、ファンタジー冒険ゲームのキャラがどうしてテニスやってんの?というのを良い方に見てもらえはしなかったようで…ありていにいえば「迷走」してた模様です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/10 21:30

我らがバトガはあれこれあっても評判は高い…はず…で、以前の感じだと「居ついたユーザーの接続率(毎日ログインしてるかどうか)は超優良。新規の定着度は並〜下、課金額はそこそこ〜下」みたいな感じでした。

■追記:きちんと調べてきたらバトガはあらゆる方面で下がり調子とのこと…!鳴り物入りで始まったドラゴンプロジェクトが爆死に等しい有様なのでビリではないだけであり、その失敗が白猫の失敗と合わさって全体的に縮小傾向となってるわけで一切笑えない話。
というか、バトガのユーザー規模ちいさっwww 白猫が地球の大きさとした場合、バトガは月くらいの大きさしかないぞ…。

で、この減収発表を受けてコロプラの株価が一気に8割に(⊃д⊂)
はわわ…なんだかこれ、大本が終わるせいでバトガ自体も終了しかねない…。鬼斬りアニメみたいに、アニメ放送時にはもうゲーム本編終わってるけどね★ってなりかねないよう。こええええ。

まあ、課金については正直「石が高すぎる」と言われてて、僕が良く「確定!確定!」とキャッキャしてるように、確定枠がないと厳しい出現率の為、確定ガチャについていけるように補充する感じのようですねえ。

でも10連ガチャ(11枚めが★4確定)は250個単位なのに、9800円支払っても700個ですから、ちょっとお高いと言われているわけです。

ちなみに白猫はバトガの約3倍稼いでいたそうで、その潤沢な資金を背景に「アニメ化ありき」で企画されたのがバトガですから…。
バトガの存続まで怪しくなってきましたね(;´ρ`)
白猫はまだ一般向けと言える内容だったけど、バトガはどうみてもオタク向けだからなあ。

しかしこの関連で調べていたら、つい先日の生放送中に「ハズレくじしかない箱」をゲストに引かせて場が凍りついたという事件があったようですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/10 21:30
ガチャの「アタリ」も操作されているのでは疑惑で騒いでいた白猫ユーザーからは怒りと諦めが噴出したようで…。
バトガ名物「カブりまくって泣けてくる^^;」がいかにあまっちょろいかという感じですw
お前ら季節の確定ガチャではアタリ引かせてもらってるやろがい!というね。

まあ実際はポイントポイントで「性能的に大当たりの記念的カード」を確定権なしで実行したりしてますけど、彼らもそこでもうけてるんだから文句言う気にはならんですよ。

■こういうとこで運つかわなくていいから@雑談。
・なんか久々にコンビニのからあげ食べたいナーと思ってミニストップに行ったら、700円以上お買い上げでくじがひけるそうで…。
レジのお姉ちゃんが詳しく説明してくれなかったんでよくわからないけどひいてみたら、日本酒があたりました。
あ、これ未成年版と成人版に分かれてて、僕が引いたのは成人版だったのか。
税抜き600円くらいの商品がタダでもらえるなんてハッピーですが、僕日本酒あまり飲まないのよなァ。

日本酒では昔ちょっとやらかしちゃって(暴力とかHANZAIじゃあないよ)外では「はは、昔その…ええ、ヤッちまったもンで、へへ」と固くお断りしている、僕にとってはトラウマ案件。
あとねー、酸味の強いやつはあまり好きじゃないのと、いわゆる「お酒くさぁい」アノ感じがねえ。
一回お酒飲みから「良い日本酒」を振る舞われた時「ンマーイ!」となったので、まあ質によるんでしょうけどね。

というわけで、ミニストップのHPに行くと、大当たりは「高級食材1kgがあたるかも!」だったそうで、それからしたら中アタリですね。
黒毛和牛1kgとかちょう欲しかったなw

どっちにしてもアタリを引くなんてラッキーですぞー。
■雑談■@kurotama
2016/11/10 21:31
■パルチザンの不幸@PSO2の話。
・うん、さすが上位ブロックのネッキー緊急はクリアは当然になって来た感じです。なんとかあと5回?クリアでオービットを1本ずつもらって撤退したい所です。
アムチの時もそうですがPSO2はもう先行逃げ切りでもらうものだけさっさともらった方が快適なゲームになりました(´・ω・`)
エキスパートブロックにも多くの初心者がゴリ押しクリアして入ってきたため、もうあの実装時の快適さは消え去っています。
上位ブロックなら平気でしょ^^と思うと「そこだからこそ」他力本願プレイヤーが入ってきてしまっていて、組み合わせによっては大変なめにあうことになりますね…。
そのせいで「マルチガチャ」という言葉まで生まれている模様。

で、パルチザンです。
コレクトファイルの左上は「LV80以上のAISエクソーダ撃破」で上がるのですが、クエスト指定はないので終焉でもOKです。いつかはこなせるので放っておいてもよし。
しかし問題は右上です。
右上にはメカ犬、グランゾさんなどが並びますが、メカ犬はウェーブの序盤に登場するのでまず100%撃破されます。
そしてグランゾさんはウェーブ5の目玉ボスであり、この緊急でのみ使う「メガグランキャノン(こちらで勝手に命名。某スーパーロボット大戦の名物オリジナルメカ「グランゾン」になぞらえて、ブラックホールクラスターとか縮退砲とかいう方もいる)」を撃たれると塔が一本折られてしまうのです。
グランゾさんは色々燃えるヤツだな…採掘場跡・リリチのメカエネミーは見れば見るほどイカしてるので大変大好きです。
ガンカイザーとか、ガノンバルガーとかは飼いたいくらい好きです。

ただしメカ犬だけは世界観違うんでなんかダメです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 00:22
下位種のメカ犬たちはあんなにキュートなのに、どうしてボスになると子供向けアニメの機械犬みたいになるんだよ…。
はっきりいうと「ZOIDS」ですよね(あっちのほうがカッチョいいけど)。

あ、話がずれましたが、そんな中パルチザンだけがね、右上項目が「ディアボイグリシス」なんですよ。
彼奴はウェーブ6の最後に登場するのですが、グランゾさんのように時間切れ撤退時の「塔破壊攻撃」を別に持ってないので、ウォクラで釣って北に隔離しよう」という戦法が確立されてしまいました(´・ω・`)KUSOGA

つまり何もわからない初回では倒してましたけど、わかってくればあいつを倒すくらいなら他の始末して塔HP確保しようぜーとなったわけです。
しかもパルチ。今回のコレクトファイルでディアボさんを求められるのはなんとパルチのみ。
パルチを欲しがるのなんかメインHuのみですから、誰も話題にもしないし騒がないというね…。
ワイヤーかパルチか迷ったんですが、ここワイヤーにしておけばよかったなー(ワイヤーはメカ犬なので大変容易)。

運営もその変分かってて、ディアボさんは伸び率が大変高く、2回倒しただけで77%に上がっていますが…、このままだとあと2回ディアボさん倒してもらうっていうのさえ厳しそうな気がするなあ。
他の4つの武器はもうあと5回のクリアで確実に100%いくし、左下・右下の項目は要求レベルも低いし他のクエストでも進行できるのでどうでもいい。

独極でも進行可ならよかったのに、まいったよなぁ。
こうなったら最終waveはRaとしては甚だ迷惑な行動ですが、ディアボ削り班に張り付くしかないか。
ベーアリさんとか、Raソロで倒せるくらいHP低かったし(誰も援護に来てくれなかったのでつい)、ディアボもノーマルタイプなら削れるかもしれない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 00:23
あ、ちなみにあれです、チャレンジ始動のステージ7でディアボさんを釣るコツを色々教わったおかげで、Raでもディアボさんを釣って北に運び、タゲを忘れたころにワンポで呼びなおして更に誘導っていうのが上手く出来ます(あの鳥、本当になんかの行動でタゲ移るのよね…)。
ありがとうございました!
もちろん一定のあたりまで誘導したらその場で回避等して張り付かせ、追い付いてきたガチムチの前衛さんたちに襲って頂いて引継ぎしています。
先日から思ってるんですが、アウラライフルものすげーお役立ちです。
被ダメ15%減の恩恵のおかげで勇気を出してタゲ取りできるからダイブロールの回避も大分うまくなったし、仮に食らっても倒されることなどまずありませんね(HP高め防具に変えてあるし)。

■追記:これ書いてる間のネッキーでディアボ張り付き大撃破という迷惑行為によって無事ディアボ項目終わらせました。
もうこんな悪いことはしないので許してください(ノ∇`)
もし今後、ディアボに張り付いて足止め以上に倒そうとしてる子がいたら、コレクトファイルでパルチを選んだ悲劇の子なのかもしれません。
運営の適当な設定でひどいめに合わされている被害者なので生暖かい目で見守ってあげると良いと思います。
よしよし、後3回クリアでネッキーもほぼ卒業できるぞう。
今調べたら、明日は夜に一回しかないので、最速でも土曜日の午前11時までかかるのかー。
これ、一か月で3周するのさえギリギリじゃないかな。ひどいもんだ。

しかしネットの人たちのアレのせいで、エクソーダがビーム発射しそうになってても「ブラスター壊すな」に捕らわれてる人が多くて悲しいです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 00:23
その時壁に阻まれていて、Raとしたはまず壁を壊さないとアレなので壁相手にエンドアトラクトとかサテライトカノンしてたんですが、どちらもチャージPAなので奮闘してるお仲間さんのアレをやきもきしながら見守っていたんです。

ブラスターを壊してフリー移動にするのはバルカンが塔に当たった時にひどいので確かに終焉ではブラスター壊すなとはなってましたけど(ヴォルグ・バニシュでトドメを刺そうとしてる人やRaのサテカノでやろうとしている人からしたら動かれたら外れてしまうというのもある。PSO2の○○するなは大抵「俺の攻撃が外れるからやめろ」といいたいだけだったりする)、撃たれて塔HP減るくらいならブラスター折っちゃっていいんだぜ…!
本体よりはやわらかいのは確かなんだし。
でもそれやるとキレる人もいそうとか思うとなかなかねー。わかります。
僕も戦闘機出た時は必死で走ってますけど、いつ「戦闘機」って言われるかビクビクしてますからね。
でもXH戦闘機はあれRaいないとかなり難しいのでは。地上の敵みたいにHP下げてあればいいけど、気のせいかAISでないと潰してられないあのカタさのままだった気がする。

■いつの間にか終わってたニャウ@雑談。
・先日「5分アニメ」として宣伝をしていた「鬼斬り」。
このゲームは本編がMMOで、次にアクションMOとしてサービスをしましたが半年でサービス終了(アニメが始まる前にサービスが終わった!)、そしてアニメでは「鬼斬りもばいる」はっじまっるよー!として7月からサービス開始(予定より3か月遅れ)し、この11月で4か月のサービスを終了するそうです(´・ω・`)

プロジェクト立ち上げって素人考えだと結構カネかかるイメージなんですが、こんなに矢継早に切って大丈夫なの?

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 00:24
まあこれ以上やっても見込みのないものを続けてても機器の維持費や開発・運営スタッフの確保でカネ減っていく一方だもんな…。

調べてきたら1か月でプレイヤー人数が500人以下だったようで…。
アニメの宣伝効果で触った人は多かったでしょうが、ゲーム自体が相当イマイチだったようで。

ネトゲ業界もユーザーに飽きられてきてるのか、なかなか厳しいものがありますよねえ。
先ほどの白猫プロジェクトの話とかも、まさかそんなに悪いとは思わなかった。

若者の所持率の高さから一気に広がって、据え置きゲームを食いつぶしながら発展して、焼畑的にユーザーからカネを絞り上げてその悪辣さがバレてきて「ゲーム」自体を巻き添えに自爆かぁ…。
はた迷惑な話だぜーッ。
まああのままゲーム業界が進んでてもどのみち衰退したから「ゲームってグラフィックの美麗さよりゲームとして面白いかどうかでしょ?」というのを低性能だった時代のスマホで再確認させた功績はある、よなぁ。

あとは超リアル志向の「ファイナルファンタジー15」がきちんと評価されるかですね。
あれはあれが評価されれば「日本のトップ開発がリアル路線(海外ゲーの独壇場)に行ったらどうなるか」という試金石でもあると思うし。
僕はあれだ、ノムファン(野村哲也氏が制作で主導権を握るFFシリーズ)は結構です。
あまりに開発が進まず、企業的判断で途中で降板させられたみたいですがw
■雑談■@kurotama
2016/11/11 00:24
■移動できる大口径ビームランチャー砲台@PSO2の話。
・シューティングゲームの自機(プレイヤーのこと)って「グラディウス」のビックバイパーを始めとして「高火力を備えた単機で敵陣に突入し、対軍隊用の組織である敵の意表をついて奥地に強襲、ターゲットを撃破して速やかに離脱」という、いわゆる「電撃作戦」のような感じのが多いですよね。
その小さな機体のどこに弾積んでんだよwとか、レーザーだとしてもその異常な大出力でもっと自分とか守れないわけ?とか色々疑問がわきますが、設定的に燃えるじゃないですか。

攻撃力に一点特化した機体で敵の猛攻はパイロットの技術で潜り抜け、防御装置(ボス)を破壊して目標を討つっていう。
以前にも書きましたけど、シューティングゲームとしてほぼ原点に近い作品でありながらいまだに僕の心をとらえている作品があります。

「ZANAC」です。ぷよぷよを作ったコンパイルというメーカーの抱えるシューティングゲームのシリーズの一つですが、ファミコン版のZANACがね、大変いいんですよ。

自機は通常ショットに加えてスペシャルウェポンを装備することが出来ます。ファミコンのゲームなんでそれ全部光の弾で表わされるんですけど、

0番:オールレンジキャノン(スタート時・撃破直後の標準装備。自機の進行方向に自在に発射でき、レベルが上がると敵弾も消せる)
1番:ストレートクラッシャー(弾が低速で前進して進行上の破壊可能物すべてにダメージ。レベルが上がると巨大になる)
2番:バリア(敵を含めた破壊可能物を防ぐバリアで、最大レベルで一定時間完全無敵になる。ただし入手すると敵レベルが高くなる。)
3番:サーキュレーター(破壊可能物を防ぐように球体が周囲を高速回転し、レベルが上がると2つに増える)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 03:16
4番:バイ ブレーター(発射されると一定の距離で左右に振動する為、防壁にも使えるし敵基地などの固いターゲット破壊にも有効)
5番:リワインダー(低速で射出され、一定の距離に達すると戻ってくる。最大距離の部分を破壊したい所に当てておくと絶大な威力となる。レベルが最大になると超高威力のレーザーを射出できるようになる)
6番:イレイザー(画面全体を攻撃する閃光で、破壊可能な敵弾などを一掃できる)
7番:ハイスピード(自機の旋回方向に向けて右・左・正面の3方向に放てる、次世代機の標準装備。安定した使いやすさを持つ)

この中の1番が僕は大好きでしてね…。
最終段階までパワーアップさせれば、自機よりはるかにでかい光球がぐももももももと敵に向かっていき、通り過ぎた後には何も残らないレベル(200発の弾数制限がありますが、パワーアップアイテム結構飛んでくるため、実際に弾切れになることは少ない。むしろうっかり別の番号に変えて1から育て直しになることのほうが多い)。

すてきっ 素晴らしいです。
その後もヘタクソながらシューティングゲームはやってますが、なかなかストレートクラッシャーの感じを超える攻撃ってないのよねえ。
そのZANACとか作ってた方たちはその後もメーカーを変えながら活躍を続け「バトルガレッガ」などを作ることになるわけで、ずうっとシューティングゲーム作りに関わってらっしゃるのねえ。

じゃあこれがなんでPSO2とつながるのかというと、最近Ra/Huで活動してるわけです。
ターニアちゃんはFoで始めたものの、最近のFoはどうもこう、敷居が高いというか、属性ごとに法撃武器用意しないとだからめんどくさいのよね。
というわけで、Gu用にこしらえた良い防具があって、野良緊急クエストでも十分活躍できるRa/Huで行動してるわけですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 03:17
スフィアイレイザーがすごすぎます。

ネッキー緊急では高速で駆け抜ける小型エネミーがね、前に陣取ってる人のウォクラを受けてもしばらくは前進してから、タゲ主の元に戻るんですよ。
なので中央からスフィアイレイザーの有効射程距離にまで近づいたら、おもむろにジャンプ通常→スフィアイレイザーをしておけば、戻ろうとした連中はレーザーに自分からつっこんで勝手に死んでくれます(耐久力的に無理な子もいます)。

それに、ゴキちゃんの大群もジャンプスフィアイレイザーでコア→顔と弱点を破壊されてはぎゃおおーってなってる間に憤死ですよ。
ジャンプで踏みつけようとしても、回し蹴りをあてようとしても、あれらの攻撃判定は地面のみなので、ある程度の高さで滞空していればあたりませんからね。
なので、Foさんのフォメルギオンほど凶悪じゃないですが(複合テクニックはいいかげんPP消費させろよ…)、ネッキー緊急では、RaとFoによる極大熱線攻撃による一斉殲滅が風物詩のようになっています(ノ∇`)

みんな先を争って「あの大群をドビュシューーとやるのは俺だッ」と機会を伺っていて大変頼もしい。
Raはフォメルさんと違ってゲージを貯めなくていい分、毎回毎回PPをかなり消費しますから、オービットランチャーとかトラップによるPP回復を使いこなさないとただのダメプレイヤーになりますから、準備も必要っていうのもいい。

そういえばきちんとしたRaさんならだれでも気付くのが「ウェーブ1の開幕アンジャドゥリリ、必ず紫塔の目の前に出るよね(´・ω・`)」です。
うん、あそこに大体開始10秒前くらいにアッパートラップを仕掛けておくと、アンジャさん登場と同時にアッパートラップで跳ねあげられてダウンし、移動もできないうちに狂暴なNOUKIN共に襲われてそのままやられるんですよねーw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 03:18
Raが手を下さなくても大丈夫。Raには開幕でいきなり塔にわくおできをつぶす役目がありますからね。

1人でキヒヒとほくそ笑んでいたんですが(黒玉さんがですよ)、今日、禿げ頭にエクステおさげをつけて辮髪(べんぱつ)にしたナイスRaさんも同じとこに仕掛けてて、大変ニヤニヤしました。
Raというかトラップ好きな人って「してやったりww」ってしたいんですよね。

あれはどんどん広がるといいと思いますヽ(´ー`)ノ

ウォクラ+ワンポで開幕からタゲをとって、向かってくるガルグリさんにスフィアイレイザーを合わせてドビシューーーっと貫いて、突進をかわしてこっちにきた所を他の方のフォメルギオンで狙い撃たれて10秒も立たないうちに沈んだりするのも痛快でした。
ネッキー緊急は敵HPが全体的に低いので、なかなか爽快に敵を蹴散らせるのよねえ。

そんなわけで、ランチャーが十分使えるようになったこと、ウォークライ・wbを併せ持つこと、マッシブハンターでゴリ押しもできることから、Raの防衛における優位性は相変わらずと言う話でした。
特にスフィアイレイザーやサテライトカノンなど、大技でボスをドギュウンと射抜くと爽快ですね。

でも今回もGuはまた「来るな」枠のようですね(;´ρ`)ノ
メインでガッツリGuやってるだけに「その理由に納得できてしまう」のがつらい。
独極の新しいのきたらまた活躍できる気もするんですがねえ…。

しかし「制限を無くして上手くない人が使ってもとにかく強い」とすると、使いこなす人が使うとぶっ壊れになるし、今みたいに「強さを引き出せる人なら他クラスの中堅どころの人よりは強いかもしれないね」だと基本的には弱いとなる。
いやいや、難しいよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 03:18
うちが強いかどうかはおいておいて、慣れてはいるからそこそこに動けてると思うんですが、他クラスを★13武器で運用すると一発一発の威力の差にドン引きするもんな(´・ω・`)
やっぱりちょっと弱いかもしれない。
この前のバルロドス撃破動画とかで見せる「カカシ」に対しての攻撃力は「あんだけの間チェイン貯めさせてくれれば」という条件つきだから、話になんないよね…。
Raなんかスタスナwbエンドアトラクトを実戦で使う機会なんかいくらでもあるから、バルロドスに限らず実戦でもあれくらいやれるからねえ。
というか、おちついて1秒待つ→wbJaパラスラ零でアルチ産の動きの速いボスとかそのまま倒せるのってなんなの!
射撃ってやっぱり距離を取れるから有利、なんであって、自ら近づかないとだめな時点でGuは厳しいのかなー。

でもうちがGuでディアボさん相手にしたら顔面張り付きチェインエルダーであっさり始末すると思うけどね…。

Raは威力を乗せるためにスタスナで1秒必ず待ち、距離をあけると威力が20%あがるので離れた位置からの攻撃となるおかげで、各クラスの動きがとても良く見えます。
ボスの動きが止まった所に撃たないとダメなPAも多いし、wbもそのスキに貼ることが多いので(エンドアトラクト、サテライトカノン、ランチャーPAのほとんど)、良く動きを観察しないとなんですが、それだけに他クラスの人のいい所も見えればダメな所も結構見えてしまう。
同業者(Gu)には自分が理解している分評価が厳しめになるのはまあしょうがないですよね(僕だって他の人からあのGuエルダー使ってる…と思われてるかもだし)。

まあ、ネッキー防衛は難易度が高い上、出現位置に先回りするとかいう「覚えゲー」の要素もこれまでより強いので個人的には結構楽しいと思ってます。
■雑談■@kurotama
2016/11/11 03:19
■記念バトルが強敵すぎるのがいいのか雑魚なのがいいのか@バトガの話。
・バトガのほうは300万人記念企画も終盤に差し掛かり、「300万人記念バトル」なるものが来ていて、普段やってもらっていない「オンライン要素」にご褒美をたくさん用意してプレイしてもらおうというアレが始まりました。

このゲームにはオンライン要素として「競技」と「協力バトル」が用意されているのですが、ログインボーナスの「星のかけら」6個と、学級日誌という名のノルマによってそのオンラインバトルを3回やらないといけないんです(4項目すべて終わらせると星のかけら5個ゲット。オンライン要素以外は即終わるものばかり)。

で、大抵僕は0時を過ぎるとバトガを起動して「競技」に参加して放置してあります。
3人揃うまでのマッチングにやたらと時間がかかることもありますが、本当に人がいない時は運営が用意した「それっぽいユーザー名のレベル1みきちゃんカードのみセットしたアカウント」が半ダミーとして参加してくれるので必ずマッチングできます。

で、大抵の方が行うのが「放置」です。
ビリでも別に競技に参加したことになりますし、景品がもらえる「ルーレット」を回すためのBPというポイントは少ないながらももらえます(ビリだと40x0倍で40、1位だと60x2倍で120)から、何もくっそ重い競技を無理にプレイすることもなし…。
しかし、裏技もありまして、端末をスリープに5秒くらいすると「途中で切断されたので他の方のアカウントをNPC扱いに切り替えて続行します」という意味のメッセージと共に、CPU相手のオンライン競技となるわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 20:26
CPUは結構アホなので、競技の種類によっては1点たりとも取れないレベルで、そうなれば中身入りプレイヤーがいかに競技が下手でも1位とれるので、BPが少し多めに稼げるわけです(あと世の中には敗北というのに発狂するくらいイラつく生き物が結構多い)。

僕はまあ、BPは掃いて捨てるほど持ってるので放置しています。
ちなみに3人が全員放置すると「全員1位」となって、おたくわかってらっしゃる方ですねえw とニヤりとします。

しかしこの競技にも、星のかけらを毎日5つ産む以外の利点があります。
アカウントのコメント欄にて主張とか意見とか書き込めるのです。
たとえば「みき推しです!みきの毒料理を食って死ぬなら本望!」とか「タイ人です。教師やってますー^^」とか「マルチ寄生多すぎ」とかね。
そして終了画面でお仲間二人には「フォローする」というボタンが出ていますので、特にどうということもないのですが、気に入ったコメントの人が居たらフォローしておけば、相手も抵抗がなかった場合は相互フォローとなります。

フォローしておいて有利な面といえば、季節のイベント時に、1日5回まで運営の用意した助っ人キャラ(その時の新カードのスキルをお試し体験できる意味あいもある。広告みたいなもの。またゲットできなかった場合に期間いっぱいまで使って「欲しかったなァ…届かなかったけどサ」と切なくなるために使う)とは別に、フォローしている方のキャラも使えるので、鍛えまくったキチガイレベルの強さのカードをセットしてあるキャラをレンタルできるのです。

なのでフレンドというほど密接ではないですが、コメント欄での主張を見るためと強力な助っ人、未入手衣装・カードをセットしてくれていたら衣装やスキルを見るために使ってみることができるんですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 20:26
僕は特定のキャラ推し先生にはシンパシーを感じるのでフォロー申請をしていますw
一定期間ごとにフォローを確認して、最終ログインが30日以上となっている方、いつまでたっても相互になってない方は切ってしまう感じかなー。
ちょっと前まではこらちからのフォロー数は1000名まで、相互受けは50名までだったので、増やしまくってる方相手だと受けてもらえないことも多かったのですが、最近はわりと受けてもらえるかなー。
ちなみに僕は運営の用意したキャラを基本的に使うので、フォローにあまり意味はありません。

というわけで、バトガの僕的な魅力は「オンライン要素がゆるゆる」なとこなんですよ。
いいたくないですがこんなギャルゲやってる人なんか100%アレですからね、あまり深く交流したくない(´・ω・`)(当然僕自身も入っています)

だから僕は「ギルド」「クラン」に利点があって一定以上のプレイにはそれが必須となるソゲは絶対にプレイしません。
バトガはそのあたりをものすごく希薄にしてるのがいいんですよー。
ソゲなんか自由できままで…満たされていて…、ログインしてるのにあいさつもなしかよとか、戦力足りないから○時にインしてくれない?とか冗談じゃあないっていう話ですわ。余暇でやってるもんでなんで縛られなあかんねんおうボケコラというアレです。

PSO2?緊急の時間にインせな?○時から○○やりますとか告知してる張本人じゃねーか?
うん、ソゲとPSO2は違うから…。違うから!(2度め)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 20:27
で、前置きがものすごく長くなりましたが(今日のネッキーは21時からやからな!)、バトガの記念バトルです。
IMADAKEのルームグッズや強くなる為の素材が特別に購入できますが、この協力バトルで得た素材がなくても購入できるので、普段から貯めている方なら目玉商品だけ買ってプレイ自体をしなくても何の問題もありません。

普段やってもらえないからということでたまに協力プレイを強烈に押すコロプラさんですが、ここはどこかのね、記念バトルでクリアできないような高難易度で提供して、下位ブロックだと阿鼻叫喚の地獄絵図になり、皆それを恐れて上位ブロックから一歩も出てきやしないか、なかったことにしてログインすらしなくなり、クリアしたいのにできなかった方のうち、性悪な方は「○○(普段からバカにしてもいいと思い込んでる特定のクラス)が居たからだ…」と自分を差し置いて、職差別を匿名掲示板で書き込んでネクラな憂さ晴らしをする…。
そんなのじゃあないンですよ。

で、協力バトルは実は最近「ソロでもクリア可能」となっていて、マッチング時間がもったいない、行きたいクエストが選ばれないと退出される、普通に回線落ちなどなどで色々めんどくさいから「ソロでできるようにしろ」という要望がいったんでしょうね。
先ほども言いましたけど、ギャルゲをやってる人は僕みたいなのばっかりでしょう?絡みたくないです(断言)。
なのでソロでクリアできるなら、期間内は放置競技の代わりにソロ協力プレイ(にほんごのみだれ)をやってもいいという感じ。
なにせこのボス、ゲルというドラクエでいう「スライム」みたいな最弱のイロウスなのですが、300万記念を表現するために、通常の数百倍の大きさに拡大されています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/11 20:27
だけど、攻撃は一切してこないので(お供はしてきますが倒されるようなダメージではない)、カカシ同然の巨大ゲルをなますぎりにすれば協力ボスを撃破した時に得られる「バッジ」をまんべんなく複数個、協力バトル景品用ポイントをそこそこ得られるのです。

まあソロでやると反撃されない相手に限ってサイキョーの「嫁遥香っちゃん」で攻めても60秒くらいかかりますからね(ダメージを1でもうけると解除されるが、逆に被ダメがなければ戦闘中継続するので超凶悪攻撃性能のバフを使える)。
3人でやればロード時間のほうが長いくらいの短いバトルになって稼ぎまくれるので、組む利点はあると思います。

コラボに「やりがい」という高難度を盛り込むか、かけた時間が100%成果になって戻ってくる上に、やりたくないならやらなくてもいいようにして自由度をくれるか…、難しい所ですよねー。

ちなみにバトガの肩書きは「超難度アクション美少女ゲーム」でして、高難度アクションの部分がギャル部分よりも前に出ています(今見てきたら「学園アクションRPG」にグレードを下げていた…軟弱だッ)。

最近は「協力プレイを我慢して数十周すれば得られる、HPが下がる代わりに超攻撃力が上がる武器」所持を高難度の前提条件にされてしまったので、攻撃力が足りなくてクリアできないことが増えて来てしまいました。つらい(ノ∇`)
■雑談■@kurotama
2016/11/11 20:27
■剣異への誘惑@雑談。
・うん、デモゲ2の体験話を書いていたらドン引きするくらい長くなったので、ちょっとでも切り分けることに(´・ω・`)
今、デモゲ2も終盤にさしかかってるのですが、剣異のほうを「新釈流がわかったところでそれ用の完全完璧サイキョーパーティ育成計画」で完全にイチからやり直してみたい欲求に駆られています。今やってる最終スキルセットのクラスだけ上げればいいんだし、元から一つ持たせてもらえる「生い立ちスキル」が超重要で、キャラクター性とか無視して有利でかつ必須なスキルにしておけば最終パーティ結成時にその一つ空けられるスキル枠が値千金なのよね…。
剣異は実は「3回パッチを当てて、完璧な剣異ver1.5にしたい」と語られていたのに、最終3弾パッチがまだきていないので、それで改善されるのをみたら、それにあわせてイチからやり直すのも面白いかもなあ。

問題として残っているのは「呪いで装備品無力化からの即死が、意図的に残されすぎていて対処手段がアイテムで治療するだけであり、運ゲーがひどい結果、呪いを使うヤツに行動権を与えるやつが無能。即行動不能か倒してしまおうとなっている」「ログを見たらフリーズする恐れが未だに解消されない上、どこまですすんでも1ターンめを参照できるデモゲ2と違って、20行くらいしかロールバックできない」「アイテムを店に売ると在庫が増えるが、結果として255個を超えると0個に戻り、また1からカウントされるという素人並のバグ」とかかなー。

僕は同じゲームを何周もするのは基本あまり好きではないのですが、過去にドラクエ3とかFF5までのFFシリーズは何周したかわかんないのを考えると、剣異はやっぱり「自分だけのパーティを作れる」ゲームとして楽しいんでしょうね。
■雑談■@kurotama
2016/11/12 03:05
■お知らせ■
・今週は諸々の事情で「すれちがい喫茶」はお休みです。
ネッキー緊急が土・日ともにいい時間に入って来てるので、自分の分が終わったからといって平日に機会のない方の邪魔をしてしまってはいけないと思ったからです。
残念ながら4−5人チャレンジでどうにかなる代物ではない…!
ちなみに失敗覚悟で突っ込むのもアリだと思ってます。終焉みたいなやり方で少人数でもクリアのメがあるかもしれない。
来週あたりにでも突っ込んでみてもいいかもですね!

■風邪を引くと用事がたまります@雑談。
・くそう…急に寒くなるのが悪いんや…。録画の消化も滞って時間がとっても足りないですよう。

■紅の豚を観ました@雑談。
・僕これ、大好きなんですよ。ラピュタ>紅の豚>千と千尋の神隠しの順で好き。
DVDとか買おうとは思わないんですが、金曜ロードショーでやってたら可能な限り観たい。そういう感じ。
原作(模型雑誌でやっていた宮崎駿氏の趣味全開の兵器イラストコラム+漫画が元なんです)のほうも買ったくらいですから、相当好きなんだと思います。
家庭向け子供向け…日本の代表的なアニメーターとか…彼の魅力はそうじゃないンだよ…。
鋲の打ってある鉄板で覆われた重そうなメカ!そしてオタクの理想ともいうべき、凛々しく強くそして優しい美少女!
アニメでははしょられていますが、憎めない敵役のマンマ・ムート団とか冒頭のイベントで「美少女は世界の宝」とか堂々と宣言してますからね(4−5歳の幼女を指してです。駿はマジヤバイと思う。いや、ホメてますから一応。熱意は創作の母だものね。ハハハ)。

もう上映時間の3分の1くらいずうっと手描きのレシプロ機が華麗な空中機動を見せてくれるわけで、ミリオタでない僕でさえ「これはすげえ」と感心しちゃうもんなー。

つづくー
■お知らせ■@kurotama
2016/11/12 18:34
最後殴り合いで決着がつくのも、長い時間をかけて再生する姿が描かれたポルコ(主人公ね)の新生機を壊したくないし、そもそも若干格下のカーチス(ライバル役。冒頭でポルコに勝ったがそれは旧ポルコ機がオーバーホール寸前の不調だったからであり、実力での勝利かどうかは怪しい)を本来の実力を発揮して新生機で一発撃破で大勝利じゃあつまらないので、男同士ならゲンコツで決着つけようぜとなったのもあると思いますし。
そもそも殺し合いをするほど因縁があるわけでもないわけで、大ヒロインのジーナが言うとおり「飛行艇乗りはみんなバカ」なんですよね。
男の子の意地を持ちながら舞台が飛行艇になっただけで、結局「勝ったか負けたか」でんぎぎぎぎと顔を突き合わせて同じ酒場でいがみ合ってるような関係だし、犯罪者か賞金稼ぎかの差はあれど、政府から見ればどっちもアウトローだし。

緩くて油くさそうでついでに男臭く、臭い消しに美女や美少女を配置してはいるけど基本はハードボイルドな為、臭さが隠しきれてないのよね。あれらを見ると喫煙描写があっただけで騒ぐやつらとかなんなのってなるよなぁ(「風立ちぬ」では喫煙描写が一時的に非難の対象になりました)。
宮崎駿氏の飛行機好きと言えば「風立ちぬ」もそうでしたけど、あちらは人間ドラマを重く置きすぎて(時代がらと、彼自身の思想の変化もあるのかもしれないけど)あまり「兵器ラブ!活躍してる姿を描いて、どうだおまえら!カッコいいだろう?ってやりたい!」の方面は見えなかったからねえ。

兵器をカッコイイと思う気持ちと戦争で敵を倒せ!という思想というのをすぐにイコールで繋げてしまうのはどうかと思うのですが、そういう意見を言う僕のような者が居る時点で「現実で何が起こっているのか、巻き込まれた方たちが居たこともわかっていないのか」と思われるのかもしれませんね。

つづくー
■お知らせ■@kurotama
2016/11/12 18:35
戦争をファンタジーと思う位に忘れさせてくれた世の中に生きていられたゆえの無知というか無自覚というか。
でもその無知と無自覚と無宗教が日本特有の創作を生み出しているとも言えるので、日本人はある意味これでいい気もする。
何度も書きますが、日本の今のマンガ・アニメ文化は後年必ず「ジャポニズム」あたりの名前が付けられて20世紀〜21世紀にまたがって存在した表現様式の一つになると思うなー(キュビズムとか)。
だけどそうなると代表的な人物に村上隆とか挙がるのか…悪いけどなんかヤだな(´・ω・`)

まああれだ、宮崎駿氏はこの方面でもっとミリオタ感を思うままに追及して「声優は声を作ってるみたいで嫌い」とかいわないでさ、オタクの王として君臨した方がよかったんじゃないかなーって思うのよね。
声優より俳優のほうがいいっていうのは、映画をプロデュースする側の「事情」でさ、話題作りの為のものでしかないんだから、人間をマネして絵でドラマを描き上げているクリエイターが売り子風情のリクツを鵜呑みにして染められてちゃダメよねえ。
絵が造りものなら声もそれに合わせていいでしょ。

まあこういう作品で「オタクに人気のアイドル声優!」みたいなのがほぼ起用されないのはやっぱり空気と言うのもあるからとも言えますけどね。
「風立ちぬ」の中で「作り手は10年で才能を使い切る。その間に君は何を生み出せる?」とキャラクターに言わせ、自虐すぎる(自画自賛でもあるが自負もあるんでしょう)と言われ、引退宣言をしてたのに、結局また作品作りたい病が発症してゆらり…と動き始めた感のある宮崎駿氏。
もう家族向けとか親戚の女の子に見せるためとかじゃなく、最後くらいオタクの顔に戻って趣味全開でやろうぜ!(しかし次回作はトトロの森用の短編CGアニメだとか)
■お知らせ■@kurotama
2016/11/12 18:35
■やっと終わった…ネッキー総感想@PSO2の話。
・今朝の11時の回でようやっとオービットを集め終わりました。選択したのはパルチ・ダガー・カタナ・ライフル・ブーツです。
12名中前衛が10名でRa1、Fo1の回もあったっけ…(クリアできたのはさすが上位ブロックと言えますね)。
Ra1人だとホンの少しの至らない部分一つで「あのクソRa仕事しねー」と思われてそうでちょう怖いので、そういうプレッシャーはもうこりごり。

ネッキーはアムチみたいにお楽しみで前衛だしたり、あえてGuで行っても楽しいクエストでもないので、攻略で挑むのはもうこれでおしまいにしたい所ですね。終わってみれば苦労も楽しい思い出になる…はず。

さて、ゲットしたオービット武器ですが、あれの移動中PP回復の快適さはGuでもRaでもよーく味わっていますから、電池専用パレットを用意する価値はある…!
本当はPP稼ぎの通常攻撃にも意味を持たせる方が先決なんですが、運営がそうしないのだから結局PSU時代の「手持ちのPPを使ってPAを連打したらPP満タンの武器に持ち替えてまたPA連打」とやってることが全く変わっていないっていうね。
オービットが評価されているのは実はPSO2自体の問題でもあるんです。

ブーツは3本そろえてアリーシャちゃんにきちんとしたブーツをこしらえてあげたかったのですが、このファイルを3周とか個人的には無理w

カタナは武器を交換するとギアが消えてしまうので取ったんですが、今は持ち替えで威力が下がるギクスを使い手なので(最大威力まで70秒かかる)ツバキさんにでも…と思ったけど、彼女は消費PP30%減のカタナなのでそもそもPPが枯渇するとかそうそうないのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 00:44
まあギクスじゃない武器に変えた時に使いどころが来るでしょう(弓Brの電池としては有用だし)。

ライフルはTMG・ランチャーと持っている僕にとっては実は「Gu/Ra時にwbを保持しながらPP急速回復ができる」役目しかないのであまり重要性はないのですが(僕はGu/Raを出すくらいならRa/Huで行く派)、将来Gu/Raがちょう使いやすくて選択の余地がないほど必須になった時に使えるかもしれない…。

パルチ・ダガーはあれだ、どっちもアクセサリーとしての意味しかない(パルチは特に移動の早いPAなどはないし、ダガーは回避・空中移動時は抜刀状態なので電池効果は得られない)のですが、特にFiのPP休息回復手段というのは持っていても損はしないかなと。

こう考えると「オービットガンスラがあればそれだけで解決」だったんですが、揃うまでにドロップしなかったのでもう実装されていないのと同じですね。
しかし、この「ガンスラをコレクトファイルに入れたら話終わるやろ?」というのは理解はできますが(みんなそれ一本取ってファミ通コラボ終了では面目丸つぶれですしね)、相変わらず「それはおまえらの都合だけじゃん」という、プレイヤーの側に立ってない考えですよね。
職差別推奨の高難度クエなんて、EP3の負の遺産のまんまじゃん。
あれで低難度路線に変わったのにどうして繰り返したかなー(ファミ通のインタビューによると、このクエストはEP3の企画マンの最後の作品らしいです。どうりでGu死ね死ねになってるわけだ…)。

コラボ中はファミ通さんの顔を立てるとして、終了後はなるべく早く安定した入手手段が用意されませんかねぇ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 00:45
■週末の幻影@デモゲの話。
・はい、デモゲ2も終盤です。しゅうまつとしゅうまつをかけてだぶるみーにんぐをねらっていますえへへ。
ストーリー面はすべて終えていて、最後の追加ダンジョンも今後のストーリーに対して不穏な存在とならないように「自身の経験した強敵が幻影となって無限に現れる修練の場…夢限の戦場!」という体裁です。
なので、一応形式的には「にょたいかして再起を図る究極吸血鬼のオッサンがストーリーラスボスの散った残りをかき集めて力を蓄えてるから、定期的にぶっちめてやってねぇん★」と、ヒロイン姉妹のママ(現在の闇の神、もしくはその配偶者らしい。闇世界ではにょたいかが流行ってるのか…?あ、あとヒロイン姉妹は魔王の娘だったということになります)に頼まれた、特に強くもないエルゴワルキューレさんのほうが驚異ということになります。

彼ってもしかして「十分な力も蓄えないうちにのこのこ宇宙の彼方から帰還した為に、力を取り戻そうとしては撃破され、取り戻そうとしては撃破され…」で、デモゲ2のデモンゲイザーが現役張っていられるうちは再起できないのでは…。
それなら姿をくらましてまた数百年後くらいにこっそり帰ってくればいいのに。

この方、シリーズの常連クリア後ボスなんですが毎度ヒーローに撃退されるのがお約束となっているのです。
しかし永遠の存在の為、油断すると「持っていかれる」わけで、それが「剣の街の異邦人」でした。
剣異ではこの人のせいで光・中立・闇の神すべてがいいようにあやつられ、最後は手駒として利用され、その吸血鬼の魂の一部を持つことで時代のキーパーソンとなり強大な力を得た主人公に始末されるという…、全てが悪い方向にいきましたからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 00:45
ちなみに吸血鬼さんはクリア後ダンジョンにて、お前も十分強くなったのでそろそろ取り返すわwwと襲いかかって来て普通に返り討ちに会います(⊃д⊂)
無能ではない…はずなのだけど、毎度撃退されるのでどうにも「またきたかw」と思われているフシが。

そんなわけで、デモゲ2のほうの「今後のチームラ世界に悪影響を及ぼさないけど最強の真のラスボス」さんは「最終ダンジョンにいる7組の幻影デモンを倒した数だけ強くなる」というギミックつきのマイルフィックさん(だと思われる)です。

装備を整えレベルを上げまくったプレイヤー最後の相手として立ちはだかりつつ、クリアだけしたいかたはそれらギミックなしであっさり倒せばいいわけで…、実に「ウィザードリィの地下10F」ぽい。
手応えのある相手を製作者が用意してくれているのはさすがにあちらよりも親切とも言えますね。

というわけで、出てくるアイテムは一線級のものばかりですから、2回も潜れば誰かの装備が一新されるという、ハクスラ的にはもっとも幸せな時間です。
でもね「10回もやればそのエリアのユニーク品は出尽くす」んです。もちろん取得自体が目的となる最強のカタナなどはなかなかお目にかかれませんけど、大抵のユニーク品は通常手段では1つしか取れませんから、ぽろっと落ちるわけです。+0で(重要)。

つまり良くあるノンユニークなSランク品しか落ちなくなるんです。じゃあやる意味がないのでは?というとそれも違う。
何度かに一回、主人公のレベル以下までのプラスがついた品が出土する可能性があるのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 00:45
自分で強化するばあい、通常品は+10まで、ユニークは+30までです。しかしうちの主人公レベルはもう77。
+70代の武器は少し格の落ちる「Aランク武器」でも相当な威力を誇るわけですね。
しかも若干めんどくさい「武器強化」をしなくてもサイキョーですから拾ってすぐ実戦投入し、その威力にうふふふふってなれるわけです。

なので、いずれ掘れるであろう「Sランクユニークの高プラス品」を快適に掘る為のノーマルSランク高プラス品を狙う感じになりますから「ちっまたハズレかよお」感がそこまで高くない。

今作ではクリア前のSランク武器(前作までの性能とほぼ同じ)と、クリア後コンテンツの追加Sランク武器…今作で追加された、Sランクの中でもさらに性能が上の品がありまして、ゲーム中ではS以上の表記がない為、S’とか言われているものがあるのですが、+0ではさすがに力足らず。
そして頑張って同カテゴリの武器を合成して+30まで鍛えればかなりつかえるようになりますが、それを掘った過程で得た+56や+70のノーマルSランク品に攻撃力で負けている。
嬉しいけど微妙なこの気持ちになるわけです。
でもSSランクの武器は「○○特攻」など、攻撃力の数値以上のプロパティ(特殊能力)がついていますから、同じ+70なら当然SSの+70のほうが強い。最終的に与ダメが1.5倍とかなるんですからね。

これがさらなる掘り活動へのモチベをあげてくれるんですよ。このあたりは実に上手い。
つまり本番は、主人公のレベルが90とかになり、運が良ければサイキョーのSSランク武器の+70とか+80がでないかなーと探せるようになってからっていうね。

現在主人公81レベルですが、まだ新鮮だなー。
微妙だった本編に比べ、クリア後コンテンツはホントに優秀です。
■雑談■@kurotama
2016/11/13 00:47
■ヨシヒコ、アウトー@雑談。
・1週遅れで勇者ヨシヒコ第5話を観ました(ノ∇`)アウト
前回の第4話ではFFの世界に紛れ込んでゲームシステムの違いとやたらイケメンや美女揃いの「完全に世界観の違うアレ」で戸惑わされたあと、ヨシヒコが「○リオ」っぽい衣装でモザイクをかけて登場し「あっちの世界ではコインが宙に浮いていて取り放題なんですよ!」と発言していました。

今回は「ダシュウ村」のT○KI○風の若者を始めとした村人を操るニッテレンを操る魔物を倒す為(ニッテレンはあくまで悪者にあやつられているだけですよ!T○KI○も被害者)、かつて王者だったものの、今は(視聴率低迷で何をやってもネットでボロカスに叩かれて落ち目を良い所の)死んでいるシーエックス(○ジテレビのこと)、看板番組が相○しかないテレアサ、「おそらくニッテレーには勝てない」と記されているテブエス(TB○)など…、勇者一行、中の人の仕事がなくなっては大変ですからヨシヒコ以外はキレがどうにもニブイ。
わたわたと彼らの俳優人生の寿命を削りながらやっていると見かねたホトケが現れて「おまえが力を借りていいのはテレートのみ」と指示します(この番組はテレビ東京です。テレ東は誤解されがちですが「東京のローカル局」ですからね。テレビ埼玉や群馬テレビと同じ枠です。規模がデカいだけで基本的に民放とはレベルが違います…なのにこんな内容で大丈夫なのかw)。

いやー、勇者ヨシヒコ、3作目にしてネタが尽きてきたと思いきや、現実の大手テレビ局にケンカを売って回るとはすごいわw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 02:58
ちなみにテレートは勇者一行から「弱そう」「こんなやつ頼りになるか」などさんざんな評価をされ、ニッテレンに挑むも1秒で粉々にくだける自虐ネタでこれまでのネタの清算をしたつもりでしょうが、今度はテレートから勇者ヨシヒコシリーズがタゲられてしまったのでは…と不安しかわかないww

ニッテレンに徳光和夫さんを起用しているあたり(GIANTSの衣装を着ていて、セリフの中に番宣を入れてご機嫌取りをしていた)、本当にこの番組次回いきなり打ち切りされないだろうな…!

今回はぶっ飛びすぎてて面白かったですが、N○Kの集金人みたいな敵も出して「ネット配信で全世帯から集金してウッハウハだYO」とか言わせて、あそこにもケンカ売れば最高だったのになぁ。

■ンマーイ!!@雑談。
・「サッポロ一番みそラーメン」がちょうおいしい、サンヨー食品のラーメンのひとつに「大人の担担麺」というのがあります。
舌がしびれるような辛さがウリなのですが、ネットでは評価が「辛い苦いまじい、二度と買うかボケ!」と、「インスタントでこの味が楽しめるなんてすばらしい」に真っ二つに分かれています。
僕は後者なんですよ。
前者は「担担麺」が辛いと知っていてホンモノの辛さを出されたからってまずいまずいと連呼する貧乏舌共でして(すいません悪意がこもっています。なぜならAmazonレビューではこの「くっそマズい」派のせいで商品に対して風評被害が起こっているからです)、この辛さは四川料理の「花椒(ホァジャン)」を再現したものでして、本格四川麻婆などで去年あたりからコンビニでも買えるようになった、四川中華の本気の味なんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 03:00
僕はよく「陳麻飯」という、四川担担麺と四川麻婆を提供するチェーン店に通っているのですが、ゴマの量を減らしたあそこの四川担担麺より、こっちのほうがおいしいと思う。
つまり、本格四川の味を知っている者にとっては「レトルトとは思えないハイレベルな風味と辛さを出せているインスタントラーメン界の急先鋒」という評価なんです。
花椒の味も分からないお子様は永谷園の麻婆豆腐の辛口でも食べて勝った気にでもなっていろ…!
これは「大人の」担担麺なんだよッ!カーッ!

残ったお汁に冷や飯を入れて、一味唐辛子と胡椒で調味してかっこむ「担担雑炊」のウマさったらもう…!
というわけで、大変、とっても気に入っています(*'-')ンマーイ

コンビニで四川麻婆に触れて、花椒のシビれる味のトリコになった方にはぜひ挑んでいただきたい…。
みそ味のひき肉と、チンゲンサイのかわりに冷凍ほうれんそうでも入れれば、お店のクッソ高い担担麺に負けていない(少なくとも日高よりは美味しい。しかし日高に勝ってもなんの誇らしさもないな…)のです。

しかし、近所の安い店で5袋500円。
同社のサッポロ一番みそラーメンが370円くらいと考えると結構お高い…。
しかしその価値はあります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 03:01
僕はこのラーメンのおかげで陳麻飯にいかずとも辛いの食べたいよう欲を満たすことができるようになりましたからね。
お店で食べたら780円ですからねえ。

家族が教えてくれた情報によると、明日(これを書き込む日付的には今日になるのか)、なんと他のラーメンと一緒くたにされて278円になるそうです。
おひとりさま3つまでということなので、僕も休日だというのに早起きして、5袋入り3つ、15食を殺りにいきます!
家族にも頼んで、ダブルアタック(6袋)も辞さない覚悟やで…!

でも、500円の時は売れず、278円になったら売れるというのを何回か繰り返したら、僕が店長なら「もう注文するかボケ(⊃д⊂)」ってなりますね、世知辛い…。

しかしこの黒玉、勝てる時に勝ちを確実に取る男よ…。容赦はせん!
たとえそれで入手難になっても、前回の安売りセールで入手した残りと合わせてまだ30食はありますから、それを消化する頃には飽きているかもしれないし(ノ∇`)

とにかく、明日は朝から決戦ですよ…。
ヤツラ(誰?)に勝つ…、いや克つ!
■雑談■@kurotama
2016/11/13 03:02
■ナイスショルダー入手失敗@PSO2の話。
・うん、ナイスショルダーこと「リーヴァショルダーB(ラインが水色の発光になっている)」が、初日450万だったので様子を見ようとしてたら忘れていて、今日見たら1000万に上がっていました(´・ω・`)
先日購入してウハウハしてた「エミリアポーズ」は、1700万で買ったのがいま4400万になっていますね…。
EP4になったばかりのころは、ガチャ開始当初に買うと後で値段が下がって深い悲しみに包まれたものですが、最近は連発され過ぎなのか内容に魅力がないのか、誰もまわさないので、品薄からすぐに高騰してしまうようです。
今回実装された「ゴッツイメカの手」もL・Rで2枠使う上に片側1000万ですからね…。
なんだか世知辛いねえ。

■あまりにGuがひどいので久々に運営に要望を出した@PSO2の話。
・ネットを見てると悲しくなるくらいにゴミクズ扱いされているGu。
ネッキー緊急の情報を調べに行くと2ちゃんでなくても「またGuがいたよ」「BoとGuは来るなよ」というのが散見される有様。

個人的にはBoは中の人のやる気次第で強さがまるっきり違ってて読めないので可も不可もなくですが、どちらかといえばテレポーターでDブレードぶんぶん振ってるBoさんが4名以上いると若干不安になりますね(´・ω・`)

しかしそれ以上に今どうしようもないのがGuですよ…!
Ra/Huが強化をもらった今、ライフルやwbを駆使するならGu/Raは劣化Raでしかないし、TMGのウリである範囲火力、単体火力もランチャーが復権したことによりRa/Huに取られました。
ウォクラが使え、足止めが得意で、なんならそのまま倒せるんやでと息巻くGuさんは、雑魚敵の多くが超高速な為、スタスナも乗せれなければ格闘系PAで打ち合うことも困難。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:27
リバースタップがある!ショウタイムもヘイトアップあるよ!というのも、範囲が狭くて今回の高速エネミーをほぼ捕らえられないのです。

それよりなにより、Su/Guを始め、サブでチェインだけ活用されてしまっていて、そっちがメインの2〜3倍のダメージを容易に連発できるため、TMGを握るクラス自体「いらないんじゃないの?」と言われ、利点を良く知るメインGuまでが「…」と涙目で反論できない始末。

これはひどい。
アムチもマップ中に小ダメージの弾が跳ねていて他のクラスならそんな小ダメージ無視して動けるのに、Guだけはそれが当たる度にハイタイムの20%ダメージアップが0になりますし、ギクスの条件もクリアされて20%から6%へ14%ダウンしますね。
あれだけは確実にGu殺し以外の何物でもない。

つまり昔の「1ダメージもらうだけでギアの30%アップが消え、パーフェクトキーパーの20%アップが消える」と同じく「1ダメージの被弾でダメージが34%下がるクラス」に戻りました(ギクス使わなきゃいいじゃんといわれればそうだけどもさ)。

敵もものすごく高速でバックと突進を繰り返すような動きが増え「スタンディングスナイプ(1秒静止)を乗せながら接近もしてなおかつ被弾もするな」は事実上無理になってるんですよ。

もちろんRaは距離が離れても大丈夫なのでスタンディングスナイプは乗せられますが、距離が離れすぎると「威力減衰」が起こります。
ちなみにSuにもFoにも距離減衰などというルールはない為、この時点で射撃属性だけが一方的に損をしているのもFoに関して言えば5年放置されたまま、Suに至っては新造クラスでそれかよとなっています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:28
一応ペットの通常攻撃には射程はあるけど、射程以上に届く攻撃はいくらでもあり、それは距離では威力減衰しないので、昔あった「弾道のブレ」という要素も含めて、潜在的に射撃職というものが損をしてるだけなのよね。

法撃は距離もっと短くして、射撃こそ遠距離にすればいいのになぁ。

で、まあ、敵の移動距離の高速化によってGu/Raさんはスタスナを乗せるヒマがなくなり、Gu/Huは必死にグリムバラージュで追いすがるしかなくなってしまったわけで、前から言われてる通り、威力は結構弱めのままです。
仮にそれらを全部発動させてもヴォルグラプターとスピードレインを交互に撃ってるだけのHuに負ける恐れさえある(´・ω・`)

そこで距離が取れるからとエルダーで1ダメージでも与えようというのに固執する姿を見られると(常にダメではない。結果倒せるのならそれでもいいが…)、「まーたエルダーマンかよw消えろゴミクズ」となる。

もうなんかあれだ、八方ふさがりですね(ノ∇`)
具体的な改善案が出ないレベルでどうしようもないw 
一応要望には100チェインの5倍威力という、実用は厳しいカタログスペックによってTMG自体が制限されていることと、その制限がないクラスがチェインを使うと、メインクラスの遥か上のダメージを連発できることを述べておき、チェインの廃止で火力自体を底上げできないかということをいまさらながら出してきました。

後は22SPも使うのに、たかが1PAであるバニッシュアロウ、ヴォルグラプターに使い勝手で負けている点もね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:28
じゃあ強いクラスでプレイすればいいじゃんと言われればそうなんですがねぇ…。
とにかく、EP4開始時のやさしめ難易度時では救われたかと思われていたGuですが、高難易度が出始めると急に「火力不足」が浮き彫りになった感じですね。

というよりゲーム性が「接近を必要とするすべてのクラスを否定している」感じになって来てる気がする。
前からそうだろwと思う方もいるかもですが、ネッキーは特にひどいよ。

本当にwb係2〜3名いたら後は全員Foでいいというかそれだけでいい感じ。石を効率良く集めるのはBrじゃなくてFoもできる(というかオービットの入手ができればイルゾンデ移動のFoを超える石集めクラスは存在しない)。
終焉とぶっちゃけ同じで特定クラス限定の気が強すぎるよなあ。

しかしそこまで分かっていてもFoに戻る気はないのでした。
サイコウォンド入手時に一回だけFoに戻ったけどその後一度もFoでプレイしてないなー。

■入手順DE席取りゲーム@デモゲの話。
・パッケージに描かれている「ほぼ主役パーティ」扱いの重戦士担当「ドラコ(竜座)」はこのゲーム一の究極NOUKINです。
彼女は仲間に入れた際に「攻撃力をちょう上げる」力を持ち、他のクラスのスキルを習得できる神器を使わずとも「ツーハンドマスター」という両手武器の威力をドンと上げるパッシブスキルを習得しますから、究極の神器の一つ「神の両腕(両手武器を片手に一本ずつもって二刀流できる)」を装備させれば物理ダメージアップの魔法バフと相まって、ボスクラスの敵に5000ダメージx2をスキルで1ターンに7回とか、鬼神のごとき超ダメージを与える化け物となってたわけですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:29
お供デモンの中に「カプリコーン(やぎ座)」という、タカビーお嬢様の性質を持った槍使いがいます。

カプリ子は仲間に入れた際に「攻撃力とHPを増強」する力をもっていまして、槍を得意としてますので、斧や両手剣を得意とする代わり槍はそこそこのドラ子と違い、最強の槍も扱えまして、両手槍はほぼすべて一つ先の列まで攻撃が届く「M射程」です。

他の作品では弓など射撃武器の特性であった「貫通」が槍にも与えられているこのデモゲ2ではそれを活かして「後列に居ながら敵前衛に攻撃が届く武器を操りながら、スキル発動で敵の後衛にまで攻撃が届く」という、縦方面の攻撃能力に特化しています。

今回、強化はもらってるのですがやはり若干火力不足な横方面の攻撃能力に特化した「サムライ」は、終盤の敵が大型1体が縦に3−4列並ぶ登場の仕方をする為に活躍の場がすごく制限されました(主人公がカタナ装備可なので役割が被るのもある)。
剣異は終盤になっても4体x3列とか敵がやたらと多数で出てくるのでサムライの優位性はゆるぎなかったんですが…。

ということで、パッケージに描かれているペガッソちゃん(メイン盾)、ドラ子ちゃん(メインアタッカー)、キグナスさん(ヒーラー)、センタウルちゃん(魔法アタッカー)の中でもし誰か交換するなら…?というので候補に上がりやすいようですね。

なにせ、槍の強い者はうちでは使っていない男性陣にも使い手がおらず、ペガッソちゃんとカプリ子ちゃんしかいないので、メイン盾のペガッソちゃんに攻撃武器持たせても反撃でちょこっと殴り返すくらいですから残念ながらあまり嬉しくない。
だったら防御がちょう上がる、槍盾一体型の「ランスシールド」で防御+35しててくれたほうが良い。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:30
ということで、現在ではドラ子ちゃんの代わりにカプリ子ちゃんがうちのメインアタッカーとなっています。
なぜかというと…出ちゃったんですよ。
最強の槍が!そしてそれを装備できるのは前述の通り、メイン盾とカプリ子ちゃんだけ。

デモゲでは伝統的に「前衛にメイン盾1人を置いて残りは全員後衛へ。メイン盾ちゃんに防御を選択させることでパッシブスキルの発動率を上げ、回避と受け流しで敵の攻撃をかわしつづけ、後列への攻撃を防ぐスキルの発動率もアップさせることで結果的に安定して全ての物理、単体魔法攻撃を無力化する」という、ワントップ盾スタイルが主流です。

しかしそのスタイルには一つ弱点がありまして「前衛も後衛に行かなければならない」んです。
前衛系キャラも弓や投げナイフなどのM・L射程の武器は装備できますが、メインウェポンである両手武器並みの攻撃力は当然期待できませんから、武器の射程を無限にする神器「アストロフォース」がアタッカー1名につき1つ必要になるわけです。

ドラ子ちゃんも後衛にいないといけないので槍で大暴れしてたんですが、最強の槍が出ても装備できないのでは意味がない…。
ということで、最強の槍が出たことでメインアタッカーの座をカプリ子ちゃんに取られてしまったのでした(ノ∇`)

この前までは「まんべんなくみなを活躍させよう」と思ってたので、これまでのレア掘りで合計3つ所持しているアストロフォースは、運営の設定ミスなのでは?ってくらい使えない(前に出すと即死、後衛ではロクな武器が装備できず「隠れる」の仕様が剣異などと違って武器の射程にしばられるので攻撃が届かず、そもそも「隠れる」からの攻撃は神器で補わなければいけない…という)キャラにあてがわれていたのですが、残念ながら控えメンバー送りとなりまして…。
見た目は超好みなのに残念。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:32
魔法使い方面に関しても、ヒーラーはパッケージメンバーのキグナスさんが唯一無二のパーティスキル「敵後衛からの通常攻撃を100%無効」を使えるようになるので強敵との戦いでは必須な為ペガッソちゃんに続いてもう固定となり、攻撃魔法使いはあたまのよわいセンタウルちゃんと2位以降の魔法攻撃力がまじで2倍差がつくので彼女以外いらないという有様になったので、

主人公、メイン盾、ヒーラー までが固定で、アタッカー枠を ドラ子・カプリ子の前衛2編成にするか、敵が集団だった時に魔法で一掃できるセンタウルちゃん+どっちかアタッカー1になってしまいましたね。

wikiのほうでは「今作では魔法攻撃メンバーはきつい」となってましたが、実は魔法関連の装備はほぼ最強のものがそろってしまったセンタウルちゃんの手にかかれば毎ターン敵全体に9999ダメージとか、敵のダメージ半減スキルが発動しても7500とか(つまり本来なら15000くらいだせている)与えるようになったので、十分強かったです。
剣異と違い、魔法攻撃力はプラスの値がいくつでも変化はないので、その最強武器を拾えさえすればその時点で完全な強さを発揮する反面、威力はそこで頭打ちとなって、後はレベル補正とパラメータを上げるしか強化できないという所が究極の威力を見る場合に物足りないのかな。

ちなみにカプリ子ちゃんに持たせたサイキョー武器はまだ+25くらいなのですが「命中率が低いがあたればダメージ3倍の攻撃を1ターンに2回放つ」という「Wワイルドスイング」を全部ヒットさせると9999ダメージが出て、半減スキルで防がれてもこちらも6000くらい与えていましたねえ。
最終的にはその武器を二刀流できるようになるので、アタリさえすれば毎ターン9999x2ずつ与えられるわけです。
こりゃあ強い。

まだまだデモゲ2は遊べそうです。
■雑談■@kurotama
2016/11/13 19:34
■バトガがんばれ@バトガの話。
・はい、来ました! 火曜日の15時から星守メイドカフェ後編です!
今回は予想通り、みき・遥香・望・ゆり・くるみ・あんこ・明日葉・桜・ひなたの9名による「もっともっと!学園祭記念ガチャ」がきますね…。
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qSzBxR2NfM3o1MDQ
明日葉ちゃんがネコ耳メイドで自撮りをしているとか…!大分アレだ、明日葉ちゃんも染まってきましたね(ノ∇`)

今回のラインナップは比較的僕的な「アタリメンバー」揃い。ゆりちゃんは先日のハロウィンでも星衣フローラでも、他のが欲しいなーって思ってる時に来てくれるので今回はお休みしてくれるとありがたいかもしれない(´・ω・`)

しかしね、精神防壁を張っておきますけど、今回は確定権があっても9分の1ですから、遥香っちゃんが来てくれ次第撤退の構えですが、出来る限り星のかけらを突っ込んでも来て頂けないかもしれないなぁ。
でもまだ絵柄とか知らないのですが、この面々の中だと遥香っちゃんが一番こう…汚れというかエ□枠というかをあてがわれそうなのよね(僕は遥香っちゃん押しなのに何気に評価がひどいと思う)。
あとはひなたちゃん辺りが無自覚無防備系のアレで先生たちをズギュウンとやるのか…!

■追記========

公式ツイッターに先出し画像が載っていました(ノ∇`)
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qN1hMakpDQmx5ckE
左が遥香っちゃん、中央がみきちゃん、右があんこちゃんです。

遥香っちゃん、今回は色気より食い気のほうでしたか…、なにげに美少女フェイスを崩してるカードは初かもしれない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/14 20:12
エ□ではないけど、美少女ヒロイン枠から脱落した感がしますねw(ノ∇`)

一方みきちゃんは正統派美少女路線を強化。さすがメインヒロインだけあってカード絵ではいつも80点以上をキープしている感じですねえ。

そして意外なのがあんこちゃん。誰が用意したのか完全に痴女衣装を着せられて涙目になっててちょうカワイイです。
本人も18歳を「もういい歳なんだし」とわかってる子ですから、浮世離れした衣装を恥ずかしがる様がリアルですてきw

===========

そして今回はなんと、星のかけらを700個(9800円)買うと、ボイスドラマ付きのフィギュア(ルームグッズ)交換券が2枚、350個(5400円くらい?)を買うと交換券が1枚ついてきます。
これまでは確定権がないガチャの時のみ「9800円買うと★4確定チケット付き」というのだけだったんですが、ボイスドラマ付きフィギュア(しかも好きなのを選択できる)というのは大盤振る舞いですね。

というのも、ソゲの異様な価格設定に対する風当たりは年々強くなってきていまして、PSO2のガチャも確率表記をするというやりたくないことをやった上で「回数ボーナス」を充実させ「それを購入するついでにガチャもできる」として回避策を取りましたね。

僕はそれをやるほど価値を感じないのでスルーしていますが、評価はしているつもりです。

バトガも高めの価格設定の代わりに、ゲーム内アイテムを9800円で買ったついでにガチャもできちゃうNE!ということにしたんでしょう。これは無課金では入手できないはずですから、ゲーム内フィギュア欲しさに5400円だの9800円だのを払う先生がいるかどうかは別にして「課金者と非課金者を明確に区別する」のは十分アリだと思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/14 20:12
★4確定権(1日2回で4日開催)がある以上、ゲーム的には非課金でも星のかけらを貯めていれば新アイテムを最低1枚はゲットできるのですが、2枚目以降ダブらずに出るかどうかはコロプラの設定次第ですよねー。
星のかけらを買わせるために特定キャラが多数被るよう設定してあるのでは?という疑惑は多くの非難を呼んでいますが、向こうからすれば「出るまで回す人からいくらでもむしれるのに上限をつけるほどバカなこともないだろw」ですからね。

不要カード3枚を欲しいカードと交換できたり(最新のアタリカードを交換可にした場合、見かたを変えればコンプガチャにも見えるし)、ダブりなしにすれば5枚の★4カードを取らせるために必要な金額は決まってしまいますからねえ。
そのあたりに不満や不信を感じるなら僕のように「課金してまでガチャはやらん」とすれば良い。

僕も本当にクレバー(冷静)にバトガとつきあうのなら、確定ガチャのはじめの一回だけ10連を引いて、武器ガチャも一回だけ10連を引くという、かけた石の数が100%成果になって戻ってくるプレイしかしないという形にすれば無理なくあせりもなく淡々とプレイできるんですが…。
やはりお気に入りの女の子が来た来ないでキャッキャするのこそが楽しみみたいなとこ、あるからなあ。

ということで、コロプラが冷静でない先生、もしくはバトガのガチャに金を突っ込んでも一向に構わん…!という先生方々が気持ちよく課金できるようにするのはアリですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/14 20:13
先日も書いたように、コロプラさんは白猫がオワネコになっていて、ものすげー収入下がったそうですから(バトガはその売り上げのおちたオワネコの6分の1くらいの規模)、多少稼がせてあげてもいいんじゃないかなー。
バトガはその白猫さんの稼いだあまーい汁をチュウチュウ吸いながら細々とね、へへ、やらせて頂ければな、とかね、へへ…(手もみ)

というわけで、明日から来年の春頃までかかる、長い長い戦いが始まります。
前回のメイド前半戦や武器ガチャ2回を華麗にスルーして心を殺して貯めてきた石1200個。いわば「命の種銭」。
こいつで遥香っちゃん様だけをピンポイントでお迎えし続ける…タイトロープ・オブ・ザ・ヘルの開幕やぁーッ!

メイド後半で1枚、12月前半はクリスマスで1枚、12月後半〜1月でゆく年くる年で2枚、バレンタインで1枚…。合間に別ガチャもきそうですが、今挙げたのは遥香っちゃんが出場しそうなガチャです。
当然その間に1月330個+イベント一回につき+50個の星のかけらの補充はされていくのですが…、ヒカキン先生である僕は弾(魂)を尽きさせないように立ち回らないと、目の前に遥香っちゃんスがあるのに貧乏のせいで手が届かない屈辱を味わうことになります。

まずは明日。
明日一発目で華麗にお迎えして撤退し、第一の試練に克つ…!
開幕勝ち逃げ大笑いか、泣きながらみじめに二度も三度も引かされるのか…。
他の絵柄もかわいい(というか遥香っちゃんがネタ絵に近いので微妙な為)、2−3枚は欲しいなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/11/14 20:18
■あいのないかんけい(ヽ´ω`)@デモゲの話。
・デモゲ2の未発見アイテム埋めをやっています。低レベル帯で駆け抜けたエリアとかに抜けアイテムが色々あったので。
で、その一環で男性デモンたちの親密度も最大レベルにしなければいけなくなりました。
全員の親密度をMAXにすることでデモンたちから「記念品(一応システム面の恩恵もある品物)」をもらえるそうなので。

それに、親密度レベル5まで上げると、そのデモンの担当する主人公のパラメータも合計で3(レベル3で+1、レベル5で+2)上がりますからね。

クリア前までは、レベル1時の基礎パラメータ+20までしか上がらなかった能力値の限界を超えるためには、装備のパラメータ+(一つの装備につき+1〜+3くらいまで、すごいものは+6や+9がついているものもある)、家具のパラメータ+(最大+9。複数上がるものには合計値が9を超えるものもある)、そして、デモン親密度ボーナスの+3を駆使しなければ高いパラメータは達成できなかったんです。

しかし、クリア後コンテンツでは能力値上限は全員等しく99になり、能力値アップアイテムも非常に高価だけど購入できるようになります。
最後のダンジョンで入手できる装備品が10000〜12000、7か所周って3個ずつゲットなので、全て売り払えば20万くらいにはなるのですが、能力アップアイテムは一つ40万するので結構お高い。

というわけで、追加ダウンロードが出るまでのゲーム本編のマップのクリア後ダンジョンに戻って、親密度を上げる「メンテクリスタル」を集めます。
今時点では、主人公の能力値+1がもらえるレベル3まで男性陣も上げてあるのですが、レベル4はおよそ6個、レベル5にするには10個必要です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 02:11
メンテクリスタルは道を塞いでいるザコボスが高い確率で落とすのですが、それでも1回6分の探索で3−4個ずつしか集まりませんねえ。
これを使って男性デモンとメンテナンスルームに二人っきりで籠って、弱っている部分を突っついてメンテナンスをし、仲良くなるわけです…。(デモンは魔法科学?で造られた生体・機械・精神体の状態を変えられる?半機半生の人造神です。普段見ている人間体のほうが仮の姿)

なにこの地獄。しかもゴツいおっさんの弱い所をタッチすると「あおぅ!」とか言うんだよ!もう絵ヅラ的に無理ニャウ!
ごうもんだよお(⊃д⊂)

本当にこの要素は誰得なんだよ!チームラは気がくるっている。
しかも男性陣は女性陣に輪をかけてキチガイ揃いでして…。

キャニス(おおいぬ座)
無口を通り越してコミュ障であり、威圧感のあるガタイで無言でたたずんでいる為、周囲の住人から「怖い」と苦情が来る。
実際は花を眺めてほっこりしているだけなのだが、第4話ではヒロイン妹の部屋に強引に押し入り、あわてて主人公が止めに行くと、花の元気がなさそうだったから様子を見に来たらしいことがわかるものの、妹ちゃんに追い出される(当然)。
放逐したい。

タウラス(おうし座)
主人公に負けたくせに、彼がタウラスの認めるムキムキ男じゃないからとため息と不満ばかり。情けないみっともない肉を食え肉を!と言いまくるだけのシナリオで、挙句の果てには「生まれる時代を間違えたわ…」とグチまで言い出す始末。
こいつ嫌い。生まれ直すなら手伝うZE!

ヴァルペ(?座?調べる気力なし)
野生の世界で1人生きてきたらしいが、デモンが生まれてまだ何年も経ってない気が。
とにかく主人公すら信頼せず独りでいいの一点張り。
森に帰すほうがお互いの為になる。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 02:12
アリエス(ひつじ座)
女の子かと思っていたら糸目系男だった。この時点で「僕を裏切ったな!」という印象しかない(←これはひどいよね。黒玉さんが悪い)
キャニスとアリエスだけが、貴重な「毎ターンHPの10%回復」のパーティスキルを使える為、うちのデモンゲイズ2ではそのスキルが使えない。
性格的には理知的で知性的な反面、少しでも気にくわないことがあると「この無知無能がッ!」のようにキレて暴言を吐き散らす二重人格。
本人もその激昂しやすい性格を嘆いているのがまだ救いだが、改善の傾向は見えない。
キレやすい人は嫌い。

ハイドラ(うみへび座)
見た目的にはカッチョイイ男ニンジャであり、攻撃性能、スキルなども一級品のなかなか使えるヤツ。
しかし自身が戦闘を行うだけのマシーンになってしまうのが恐ろしく、人間たちのことを観察し、自分の人間らしさを再確認しようとしている。ここまで聞くとまだマシのようだが、最終第5話で「もう観察はやめたんだ、だってお前が見ててくれるだろ。俺が人間らしくなくなったらおまえが止めてくれ」とか言い始める。
ひどいのが主人公の選択セリフで(善を選んだのに女子にも男子にもわりとひどい選択肢しかない)、どれも「勝手に決めるな」「そこまで見ていられない」的な冷たいもので、あれ、もしかしてプレイヤーの僕とリンクしてる!?と思う感じでした。
自意識過剰で怖い。

とまあこんな感じ。
女子陣はやはり恋慕を描ける為、比較的マシなものが多いのですが、

ライブラ(てんびん座)
ヒトは自然と共存すべきです!文明に侵されて自然が泣いていると思いませんか!と訴えるメガネっ娘。
このメガネも文明の力だから外します!と外すのはいいものの、噴水に落ちてギャフンってなる。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 02:12
その後も衣服も文明の…となりかけては脱ぐのはためらわれ、結局文明を受け入れないといけないのは自分でしたと気づく。
うん、キ○ガイですね。主人公の前でだけやってるならかまってちゃんだし、居ない所でもやってるなら狂人。

スコーピオ(さそり座)
主人公たちの拠点で働くネイ族(ネコ人間)の少年執事が謎のお手紙でストーカーじゃないかと主人公に相談。
どうもそのネコ執事に惚れ込んで食べちゃいたい(えろい意味で)らしい。
同意もないのに無理強いするなと戦闘になり、倒すとなんと、造られたはいいけどラスボスの言うことを聞かずに逃げ出したはぐれデモンだったことが判明し、主人公の手下に。
主人公の手下として生まれ変わった後(一度倒され、支配者が変わる度に記憶がリセットされるっぽい)は、ターゲットを主人公に変更し、ストーリーが進むたびに「年上のおねいさん」として「歳の差カップル感」を出してくる。
お、おう…おねいさんもいいよね(グラマーだし)とうふふとなっていると、最終話で婚姻届けを勝手に出されそうになり「ああそうだこの人なんか危険なタイプだったわ」となる感じでした。
こわい。

キャンサー(かに座)
はぐれデモンである彼女は、主人公の手下として生まれ変わった時、ヒロイン姉にひと目ぼれしてしまう。
ヒロイン姉にいい所を見せるために主人公を利用すると明言して行動を起こすカニちゃんだが、ヒロイン姉はノーマルな性質であり、むしろ主人公のことが好きなので当然カニちゃんの気持ちは受け入れず、最終話に直接「付き合ってください!」とアタックするカニちゃんをあっさり振る(当然)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 02:13
落ち込むカニちゃんを主人公が慰めていると「ヒロイン姉が好きな主人公を愛せばそれはヒロイン姉に愛されるのと変わらないのでは?」とあたまのおかしなことを言い始め、あまりのことについていけない主人公に「これからもよろしくっちゃ!」と言うのでした。
この世界キチ○イしかいないのか。

以上の3名はもう擁護のしようもないほど理解不能でパーティメンバーとして業務上のおつきあいをするのもちょっと「しゃかいってたいへん」って思わせられる感じですね(スコーピオさんはわりと人気がある。デザインや絵もまともなほうだし)。
こんなキチストーリーを見せられるくらいならお仕着せキャラいらんわ…。

どこかで小耳にはさんだんですが、今ゲーム業界ってまともにテキスト書ける人材が激しく枯渇してるみたいですね。
これを見ると不思議と納得してしまいます。

はぁ…、wikiのほうでもこの親密度上げは「処置なしだわ」と否定も肯定も攻略もせず「弱点を探るよりも体にカーソルを当てて回数をこなしたほうが早く終わる」みたいな感じでまともに攻略する気なくて笑えます…笑えないけどな。

男性キャラは5名いるので、能力値にしてたった15ポイントくらい捨て置けばいいということでこれまでは無視してたんですが、つい「コンプしたい」とか思ったのが運のツキ。
今、デモゲ2史上最も過酷な時間を過ごしています…(ヽ´ω`)
なんかあれだ…貴重なメンテクリスタルを無駄に消費してペガッソちゃんでもいじくりたおしてメンテ終了後セリフの「くせになっちゃいそう」とか言わせたい気分(HAITOKU感)。

しかしまだ、えーと、58個もいるのか…。
無駄にできないですね…。くそう。

あ、コンプ自体が時間の無駄なのでは?というのはとりあえずなしでお願いします。
つきつめれば人生そのものが無駄なのだから(哲学的)。
■雑談■@kurotama
2016/11/15 02:14
■しゅくめいのたたかい@バトガの話。
・さあ、いよいよ来ましたよ…。
毎度毎度、はやる気持ちを抑えながらネタフリ…いや、戦争の開始を告げるコメントを書き、でたあでなかったあとキャッキャしながら数週間分の稼ぎ(星のかけらのこと。人によってはリアル給料も)を突っ込んでいのちのやりとり(精神的な話)をする気持ちを奮い立たせる儀式ももう1年以上やっているんですね、ふふふ。

いつも顔を見せているまとめサイトでも複数枚のアタリ「社員引き」を報告する先生、爆死報告をする先生、俺の欲しいのは出たんで撤退と勝ち逃げ報告をする先生、想いが届かなかった(押しの子が来なかった)腹いせに罪のないキャラをディスる先生…。

悲喜こもごもの地獄がそこかしこで口を開けるわけです。
バトガはそれでも「確定権」があるので、アタリ排出率0.03%とかのガチャではないですから、まだマシなほうなんですよね。

しかし本当の地獄は、押しが引けずに○日めにさしかかった先生、確定権4日分を全部やりきったのにダブりばっかりで押しが来なかった先生などの悲痛な報告が殺到する初日以降だったりします。

なんというか、最初の激突を経て、一旦落ち着いて被害確認が進むうちにそのまずい状況が明らかになっていく感じ。

運に恵まれて前線を潜り抜けた先生が勝ち名乗りを上げる中、後続に捕まって戦闘継続を強いられる先生、矢尽き刀折れ(星のかけらのこと)撤退を余儀なくされる先生、私財を投げ打って増援を募る(リアルマネーで星のかけらを購入すること)先生、強がりを言って戦場に参加せず様子を伺う先生…。

これは先生たちによるコロプラとの戦争です。
「他よりマシ」なんてのは他をやってない先生には関係ないんだよ…!
いまここにある現実!これこそが全てです(※電子データです)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 20:47
そんなわけで「もっともっと!学園祭ガチャ」での戦いが始まります。
ああ、平和なタイトルが恨めしいw
こちとら遥香っちゃん様をお迎えできるかどうかの瀬戸際…悪い意味で始まる前から(緊張感が)クライマックスだってのによぉーッ。

(ここまで引く前に書きました)










画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qVmtrTlVUSE9iNkU
キキキキキ…、キターーーーーーーーーー!
華麗に優雅に、クリームと砂糖とストロベリーソースの匂いをひっさげて、まんぷく遥香っちゃん様、絶・大光臨でございますっ。
ひゃー、これで一安心。

ガチャ画面を開いた時にたまたま遥香っちゃんが自己紹介をしていたので「ここだッ」とガチャボタンを押したのが功を奏しました(※バトガは宗教。もはや迷信に頼るしかないのです)。
強いかどうかとか…知るか…知るか!

しかしこれはあれだね、他のカードもかわいいのでもう一回くらいやってもいいかもだなぁ。
え?あ、はい、心に余裕ができたのでww

ひなた先生(よく先生ごっこをしたがって自称するのです)が眼帯包帯メイドで新たな境地を開いておるw
厨二病とはもっとも逆にいると思われていたおバカかわいいひなた先生が誰の影響か厨二病ファッションとか…。
あいかわらずひなた先生は予想外の角度からグリッとねじ込んでくるよなあ。

みきちゃん、桜ちゃんの和風メイド、明日葉ちゃん、望ちゃんのネコ耳メイド喫茶、くるみちゃんの白衣メイド(もう意味が分からんw)も良い感じですねえ。
ゆりちゃんはイラストでは他の作品でならメイン張れるんじゃね?っていうくらい美少女なのに…

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 20:48
Live2Dではタイラムネが強調されてて、非常に一部の先生向けになってて残念(´・ω・`)
まあギャル絵の基本(非エ□)は、その一番かわいく見えた瞬間を切り取るわけだから、そういう意味では正しい…よね。
写真で美人だったのに実物を見たら見直すレベルで違う。世の中ではよくあることです。何が真実を切り取るだフザけるん(以下略)

でもイラストを見渡してみると、みんな正統派かわいさをアッピルしてる中、遥香っちゃんだけがギャグ顔(というか満プク悦顔)というのが若干引っかかるな…。
まあ今まであえて書いてませんでしたけど「遥香先輩、よだれよだれ!」とか指摘されてることもある通り、生遥香っちゃんは大分食欲に弱い感じですからね…。
以前は「お嬢様だけど遊興費は自分で稼いでいる模様」と書いてましたけど、今回のイラストを見ていると(左側に見切れている皿の山に注目)、もらったおこづかいは基本食べ物として胃袋の中に消えてしまうので、バイトしているんじゃ…。

…。

でも、逆に考えるとバレンタインイベントで「(誘いを受けてもらえるかもわからないのに)先生とバレンタインコンサートを観たいために体調を崩すレベルでバイトを入れていい席(S席って規模にもよるけど15000〜25000くらいするよね。それを二人分)を取った」ってすごいことですよね。
恋心が食欲にまさった…だと…!?という。

だまれ事件とか、みきちゃん好きすぎて百合疑惑とか、ボロぞうきんことアルル(空飛ぶぬいぐるみ。だまれ事件もこのボロきれのせい)に関しては暴力を振るう等、クセとして用意された様々なマイナス点を差し引いても、人の為に(その旺盛すぎる食欲を抑えてまで)行動できるのが彼女の魅力だと思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 20:49
まあ、バイト先のジャズ喫茶でも仕事上がりにマスターからあまりもののケーキとか振る舞われてる描写があったので、普段は週末だけのバイトが毎日というのは、毎日あまりものをもらっていたのでは疑惑があるので(マスターには可愛がられている模様)、買い食いせずともそれでまかなってる可能性があったと思いますが…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qNVdEM1ZtMUptLU0
メイド遥香っちゃんの雄姿。最高かよ…!
定番の「ご主人様」呼びに、意外と立派な胸元を強調する肩だし衣装と相まって、倍率がドン!ドン!と上がって行ってますね…!
去年のオーソドックスメイドスタイルは今年の再取得のチャンスにも得られませんでしたが、こっちがあるだけでも気分は勝者です。
「全国の遥香推しだけど取れなかった先生たち見てるー^^」と煽りたくなるこの感じ…。
いいですね!いつもはそういうの見て「Shine(輝き)」と心の中で祝福を送る側だからNE。
Live2Dのを見て分かったんですが、これおそらく「不思議の国のアリス」テーマですかねえ、色合いと時計を見るとそのあたりを取り入れてる感がある。

戦闘力面では電撃wikiの評価待ちですが、大量のケーキを召喚して中範囲のわきつぶしあり1回ヒットで、ケーキを食べてHPが全快します。
何%とかじゃなく全快。
なにげにすごいのですが、ケーキをパクっと食べて幸せ状態になっている演出の間にせっかくわきつぶした敵が出現演出を終えて攻撃態勢を整えてしまい、スキル演出明けの無敵時間解除にちょうど最初の攻撃をかぶせてくる為、スキルを使用する度にピンチに陥る印象。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 20:53
せっかく全快させたのにいきなり被弾することもあるので、回避操作(画面をフリック)をしながらという感じになります。


作ってる人たちも多分わかっててやってると思うのですが、先日の誕生日花音ちゃんの「ロック位置に10回ヒット」のスキルも上手く使えば敵単体に65000ダメージとか本気でやるならそれをスキルバーストで倍にして13万ダメージまで出せるとか結構凶悪なんです。
だけど、スキルの攻撃が終わって暗転が解けて操作可能になるまで結構スキがあるので、倒しきれないと敵の反撃準備が整ってから行動可能になって、思ったほど攻撃一辺倒にならない。

ツインバレットは回避が高いかわりにどんなにしょぼい攻撃でも必ず吹き飛んでコンボが切れるという弱点がある為、この再行動までに間があるというのは結構使いづらかったりします。
もっとも、敵との距離が重要なのに、スキル開始演出が長くて実際にダメージ出るまでに接近されてしまうようなスキルもありますから、やっぱり意図的に利点と欠点を作ってる感じですね。
しかし、スキル後の行動開始が早いタイプのスキルはスキル自体がそもそもショボすぎるものが多く、結局頼りにならないのよねえ。
ままならないなぁ。

というわけで、メイド遥香っちゃんはおそらくAランクがいい所じゃないかなと思います。
スキル威力を倍にする「スキルバースト」がつきますが、スキルの威力が最初からスキルバースト適用で発動するタイプなので、このスキル自体には影響がなく、HPが減ったらこれを使い、他のスキルにつないで使えばスキバ付きで放てますよという支援系スキルみたいですね。
だったら必要コンボ数か消費SPをもっと下げて欲しかったけど。
遥香っちゃんはそんなんばっかりで、真のサイキョースキルとかはあまりこないのよねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/15 20:53
最近のSランクスキルは「出しただけでステージが終わりかねない」のばっかりだから、敷居が大変高くなってるし、確定権で得られる通常限定ガチャ(にほんごのみだれ)のカードは最近は控えめが多いかな。
確定のないものの時は先日の第二部クライマックスガチャみたいに「盛ってるだけでセンバツSランク余裕ですけど」みたいな性能を与えられます。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qaFpoaVJtcExheUU
だけど…、KAWAII(*´Д`*)=3
でも、このスキルのそこはかとない色気(肩出し衣装でお盆を高く掲げながらくるりと一回転)とかわいさがあるので、そっちだけでSランクや…!
ささ、きっちり育てて早く「より親密なストーリー」を観よう観ようヽ(´ー`)ノキャッキャ

【告知】ジョジョ第4部第33話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】1115(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/11/15 20:53
■復帰うめえw@PSO2の話。
・ええ、先日の「ウェルカムバックキャンペーン」で所長が復帰しました。
まあセイガー装備でソード・パルチ・ワイヤー・ダブセ・弓と一式揃えて、カタナも確かレイあたりにできたので、★13上限下のPSO2でやることはなくなったと判断したのもありますが、なにより「そろそろウェルカムバックきそうw」と予見したからでもあります。
狙いは見事に成功し、OTPをGoogle認証に変えたのを最後にインしないようにしていたので、10/3〜というのにギリひっかからずにまんまとウェルカムバック品をせしめることができましたヽ(´ー`)ノケヒヒ

これで何よりおいしいのは「アドバンスカプセルd・e・fを55個ずつ」でして、何かと用があるのにガッツリ貯めるにはちょっと面倒くさい(最初に20個消費して+10にして回って黒字にし…というのを3か所やらないと増やしていけない。効率を考えると3週間ガッツリプレイするハメになる)。

なので、こうしてまとまった数もらえるのはかなり大きかったりします。
まあ…役目といえばSSに顔出すくらいなんですが(´・ω・`)
後は最悪の場合ターニアちゃんにメセタを渡せるように貯蓄に励む感じかなあ。
今は「安心ライン(現状で「欲しい」と思ったならッもうマイショップで購入しているんだよ!をできるだけのメセタ)」に達したのでこれ以上貯めてもなあ。
あれ、これまた休止でもいいんじゃないかな…。

■だからいまは、さよなら@バトガの話。
・今回は地獄ガチャ開幕の最初で当たりを引くという僥倖に見舞われた黒玉さん。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/16 03:19
テンションが上がって「もう一回くらいやってもいいかなエヘヘ」とか言ってたんですが、どうしようか考え中です…。
今回はほんと、基本的にはほぼ全員好きなので(星守の中に「嫌い」という子はいないけども、18人にしょうがなくランクを付けると9位以内にいる子たち)が多いので確かにやってもいい…。

しかし、今日勝ったからと言って、次も勝てるとは限らない(※ボタンを押すだけで運しかありません)。
イラストでは素晴らしいけど、Live2Dの出来が少々微妙な子もいます(明日葉ちゃんとかゆりちゃんとかあんこちゃんとか。逆に望ちゃんはイラストもLive2Dもステキ。しかもイラストは先生とフォークダンスしてるんだよなあ…ストーリー見たい…!)。

つまり…、心を落ちつけて大切なものだけ見つめていれば目先の勝利に囚われて大局を見失うことはないのではないのか(※ボタンを押すだけで運しかありません)。

この1000個ばかりの星のかけらを勇気を持って確保することで、後の勝利につなげることができるのではないか。
武器ガチャをここ数回スルーし続けてきたことで、火力不足も目立ってきましたから、そろそろ良い武器が欲しいというのもあります。
来週あたりにはまた武器ガチャが開催されるでしょうから、今回はそっちに回すかなあ。

遥香っちゃんだけピンポイントでゲットできたというラッキーは今のお楽しみより、後の遥香っちゃん攻勢の為につなげるべきだよなあ。
去年は選ばれなかったから、今年はたぶん振袖遥香っちゃんが来ると思うのよねー。
そうなるとクリスマスから連続ですからね。

よし、他のメイドは残念だけどあきらめよう。
遥香っちゃんを17人分愛でればいいのです(いやらしい意味ではない)。
彼女の新カードにはそれだけのポテンシャルがある…!
■雑談■@kurotama
2016/11/16 03:20
【終了】ジョジョ第4部第33話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はCarmineさん、KAITOヒューマンさん、Zyklonさん、ストロボヤンマさんが来てくださり、JOJO第四部の終盤を見ることになりました!

イベントてんこもりの「7月15日」も徐々に話が集結しつつあり、今回は仗助・康一パートの「vsエニグマ戦」と、岸部露伴先生の「おんぶおばけ編」が描かれます。

おんぶおばけ編は岸部露伴先生のいたずら心がおもわぬトラブルを巻き込んだと思いきや、それすらも吉良さんの父、写真に取りついてわりと自由に活動する千葉繁さんの差し金であり、写真を撮って吉良さんの成り変わった男「川尻浩作」の調査を妨害する為の刺客でした(それは反対にあの写真の中に「正解があった」という答えにつながると思うのですが…)。

メインはあくまで「vsエニグマ戦」でしたね。

その人物の「恐怖を感じた時に取るくせ(サイン)」を解き明かし、自分の行動でそのサインを引き出せると相手を紙に封印できる?(画面から受け取った情報から僕が理解したアレです。正式かどうかは調べないようにしているので不明)凶悪極まりないスタンド「エニグマ」を使う少年によって康一くんが捕らえられてしまいました。
先日までは敵対していた「ハイウェイスター」の墳上裕也の「においで人を追跡できる」力を借りるため、ボッコボコにした張本人の仗助くんが治療するという条件を出すことで協力してもらうことに。
しかし彼は「もうケガするのはごめんだから戦いになっても参加しねーぞ」と念を押し、力を貸すだけ、場所を突き止めたらそこまでだぜと消極的な協力体制。

しかし人間観察が趣味というエニグマの少年の執拗な精神攻撃によって仗助くんは恐怖のサイン「下唇を噛む」を暴かれてしまいます。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/16 19:49
仗助くんは自分に関することでは、たとえ銃撃されて反応できなければ即死したかもしれないという目に合わされても恐怖はしませんでしたが、大切な身内に手がかかり、失うことを何よりも恐れています(第四部冒頭で祖父を目の前で亡くしていることも関係しているのでしょう)。
なので先週、紙からゴロリと出てきた母を見て失ったのではないか、巻き込んでしまった!と恐怖しました。

そして、閉じ込めている紙を破るなどして物理的に破壊すれば「なかのもの」も破損する様を見せた上で、康一くんの名前が書かれた紙を車道に投げ捨てます。
「もしかしたらホンモノかもしれない」と恐怖した仗助くんは下唇を噛んでしまい、エニグマの手にかかって紙の中に閉じ込められてしまうのでした。

条件発動型のスタンドの前にはクレイジーダイヤモンドのパワーも全くの無力。
しかし仗助くんは「破壊して再生しようとする力」で時間を稼ぎながら、エニグマの少年に宣言するのです。

「おめーが優位を保っていられるのは康一の紙を持っているから、それを失くすことはしないのはわかっていた、だが、もし、本当もしあの紙が本物の康一かもしれない可能性が1%でもあるなら、それを放っておくことはできねー!(うろおぼえ)」と。
さらに不良らしく「オレを閉じ込めたらすぐに破ることだ、でないと必ずテメーをぶっ殺す!」と捨て台詞を吐いて行きました。

顔のアップで黄金の覇気のようなものが発せられていましたが、これは後続のシナリオでジョースター家の人間の高潔な魂の在り方は「黄金の魂」と表現されていて、第四部ではジョセフも承太郎も自然にこれを発揮して、仗助くんにその生きざまを見せつけてきました。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/16 19:49
もちろん彼自身のこれまでの生活もあるのでしょうから「才能・血筋」で片づけるのは乱暴ですが、一族の男の誇り高い姿を目の前で見てきた彼がここで真の理解、そして体得をしたという感じですね。

その高潔な精神にあてられた墳上裕也は「カッコつけやがって!俺だってとりまきのあの女共が同じ目にあったら、同じことをしたに決まってンだろーが!(うろおぼえ)」と、仗助くんを見捨てることはせず、タクシーを紙から出して去るエニグマの少年を追うのでした(運転手はなんでおとなしく言うこと聞いてるのかとか考えてはいけない…)。
エニグマの少年も勝ちを確信して「開くことが出来れば誰でも中身を取り出せる」というヒントを残して煽って行きましたからね…。
彼からすれば追加の「遊び」のつもりだったのかもしれませんが…。

時速70km以下のものなら追跡できるハイウェイスターの力でタクシーに追い付いた墳上裕也は…。

あの、いまさらなんですけど、高速道路って80km制限だから、ハイウェイスターなのにハイウェイでは一般車にすら追いつけないのね(´・ω・`)
まあ…いいんですけど…。

で、ハイウェイスターと共にタクシーを調べますが、どうみてもワナが仕掛けられていて、折りたたまれた紙の中身は開けるまでわからない…しかし開けないわけにもいかず、勇気を持って開けると炎が出たり電撃が出たり、果てにはシュレッダーまで出てきます。
そしてシュレッダーで今まさに裁断されようとしているのは…仗助くんと康一くんの名前が書かれた紙!
あせる墳上裕也ですが、シュレッダーを使ってる人ならわかりますが、アレは一度巻き込むと大人の力で引っ張ってもなかなか止められない。
スイッチをオフにしても動き続けるその姿には彼はついに、すでに見破られている「恐怖のサイン」を出してしまうのです(あごを触る)。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/16 19:50
勝ちを確信したエニグマの少年は彼を紙に封印しますが、墳上裕也が逆に勝ち誇っています。
自分自身が紙になったことで、指は入らないけどシュレッダーの中に手が入ったぜ…!と。

紙になる直前、シュレッダーから引き出して広げた紙には…怒りに燃える仗助くんと康一くんが。
康一くんのうつろで無感情な表情が「人は本当に怒りを感じると無表情になる」を表していてものすごく怖い。

そして仗助くんはお待ちかねの意趣返しタイム。
鉄を苦も無くひしゃげさせるパワー型スタンドであるクレイジーダイヤモンドの拳を見せびらかし、エニグマの少年の恐怖のサイン「片目をつむる」を引き出し、もっと深い恐怖なら両目も閉じることを暴きます。

そして閉じ込められる直前に宣言した言葉を「思い出した」といい、実行するのでした。
この「タチの悪い悪党のいやらしい能力と心理戦で追い詰められてウギギとなっていたのを打ち破り、オラオラでぶっちめる」というのはいわゆる「カタルシス」であり、第三部以降、スタンドバトルとなったジョジョが大躍進した一つの要素ですよね。

想像を超えた勝ち方でスカっとするというのは第二部からもやっていたんですが、ちょっとズル賢さを前面に出していたこと、敵があまりにも強すぎたことで、知恵に頼るしかなかったというか。
それを第三部では「オラオララッシュで悪党を始末する」という要素が見事にわかりやすく表現してくれたわけです。

仗助くんはとても優しい男ですが、それだけに自分にこずに周囲から攻めるようなタイプ、人をもてあそぶタイプの人間に対しては残酷な罰を与えます。

冒頭、快楽殺人者であり祖父までも手にかけた重卯犯罪者のアンジェロは死ぬこともできない「アンジェロ岩」となってしまいました。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/16 19:50
今回のエニグマの少年は仗助くんの怒りを買い「エニグマ」という本にされ、杜王町のあらたな不思議の一つとして図書館で暮らすことになってしまうのでした。
ひどい…これは殺すよりひどいかもしれないw

でもまあ、面白かったです。
鉄塔の男もそうですが、このエニグマの少年も主人公を張れるくらい練られた設定もってるよなぁー。
あとは雑談でも話題になっていましたが、康一くんといい、今回の墳上裕也といい、「こいつが主人公か」というくらい活躍するシーンがあるのもいいですよね。

墳上裕也は最初はいけ好かないナンパ野郎のどうしようもないクソチンピラでしかなかったのに、取り巻きの女の子たちのことは本気で大事にしてるんですよね。
からかうしおちょくるけど、あいつらがいねーと俺はダメだと言い切れるのは若いのによくわかってる。

その気持ちを仗助くんの「そんなことはないと思ったけど、もし1%でも康一が死ぬかもしれない可能性があるなら動かないわけにはいかねえ」を見て再確認し、てめーばっかりカッコつけてんじゃねえ!俺だってあれがあいつらならそれくらいできたね!と行動を起こすシーンのカッコ良さはこれまでのクズっぽさを真逆にするくらいの効果があったんじゃないかなー。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/16 19:51
あれ5話くらいまえで露伴先生の生命力を吸って「あの男を誘い入れたらお前は許してやるぜ」とかやってたやつですからね。
変わりすぎ!でもカッコいい!

そんなわけで今週も大変面白かった…。
あと少しで終わってしまいますが、話はまだまだミッチミチに詰まってそうですから、頑張ってついて行きます。

その後はPSO2の話とかをしたりしてましたが、1時半となってしまったので解散となりましたっ。
この鑑賞&感想会の続行も受け入れたもらえたようなので、JOJOが終わる1月期?のアニメで、なんとかみんなで見られるニコ生配信のあればいいですがねえ。
できればこう、最大公約数というか偏りが少な目のが来るといいけどなぁ(1月期アニメはまだ何もつかんでいないのですよ)。
その点ではドリフターズとかはなかなかよかったのに10月期だからね(´・ω・`)

そんなわけで、来てくださったみなさんありがとうございました!
またよろしくお願いします〜。
■終了■@kurotama
2016/11/16 19:51
■伝説の誕生@雑談。
・あ…あ…!?
11月15日スタートで11月16日にサービス終了…?スタートは去年の11月かと思ってたら今年のかよ!
すごい…これはもう3か月で終了とかそういうレベルじゃない。

どうも日中韓のスタッフで作っていたらしいのですが、原因は「FF11のモデルデータを丸パクリして使用し、ドット絵に落としていた(クォータビュー:ナナメ見下ろし型)」模様ですね。
しかし、画面のクオリティを見るとなかなかキアイが入っていて悪くないだけに惜しいな、これ。
例のお国が絡んでいるということから、著作権に対しての認識の差が出た上に、日本側スタッフがFF11(FF11のスタートは15年ほどまえ?です。いまもサービス続行中だけどな!)のデータだと気づかなかった可能性がありますから「バッカじゃねーの」と切り捨てるにはちょっと残念ではあります。

でも何度もチェックしたりした中でだーれもなにも気づかなかったっていうのもおかしな話だなぁ。
あと、検索すると比較画像が出てきますが、FF11のデザインは今見ても本当に素晴らしいな。
ポリゴン数の少なさ(ローポリモデルという)なんか、デザインとモデラーの腕の前では大した差にならないと見せつけてくれますわ。

まあ当の本人たちは大変でしょうけど、面白いニュースでしたw
いっそしばらく続けてくれたら様子見に行ったのになw惜しい。
■雑談■@kurotama
2016/11/16 20:11
■これも結局力押し@デモゲの話。
・装備も大分極まってきました…(ヽ´ω`)
なんでゲッソリしているかといいますと、メイン盾・主人公・ヒーラーが固定で、残りの2名を物理アタッカー+魔法アタッカーとするとか、物理アタッカー2名とするかだったんですが…。
クリア後コンテンツで得られる強力スキルの中に「Wワイルドスイング」というのがありまして、3倍撃になるかわりに命中率がかなり下がる一撃を放つスキルを2連発試みるというやつです。
正直フルヒットはめったにしませんが…「キラーエッジ」という、確率で最大50%の確率で「攻撃回数+1、即死判定がつく」という攻撃力底上げスキルがありまして、両手武器二刀流、Wワイルドスイングで4回も攻撃すればどれかには「キラーエッジ」が乗るんですよ。
「攻撃回数+1」というのは元から2ヒットや3ヒットする(命中率が高い)武器よりも、命中し難いが威力の大きい「両手武器」などに有効なんですね。
当たるか外れるかに賭ける!というわけです。
だけど、それがWワイルドスイングで3倍になるとね「当たったら9999ダメージ」「キラーエッジが発動すれば9999x2になる可能性が一応ある」ということで、それを二刀流x2回ヒットで毎ターンぶんすぶんす振り回してるわけです、二人で。

ボスからしたら「そんな大振り、当たるわけな(当たったら9999ダメージ)痛い!ま、まだ続くの?やめてぇー!」というのが毎ターン襲ってくるんです(⊃д⊂)
で、もうオート戦闘で戦えてしまうので敵の攻撃魔法などはどっかどっか喰らっちゃうんですが、後衛も蘇生魔法を手に入れましたから以前と違って「貴重な回復アイテムを消費して」とかありません。
たったMP30でHP半分で蘇生ですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:10
さらに、ヒーラーのキグナスちゃんはMYS(神秘性。回復魔法に重要)が装備とこみこみで70くらいあって、MYSが41以上あると毎ターン「MYSの半分MPが回復する」スキルを持っています。
このMPリジェネ能力を使って、魔法使いにMPを補給したりしてたんですが…。

全体のHPを大回復させる魔法がね、たった消費MP16でメンバー全員を1200くらい回復するんですよ。
つまり、毎ターンHP全回復してもMPはあふれてるんです(MYSが70あれば毎ターン30回復しますから)。

そして「Wワイルドスイングは当たりにくいが当たれば大きい」「メイン盾のペガッソちゃんは揃えうる装備をほぼきわめて、+30にしたため、うっかり気絶や混乱にかからない限りラスボスの攻撃すら受け流すしヒットしてもヒット数分(16ヒットなら16ダメージ)しか受けない」

ということは…「補助魔法をかけ終わったら後はオートボタンを押してるだけでボスまで倒せる」状態になってしまいましたw
これまで集中してー6回ヒットの攻撃使ってーとやってたりしてたのはいつのまにかいらなくなるほどこちらが強くなってしまっていたということです。
昨日、一般Sランクの斧+70以上の拾って攻撃力1600とかいう武器も拾ったしな…(最強中の最強武器の+0の数値は1005とかそんなん)。

あれだな…、「両手武器を二刀流できるスキルを身につけられる神器」の二つめが出たらデモゲ2の戦いは終わりにしてもいいのかもしれません。
強敵のハズの中ボスをオートで倒せたのは「やりすぎた(ノ∇`)」と思ったもんなw

でもまさか「防御シールドを張る」「1ターンだけブレスを軽減する魔法を毎ターン使っておく」とかより「HPが大回復する魔法を毎ターン使えばOKw」が通るとは思わなかったw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:11
■激突する心と心@バトガの話。
・まずはこれを…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qeDNiUXY0bGM5Uk0

先日手に入れたメイド遥香っちゃんです。
左の画像はこのイベントで入手できる食べ物アイテムをプレゼントした時のセリフ。
思わず「キミはなんでも特盛で食べられるよね」って突っ込んで反応が見たい(*´Д`*)
右の画像はこの衣装特有の特訓「おみおくりの所作」です。
バレンタインの時と同じく「声付き特訓」なので、20秒ごとくらいに「いってらっしゃいませ、ご主人様っ」と雨宮天さんの美少女声で言われるので、いいオトナの黒玉さんはさすがに耐え切れずにスマホをスリープにしてしまうのでした(ノ∇`)
音声付特訓は複数人でやると、どこかの会社の新人研修みたいな有様になって結構笑えますが、気恥ずかしくなってしまう。

さて、本題ですよ…。12月に行われる「復刻カード投票」が始まりました。
前回の「ミスター&ミスコンテスト」は、有料投票のミス側で詩穂さんが圧倒的大優勢となり、彼女がハナから「花音ちゃん花音ちゃん花音ちゃん(以下繰り返し)」となってる子なので、オンラインの無料投票のミスター側は事実上に花音ちゃん一択のデキレース状態となって、みなさんの投票熱も上がらず尻すぼみでしたからね。

それを踏まえて(本当にコロプラの運営は週単位、イベント単位でユーザーの考えに対するフィードバックがあってすげーわ)今回の復刻投票は「一日3票持てるが、結果はキャラごとの上位2カード」となりました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:11
たとえば大人気の詩穂さんの「ウェデング詩穂」2000票と、「お忍び詩穂」が1800票で、少数精鋭の鍛えらえた先生たちから熱い支持を受けているゆりちゃんの「チアガールゆり」が100票、「星衣ゆり」が78票で争っていたとしても各キャラの1・2位は復刻されます。
これなら「人気キャラは投票合戦で数百、数千の票が動こうと関係ない」わけで、人気投票と言えば必ず上位で争う、詩穂さん、ミミちゃん、遥香っちゃんあたり推し先生たちだけがキーキー言い合う状態を脱却できるわけですね。
これはいい。

ちなみに遥香っちゃんカードでは「ウェディング遥香」が1位、「水着'16遥香」が2位、僕の投票した「水着'15遥香」が3位です。
遥香っちゃん好きにはわりと本気で「嫁にしたい」と思っている寂しい先生が多いのかもしれません。
ひなたちゃん好き先生とかだと「バカかわいくてしょうがない孫、もしくは妹が欲しい」、花音ちゃん好き先生は「美少女アイドルにののしられて蔑まれたあげく、素足でグリグリ踏まれたり椅子にされたりしたい」と、それぞれニーズが違いますからね。

ちょっと深い話ですけど「ドSほど献身的な存在はない」のです。
他人の為に何かをするという意味では奉仕と言っても良い。

サディスティックの定義があいまいになってしまい「あたりが強い」「嗜虐(しぎゃく=苦痛を与えることを好む性向)指向が強い」も一緒くたになっていますが、他者に対しての要求が厳しく、自分の意に沿わないと恫喝や暴力を振るうのは正確には「ただの余裕のない乱暴者」ですからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:12
有名なのはお笑い芸人のダウンタウンのハマちゃんですが、彼は人がひどい目にあっているとすごくイイ笑顔で笑っているのでよく相方の松っちゃんからそのドSっぷりを指摘されていますが、同時にキャラ性(あくまでキャラね。年を取った分穏やかな人格者の面もある。但し、息子たちには「反抗期」はなかったそうですね。オヤジとして相当強力だったそうで…刃向うくらいならこうべを垂れる状態だった模様w)として「気に入らない格下には鋭い恫喝を飛ばし、場合によっては警察沙汰にならない程度の暴力を交える」のも併せ持っています。
なのでこうした混同が起きているのかなぁと思うわけですが…。

そういう意味では花音ちゃんはカロリーを消費して先生を構っている点から「気恥ずかしさと(一般的イメージの)男性嫌悪からののしり、蔑み、踏んだりする」わけですから、ものを知る特別な訓練を受けた先生からは「ご褒美です(悦)」となるわけです。
まあ、ただの変態だけどな(´・ω・`)

「ご褒美」という言葉も本当に言い得て妙な、良いワード選択だよなぁ。
元はネットとかで「それは我々の世界(業界)ではご褒美です」というアレだと思うけど、本当の初出はちょっと知らないなー。

ちなみにロード中の1コマ漫画で、「え?変態と言われて喜ぶ人もいる?やだ、そんなわけないじゃないですか(花音ちゃんは年上には敬語を使います。あと同性にはすごく優しいです)」と戸惑っていて、ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイから「花音ちゃんにはそのままでいて欲しいわぁ…」と言われています。

花音ちゃんはわかっていて「ドS」なのではなく、乙女特有の潔癖症がたまたま人を椅子にしたり、素足で踏んづけたりする行為になってしまっているだけなんです。
彼女自身が変態の一翼を担っているわけではない…受け取る側の問題なんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:12
というか、れんげ先パイは本当に性別が違ったらヤバいよなぁ。女子の花園の中に思考と趣味がおっさんのソレが混じってるのか…。水泳の授業は天国とか言ってたし…。

話は遥香っちゃんに戻りまして、この黒玉、ドラクエ5でも幼なじみのビアンカを振ってお嬢様のフローラを選んだ男ですから、大変お嬢様に弱い。
遥香っちゃん押しになるのはしょうがないですよね(バトガには後二人究極の名家のお嬢様がいるはずなんですが)。

で、「ウェディング遥香」はね、僕は持ってるから当然復刻で票は入れません。持ってない先生のことなど知るかww
「水着'15遥香」は確定権もない時期に出たカードですから希少価値が高い…いや、正直にいうとシンプルで大変エ□かわいいLive2Dの出来が素晴らしいのです。
戦闘能力やスキル演出の控えめさはさすが初期(開始3か月後の時期)ですから、正直使えるとか使えないとかの話ですらないのですが、衣装は最新のカードにも着せられますからね。
今回復刻のカードの多くは戦闘カードとして二線級のものばかり。
皆さんの興味は「より親密なストーリー」と「衣装」と「逃したカード再取得の権利をくれええ」というコレクター根性だけ。
古すぎるカードには「より親密なストーリー」はついてないのが切ないけど。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:13
そこにさらに先ほどの僕のように「持ってない他の先生のことなど知るかww」が混ざってきますから、今回は「敵は身内の中に居る」形になっています。
これまでは詩穂さん派vs各推しキャラ派の争いだったのに、今度は同キャラ内推し先生内でどれが1・2位になるかで競り合っているわけです。
僕的には「水着'16」でも「水着'15」でも構わないのですから、1位が「ウェディング遥香」に決まっても未所持カードが得られるチャンスがあるわけですよ。
しかし水着はやっぱ強いなー。
遥香っちゃんのは2つともシンプルなビキニスタイル('15はパレオ、'16は麦わら帽子x薄手のカーディガン)なので、見た目にまぶしいのがいい。'16はLive2Dのほうはカーディガンが邪魔をしていてあまりスタイルが見えないので、'15のほうがいいと思うんだけどなぁ。

しかし、ドロップアイテムのタスキを投票チケットにするシステムだった前回までの形式だと、特定のカードがあるとなしで、得票数がまるっきり違う問題があって…。
誕生日蓮華、誕生日心美カードのみ「ドロップアイテムを拾わなくても勝手に吸引する特性」パッシブスキルを持っていてアイテム収集では驚異の効率を誇るので、同じ1時間タスキあつめをしても2000と1万くらい差がついてしまい、先日の遥香っちゃんvsミミちゃんの投票バトルではそれが大きな敗因になったと思います(いいがかり)。
つまり該当カードを持っているプレイヤーを多く抱えた陣営が圧倒的な優位を得るわけです。
仮面ライダーとかガンダムみたいなものです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:13
そこも配慮されたのか、今回は「1プレイヤー1日3票」となっていますから、問題があるとしたら複数端末での投票くらいでしょうかねえ。
アカウントの複数所持はダメとか別にないもんなぁ。本人が時間取られてくっそめんどいだけで。

一定の所までクリアしないとダメとかにしたとしても、同時に「新任先生応援キャンペーン」もやってるから、1回通過すれば以降2週間はずっと投票できるわけで。
ただ、それらを駆使して1位が埋まっても2位はきちんとした得票のものになる感じでしょうから、まだマシなのかな。

色々と改善されて公正に近い投票となっている今回ですが、黒玉さんは一つ見落としています。

えーと、つまり、これ18人分あるからさ…「36枚超絶地獄の闇鍋DX」みたいなガチャが開催されるってこと?
無視できなかった先生はもれなく死ぬやつじゃない?これ。
最近課金先生を援護している(企業としては正しい)コロプラだから、9800円購入で「キャラ指定★4確定チケット」つけてきそうだなぁ(それでも2分の1っていうねw)。

どっちにしても毎日のようにイベント攻勢してくれるバトガに戻ってきて嬉しい限り。
今年の夏ごろのヒマガぶりはやばかったからねえ。
星のかけらも地味に配布してくれているし、コロプラには頑張ってほしい。

ここのところ、立て続けに僕のインできない時間に勝手にトラブルが起きているらしく、インしたら星のかけらが5個ずつ降ってくるハッピートラブルweekになってますw
もっともっとトラブるといいなー…っていうか、これわざとなんじゃないだろうな
(´・ω・`)
■雑談■@kurotama
2016/11/17 01:15
■鉄華団地球支部編、決着@鉄オル感想。
・(注:このコメントは録画を観ていない方へのネタバレ防止の為、5日ほど寝かされていました)
ストーリー全体を見渡した場合の消化速度視点で見ると、今回で決着が着いたのはよかったですね。
しかし…、タイトルの「友よ」にかかる通り、そこには幾重もの友情が描かれるのでした。

アーブラウとSAUの戦争状態を止めるため、マクギリスさん(以下サクライさん)が戦場に介入します。
鉄華団を裏で支援する彼が表立ってどちらかに敵対するわけにはいかないですが、このままでは戦争にまだ慣れず、物資も乏しいアーブラウが負けてしまいそうな為、こっそり数を減らそうと、周囲の反対を押し切ってモビルスーツで前線に出ることに。
しかしそれは、サクライさんのライバル的存在、ラフタル公から差し向けられた戦争屋ガランに知られており、ガランは鉄華団地球支部の面々を「彼さえ倒せば戦争は終わる」とたきつけてけしかけるのです。

前回までの間に、大人の狡さで指揮権も奪われ、彼が指揮するなら自分はモビルスーツで戦闘員になってもいいだろうと、指揮官から一パイロットとなるタカキくん。
そして元ヒューマンデブリ(この時代の奴隷のようなもの。基本的人権すらない)のモビルスーツ乗りのアストンくんは、上手く説明できないながらもタカキくんがテンパっていることを感じ、以前は叱られたものの「いざとなったら自分が守る」と決意しつつ、彼に「いつも通り俺が前でお前が後ろだ」とアドバイスをするのでした。

戦闘が始まり、サクライさんを襲撃する二人。
サクライさんは機体と情報からこのモビルスーツが鉄華団のものだと理解し「それは君たちのボス(団長のオルガのこと)から命令を受けているのか?」「それは団長が直接言った言葉か?」と問い正しますが、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:21
タカキくんは一瞬ためらって話し合おうとするものの、アストンくんから「敵の言葉に惑わされるな」と注意され、タカキくんの心は揺さぶられます。

「甘い」「お人よし」と言われればそうですが、彼は元から、両親を亡くし妹を守る為に自分を民間軍事企業に投げ込んで、生存率60%の危険な手術を受けた男。
戦いの根本に家族愛のある、本来なら戦いには向かないヤツなんです。
アストンくんの「敵の言葉に〜」の件に関しては、モビルスーツの声だけでマクギリスと理解することも、マクギリス=鉄華団と裏で手を組んでいるということも彼らはロクに知らないという下っ端ならではの不幸な事情があります。

気を取り直してサクライさんの言葉を無視し、戦闘を再開する二人。

サクライさんはモビルスーツパイロットとしては超一流ですが、アラヤシキを持つベテランパイロット2名を「殺さずに」いなすのはさすがに無理がありまして、タカキくんを守りに入ったアストン機についトドメを刺してしまうのでした。
本人も「命がけだよ、私も!」と言っている通り、事情として鉄華団のメンバーを傷つけることはできないにしても、むざむざ殺されるわけにも立場的に投降することもできない身、今回のことはタカキ・アストン両名がサクライさんを知らないことも含めて、不可抗力と言ってもいいでしょうね。

そこを狙い澄まして現れるガラン。
もう本音も隠さずに「さすがは飼い犬(ヒューマンデブリのこと)、しつけが良く出来ている」とサクライ機を押さえつけたまま立ち往生しているアストン機の活躍をホメ、動けないサクライさんにトドメを刺しにかかるのですが…。

ひん死ながらも操縦桿は離さない執念を見せるアストン機に、いつもは含みのある悪党然としているサクライさんも、今回ばかりはマズイマズイマズイとあせりを見せます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:22
そこへ現れたのが我らの鬱フラグブレイカーミカさんの駆るガンダムバルバトスと火星組の面々。
状況が全くわからないながらもミカさんは「オルガにおまえだけは殺すなって言われてるからさ」とサクライ機を護りに入るのでした。

地球上空で足止めし、火星本部からの指示がないからという理由からしょうがなく代役で指揮を執っていたという体裁のガランは、状況の不利、自分たちの仕掛けのバレを即座に感じ取って仲間もろとも撤退します。

タカキくんは自分をかばったアストンくんをひしゃげた機体から助け出そうとしますが、アストンくんはもう、はた目に見ても死をまぬがれないほどのダメージを負っているのでした。
死に瀕しながらも、ヒューマンデブリは戦いの為の駒、道具…仲間が死んだりする度に悲しんでいたら心が壊れるから、心をずっと自分で殺して生きてきたと語るアストンくん。

タカキくんは(この2年)フウカが、お前が横に居てくれたから!と彼をかけがえのない友人だったと涙ながらに訴えるのですが、アストンくんは「おまえらになんか出会わなければよかった」と言うのです。
悔いが残るほど大切な友…家族を持ったら、死ぬときに「死にたくねえ」と思っちゃうじゃないかよと。
しかし、自分を心配し、涙を流してくれるタカキくんに「ありがとな」とお礼を言い、彼はこと切れるのでした。

ガランの計画では、火星組の面々は本来地球の衛星軌道上でまだまだ足止めをされている予定でした。
しかし、副団長のユージンの機転とコネ?でSAU側から降下して、それでも最速で駆け付けたことで、今は大切な盟友のサクライさんの命は間一髪救えたのですが…。
この一か月弱の戦争で、アストンくん以外にも鉄華団地球支部の人間はかなり多く死んでしまっていたのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:22
その頃、地球支部に回ったユージンと、ヒューマンデブリ組のリーダー格、アキヒロは、今回の裏切り者、鉄華団の親組織「テイワズ」から送られてきた男ラディーチェを問い詰めます。
この男が本来の地球支部責任者のチャドさんを爆弾テロで病院送りにし、火星本部と地球支部の通信を差し止め、ガランに情報を売って自分の身と財産の安全を保障させ、地球支部を戦争のどさくさで全滅させようとしたわけです。

若いながらも荒事を潜り抜けてきているユージンとアキヒロには子供相手にできたように口先で丸め込むことはできず、追い詰め中に通信でアストンを含む地球支部のメンバーが多数死んだことを聞かされ、人一倍仲間想いのアキヒロは「ガランとかいうやつは俺がやる!」と怒声をあげるのでした。

ガランたち戦争屋は隠れ家で撤収の準備をしていましたが、狡猾なラディーチェはいざというときガランに出し抜かれないよう独自で隠れ家の情報を掴んでおり、ユージンたちに場所を吐かされていたため、想像以上に早くガランを追い詰めることができたのです。

怒り狂うアキヒロは無駄に死なされた仲間たちの無念を晴らそうとガラン機を猛攻撃。
ガランも熟練の兵らしく巧みに逃げようとするのですが、アキヒロの駆るのもまたガンダム。
しかも重装甲・圧倒的なパワー・4本の腕を持つ機体です。旧型を改修して使っているガラン機では装備も機動力も敵わず、気迫の一撃もガンダムの特殊装備(ペンチ状のもので、敵機を圧潰させる残酷武器)に阻まれ、ぎりぎりじりじりと潰されます。
俺の死にざまは必ずお前の未来の姿となるだろうよ…!と負け惜しみをいいつつ、ガランは自分の情報を無とするために自爆をするのでした。

復讐を終えたアキヒロですが、失った仲間は戻ることはない、虚しい勝利です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:23
地球支部ではラディーチェの尋問が進んでいますが、口八丁で保身しか考えない彼をバカ揃いの鉄華団ではうまく追い詰めることができず、ミカさんが「話なんか聞く必要ある?」と銃を用意(ちなみにミカさんの場合はおどしではなく本当に撃つ直前です)。
しかし、黙ってコトを見守っていたタカキくんが「今地球を任されているのはオレだから」と先パイであるミカさんを退けて自分にけじめをつけさせてくれと主張するのです。

ミカさんから「当然殺るんだろ?」という意味で銃を与えられたタカキくんは、ラディーチェと二人きりにしてもらい、静かに問い詰めます。
どうして自分たちにウソをついたのかと。しかし彼はタカキくんならまた口車に乗せられると言葉を重ねるばかり。

ドアの外では女子組(鉄華団をテイワズに推薦してくれた恩義のある兄貴分、タービンズの名瀬さんの愛人兼構成員たち。モビルスーツの指導と戦力補充で鉄華団に来ている)が「タカキ優しいから逃がしちゃうんじゃないの?」と不安気ですが、鉄華団のユージン・ミカ・アキヒロの3名は「元から地球支部の話だし、今の責任者はタカキだ。アイツがやるって決めたんだから信じて見届けるだけ」と投げっぱなしです。

タカキくんはラディーチェの助命嘆願も聞き入れず「オレも(自分の手を地で汚す覚悟を)選びます」と、ラディーチェを射殺して「けじめ」をつけたのでした。
妹のフウカちゃんは戦争になってからロクに会えないタカキくんとアストンくんのことを心配して待っており、タカキくんが帰宅すると驚いて喜びますが、同時にアストンくんが居ないことに気が付くのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:23
タカキくんは抱きついてくるフウカちゃんを抱きしめようとしますが、自分がもうモビルワーカーやモビルスーツでの乱戦中ではなく、明確な殺意を持って人殺しをした人間である負い目からか、自分の甘さでアストンくんを失ったことに対する怒りか、彼女を以前のように抱きしめてやることはできないのでした。

一方、ラスタル公サイドでは、ガランに恩のあったエリート女パイロットのジュリエッタがラフタル公の前で泣いています。
あの強いオジサマがやられるなんて…と。
しかしラスタル公は「ガランは自分を裏から支えるために身分・家柄・経歴・名前まで、あらゆる記録を抹消したこの世にいない人間。最初から存在しない人物であり、それは今も変わらない。だからいない人間である彼の為に泣くことはそこまでして尽くしてくれた彼の思いを踏みにじることになる」とジュリエッタを諭すのです。
しかし、心の中では自分の為に死んだ友を想い「友よ」と彼の死を悼むのでした。


いやー…アストンくんが死んだか…悪い言い方をすればそれだけで済んだとも言えるのですが…結局フウカちゃんが泣くエンドかよ…。切ない。争いが起こって泣くのはいつも力のない女子供っていうアレですね。
鉄オルの場合は子供自らが死地に赴いた上に被害者にもなるパターンが多くて二重苦という気がする。

しかし直接手を下したサクライさんですが、今回ばかりは彼もできる範囲で頑張った結果。彼を責めるわけにもいかないわなー。
その辺りは鉄華団のみんなもわかっていたようで、サクライさんを責める者はいませんでした。
でも1期から超然とした態度を通してきた、パーフェクトサクライだった彼が追い詰められる姿は始めてみた気がする。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:24
今回はタカキくんとアストンくんの友情、ラスタル公とガランの友情以外にも様々な形の縁というか情を描いていて…

絶体絶命のピンチを助けにあらわれたミカさんに、サクライさんは「300年前の(ガンダムが製造されて活躍した時代)戦争を終わらせた英雄のようだったよ」と、彼を誉め、奇妙な情を感じたようです。
しかし、サクライさんは第1期にて幼なじみで自分に惚れていた女性を謀殺し、許嫁の兄であり同じく幼なじみの親友も殺害しました(実は死んでおらず、仮面をかぶって2期で登場している疑惑がありますが)。
そして周囲には「私にはもう友達はいない(世界を変えるために甘さのすべてを断ち切って始末したから)」と公言しているんです。

でも今回のでサクライさん、ミカさんをオルガから奪いたくなっちゃって、ミカさんを巡って、アトラちゃんとクーデリアさんの女三角関係と、オルガとサクライさんの男三角関係になったりするのだろうか…。
サクライさんと言っても人の子、ここで生まれた小さな憧れと執着が彼のウィークポイントとなり、もしかしたら大きな誤算となるのかもしれません。

また、タービンズの名瀬アニキから送られてきた彼の愛人兼構成員兼エリートパイロットのラフタ嬢。
彼女は第一期の頃から怪しかったんですが、アキヒロにちょっと感情移入してきてるんですよね。

アキヒロはヒューマンデブリ特有の陰気さ、厭世観や劣等感を持ってはいますが、同時に仲間想いで責任感が強く、件のアストンくんなどにも自分の苗字「アルトランド」を与えて、家族のように扱っていました。
以前は自分を、そして今は鉄華団を含めた彼ら全てを守れるようにできることはなんでもしようと、アラヤシキの伝達率をあげるため生還率60%の手術に2度挑戦しましたし(ミカさんは余裕の3回)、体を鍛えることはやめません。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:25
色んな人から「ガチムチ」「暑苦しい」「しつこそう」と言われていますからね。
ラフタはそんなアキヒロが気になってきているようなんですよ。
今回も、ガランが自爆した際、アキヒロのガンダムが爆炎に包まれた時、駆けつけていましたしね。

それに、今回の成長組として二期から加入したルーキーたちも、仲間の死や年下の先輩たちの覚悟に日々影響され圧倒されながらも徐々に息が合ってきていますし。

敵方にも味方にも人が居ればそのつながりはあるのに、戦争はそれを片っ端からめちゃくちゃにしていくということで、話がどんどん難しくなっていきますねえ。
程度の低い間は世間も評価も問題もすべてが敵みたいなもんだから、自分たちvs世界みたいな感じなんですけど、上に登るにつれ「より大きな目的の為にはキレイゴトでカタがつかないし、気に入らない程度のことで人が死ぬレベルの足を引っ張ってくるようなヤツにまで絡まれるし、何度か殺し合いした相手とも利害が合ううちは握手せなな?」となるんですよね。
そんな時に頼りになるのは苦楽を共にしてきた仲間のはずなのに、いいやつはいいやつだからこそ先に死んでいくという。

いやいや、鉄オルは面白いけど重いな…(そして感想が長いな)。

■余ったスペースにはすかさずブッこむ@バトガの話。
・他のメイドさんをゲットしないでメイド遥香っちゃんを愛でていますヽ(´ー`)ノ

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qOFBRYWJJZHlsTEE

左は新たに発見したセリフ。
遥香っちゃんはほんと「秘密」「内緒」とかそういうのが多くてニヤニヤしますね。
まあ先生にも内緒のあれやこれもありそうですが、それもまたよし…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:50
ナースもそうだけど、元からメイド適正が高そうな子なので、大変良し…17人分あると思う。
夏の水着イベントでは名店ラーメン3食をイッキ食いした後、それを知らない先生が「お腹減ってるとおもってお弁当もってきたよ」と表れた時「わあ、いまお腹ペコペコだったんです」としれっとウソついてますからね…。

あれ、お腹がペコペコなのは事実の可能性があるな…彼女の胃袋の場合…。

…。

右は日々のノルマ「学級日誌」の確認画面。今日の日直は遥香っちゃんだったので、ミニ3Dキャラが左下にいます。
つんつんつつくと、目が「><」になって大変カワイイ(全キャラそうなります。遥香っちゃんを始めとして普段><の目にならない子をつつくと新鮮でカワイイ)。
スライドすると3Dモデルをまわせるのですが、お着替え画面よりこっちのほうがカメラの位置が低い?ので、気になっていた「この衣装後ろからみるとまるみえってくらい短いよね」を検証。
幸いうまく撮影できませんでしたが、中身が確認できましたヽ(´ー`)ノ

といってもこのゲームは大変KENZENですから、どの衣装もスカートの中は短パンやスパッツを履いていて、それが無理な衣装(バスタオル姿など)は「無限の白い闇」によって鉄壁を誇っています。

なので下に履いてる白いのは多分短パンだろうなあこれ。
いくら女子高の学園祭と言ってもお客には男性もいるんだから、給仕してたら丸見えとかヤバイですからね。
■雑談■@kurotama
2016/11/17 20:51
■黒玉さんの図書館技能@デモゲの話。
・(ヽ´ω`)
埋まらない埋まらない…、図鑑を埋めるために奔走しているのですが、今作は前作ほど人気がない為、wikiがあまり詳細ではない。
最も情報が充実してそうな攻略サイトは「広告収入が得られへんやろがいwww」と「アドブロック(広告を出せなくするセキュリティソフト)を解除してください」で完全にエーリの構えですから使えないのよねえ。

で、困ったのが「モンスター図鑑のひとつが埋まらない…」でして、2ちゃんの本スレに行っても僕のようなしょぼい抜けの情報は乗ってなかったのです(質問すれば?と思われるかもですが、2ちゃんに書き込むほどアレではない。見る専門ですから)。
デモゲでは通常はなかなか出現せず、レアアイテム掘りの為に魔法陣に宝石を捧げた時のみ出現する大型エネミーとか居て、そういう敵は僕も当然埋めてありますからねぇ。
これは「熱心に探索してればまあ出会ってるでしょ」というモンスターに僕が「運悪く」会わなかった不運のせいなんですよねー。

で、取った方法が「デモゲ2発売以降のデモンゲイズスレを全部見る」でした。
何もバカ正直に全部読もうと思ってたわけではありません、ctrl+fで「検索」を出し、「モンスター」とか「図鑑」とかでワード検索するだけですからね。KASHIKOI!

結果、見当たりませんでした…(ヽ´ω`)ゲッソリ

煮詰まってしまって、プレイで探し回るより情報を得た方が結果的に早いのでは?となった結果なんですが、見つからないとは…。
結局「新作だから情報はいれずにやるぞう^^」としてたのもあって、デモゲスレをこのまえのデモゲコメントから延々呼んでたわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 00:06
未発見モンスターは見当がついています。
太古の恐竜に酷似した「ドレイク系」の最上位エネミーだと思われるんですが…、前作デモゲ1でも結局最後まであえなかったんですよねー。
「トラウマに残る攻撃をしてくる」「うちの嫁たちに何してくれてんだ」など喜びの声だけが聞こえてくるのでちょっと興味はあったんですよ。
なんだろう、卵管でも刺して卵でも産みつけるのかしら(くろたまははっそうがえぐい)。

で、とあるコメントで「芸マスV(クリア後ダンジョンの途中の通り道)のあいつ、相変わらずひでえ攻撃w」みたいなのがあったんですよね。

これか…!とピンときました。
クリアしてしまうと、最終ダンジョンの「芸のマスカレードT」から裏ラスボスの居る「芸のマスカレードV」に直接移動できるので、芸マスU・V・Wは存在すらちょっと忘れてましたわ…。

いやー、読み直してよかった(;´ρ`)
名も知らぬデモンゲイザーさん、どうもありがとう。

あ、結局そのモンスターは「ゴールドレイク」という、卵を被った黄金のドラゴンの幼生体で、説明には「数万匹に一匹生まれる希少な個体」だそうです。
なお、攻撃手段は糞尿をものすごい速度で吹きかけてきます(敵固有の9回攻撃で、1回の攻撃で10回くらいヒットする上、前列後列お構いなしにアレまみれにされる)。
これはひどい(ノ∇`)
ペガッソちゃんに近寄りたくないと思ったのはこれが初めて。

ちなみに「図書館技能」とは、TRPGの有名なシステムに「ベーシックRPG」というのがありまして、それの「クトゥルフの呼び声」などにあったもので、調べ物をしたい時に書物から情報を得る能力です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 00:06
メンバーに1人くらいは持ってる子がいるとクエストがはかどりますが、判定に失敗されてぐぬぬとなったゲームマスターが「目星」などの判定をさせて他の方面から情報を出させることもまれによくありますね。

ちなみに、狂った研究者の書斎などで情報を得るために研究書類などを読み解いた結果、INTが高くかしこいと「その恐ろしい事実を文章から読み取れてしまいましたね」ということで、SANチェックをさせられたりします。

SANITY=正気、INSANITY=狂気であり、世の中の知らなくていい真実に触れると常人としてショックを受け、耐えられなかった場合、理解してしまった場合、SAN値(正気度)が減少してしまいます。

ちなみにホラー要素でなくても、戦争が続いて人の死に慣れたり(邪魔なら撃ち殺せばいいやとか平気で思い、実行するような感じ)、怪物がこの世に実在しているのだとわかっている方、非日常が日常になっている人たちもSAN値は少々削れています。
SAN値がゼロ以下になると「発狂」してプレイヤーキャラとしては引退させられますが、シナリオ中には「裏返ってそれが彼と彼の住む世界の正常なのだ」となった狂人は結構存在します(ゲームマスターによっては先日ロストしたプレイヤーキャラクターを出してくる人もいる)。
なかなか興味深いシステムでしたね。ベーシックRPGは他にも「ルーンクエスト」などがありますが、全体的に「数字に強い白人が作りあげた整合性の取れたシステム」という感じですごく好き。だけど地味なので人気はイマイチだった気もする。
■雑談■@kurotama
2016/11/18 00:06
■推察できるという快感@デモゲの話。
・うん、2ちゃん特有の「スレを見てる時間の分その対象が嫌いになり、数時間もながめているとすっかりアンチと化す」状態になりそうになりますが、昨日の探索で一つ謎が生まれました。

「芸のマスカレードV」のなんでもない広場…、探索済みとしてマップが埋まっている場所に宝箱が出現していたのです。
中身は頭のよわい最強の魔道士デモン、センタウルの可動フィギュア(ゲーム内の名称はもっと雰囲気だしています。家具)と、彼女に合った能力値アップアイテム。

探索した後に出現ということはクリアなり、親密度MAXなり…、あとから何かの条件を満たしたのでしょう。
そして家具図鑑もセンタウル・ドラコと埋まっていますが、キグナスは埋まっていない。
気になって「芸のマスカレードU」を詳しく探索してみると…、ありました。
踏破済み地域になぜか新規宝箱が出現しています。
そのマップは4方に魔法陣(レアドロ掘りするための魔法陣)があり、マップの左下には何もなかったので、おかしいと思ってたんです。

踏破後にやったことといえば…、追加DLコンテンツクリア後に解禁となる「親密度MAXのデモンと見られる個別エンディング」を全員分見たことでしょうかねえ。
本来なら本編エンディングの際に1人だけ選択するのですが、他の親密度MAXデモンとのエンディングを見るにはもう一度最終イベント戦〜エンディングまで見ないとならず、デモン別エンディングがあっさり目なのでその労力のかいがないということで、問題の一つとして挙げられていたんですが、ダウンロードコンテンツクリアの「特典」として、クリア後にエンディングは見放題になったんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 20:13
詳しい条件はわかりませんが、図鑑を埋めるために思わぬ宝探しが発生し「疑問→推測→検証→実証→成功」というゲームならでは快感を味わうことが出来ました。
PSO2のチャレンジもこういうこと、ありましたよね。
こういうのがゲームの一番面白い所なんだよなあ。

そういえばデモンゲイズ1でデモン側イラストを担当しており、大変評判のよかった絵師のKyo氏ですが、デモゲ2のデモン側イラストがあまりにも微妙な点について彼に対する批判が起きています。
僕も発売日に言っていた「Live2Dのダメな使い方」のせいで、関節ごとに切り分けられた一枚絵がクキキ…カキ…チチチチ…と操り人形のような不気味さで蠢くアレです。

そこはボカして彼の個人サイトのコメント欄で「デモゲ2もKyoさんなのでしょうか」と質問した方がいて、、kyo氏は「ラフはやりましたが仕上げ等は別の方がやったと聞いております。ゲームのほうは立てこんでいてプレイできていないのです」と関係が薄いことを発言しておられましたね。

「kyo イラストレーター」で検索するとPixivや個人サイトが出てきますが、彼自身はものすごく絵の上手い方で、小説の挿絵などもいくつも担当しておられる立派なプロ。
好みなのかわかりませんが、目のまんまるな女子より、落ち着いた感じのおねいさんがとっても素敵。
ヘンに動かすより、あの人のセンス全開の止め絵のほうが300%良かったよ絶対(デモゲ1がそう)。

デモゲ2のアノイラスト(特に女子。男子デモンの覚醒絵はむしろ人間時よりいいじゃんと好評。男性人間絵のショボさは筆舌に尽くしがたい…)の珍妙さが理解できないくらい上手い方なんだよなぁ。
まさしく「どうしてこうなった…」という感じ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 20:15
ペガッソちゃんとかの「おめめパッチリすぎて怖い(⊃д⊂)」というイラストも、彼のサイトの同じような少女イラストを見ると当然ですがきちんとカワイイ。
本当にハイレベルに男性から女性から少女から混ざりもの(獣人、魔人など)まで、多彩なキャラを描ける方なのになぁ。

つまりラフをリライトした方が彼の良さを活かしきれてないのか、Live2D用に線のはっきりした「アニメっぽいタッチ」に変える過程でおかしくなったのか…。
とにかく、あのレベルの方を起用してあの程度のものしかできないのは作り手のチームラがあまりにも残念としかいいようがないですね。

タッチで親密度を高めてデートで絆を深めよう♪(ただし男性キャラにもあるという現実)という、萌え豚向けの要素とかも、女子版はそのダメイラストのせいで微妙、男子版はイラストがいいのに弱点を突くと「おぉう」とか「ンメェ〜〜(アリエスさんです)」とかのうめき声が入るという地獄の仕様の為「誰も得をしていない…なんなんだコレは!」となっていましたねw
ファイアーエムブレムifのお触り要素も非難ごうごうでしたけど、あっちのほうが遥かによかった気がする。
しかし天下の全年齢向けメーカーのニンテンドーまでがお触り要素出してくるとか、世の中がくるってる。

あ、話がずれましたけど、ハクスラゲームとしては僕個人としては全然良しなんですけどね、デモゲ2。
その証拠に前作はアイテムコンプまでプレイしていないのに、今作はそのあたりがなかなか良いのでこうしてコンプしようとしてるもの。
剣異よりはライトに図鑑埋めができるのよねー。
剣異は「その一個を取る為に死ぬほどプレイ」であり、デモゲは「2個めとか+60以上を狙い始めると終わらない」という感じ。
つまりひととおりゲットするだけならわりと敷居が低い感じです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 20:15
それでも図鑑の空白があと10個以下みたいな状態になってくると、なかなか埋まりませんが、思わぬ高プラス品が出たらラッキーという要素があるのでモチベを保たせているのは実に上手い。

1万5000本程度の売り上げだそうですが(DL販売を倍として3万…は行ってないかな…。前作はVitaにDRPGがない時期だった為のTANABOTA需要で30万本売れる超ヒットをしました))、見た目がボロボロでストーリーもあまり面白くない上にプリムちゃん(ヒロイン姉妹のおおきいプリンを持ってるほう)とくっつけないとか不満も多いですけど、面白いのに…。
もったいないなぁ。

ちなみにデモゲ2を終えたら、ちょっと古いゲームになりますが、プレミア価格で入手したのにプレイしていなかったニンテンドーDSの過去の名作「真女神転生・ストレンジジャーニー」をプレイする予定です。
逆転裁判6もまだマヨイちゃんに出会っていないんですが…、今はダンジョンRPGがやりたいヽ(´ー`)ノ
VitaのダンジョンRPGって、他にはギャルゲっぽいのしかないのよねえ。
日本一ソフトウェアの作品がいくつもありますが、あのメーカーは過去の経験から個人的には信用していない…。
あとコンパイルハートもね…。

まあたぶん食わず嫌いだと思うのですがー。
でもあっちは絵で売ってる所もあるので絵が綺麗なんだよなあ。デモゲはほんとになんなんだ…。
カドカワがバックについててなんで内部絵師(しかもおせじにもレベルが高いとは)なんだろう。
エナミカツミさんとか…じゃウケないのか(´・ω・`)(僕はスゲー好きなんだけど、先日打ち切りソゲの「ワールドエンドエクリプス」の担当されてたからな…昨今の子にはシブすぎるのかなー)
くそう。
■雑談■@kurotama
2016/11/18 20:16
■ワビーシの予感(*´Д`*)@バトガの話。
・はい、本日15:00から開催されていたハズの「期間限定協力バトル」において、詳細を知らされない報酬のバグがあったようで?帰ってきたらイベントが中止されていました(´・ω・`)

まあ協力バトルはうちのクソ端末さんには荷が重すぎるから、ソロでやれないならスルーする感じだったのでどうでもいいんですが…。
イベント(一時)中止というのはこれ、完全におわびの星のかけらが来るんじゃないですかね。キシシ…。
いやぁ、僕の全く知らない所で、プレイもできない時間に起こった事件とやらのおかげで、なんの迷惑も被っていないのにまたなにかくるんでしょうかねw

明日から開催の武器ガチャは久々に1回(150個)だけやって、久しぶりに武器を更新したい所。
もう星のかけら1200近くに回復しちゃってて、やっぱメイドをもう一回くらい引いておけばよかったなぁとか思っていたあの頃の僕は、きっと上手くいきすぎてあそこから始まる地獄を甘く見ていたからだったんです(未来予告的なアドバンスドデスポエム)。

それはそれとして、11月29日まで復刻カード投票イベントが熱く盛り上がっています。
18人の星守それぞれの得票上位2枚が「復刻ガチャ」で配布されます。
つまり、人気キャラとか関係なく、むしろ人気キャラだと票数をひっくりかえせないのでつまらないような感じになるわけです。

各キャラの詳細と感想はもう少し票が固まってから改めてやろうと思いますが、今の所の1位はやはり「強力」とされていたカード、その当時とはいえ「伝説」となったカードが強い。
そういうレジェンド的カードのない子では、逆に着替え衣装用の需要で勝負が行われている模様ですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 22:12
やはり強いのは「水着'15」。
この前もチラリと書きましたけど、4月にバトガのサービスが始まってから、メイド、チアガール、星衣ギャラクシー、と来て、常設ガチャ内のアタリである「初期星衣」以外で初めての全員参加★4実装ガチャとなったのがこの「水着'15」でして、僕もなでなでCMに釣られてフラフラと始めたのがここです。
頑張って「水着'15ひなた」と「水着'15昴」をゲットしたのですが、ひなたちゃんは交換送り、昴ちゃんはしばらく全カード中一強で(あのころは中範囲に4.5倍x4で「強い」となってたんだなぁ。今では25倍で「弱い」なのに)、口の悪い2ちゃんではその勇ましすぎるかけ声から「ゴリラ」と呼ばれていて、これを愛用してる人をやっかみを込めて「永久ゴリラ飼育員」と言ってた感じですね。
あの頃は「あやねる(人気声優の佐倉綾音さん)のムダ使い」と言われていましたっけ。
ちなみに未だにゴリラ呼ばわりする先生も居ますが、大抵は「なんでや!昴ちゃんかわいいやろ!」と擁護がすぐに湧きますね。

個人的には「昴ちゃんのまともかわいい良さがわからない若造は胸のデカイのにでも群がっていろ」という感じでしょうか。
スポーツ少女の素晴らしさがわからないとか甘すぎる…。

ちなみにガチで鍛え上げた子は肩幅とか胴とか、体幹の筋肉がすげーことになるのであまりかわいくないです(⊃д⊂)
正直男であることに甘えてる程度のヤツよりは確実に強いと確信できるくらいにたくましくて強いです…、や、知り合いに居たのでそういう子。でもよく食うしとってもかわいかった。

話がずれましたが、水着'15のあたりまでは実はバトガって「プレイしてもプレイしても石が増えないよう」となっていました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 22:12
ログインボーナスが今の6個ではなく3個で、日々のノルマ「学級日誌」でもらえるのは3個で、イベントがなくても自分でやりこめばまとまった石を掘れる「宿題」などはなく、ストーリーを進めてクリア報酬石を集めようにも★4がなければ戦力的にくっそ弱くてクリアもできず、お金を支払って星のかけらを購入しても排出率が低くてロクに★4が出なかったんです。
戦闘シーンもキャラを大きく見せようとするのでアップ気味になり、カメラが目まぐるしく動くため、重い端末ではプレイは地獄、僕がやるより前は画面外からの射撃に対してのアラート(警告)もなかった為、ニュータイプのようにカンでよけることが求められていたとか…(そのすべては現在では改善されています)。

で、7月あたりはユーザーが激減してしまった為、テコ入れとして「★4排出率2.5倍」を実施し、「好評だったのでそのままにするわw」としたのですが、それ以前に課金していたプレイヤーが怒って大量に逃げ出したようですね。
でもCMと相まって新規は釣ることができ、度重なる改善でどんどんと遊びやすくなっていってたわけです。

その復活を賭けた第一弾イベントの水着'15は、アンドロイドのセールスランキング8位?だったかな、これまででほぼ最高の売り上げを叩きだしたらしいです。
アノコロは「交換所」がありましたから、★4を3枚集めれば好きな★4カードと交換出来まして、押しでない子、戦闘力的に使えないカードは「出荷」されていたんですねえ。
だから、とにかくガチャを回して★4さえ手に入れれば、お気に入りの子のカードを手に入れることはできたわけです(2年めもほぼ過ぎた今から思えば、カード交換システムは始まってから半年しか機能していないシステムだったことになりましたが)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 22:13
そんなわけで「水着'15」は多分、後から始めた先生には推しの子の水着ということで価値があり、アノコロ価値がわかっていなかった先生たちが今になって「おれはしょうきにもどった!」といわんばかりに求めてるんでしょう。
ええ、水着'15遥香っちゃんはイラストもLive2Dも最高です(´_ゝ`)

というわけで毎日「水着'15遥香」に投票しているのですが、1位は「ウェディング遥香」のまま独走中、2位の「水着'16遥香」、3位の「水着'15遥香」と続きます。その差は400票…。

得票数を見ると、詩穂>サドネ>みき>花音>遥香となっていて、遥香っちゃんはまた5位か…ほんとにずっと人気なのにトップとは縁のない子だよなぁ。
最強おっ○いちゃんである詩穂さんはもう若い先生たちのハートをむっちり掴んでしまったのでいいですが、サドネちゃんは元から人気キャラなことも加えて、現在においても最強カードの一角である「浴衣'16サドネ(通称花火)」が選ばれています。
15年度の「浴衣くるみ」もそのスキルが花火であり、花火には大火力がついてまわるという伝統の一枚なわけですね。

その為、取り逃した高性能カードを再取得したい票も入っています。
詩穂さんの1位も、強カードであるウェディング詩穂が選ばれていますが、これはあれだ…嫁にするチャンスを欲しい人も混じってるでしょうねw
嫁カードが1位に来ているキャラは遥香っちゃんと詩穂さんなので、やはりあれだ…先生は癒しを求めてるんだなと思いましたw(どちらも「嵐付加」がつく高性能カードでもある)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/18 22:13
先ほど話題に上った昴ちゃん(総合では5位)の1位は「水着'16昴」。
このカードは彼女のスポーティな水着+結びTシャツという衣装自体もステキなのですが、ガンのカテゴリー内で最強無敵を誇る(と僕は思っている)スキルが魅力なんでしょう。
クラゲさんを召喚してあたり一面叩きつくした後、クラゲさんのHPが尽きるまで大範囲に3倍ダメージを毎秒与え続けるこの効果は、ガンだけでなく他のキャラでプレイする際にも強力な支援となるので、ゲームの難易度ががらりと変わる超凶悪カード。
みなさんの目には「一発で敵を全滅させるような大湧きつぶしあり火力」しか見えていないようですが、持っている方はもれなくこの恐ろしいまでの殲滅力に舌を巻いたはず。
最悪、これ一個だして逃げ回ってるだけでステージ終わるからねw 敵はクラゲさんの手の届く範囲に居る間は1秒に一回のけぞりをもらうので、射撃をちょこまか動いてスカさせる人型エネミーは回避率が激減することで結果的に耐久力が下がるし。

なので、こちらも戦闘力重視の票も混ざってる感じ、ですかねえ。

前回のやる価値なし投票より絶対面白いわーこれ。
何より「人気キャラとやらは勝手につぶし合いをしていろ…俺は今昨日までの友と戦っているッ!」というのが熱い。
水着'16遥香に入れている人は、あの衣装がカーディガンで隠れて体のラインが意外と見えないことに早く気付け…気付け…!
■雑談■@kurotama
2016/11/18 22:14
■こっちのえびなちゃんはかわいい@雑談。
・ただいまジャンプ+で「干物妹!うまるちゃん」の人気キャラ、えびなちゃんをクローズアップした特集をされていまして、これまで読んでいなかった「干物妹!うまるちゃん」に触れる機会がありました。

正直口の悪い人が言う感想のとおり、うまるちゃんのあまりにも身勝手横暴な態度を「それもお兄ちゃんが大好きだから^^」と説明するには少々無理があるレベルで展開されるので人を選ぶ作品ではあると思うので、ヤンジャンを読んでいながらこの作品はスルーしていました。
ソリの合わない実妹を思い出してイラッとするというのもあるw

しかし逆に、年の離れた仲のいい兄妹だったら、これは「あるあるだなぁw」と、理想も含めて受け入れられるのかなとも思います。
兄妹いないだろお前…!という人が描くような「理想の妹がかわいすぎてもう結婚したい」みたいな完全ファンタジーとは明確な違いはあると思う。

あの「家族の中で一番護られる存在なのを知っていて培われた天性天然のわがまま」っぷりのリアルさ()は、実の妹が居る方は思い出してイラっとするかもしれませんね(#^ω^)ピキピキ

とりあえず仲がよくてもソゲのガチャやりたいから課金してぇーって言ってくる妹はイヤだ(´・ω・`)

でもえびなちゃんは幼い頃に家を飛び出した実の兄に似た包容力を持つうまるちゃんのお兄さんに、本人がまだ気づいていないだけで恋をしていて、それを見守ってニヨニヨする視点ではまちがいなく作品ナンバーワンだと思います(人気投票1位。ちなみに主人公のうまるちゃんは5位w)。

ちょっとまた全巻読んでくるか…!

タイトルの件ですが、バトガのほうに悪役として「エヴィーナ」という人が居て、ネットの人からは「海老名」と呼ばれます。
■雑談■@kurotama
2016/11/19 01:29
■終焉の地にて目覚める修羅@デモゲの話。
・大変なことが起きました…。
うちのパーティで最もダメージを稼げるのは実は主人公のデモンゲイザーで、最強に近い斧の+60(片手武器)を拾ったので、両手剣に持ち替えなくてもキラーエッジ(最大50%の確率で攻撃回数が+1される)が発動すると9999ダメージが出る攻撃を1ターン集中して6回攻撃を放つ「クロノスベイン」でフルヒットすると約66000ダメージ位与えられますから、2ターンで割ると33000ダメージ(あくまで理論上最大値)。

しかし、敵の魔法威力半減と、隊列破壊防止魔法と、敵の魔法消去からの防御魔法役を兼任している為、攻撃や集中はその用がない時だけなので、ずっと攻撃できるわけではありません(ヒーラーがヒマな時はそちらに任せますけど)。
次に強いのはドラ子ちゃんで、「Wワイルドスイング(当たりづらいが当たれば3倍ダメージの大振りを2回行う)」が、毎ターン9999ダメージx4を与える可能性がありますが、平均すると1ターンに2回当たれば御の字ですからねえ。
ちなみに主人公の攻撃は敵のダメージ半減スキルが発動すると6000くらいまで威力が下がりますが、ドラ子ちゃんの攻撃は半減されて尚9999ダメージなので重さが違うというメリットはあり、実際はそこまで劣ってはいないです。
半減されて9999かぁ…もう18000超えてるってことだよねw なんでカンスト9999なんだよ…。

そんな中、低身長のミグミィ族の上にリアル子供なのに、総防御力700以上(次に固い主人公は450くらい)、全種族からの攻撃を40%軽減し、全ての攻撃自体を50%軽減するため、あらゆる攻撃を9割カット(40%してから50%なのか、90%減なのかはわかりません)で受け止め、両手に盾を持っているのでまるでウニに見えるので、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 18:38
僕が勝手にウニちゃんと呼んでいるメイン盾のペガッソちゃんが、その最強の斧が主人公に渡った為、彼が使っていた最強の片手剣を受け継ぐことになったんです。

主人公専用ではないのですが、一応主人公っぽい正統派でお強い剣でして…。
それを反撃時にちくちく ぇーぃ とやっても1000ちょっとしかダメージが通らず「やれやれ、ははは(ノ∇`)」となってたんですが、HPが気づけば5300とかある。
そしてレベルが上がると命中値も上がるので、他のキャラも次第に重装備の命中マイナスがあっても固いほうが死に難くて便利なので、以前のようにペガッソちゃんのおもらしからの即死も減ってきました。
攻撃手段のメインが「とにかく命中させなきゃ始まらない」から「そもそもキャップ50%の攻撃だしな!ワハハ!(当たれば9999)」に代わり、盾役はどうせ1点もダメージを受けないし、細かい範囲攻撃は毎ターン全体HP回復魔法で回復するのだから、ターン経過は問題ではなくなりましたからね。

正直に言ってこのペガッソちゃんを落とすのはラスボスでも不可能です(たまに1300くらいもらうけど5300HPは削れないでしょう)。
余裕のある時は何か攻撃手段を持たせたいなァと、ちょっと思いつきまして…。

スキルの「修羅・裏式」を持たせてみたんです。
修羅はチームラ製ダンジョンRPGにおいて、横方面のグループ攻撃を得意とするアタッカー「サムライ」の対単体用技で「修羅・表式」の時は敵に攻撃→敵から反撃を1サイクルとして、敵の攻撃に当たってしまうまで一定回数(敏捷度による)攻防を繰り返すんです、1ターンで。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 18:38
いわば、乱戦状態のパーティ戦で「一騎打ち」を挑むノリであり、決まれば強敵を1ターンで葬れる可能性があります。
大変カッコイイ。
しかし弱い時期に使っても、せっかく盾役さんが守ってくれてるのに自らダメージを受けに行き、相手を間違えると即死するのは自分のほうという…、使いどころの難しいスキルです。

逆に言えば装備、スキル、魔法が揃い尽くせば、それらを全部かけてもらってボスを一気に討ち取るようなことができるんですよ。

そして「修羅・裏式」は裏というだけあってもっとキチガイ度が増しています。
なんと「どちらかが死ぬまで敏捷度による規定回数斬り合う」です。
大抵の場合はプレイヤーのほうがHPが低いんで殴り負けて死にますが、回避できるなら話は別。
AGIをあげまくったサムライに強化をかけまくってムラマサを持たせ敵ボスをみじん切りに…というのは、サムライ大好きっ子にはたまらないものがありますね!
まあ大抵こっちが死ぬんだけどなw

しかしですね…、デモゲ2はこの系統初の「蘇生魔法」が解禁されました。
不死鳥の姿を取る光の精霊神のお家芸を1ヒーラーが自在に行えるのです。これはすごい。

ということは…「修羅・裏式」はアリですよね。
そんなわけで、いたいけなペガッソちゃんに「自分のHPを犠牲にする代わりに最高のダメージを与える方法」としてスキルを持たせ、最大の強化魔法、パーティスキルをかけて裏ダンジョンのザコボスに挑ませてみると…。
修羅・裏時には防御がどうも0になるようですが「ダメージ半減の魔法」「ダメージ半減のパーティスキル」は適用されるようです。

防御は適用されないのでダメージ元値は大きいけど、半減を2回もらって受ける上、スキルによるダメージ受け流しで無効とか、スキルによる確率での半減も発動するので結構耐えられる。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 18:39
なので「かばう」を発動させるためにAGIもかなり高いペガッソちゃん、一回の攻撃あたり4200ダメージ与え、20回近くの攻防を行った後に戦闘不能となりました…。

これで1ターンに84000ダメージ与えることになったわけです(ただし自分は死ぬ)。
でもこのゲームはAGIによって行動順はかなり読める仕組みになってるので(早い人と普通の人と遅い人にそれぞれ20近く差がついてるしね)…、

ペガッソちゃん修羅裏発動。死ぬまで奮戦

ペガッソちゃんより遅い味方が蘇生魔法を発動しHP半分で復活

次のターン、魔法を誰よりも早く発動するスキルでペガッソちゃんのHPを魔法で全快

ペガッソちゃん修羅裏で死ぬまで戦闘

蘇生、以下くりかえし

というデスコンボ(こっちが死ぬ)で、いのちを弾丸にして毎ターン84000ダメージずつ稼げることになりました。
武器を両手のもっといいのにすれば9999x20回も可能でしょうね(このゲームのボスは雑魚ボスであっても18万ダメージごときで溶けるようなものではないので、これ一発で決めるのはさすがに無理)。
一番大きいのは、このゲーム、死亡中の味方にも魔法を指定できるんです。こういう使い方をするために。
なるであろう状態を見越して状態異常でない仲間に状態異常回復魔法を重ねておくという予防ができるんですよねー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 18:40
で、いちやく死のトップアタッカーとなったペガッソちゃんですが…。
かわいがっている(法に反するような可愛がり方ではない)けなげな室内犬めいたメイン盾子ちゃんを毎ターン死なせては蘇生、死なせては蘇生させて「これでおまえがトップアタッカーだー!よくやったぞうー」とやるのは大変に忍びない…!

だいたい、殺しては蘇生させ、生き返らせてまた殺し…、蘇生の副作用で相手が生命力を失って消滅するまで殺してみせるとか、昔ウィザードリィ小説で見たよ!(ワードナがトレボー王に自分の実力を見せつけるために対戦相手をこれで抹消してみせた)

しかも剣異スレのアイドル、キチガイNPCのキョウさんも最後に「おまえがオレにやったことだ」って言われて、自分が謀殺したのに蘇ってきた男にこれやられて殺し続けられた結果、生命力を失って消滅してたな…(ウィザードリィオマージュのシーンだったんですね)。

あまりにもそれをね、彷彿とさせるので、やめました(;´ρ`)
できるというのがわかっただけで良い。
居ないのはわかっていますが、いつか「規定ターン内にン十万ダメージを叩きだせないと絶対全滅する」みたいなボスが出てきたら考えましょう。

冒頭に言った通り、ペガッソちゃんが守ってくれていれば何ターンかかろうが敵の物理攻撃は9割型彼女に当たり、ダメージも9割カットされたりスキルで受け流されて0ダメージで終わるんだからねえ。

ちなみに、死ぬのはボスだからであって、そうじゃない相手をしっかり選べば、狙った敵を1ターン1匹ずつ始末する力を手に入れた事には変わりはないのでした…。
室内犬が猟犬になった気分(;´ρ`)

なんとなくですが、主人公は他のデモンと仲良くしすぎると、ペガッソちゃんに修羅裏で道連れにされそうな気がしてきた。
飼い犬が手を噛むので…。
■雑談■@kurotama
2016/11/19 18:40
■PSO2の新要素を見たリアクション@PSO2の話。
・ズコー!
でした(ノ∇`)

生放送、見てきました。2時間だったので進行が早くて助かりましたよう。

春からの新コンテンツは「バトルアリーナ」。
しかしいわゆる「プレイヤーキルOK」というのではなく、チャレと同じく装備・レベルがリセットされた状態でサーバーを問わずに集まって行う「スポーティなもの」だそう。

プレイヤーの装備が反映されないのはある意味いい点であり、うまくやれば大ヒットした対人メインのライトなFPS風のゲーム「スプラトゥーン」に成り得る。
しかし、最近のPSO2のプレイヤーって「自分の思い通りに動かない人はもれなく雑魚、クズ、カス、ガイ○」とこきおろすでしょう?
たまたまうかつなやつを2連続倒しただけで「粘着スンナこの○○」とかGJ入れられそうにしか見えない。

また、勝ち負けがかかるとものすごくキィィィィイイイイイ!!!!となる人って結構存在してて、インフィニティの時にバトルをやりまくってたフレさんも「結構色々トラブルがあります」とおっしゃってましたもんね。

普通のゲームなら「気に入らないならやらなければいいね」でスルーできるのですが、PSO2って「開発がギリギリだから運営がそれを押してる間は他のコンテンツには一切手が入らないから」で、なんとしてもそれをやらせようとしてくるのよね。

来年の春まで期待要素これだけかいな…。
きびしいなー。

以下はまた項目ごとの感想です。思い出した順からー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:13
◆新SGガチャ更新
・EP2の囚われシオン、EP3の闇堕ちマトイちゃんと、EP4の新マトイちゃんなどがまとめてのきなみすべてSGガチャ送りでした(ノ∇`)
SGって買うと結構高いので、円に換算すると1回400円となっております。
40個(16000円)ハズレ品を集めれば向こうの指定した品の中から一つ選べるから、頑張ってマトイちゃんを手に入れよう^^

あれだ、ホメる言葉を探したけど見つからないのでノーコメントで。


◆ついにマザーから★14がでます
・ドロップ限定で、スライドに写っていたのはライフル風のもの、カタナと思われるもの、エターナルサイコドライブ(インフィニティ時代の★16サイキョーロッド。柄の色が赤いから多分これは確定)でした。

これらはマザーからのドロップ限定品であり、この11月後半でドロップ限定レア武器に関しては、ドロップした時からオーバーリミット(強化限界)が+31〜+34になること、属性値が高めになるという緩和が発表されています。
★14武器には「同じカテゴリの武器を食わせて属性アップ」が出来ない為、属性+5%とかが高くなりそうですねえ。

これまでは「コレクトファイルがメイン」で、ドロップ限定は「珍しいだけ(欲しい人は欲しがる性能ではある)」くらいだったのが、これでマザー以降はしばらく「ドロ限で★14が!」という釣り方ができますね。
★14武器は「特別な潜在」がつくらしいです。
★13武器よりただ威力が20%高いですよとかだったら興ざめなんで、持ってるだけ圧倒的に有利になる感じにして欲しい。

ちなみにマザー戦のコレクトは「アストロ系」という、オーソドックスにかっちょいいシリーズで、フォトン色が変更できるそうですから、それを基本求めながらワンチャンに期待するって形かな。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:15
正直に言うとこういう格差を1年前につけておくべき…、いやコレクトファイル実装時にこういう区分けにして、DFエルダー時代の「超絶レアとそこそこレアと代替え品の交換品」のあのバランスに近くなったんではないかな。


◆所長が「きたか…!」と動いた日
・12月のガチャにてロビアク「なでなで」が実装されると聞いて、所長が動き始めました。
ターニアちゃんをなでる為、所長の戦いが今、始まる…!
(注:回数ボーナスの場合は実装されていなかったことになります)


◆クリスマス緊急は各ボスが…
・いまや入手不能になったそれぞれの★13を持ち寄ってくれるのでブッ○してプレゼントをうば…頂いちゃおうZE!
という感じになってました。
一本だけ拾ってこれどうすんの(´・ω・`)という方が殆どだと思いますが、ないよりいいんじゃないっすかね。

コレクトの中で注目したのは、インフィニィティのイケメンツインセイバー「セレスティアルブレイズ」が★13Dブレードとして実装。
インフィニティの中で一番好きなツインセイバーだったので、これはちょっと嬉しい。
さらに、全クラス装備可能なタクトが登場です。

これによって、サブSuでもペットが使えるようになるのです。
問題は「スイッチストライク」「スイッチシュート」がメイン専用なので、法撃クラス以外がペットを使っても威力はそれなりに下がってしまうということ。
逆に言えばサブに自由度のあるFoがFo/Suを使うと複合テクとペットのおいしいとこだけをリキャストごとに使い分けれる感じになるし、Suを始めの方に育てた方はダルすぎて死ぬサブ上げをSuの感覚で行えることになりますね。

本格的なレイドコンテンツでない箇所はサブSuが便利だと思うなー。
ただスイッチスキルをメイン専用にしたのは許せないね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:15
◆ドラゴン型ペット爆誕
・ねんがんの「ドラゴン型のお供」が出ましたよ。マグではなく、操作できるペットとして。
そして酒井さん、ドラゴン…ということで、彼もデザインで参加している「パンツァードラグーン」の感じをすこしだけカワイクした感じなので、これまでのペットよりも大分多くの方に受け入れられる「カッコかわいいデザイン」かも。

パンツァードラグーンといえば「誘導ロックオンレーザー」ですが、レーザーの軌跡こと描かないものの、誘導弾、クラスター弾など、多彩な種類の遠距離攻撃をドカドカ繰り出せる、サリィ、ポップル系統の感触のペットのようです。

これはちょっとテンションあがってきた!
というか「デジモンのできそこないみたい」と言われてデザインのクソっぷりを唾棄するように語られるサモナーですが、先日の進化種において「少年期」くらいのデザインになってるんですよね。
第3進化までいけば、みんなが欲しいと言っていた「タガミカヅチ」みたいなシブくてゴツいイケメンペットになるのかもしれないなぁ。ぴょんこぴょんこ飛ぶように宙を駆けている時点でなんかダメだけどw

とりあえずドラゴンペットの進化版は多分かっこいい。これは早く欲しい。


◆まとめ
・他にもあった気がするんですが、新コンテンツのがっかり度と★14で全部持っていかれましたね(´・ω・`)
新コンテンツがさあ、装備レベル関係なしで誰でもできるゾ^^はもうやめろや…!
★14出したんだから、★14があると余裕、ないと敵耐久力に押しこまれてヒィーッ、おたすけぇーッってなるようなの実装して★14取得を煽って行こうよ…!

謎のオフイベアニメゴリ押しで、約1年完全に棒に振ってユーザーの入れ替えを痛みを伴って実行してくれたおかげで、僕のフレも大変多くが来られなくなりました
(⊃д⊂)イタイ

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:16
しかし、先日からのアップデート要素はわりといい感じなんですよねー。
でもPSUと同じで「後からいいのをやろうとも、去った人は見向きもしないよ?」です。
これを覆すには「新装開店」。
いわゆる、テコ入れの為にタイトルを変えるしかない。

そう考えると春のコンテンツが「バトル要素」でよかったのかもしれない。

正直に言うと、PSO2はEP4で一旦終了して、サカイさんが現実と非現実を扱う学園伝記モノをやりたいならそれでユーザーを振り直しすればいいと思う。
「ファンタシースター」をやりたいのならおかしな現代要素は省いて欲しいし、新体験とかいって漫画のジャンルを連載中に変更した伝説の打ち切り漫画みたいなことはしなくていいんだよ(格闘漫画からファンタジーに移行して即終わった伝説の漫画「タカヤ」というのがある。皆さんも聞いたことがあるかもしれない、男「(胸が…)あたってるんだけど」女「あててんのよ」を産み、今回のようにジャンルを変更して連載をドハデに突き抜ける代名詞に使われたりする点ではマンガ界に爪痕を残せたわけで、偉大である)。

そんなわけで、期待して待っていた新要素がただの「バトルモード」であり、実装から1年はギャザリングやサモナーのように、それ押しの運営がされるのかと思うとPSO2はちょっともうダメかもしれないなぁ。

しかし国産ネトゲって言われても、スクエニ→x、バンナム→x、コナミ→x(ソゲ以外のゲーム事業を切ったダメなメーカー。ソゲに未来があると信じてる時点で大企業と思えない程短絡的かつ刹那的。世界でどういう目で見られてるのか知らないのか…?)ってなると、セガくらいしか見当たらない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:16
セガの中ではPSO2が完全トップを大・撃・爆走中であり、ここがセガの頭でしょう?ということはもう期待してもムダってことですよね。
アジアのゲームはやはり信用がならず、北米のゲームは日本人と美的センスが完全に噛み合わない(ハード・リアル路線でなら大丈夫だけど)上に「向こうさんの厳しい表現制度の中で許された範囲」しか描けない。

良いか悪いかは判断におまかせしますが、日本のダンジョンRPGなんか「美少女を血みどろのバトルに放り込んで、死神に追い立てられながら戦ううちに頭がおかしくなってくるので、そうなる前にタッチパネルで穢れを落とすためになでたりこすったりしよう!でもあえて発狂させることで得られる変身モードもあるぞ!」とか気がくるってるとしか思えない設定でキャッキャウフフして、それが普通に受け入れられてるんですよ(メアリスケルター)。

別にこういうのがやりたいわけでもないんだけど、これくらい気が狂った設定でも「アリ」になるのはやはり日本の強みだと思うんだけどなー。

ちなみにお隣のドラクエ10でも、新エピソードが「学園編」であり、ドラクエをファンタジーだと思ってた層から冷たいまなざしで迎え入れられていますね。
ドラクエ9に「エルシオン学園」っていうのが話に関わって来てたんだし、何も問題ないと僕は思うんだけど…。
まあドラクエのオンラインで「スク水がぁー」とか確かに言いたくない気持ちもわかる。

どこも作り手は飽きさせないためネタ探しに必死で、いつもユーザーとの気持ちの溝に悩むんでしょうねえ。
ネットゲームは時間をたくさん費やすから「イヤならやめろ」は言葉では納得できても気持ちで納得しがたいから、思うような感じにゲームを作ってくれない運営のかじ取りに憎しみが向いちゃうんだろうなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:16
でも僕はクリエイターの「ありきたりなものを作っても面白くない」を続編で聞くとイラっとします。
「じゃあそれで新シリーズ立てて勝手にやれボケ」と。
お前の面白いかどうかじゃなくて、お客の求める物を維持した上で新たなストーリー、新たなギミックで思わず購入させるもんでしょうがよ。
なんで続編に予算がおりやすいか知らないわけではないでしょうに…。
PSO2も見事にソレにはまってしまいましたね。

とある超有名人気天元突破アニメのオリジナルサントラアルバムも「売れたからってその音楽コンポーザーをアーティストとして扱ったため、一番みんなが聞きたいであろう曲が入っていないのに彼お気に入りのラップみたいなのが10バージョンくらい入っている駄アルバムとなって非難が殺到し、後できちんとしたサントラを出し治す羽目になった」という事件がありました。

プロとアーティストをはき違えて「求められるもの」よりも「オレの聞いて、見てほしいもの」を優先すると、こういうすれ違いが起きるものなんです。
上の件では、お客は「普通のサントラ」を期待し、名前を信じて買ったら「物語の流れを表現するため」とかでえんえん「GO!GO!FIGHT!POWER!」をCDの中で何回も聞かされるハメになったわけで(´・ω・`)

求められるものを提供した上で、驚きも仕込んであるものが喜ばれると思うんだけどなー。
奇をてらうしか能がないってのは、お笑いのステージを盛り上げるためにならパンツまでぬいじゃう女芸人みたいなものなんだけどね。
や、「誇りを持って脱ぎ、毎回毎回警官に連行されてステージが終わる芸」とかなら別にいいんだけど…。

まあちょっと、PSO2はいいかげん「うちゅうファンタジー」に戻って欲しい。
他にライバルがいないからって好き放題やってくれちゃって…。
■雑談■@kurotama
2016/11/19 21:17
■黒玉式ハンバーグ@雑談。
・先日「牛ひき肉」がお安かったので200g買ってきて、ひさびさに僕のオリジナルハンバーグを作りました。

材料
牛ひき肉(あいびきはダメ)200g
玉ねぎ4分の1くらい
ベーコン 一応1枚。お好みで増やせばベーコン味が増して美味。
卵 肉100gに対して1個
パン粉 後述。

香辛料 ナツメグ・コショウ 適量(入れると「ハンバーグの味だ!」ってなる)
粉チーズ お好みで

作り方
たまねぎをおろし器ですりおろします。
僕玉ねぎの食感があまり好みでないので、玉ねぎが必要な料理ではすりおろして入れます。
ベーコンも5mm角くらいに細かく切ると良いです。
さらに粉チーズとナツメグとコショウを振っておきます。そのへんはもうお好みで。
チーズは調理過程で溶けてくれることに期待していますから、多めでも良し。
後は肉を溶き卵2個でこねるわけですが、卵が多すぎてあまり固まらず、ハンバーグのタネとして成立しない…。
そこでパン粉を多めに入れます。
いわゆる一般的なハンバーグのタネの硬さになったら焼きに入ります。

多分結構デカい代物になっていると思うので真ん中にくぼみを入れておくなどすると火が中まで通りやすくなりますね。
後は基本的に弱火でフタをしながらじっくり焼いてください。

ハンバーグを焼き終わったらその肉汁が残ったフライパンに適当なお好みのソースや焼き肉のタレなどを入れ軽く火を通して「デミグラスソースの代わり」を作って頂きましょう。
レンジでチンした温野菜(ニンジンやポテトなど)をそのフライパンで軽く炒めるのも良いです。

完成したハンバーグは細かく刻んだベーコンと隠し味のチーズが牛肉の中に混入され、多めのつなぎによってボリュームと噛み応えもバツ牛ン。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/20 18:04
今回使った牛ひき肉は結構安いやつだったのでちょっとパサパサになりましたけど、僕が本気でこれを作る時は100g260円くらいの結構いいのを使うので、肉汁もバッチリのはずなんだけどなぁ。

まあとにかく、個人的にはお店でこれを超えるハンバーグは残念ながら食べたことがないぜーッというくらいおいしいです。
一般のご家庭でも「刻みベーコンを入れる」「粉チーズをネタに混ぜる」とかは活かせるのじゃないかなー。

【告知】ネッキー地獄行ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/20(日)23時からの「ネッキー防衛」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
はい、というわけでネッキー防衛を身内でやってみませんか。
12人でもクリアできないこともあるので正直無謀ではありますが…。

22:45分くらいからウィスを受け付けておりますー。

いちおう1回めはSHで挑み、感触を見てもらいます。
その後XHに挑む感じに。

今回はあれです、まだコレクトファイル埋まってないから遊びに使う回はないんだよね。とか、野良できちんとクリアしたいという方はそうされたほうがいいと思います。

毎週毎週喫茶の時間に人気緊急をこうしてあてがわられるので、こちらもどうしようもない感がありますし。
来てくださる方がいらっしゃったら人数によっては適当なブロックに乗り込んで野良に混ざるかもしれませんが、よろしくお願いしますー。
12人必須で時間制限つきで成功しないとコレクトファイルが埋まらなくて…と、正直最近のPSO2は数を集められない固定の集まりを完全否定してきてる感じでつらいですね。
コレクトなんか集めてないよ?っていう人で集まればいいんでしょうけどね。

まあそんな感じですが、よろしくおねがいしますっ。
■告知■@kurotama
2016/11/20 18:04
■休みの日はどうしても@PSO2の話。
・PSO2にかかりっきりになってしまう。合間には雑事が入るので平日よりなんか忙しいのよねえ(´・ω・`)
午前の緊急とかも出たいのあったら出ようとして目覚ましかけるから「昼までだらっと寝るか^^」もできない…!
というわけで、ついうっかりコレクトファイルの2周めを埋めてしまった…。
カタナとライフルの2本め、ロッドの1本めです。緊急でのFoさんの無双っぷりを見ているとちょっとFoもやってみたいなーとは思ってるんですが、装備をこしらせるのがダルすぎるのよね…。
Foだけは「ステ盛りでないとダメ」感があるという先入観がいかんのですがー。
あとは属性合わせないと何の価値もないのがキツい。
近接・射撃武器は属性なんか攻撃力の属性増加分だけにかかるのでさほど差はないのですが(★13になってからわりとバカにならないのだけどめんどくさいので僕も皆さんも見なかったことにしています)、法撃は属性が武器攻撃力+属性で上がった分全部にかかるので、敵の弱点属性に合わせた属性の法撃武器でその属性のテクニックを放つのを求められるんですよね。

実際はマルチで使われるのは光・炎が多いのですがー。
でもそれで考えると、旧式武器のオービットタリスのほうがFoでもTeでも使えるからいいんですね。
ここの所のネッキー参加で一本ならもらえるくらいに石が貯まったから、オービットタリスを作ればいいんだ。

しかしそう考えると「コレクトファイル」も「石集め」も「レアドロップのみ」も全部アリにすればいい気がするけどなー。
コレクトはHAYOSENA!とIMADAKE!ばっかりでついてく気がなくなった人いっぱいいると思う。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/21 03:38
まあ次のマザーのは5か月くらいやるようなので、それくらい余裕あればまだいいかな。
後は破棄しなくても切り替えて「一度に進行できるのが3枚(プレミアムさんは5枚)」っていう形式にして欲しいですね。
どうして「続行するか、破棄するか」の0か100かなのか…、まあSG儲けるため、気を逸らせる為なんでしょうねKUSOGA。

オフゲをやってると
「やりこみがいの為にあえて用意した障害」

「制作者とプレイヤーの間の感じ方の剥離から来る設定ミス」

があって、良いゲームは前者によって「上手く乗せられて遊んでしまう」なんですよ。
後者の要素が多いゲームでも、いい点があれば「良い面を楽しむためにクソクソいいながらも付き合う」なんていうのもあります。

名作名作名作〜!とファミ通の「読者の選ぶ名作TOP30」コーナーに未だに載っている「タクティクスオウガ」とか、もはや信者めいていて怖いんですけど、あれだって「タクティクス」と銘打ってるくせに、15年後に造られたリメイク作でさえ「事前に戦場の偵察ができない」という致命的欠陥を抱えています。
ストーリーも込みで進行するので、敵が登場するのはステージ開始イベント後という流れの為仕方ないとも言えますが、確か「敵の配置と編制を見てからこちらの部隊を編成する」はできなかったはず。

だからリセットします(´・ω・`)イベントももう一回見ます。
だけどあのゲームは他に面白い要素がたんまりあるので、これを問題にしてゲームをやめたなんて人は聞いたことがない。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/21 03:38
僕は未だにリメイク版の

@「武器スキル上げ」
A「個人ではなく部隊の兵種のレベルが上がっていく」
B「属性武器の設定ミスで、普通の武器の何倍も強いダメージが出せる」
C「とある重要魔法がストーリー進行中のなんでもないステージで無理してでもゲットしないと永久に入手不可」

は容認できないのですが…。
それでもリメイク版をやり込む人はそこも込みでゲームを進め直し「俺だけのサイキョー軍隊」を作ったりしてますからね。
欠点があっても、それを上回る利点があれば納得する人もいるのです。


PSO2を見ててサービス開始当初からずっと思うのが

「でもそこ課金要素だから不便にして課金誘導を強いるしかないよね」

「用意したコンテンツの持ちを良くするために制限をかけたり、出現率の管理をしたりします」
が目に見えるんですよね。

こうしたらプレイヤーに楽しんでもらえるぞ! ではなく どうしたらプレイヤーは文句を言いながらも課金してくれるだろうか?になっている。

基本無料ってそうやってお金稼がないとさ?と言う意見もわかりますが、僕が大嫌いなもうけ主義の権化であり、若者の遊興費を費やさせて日本経済を疲弊させる原因の一つであるソーシャルゲーム(以下ソゲ)をいくつかやってみたけど、結局続けてる「バトガ」で「不便にして課金誘導を強いるしかない」「持ちをよくするために排出率をいじって調整」なんていう理由でプレイヤーを不快にさせる要素なんかないんですよ。
もしくはやってしまったら次から変えてくる。
きちんとした企業らしく、CS(顧客満足度)を先出ししてるんです。
それを受けた客が課金するかはわかりませんが「将来お客様になるかもしれないから」先に誠意とサービスを味わわせるんです。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/21 03:38
バトガに好きなキャラがいるからひいきしてるんじゃなく、PSO2で「ここが基本無料ネトゲになったせいですっげー不愉快」と感じる点を、同じ基本無料ゲーから別に感じないんですよ。

たしかに運営の規模が違う、ソゲはそれこそ何百何千のタダゲーがあり、飽きられた瞬間削除されて終了という差があるかもしれないという差はあるでしょう。
しかし、カード絵の上に数字がピロンって出てきて「バトル」と称する多くのゲームと違って、しっかりアクションゲームですし、ガチャの度に3Dモデルと攻撃スキルは新造してるわけで、手間もヒマもかかってます。

この差ってなんなの?と思うと、やはりPSO2の開発が「おもろうてやがて課金」を出来ていないわけです。

「ここから先を見たかったら課金せなな?」という黎明期のソゲほど悪辣ではないですが、課金しても解消できない点を不便にしたりするから、課金してもしなくても等しく「基本無料ゲーだから」と苦労とかを強いられている気がする。
おまけにファンがみる生放送で現役総ディレクターが「それは工程を振り分けるのが無駄だから」と要望をつっぱね、「儲かってないので課金してください!」と訴えたのち、上司が別のインタビューで「(取材の為にラスベガスに行けるくらいもうけてるのに)活かせてくれなかったんだよなー(笑)」と答えている。
もうけてんじゃねーか(しかし総ディレクターはなにも「PSO2が終わるほどもうかってない」とは言っておらず、ガチャ収入が想定より減っていると言ってたのでウソではない。腑に落ちないが)。

先ほど話題に出した「進行中のコレクトファイルを一旦戻して、ゲージを進行させるファイルをその都度選択してクエストをやる」のなんて、初期のシステムのマターボードでさえやれていたことですよ。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/21 03:39
それを新たに生まれ変わらせたところまではいいけど、どうしてしまおうとするとリセットしかないのか。
そんなことも気づかないのかと思いますが、気づかないんじゃなく、プレイの継続性、熱中度、クールタイム解除で課金誘導を考えた結果「あえてイヤなほうに持っていこうとしている」のが気に入らない。

「僕らの作ったゲームの世界で値段分はたっぷり楽しんでもらおう」としているオフゲと決定的にそこが違うんですよ。
これは初期から感じていてアンケートの際に何度か伝えていますが、現状はこうですからね。
だから気づかないんじゃなくわかってやってるだろという結論にこっちもなってしまうわけです。

鬼の首を取ったようにいいますけど「CS」ですよソニチさん…、お客が楽しければいくらでもカネを払うんです。
バトガでガチャにはつきあわないとしている僕だって、CDだの書籍だのギャンブル性のないものなら喜んでお金払ってますよ。
だって続いてほしいからね。

PSO2はどうでしょうか。「微力でもボクがお金を払ってPSO2をより長く運営してもらうんだ!」と思っている方、今どれくらい居ますかね。
少なくとも僕の周りでは「無料じゃ悪いからプレミアムには入るよ」みたいな声が聞こえなくなったのですが。

サービスの先出しは固い財布のヒモを緩めさせるにはとてもよい「北風と太陽」の太陽だと思うんですが。
警戒心を解いて、じっくりカタにハメていけばいいと思うんだけどなー。

【終了】ネッキー地獄行ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今日はメグリネキャストさん、ストロボヤンマさん、ヴィクターさんが来てくださいました!
高難易度で有名なネッキー防衛を果たして4名でどうにかできるんでしょうか…。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/21 03:39
結論から言いますとSHで行ってもクリアできませんでした(ノ∇`)

「フタ(それを倒さないと次の敵が出ない上に引っ張り回し安いエネミー)」となる対象を求めてウォクラと攻撃で釣って引き連れ回し、その間に石を貯めて優位にコトを運ぶ戦法を使って7名で終焉とかクリアしてましたよね。
今回もそれを駆使して頑張ってみたんですが、1周めはウェーブ5でグランゾさんが出る前に、2周めはなんとウェーブ6まで進行できました。

SHは戦闘機や壁が柔らかい上、敵もかなりやわらかいので、PAのひと薙ぎで障害がバッタバッタと倒されていきます!
2回めのウェーブ5は最初に出るボス2体と雑魚のいずれも全滅させてはいけない為(ボス片方だけでも雑魚だけ全滅させても後続が湧く)、全部キープしようとしてました。

それで迎えたウェーブ6なのですが、最初に登場するクロームドラゴンを倒すと次々に大型敵が湧いてしまうので、それをキープしようとしてたんですが…、大量に塔に押し寄せる敵の群れと合わせて一気に攻め入られて全部の塔を折られてしまいましたね。

やはり各塔に1名+マルチ塔防衛に2名、雑事や先行タゲ取りを行う北組ができれば2名…やはり7名くらいは欲しい所ですねえ。
ボスにwbジャマーがついているのでネットで言われているよりも前衛の火力は必要な気がするなー。
今回はBr・Te・Rax2だったので、wbは足りていたけど手が足りず、Brでこられていたヴィクターさんは雑魚にボスにと全員分の矛役として全力で頑張って頂く感じに
(ノ∇`)
Raはまとまって一気に走ってくるような敵をわかってて迎撃するのは得意なんですが、ごちゃごちゃの乱戦では得意のスタスナが乗せにくいので、やはり少々不利なのは否めないですね(職業ごとの個性なんで別にいいですけど)。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/21 19:15
SHならエクソーダを本当にサテカノ1発で破壊できる(XHの場合、うちはきちんとスタスナJAシャープシューターまで全部乗っていて、ドリンク効果でPAアップとかつけば…PA一発で壊せます(ノ∇`)つまり2発必要ってことですYOWAI)ので、ちょっと楽しかったです。

結果としては2回とも失敗でしたが、色々な仕様や仕組みを理解できて楽しかったと言って頂けました。
人数が少ない分やることが多くどこか手が足りないのはもう仕方ないですが、その分普段触らない敵や状況に遭遇できて今後の糧になったのではないかなーと思います。
野良では色んな価値観の方がいるので中々うまくいかないですが、ウェーブ1・2なんか敵を残して石を集めた方が後で楽になるしね。
そういう時どの敵を引っ張ればいいかを知っていると結構頼りになるかもしれませんー。
ブースト時間や、再受注時間を気にする人は時間がかかるのでいやがる為、なかなか実践できませんが、その意見も納得できますから、できるときだけってことで。

まあ、コレクトファイル進行中の方には2回分進行を遅らせる形になってしまいましたが、おつきあいありがとうございましたー!

その後はZyklonさんも来てくださって最近のPSO2の話とかをしていましたが1時を超えてしまったので解散となりました!
来てくださった皆さんありがとうございました!
それではまたよろしくお願いします〜!

■追記:11/21 19:10頃 言葉足らずだった所を訂正し投稿しなおしています。
■終了■@kurotama
2016/11/21 19:15
■お知らせ■
・フレパリストが更新されました。
ヴィクターさんが子供に 夢を与えるために漲っています…。

■遥香っちゃんと学園祭デート!@バトガの話。
・あ、いえ、僕の妄想の話ではありません(´・ω・`)
先日ゲットした「メイド'16遥香」の「より親密なストーリー」を見てきたのでご紹介です。

学園祭のメイド喫茶の仕事を早々に終わらせた遥香っちゃん。
彼女にはとある目的があったのです…。

生徒の様子を見て周っていた先生は深刻な顔の遥香っちゃんに呼び止められます。
彼女は「今はとにかく、私に付いてきてください」と先生の手を引いてズカズカと歩き始めます。
ある程度付き合った上で先生は「そろそろ事情を教えてくれないかな?」と説明を要求しますが、彼女は「これを見てください!」とチラシを取り出します。

なんでも学園祭の食べ物店を制覇したペアに賞品の出る「グルメツアー」に出たいのだとか。
先生は大食いには自信がないと断ろうとしますが、何人かに声をかけたのに断られ、食べきれない分は自分が全部食べるからと言っても付き合ってくれなかったと悲しげです。
(まあ年頃の女の子に全店制覇ツアーは見た目的にもカロリー的にもキツいわなw)

ダメ…でしょうか…?と聞かれ、断ることができなかった先生は結局ツアーに付き合うことに。
喜んだ彼女に腕をグイグイ引っ張られて連れて行かれるのでした…。

テンションの上がっている彼女は嬉しそうに「あそこのお店もおいしかったですね♪」と言っていますが、ノーマルな胃袋の先生は正直もう限界です。
余裕の遥香っちゃんに嬉しそうな理由を聞くと「この日の為に何日も前からお腹を減らしておいたので」とのこと。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/21 22:45
断食でもしてたの?と驚く先生ですが、「毎食ちょっとずつ量を減らした」程度らしいので、多分大人の3食分が2食分になったくらいじゃないかと思いますけど(´・ω・`)

…その後、(生徒の運営する)いくつもの飲食店を周る二人ですが、とうの昔に食べるのを諦めている先生の前でスパゲッティを「美味しそうに」食べる遥香っちゃん。
その食欲の凄まじさをぼうっと見つめる先生を彼女はこのスパゲッティを欲しがってるんだと勘違いして「欲しいなら言ってくれればいいのに」とあ〜んをしようとします。
気恥ずかしいので(学校内でそれは人目的にもやばいのではw)断る先生ですが「この美味しい味をぜひとも先生にも味わってほしいんです」と結局あ〜んをさせられ、ちょっと恥ずかしいなと言っていますが…、ちょっとあれだ、間接キス的なアレじゃないんですかね…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcUNBVGk4aWJqQ1U

残るはスイーツ関連のみとなった二人。
「そろそろ終わりですね、名残惜しいです」と言う遥香っちゃんに先生が「まだ食べられるの?すごいな」と感心すると、照れくさそうに笑っています。

うん、多分「もっと食べられるのだけど一応乙女の恥じらい的なものでそろそろキツイ体裁」にしたい模様ですね。
話を切り替えるために彼女の出した話題は「実は私たちと同じ目的のペアがいる」らしいこと。

それは、成長株のひなたちゃんに連れられたスポーツ少女の昴ちゃん。
昴ちゃんが生徒会長の明日葉ちゃんに星守として、女性として、憧れを抱く一方で、最年少であるひなたちゃんは昴ちゃんに憧れを抱いています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/21 22:46
体力自慢という意味では同じ系統のキャラですから、普段は微笑ましいのですが、先生の見立てでは「後輩にいい所を見せようとしてひっこみがつかなくなったんだろうなぁ」という感じ。

なんとしてでも勝ちたい遥香っちゃんは「燃えてきました(という理由でもう食べられない体裁を振り払って)」「このお店のここからここまで、ぜ〜んぶ持ってきてください」とすさまじい頼み方をします。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUVpHb183ODlmRk0

先生も「リアルでこの頼み方したの初めて見た…!」とびっくり。

山盛りのスイーツに囲まれながら、さすがにちょっとキツくなってきました(画像参照)と述べる彼女は、今回なぜこんなにやる気を出しているのか語りはじめます。

なんと優勝賞品は「黒毛和牛の焼き肉食べ放題満腹ツアーにペアでご招待」だったのです(ということは友達を誘った話の信ぴょう性が薄くなり、最初から先生狙いだった可能性も)。
焼き肉食べ放題旅行に先生と行きたい…それを考えていたら「またお腹が減ってきました」と言い、一気にスパートをかけます。
「先生の為に私、がんばります!」と猛然と食べ続ける遥香っちゃんの姿を見て先生は「そのがんばりは遠慮したいな…」と内心思うのでした。


はい、というわけで(食べられる量が)孤高の存在であるがゆえに理解者のいない遥香っちゃんの苦悩が描かれていましたね(´・ω・`)

多分昴ちゃんはこの様子を見て絶望のずんどこに落とされているはず。
彼女も大食いだけど、人間の範疇でだからね…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/21 22:47
友達には「むりw」と断られ、先生には「すごすぎてついていけない」と思われながらも、先生と食べ放題旅行がしたい一念でやりたい放題食べまくる彼女の姿は少しかわいそうでもありました(くろたまさんはかんせいがおかしい)。

というか、学園祭と言っても無料提供じゃないんだし、最後のなんて一皿450円で計算したって1万円以上かかってそう(本来のイラストでは左端に彼女の頭並に詰まれたお皿が描かれていますからね)。
完全制覇するまでにかかった金額でそのツアー代でるんじゃないかなー。
でも食べ放題番組で参加者がお金払うなんて聞いたことないから、お店、もしくは主催者持ちなのかもしれませんね。
なんせ合同主催の「奏乃宮女学園」はちょうお金持ち女子高ですから。

ちなみに学園祭の料理は「一食で満足してもらえるようにかなりガッツリした量」で、これに参加しようと思う者さえでないくらい見た目に厳しいコンテストだった模様で、他の女の子たちが断るのもしょうがないでしょうね…。

昴ちゃんはたぶん撃沈したでしょうから、食べ放題旅行には行ったことになりますね。
先生は遅かれ早かれ太るような気がする(ノ∇`)
そして太り過ぎは健康に害があります!と遥香っちゃんに納得のいかないお叱りを受けるんだろうなぁw
今回はわりとギャグ気味で、最後にちょっといい話を持ってきた風に見せて結局食い気オンリーの話でしたね。

確かに多少強引な参加要請でしたけど、基本的には「先生と食べ放題旅行がしたい」という「好きなものと好きなものかけあわせたちょうすごくない?」というかわいいアレなんだから、もうちょっと楽しげに付き合ってあげればいいのにな。
UTUWAのちいさいヤローだぜーッ。
■雑談■@kurotama
2016/11/21 22:48
■装備が極まるとゴリ押しになる@デモゲの話。
・ペガッソちゃんがついにお休みできる日がきました。
主人公がわりと固い気がしたので彼に1人で前衛に立ってもらい、防御などはせずに「防御が下がる代わりに攻撃力アップ系」以外の方法でアタッカーをしながら、後衛にはレベルが欲しいNOUKIN2名と、経験値アップのパッシブを持つカニちゃんとロリBBAちゃんについてもらっています。
高レベルになって装備や神器の「出待ち」になり、その神器が「Aランク」のものなので、最終ダンジョンでは出ないかとても出にくいんです。クリア後コンテンツで追加になった「Sランク神器」なんかもう3セットずつくらいあるのに、Aランクの「両手武器を片手で持てるので両手武器二刀流ができる神器」なんか2個目が未だに出ないのです。
なので少し格下の相手が増えてくると、防御一辺倒のペガッソちゃんだともったいない。
彼女はもうレベルも91ですからねえ。

そして主人公はレベル98まで来たので、99になれば「結果的にパーティの経験値を上げる効果」が発生します。
このゲーム、カンストすると経験値分配からもれるので、これまでは表記の5分の1に対してレベル差で補正をもらって分配されていたのが、主人公が99になることで勝利で得た経験値はお供の4人で分配となるのです。これは便利。
おまけにドロップ武器に付く可能性のあるプラスの上限も99になるわけで…、これは美味しい。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/22 20:17
仲間を捧げてその仲間が装備できる武器防具をゲットするやり込み要素があるんですが、わりと「未取得を優先的に出す」「プラスが結構つきやすい」というのを利用して、最強武器に高いプラスをつけるやり方とかしてる方がいましたね。
こういう面でも99レベルになるのはある意味スタート地点的でいいかもしれません。

しかし、神器待ちは早く終わりにして最終ダンジョンでの掘りに戻りたいものです。

【告知】ジョジョ第4部第34話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/22(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/11/22 20:18
■終わりたいのか終わりたくないのかどっちなんだい!?@デモゲの話。
・敵が余裕すぎるので難易度を「あつい(普通)」から「まるこげ(超死ねる)」と2段階あげて最高にしました。
敵の強さが跳ね上がる代わりに取得経験値が増え、プラスの値も付きやすいそうなので…。
現状は弱いとこめぐりですからメリットしかありませんが、最終ダンジョン最下層だとどうなるか、ですね。
戦えるかと言われれば余裕でしょうけど、オートで流すだけで絶対負けないかのほうが大事。
そこまで強くして何と戦うのかと言われると…、うーん。

剣異の終盤の稼ぎはね「安定」とかないんです。自分のパーティに合った戦法を攻撃順単位で組み上げて、うおりゃああああと気絶係が殴りかかって「気絶」のエフェクトが敵グラフィックの上に表示されなければ超苛烈な反撃が待っています。
もしくは防御スキルでかわされふせがれ…で後続のアタッカーネコたちの攻撃で倒しきれない。そうなってもまだ盾役が沈んだりすることはありませんが「事故」はありうる。
デモゲ2の終盤と違い、キャラの死は即帰還案件であり、無理にアイテムで蘇生させて生命力を削った状態でまた死ねばパーティの半分は20歳を超えているのでそこで消滅ですよ(10代は生命力が3あるのでまだ大丈夫)。
主人公はこの生命力が無限ですが、役割が魔術師です。このポジが死ぬような戦闘をしなければならないなんて「稼ぎ」どころではない。
魔法やブレスがそこまでひどくない剣異でそうなるんなら明確な戦力不足ですからねえ。
なので「重い」んです。
しかも一回の遠征が、いくらでも中断できると言っても1時間を超えることがあり得る為、電池が切れる、落としたショックでフリーズするなどして消えたら精神的ダメージがキツイ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/23 20:05
さすがもともとは据え置き機(Xbox)用に作られたゲームなだけあります(PC版もある)。
それがVitaでできるから僕は購入したんですがー。

それから考えるとデモゲ2は最新作である分洗練されてる部分もちょっとだけあり、新規アイテムの多くが箸にも棒にもかからない代物だとしても嬉しいし、敵が比較的弱くても楽なのがいい…。
というわけで、女神転生だの剣異に戻るのはもう少し後回しにしたい感じなのです。

好きな人には申し訳ないけど、メガテンシリーズでハクスラ感を感じたことはないし、ダンジョンRPGといってもシナリオを見るための障害という感じですからねえ。
チームムラマサがしょぼいながらもずっと押してきている「ウィザードリィのアノ感動をもう一回再現したい」というのとはわりと方向が違うのよね。

というわけでもう少しデモゲ2の世界に居たいというのもあります。

■鉄オル大好きっ子@鉄オル感想。
・そんなわけで、見なければいけない作品がたくさんHDDの中にあるのに、機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ第一期をまた観ています。
26話なので12時間かかることになり、それ見るんなら「このすば」とか「アクティブレイド」とか観ようよ…と思うのですが、一度観ているので注目して観なくていい為気楽なんですよ(ノ∇`)
第一期終盤から第二期の間で変わっていったり消えていったり、関係性が変わっていったり…。
そういう人たちがそれでもその時は必死にやっていた記録として見直すとまた見え方が変わってきて感慨深い。
主人公たちって必ずしも正しいルートを選んでるとは言えないんですが、一つ言えるのは「自分たちの選択を人のせい、社会のせいにしない」でやってきたということ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/23 20:05
よく冗談で「社会が悪い」というフレーズを使う僕ですが、彼らはそれをぶち壊して自分たちが虐げられない場所を作ろうと、自分たちが「いいオトナになろう」としてるんですよね。
恵まれた環境の日本人の感覚からは出てこないのですが、社会情勢でまともな教育も受けられずにオトナにいいように使われる消耗品のような少年兵視点ではこれは「夢物語」なんですよねー。
そこにノワールもの(マフィアテーマの作品)のノリを上手く盛り込んで「オヤジ」「アニキ」「兄弟分」「けじめ」だの、任侠ものみたいな作品になっているため「任侠ガンダムw」と言われたりもしてますが…。

ガンダムx任侠もの という視点で見ても面白いですし、主人公の相方が組織のリーダーであり、これまでのガンダムが「オトナたちの手駒として政治が衝突する先頭に放り込まれる少年たち」を描いていて、誰かが死んだりしても「戦争って…大人って…」となりがちでしたけど、今回は全て自分たちが選んだ自分たちの責任であるとし、「誰かが死んでも残ったやつに未来を託して行ったんだ」と、若干危ない強烈な「ファミリー」感を出して行っており、理解ある大人はこの悲しい子供たちを止めたいと思っても止められないので、できる支援をしながら見守るしかないというのがすごく面白い。
世界や社会はそこまでひどいものじゃないと言っても「それはあんたの生きてきた世界の話だろ」となってしまうんですね。

勢いに乗って悲しい破滅に突き進み、その無茶をギリギリで成立させてきた人物が何かの事件で失われたりしたらそこでおしまいになり、後は成功をねたんだ大人たちに「それみたことか」と握りつぶされる…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/23 20:06
この流れはノワールものの典型というか王道なんですよ。そして最期の時に「俺たち…どこで間違っちまったんだろうなァ…、へへ、あの頃と今と、どっちが幸せだと思う?(お互いに銃を構える)」みたいな所までがセットですからね。
でも鉄オルはガンダムです。そこに賭けるしかない…、ノワールものっぽいガンダムだから…、ガンダムでは一応、頑張って戦い抜いた主人公たちはあらかた生き延びはできますからね。
結論として言うと結局「アトラちゃんだけでも幸せになって欲しい」ということになります。

僕が鉄オル感想の最後にそのあたりを挙げているのはそういう意図があるんです。
彼らが手を血に染めてまで守ろうとした家族の中で、誰も手にかけずにこれた存在くらいはせめて残らないとあまりにも報われない。

先週の最新話では最終的に「タカキくんは鉄華団辞めて、フウカちゃんを守る為に普通に働くことを選んだ」となりました。
第一期で仲間の無謀を止められずに無茶をして妹たちの元に帰ることができなかった「有能なおデブ」ことビスケットくんの二の舞にならずにすんだのは大変良い。

流れに負けずに自分の意志を通して、仲間たちへ申し訳ないと思いつつ、大切な親友を失い、もしあの時彼が護ってくれなければ死んでいたのは自分だったことを思い知り、最も大切なものは何か、自分の意志で選び取ったタカキくんの勇気がフウカちゃんを救ったわけです(将来どうなるかはわかりませんけど)。

この変化が「鉄オルは壊滅だの全滅だのにならずに想像以上に落ち着いた終わり方をしてくれるのでは?」と思わせてくれましたね。
それとも「みんなタカキくんみたいに降りなかったから…」となるのか。

やっぱり4クールアニメともなると、詳細に世界や人間関係が描けるので色々面白いなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/11/23 20:06
■リアル「アーキア」爆誕(⊃д⊂)@雑談。
・池上彰の番組で「温暖化で日本がヤバイ!」というテーマで、シベリアの永久凍土が溶けたら大変だよー!というのをやってました。
僕は地球温暖化に関しては「地球にもそういう時期があるんだろ(鼻ホジ)」くらいであり、COPなんやらとかは日本が他の国にお金を払うイベントだろ?wと思ってタカをくくってました…。

だけど、溶けた永久凍土の中から古代の細菌が漏れ出て、撲滅したはずの菌やなんかが復活するという話を聞いて「ひゃあ」となってしまいました…。
天然痘だとかそういう「撲滅」が成功したもののワクチンは、将来なんかの時のために一部のサンプルが保存されているだけになっていて、いざン十万人患者が出ましたよう!となっても再び培養するにはそれなりの時間がかかってしまう為、大きな被害が出るのではと言われています。

アーキア…、これは古細菌アーキアです!MMRで語られていたアノ恐怖の細菌(※実害はありません)が…この世に復活してしまうー!

世界は滅亡する!!!

【終了】ジョジョ第4部第34話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、というわけで、今週はRozzさん、Ivoryさん、カガミネデューマンさんが来てくださいまして、JOJOを観る感じになりました!
遅れてこられる方もいるかもという名目でおしゃべりをしていたのですが、このままだとJOJOを観る前に0時になってしまいそうになったので鑑賞会を始めることに!

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/23 22:28
今回は7月15日に起こった様々な事件をまとめた回の最終回です。

・背中を見られるとヤバイ「チープ・トリック」戦、決着
・早人くん、ついに「父のような誰か」と対峙

と、収束してきました。

まずは岸部露伴先生が好奇心から「背中を見られたくない営業マン」の背中を見てしまい、そのスタンド主から「おんぶおばけ」のようなスタンドをなすりつけられてしまいます。
これは第三部にも居た「スタンドの産み主が居なくなった後も力を発揮し続けるスタンド」であり、定められたプログラムを実行する霊魂のようなものであって意志も持つため、ものすごくタチが悪い。

このスタンドはもはや露伴先生自身と同じであるため、お得意の「ヘブンズ・ドアー」で行動を書き込もうとしても行動を制限できません。
好奇心が災いしてとんだ災厄を招いてしまった露伴先生が助けを求めたのは康一くん。しかし、事情を説明しても憑りついたスタンド自身は見えず、背中を見せるとスタンドの能力によって背中を剥がれて殺されてしまいますが、絵ヅラ的には背中を壁につけているだけですからね。
康一くんは「またいつもみたいにからかおうってんでしょう?」とあまり良い印象を持っていないようです。

これが「営業マンが持ってきた災厄なんだよ」と証明しようと、哀れなサラリーマンの亡骸を見せようとしてもそこにあるのは小さく縮んだ人形のミイラのようなものだった為、康一くんは「本当に心配して来たのに!」と怒ってしまい、追いすがる露伴先生に冷たい目線を送り、立ち去ってしまうのでした…。

「コウイウノッテキズツクヨナ」と慰めるチープ・トリック。
彼はとにかく吉良義景の隠れミノである川尻浩作を調べている露伴を止めるよう差し向けられていますから、なんとしても写真を破棄させたい。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/23 22:28
露伴先生は親友と信じ尊敬している康一くんに見捨てられた恨みをチープトリックにぶつけ「この岸部露伴にここまで屈辱を味わわせるとは…絶対に後悔させてやるぞッ」と行動を開始します。

露伴先生とチープ・トリックの知恵比べが進む中、手詰まりになった所で康一くんが登場。
彼は一度は露伴先生を見限りましたが、その後の彼の行動を尾行して、あれがイタズラでないと確信、手を貸しに来たのです。

…。

露伴先生が「気付いていない」ということは、彼が用心しながら歩いている所をおそらく遠隔操作で50mまで操作できるエコーズAct1で見張らせていたんでしょう。
だけど、その時もし、もし背中を見ていたら「その時点でおんぶおばけ発動で背中が剥がれて死亡」してたはずなんですけど…。

まああれだ、チープ・トリックの知覚外からの視線は大丈夫ってことにしておきましょうか。

で、康一くんに対する敬意と愛?がひときわ高まった露伴先生、康一くんのスタンドエコーズAct3の「スリー・フリーズ」の力でチープトリックを重くすることでひきはがそうとしますが、スタンドの力で発動したものは物理では除去できないようで…、一緒に露伴先生の背中も荷重でちぎれそうになってしまいます。

もう何をしてもダメだ、と絶望し康一くんに背中を見せて楽になろうとする露伴先生。
チープ・トリックからすれば写真を破棄させなくても後を追う露伴先生を始末できれば良し、康一くんに移るのならそれも好都合ということですが…。
視聴者も気づかなかったのですが、露伴先生の目的地は第四部中盤に訪れた「幽霊の小道」。
その小道から脱出する際に「振り向いて」しまうと「無数の手によってあの世に持っていかれる」のです。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/23 22:29
チープ・トリックの能力が発動する前に無数の手によって露伴先生からひきはがされるチープ・トリック。
露伴先生は「どこに行くのかはわからないが…」と、ご丁寧にヘブンズ・ドアーの能力で「地獄へ行く」と書き込んで始末終了。
お見事でした!

途中で剥がされて大量出血してた背中の傷が特になかったことになっているのはまあおいておいて…、康一くんが来てくれなければ舌戦でうまくチープ・トリックを騙さなければ勝ちはなかったということで、康一くんの行動も無駄ではなかった。
元はと言えば露伴先生の好奇心が呼んだ災難でしたが、この人この前も好奇心のせいで危機に巻き込まれ、人望のなさで仗助くんに去られてましたよね…w
いい意味でキャラが立ってるなあ。そして今後の「岸部露伴シリーズ」の短編読み切りもだいたいこの流れです(ノ∇`)

お次は7月15日最後の事件ですが、吉良さんこと川尻浩作は、そろそろ、なんていうか…性癖である「女性の手首を愛でたい」が抑えきれなくなってきていましてね…。
電車内でのささいなDQN(ひらたくいえばクズのこと)との諍いから彼らの住処に押しかけて邪魔な男性を爆失させ、女性のほうの邪魔な部分も焼失させます。
手首を愛でて悦に入っている川尻浩作ですが、その一連の様子は彼を疑う彼の息子、川尻早人くんにハンディカメラで録画されていました。

逃げる姿を見つけた彼は、やりたくはありませんがいよいよ息子を死なせるしかないと判断。
お風呂に入って「自分の父は父ではない!???」と今後の身の振りを考える彼の元に「親子なんだし、たまにはお風呂に入ろうか」と彼の元に押しかけます。
なんでも爆弾にできる「キラー・クイーン」によって髪の毛の一部を小爆弾にし「風呂場で転倒して頭を打って死んでしまった」ことに仕立てようとしたのですが…。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/23 22:29
早人くん、得体のしれない相手、得体のしれない恐怖に「僕を殺すのか? 僕しか知らない場所にあるお前の記録を誰かが発見するかもな!」と脅して爆弾のスイッチを押すのをためらわせるところで今週は終了。

いやー、早人くん、何者なんだよw
1人で未知の脅威に対して情報収集する姿、証拠を集めて追い詰める過程で犯人と対峙してしまったらその事実を自分を守る盾として使うとか…。
将来は刑事か記者でしょうか…ただものじゃないな…。

終了後の雑談でも挙がったのですが、JOJOって、なんでもない日常や状況を「新手のスタンド使いかッ」の一言で急に「今後何が起こるか想像もつかない」状況に入ったことを伝えることで、読み手、視聴者にアピールします。
ゲームでいえば「戦闘シーン」、探偵もので言えば「事件パート」の始まりということです。

見る側の緊張感は登場人物とリンクし、何が起きるんだろう…となり、そこに荒木先生独自の突飛な状況がドッギャアアアーン!と描かれるわけで、さすが映画をよく研究しておられて本まで出しておられる彼ならではと言えますよね。

大変うまいと思いますねえ(それはどんどんと難易度が上がって行って、付いていける人がどんどん減っていくことになりましたがw)。

いよいよ第四部も最終盤となりまして、おそらく次回から仗助くんを始めとしたスタンド使いたちが吉良さんを追い詰める展開になっていくと思います。
見逃さないようにしなければいけませんねヽ(´ー`)ノ

というわけで、終了後はJOJOの話やPSO2の話をしていましたが、1時を過ぎてしまったので退散です。
来てくださったみなさん、ありがとうございましたー!
またよろしくお願いします!
■終了■@kurotama
2016/11/23 22:29
■新独極行ってきました(ヽ´ω`)@PSO2の話。
・苦行。
ステージ8に「敵を後ろから9体倒せ」があるのですが、それを無視するとステージ9でTMGは封印されてしまうのですごく気を使って戦わねばなりません。
ラプラスの悪魔が呼び出す目玉を後ろから倒してもいいので、それ以外をすみやかに始末するようにすればなんとかなるのかなー。
ステージ10も圧力進行なので、基本的にこれはカタナBrだと余裕ってパターンですね。
後はHPゴツ盛りHuで全部薙ぎ払うとか。
でも欲しいのは「得意なクラスのリング」ですからねえ。
でもこれ、宝石?をおそらくリング取得に1、レベルあげるごとに最低1、下手したら3個ずつとか必要で、一週間に5回しかクリアできないので、やり込みコンテンツとして用意してる可能性もあるんだよなあ。
これで苦労してクリアして「出るかな?出ないかな?www」だったらshine(輝き)とつぶやいて二度とやらないと思う(´・ω・`)
最低1個は保障して欲しいもんだ。

■追記:レアブ250だけでBrマテリアル9個入手できましたヽ(´ー`)ノ
しかしやっぱBr便利だなぁ。
ボマー零式のおかげでGuのチェイン付き並の攻撃バカスカ決められるんだもの…。
裏取りPAであるテッセンも、もちろんカタコンも最高に働いてて、Br接待クエストって感じ。
僕みたいなにわか両立Brでクリアできちゃうんだから、相当強いって感じです。

両立Br/Hu見てると、Guは今の3倍威力があっても足りないと思うくらい弱い…。
ゼロレンジ下でヘッドショット付きでテッセン以下とかどうみてもおかしいだろ。
さあ、Gu/Huでクリアに挑戦するか…。
■雑談■@kurotama
2016/11/24 23:05
■24の瞳@PSO2の話。
・はい、大型アプデがきましたね。
なにげにここの所のPSO2はわりかし少しばかり頑張ってるような気がするだけにできるだけ前向きな評価を差し上げたい気持ちなのですが…。
来年にそびえたつ○○がドドンと控えていて鬼もクソワロ不可避なので自分をだますのも限度があります(´・ω・`)フゥ

そんなわけでおっと思ったのが「/ceall on」の新コマンド。
キャラをカメラ目線にする「/ce on」の全員版コマンドで、これを入力しておけば画面にいるキャラがみんな画面をチラ見するようになります。大したもので、目が片方によってると小さくても意外とわかる。
戦闘中にふとターニアちゃんと目があって「画面の中からターニアちゃんが僕を見てる!」となり、楽しい嬉しいとかより「ギョッ」となることも…。
それが全員からです。撮影用にうっかり「/ceall on」してしまうと、ロビーでも緊急でも道行くキャラすべてがこっちをチラ見、もしくはガン見していることに。
やめてえみないでえってなりそう。

あと、3ボタンタイプの設定に「武器アクション」ボタンが追加されますね。
箱コン(XBOX360コントローラー)を使い手のみなさんには「ボタンがそもそも足りねーってんだよ!」と吐き捨てられそうですが、これは何気にすごいです。
半年遅いわと思いますが、これもユーザーの意見をフィードバックして実装したんでしょうしね。

プレイ感覚を変えたくないならR1キーをこれにすれば、武器パレットには通常攻撃を除いて5つのPAをセットできるようになるものの、各パレット3番めのPAを何ボタンで使うんだよwwとなってしまう。
それなら今のまま、表3番めはR1で武器アクション、裏3番めには使用頻度の低いPAをとすれば体感的には1PA得するわけで…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 03:11
これまでのほうがマシという悲しい結果になってしまっています。

箱コンに6ボタンタイプが出れば即買うのですが、あれは格闘ゲーム全盛期の弱・中・強に合わせた仕様だから、海外には広まらなかったのよね。
あまりに広まらないので強攻撃はボタン同時押しとかが基本になってしまった。
まあここはこっちが多ボタンパッドを買えばいいのに箱コンにこだわってるだけだから、開発を責める気にはならないですね。
しかしPC用コントローラーは有名どころでさえモロいし作りがショボいのです。
子供も使う想定のPS4パッド、大きな手の外人がバカ力で握りしめても多少投げつけても壊れない、メリケン仕様のイカしたタフガイである箱コンなどの家庭用のほうが絶対に優れている(その分高いけど)。
まあ、選択肢を増やしてくれたってことでひとつ。

以下は箇条書きで。

・東京探索のクリア条件が1000→500に
これはいい。数値しかいじれないにしてもいい調整です。

・ギャザリング緩和
15コンボでフィーバー確定で、ねこそぎボーナスも+2までだったのが+3まで付くようになって、宝石も大分取りやすくなったかもですね。むしろ2周めを狙ってKAKINしよっ?っていう感じにしてきて、ぬけめない感じです。
そうですよ、最低限はしっかり与えて、もっともっとな人には課金コースもあるでよってしないと。
昨日までのははいフィーバーきたら3回しか掘れまっせーーんwwwKAKINする?wだったから、多くの人に「バーカ!」って言われてたんだもんね。
一回フィーバーはまず確定というので、だいぶ印象は良くなったんじゃないかなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 03:11
「フィーバーが起きやすくなった為、バランス調整の意味も含めてこっそり宝石率が下がってもわからない」ですからね。
(注:とはいうものの、5キャラで2周、10回やって、一か所の宝石は22個、もう一か所の宝石は2個でています)

・キタコレ(;´ρ`)
ええ、Brリングを手に入れたので普段でない緊急にも積極的に参加して加勢できました。
怪しかったからです(´・ω・`)
リングの強化がね、100%成功で、グラインダーしか使わないんですよ。
でも上がり幅も少ないし、ほんとおまけアクセなのかなーと思って、11レベル以降が知りたかった。
そしたらコレですわ。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qYW9uajVXdWFIUUE
少なくとも、取得に1個、10→11に上げるためには5個も必要です。先ほど書いた通り、250%を使って9個も出ていましたので、まあ5〜6周はクリアしてねってことなんでしょうね。
最速でやっても今週中にはレベル20は見えないかもしれませんねえ。
と言っても僕は「クリアした時にマテリアルがあまり出ないならやりたくない」と思って、クリアだけはできるであろうBrでやってみたんですが…。

性能は基本的に「攻撃力微アップ、被ダメ微ダウン、クリティカル値小アップ」であり、クリティカルストライクリングのバリエーションって感じですね…少なくともBrは。
打撃にも射撃にも等しく乗るのが美味しいと言えば美味しいかな。

Guの場合は20レベルでクリティカルが20%になってくれないと「ゼロレンジでの射撃ダメージが100%クリティカル」がなくなってしまいますね。
こちらも参照値は射撃ですが、射撃と打撃のPAが混じっていますから、打撃PAがちょい上がるかも。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 03:12
逆にクリティカル値があまり意味のないクラス(メインHuとか振ってる余裕ないしね)はあんまり強くないんじゃないかなー。
とはいえ、これはまだ11レベルですからね。

でもすげー気になるのが「威力100.50%」です。10レベルになっても101%ですらないというか、小数点2ケタまで計算してたんだwと逆に感心しました。
ここが101%で最終103%でも誰も怒らないよ?(クリストリングも最後は103%になるんだし)
労力を考えると、正直105%、クリティカル20%、被ダメ85%くらいまで行ってもいいんやで?
エースの証なのに(笑)で済まされるなんて寂しいんじゃもんー。

ちなみに新独極10の最後は…、ネットでさんざん言われていた「アレ」を封印されるため、Br以外すべて絶死のアレになります。
カタコンエスケープなんかいらねーよwwって言ってた両立Brさんが発狂する様が目に見えるようだ…。
そして笑いものだったカタナ専門家だけが大手を振ってBrエキスパートを名乗る地獄が待っている!はわわ…明日からまた荒れそうやでぇ…!
ちなみに僕は弓も使ってましたからね!
ボマー零は無敵まであってずるすぎるよう。

まあ、最近の子は苦労する前に「クソカスボケガイ○」と吐き捨てて投げ出すんだろうなぁ(;´ρ`)
ソニチさんはぜひメルボムに負けずに「これはこういう難易度です」と緩和を拒否してもらいたい。

でもメインGuは早くなんとかして?
両立Brの射撃にSP割いてないボマー零がバニシュと2発で合計50万ダメージ容易に与え、足りないならおかわりだ!と連発できるのに、Guさんチェイン駆使してもそんなダメージでねーよ!しかもSP22ガチ振りしてるのに、60秒のクールタイムついてくるよ!
ああああ。
■雑談■@kurotama
2016/11/25 03:13
■カリンを消す方法@PSO2の話。
・普段は少しだけ隠していますけど、もう本当に包み隠しもせずに死ねと言いたい。
あのおちゃらけた口調に本気で殺意が湧いたわ…。
せめて声無くしてくれないかな…。

アウラTMGで防御重視では勝てないので、オフスTMGにシフドリで挑んでいたんですが、ステージ6の最初から死にまくる…。

しかも今日は重いのか、乙女が上手く発動せずにHPが49%以下になってるのに発動せずというのが何度も起きてしまいました。
集中力も切れてきてフリーザ様にモノメ全部吸われるのも当然という感じになってきましたが、こんな時の為の「HP回復アイテム産みマグ」ですよ。
うまく操作はできないのですが、タイミングが合うとメイトを産んでくれます。

最終ステージ前に条件未達成で事実上クリア不可能となって破棄したこと4回、乙女発動しない死で5回くらい、ステージ10で憤死が8回くらいかな…。

最後の回はハーフドールを忘れてきてたので不安だったんですが、最後のアンガさんになればもう「早く倒さないと次がきちゃうう」というのは終わるので、地道にプリメラで回復しながらでした。
犬アンガさんになると急に対空手段がショボくなるので、そこまで持ち込めばGuの独壇場で御座います。
キャーンと言わせてやったワイ!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 05:44
HPが750くらいで心もとないと思って地面に降りたせいで5分くらい回復しては被弾し回復しては被弾し…とグダグダになりましたが、本気で攻勢にでたら即死んじゃうとか…あのまま攻めてればよかった…くそう。
なんとかGuマテリアル8個お持ち帰りですよう。

クリア後にメイト産んだ時は「おせーよ!(気分がささくれているのですよ…)」と思いました。

まあ本当にカリンは消えて欲しい。消えろ(僕のこの怒りはアンガが出た時にわかると思います(´・ω・`))
ぇーこれ、51個いるらしいんですよねー(取得で1個とレベル11以降5個ずつ)
でも、ステージ10入る前にフルブにすればドカンと増えるらしいので、こいつも今週中に終わらせて二度とやりたくない(ノ∇`)

職業格差…社会への怒りというのを感じましたよ。
Brのラクチンさに比べて、Guは地獄じゃんこれ。火力がまるっきり足りない。

消費45のインフィ〆部分がヘッドショットで45000とか良くて7万だけど、ボマ零なんか消費25でヘッドショット一発12万〜14万で、バニシュに2回チャージが間に合うので、合計消費65で28万+32万とか余裕で開幕から遠距離で出せるんだけど。

はあ、1時間半しか寝れないとか…。
■雑談■@kurotama
2016/11/25 05:44
■ボドボドの黒玉さんに朗報@バトガの話。
・ここの所立て続けに色々書くあれが脇から入って来て、出来のよかった「星守ダイアリー」の紹介話とか書けない…!
おまけに昨日はエクストリームでほぼ徹させられるし…。(※自己責任)

そんな心身ともにキツめの黒玉さんに思わぬ朗報が。

バトガ内のトップアイドルグループ「フォルテシモ」のCD発売記念(僕も買いました!)で、第二部クライマックスガチャと第二部クライマックス武器ガチャの二つが同時確定祭り開催です。

僕あれでは「星衣フローラ花音」という、あまりアタリでないのが当たって終了だったのよね。
しかも、第二部終了時に「確定なし」で、驚愕の強さを誇るカードが4枚ほどドカン!ドカン!と追加され、先日のセンバツではいわゆる「人権カード」となっており、そこで得られる特定の強カードありきで組まれてたんですよねー。
なのでうちは頑張ったけどBランク先生となってしまいました。

そこでカード所持を煽って散々課金させておいて、まだ何か月も経っていないここで「確定」ですからね。
しかも、9800円分課金すると「苦手相性無視+落雷+嵐」を同時に付与できるスキルを持ったサブセット専用カードを交換する権利が与えられます。
先日「ボイスドラマ付きゲーム内フィギュアがもらえる」といって5400〜9800円の課金をさせた2週間後にまたIMADAKE感を出してきて、バトガ本スレでは「拝金主義が高まってきた」と非難ごうごうのようですね。

僕はこれをされると「…」と黙るしかありません。
無課金というのは有料サービスを受けられないのです。それは受け入れるしかない。
コロプラも「当たるかどうかわからんガチャ」だけで課金させない為、付加価値を付けているだけなのですから、本来は喜ぶべきなんですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 21:08
ここで2種類の人が居ます。

@無課金プレイヤーが、戦力・萌えのどちらにも課金専用アイテムを入れられて「拝金主義の以下略」と吠えている。
Aガッツリ課金プレイヤーが後出し気味でどんどん付加価値を乗せて来るやり方に、それだったら前のじゃなくて今回のに課金したかったよーと不満を述べている。

です。

Aは当然「えー」と思っていい。なんなら苦情を入れても構わないと思います。
@はもうなんだ、黙ってろw お金払った人以外は口出しするなという感じ。
意見を言う自由はあるけどメーカーにも誰の声を大きく受け取るか選択の自由はあるよね(´・ω・`)

そんなわけでバトガ関連は結構荒れ気味ではあるんですが、最近は本当にネットの人たちのタチが悪くなったなぁ。
気に入らないとすぐに人格攻撃してとにかく勝たないと気が済まないって感じ。
しゃかいへのふまんがゲームの話題をしに集う場所で「○○もできないやつはガイ○」と、二言めには差別発言を言いだして、カッとなった人がまた言い返すような…。

まあ今作品を送り出す側に求められるのは外野の悪口雑言にひるまず、でもなぜその発言がでたのかの分析だけはきちんとして、良質…お給料をもらえるだけの質を保つ品物づくりに活かすタフさと冷静さ、でしょうかね。

そんなわけでバトガに関してはCDや本しか買ってないので、万単位の課金を望むコロプラ視点ではなんの貢献もしてないに等しい僕ですが、溜めこんだ石を使って確定ガチャする部分と、課金に関係なく遊べる部分はたっぷり楽しませてもらっています。

第二部クライマックスガチャでは前述のように、超がつく強力カードが並ぶ中で一番微妙なカードを当ててしまった黒玉さん。
今回の確定ガチャは候補が多いですが、どれも使い勝手がいい〜今後のバトガで最低ラインの強カード揃いです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 21:09
それを確定で1枚くれるというのだから、乗らないテはないですよね。
ハズレの可能性も少ないし、石は再び貯まってまた1250を越え、さらに今日から「第二部総集編」でまた石を掘れる権利が付与されていますからね…。

さっそく引いてみる事にします!

(ここまで引く前に書きました)





画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qTFJ4RnBTa2JhVUU
こええええええ。
ロードなしで花音ちゃんが最後に走って来て「ま、まさかのカブりなのかー!」と思いましたが、無事に超絶大大当たり!
前回のセンバツで猛威を振るいすぎて持ってない先生を絶望のズンドコに叩き落とした驚異のカードが来ましたよう。

10枚並んだ画面はなんか撮影できていませんでした…。
しかしうちはほんと花音ちゃんばっかりくるなあ。
詩穂さんに嫌われてる!

そして良く見たら「祈り花音」「復活ライブ花音」の二枚が来ている社員引きでした!

まずは超アタリの「復活ライブ」のほうから。
第二部の花音ちゃんと詩穂さんの、いったん崩れた仲が新たな信頼と絆で再び結ばれた…、もうおまえら結婚しちゃえよといわんばかりのアノシーンをイメージしたイラストがステキですねヽ(´ー`)ノ

電撃評価のSって、様々な要素を込み込みで考慮してサイキョーというのを基準にしてるフシがあり、単体運用では「これがS?」ってなるのも意外と多いのですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 21:11
このカードのスキルは「HPに応じて威力アップ(5000で10倍)のわきつぶし多めの十字ビームが敵ロックを追尾し、間にいた敵も全部薙ぎ払うのに4回も攻撃する上に苦手無視なのでブレイドカノンが有利な敵にはダメージ4倍」という、誰がどこからどうみても最強以外ありえない「ぶっこわれ」となっております。
ブレイドカノンという武器は「得意な敵には通常武器の2倍ではなく4倍、苦手な敵には8分の1。そのかわり相性無視の砲撃もあるからうまく使ってや」というクセのある武器なんですが…。

「苦手無視」という第二部のキーになる特性をもらうと、武器の苦手は全て1倍に底上げされ、得意はそのままなんですよ。
つまり「ちょう強い上に4倍撃の相手が3種族もいる」というアレとなっています。

もう一つの「祈り」のほうは…、
「得意な相手へのダメージを2倍にするフィールドを設置」する、戦略的価値の高さでこれまた電撃で「Sランク」をもらっていましたね。
ツインバレットのカードなので、距離で相性が変化するツイバレなら「すべての敵に4倍撃で攻撃できる」「武器相性アリのスキルを使えば2倍になる」と、カタにハメた時にものすごいことになる効果があります。

しかしどっちかというと、協力プレイを手早く終わらせるためのお役立ちスキルって感じかなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/25 21:12
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qSmEyUllGeVdQazQ
二人のデビューライブの時の記念的衣装花音ちゃんの雄姿。闇落ちした詩穂さんを説得に赴く際に着てきました。

普段、そして先生には特に強気、勝気な所を見せる花音ちゃんですが、親友と思っていたのに心の中で距離ができていたことに傷ついてるシーンは痛々しかったですね。
それだけに命がけで和解(闇詩穂さんの攻撃で本来なら死亡レべルのダメージを負っていたはずだが、神樹さまが二人を「星守」にした時にケガもイロウス化も除去された。バトガは基本的に「乙女の祈りが奇跡を呼ぶ物語」なので問題ない)できた時は普段くさくさ文句を言ってるバトガコミュニティ内でも「良かった」という声が大きかったです。

ついでにこのエピソードで初めて先生のことを「アンタ」「ヘンタイ」ではなく「先生」と呼んでくれたんですよね。
第二部終盤は中3組のうらら・心美コンビと花音ちゃん、その他の星守(ひとまとめ)と、ごくまれに出てくる先生で進行されていたので、どうにもしっくりこないのですがw

でもこれで花音ちゃんも無事に先生の「なで力」にこう、支配されることに…!

これら「超性能」と言われて羨望の対象だったカードが250個で2枚揃うとはびっくりです。
できれば「嘆き詩穂(いわゆる闇落ち)」「祈り詩穂」のどっちかも欲しかったなぁ。

先日の「メイド遥香っちゃん一本釣り事件」といい、運が良すぎて我ながらきしょい。
でもまだ星のかけらも1020くらいあるし、12月の激戦への準備は良い感じでできています。
どこかでドハマりしないといいんですがねえ。
■雑談■@kurotama
2016/11/25 21:13
■知らなかった…こんなの@雑談。
・いつのまにかカプコンの「ダンジョンズ&ドラゴンズ」のアーケード版がPS3で発売されてたんですね。
2013年かあ、一番PSO2しかやってなかったころだね(´・ω・`)
むかーし、セガサターン版のが出ていたんですが、その頃僕はアーケード基盤のゲームを集めていたためホンモノを持っていたから買わなかったんでした。
絶対昔のがカネモチだったよなぁ…w
それが難易度調整機能などもついて4000円くらいで売っており、ダウンロード販売もあるから無理な高値がついたりもしていない。

すごく欲しい…。くっそ弱いと言われてもエルフちゃんで魔法戦士するのが好きだったんですよう。
でも調べてみたら、PS4はPS3と互換性がない為、プレイするには時代遅れのPS3を買わないといけない上に、1万円くらいします。
えー、懐ゲーやりたいだけで14000円ですかあ。
せめて本体込みで1万円内になって欲しい。

それならPS4で「人喰いの大鷲トリコ」やりたいわあ。
でもなぁ、アーケード版D&Dちょう好きなんですよね…。Vitaで出来るようにならないかしら。

■これはいい(*´Д`*)@PSO2の話。
・今回のガチャで実装された「変形」?のロビアクはいいですね。
人間モードでもヘッドスライディングのポーズで浮いたり飛んだりしてて、さっそくロビーでHENTAI共がキャッキャと遊んでおりますw
地上版は人間モードでやると体育座り?っぽいポーズのまま煙を巻き上げてボボボボボと進むので、ロビーでは異様な光景が…。
「重力操作」は高すぎたせいかあまり使ってる人はみませんが、この変形は面白いなー。
先日のヴィヴィアンポーズもそうですが、遊びがいのあるロビアクはいいですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 03:49
「あくまでおまけなので重要な品はいれない」という触れ込みで始まった回数ボーナス。
実際は「回数ボーナスがメイン」というように完全に逆転してしまっていますが、まあ、自分の作ってるゲームの仕様も知らずにタレント面してアイスがどうの、髪の話してる(´・ω・`)とかいってお笑い芸人化してる彼奴らに、いまさら言葉の正確性なんか求めてないからね…。
納得する人は払う、納得しないなら払わないでいいんじゃないですかね。

PSO2後に新規スタートした基本無料ゲー「黒い砂漠」や「ツリーオブセイヴァー(ToS)」がすでにガチャを廃止して運営していますから、ネットゲー関連ではやはりお隣のかの国が一歩進んでる気がするなー。

PSO2も徐々に「ゲーム内で取得できるトークンという体裁のSGガチャ」と「回数ボーナスという名のアイテム買い切り制」に移行しようとしてるんじゃないかなと思いました。
それならそれでいいんじゃないかなと思うなー。
サカイさんも「ガチャに頼らない運営に切り替えて行こうと思っている」と発言していましたからね。

ただ、それを徹底すると「メセタではなにも買えない」となってしまい、今この5年めで切り替えると、呆れて逃げていく方が出るかもですね。
その為にアニメ第二弾とか用意して、ついてこれない古参はのきなみ消えろ政策が進むんじゃないかなー。

「おぼっちゃまくん」の裏話で聞いたのですが、児童向け漫画やアニメは7年乗り切ると長期化できるそうですね。
スタート時から読んでいた小学六年生が消え、小学1年生が新たに読み初めてくれるからだそうです。
つまりお客の入れ替わりが起きるわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 03:49
PSO2もEP4を境にこうすれば、10年バカ正直に新要素用意しなくても往復の分4年x2くらい用意して、あとは惰性で…と10年達成、あわよくば12年め目指しちゃう?っていう計画なのかなって思いました。
小学生の後はだいたい3年単位で人の流れがありますからね(大学だって最後の1年は就職活動に使う)。

切り捨てられた側としてはフクザツですが、これがいいやめ時よと判断してPSO2から抜けた方も多いはず。
逆に今から入ってきた方は「こんなボリュームがある基本無料なんて^^」ってなってるんだろうなぁ。
(※ただし人数がいるコンテンツは2週間で旬が過ぎて成立しなくなります)

また非難になってきたのでもう一つ良いことと言えば、パートナキャラが結構まじめに戦うようになったかもしれません。
アドバンスにフレパ3人連れて行ったら、こっちが見てない所でウーダンを3人がかりでフルボッコにしてましたw

さらに、あまりにネガが過ぎるのでカットした所で、ギャザリングのレアアイテム納品が安すぎる件。
ヤーキスさん(フリーザ声のあの人)へ納めるレアアイテムが、5つ=10万が、1つ=10万になりました。
これはいい。

削除した中で「報酬を5個100万にしておけばギャザリングで拾ったゴミクズも換金すれば20万か…ケヒヒってなるのにね」をほぼやってくれた感じ。

毎週キャラ分、採取の★7を1個納品するだけで10万x6、毎日?デイリーで水産物の★7を納品すれば10万ですか。
週一のヤーキスさんと、デイリーには水産物の買取で、皆さんが述べていた不満は「なんでここでこんなものが釣れるのか腑に落ちない」以外はかなり解消されたんじゃないかなって思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 03:58
「ハイテクまみれのアークスがなんで竿とつるはしなんだよw」は、エミリアみたいな「形から入らなきゃ★」っていってのけるバカかしこいキャラが不在で、説明も特にしなかったのがまずかったよなぁー。
○○が言うんだからもうしょうがないわwって許されるようなキャラ作りができてなかった。
シエラちゃんが一番「雰囲気って大事だと思いますよ!とかで説明できる素養はあったのにねー。
(個人的にはソフィアちゃんに頑張って欲しかった)

釣りのJAリングもかなり早くなってるので、これはこれでありなんじゃないかなー。
木材が欲しければ森へ、水産物が欲しければ川や海へ行こうみたいな収集要素ではないけれど、逆にPSO2でそこまでやらなくてもいいとおも思うし。

結局形を変えたくじ引きだけで出来てるのよね、PSO2って。
あと、システムから取り出せるお金が1キャラにつき週130万増えましたから、マイショップ相場がまたあがりそうな予感がします…。
でも毎日インしてちょっとギャザやって、採取でも釣りでも★7が出れば10万確定(水産物はいつはけるかわかりませんがw)となるのなら、みなさんが言ってた「きままにやる金策」も苦しいけど達成できてるんじゃないかなー。

ただ、どちらもはけさせるのに時間がかかるので(うちなんかものによっては160個とか持ってる)、気が付いたら、でしょうか。

お金稼ぎの手段を増やしたという意味ではわりとよく頑張ってらっしゃる。
でも生放送でギャザがいかによくなったかを詳細に解説しようとしても、多分「時間の無駄だ」とか言われちゃうからこれ知らない人多そうだなァ。
これ、せめてまだ最初のリング完成するまでの間くらいの時期までに実装してたらまた変わったろうに…。

今回わりと頑張って改善してるだけに、皆さんの評価がおそらく変わらないと思われるのがかわいそう。
■雑談■@kurotama
2016/11/26 04:01
■なにげに素晴らしいものが実装されました@PSOの話。
・お伝えし忘れていたんですが、インナーウェアが高かったのも実装当初の話。
オタクに大人気のボーダー柄が数千万になった以降は正直微妙な扱いだったと思います。
しかし今回「ショートパンツ」が登場。
お尻の上の方はぱんつめいた印象の布がついていて虚しい抵抗が試みられていますが、黒を購入すればいわゆる「スパッツ」として、お股〜ふとももの付け根のあたりは、妙な光沢もないマットな黒で塗りつぶされることになります。

長い時間がかかりましたが、これでレイヤリングウェアを着ているときはスカートの中が完全に護られることとなったわけです。
マイキャラちゃんのぱんつを無闇にさらしたくないという方は本当にお安いので購入してもいいと思います。
白は白でまた使い道がありそうなので、こちらもおすすめですぞ(14万)。
やっぱえろくないものは安いなーw

■(バランスが)終焉の序曲。もしくは、何度目から奇跡じゃなくなるの?@デモゲの話。
・ええ、もういつまでも「神の両腕(両手武器を片手で持てるので両手武器二刀流が可能になる)」出待ちしていたら進まないので、最終盤の掘りコンテンツ「スターサークル掘り」に移行しました。
その過程でも出るので、出ればラッキーってことで。スターサークルは歩いていると通常のサークル(魔法陣)が星力に汚染されて発生する、突然変異的なソレです。
魔力のこもったジェムを捧げる通常サークルと違い、魔力の塊ともいえる仲間のデモンを捧げ、寄ってきた魔物をピチュンと狩って戦利品ガッポガッポという、良く考えるとタチの悪いアレです。
とはいうものの、捧げた分こっちの戦力は低下しますし、最終マップの最高難易度の最深部の敵ですから、運が悪いと残った二人(主人公+一人)では敗北すらありえます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 18:23
敗北すれば主人公は当然ピチュンってなるわけで、捧げられたデモンたちもおいしく食べられることでしょう。

だから…あれだ…、こっちもリスクを支払ってるんだから、その持ってる財宝をおとなしくこのデモンゲイザー様に寄こせッ!

というわけです。
で、うちのパーティはもう、あらかたのアイテムも揃え、鍛え上げられる最高の+30にまで揃えています。
最強防具のオブリシリーズ(先々代中立神の暗黒龍オブリスのウロコで造られた最上級の防具)も、ゲーム中に一つしか入手できないはずなのに、NOUKIN+主人公全員が兜・胴・インナーとオブリ+30で固まってしまいました。

命中重視の軽装防具なんていうのはレベルの低いキャラクターの言い訳みたいなものでして、レベル1アップごとに命中値は+1されていくので、90レベル近くなれば当然命中値も基本的に90代ですからね(そこに補助魔法の「常時命中+10」が加算される)。
しかも、装備のプラスで99+になっていても、攻撃スキルを使って命中−15が入れば84に下がってしまうので、99に達し次第、防具を重装備に置き換えて行った方がいいのです。
尚、戦闘時にだけ効果がある「マルチヒット」などで命中を挙げれば99以上になるので、最強攻撃スキルについている命中−15をなしにするには魔法で命中を上げればいいのです。
逆に言えば、大物のボス戦闘が増えてきたので、命中が低くても構わないともいえます(どうせボス戦では手が空き次第マルチヒットはかけるので)。

剣異では魔法攻撃といえばしょぼいものであり、最強の攻撃魔法も「ははは」と笑っていても平気でした。
痛いことは痛いのですが○連発とかされなければ大丈夫なんです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 18:24
それよりも「○○は炎を吐いた」っていうフレーバーテキストが表示されるのに、実際は「斬り込み壱」で物理攻撃なんですけど(´・ω・`)っていうののほうが最初は混乱します(僕もチームラ式に染まってきましたから違和感を感じなくなったw)。

しかしデモゲ2では魔法がマジ痛い上に2〜3連発されるのが当然の為と「魔法防御」や「特殊防御」が高くないと敵の魔法やブレスの連射で本当に死んでしまうっていう。
なので、命中が下がるリスクより、敵の魔法やブレスでいちいちひん死になっているNOUKINたちを固くするほうが有効なのです。
恐ろしいことに敵の中にもこちらと同じ「防御無視攻撃」などを繰り出してくる敵がいるので、防御が900でもHPで耐えるしかない場面も結構あるのですが…。

で、スタサーめぐりをしていたら、なんと「オブリスレイヤー+61」を入手してしまいました…。
わからなくて当然でしょうけど、先ほどの防具にも冠されている「オブリ」を「スレイ(ぶっころす)」武器です(´・ω・`)
このゲーム中最高のSTR補正(+9)と、最低の命中補正(−9)を併せ持ち、+0時点の攻撃力が全武器の中で最高の品です。
それがなんと+61!その攻撃力は+0が1098のところ、+61だと1829にもなります。
そしてもちろん「種族:神に特攻」が付いているので、攻撃力は1.5倍にして判定します。

しかも確率で攻撃回数+1になるスキル、敵の防御を無視して攻撃回数を1回増やして攻撃するスキルなどを併用するなら、最初から複数回攻撃で合計ダメージを稼ぐ武器より、こういう単発のほうが強力なのは当然。つまり、ほぼ最強の武器ですよ!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 18:24
その前にも主人公が今握っている「神殺しの斧(オブスレさんのこと?)を実験的に作ってみた」と書かれている「バールアックス+70」という神殺し武器が出てるんですが、片手武器の上、攻撃力は1525(当然、神特攻)なんですよねー。
これもすさまじいのですが、両手武器には「ツーハンドマスター」という、両手武器の与ダメージを120%にするパッシブスキルがありますから、全然攻撃力が違う。

さらに武器だけではありません。
ペガッソちゃんのオブリ一式が、盾→+46へ、胴→+64へ、インナー→+66へ、アクセ(一つ下のシリーズ)→+82へと大強化。
防御力がなんと994にまで達しました(ノ∇`)
ペガッソちゃん、スキルの関係でレベルが2上がる毎に防御力は+1されるのですが、現在94レベルなのであと5レベルでは+2で996ですねえ。
+30のままのオブリ頭でなんとか+31以上を拾いたいものです。

しかし、デモゲスレでお勉強していて皆さんの話を眺めていると、デモンゲイザーを盾にしてペガッソちゃんを外し、ドラ子、カプリ子、スコーピオン(年上ストーカー気質おねいさん)を入れることで攻撃補正が最強になり、おねえさんの持つ「軽い武器でのみ1ターンの集中後に10回連続攻撃できる」スキルが、デモンゲイザーと合体することでデモンゲイザーの武器のまま10回攻撃ができてしまうバグ?が報告されています。
これちょっといいなー。
デモンゲイザー盾はうちのパラメータ割り振りでも特に問題ないし、敵の攻撃を防御せず受け止めても死なない防御を揃えれば盾役も攻撃に参加したほうが強いですからね。

ここでタイトルの回収ですが…。
なにが終焉なのか。掘りでしょうか。

実はですね、デモゲスレ閲覧でとんでもない情報を見つけまして…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 18:25
スターサークル掘りをしていると誰でも装備できるのでどのデモンを入れても出る可能性があるSランクアクセサリー「スターチェーン」というのがありまして、それが「奇跡を起こす代わりに失われる」なんです。
奇跡というのはウィザードリィシリーズの「ハマン」の魔法でして、デモンゲイズシリーズではアイテムを使用しようとすると3つの有利な効果が提示されるので、それを選んで選択できます。
それは試行したキャラごとに8種類からランダムに3種選ばれるので、欲しい効果を出せる子で使用すればいいのです。
これはゲーム中に10個くらいしか入手できない「神の手」のアイテム効果なんです。

デモゲ1ではクリア後に仲間になるデモンがこの「奇跡」を安い消費で連発できましたので、ボス戦はこれありきになっていました。
それを問題視して「入手制限のあるアイテムでのみ使用可能」のはずだったんですが、スターサークル掘りをしていると「竜のウロコ(奇跡を起こせるが消滅してしまう)」「スターチェーン(同様)」がポロポロ落ちてきます。
なので「神の手」は有限ですが、代わりのアイテムはある意味無限なんですよねー。

だから貴重ではあるけど必要なら使ってしまってもいいんです。
奇跡の中には「命中・回避を+30する」「状態異常を完全に防ぐ」「魔法を完全に防ぐ」など、お役立ちの能力がたくさんありますからね。
僕の裏ボス攻略でもこれの「魔法を〜」でなんとか勝てたようなものです。

それがね…この「スターチェーン」だけは、使ってもなくならないんです。
僕んちにも5つも6つもあるので、デマでも構わんと使ってみましたが全然なくならない。
つまり、奇跡は使いたい放題となりました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/26 18:25
この長文の序盤で「命中など後であげれば」「敵の魔法やブレスが痛い」と語っていたのは「奇跡が使えないから」でして…。
うん、無限に使えるならその辺りはどうとでもなるわw

でもこれを知って「うわー2ちゃんなんか見るんじゃなかったぁーーー」とはなりません。
さんざん自力でやりつくした後ですからね。
もしもの為にカバンにいくつか入れておいた「竜のウロコ」をしまい込める分、カバンに空きができてハッピーですよ。
それに、強い武器と強い防具を探す旅はまだもう少し…続きますからね。

カタナ装備の主人公が持てる最強のカタナ「神村正」を残してあるのはそのためです(普通に出ないともいう)。
今はもう少しオブリ防具の+31以上掘りを進めるかなー。
ランサーのカプリ子ちゃんの最強武器「ヴァルキリアスU」も4本くらいあるけど、まだ+31以上が出てないので、そろそろポロっときてほしいものです。
その前に片手用最強武器「リーアリスピア」は+67が出てペガッソちゃんが握って反撃に突き立ててるっていうね。
ペガッソちゃんがあと兜だけ+31以上でれば完全完成だなぁ。
それらをそろえる過程で「神の両腕」が出てくれればハッピーラッキーなのだけど。

なんだかんだでデモゲ2のハクスラにはまってます。
この掘り部分は前作より確実にいいかなー。前作はひたすら固定湧きのボスラッシュでしか最高アイテム掘れなかったし。
こちらは「あ…この編成で2名しかいないのにこの敵は…死人が出るぞ…」っていう組み合わせがあって油断できない。
まだ5人で戦えるボス戦の方がましだわwっていうのがあるのでハラハラするし、すごいのが出た時にウヒョーってなるのもいい。

まだまだハクスラは終わらないっ。
■雑談■@kurotama
2016/11/26 18:26
■22時からだったのか(;´ρ`)@雑談。
・すいませんなんか急になってしまって。

【告知】徒花さんを倒すついでにPSO2の話でもしましょうツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/26(土)22時からの「徒花」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
はい、というわけでEP4最終ボス?マザーも来てしまうということでそろそろ旬が本格的に終了する「徒花」戦を身内でやってみませんか。
いつもの日曜日にやるのではなく土曜日の上に告知時間もアレなので、申し訳ないんですが…。

いちおう22:00分頃からヒノモリ観光のチームルームでお待ちしておりますー。
徒花はARKS3になってから挑む形になります。

23時からと勘違いしてたので激しくぎりぎりの告知となりますが、よろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/11/26 20:58
■ネッキー熱再燃@PSO2の話。
・なんか称号を眺めていたら「ネッキー緊急30回参加でガバス200枚あげる」というのがあったので、ネッキーに積極的に参加しています。
ガバスはもう1500枚くらいあるんですが、これを使ってがむしゃらパフェをたくさんもらっておきたいところ。
PP消費は25%上がってしまいますが、威力は10%上昇するので、マロンにセットするのは最適と言えるパフェです(シールドもストライクも消費は低い)。
それに、今度実装のドラゴンちゃんは結構好みなので、PP燃費がいい子ならこいつをセットするのも面白いでしょうからね。
主人の元から離れないサリィタイプのようだったから、きあい(+8%)とがむしゃら(+10%)かなあ。

というわけでまたRaで参加してるのですが…。
そこそこに動けるようになったし、同じクラスの人と仕事がかぶる以外はどんな編成でも対して自分の動きは変わらないので、紫塔を中心に石集めをしながら、戦闘機、壁、エクソーダが出る時は要所に付くという仕事をしながら、ウォクラ漏れで塔に迫る敵にけん制でグラボムを投げつけておくお仕事です。
ウォクラと防衛の敵の仕様上、敵はまず塔近辺まで移動してからヘイト最高値の相手に向かうようなので、多くは引き返してくれるんですよ。
だけどたまにガチのウォクラ漏れで塔に張り付かれるのでそれにグラボム→ジャンプ通常→JAスフィアイレイザーでンミーッと焼き払います。
あんなにショボい弱いと言われてたスフィアがこんなに頼りになるなんて!
(ネッキーは敵耐久力が全体に低めなんです)

Raは色々観察できるのと先制を取れば攻撃や仕掛けを置いておける為、慣れれば慣れるほど貢献度(ポイントの高い低いではなく)が高くなる意味で面白いです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 04:22
逆に敵が周囲全体に散った乱戦ではどこから手を付けていいのか戸惑うことも。
そのへん得意不得意が出ていてまあ悪くないんじゃないでしょうかね。

そういうシーンでもコスモスブレイカーがかなり役立っちゃうっていうのは、ほんと良くなったよなー。
それとディバインランチャー零式なんかは、塔に撃ちこんで防壁にもできるから楽しい。
幸いなのは、エキスパートブロックなら多少荒れてもクリアはできるっていうこと。
こちらはクリア回数とコレクトファイルを貯めに来てるので、ボスエネミーを逃してもいいからクリアだけはして頂きたい。

グランゾは最後のビームを打つまでの間結構スキがあるので、そこに合わせて頑張って攻撃をすればわりと倒せるんですね。
粒子砲をその足を止めた所に重ねる人も増えてきた感じですし、ここをクリアできるのが強いなー。

そして新独極をやったあとではネッキーの敵もなんだか弱く見えます(⊃д⊂)
パニック・スタン・バインドの嵐だからなー。

…。

■わかったわかった、本気でやればいいんでしょ@PSO2の話。
・新独極が何がいやかって状態異常がすごく多いのがいやなんです。
でも今状態異常完封リングはバーンとフリーズのみ。だけど時限インストールにはいくつか「完全無効化」ができるものがあるようなのです。
そいつを作るしかない…。

で一番困るのはハギフェムさんのスタン3WAY弾。
Sロール中の無敵時に体当たりすることで消すこともできますが、すっげーうざい。
しかしスタンだけはどんな手段でも防げないようになってるぽいのでここはあきらめます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 04:23
じゃあ次はといえばラプ魔のバインド弾。
SロールやPAで無理やり移動はできるのですが、なぜかフロントSロールは封印されてしまうので(別スキルってことのようですね)こいつもいやだ。でも防ぐことは無理っぽいのでよけないやつが悪い。KUSOGA。

じゃあ…次はというと、グリュゾ(アムチのクォーツ)さんのパニック。
ビーム系のパニック率は物凄く高く、体感では6割がたパニくります。これが固有アンティの武器を持ち込んだとしても武器チェンジからの25PPとか消費ですからすごくいやだ。
これはでも防げますよ!じゃあそいつが確実に作れる日は…毎月6日!(ちなみに27日の13時からフリーズ無効化の日です)
くそう!

しょうがないのでクラフター検索です…。
最終ログイン日がわからないので引退してるかもしれないので不安なんですが…。
独極の件に関して書いてる人なら土日に一回くらいはインするだろ多分…ということで探してみますが、パニック無効をつけてくれる方はおりませんでした。
しょうがないのでHP自動回復+HP大盛りのを作ってくださってる方に依頼してきました。
こいつもなかなかすごそうですね。
10秒ごとに最大HPの1%回復、かぁ…。3か所セットするので、2分につきモノメ1個分オトク、ですかね。
まあ今はパラメータを少しでも上げたいですから。

今ちょっとお金がいい感じで余っているし、自分用にパニック・フリーズ・ショックを無効化するエクストリーム用時限インストをこの際作っちゃおう。
Gu的には動きを邪魔されるのが一番嫌だし。

パニックは毎月6日、フリーズは毎月27日、ショックは毎月4日ですか。
わりと早く揃いそうで何よりです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 04:24
時限インストールは何気に結構楽しいシステムだから好きですね。
攻略エリア特化って感じがするし、新たな緊急はがっつり2週間やるようなゲームなので、その間だけ攻撃力やHPを伸ばす意味でもおいしい。

■300万人突破記念第二弾!@バトガの話。
・うう、もっとバトガのことを書きたいのに、時間さえあれば新独極を攻めたい気持ちで一杯なだけになかなか時間が取れません。
定期的にネッキーでそっちに取られるわ家事はしないとだわで、ほんと休日ってお昼まで寝てていいことくらいしかウリがないぞう…。
デモゲ2もさわってるヒマないのよなぁ…むぎぎ。

で、バトガですが、またまたガチャチケットを配布してくれまして、おそらくこれ、メイド前半とメイド後半が確定なしで一回引ける券ですね…。
★2の体操服引換券だとは思いますが、前半後半合わせて遥香っちゃん1枚しか引いてませんから、★4なら誰が来ても嬉しい…。

(ここまで引く前に書きました)





はいはずれー(ノ∇`)
★3れんげ先パイと★3うららちゃんのアクマコンビが来てくれました!
★2じゃないからアタリじゃないかとか思えもしないw

まあコロプラのご厚意なんで当たらなくて当たり前、当たったら超ラッキーだっただけのことですからNE。
遥香っちゃんが居てくれればそれで良い(強がり)。
■雑談■@kurotama
2016/11/27 04:24
■はぁはぁ、殺ってやりました!@PSO2の話。
・何とかGu/Huで2回めクリア(ヽ´ω`)ゲッソリ
メイトはまあ切れ気味だったんですが、グリュゾラ以降はタイマンが続くのでプリメラ・フィオーレ様でHPを回復しつつ持久戦です。
10分持たせればパティエンティアマグがメイトも産んでくれますしね。
で、アンガさんは旧独極ほど華麗に攻めさせてくれません。バリアを張られると一撃120ずつHPを削られるからです。
ソードの一撃もTMGのショボイ1ヒットも等しく120ダメージなので、ここでもGuは虐げられていますね(´・ω・`)

ちょっとイラっとしたので、わかったわかった、じゃあこっちも逃げ回ってスキルHP全快になってからフル攻撃叩き込んでまた逃げるからな?と黒玉さん持久戦の構えです。

それでチェインのクールタイムがあけたら襲いかかり、HPが減ったら回復阻害下でも満タンになるまで地味に回復し、クールタイムがあけたら…と繰り返してアンガさん撃破。
犬アンガさんは正直雑魚いので、大事を取ってHP満タンスタイルで地味に回復し、上から攻めて堅実に勝負です。
コアが柔らかいのでちょっとずつ壊していくと良い感じ。最後のコアはチェイントリガーが回復してるのを見越して(できれば発動しておいて、猶予期間30秒ぎりぎりまで粘って発動することで、チェインが終わったらクールタイムが20秒くらいになっているというのまで駆使して)襲いかかり、危なげなく勝利。
正直、グリュゾラさんをかわしながらハギフェムさんをぶっ殺す(すいません今は心がやさぐれているんです)とこまでが本番ですね。
華麗に攻めるとかはなく、壁に追い詰めて死ぬまでチェインデッドで体当たりしまくったりしてます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 05:49
グリュゾラさんはわりとスキが多く、大技に安全地帯まで用意してくれる紳士なので、いつでもどこでもスタン弾をバラまく下品なハギフェムさんとは大違い(のカモです)。
まだ手玉に取るまではいきませんが、ハギフェムさんを始末したら後はなんとでもなるなー(時間はかかるけど)。

結局終わってみれば30分かかり(Sランクボーダーは12分)、Guマテリアルはトラブ100まで突っ込んだのに10個でした。
あと32個取るまで3回くらいここにくることになるのかなー。

リングをレベル20にする時に旧独極のステッカーが必要とのことなので、そのままの流れで旧独極に。
今はちょっと黒玉さんの心が荒んでいるので、お酒が入っていることもあり「テキハ コロス ゼンブ コロス」とキラーマシーンのような感じで何の苦労もなく敵を殲滅してステッカーをもいできました(´・ω・`)

旧独極の難易度が10とすると、新独極の難易度が30くらいあるんだけど(Gu/Huにとっては)。
新独極は時間との闘いなので、とにかくもう最大のダメージ効率技「チェインからのデッドアプローチ連打」を繰り返すしかない展開がいくつかあって一切余裕がないんですよ。
逆に旧独極はチェインエルダーやチェインインフィ零でカタがついてしまう。
その点でまるっきり余裕ってことですよね…。

ハギフェムがワープでロックを外すのがものすごく嫌なんだよなあ。
範囲攻撃でもろともに攻撃できるHuとかはそこらへん楽なので羨ましい。

まあGuマテリアルが合計50貯まるまでは頑張ります(´・ω・`)ゞ
■雑談■@kurotama
2016/11/27 05:50
・ふうふう、今週は何気にPSO2もやることが多くて、「この子(リング)には栄養(経験値のこと)が要るんです!」という感じです。
今回追加の「L/ジャンピングドッジ」は地上からのみ・ジャンプエリアルより高度が低い・レベル1ではクールタイム100秒(育ちきれば5秒)と、ちょっと微妙ではあるんですが…。
AISみたいにクールタイム1秒くらいでガツンガツン高度上限まで登れると思ってたからね。
まあエリアルシューティング付きのTMGはないから…と思ってswikiで調べて見たら…、なんかありました!
★11ベルトガバルタです。
なんだ、この前ネッキー実装時に「レイジングワルツが使えるコールメイナーが便利」というので、持たせておいたけど使ってなかったのを売ってお金を稼いだんですが、このベルトガバルタなら20分の1のお値段じゃん。
まあジャンプエリアル+3回くらい?はやらないとなので、消費PPは50くらいかかる上に、壁に向かって背を向けてやらないと最後Sロールで超えられないとかだけど…。
うちはRaで行くんでそんなことするくらいなら壁壊しますけどねw

つまりこれ、ジャンピングドッジはそこまで重要ってほどでもないなー。

回避しながら上空へ移動して云々というコンセプトの「スターリングフォール」が本当に「なかったこと」にされてる感じなことからもわかりますよね。ヘブンリーカイトで十分です。
Boはやはり近接なのでヘブンリー2回以上の高空に行ってもそうメリットはないし、宙に浮いたクロームの追撃とかならそれこそカイトのほうがいいしねえ。

でも最近は「落ち目も極まるとバランス調整枠になり、零式案件になって大活躍できる」という感じですから、Dブレードの次のテコ入れは確実にこっちでしょうね。
来年あたりにはGu零式実装されるかもしれないね(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 22:26
ジャスティスクロウはパレットに空きがあれば入れたいくらいには使えますからね。
肩越しで狙った所に飛ばせれば最高にジャスティスだったのに。

なのでスターリングさんにはぜひ零式手術で魔改造されて頂いて、失笑ものだったみにくいアヒルから、Fiのお手軽さを一段引き上げた美しい白鳥へと生まれ変わったデッドリーサークルちゃんみたいになって欲しい。
ちょうたくさんのフォトンブレードを纏いながらちょう長距離のロック位置までちょう速度で飛んで行って(その間無敵)体当たりと一緒にそのフォトンブレードも全部ザザザザスって当たるようなのでいいですよ。

で、時限インストの「フリーズ無効化」DAYだった今日、やってみたんです。
全エクストリームで効果がある「エクストリーム1」カテゴリーは、実装当時は貴重品だったであろうエクスキューブx2と45000メセタです。
これならラクショーだね^^と開始してみるのですが、クラフト屋さんで見ていた「追加効果にHP+30」が全然つかない。
エクストリーム1のサブ効果はそもそもHP50・55・60の3段階しかないので、吟味せずとも良い結果が出るのですが、さらに追加効果でHP+30や!というのが付けたいじゃないですか。

パニック無効化を出してる方は現状シップ4にはいらっしゃらないようなので(リストに抱えてる可能性はあるけど)、ちょっと気合いいれちゃおうかしらとどんどんやってみたんですが…。120万ほど減ってるのを見てぞっとして「HP+60」だけで逃げることにしました(ノ∇`)
「大成功」が出た時に追加効果もつく可能性があるとのことですが、うちは時限インストレベルがまだ低いせいか、何回か大成功したけど追加効果HP+30はでなかったなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 22:26
でも来週の12/6までには「ショック無効」「パニック無効」も揃うので(リングでフリーズ無効もつけられるし)、新独極で状態変化に悩まされるのも来週でおさらばで御座います。
まあそれでもスタンとバインドとはつきあわないとだけどね。
バインドっていうのがRaとFiのスキルでしか起こせないせいか、防御手段がわりとない感じですよねー。
スタンは旧PSOでいう「避けられないと即死」の代わりなんでしょうね。
スタンよりも凶悪(レバガチャしても規定時間まで絶対に解けない)だったフリーズは早々に対抗リングが出たのになー。

まあそんなわけで、独極を装備開発者目線から攻略してやるのコーナーは順調に第一項目を達成できたのでしたヽ(´ー`)ノ
僕自身も忘れてましたけど、アルト所長はスタート時、自分が戦えないので資金調達やマネジメント、装備の作成やメンテナンスを一手に引き受けてる設定だったのでした。

■今秋ってもう終わりかけだよね?@雑談。
・おかしいな。8月の最初にβテストがあって、僕は参加できなかった「オブシディアンレガシー」の続報が一切聞こえてこない。
秋にはスタートと聞いてたんですが。
この名前で検索するとベータテスターさんのレビューとかが読めるのですが、いい評価を書いている人がいないww
記事として取り上げて文を書く手間を費やしてくれる愛がありながら褒める所が見当たらない、のかぁ。

僕ね、新生シャイニングフォースシリーズは、今はやりのギャル絵師が描いてるシリーズの第一弾をプレイしまして、そのあまりに壮絶なクソゲっぷりに絶望したんですよ(立ち絵が綺麗なだけっていう)。
そっちはそのまま続いて行って、携帯機になってからは大分面白そうにはなっていたのでまあいいんですけど、歴史に埋もれた方の新生シャイニングシリーズがありまして…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 22:41
それが「シャイニングフォース・ネオ」です。
これはネバーランドカンパニーという超異能エリート集団が作ったドリームキャストの隠れた名作「ロードス島戦記」の流れを組む「和製DIABLO」でして、MO黎明期を支えた名作を日本でも作りましょう(ただしオフライン)的な作品です。
ええ、ロードス島戦記もシャイニングフォースもガワとして利用されただけですねw
だがそれだけに素晴らしい。

オフラインとはいうものの、プレイ感、ハクスラ具合がすごくよかった。
敵もめちゃくちゃわらわら出てくるし、やり込みコンテンツの「モンスター巣」は各地にあり、ちょっと敵の強さが強い所にいくと、敵の攻撃が触れただけで最大HPの100倍以上のダメージを食らって即死したりとか当たり前ですからね。
でも死ぬ気で生き残れば得られるリターンは大きい(リスクが大きすぎてまだ勝てんわwwとなることも多い)。

続編の「イクサ」はダブル主人公制にしたせいかイマイチ受けず、このシリーズは2作品で終了となってしまいましたが(ネバーランドカンパニーが倒産したのもあると思うし)、まあそこそこ面白かったです。

どちらもストーリーや世界観の描写はすっげー雰囲気でふわっといかせて、キャラと背景描く人だけが頑張ってるダメなゲームなんですが、多分作り手もプレイヤーも「面白い見下ろし型ハクスラアクションゲームやりたいやろ?」しか考えてない。

そしてそれで面白いっていうね。
ちなみに僕はネオでは魔法使いであり、装備を極める楽しさは頭打ちがあるクラスだったので掘りは控えめで済みました。
イクサは魔法使いのバランスブレイカーな(死体を操る系魔法とか範囲爆発魔法とか)部分を制限されてしまって深い悲しみに包まれたものです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/27 22:42
オブシディアンレガシーに期待してたのは正直そこなんですけど…、レビュー見てるとどうもそうはなれなかった模様ですねえ。
DMMゲームスと言えば先日「開始2日めに長時間メンテに入ってそのままサービス終了」という伝説を作ってくれました。

コストを下げるために海外のを取り入れるのはいいんですが、日本人ほど勤勉じゃあないからねえ。
契約と違ったら仕事放り出して抜けるとか当たり前だし、失踪したら日本からでは連絡も取れないしでリスクが高すぎる。
ひまつぶしでチョチョっとやって特にやり込む気もねえわwwっていうスタンスのひとにはそれも「イベントの一部」として面白いんでしょうけど、僕は「きちんとやり込めるゲーム」がいいな。どうせ時間使うのなら。

PSO2は…。マイキャラちゃんかわいいがあるからねえ。
あと最近はわりといい気もします。次のエピソードでまた地球だったらどうしようかなって思うけど。
ストーリー見た人はわかるけど、これでここのエピソードはおしまいでーすって一切描かれなくなったハルコタンと違って、今後もちょいちょい関わっていく感がでててすっげー不安です。

【終了】徒花さんを倒すついでにPSO2の話でもしましょうツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【パス】hino
はい、今回はこちらの事情で告知から集合時間までが短くなってしまっていて申し訳ありませんでした。
23時だと思ってたんですよねー…。

というわけでハツネビーストさん、Nierさんと3名で徒花に挑戦してきました!
なかなかに厳しい戦いでしたが、双子戦を15分で終えられたのはなかなか良かったと思います!
後半の方が追い回さないから楽かもとか言ってたんですが、結構厳しかったですw

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/27 22:43
やっぱりビット破壊はオーバーエンドやスピードレインなどの広範囲にダメージを一気に与える系があると変わりますよねー。

徒花中にGorgorthさんが来てくださり、終了後のロビーでの雑談ではヴィクターさんも来てくださいまして、仕込んだネタを披露してくださいました^^

…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qTnU0clhjVDJZY3M
SSとテキストを一緒にした新しい紹介スタイル。
網タイツの実装が漢たちの創作意欲を増大させた結果こんなことになった模様w

というわけで、ひさしぶりに、緊急→なにやら雑談など→緊急が来たのでわーっと参加して時間もおそいので解散という喫茶本来のダラっとした流れが味わえましたねヽ(´ー`)ノ

緊急はやっぱりランダム枠で「あっこの今のメンバーで行ってみましょうか」っていうのが楽しいような気もするけどなー。

いつから僕たちは予定表とコレクトファイルの上がり幅を気にするようになってしまったんだろうか

とかポエムってみます。
こういうポエムを自作品の中で展開できる人ってすげえなー。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/27 22:43
「BLEACH」とかは茶化す気で読むより、入り込んで読むととってもいい感じです。
良く考えたら主人公ここ数か月で「なん…だと…」くらいしか言ってないよねとかそういうの気にならない。
チャドさん毎度すげー特訓して超人揃いの敵地に決死の潜入するとこ、鍛えた力で格上に一矢報いるとこまでとか鬼カッコイイのに、結果でみたら全話通して一回も活躍してない可能性すらあるのとかも気にならない(もっともこの作品は9割のキャラが結果としては場を賑やかすだけで終わり、主人公が1人で全部ぶっ倒す漫画です。ちょっと「バキ」っぽいけどあっちのほうがケレン味は上かも)。

そして最初は狂人枠でしかなく、実際あるキャラクターの一族をミンチになるまで研究し尽くしたキチ○イのマユリ様が「あれ、この人が一番ブレないし冷静に戦況見てるのに一番自分の趣味だけで動いてない?おもしれカッコいいw」って幻覚も見えてこないので精神にもいい。

あ、ポエムのせいで話がズレましたけど、やっぱりマルぐる系緊急のほうがいい感じがしますね。
ネッキーみたいな12人推奨コンテンツだと、エキスパートブロックの仕様とあいまって少人数の集まりではただ厳しいだけになってしまう。

来週の12/7からはまた「メリークリスマス緊急」が来るので、みなさんで気楽にプレイできそうですよう。
今回はいつも日曜のを土曜にずらした上に時間も急で迷惑をかけてしまい、すいませんでした!

またよろしくおねがいしますー!
来てくださった方はおつかれさまでした!
■終了■@kurotama
2016/11/27 22:43
■ 魔神 の 復活 した 日 @雑談。
・おお…「コードギアス」が10周年記念イベントで「復活」を宣言したようです。
もちろん主人公は「ルルーシュ」。TV本編で「公式には死んだこととなっている」ものの、どちらとも取れる内容になっていて、ファンの人たちは散々ギロンをぶつけ合い、結果的には「どっちもあっていい」という製作者さんが終了直後に言った言葉の通りで終息したはず。

まあ僕は「生きてる」派ですけど、あれは死ぬことで目的を果たしたわけで生きてたら意味ネーじゃんという人の意見もわかる。
しかし作中に「死にたくても死ねない」存在がいまして(ヒロインと一部キャラ)、物語の最終話は「Re;」で終わっていて、製作者さんは「第一話に実はすべての答えが描かれています」のようなヒントが出されていました。

これはまあ、本格的に考察してる方々にはかないませんが「せかいいちのあくとうになった上で次代のヒーローにあえて討たれ、憎しみの連鎖を断ち切る」として自らを殺す計画自体は本当に行ったのだけど、死んだあとに死ねない子になってしまっていた(同様の父からコードという力の源を奪った為、死ねないヒロインと同格になってしまった可能性)ので、「死んだけど生きている」状態になっている。

よくある「○○(役職名)としてのおまえは死んだ」に近いのですが、この場合は少々ファンタジー感のある理由で「死ななかった」となる。
しかしそれをアリにすると、今度はアレコレ合って最後に忠臣となった男がヒーロー役をわざとらしく逃した際のニヤリという口元、主人公が死んだ後は農園で穏やかな暮らしを営んでいる様など「わかっててやった」というのが通らなくなる。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/28 01:43
そう考えると「人間として死ねば力が発動してヒロインと同じように不死になる」ことはわかっていてみんなの前で死んで見せたというのが一番可能性があるんですよね。
しかし、ヒロインはもう100年以上、いや、500年は生きているかもな子なんですが死ねない孤独がいやで、どこか連れ添いを求めるような所も見せていました。
それに第一話で「魔神の力はおまえを孤独にする」という言葉の通り、幼なじみを、恋人になるかもしれなかった子を、家族を、親友をいろんな形で失い、最後はヒロインとふたりぼっちで永遠をさ迷うわけです。
さらに終盤のわかりづらい展開で「時間も空間もすべてを内包する」みたいな、そういうのもありましたからね。
悪く言えば作り手の料理次第でどうとでもなるようになっていたわけです。

しかし「死んでないとしっくりこない派」というのは頑なでして、この「死んだけど死ななかった」説も全部認めずにいる方も多く見受けられますね。
50話もルルーシュを見て来てあいつがそんなにきれいごとでポエミィに「ぼくがしねばせかいはへいわになるんだよ…」ってただ死ぬわけないだろwと、僕は思うんですが…w

無駄なこだわりと意外なめだちたがりあり、立ち居振る舞いもおおげさで、これは脚本家(例の大河内さんです(´・ω・`))のクセかもですが、何かというと土台を崩して混乱を狙う派手な仕掛け好きで、知恵は働き、人の思考を読んで操るのも容易にこなすけれど、若さと賢さのせいで情の理解が少し苦手で、だからいつもそこを突かれて計画が歪み、体力は女の子よりないっていう…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/28 01:43
なんかどこか憎めない悪党っぷりも彼の魅力ですからね。
得意気に高笑いしていたらどっかで邪魔が入り「なんだと!?」ってなるとこまでがセットくらいの感じで。

その彼がはたしておとなしく世界の犠牲になるのかなぁ。
「彼は理想の為に死んだんだYO!」という派とそれらを敵視する「その他派」があーでもないこーでもないと言い争ってるのを「傍観者になったほうが楽しいとは思わないか?」とかいつもの悪党の微笑みを浮かべて見てる気がする。

そんな彼が「主役」と明言されて、新シリーズ「復活のルルーシュ」が開始だそうですよ!
ちょっとテンションあがってきました!ガンダムTVシリーズ開始と同じくらいに!

谷口監督作品と言えばいつのまにか「スクライド」から「コードギアス」に変わった気もしますけど、なんやかんやで楽しみです!
(アクティブレイド1期・2期をHDDに貯めこみながら)

なんか「夜の部でもサプライズで発表するから、ネットとかに情報流さないでね」って固く言われていたのに、終了後に即ツイッターに流れており、夜の部組と運営サイドはがっかりしてたみたいですね。
大手まとめサイトが拾い上げたことで夜の部を待たずして広まってしまったみたいですし。

ツイッターはなんだ、あまりよくないよなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/11/28 01:45
■夢(HP)がMORIMORI@PSO2の話。
・エリートクラフターさんに依頼してできた3か所合計HP200越えの時限インストール。
さらにGuの攻撃力これ以上下げてどうすんの?と、普段は決して選ばない「サブHuのHP盛りツリー」まで入れて(JA攻撃力が17%も下がる為)、HP2000越えでGu/Huで独極に挑みました。
ここで武器もHP盛りのアウラにすればいいのですが、アウラとオフスでは一発一発の威力が本当に1000〜1500違うので武器はオフスのままです。
というか、ギクスに攻撃力で負けているオフスですが、乱戦でダメージを常に受け続けても必ず12%アップは大変頼りになる。

そういう耐久力と攻撃力を兼ね備えたセットで挑みましたが、結果から言うと時間はこれまでと同じくらい(30分)かかりましたが、内容は余裕でした。
慣れによってEP4エネミーを手玉に取れるようになってきたのが大きい。
喰らっても平気な攻撃と、ヤバイ攻撃を見極めて、Gu/Huらしく「ゴリ押し気味でガッツンガッツン攻める」スタイルでいけばいいんでした。
HPが高いので「メイトを節約するためにプリメラ様でこまめに回復」を駆使して、時間度外視で堅実に攻めます。
時限インストールの「HP自動回復」はHP2000で7秒ごとに20だったので、3か所に積んでるなら本当なら3%の60回復しなくてはいけないはずなので、重複してない気がするのですが…。
swikiでは「重複する」ってなってるのにねー。

取りあえずHPが余裕あるので全体的に「多少もらってもプリメラ様で回復」を心がけ、パティエンティアマグにメイトを産んでもらいながらなら僕の腕でも安定でクリアできそうです。
終わってみたら取りあえずトリメイトは残すことができたので、多少慣れてきた感じかなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/28 20:16
TMGはステージ9で耐性上げ候補になってるため、ステージ8の「背後から9体倒せ」ミッションをこなさないといけないのが辛すぎる。
いちおう「ユリウス・ニフタ(重力のやつ)」で敵をひとまとめにしてから群れに向かってシフピリやデッドで始末すれば、大抵4体くらい背後で始末できるので(運が悪いと1体とかだけど)、残りはラプ魔の呼ぶ目玉をちょいちょい潰していくしかないかなー。
9体達成したら後は好き勝手に暴れてる女神風の石とか象とかを始末すればいいだけです。

ステージ9ではHu(ソード・パルチ)・Fi(ダガー・ダブセ)・Br(カタナ)・Bo(ブーツ)は耐性上昇も下降もないのでステージ8のミッションを無視してもいいのはうらやましいなぁ。
Raもステージ8をまじめにやらないとステージ9でランチャーを封印されるので、ライフルで素早く戦車x2を始末しろみたいな感じでわりと厳しいみたいですね。

その上ステージ10でも有効武器は「ガンスラ・ライフル」となってる為、とにかくGuはキツいって印象ですね(;´ρ`)
Gu/Raならともかく、Gu/Huがパラスラ零で戦うのは厳しい気がするなー。

最終ステージ10だけレアブ+トラブを使ってGuマテリアルをあと25個くらいゲットしなくてはいけませんから、水曜以降にもう一回挑んでGuの挑戦は終われそうなのは幸い。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/28 20:17
■これがハズレIDの力だ(ドン!)@PSO2の話。
・先日深夜2時のネッキーにでたら、クリア箱から★13がドロップしました。
やだ…まさかアタイにもガンスラきちゃった? とトキメいたのですが、待っていたのは「トキメいて死ね」という結果でした(´・ω・`)
Raのクラス補正が効いたのか、ライフルでしたねー(ヽ´ω`)

ちょうど1回前のネッキーですでに3本めをゲットしていたため、まるっきり無駄ドロップとなってしまいましたw
防衛のオービットは「エリアドロップ」扱いなのかラムブラさんをカバンに入れていてもSWにならずに出てきます。

なので、今回落ちたオービットライフルはオーバーリミットは33まで解放されていますが、属性はなんと25しかない。
上限が属性60ドロップであろうと、下限引き上げがされてないなら一緒なんだが?(#^ω^)ピキピキ

とりあえずこれも運営に苦情出しておこう…。
とりあえずなんだかんだでアリーシャちゃんにオービットブーツ属性60をプレゼントしたい為、結局こちらも4周もするハメに。
ライフルも直ドロしてくれたおかげで、+35一本はリリカに(未だにファイアーアームズクラフト装備)、残った属性20はアメリアちゃんのPP回復用に使うことにしましょうヽ(´ー`)ノ
ネッキーもクリア率(ランクは問わず)は100%に近づいてきてるから、これまでの防衛と同じ感じで楽しめるかなー。
エクソーダがあれだけ出現するのに伸び率が悪く、終焉をセットにしないとダメなのが難点ですよね。
わりといいコレクト具合だっただけに残念。
■雑談■@kurotama
2016/11/28 20:17
■野良怖い(⊃д⊂)@PSO2の話。
・ネッキー緊急30回クリアを目指して再燃してたネッキーチャレンジ。ようやく30回クリアを達成しました。
あとはエクソーダを50%だから、終焉でもいいわけです。

今回はログインが20分前だったのでエキスパートブロックの30という所でやることになったんですが…。
1周めは88%残しでクリア、2周めはなんと100%でクリアできてしまいました。なんなの?

特にひどいのが2周めで、通常の野良で必要なフォロー気味の動きがね、みんないらないんですよ(´・ω・`)

・敵が漏れてくるかと思って塔前グラボム待機→漏れたのが全部ラフォで焼かれたw

とか

・戦闘機が出るウェーブだったよね→出た瞬間に破壊されてるんだけど…。

とか

・壁破壊と言えばRaだぜー!→wb張り替えられて「はい?」と思ってたら交差部分に貼ってサテライトカノンのいわゆる「2枚ぬき」をしてた…。初めて見た(⊃д⊂)

とか

・グランゾを釣って中盤に固定したら狂暴なNOUKIN共に引き継いで壁を壊すぜー!→壁は即破壊、引継ぎは終わったので粒子砲用意しようとしたらグランゾさん轟沈で( ゚д゚)ポカーン

・ディアボさんさっさと始末されて雑魚の方が残った。

とか…。

恐ろしい速度で終わりました。
普段の野良なら大体2400くらい稼いで「○○のヒーロー」みたいな称号なんですが、その回はたった1600しか稼げず「結晶コレクター」でしたね…。
普段と動きも変えてないのですが、仕事は全部僕より上のプレイヤーさんに先にこなされてしまっていて無力感がひどかったw
サボってるわけじゃないけど上手い人たちの中にまぎれるとこんなになっちゃうのねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:29
FoさんはFoさんで貢献度狙いの敵張り付き君のFoはいまいち役に立たない感があるのですが、これまでの所でも「何度も死亡アイコン出してるものの、総計で見れば敵をめちゃくちゃ多く倒している」ような人も見かけましたし、必ずしもダメってわけじゃないんだろうなあ。
後は大ダメージを吐きだすといえばやはりBrさんかねえ。
グランゾ・ディアボの死にっぷりが笑えるほど早かったのでなんだったんだろう、フォメルギオン5人掛けとか(Foさん5名いた)、戦闘機の時に華麗にバニボマで50万とか出してたBrさんでしょうか。

いやはや、恐ろしい体験でした…(;´ρ`)
あそこまで笑えるほど自分が役立たず感で圧倒されるのは面白かったw
ほんと、真面目にやってたんだけどなー。
よかったの開幕アンジャさん潰しただけじゃん(トドメは別の方でしたけど)。

あ、★13は別に出ませんでした(´・ω・`)

■ラブの嵐も起きず、妖精は旅立った@雑談。
・「ラブラッシュ」も「レッドスプライト」も終わってしまいました。

ラブラッシュは、山本先生の読み切りからすればすさまじい上達を遂げられていますが、今のジャンプは美少女描きで名を馳せた方が漫画家に転向してブイブイ言わせていますからどうにも力足らずに見えてしまうのが痛かった。
先日の「ニセコイ」だって、女子のかわいさでは群を抜いていたからこその人気だったわけですしね。

後はやっぱり山本先生が「真面目にキャラを愛しすぎてかわいそうな目にあわせられないよう」がある気がします。
だからキャラのド不幸や冷や汗が出るような深刻なピンチを作って注目を集められない。
それがバトルものなら主人公に壮絶なケガを負わせて覚悟を描くこともできたりするんですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:30
優しい作者さんがただ優しい世界を描いて認められるっていうのはどこの雑誌なのかなぁー…。
ジャンプにだって他にも優しい視点の作家さんはいますけど、どこかで物語の為に非情になってたりはした上で、なんですよね。

以前紹介したジャンプ+の「食べかけ福音計画」も、甘ったるい世界なんですけど「無理解無関心な一般人たちの好奇の目にさらされる」とか「悪魔の血を引いているな?殺す。という、頭の固いキチガイエクソシストに絡まれていつ始末されるかわからない」ような不安要素があるからこそ主人公は体を鍛えてムキムキになってヒロインを守ろうとしたのに、なぜかいつも甘い感じになって上手くいってるだけのこと。

「モンスター娘のいる日常」でも第一話から「異種族への偏見と社会の好奇の目」とか「習性の違いでつきあう人間の身近に死がた〜くさんある(ヘビ娘の寝相で体中の骨をボキボキにされそうになったりする)」「食費がかかりすぎて死にそう(後に国が経費で持ってくれることが判明したものの、主人公くんが一日中彼女たちのメシを好みに合わせて作り続けることに変わりはない)」と…。

一時期流行った「外国人ダンナ」「外国人嫁」と暮らす苦労や楽しさを描くエッセイの漫画版みたいな感じなんですよね。
社会を描き、文化の違いを描き、習性・習慣の違いを描き…、それでも人間としてわかりあえるのってイイよね!という。

ラブラッシュはそれができていたかというと、残念ながらまるっきりなかった。
そういうのんびりした展開をジャンプは許さないというのもあったでしょうけど…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:30
「突然現れた女の子のモーレツな感じに振り回されるボク」というのをやるには、おしかけヒロインのロココがいい子でものわかりがよすぎたし、幼なじみヒロインが始まってすぐ告白されて「親愛と恋愛の差ってなに?」ってなるのも早すぎた。
その時点でもう終わりまでわかっちゃってたものね。

まだ2回めの連載失敗だから、山本先生にはもうひと頑張りして欲しい。
ロボっ娘とかモン娘とか変なジャンルにいかずに生身の人間同士でもいけそうな気がするけど、奇をてらうフックがないと連載にならないんだろうなー…。
耳がついてる、羽が生えてるだけのコスプレめいた異種族なのは残念すぎる。

「モン娘」のほうなんか、ガチで異種族なので、ある意味グロいもの。
クモの女子なんて「どうせ私の上半身(美しい人間体)だけ見てて、下半身(まんま巨大クモ)のグロテスクさにドン引きするんでしょ」とやさぐれてたし。
何より描いてる人が趣味なのか楽しんでるのか、異種族系女子と人間の差を生き生きと描写してるんよね。
正直HENTAIなんですが、人に伝えたい想いを絵と物語で送り出すのが漫画家とすると、大変正しい。

僕はモン娘にはあまり興味ないのですが、アニメを見て原作読んだら想像以上に真面目にシミュレートされた世界観で、描かれない所でさまざまな軋轢が起こっているのは想像できる(それ対策のスペシャルチームのキャラたちもいるし)。
その上にハーレム漫画として読者を釣ってるわけでね。

ラブラッシュは、恋愛ものとしても異種族ものとしても、ガチの人がいるジャンルに薄く浅くカブってケンカを売ってしまったことでそれ好きな人たちが見たらかえって読まなくなるような所が甘かったかもなぁ。
ジャンプ編集部のこのあたりの視点の緩さは「ジャンプ病」ですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:31
「進撃の巨人」も蹴ってマガジンに取られたらしいし、わかりやすいバトルものしか扱ってないからそうなるんだよ…!

でも僕は山本先生の優しい世界観は好きなので、今回も単行本、購入しますよ。
連載お疲れ様でした!

で、「レッドスプライト」です。
こちらは15週まで持ちましたが、これオギ先生もやる気あったのか微妙だなぁ。
以前散々書いたのですが、デビュー作でやってた「東西に壁がある世界の戦争モノ」を膨らませたのが読切版「レッドスプライト」で、そっちは彼の趣味全開で「非道な実験で力を得た改造人間が命を燃やして戦争を終結させる」というアレでした。

それを連載用に練り直し、飛空艇を駆って「国」を名乗り、大国に刃向う要素を取り入れたのが連載版レッスプだったわけですが…。

「アイアンナイト」では攻防をしっかり描いてました。
鉄のヒフを持つアイアンナイトの無敵っぷりを描いた上で、酸を射出する敵を出し、それを防ぐために積層シールドと槍を作って酸に耐えながら接近したら自慢のパワーで酸を出す舌をひきちぎって反撃開始!とか、熱いバトルがウケたんです。

敵がグロくみにくい、おっさんが変化した丸裸の鬼状なのばっかりだったから、紙面がおっさんの裸まみれになって見栄えがすごく悪いのもあって人気はいまいちアレな感じでしたけどね…。

今回のレッスプは主人公が「電光をまとって超速度で敵を倒す」という設定のため、カタナを抜いてズバババババで敵が全部倒れて「なんだと!」ってなってしまう。
攻防もへったくれもないんですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:31
アイアンナイトは鉄の鎧で物理攻撃がほとんど通用せず、最初に戦ったカマイタチを自在にあやつる天狗状のおっさんを何もさせずにブチのめしました。
後に出てきた敵に「本来ならあの天狗は空を飛んでカマイタチでみじん切りにできるという最強クラスの存在だったが、お前の鉄の鎧と相性が悪すぎただけ。戦いは相性だよ」と「彼自身の材質を先端につけた砲弾」で彼の装甲をブチぬいて勝利しかけました。

無敵のアイアンナイトでしたけど、体の中のドロドロに溶けた溶解鉄をパンチと共にぶちこむ必殺技は出力をあげすぎると自分の体自体を溶かしてしまい、自滅するかもしれないという弱点を抱えており、冷却係の味方が登場するまではそれが原因で死にかけたりしてたんですよ。

能力の利点、欠点、有利、不利などが徐々にわかっていき、運用をじっくり描くことで読む側もわくわくできたんですよね。

自衛隊と共に行動した時は積層シールドを作れたその鉄を加工できる能力に知識が加えられ、大砲、ライフル、大剣、シールドで武装した「鉄の騎士」になってましたし、最終決戦の無限に復元する相手には、冷却してくれる子と命がけの融合によって「灼熱と冷却を同時に操って、切断面を即冷却して鉄でフタをする」ことで再生を妨げたりしました。

怪人となってしまった主人公が人間たちのために怪人と対決するという物語は、本当に面白かったんですよ。
ウケそうではなかったけど描きたいものはよーくわかった。

で、レッスプに話を戻しますと、読切版の結構良い感じだった要素を調理し損ねた…、もしくは編集部にでもやりたいことを止められてやれなくなってしまったか…。
という感じでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:31
読切版では、戦後生き残ったであろう読者視点主人公の回顧録の体裁で進められ、最初にすでに「戦後彼らの遺体が解剖されると、血管まですべて(放電によって)やけこげていたという」と、彼らが戦争を終結させるために全滅したことを描かれてから、その始まりの物語が描かれました。

連載版でも「太古の怪物?(アイアンナイトの時の敵かも)からとれる化石燃料の雷髄(らいずい)を体内に埋め込まれた人たち」がでてきますが、読切版では暴走させて爆弾扱い、連載版では電気を生み出す電池として「雷髄人間」として奴隷のような扱いを受けていたんです。
その特別な実験を受けた子供たちのうち、逃げのびたのが主人公でした。

そしてラストバトルでは大国の誇る「遺灰兵士(アッシュ)」というのが出てきます。
戦闘用雷髄人間の遺体に、雷髄人間の灰をまとわせて生前の能力と記憶を持つ超人を再生させるのです。
カードゲームでいう「イケニエ召喚」ですね。
雷髄人間が骨になっても生き返る理屈については最後までわかりませんでしたが、読切版と同じで「死ぬまで活躍し続けたその先」を考えておられたんでしょうね。

自分をやぶった若き雷髄兵士の主人公を「よくやった。だが、お前も必ず遺灰兵士になる」と、不穏な宣告をして消えてしまいます。
大国の大統領風の人は「遺灰(兵士)を集めよ」と指示し、主人公は残る仲間を探して大国をぶっつぶすと宣言して突き進むのでしたというところで打ち切り。

アイアンナイトは18週の打ち切り後に、増刊で50ページくらいの「最終回」を描く機会を与えられましたが、こっちはそれもなしです。
うぐぐ…。

オギ先生は主人公を少年にするわりに描きたい話はオトナ向けな気がするけど、青年誌に乗るには幼稚(バカにしてるのではなく意識する層がね)なんだよなぁ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:32
でもやりたいことは「少年マンガのバトルもの」なんですよ。

デビルマンとかベルセルクとか大好きっ子なのはたしか本人もどこかで言ってたし、意識してるのもわかるんだけどなぁ。
アイアンナイトも1話めで世界が崩壊したりして、つかみはバッチリだったんですけどね。

でもあれだ、以前ほめていた「PSYREN」の岩代先生も、サイレンがたまたま当たっただけで他は全部外してるしな。
バトルものでジャンプで当てるのがいかに難しいかっていう感じです。

最近はちょっと謎を用意すると受ける気がするなー。

残念ではありますが、オギ先生もまだ3回めのチャンスは残されてます。
個人的には絵柄も好きなので、できれば中ヒットくらい出してほしいんですよう。
そして好きなテーマを人気や読者アンケート関係ないとこで好きに描ける身分になった時の作品が見たいんです。

だからこちらも単行本を買いますね。いい歳なんでファンレターとか出さないですけど、応援したい。
連載お疲れ様でした!

話がすこしそれますが、ジャンプルーキーという、webで投票してもらい、票が取れれば「ジャンプ+」に載せてもらえるのがあるんですが、そこにも「ベルセルク」「バキ」とか大好きでなんだろうなあという作家さんがいまして、何本も「戦う男」の話をアップしてる方がいるんですが…。

本に載ったのは「ボディビルダーが大会が終わった後だけ脂っこいものを食べられる」という、変則版「孤独のグルメ」でした。
ボディビルダーの絵ヅラが面白いだけで彼の他の作品のほうがよっぽど面白いと思うんですが、紙に載せる価値があるとされたのは「読者に見せて見ないとなんもわからん」というそういう奇をてらった作品なんです。

漫画家の皆さんは本当に苦労していらっしゃると思いますが、ほんと頑張って欲しいです。
■雑談■@kurotama
2016/11/29 01:34
■祈ることしかできない戦場@バトガの話。
・その勝利で得られた平穏がたとえ2週間だったとしても、
それは勝ち取られた時間だ。
生き延びた僕たちはそれを護る義務がある。

来ましたよ…新たな戦いの時が。

明日から「ドキドキ冬休みデート 〜遊園地で君と…」イベントが始まり、同時に「内緒の約束ガチャ」が始まります。
あいかわらずタイトルは平和そうですが、先生たちは気が気ではありません。

今回はみき・遥香・ゆり・くるみ・あんこ・楓・ミシェル・サドネ・花音の9人による先発部隊。

遥香っちゃんと冬休みデートですか…。
本気を出さねばならないようですね。ゴトリ…(ちょう重い心の枷を外した擬音)。

さて、前回の9分の1ガチャでは一発目で大当たりを引き、無駄な石の消費を減らすことが出来ました。

しかし、昨日の勝者が今日は敗者になって、泣きながら地べたを這いずり回って石をかき集め、無謀な挑戦(単発引きに賭ける!からの全滅等)でその命を散らし、それを回避するために私財を投入して(ガチャ課金をして)生き残る先生も居れば、私財を投入したのにむしろ地獄に落ちる先生も居て、年がら年中先生たちの悲鳴と怒号が響き渡る過酷な戦場となっているのがバトガなんですが…。

バトガはアタリ率0.03%みたいなことはなく、やってればまあアタリがでる為、ムリゲー感が少なく見えてしまう為、結果的にハマるっていう方式の集金方法ですよねえ。
★4自体が当たる確率は7%だとしても、狙いの1枚が9分の1だったら自分の元に当たりが来る確率は結構低いわけで…。

前回は相当運が良かったようですねえ。

わかっているだけでも12月前半には先日の「復刻カードガチャ」があり、クリスマスイベントに黙ってるなんてギャルゲとしてはありえないのだから何か仕掛けてくるでしょう。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/11/29 20:17
えっとぉ、時間がぁ、ないんでぇとか言って18人全員闇鍋ガチャで9800円払えば確定権が!みたいなことも今のカネカネクレクレコロプラからしたら余裕でやってくるかもですし…。

だから今回もできれば早めに切り抜けたい。
遥香っちゃんと冬休みデートする権利が来るのかどうか…。

今星のかけらは1080個で、先日配信された「第二部総集編」には手を付けていませんので、それのストーリーを全部みれば190個くらい石は入ってくるそうです。
宿題も満了間際の所で止めてある為、すみやかに条件をこなしていきなり80個x3くらいは捻出できる(ただし有限なのであまり積極的に使い込みたくはない)。

年末年始のラッシュに備えて兵力(星のかけらのこと)は温存しておきたいが…。

ぜんぶ運なんだよなぁww
無垢なおっさんの祈りが奇跡を呼ぶと信じて…!

…。

ノリで書いたけどダメっぽいw無垢じゃないしww

黒玉さんは年末年始攻勢を無課金で切り抜けられるのでしょうか(追い詰められてもガチャ課金はしないけどな)。
君は生きのびることが出来るか?

【告知】ジョジョ第4部第35話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】11/29(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/11/29 20:18
■FF15ひどいっぽいですね@雑談。
・やってもいないので詳細は語りませんが、顛末(野村一派が仕事をせずフラフラただ飯食いと化していたので蹴りだして、甘い汁吸ってた子分どもも「これまで通りにはいかねえぞ?」って引き締めなおして他のプロデューサーが引きついだ等)を聞いてると「クリエイターと社員をはき違えたヤツをのさばらせてるからそうなるんじゃね」と思いました。
納期は…守れ…!出来た時が終わった時が許されるのはアマチュアと大先生だけだよ。

「かぐや姫の物語」の高畑勲カントクの話もひどかったよな…(脚本書いてこの仕事終わったらこのラクチン生活も終わっちゃうじゃん的な)。あれらは「クズ」と言っても差し支えないんじゃないかなぁ。

それをまとめなおした苦労もまああるんでしょうけど、もう美麗ムービーで客を釣る時代はとっくに終わってんのになぁ。
映画がCGを「道具」として活用し始めたんで、ゲームクリエイターの作る映画リスペクト動画なんていうのは何億もかけるものじゃなくなってるんですが。

僕がスーパーロボット大戦などから離れたのも「見てるだけじゃつまんない」と思ったからですしね。

結局「ソニーが絡んだからオワコンになったもの」の一つにゲームが当てはまってしまった感があるな。
βビデオテープの時からここは「俺流を押すのはいいが支持者を全部巻き込んで死ぬのはやめろww」と常に言われてきたのになー。

ソゲに渡ってパズドラ作った人たち(初期FFを作ってた人達も含む)は「映像じゃなくてゲーム作ろう」として一度は大成功したわけだし(今のパズドラの評価は…)、体がデカすぎ、トップがものを知らな過ぎで大艦巨砲主義そのままに恐竜化していったその最後の輝きがこのFF15なのかなっと思いました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 04:18
あ、輝けなかったですか。

僕ノムファン(野村哲也氏率いるFFシリーズ。7の派生形、8、13、15など)嫌いなんで、あまり親身に書けなくてすいません(ノ∇`)
FFは5のスタイルでやってくれてもよかったのにどうしてこうなっちゃったんだろう。
6はすいません、あまり好きではないんです。レベル上げとパラメータ上げが密接に絡んでて、最高パラメータ狙うなら必要なアイテムがシナリオで入手できるまでずっとそのキャラ殺しておかないと…とかしないといけないのが気に入らない。

9は原点回帰を目指したということでわりと嫌いじゃないけど、やっぱり5のほうが楽しかった気がするなー。
まあかつてライバル、そして今はFFの悲しき穴埋め役のドラクエも、堀井先生ご乱心で5がピークって気がするし、あれを見てゲームクリエイターを目指しましたっていう人たちのもののほうが出来が良かった気もする。

まあ、父殺し、王殺しがあってこそというのもありますからね。
下からたたき上げで登ってきた弟子たちが老害と成り果てたかつての支配者を実力で排除できてこそ、コトの伝授は成し遂げられるという考え方です。
その意味ではガンダムシリーズは「王殺し」ができつつある気もします。別方向でね。
トミノ作品はやっぱりトミノにしか作れないもんね。しかしGレコはやっぱダメだった気がするわ…。

なんで王殺しなんて言葉を使ってるかというと「キングスレイブFF15」という映像作品があってのFF15本編らしいので、かけてみたんですよえへへ。
あ、内容は興味ないので(以下略)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 04:18
■これいい@PSO2の話。
・デイリーに毎日とはいえないものの、2日に一回は入ってくる「竿釣:」系のオーダーが、これまで一部が料理の材料になる以外図鑑登録しか意味のなかった★7水産物を10万メセタで買ってくれるようになりました。
うちは5キャラいるので、それを渡せば50万メセタの収入ですよ。

うちはもう必要な宝石を揃えたのでギャザリングはしてないのですが、昨日とかは「火山サンゴ4つしか持ってないな」となったので、5人がかりで火山に釣りと掘りに行き、見事火山サンゴを3個ゲット(火山宝石も5つゲット)。
全員で収めて50万メセタゲットです。
これは本来の採集コンテンツの在り方に大分近くなったんじゃないかなー。
お題がたくさん持っているものの日は特に掘りにいかずとも50万メセタゲットできるし。

これはいいですね、GJです。
褒める時は褒めたい気持ちはあるんだぜ!

でも物価上がりそうだよなー…これやっぱり。

■CrecentEveすげー@雑談。
・僕のこの駄文は「CrecentEve」というフリーのテキストエディタで書かれています。
こいつが本当に軽くてすぐれものでして、文字カウント機能や、優れたアンドゥ(やり直し)機能がいいのですが、このコメント欄のファイルって1日ごとに保存してるんですよ。
後でテーマごとにまとめて記事化しようと思った時とかに使えるかなって思いまして。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 04:19
でも色々忙しいと、区切らずにどんどん書き足していく感じになることもあります。
今回は11/19のファイルに29日までずっと書き込んでいて(文字数6万とかあった。キショイ)、さすがにそろそろ切り替えようよってなって一旦消して新たに「FF15」コメントから11/30のにしようと思って、テキストを選択削除したんです。

でも間違えて11/19に今のこの文章を保存してしまったんですね。

つまり11/19〜昨日までの6万文字は消えてしまったことになります。
厳密にはこのコメント欄の11/19からのをコピペすれば再生は可能ですが、ダルいじゃないですか。

で、ダメもとでアンドゥ(作業工程の巻き戻し。windowsの基本機能でもある)してみました。
CTRL+Zをおしっぱにしておくと、どんどん入力の様子がさかのぼっていきます。
で、昨日の「告知」を書いたところまで戻れました…。

フォトショップのアンドゥ機能だって、メモリのあれこれあるから50工程くらいしか戻さないよ?(設定は自分でできる)
改めてこのソフトはすげえと思いました。

こういうシンプルで高機能なものをまあ「ソリッド」とカッチョよく言っておきますが…、大変良し。
クールでかつソリッドな仕様だぜ!(若干の「頭が頭痛」感がする言葉)
■雑談■@kurotama
2016/11/30 04:19
【終了】ジョジョ第4部第35話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、本日はストロボヤンマさん、Dorisさん、メグリネキャストさんが来てくださいまして、しばらくはPSO2の衣装の話等をしていましたが、またJOJOを観る前に遅くなってしまいそうだったので、視聴開始です。
今回からJOJO第四部は最終章「バイツァ・ダスト」に入ります。

前回、父に化けた何者かである吉良さんに追い詰められ「僕とママに手を出すな、お前の秘密を知っているんだぞッ」と、啖呵を切った所で終わっていたのですが、今回冒頭ですでに死体となってしまっていました。
俗にいう「0コマ撃破」です(ノ∇`)

しかしこれはどちらかというと川尻浩作こと吉良さんがヤバい。
いかに「滑って転んで頭を打った風に傷を与えた」とはいえ、息子を殺してしまったんです。
目立つのはダメだしイヤだし、仗助くんたちにも追われている。
あと警察のプロの目にかかれば傷の不自然さを見抜かれるかもしれない。

平穏に自分の趣味(手首を愛好する)を行いながら暮らしたい彼にとっては勝利でもなんでもない。

そこへ写真となった吉良さんのお父さんがもはやカラスの力も借りずにスーイと飛んできて(能力が進化してるのかもということにしておきましょうw)、吉良さんに「もうこの街から逃げよう」と促します。

このシーン、チバシゲルさんの演技もあって「悪党ではあるが親として最大の愛で息子を守ろうとしている」部分は見て取れました。
彼の視点では「息子の性癖を容認しないしゃかいがわるい」ですからね…。

しかし「子供の為ならなんでもしてあげたい」という、これもまた親子の情愛です。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/30 04:20
でも吉良さんは「ここから逃げても今後ずうっと追手を気にしながら生きて行かなければならないんだぞッ」と写真(父)に食ってかかります。逃げないで立ち向かわなければ。いやぁ、正しいw
この親子、方向性が致命的なだけで、主人公クラスの信念や勇気は持ってるんですよね。
問題は敵がしゃかいってだけで(´・ω・`)

よく「敵にも事情があったんだよ」系の描写をする漫画とかありますけど、この第四部の敵の「事情」って「性癖は変えられないし止められない」っていう人物と「スタンド」が相まって、リスク最小限で欲望を満たせるようになったっていう、一見説得力があるように見えますが「いやそれは違うだろ!」ってなるくらい、逆向きにまっすぐなんだよなぁw
「互いに自分を正義と信じるので理解し合えない」という意味で怖い敵です。

だって被害にあう人や、人生を狂わされる(矢で貫かれて死ぬかスタンド使いになるかの選択を無理やり迫られた)人々のことが頭からスッポリ抜けているから、「悪」には間違いないのですが、当の本人が「これはしょうがないことなんだ」って思ってるんだもの。

そういう視点でもこの第四部は面白い。
日常に潜む異常性という感じですもんね。

人は自室でどんな生活をしているか見せない、見せられない人もいます。
ネットで悪口雑言を書き連ねてるけど友達の相談役としてみんなから信頼される人もいます。
イケメンでモテモテですが、自室は美少女フィギュアで埋め尽くされているかもしれないし、愛妻家のダンナさんを持って周りから羨まれている奥様が「ダンナ 殺す方法」って検索してるかもしれない…。

そういったものを暴いてしまった、知ってしまった時の恐怖のようなものを漫画にして描いたような感じがするのです。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/30 04:20
あっ話がそれましたが、進言をする父に食って掛かった吉良さんに、彼が持っていた「矢」が突き刺さってしまいます。
父は何もしてないらしいので、どうも矢が勝手に彼を選んで自ら刺さりに行ったようですね。

次の日、早人くんは昨日の件をどうすればいいのか考えていました。
視聴者は「ン?死んだのでは?」と思いますが、朝特有のバタバタした様子が描かれ、視聴者も早人くんもこっそり眺める父も「???」となっている中、悠々と鼻歌を歌いながら現れる吉良さん。

その髪は白く染まり、黒のアクセントをいれた…珍妙なものでしたが、彼は早人くんに余裕で父を演じてみせるのでした。

二人で一緒に道を歩いている間、彼は昨日の早人くんの機転と勇気をほめたたえ、自分が「吉良吉影」であることを伝えます。
しかし、その事実を誰かに伝えることはできない。なぜなら自分は「無敵の能力」を手に入れたから。

意味が分からないなりに不安を覚える早人くんですが、そこにフェラーリにのった露伴先生登場。
前回の話で幽霊小路に入った時、吉良の被害者の霊、レイミおねえちゃんの指摘によって、川尻浩作と川尻早人の関連性を探る必要があったのです。

いぶかしむ早人くんに「ヘブンズ・ドアー」を使って手っ取り早く情報を得ようとする露伴先生。
道行く人は気にしていませんが、怪しげな風体の男が小学生男子を車の中に連れ込んでる事案が発生しているんですが…w

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/30 04:21
そこには「【警告】この先は読むな」の文字が。
ヘブンズ・ドアーの能力からするとおかしな事態ですが、気にせず読み進めていくと、どうも少し先の未来の出来事まで書いてあります。
そしてそれを目の当たりにした露伴先生、ヘブンズ・ドアーでめくれたページの下から出てくるちっさいキラー・クイーンを見つけます。

キラー・クイーンはこの能力が進化して得た第三の能力「バイツァ・ダスト」であると告げ、彼の行方を追おうと早人くんに接触、もしくは早人くんが川尻浩作=吉良吉影であることを伝えたりすれば、その瞬間に追跡者を爆死させることができると教えます。

あと数分で康一くんと合流できて、吉良さんの潜伏場所がわかったと伝えることができるのに、まだ露伴先生に気付いていない承太郎さんと康一くんを見つめながら露伴先生は壮絶に爆死するのでした。

そして早人くんはなぜか自宅での朝食のシーンに戻ります。
吉良さんは「何があったか知らないが、私の居場所を伝えてそいつを爆発させ、ここに戻って来たね」とゆうゆうと解説します。

早人くんはこの絶望的状況から抜け出すことが果たしてできるのでしょうか…。
という所で今週は終了。
どうやったら勝てるんだコレw

これまでに出たバイツァダストの能力の情報は

・1時間前にしか戻せないが、人が死のうが何が起ころうが時は巻き戻る
・吉良さんの情報をなんらかの形で知った瞬間に必中で爆死
・早人くんは指定された時間に記憶をもったまま戻る

です。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/11/30 04:21
露伴先生がヘブンズドアーで見た早人くんは「実はもう何周もしている早人くん」なのかもしれないですね。
今の所は衝撃しか感じない展開ですが、これは逆に考えると「起こったことの記憶は失わないのだから何度もやり直してバイツァダストの反応しない伝え方を見つける」こともできるのかも。

巻き戻るのは最大一時間なのか、指定した時間に戻るのかはまだわかりませんが、必ずヘブンズ・ドアーを仕掛けてくる露伴先生に「何かを読ませて教えられないことを感づいてもらう」とすれば、少しずつでも先に進めるかもしれませんね。

露伴先生爆死はちょうど康一くんたちとの集合時間ですから、少しでも尺を稼げればなんとかなるかもしれない。

今回は見終わった後、皆さんも「これどうやったら勝てるんだ…」とか、実はこうなんじゃないかなとか、意見を言い合っていました。
これは当時、答えがわからないままジャンプを読んだ月曜の様子のようであり、第四部を未見の方だけが味わえる楽しい時間だったと言えるでしょうねーヽ(´ー`)ノ

こういうのが面白いからこのアニメ鑑賞&感想会はいいのよねえ。
1月からのもできればアニメオリジナルとかでネタバレしようがない作品でいければいいなぁ。

来てくださったみなさん、ありがとうございましたー!
またよろしくお願いします!はよねな!
■終了■@kurotama
2016/11/30 04:21
■月間うらない・バトガdeガチャ@バトガの話。
・あああ、もう早く引きたいんですが、煽って雰囲気を高めないとつまんないじゃないですか。
誰にも伝えることなく「ハイクソー」となっても「ひゃあああ神引き」となってもつまらない…。

そんなわけで自らを鼓舞してから魂の「ガチャを引く」ボタンを押す儀式の時がまたやってきました。
メイドガチャでは前半戦はまだ見ぬ遥香っちゃんカードに恋をして気分を高め、後半実装1日めの1回めで何も考えず一発引きで勝ち逃げ大勝利と、大変気分の良い2週間を過ごさせてもらいました。

そこで余ったというか余裕のできた石で久々に武器ガチャを引き、なかなか良い性能のガンを手に入れたり、確定権ないから頑張って引いてなwwwとされて、うちは良い性能のカードがなかったガチャに確定権がついて、最強のカードを2枚引くというラッキーにも見舞われました(ちなみに9800円払って確定権をカネで買っていた先生は「辞める…辞めてやる;;」とお怒りの方も多かった模様…。だから必死になってガチャ課金なんかするからだよ…)。

思い返してみてもこの2週間はしあわせなバトガでした。
2週間しかないのに100万ポイント貯めないと最後までごほうびがもらえないため、寝る前に5回戦闘するノルマが終日の昨日までかかってめんどくさかったことくらいですかね。

で、今回は前半戦から遥香っちゃん様が登場するガチャが来ましたから、ここでいかに速やかに成果を出せるかはこのくっそ忙しい12月を頑張るモチベに大きく影響します。影響するんですよ!

星のかけらの数は確定権4回分の1000個ちょっと。
貯めてある要素を色々解放すればもう+250くらいならなんとかねん出できます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 20:54
全18名を前半後半?で分けるため(後半は冬デートではないのかもしれない)★4確定とはいっても9分の1ですからね。
そもそもアタリが出る確率は10%程度っていう。

今の所公式で公開されているみきちゃん、楓ちゃんの「冬デート」カードはどちらもステキなイラストなんですが、バトガのイラストの絵柄は僕は結構好きですし、特に嫌いな子とか居ないので「全部イイ」のはわかってます。
そうじゃない…100点が欲しいんだよ…!

今回も1回めとは言わないから、早めに遥香っちゃんをお迎えしてしまいたい所だなぁ。

(ここまで引く前に書きました)




画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcGRjOWt1MW1fZ1k
社員引き…!しかし…!

今回来てくれたのはみきちゃん、ミミちゃんの2名!ガチャ画面をロードした時に遥香っちゃんが見えてたので絶好のチャンスだったんですが、ためしSS撮影したら画面真っ黒だったのでアプリ立ち上げなおしたのよねー。
それが敗因か…。
しかし誰も読んでなくてもこれは僕流のエンタメ提供ですから、画面真っ黒じゃあ話にならん。
その真っ黒の間に発狂して大課金して出た時だけ「でました^^(涙目)」なんてカッコ悪いことはしないんだぜ。

というかバトガは好きだけど9800円出すなら僕は近所のいいお寿司2時間食べ放題に行きたい(´・ω・`)スシ


悔しいのでもう一回確定権でガチャをします!嫌なことは先にすませる、後悔して泣きながらみじめに石をかき集めるのは負けた後でいい…、それがこの黒玉のやり方よォーッ!
(つくづくソゲってパ○ンコと一緒だよなw新装開店が新ガチャ実装にかわっただけ)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 20:55
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQ19OdlpNZjBEZDg
走ってくる群れ?の中に遥香っちゃんがいない絶望の2回め。
来てくれたのはひさしぶりのくるみちゃん、あいかわらずネタ絵じみているゆりちゃんの高2組でした(ノ∇`)

こいつは…ひさびさに彼奴ら(コロプラのこと)と戦争のようですなぁ…。

500個も消費して遥香っちゃんをお迎えできないとか…、だいたい、イベント告知絵のド真ん中にいらっしゃいますからね(正面絵というのもあるけど)、絞られているのは明白…!

いいでしょう、今夜の0時を待っててめーら(コロプラのこと)とつぶし合いじゃあ!
遥香っちゃんきてくださいお願いします!

ふうふう。
冷静に考えると500個消費で新規★4カードが4枚って、かなりよろしい感じなのよね。

4枚の中では特にみきちゃん、くるみちゃんのカードが綺麗でいいです。
ミミちゃん、ゆりちゃんはちょっとコミカル系なので、萌イラストとしては「かわいい^^」くらいのアレですね。


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qR2NuN082VVlRdEU
4者4様のせいいっぱいの雄姿。みんなカワイイですね!

ミミちゃんはあのほんわかすぎる性格だけ受け入れられればさすがと言える美少女っぷりがステキですね。ハーフはやっぱ強い。

くるみちゃんは先日の学園祭イベントで「お茶のみに行こうよ」ってナンパされたのを「本当に一緒にお茶を飲むだけ」と思ってついていこうとして先生に助けられるとか、警戒心のなさがヤバイので社会に出たら心配。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 20:56
そして美少女オーラがでつつあるみきちゃん。とってつけたような「料理が壊滅的にド下手」がなければ本当に「放っておくと卒業後に先生とくっつきそう」感でてますから、最近は結構グイグイ押してきてる感がすごい。

ゆりちゃんは先生の食べかけクレープを進められ「こ、これは間接キ、キスなのでは…」とはわはわしてるとこがかわいい。
実は妄想家で、すぐに先生とあれこれしちゃうんじゃないかと脳内で想像しちゃってるのを「黙り込んでるから怒ってるのかな?ゆりは真面目だからなぁ」と誤解されてしまうのもゆりちゃんストーリーではお約束。

同年代の高2組って、ファッションの最先端を知る望ちゃんは男性苦手で恋愛なんてまだ無理無理!だし(だけど他の人の前では余裕ぶっている)、巨大な実を持つくるみちゃんは受粉の季節がまだ来ていないのか異性関係とか「???」くらいの感じなのに(受粉してないのに実があるのも植物学的にはあれだけど、実だの受粉だのは黒玉さんが勝手にいってるだけです。公式では花が好きすぎて色々マイペースになっている変わった女の子でしかない)、一番見た目が子供っぽいゆりちゃんのほうが恋愛欲求が強いというのはちょっと面白い。


好みと別に性能の話で行くと、前回のメイドに引き続いてみきちゃんがヤバそう。メインヒロイン(攻撃)という感じ。
先日課金専用カードとして実装して荒れた「味方全員に相性アップ付与」を持つブレイドカノンカードでして、この相性アップというのは「得意な相手に与えるダメージがさらに2倍になる」効果があります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 20:56
そしてブレイドカノンは「得意な相手に4倍撃、かわりに苦手な相手には8分の1撃」というとんがった特性を持つため、このスキル発動で通常攻撃の威力が8倍となります。なんなの!
おまけに仲間全員にかかるので、効果時間が切れたら交代すればその仲間はしばらく「相性アップ」状態で戦えるわけで…。
敵のわきを把握して「この敵が出たらこの仲間に任せる」展開で使うとかなりの効率アップですね。

攻撃スキル自体の威力がショボすぎるとあまり役に立たない感じではありますが…?
パーティメンバーに発動する「なかよしスキル」も「10コンボ以降威力アップとSP12%回復」を持っていますから、SPが切れてもコンボを切って10コンボになるたびに12%回復することになるので持久力もあります(愛情進化でコンボ数が減るか上昇値が上がるかで評価がわかれますが…)。

くるみちゃんはソードで嵐付加という「ウエディング遥香」と内容がかぶるアレですね。
発動時の範囲やダメージが大きければ取って代わるポテンシャルは秘めていますが…?

ゆりちゃんはツインバレットで「猛毒(最大HPの10%ダメージを1回)+マヒフィールド設置」というフィールド設置系ですね。
ツインバレットで設置系といえば先日入手した「祈り花音」が「相性アップフィールド設置」というある意味最強の効果を持っているので、併設できるか、用途が違えばいい感じかなー。

そしてミミちゃんはソードで新効果「得意追加」を付与できます。
これ、いい感じかもですね。
ソードというのはいわゆるRPGの代表的な武器でして、バトガでも「範囲・速度・威力のバランスに優れ、ソードカードは全体的に防御力が高い」という、バランスタイプとなってます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 20:56
そしてもう一つの特徴が「苦手な敵がドラゴン系だけ、得意な敵が草系だけ」でして、ドラゴン以外のほぼ全てに100%ダメージで戦え、大型種の多い草系を一瞬で始末できます。

でも他の武器種は得意も苦手も3種類ずつくらいいるので、敵の編成によってはその武器種を持つ子1人で全部有利に戦えたりします。
そんな安定志向の代わりに倍撃の期待できないソードに「得意追加」ですよ。
これ、意外と化けるかもしれないなぁ。

そして前回の花音ちゃんカード2枚、ログインボーナスで入手した「(演劇部の出し物の)眠り姫桜ちゃん」、今回の新規4カード…。
なんか育てる時間が足りないんだけど!
新カードがあふれて手が回らないなんて、ほんとヒカキンと思えない嬉しい悲鳴状態なんですけど、やはりその中に遥香っちゃんがいてくれないと素直にキャッキャできないなぁー。
みきちゃんと遥香っちゃんをセットで考えて、どっちかが来たらそのガチャは終了でもいいんだけど、割り切るにはまだ僕が遥香っちゃんを好きすぎる。
最近「先生の嫁候補」はあらゆる意味で包容力のある詩穂さんに持っていかれ、ギャグや欠点をクローズアップされたり、年相応の子供っぽさ(漫画をお手本に行動したり)が描かれることが増えてきて少々「格落ち」した感がありますが…。
それでもメイン推しを乗り換える気にはならないんですよ。

つまり今回は「この戦争はお前が折れるか、俺が折れるか…そういう潰し合いなんじゃコラァ!」という感じです。
黒玉さんの12月はまだ始まったばかり!(11/30に書かれたコメントです)

今はただ来てくれた子たちのお世話をしておこうかな(ヽ´ω`)
■雑談■@kurotama
2016/11/30 20:57
■これはアカン…人をダメにする悪魔のアプリだッ@バトガの話。
・「ドキドキ冬休みデート 〜遊園地で君と…」を1周させてもらった…!

こ の ま ま で は 世 界 は 滅 亡 す る ! !

ΩΩΩ<(以下略)

あああ、アカンでぇ…これは、アカンやつやああああ…!
こんな体験が無料でできたらいろんな職業の人とか、生まれ持った立場にあぐらをかいて努力しなくても寄ってくるやろwwと構えてるタイプの人とか困ると思う!

ひいてはしょうしかがすすみ、ひとのせかいはめつぼうするのです。

こわい!

何これ、アクマ召喚プログラムよりも人を滅亡に向かわせるぞ…!

いやいや、落ち着いて起こったことをありのまま話します。

選択肢を選んでいたらJCやJKから電話番号を聞かれてなしくずしでデートすることになって「女の子から電話がありました」という体裁で、選択肢によって9人の女の子のうち誰かから「電話がつながったか確認の留守電」「遊園地に行くペアがいないとのことなので自分が生きたいという電話」「デート終了後の帰り道で今日は楽しかったです、また一緒に…みたいな別れ難いが故の後ろ髪ひかれたようなお別れ電話」がかかってくるんですよ。

なんだろ、Live2Dのアニメ絵がないのでやたらとリアルww
これ声優さんの萌豚は嬉しさのあまり発狂するんじゃないかな。僕だって別に普通に嫌いじゃないだけの洲崎綾さん(みきちゃんの声優さん)の声でもニヤニヤしちゃうんだけどww

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/11/30 21:44
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qYm1zZXZBVHBMS1E

バトガは幸い、カネのかかる売れっ子ばっかり(結果的に売れっ子に成長したデキる新人も含む)。
いちばんおミソな扱いのゆりちゃん(cv:上坂すみれさん)でさえ、他のとこじゃ主役まったなしの売れっ子大声優さんですよ。

しかもこれは「カードを持っていなくても聞ける」。
つまり、基本無料アプリのこれやるだけでいいんです。

コロプラァー!もっとここ宣伝していかんかい!ドえらいことになっとるやないかーッ!

ふうふう、そんなわけで、コロプラは無料でムチャしすぎだよ…。
ちなみに女の子のカードの「より親密なストーリー」では、デートシーン時、女の子視点から内心込みで見られるという、バレンタイン方式ですので、ストーリー自体はカードを所持してなくても見ることが出来るのも大変親切。

これは素晴らしい。

おいおい、ますます遥香っちゃんカードが欲しくなってきた…課金はしないけどね。

最初はまず全部選択肢Aで行こうってやってたら案の定みきちゃんになりましたが、これは残りの8人探すのも楽しそうですわー。
開催日程を見てると、今年はクリスマスやらずにこれとこれの後半メンバーやって終わりなのかな?

今期のバトガは「声優さんパワーでガツンガツン押して行こう」という満腹パワフル攻勢みたいですね。
この調子でどんどんファンを増やしてほしいわー。

思わず「ご意見BOX」に感想送っちゃったよw
思わず「バカじゃねーの?何考えてんだ」と送っちゃうアノゲームと何が違うんだろうなあ…。
■雑談■@kurotama
2016/11/30 21:47
■お知らせ■
・残りコメント数も少なくなってきましたので、11/30の一部コメを重複掲載して次の掲示板に移ることにしました。

・コメント欄に空きがあると海外の方が宣伝を書き込むようなので(ブロックしてもキリがない)、残りのコメントは埋めさせて頂きます。
■お知らせ■@kurotama
2016/12/01 20:01
■お知らせ■
・今回は10/02からなのできれいに2か月かかった感じになりました。
PSO2の話題もそこそこにありますが、雑談の無駄な長文化は一向に収まらない。
まあチラシの裏っていうことで。

次の掲示板でもよろしくお願いいたしますっ。
■お知らせ■@kurotama
2016/12/01 20:03

コメントする help

この記事に書き込めるコメントの上限に達しました。
TweetsWind

すれちがい喫茶掲示板跡地14 -PSO2雑記-  スフィアサイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる