スフィアサイト

アクセスカウンタ

zoom RSS すれちがい喫茶掲示板跡地13 -PSO2雑記-

<<   作成日時 : 2016/10/02 01:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 500



すれちがい喫茶掲示板企画用ページとして約2か月使われてきましたが、コメントが500に達してしまったので、新たなページに乗り換えることになりました。
跡地では毎週のタイトルカットを紹介しておこうと思います〜(1枚x12あります)。
コメント欄を読み返すのもいいかもですね!

◆過去の跡地を調べたい時はブログ右下の「ブログ内検索」で「跡地」と入力してください。








◆歴代タイトルカットギャラリー 2015/12/18〜2016/10/08◆

※以前の跡地と一部画像がかぶっていますがご了承ください。



・これからもよろしくお願いしますヽ(´∀` )ノ







■宣伝■




PSO2スペシャルパッケージ
ファンタシースターポータブル2の基本衣装8種類のうち2種類、FUNチケット1000ポイント分、プレミアム権30日(1300円相当)、特殊マグデバイス「クラーリタ」、全クラス装備のきらびやかなクラッド系武器3種などなどがついたvita用ソフトです!
今後もPSO2をやっていく方にとっては実質1300円引きなわけですから、かなりおトクなのではないでしょうかー!
買うなら今でーすヽ(´ー`)ノ




やはりPSOといえばゲームパッドでプレイしなくては!

在庫ありでーす。形から入ろう!ヽ(´ー`)ノ


スフィアサイトの「PSO2」カテゴリの記事にはSEGAの『PHANTASY STAR ONLINE 2』による画像が使われています。

『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆
PSO2の世界で起こったことをターニアちゃんが独自の視点で語る
ターニアたびにっきSQ。

こちらからどうぞ! 0102030405 以下連載中

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆



○●○●○●○●○●○●○●○●○●
ターニアたびにっき:wiiで発売されたドラクエ3(SFC版)をプレイした様子を読み物にして連載中です。

本文は こちらからどうぞ!

○●○●○●○●○●○●○●○●○●



◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■
スフィアサイトのこれまでのファンタシースターポータブル2インフィニティ関連記事は こちら からどうぞ!

すれちがい喫茶50回記念壁紙配布ページはこちらから!
◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■◇■

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(500件)

内 容 ニックネーム/日時
■ごあいさつ■
・今回も約2か月で500コメントを使い切ってしまいました(ノ∇`)
今後もこのノリで続けて行きますので役に立つ部分だけ抜き取って活用して頂ければと思います。
以下に要点・注意点などを

・URLについて
「画像URL→」のようにURLが記されている場合、ツイッターなどと違って直接表示できない為、URL部分をコピーし、上のバー(もしくはもう1つブラウザを開いて)貼り付けして見て頂ければと思います。
見終わったら左上の「←」ボタンで戻れば直前の所に戻れます。
画像以外にも「参照先」「動画」などのパターンがあります。

・スフィアサイトの方針
この文を書いている人「黒玉サキ」が見聞きしたものを、何にもとらわれずに表現・表示・語るのが最近のメインコンテンツとなっています。
ツイッターなどのように不特定多数の方と話題の共有を図らない、閲覧者を限定した日記ブログとお思い頂ければ。
ゲーマーでアニメ・マンガ(主にジャンプ系)なども押さえているので、話がそれらに偏る傾向にあります。
特定の個人を名指しで非難することは基本的に行わないよう心がけます(有名人・公人に関してはありえます)。
話題も出来る限り全年齢対応にしたいと思っていますが(この場合18以下か以上かの境界のみ)、読んだ方によって良い事や気持ちの良い言葉ばかりではないことが語られていることもありますので、不快に思われた方は大変申し訳ないですが「←」でお帰り頂ければと思います。

それではよろしくお願いします!
■ごあいさつ■@kurotama
2016/07/30 17:16
■おろしたてのパンツを履いた元旦の朝のような@雑談。
・新掲示板は広々してていいですねヽ(´ー`)ノ

【告知】ひさびさオンザビーチ
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】7/30(土)23時からの「ビーチウォーズ」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
そんなわけで、仲間うちでビーチウォーズをプレイしてみませんか〜。

22:45頃より参加希望のウィスを受付しています!
途中参加もOKですー。
ブロックが混雑していた場合移動もできます!
人数にもよりますが、おそらく開催できると思います〜。

それではよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/07/30 17:44
■HP防具を作りました@PSO2の話。
・アウラTMGをHP高めで作成したので、ユニットの方も硬くしようと思ったんです。双子防具やノワルガ防具などを考慮したんですけど結局、今の射撃・PP防具の背がHP調整用のHP特化防具なので、アームとレッグをHP高めで作ることに。
今はファングミューテ25スロ防具が投げ売りされてるので、シュート4ファングスタスピ4ノーブルHPというお手軽HP向け防具を作りまして、HPが1040→1390位に上がりました。
サブHuツリーをHP特化のに変えればHP1600位くらいまで上がるのですが、ただでさえオフスより120ほど攻撃力が低いのにツリーで倍率まで下げるとかない話なのでひとまず1390のほうに。
ちょうど強化徒花さんが来たので試しに参加してみたんですが、双子のひきころしアタックの直撃を受けても390ダメージでしたヽ(´ー`)ノ
被ダメ15%カットの力ってすげー。

…?

そんなに低かったかな。マグの鉄壁でも発動してる気もしないでもないですが…。
まあ…よし!
今後ゲームが高耐久を求めるようになってきても最低限の用意はできた感じになります。
徒花はBrやFiで行ってたのでGuで行くと攻撃力が若干微妙な感じもしますが、手に一番馴染んでるのはやはりGuですからね。
それにインフィニティファイア零式が正常になったので、高チェインからだと45000x12回+54万ダメージとか与えててなかなか爽快。Gu/Huとは思えない!
前半のプルプル射撃の射程が長いのでエルダーの代わりにもなるのがいいですね。

デッド!デッド!デッド!デッド!ヒルスタ!インフィ!とギャインガインうっさいのは相変わらずですけど、TMGは楽しいですヽ(´ー`)ノ

つづくー
■終了■@kurotama
2016/07/31 03:22
【終了】ひさびさオンザビーチ
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、本日はメグリネキャストさん、ティーナさん、ストロボヤンマさん、クティヴィンスさん、大和さん、Zyklonさんが来てくださって結構早めに周回することができました!

7名もいるとXHの敵でもサクサク倒せるのでかなり快適でしたねえ。
まあ快適に倒せることと、いいのが出るのは別で、2周してエンペ0、クーガーは6機も出るという…、大変アレな回でした。
しかし実は僕はクーガーが出ると結構燃えるんですよ。
2年も前になるのですが、ターニアちゃんのGu特訓でこのビチヲのクーガーと散々やりあったのです。
なので懐かしさを感じながらスクラップにするのが楽しい。
まあ、楽しいのと実入りがいいのは別で(以下略)

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qMzRYMVVzcUlXeG8
メグリネキャストさん、害獣を消毒殺菌。

そんなわけで終了後にはストロボヤンマさんがガルグリからちょう痛そうなウォンドをゲット!おめでとうございます!

つづくー
■終了■@kurotama
2016/07/31 03:22
そしてターニアちゃんが謎の★13エッグを入手。
今朝のビチヲでも★13トリムエッグを入手したので、「二匹目かぁ倒されても差し替えて使えるねドュフフ!」とか思ってたんですけど、メロン★13でした
(´・ω・`)イラネ

その後はカフェで雑談していたのですが、パトリさん(エセットさん)が雑談に参加してくださり、クティヴィンスさんは新キャラのキャス男さんを披露してくださいました!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qXzdtM0pEWjB1NWM
クルゼントさんの雄姿。男キャストに関してだけは完全にPSO2の独壇場ですなあ。
色合いもイデアルを合わせたデザインも素晴らしいですヽ(´ー`)ノ

そんなわけで皆さん、来てくださってありがとうございました!
またいい時間に良い感じの緊急などが来たらぜひご一緒させてくださいー!
■終了■@kurotama
2016/07/31 03:22
■みじめに○○してろっていうフレーズ好き@バトガの話。
・ええ、ネットで良く見る「煽り」フレーズですね。○○はみじめに○○してろwと読んだ人をイラっとさせる「釣り」のテクニックです。
先日僕は、1か月半まるまるかけて蓄積し、自発的に「星のかけら」を稼ぐ「宿題」もいくつか解放しておよそ2000個近くの星のかけらを用意して、マイ嫁である遥香っちゃん様の水着カードをゲットしようとしたんですが…。
一回250個で11枚めがかならず★4カードのどれかになる「確定」を1日2回、8回にわたってやりつづけたものの「9枚中8枚が来て遥香っちゃんカードだけでない」という、逆神引きを大披露してしまいました(ノ∇`)
(やった回数分新規カードをゲットできるのは勝ち組なんです。4回カブる先生とか普通にいる)

戦力的に優れたカードは前半2枚、後半8枚ですべてそろった為、わが星守たちの戦力は最新最強でみっちみちの密度で構成されており、武器ガチャでも唯一の超アタリであるソードを引いたため、戦闘面ではハイカキンの先生たちに勝るとも劣らずという素晴らしい出来だったんですが(あとは端末がクソすぎるので処理落ちに勝てないだけ)…。

バトガをやってる先生はバトルも確かに楽しんではいます。
スマホにしては良質のアクションゲームであり、インフレも可能な限り抑えているので、半年前の強カードは今でもばっちり一線級です。
むしろ今でもサイキョーのものが何枚もあり、新規にやさしくないという批判が出るくらいです。
直近のガチャに10万入れてコンプするより、月2回の確定権に出来る範囲で参加してるヒカキン先生のほうが遥かに強いんですからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 03:23
それが古参先生の安心感を産んではいますが、ソゲなんかカネで解決、札束でブン殴るゲームと思って入ってきた新任先生には面白くないというわけです。

しかし、戦力の充実は嬉しい、が、押しの(推しと書く人もいる)生徒のカードが出てくれる方が何倍も嬉しいと語る先生は多く、このゲームはキャラゲーとバトルゲーの2つの面を併せ持っているんです。
僕は比較的全員気に入っているので「ケッ、くんじゃねーよ」みたいな感じの子はいないんですが、それもやはり、押しの子が来てくれての話ですよ(´・ω・`)
そこの枠を押し退けてきたら「嬉しいけど君じゃあないんだ」となるわけです。

で、今日は実質水着ガチャ最終日(正確には明日の14:59まで)なんですが、僕はまた運命の岐路に立たされています。
それは、明日の15時から「夏祭り'16記念ガチャ」がスタートするからです!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdDY1VHhRV2xLQk0
前半にセンバツされたのはゆり・明日葉・桜・ひなた・楓・サドネ・花音・詩穂の8名。

ん…? 今このゲームには18人の生徒がいるので、9名でないと半分じゃないんだが…?
そしてこのメンバーは実は、去年浴衣コンテスト上位5名で選ばれてない子たちだけで構成されています(去年はくるみ・遥香・ミシェル・蓮華・あんこの5名だった)。
残りはみき・昴・望・うらら・心美ですから、この5名は9月にでも回されるのか、残り10名で浴衣第二弾をやるのか…?

毎度毎度、この「かけひき」については批判が起こってるんですが、次回・次々回まで予告しちゃったら買い控えみたいなのが起きるから、運営としてもそこは譲れないんでしょうね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 03:23
最悪なのはメイドガチャの時にやった「15名闇鍋ガチャ(しかもそのうち5枚は以前のカードイラストにロゴを入れただけという手抜き)」と同じく、去年浴衣が描かれた子は今回使いまわしで、後半に5名+復刻5名ということもあり得るということ。
僕は浴衣遥香っちゃんは持っているので、その場合は「待ちは悪手」という微妙な結果になってしまうわけです。

現状1000に少し足りない星のかけらを持つ僕としてはこういう選択ができまして…、

@浴衣後半に新規遥香っちゃんが居ると信じて、今回は1〜2回にしておく。
Aみじめに泣きながら単発で水着ガチャをまわして遥香っちゃんカード光臨にかける。
B@と併用して様子を見ながら9/23の「遥香っちゃん様生誕祭」の為に星のかけらは温存しておく。

うーん、なんだかんだで僕はマイ嫁とか言っておきながら、遥香っちゃん運は悪い方でして…。
交換制度がなくなってから、ハロウィン、メイド、星衣フローラ、アイドルPrincess、湯上がり、水着と、6回も遥香っちゃんスを逃しています。
いずれもほぼ全力で挑んだのに、です。
、アイドルSirius、バレンタイン、入浴、クリスマス、ウェディングと、萌え度の高い(ストーリーかシチュエーションがドキワクする)キーになるカードがかろうじて来てくれているだけで、どっちかというとダメな遥香押し先生の方に居るんですよ。

@は上記の通り「今年は新規浴衣なし」が来た時ダメージがデカい。
AはBと関わるため後述します。
Bは「遥香っちゃん様生誕祭」の1日限定ガチャにこれまでの★4カード(誕生日ロゴ入り、性能は同じ)が入るため、今回の水着もまとめて入手できるチャンスがあることになります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 03:24
合理的に考えるならBが一番バランスよく星のかけらを新★4ゲットの為に使えることになりますが、そこで問題になるのが先日追加された「第二部6章」の存在。
これをイージー、ノーマル、ハードとやりきると、バトルステージ4つx4節(イージーはミッションコンプで2個、その他の難易度は6個得られる)、ストーリー3つx4節(3個)得られるため、32+96+96+36で、運営は260個もの星のかけらゲット機会をくれたことになります。

これを腐らせるテはない…、チャンスには貪欲に突っ込むべきなんです。
「その分も全部生誕祭にかけたら?」という賢い意見も確かにありますが、ここは250個分くらい水着ラストチャンスに賭けてもいいのではないか…?
単発でみじめに泣きながらやるか、250一括で支払って11回チェックをするか…。
そこでもまた選択を強いられますが。
水着カードのカードストーリーは10枚見ましたけど、どれも必須というほどのアレではないかるーい内容のものでしたから、水着画像自体はネット自体にいくらでも大判のものが落ちていて、あのこう、太目ではないけど痩せても居ない絶妙なお腹の具合自体はいつでも見られるのですが…!
水着'15の時は見た目はすごく麗しいけどカードストーリーは「物思いにふけっていると思われて皆が声をかけずにそっとしておいたが、本人は海を見ていたらシーフードがすごく食べたい…と切なくなってただけでした」というアレだった模様で、今回もそういうアレだとは思いますが、やっぱり欲しいじゃないですか。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 03:25
…というわけで、単発で5回、やることにしました。
星のかけら125個を指向性(水着が出るかも)のあるガチャにかけ、明日からの浴衣は様子を見ながら1〜2回に抑え、後はガマンして決戦の日(9/23)に向けて力を蓄えながら静観する…。
これだ。

この5回で何か出ればいいなー。そろそろ交換にも何か動きが出そう(アニメで新規が増えた時、ガチャを加速させ古参を満足させるために時間制限付き大交換祭りが来ると楽観的に考えています)なので、★4がダブって交換用素材になってくれても一向に構わんッ…!

(ここまで引く前に書きました)


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qT0xEVW5pYkRScDA
ドッギャアアアーーン!これが世界の答え!

あはは、初期配信のイラストが一番かわいいって気がする。
…後半戦に出てるキャラひなた先生だけで残りの4人は駆けてきた時点でハズレ決定という希望のかけらすらない5連でした(ノ∇`)

黒玉さんはクールにあきらめるぜ。
石油王になって帰って来てやるからなッ(微妙にJOJOネタ)。
明日の15時過ぎに、ハズレなんてない優しいガチャ(確定権初日初回だけはカブり100%なしの正真正銘確定ガチャなのです)あるもんな、そっちで満たされるからいいもん(⊃д⊂)
■雑談■@kurotama
2016/07/31 03:26
■この考えに至った時、体が震えた@イース8の話。
・皆さんは音楽や物語で体が震えることはありますか。
鳥肌が立つ、総毛立つとも言いますが、僕の場合は体の芯、頭の奥がじぃぃぃんと来ます。特に肌は粟立たないですね。

今回イース8を熱心に進めていまして、やっと貧○のもうひとりの主人公、ダーナちゃんを操作することが出来ました。
「呪われた島」セイレン島から脱出しようとするアドルがこの島に来て以来、彼の夢にダーナちゃんが現れるようになったのです。

ふふふ、思い起こして書きだそうとするだけで体に震えが走るこの感じはすごく僕の好みだということでしょう。

彼女はエタニア国を代々護る「巫女」候補として、同じ候補の二人と日々切磋琢磨してきました。
3人の中で一番デキが良く、目端も効く賢い「オルガ(微○)」、優しさで周囲を和ませるが、その瞳は常に物事の真実を捉えており、核心を突いた言動をする「サライ(普○)」、理力に長け予知の力に優れるが、奔放でルールに従わない型破りな「ダーナ(無○)」。

エタニアに大火事が起きた際、この火事がもたらす未来を視たダーナは、静止する二人を振り払って国が管理する水門を魔法でこじあけ、街に大水をもたらします。
事が済み、放っておけずについていった二人の巫女候補と共にきびしく叱られるダーナですが、結果論とはいえその大水がなければエタニアの街はもっとひどいことになっていたこともまた事実。

当代の巫女である老女は、ダーナの未来視の力と、ルールより信念を貫いて事を成したその実行力を高く買って、国王にとりなしてくれるのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 18:02
時は過ぎ、ダーナは次代の巫女として選ばれます。
巫女になったものは実力で山を登り、新たな神の木を植えて祈り、エタニアの未来を視るならわしがあるのですが、彼女が見たのは水に沈むエタニアの姿。
息を詰まらせ苦しそうにするダーナを心配するオルガとサライには「緊張しすぎて息が詰まっちゃった」とおちゃらけておく彼女ですが、視ただけの自分が窒息死しかねないほどの重圧を受けていたのです。

底知れぬ不安を感じるダーナですが、ここでアドルは目をさまします。

アドル達の冒険は色々あって新たな地、まだ探索していない島の北側に行くため、大峡谷を下らないといけないのかなという状態だったのですが…、実際その地へ行ってみると…巨大な樹木が橋の代わりになっているではないですか。
前に来た時こんなのあったっけ?って困惑する一同。更に、生物学に詳しいラクシャちゃんは「この樹は現代にはない種類なのですが…」とギモンに思っています。

イース8で僕が見たのはまだここまでです。
だからこの先は僕が勝手に予想する話で、ゲーム本編を進めたら「おいィ?」となるか「更なる神展開キター」となるかもしれませんが、だからこそ今書きます。
妄想・想像を読み手、受け手にさせることができればフィクションは成功だと僕は思っていまして、先の展開を予想したくなる、こうなのではないか?と期待したり、今知っている時点の話の中にヒントが隠されていないか探りたくなるというのはとてもいいことだと思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 18:02
アドルが呪われたと言われる島に来てから見るようになった謎の少女の夢。
その少女は未来を視る巫女として強大な力を持っていた。
彼女は将来「エタニア国」を襲う災厄を予知で視ており、自分たちの国はもうおしまいだと知ることになるのだと思います。
だからおそらく「遠い将来この島を訪れる現状(遥か未来でも「呪い」は消えていないのでしょう。事実通りがかる船を襲う巨大海洋生物がアドル達の船を壊したわけで)を打破できる者」アドルに、過去から夢の形で侵入、知識を共有して欲しいと仕掛けを開始します。
その目に見える最初の行動は「おそらく元エタニア国がある島の北側への侵入を可能にする大樹の橋」です。
つまり、あの時に植えた樹が橋になるよう育てた可能性があります。
だけど最初に彼らがあそこにいった時は何もなかったでしょう?

これはおそらく「タイムパラドックスを利用して過去を改変させるタイミングを計った」可能性があります。
アドルがここにきて夢を通してダーナを知り、ダーナの起こした行動を現在で行えば…。
そこをきっかけにしてアドル到達前と、夢で過去の行動を変えたアドル到達後の状態を未来に送ることが出来るわけです。
だから今後も、アドルが知るまで発動しない歴史改変トリガーを段階的に夢として見せて、彼を自分の望む場所へ誘導し、おそらくはエタニアが滅んだ理由の真実と、その原因の討伐を彼に託そうとしているのでは?

夢を段階的に見せることで、あの当時のダーナしか知り得なかったこと(例えば巫女しかしらない隠し通路など)をアドルは知ることができ、逆にアドルがコツをつかむ、いや、ダーナがそう見て取れるように、未来の名も知らぬ若者に伝える為に取った行動をなぞらえることで将来的に

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 18:03
「現在のアドルが過去のダーナを通じて行ったことで未来に残るものに変化を与えて無理だったことを可能にする」ことができるようになるわけです。

今中断している箇所ではまた夢の中でダーナ編をプレイすることになりそうです。
これからアドルが進む島の北側に元エタニア国の廃墟などがあり、夢で見た場所と一致すれば…?わくわくが止まらないですねこりゃ。

僕が今時点で想像する通りになれば、このストーリーはこれまでプレイしてきたゲームの中でも屈指のギミックを持つものになるはず。
「ゼルダの伝説 時のオカリナ」でもある程度はやっていたことではありますが「現状では無理な危機を過去の者が未来の者に希望を託して仕掛けを用意して今はただ滅ぶしかない」というこの切なさ。
未来に残す災厄を消してもらうために今の自分たちは全部なくなるんです。
サブタイトルの「ラクリモサ オブ ダーナ(ダーナの嘆き)」を合わせて考えるとおそらくこのセンで間違いない…。
よくRPGで「先代は封印しかできなかったが、今のお前たちならあの魔王を倒せるやもしれん」みたいな展開になると「ショボww倒しておけよww」というツッコミが入りますが、そういう話も大抵、道筋を先人が用意してたりするんですよね。
僕はこの「未来を信じて今は出来る事だけ最大限のことをやっておく」というの大好きなんですよ。

時間を超えることができるのが「夢」の中だけというのを取り入れることで、人の訪れない呪われた島の謎をアドルが解き明かすという「イース」風にもしっかりとなってる。
今傍にいる仲間や国民が滅びても、自分たちの国が遺した負の遺産を清算するため道しるべを残しておくとか…、燃えすぎて怖いです。
新生イース(6以降は設定を整えて他のイースを作り替えた)になってからは正直イマイチ感が漂う作品も多かったですが、今回はすげえ楽しいです。
■雑談■@kurotama
2016/07/31 18:04
■都知事選の結果を観てました@雑談。
・天下の大NHKのアナウンサーさんが「(ここ2代の都知事がみんな金銭のトラブルでやめたことを)目の当りにして…」というセリフを「めのあたり」と読んでました。
自称公共放送様の7時のニュースのアナウンサーがタレント業が忙しくてあまり勉強まで気が回らない方たちみたいな間違いをするって、日本って大丈夫なのかしら?
と、その彼の半分もお給料もらってないであろう人間が鬼の首を取ったように批判してみます(ノ∇`)
でも「目の当たり」ってわりと普通の言葉だろ…。

あ、晩御飯はキョクヨーのサンマ塩焼きをご飯にのっけたサンマ丼でした
(´・ω・`)

■メンタルリセット!@バトガの話。
・ええ、イース8が面白すぎてバトガさえ手を付けてないという…。
いえね、最後の操作キャラ「リコッタ」ちゃんが、PSO2プレイヤーにわかりやすくいうと「高慢ちきじゃないクラリスクレイス」なんですよ。
PSO2系の話題でクラリスかわいいブヒィというコメントが出るたびに「は?(まゆをしかめる)」となってた僕ですが、連中の萌えポイントはつまりこういうことだったんだ…と、敵と分かり合えたような喜びを感じたんです。
いや、クラリスは今も(規制)ですけど(´_ゝ`)

カタコト、純粋、孤独を抱え無人島でハシビロコウ先生を「センパイ」と呼んで慕い(あの妙な「格」はやはり僕の見間違いではなかったw)育った少女で、流れ着いた本を教師にし、アドルたちの先輩漂流者となる「T」という謎の人物を「父親」と呼んでひと月前まで共に暮らしていたという…。
で、今は漂流村のみんなと打ち解けてとっても楽しそうですが、いくえ不明となっているTのことが心配な様子。

夢に導かれて呪われた島の中枢、物語の真の姿に迫る(まだ半分位の模様)冒険が楽しすぎるー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 23:37
あ、バトガのエントリーでしたね(ノ∇`)

こちらも今日から「浴衣デイドリーム」という夏祭りイベントが始まっていて、どうやらネットの先生たちによると、今回は「去年浴衣があった5名」と「まだ浴衣カードがない5名」は見送りなのでは?という見解のようです。

僕は浴衣も逃さないと思うのですが…。こればっかりは2週間経たないとわからないからなぁ。
ちなみにあの後も1回だけみじめに単発ガチャをやってみましたが、また聖・ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイの★3カードが出ただけでした。
で、今回浴衣カードに選ばれた8名のイラストがすでに出回りましたが、絵柄はどれも良好でハズレはなし、戦闘能力でいうとゆりちゃんが星守二人めのブレイドカノン持ち、明日葉ちゃんが二人めのツインバレット持ちになっており、逆にフォルテシモの二人は着々と星守サイドの5武器を扱えるようになっていて、技術供与はお互いにし合えているようで微笑ましい限り。

純粋にすごそうなのは桜ちゃんがかき氷を落とした時の悲しみを表した「敵の被ダメ大幅アップ、与ダメ大幅ダウン、毒付与」とネガティブな呪いっぽいスキルと、明日葉ちゃんの「射程ほぼ無限のツインバレットに散弾効果が付与」がすごそうかな。

ツインバレットはPSO2のと違い中距離で一番攻撃力が上がるのですが、隠れた特性として「射撃武器なのに弾数制限がない」「距離さえ合わせればどの敵種相手にも得意ダメージが出せる」ので、散弾の効果時間が長ければ化けるかもしれません…。
とはいえ、最近のスキルの流行りは「ロック箇所中心範囲攻撃x複数回」でして、明日葉ちゃんのは先日の遥香っちゃんのと同じ「自分周囲」ですから、射撃武器とはイマイチ相性があってない感じですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 23:38
つまり…「どれが来てもまあだいたいOK!」なわけです。
今回の撤退条件は「2枚ゲット」にしましょう。

前回の悲劇()は忘れて、新たなステージに飛び立つぞうー。

(ここまで引く前に書きました)






画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQWJLa2hvZEJ3Mmc
ふふふ、ははは、あはははははははははははは。
よーしッ!オーケィ!Yeahー!HAーーーーッ!

はははははは。
ここのところノーマル先生を□リに引きずり込もうというコロプラの魔の手の刺客と化していて、エ□方面が多かったひなた先生。
今回は年齢通りの無邪気な感じでお色気感ゼロ(イラスト担当が多分クリスマスの時の「ヘタなほうの人」のせいもあるかも。大分うまくなられましたが)なカードです。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qOVVLcDA0NHloY00
一番右は水着のオマケです。ヒモを直して〜とか意識せずに言ってるあたり、やはり成長株と言えるでしょう…!
あ、今回の浴衣では中にTシャツ、無くさないようにガマグチを首から下げて完全に子供モード(中1と考えるとむしろ幼いのか)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/07/31 23:38
そしてうれしいのは、今話題に出した星守ツインバレット部2名めの明日葉ちゃんが来てくれたことですよう。
何気に明日葉ちゃんと縁がないうちの先生ですが、今回もしっとりした大人の感じを出していますね。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qSHlqME93UGZ0MlU
うん、派手さはないけどやはり美人。最初は声が勇ましすぎて馴染めませんでしたが、キャラクターを知ればこの低めの声も納得して好きになりました。

以前も書きましたが、明日葉ちゃんと先生は僕の好みを抜きにするとかなり「お似合い」でして、保護者として皆に頼りにされる二人がそこから解放されるとすごく落ち着いた雰囲気になるんですよねー。

まあ星衣フローラの時は、タイトな衣装を「これが私の心の在り様だというのなら先生に見て頂きたいのです」とマジマジと眺めるように言われたのでじっくりジロジロと見ていると、恥ずかしさに耐えられず涙目になって逃走(明日もお願いしまーす!と半泣きでお願いしながら)するというおちゃめなアレでしたが。

良家のお嬢様として親の前ではしっかりしてないとダメで、一般生徒の前では生徒会長、星守の子たちの前では頼れるリーダーとして居なければならない子なので、先生と二人きりだと普段見せられない弱さを出してくれる所もポイントが高いんですよー。

そんなわけで星のかけら250個消費、みじめガチャで150浪費し、400個減らすだけで切り抜けることが出来ました。
ここから貯めこみモードにはいって9/23に備えないと。
■雑談■@kurotama
2016/07/31 23:39
■URAMIDAMA@雑談。
・こんなに「ニセコイ」の続きが読みたいことは連載始まってからないわとなってたこの数週間。
先日華麗に小野寺ちゃんをフってチトゲの元へ向かう楽。とうぜん「ニセコイ」関連の掲示板などでは喧々囂々の論争がかわされてましたね。
でもその中で最も妥当だと思った意見は「読み切りからして楽xチトゲは決定事項だったのに小野寺さんが選ばれなくて騒いでるのはなんなの?よく描いてもらったって喜ぶとこだろ」「これで楽とくっつかなくて絶対幸せだっつの」でした(ノ∇`)
そうですよね、楽はもう自分の気持ちは小野寺ちゃんにないことを「うん、その顔見たらわかるよ」って「女性に言わせた」ことでも大変叩かれてましたからね。
せめてトドメの言葉は言ってやれよっていう。

で、今回チトゲに想いを告げる楽ですが、チトゲは「嬉しいけど自分は日本の高校に戻るつもりはなく、母の会社の手伝いができるように目をかけてくれた人と世界に行くから、落ち着くまで何年かかるかわからない」と言われました。
楽は「何年でも待つよ(好きなことやってこいよ)」と受け入れます。
そこまではまあよし…、しかしその後の卒業後まで、親友カップル(今回の騒動でケンカばかりしてたけどもしかして気になるから?つきあってください!とカップル成立した)と小野寺ちゃんと楽の4人は仲良く過ごし、1人教室に残って作業をしている楽を見かけて声をかけようとするも、距離を置かないとねという表情で身を引く小野寺ちゃんが描かれたりします。

そして卒業証書を手に4人でおめでとうって言ってる時、小野寺ちゃんはそれでも楽の方じっと見てるんですよね。

切なすぎる。楽はモンスター…サイコモンスターだと思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/01 20:07
一回付き合ったけど別れたカップルがみんなのまえでは平然としてるアノ感じ、だけど別れを言い渡された側のほうは気持ちを抑えてそれでも大好きでいて…という、生々しいアレではあるんですが、ほんと、距離を置いてないのが残酷すぎる。

これじゃ親友カップルのほうも気が気じゃないじゃん(親友カップルの女子は小野寺ちゃんの恋を応援するため進学校にいかずこの高校を選んで、これまでもずっとウジウジしてる小野寺ちゃんのケツをけっとばしてけしかけていたんです。もちろん親友への最大の善意で。ちなみに小野寺ちゃんは楽と同じ学校に通いたくておバカなのにそこそこのレベルのこの高校を猛勉強して受験し、補欠合格して泣くほど喜んだという経過があります)。

作中、および前向きな小野寺派の中では「小野寺ちゃんのハツコイを最初から終わりまで描いた」という感じで捉えている方も居ます。
確かに、楽xチトゲは開始当初の決定項目だったのに、それを揺るがす「過去に約束を交わした楽を大好きな女の子」という敵役が必要となったから用意された負けが確定してるのに生まれたヒロインとも言えるわけで。

大体序盤で「シンコン」という「楽が家業のヤク○を振り払って公務員となり、小野寺ちゃんと結婚一周年を祝う短編」が描かれた時点で聡いファンから「これ小野寺エンドはないからせめてものサービスじゃね」と言われてましたからね。

とりあえず僕は「ニセコイ」を小野寺ちゃん応援の為に買ってた感じですので、エンディング確定後からの数巻はコミックス購入してないんですよねー。
次またアニメ化とかになって買取が高くなったら古本屋に売るのは確定で御座います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/01 20:07
■ふとした「気付き」が滅びを呼ぶRPG@イース8の話。
・物語はいよいよ島の北部、今は亡き王国とこの島の謎を解き明かす終盤に向けて進みつつあります。
新たな力を手に入れて「古代種(恐竜そっくり)」を倒せるようになったり、王国周辺にはどうみても「バージェス動物群」モチーフのエネミーまで登場してきて古代感を出してきます(ハルキゲニアとかアノマロカリスとか…、恐竜より遥かに前なんだけどねw)。

僕は釣り餌にも余裕が出てきたので、これまで釣り餌不足で釣ったことのない釣り場を積極的に訪問していました。
そしてゲーム開始当初には気づかなかった「魚影」の見つけ方を知ったのです。

今回の問題の場所は最初のお試しダンジョンで村中にあり、緩く柵がありますが、今でも中に入ってスライムやコウモリと戦うことは可能です。
その場所に初めて訪れた際はイベントが始まってしまい、船長と会話をして終了し、すぐ村の方に戻ってしまうんですよ(イースシリーズにおいてプレイヤーたちが必死こいてたどり着いた先に一般人が居るのはもうあきらめましたwまあ船長はレベル40のアドルくらい強いような感じですが…)。
そこに例の「魚影のない釣りポイント」を見つけた僕は、なにかレア魚いないかなえへへ…と釣りをしてしまったのでした。

このイース8の釣りでは4部(6部まであるらしい)に入ってから「暴魚」という、釣りでしか会えない敵が出ます。
FF11でもあった「とんだハプニング」要素です。

今回釣れたのは…、ガイコツ剣士! おいィ?釣り上げる前にリリースしろよう!
これまでの暴魚は名前と所持品こそ固有ですが既存の敵の色違いでしかないんですが、このガイコツ剣士は現時点ではまだ出会ってない敵でして、衝撃がすごい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/01 21:05
で、レベルも40となかなか高く、カタいのですが…、うちも先日古代種(恐竜)が倒せるようになったので、これまで逃げ回るしかなかった恐竜たちにこっちから挑んで片っ端から返り討ちにしてまわって、敵レベルが高いと得られる「閃き」によって新スキルをいくつも開花させてましたから、まあ倒せたんですよ。

しかし、様子が怪しい…、死体が消えないじゃないですか…。
これ知ってる…古代種と同じで一時的に戦闘不能にしただけだよね…。
案の定むくりと蘇ってきて戦闘再開。2度3度と倒してみますが撃破したわけではないので図鑑にも乗らないから「正体不明」のまんまです。
きっとこれ、終盤に現れる敵で、イース1・2でいう「魔法金属クレリア」がないと倒せないんでしょう。
アドルめ…毎度毎度装備を手放すからいらん苦労するんだよ! 護身用にクレリアの短剣くらいもちあるいとかんかい!(TRPGで「銀の武器」を用意しておくようなアレ)

で、しょうがないのでエリアチェンジして消滅させましたが…、これはゲームだからですよね。
実際には「好奇心から倒しきれない強敵を一般人多めの村の中に解き放ってしまった」わけで…「好奇心は猫を殺す」状態となってしまいましたw

本来ならこの「釣り場」に気づくのはおそらくゲームクリア後に図鑑埋めに走り回ったりしてる段階であり、その頃にはこの敵も「ああラスダンにいた雑魚ねw」でピチュンって倒しておしまいのはず。
だけどまだそれらに遭遇してない段階で出会えるようにしてあったことで、僕のように「気付いてしまったプレイヤー」に驚きを与える事に成功したわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/01 21:06
こういうサービス精神というか、設定した人の「もしかしたら引っかかるかもね、ケヒヒ」という穴に気づける感覚、懐かしいなぁ。
夢で見た(憧れの修辞表現ではなく、実際に夢で見ています)古代都市への探索を前に余計な寄り道をすることになって良かった。

しかもこれ「村の中で逃げ回るピッカード(豚イノシシのような畜獣)を探してくれよう兄ちゃん」という依頼があったら赴いただけだからね。そのイベントが起きる岬にピッカードが来てないか見に行った時、うっかり釣り場に気づいたから起きたのですよ。
だがその依頼は「4部にならないと起きないクエスト」だから、やっぱり意図的に仕込まれてる感じがするなぁー。

ところでまた時間を作ってSS紹介したいのですが、このゲームの「おしりアピール」はもはや病的…信仰の匂いさえするほど執拗で、おしりのアップから始まるイベントばっかりでプレイした人をおしり好きへと誘うなんらかのあしきちから()が働いてるんじゃないかと真剣に考えてしまいます。

だって出てくる操作キャラがみんな貧○でおしりの良さを引き出す、デザインが凝ってる衣装を身に着けてるんですよ。
漂流者には6人の子持ちとは思えない若々しい巨○美人人妻とか、黒玉さんが感心したストーリー展開をした巨○シスターとか普通にいるのに。
あとは料理が上手いリコッタちゃんに劣等感を抱きつつ、やっと「花は心が安らいでいいわよね」みたいな話が出来る人が仲間になってよかった…と安堵しているラクシャちゃんがかわいすぎて困ります。

■お知らせ■
・JOJO鑑賞&感想会は「23時緊急のない月・火のどちらか」としてますので、今週は火曜日になりそうです!
■雑談■@kurotama
2016/08/01 21:06
■浮気の代償@バトガの話。
・ええ、イース8でおしりガールズにかまけていてマイ嫁の遥香っちゃん様をなでない時間が48時間を経過してしまったようです…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qTTBCZkpleG5oUjA
ネガフォトンをばら蒔きながら先生を責める遥香っちゃんのマイナス雄姿。一番右は回数が無駄になる(親密度上昇がゼロ)のを覚悟でなでてみた所。
いつもはあんなに大好物の先生のなでなでも不機嫌の前にはこの有様。
しかし、どんなに愛でててもちょっと機嫌をそこねるとすぐコレなのがバトガの魅力ですよね。断言できます。

プロデューサーの坂本さん的には特訓中に話しかけると「はぁ…、はぁ…、なんですか?」みたいなのとか「頑張ってるんですが…すいません!す、すぐやりますから…今はちょっと休ませて…」とか「先生、うららのハァハァしてる顔がみたいからってやりすぎだよぉ〜(特訓のノルマあげすぎという意味)」とかが見られるのも魅力だとか。

ちょっとHENTAIすぎひん?と思って引かれるかもですが、バトガのコンセプトは意訳すると「画面に向かってただ笑いかけてるだけの子たちにしたくない」でして、先生に反発、キレる様子もストーリー本編では見かけますし、言うことを聞かない、指示を無視する、スキあればサボろうとする、特訓をしっかりやるんだぞと言うとロコツに嫌な顔をされるなどなど、各女の子たちは決して「いい子」ばかりじゃあないんですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/02 02:35
遥香っちゃんはかなりいい子の側のはずなんですが…安心しきってると、意外な頑固さや人生経験の不足からくる善意の押し付けで困らされたりと、はた目で見えるほどパーフェクト美少女ではないのです。
なにより一緒にいると食費がマッハで減っていくという意味でお金のかかる子っていうね…。

博愛主義で介護ボランティアにも時間を割いているということから、勝手に家庭的なイメージを持ってしまいますが、彼女が料理をした記述は僕の知ってる中ではメインストーリーでボランティアで訪れている独居老人宅でのもののみ(実際にもってないメイドカードのストーリーでは「甘いからこれくらい砂糖入れてるでしょと1kgまるまる入れたケーキを先生にふるまって卒倒させているそうです…)。
味のない味噌汁、切れ切ってないたくあんなど、前者はおそらく心配性の為に塩分を控えめにしすぎただけでしょうけど、後者は擁護のしようもなく…!
おじいさんはそれでも感謝してましたけどね。

つまり…、意外とダメ女子なんですよね…。コーヒー・紅茶は喫茶店でバイトしてるせいか、おいしく入れれるそうなので、親友のみきちゃんのようにまるっきりレシピを無視する壊滅的なセンスではないようですが…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qeGxUdEdrcUNSWE0
星守メイドカフェイベントにて。先生が注文したいちごタルトは遥香っちゃんの大好物。食べようとすると「あ…、ああっ」と涙目になるので気になって食べられないよ…と、ひとくち食べさせてあげたのですが、なんと一口でいちごタルトを食べてしまった為、先生の分はなくなりました(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/02 02:35
この時のいちごタルトは提携してる「キュアメイドカフェ」のやつを出しただけか…。
結局彼女の料理の腕はわからずじまいのままなのよね。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qb194bHdHb0VPWHM
と思ったら、同じくメイドカフェのイベントで「望ちゃん特製ビーフシチュー」が売り切れたので、かわりに遥香っちゃんがつくってくれたのが「山のような野菜大盛りと角切りと見まごうほどのチャーシューにこってりの太麺のラーメン」…つまり「二郎系ラーメン」。
あ、よかった、遥香っちゃんは料理が上手いことになりました。ヒャア!

で、色々解決した気がしたので「遥香っちゃんご機嫌斜め記念コメ」、最後にこれを貼っておきます。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZGJ6cm5jVXI0WDQ
1回なでたら機嫌が直ったの巻。去年の浴衣ひけててよかった!(戦闘能力は微妙な模様。まあ1年前のだしね…)
ちなみになかよしスキルの名前が「魔性の上目使い」です。

それにしても今回の浴衣カードではサドネちゃんが大変なことになってる模様。
去年の「浴衣くるみ」の再来か?となる潜在能力を秘めたスキルのようです…。
電撃の寸評が出たら確定権あるうちにもう1回くらい引いてみるかなー。
■雑談■@kurotama
2016/08/02 02:38
■明日はベガス★@PSO2の話。
・久々にストーリーの更新が楽しみですね。いちおう新エリアとなる「ラスベガス」が先行プレイできるとのことで「やる意味なし」「ビンゴの為に飛ばし飛ばしやってる」みたいに言われてるストーリーに価値が生まれたわけです。
3週間前倒しというのは大盤振る舞いだなぁと思いますが…、同時に「PSO2の新エリアってフリー解放して15分やったらクリアしきってふぅんってなる」あの現象をそんなに前倒しにして大丈夫なのか?とも思いますね…。
実装後の土日に旬が来てそれ以降は人が減り続ける一方のアレが今回はなんとかなるんでしょうか。

個人的には「Sクリア報酬でSG1」とかで釣る以外良い手段が思い浮かびませんが…?
でもクエストにそれつけるとアレなんで24時間で回復のオーダーで持ちキャラ分とか。
ちなみに僕はSGいらないので特にやらない気がします(´・ω・`)

【告知】ジョジョ第4部第18話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/2(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/08/02 20:26
■ベガスは一週間後だったの巻@PSO2の話。
・おいおい、今週一週間は何もないってことですかーッ!
まあその分オフゲやろうオフゲ。

■孤独のグルメスペシャル@雑談。
・本日8/3は「孤独のグルメスペシャル」放送!

【終了】ジョジョ第4部第18話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、本日はGorgorthさん、ハツネビーストさん、ストロボヤンマさんが来てくださって、おしゃべりとJOJO鑑賞を楽しみましたよう。
4部はあまり詳しくない僕でも知っているキャラクター「重ちー」が登場する今回、重ちー役が山口勝平さんということで期待してたんですが、期待を裏切らないアレでした!

残高200円くらい、サイフの中には20円という貧乏人の仗助くん、先日ジョセフさんが透明の赤ん坊の道具を買いそろえた13万円の分減ってるもんね…と思ったら「ポンと13万払われたせいでついつい無駄遣いしちまったよぉーッ」という中々の無軌道っぷり。
そんな金欠高校生の前に1円玉をひろってヒャホーとなってるスタンドが登場。

追っていくとそこには町中から小銭をかきあつめた少年「重ちー」の姿が。
その素晴らしさにイマイチ気づいていない重ちーにカネに目がくらんだ仗助くんと億泰くんが「アドバイス」をして「山分け」しようと持ちかけ、サービス券を集めて6万円以上の現ナマをゲットします。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/03 01:53
しかし、集めたのは自分のスタンド「ハーヴェスト(収穫)」だし…と急にカネを出し惜しむ重ちーの態度に3人の仲が次第にギスギスしていきます。
そんな中、宝くじを集めるように指示していた億泰くんが、そんなん当たるわけねーだろうがよぉーッとタカをくくる重ちー、仗助くんの二人を尻目に当選番号の乗っている本を眺める億泰くんは、その宝くじが「500万円」当たっていることに気が付いたのです…。

狂喜乱舞し、欲望にゆがんだイヤな顔でヒャアーッハーと喜ぶチンピラ二人を見て、重ちーは「半分だってやるもんか…」とギリリと歯ぎしりして今回は終了。

いやー、後に「黄金の精神」と称えられる高潔な精神を持つジョースター家の人間が大金を前に顔を悪く歪ませる様が見られる貴重な回でしたw
今まで100円以下の小銭を拾い集め、14万円ものお金を貯めていた重ちー。
最初は初めて「スタンド」が見え、友達になろうぜと言ってくれた二人に「集めたお金半分あげるよ」と差し出していたのに、彼らの入れ知恵によって収益が何倍にも上がると急に「もったいない」と感じて横柄になる姿とか、お金を巡って荒れ気味なチンピラ二人の浅ましい姿など、お金ってこえーなwと思わせる描写が面白かったです。

前回の尊い自己犠牲精神とそれを受けた熱い想いの話からかけ離れた欲にまみれたゲス話という振れ幅の大きさもまた面白いんですよねー。
仗助くんの顔に悪そうなスミベタが入ってあはははははと笑ってる姿は本当にカネの魔力を示していて面白かった。

来てくださったみなさん、今週もありがとうございましたー!
■終了■@kurotama
2016/08/03 01:53
■思い通りの展開にニヤニヤしていたら@イース8の話。
・ええ、もう熱中して寝る間も惜しんでイース8をやっています。面白いです。
先日語ったアレの通り(おしりの話ではなく)、過去の人物が現在の人物を未来視で見て困った状態が起こったらその時点で介入し、タイムパラドックスを意図的に起こすのではないか?」という僕の仮設は見事にストーリーで扱われました。

ちなみにタイムパラドックスとは、過去に取った行動によって未来が書き換わる現象で、現実では過去→未来の結果は一つしかないものを過去に遡ることで改変があり得るのでは?という架空の理論です。
タイムトラベルものであまりにも起こるので定義づけられ、その度合いは作者に依りまして、中には「歴史の修正力」という現象で「帳尻」を合わせられることから逃げ続けたりします。

例えば、誰かを救うと代わりに誰かが死に、改変後の未来でその子孫のどちらかが消えることになるとか、身代りに立てた人物かその系譜に属する人間が歴史上重要なことを成すはずだった人物だった為想像もできない現実の変更が起きてしまうなど…、神ならぬ人には扱いきれない事象に触れる為、多くの可能性を描くことが出来る、ある意味人気の設定です。

アドルが夢でダーナちゃんを観ているのは遺されし秘法的な過去からのメッセージではなく、ダーナちゃん自身も(数年をかけて)アドルの冒険を垣間見ているという「意識の共有化」が起こっていたのです。

最初の頃はダーナちゃんからすれば「見知らぬ異世界で見慣れない恰好をした仲間たちと困難に立ち向かう謎の赤毛の青年になる夢」であり、このセイレン島の前半の冒険を指しています。
確かにセイレン島南側は北側とだいぶ様子が違いますからね。2500m級の山岳を境に気候も植生も結構違うようですし。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/03 03:24
しかしアドルが山脈を越えたあたりからダーナちゃんの見知った風景になり、彼が見る崩れ落ちた廃墟の姿はまさしく自らの故郷エタニアの姿。彼女はエタニアは永遠の繁栄をしたわけではないと悲しい気持ちになりながらも、今自分たちのできることはないか、滅ぶとするならその原因はなんなのかを探るため、今や有能な祭司長として補佐をしてくれているご学友のオルガちゃんに「巫女様は長期遠征に行っておられる」ことにしてもらい、アドルの旅のサポートをする為動き始めます。

で、ここでその「意図的タイムパラドックス」がなんとシステム化w

ゲームのTIPSに「アドルとダーナの意識共有」と称して、アドルが進行で困ったらダーナにチェンジして樹を植えてもらえば通れなかったとこが通れるようになるゾ!的な解説がつき、いつでも入れ替わりが可能になりました(´_ゝ`)

ふ、ふいんき(なぜか変換できない)台無しーwww
その連想に体を震わせた僕のドキドキを返してほしいww

で「はいはいタイパタイパ」「ちょっとダーナちゃん、そのステキなお樹々をチョイトね、へへ、お願いしますよ…未来への投資(笑)だと思ってww」と、とてもお安い感じになるのかな…、世の中せちがらいニャ…と思ってたら、続けてダブルの衝撃が僕を襲うのでした。
(ネタバレ回避的な意味も含めて、明日以降に続きを書きます(ノ∇`))
■雑談■@kurotama
2016/08/03 03:24
■スネ毛作家の恐怖@雑談。
・ジュウオウジャー最新話のタイトルが「巨獣ハンター」だったんですが、僕は安永航一郎先生のマンガのタイトル名を思い浮かべてしまいました(読んだことなし)。
タイトルだけで脳裏に焼き付けるなんてすごいと思いました。タイトルって重要。

■本当に怖い形式@バトガの話。
・コミックマーケットでバトガのグッズが先行販売とのことでラバーバッジがロード画面のSDキャラをそのままグッズ化したもので、とってもかわいいので、600円で安いし(後にコロプラグッズページで買えるようになったら)買おうかな^^と思ったら「トレーディング形式で販売」とのこと(ちなみにピンバッジは一つ1700円する)。

なぁにぃそれぇ?と思って調べて見ると…、トレーディングカードの追加パックのように中身が分からない状態で販売…つまり、リアルガチャ(ガチャガチャ販売機と違って予想もできない)ですよ。

かろうじて「闇鍋」にならないように6人ずつ分けられているんですが、1ガチャ600円とか…。
あれだ、日本人は本当にあたったぁはずれたぁでキャッキャするのが好きな民族ですね(´・ω・`)

ちなみに「バトルガールハイスクール」のタイトルはイマイチだと始めた当初から思ってます。
「ラーメンギョウザライス」くらい直球すぎる。
「スクールガールストライカーズ」のほうがストライカーとかオシャレな単語つかってていいと思います。
先日機種のせいでプレイできず断念した「マジガーーーール!」もバカっぽいけど「ああ、マジなんですね。マジックもかけてるの??」と思わせる分、バトガよりいい気もする。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/03 19:56
ちなみに初代プロデューサーさん肝いりの略称「バトガール(バドワイザー・ガール→バドガールの感じで)」は一切受け入れられず、電撃攻略サイトでも早い時期からサイトアイコン名、サイト内略称で「バトガ」と言われ続け、開始1年をまたずに公式ツイッターも「バトガ」になった悲しい過去があります。
プロデューサーが押そうとダメなものはダメということですねw

■買う気はなかったのに…@雑談。
・ジャンプ+で連載中の「たべかけ福音計画」。
ジャンプに似つかわしくない昔の少女漫画のようなかわいらしいふわふわ系の絵柄の方なんですが…、ついコミックスをポチってしまいました。
第一話の内容は…

サキュバスの母を持つヒロインの水織(ミオリ)。
父と共に母に捨てられ、父から「この化け物め!」と虐待を受けそうになって逃げ出します。
教会にたどり着いた彼女は自分の血を呪い「ころしてください。神様の力で清めてください」とお願いしますが、神父様は「魂を清めることができるのは自分の中の強い心だけだ」と聡し、それから10年間、シスターとして奉仕活動と修行をして暮らしています。

しかしサキュバスの性(サガ)として男性の精気を吸わなければならず、神父様の息子である主人公真紘(マヒロ)から毎日精気をもらっていたのです。
本来は口から吸うのですが、自分のその性質を負い目にしか感じていない彼女は手首を吸わせてもらうだけなのでした。

マヒロは周囲からは不良と思われていますがその本心はミオリを護れる強い男になりたいからで、いつも申し訳なさそうに吸うミオリに「平気だから遠慮するな」と強がって見せます。

マヒロからいつも精気をもらっているミオリはできるだけ食欲を抑えようとするのですが、空腹を紛らわすために精神統一の水浴びをしていた所でマヒロと遭遇(バスタオルはつけてますが)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/03 19:57
ミオリは無意識のうちにマヒロに密着し、迫ってしまいます。

あわてて体を離す二人ですが、ミオリはマヒロを見て「おいしそう」と思ってしまったことに激しく自己嫌悪し、家出してしまうのでした…。


この漫画の素晴らしい所は「ビッチ種族であるサキュバス(母は事実、旦那に飽きて出て行った)の母を持つミオリが、とても清く正しい心を持ちながら、食欲にも似た精気への欲求を抑えられないでいる様」がとてもかわいいことです。
そしてマヒロはそんなミオリが心配でしょうがないけど、女子としてちょうカワイイ(上に、種族特性で異性を興奮させるオーラというかフェロモンを放っている)ミオリの様子に健全な男子として最近こう、抗えないものが出て来てしまうことに戸惑い混乱しながらも誠実であろうとしてついつい辛く当たってしまって後悔するようなヤキモキ感がいいんですよ(*´Д`*)=3

上では省略してますが、話には続きがありまして、そこでわかった新事実により、2話め以降はミオリがマヒロの負担を軽減するために彼をコーフンさせようと奮起するようになります。
種族特性と真逆の性質を持つ清楚で心優しい彼女が必死になる様もあわせてかなり人気が高い作品になってると思います。

漫画URL→http://plus.shonenjump.com/rensai_detail.html?item_cd=SHSA_JP01PLUS00004842_57
テーマのわりに絵柄もかわいいので、ラブコメ好きに普通にオススメできます。
明日には多分「コミックス1巻に収録」でほぼ全話読めなくなるのでIMADAKEですぞ。

ちなみに作者さんの読み切り「猫かぶり小夜曲」も「たべかけ福音計画」と同じノリのほんのりファンタジーラブコメで、とってもいい感じです。
■雑談■@kurotama
2016/08/03 19:58
■最恐怪談スペシャルみたいなの見た@雑談。
・最近の恐怖番組は本当にただの動画コンテストみたいになってて本当におサムくなりましたね…。
「サバゲーやってたら天井をリッカー(バイオハザードのエネミー)が這って来た」とか失笑(誤用の方)クラスだったんだけどw
だからなんで撮った当初は気づいてなかったはずなのにバッチリ焦点がそっちに合っててフレームインし続けてるんだよwとツッコみたくてしょうがない。サバゲーやってる人撮ってやれよ。
また、「誕生日にロウソク吹き消すのやろうとして明かり消してライターで火をつけたら…謎の顔達が覗き込んでました…」も、謎の顔さんたちの表示されるスペースがばっちり空いてて「魅せてやろう」としてるのがよーくわかりました。

前半の恐怖動画ではカメラに見切れ気味で映ってたり、最後のフレームになぜかしっかり合わせて一瞬映るとか「らしさ」の演出が見え隠れしたのにねえ。
僕これだったらアマゾンの奥地に謎の生物探しに行ってくれた方がいいなー。
でも確実にびっくりする系のはやっぱり「深海探査艇で見る深海生物が生きてる姿」のほうですかね。
あれもスポット当ててるから、光に驚いて結構逃げてると思うんですよ。

明かりで照らした中に見えてるものだけで深海を知った気になっていると…とかがあるとわくわくするんですが、深海は逆に音や反響で疑似的に見るのがメインなので夢もへったくれもないのよね(´・ω・`)

希望はやっぱり深海だと思うんだよなァ。
しかし今はもう世界で最も深いマリアナ海溝も一応最深部には到達されているようで、大きくはないものの生物も居たそうです。
くっ…、夢とかないんですかね…!
■雑談■@kurotama
2016/08/03 20:26
■うへへ、後半1時間はなかなかよかったぞう@雑談。
・心霊番組なんかくっだらねww くるならウチに来てみろってのwww と言ってた女性の部屋のテレビが消え、手形が次々とべた…べた…と表れて「なにこれ、なんなのよォーッ」と画面を覗きこむと、自分の背後にあたる位置に子供たちの顔が映っていて「アヒィーッ!ヒィーッ!ヒィーァアー」となる話がありました(*´Д`*)(記述は多少JOJOぽくしてあります)

イイネコレ!こういう視聴者の状況を逆手にとってゾクゾクさせる…自虐ネタとでもいいましょうか。
これはイイですねぇ。

その後有名住職さんがあれこれした話とかはうん、別にいいです。
でも、おばあちゃんの供養のアレでうちに住職さまが来られたこととかありましたけど、お坊さんのお経っていいですよね。
信心が足りないので途中でちょっと飽きて来てしまうのですが、唱える側は霊に聞こえるように色々込めておられるのでしょうし、聞き応えはある感じです。

■まだ大丈夫、資産はあるよ…@バトガの話。
・ええ、今回の浴衣'16ガチャの電撃wikiの評価が出きりました。
終わってみればひなた先生とサドネちゃんが大当たりだったようで、他も衣装がかわいいのでまあ良しという感じでありました。

うちが最初の1回だけやってひなた先生と明日葉ちゃんをゲットし、明日葉ちゃんも2ヒットでかつどの敵にも距離次第で「得意」状態にできる万能武器のツインバレットに15秒間3WAY弾になる「散弾」がついて大型をロックオンすると1タップで6ヒットがズババババ、ズバババ!と当たって気持ちいいのでわりといいです(問題はうちにあるツインバレットは1音の初期武器に近いのだけしかないということ)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 01:23
絵柄的には全員誰でもOK、性能・演出的に欲しいのはサドネちゃん、楓ちゃん、桜ちゃん、ゆりちゃんでしょうか(浴衣は平坦なほうが似合うので絵柄的にも欲しい)
そんなわけで、まだカブる可能性が低い今のうちに1回ちょっと確定250をやっちゃいましょう。
もしカブってしまい新規カードがゼロだったとしても、前回2枚ゲットしてますからギリでトントンではありますし…。


(ここまで引く前に書きました)






画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdHpfTEYtQ1NCb0k
おお、公式ツイッターで「未亡人のような」と言われ、親友の花音ちゃんから「憂い」を帯びた感じと言われてしまっている、ちょっと大人びすぎている(カレシが居たこともないのに未亡人言われてますよww)詩穂さんが出ました!

まあ新規カードが出たので良し…!
これ以上浪費する前に今度こそ撤退撤退ー。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qNWh2bmI4SUdDajA
水着は残念ながら来ませんでしたが浴衣でのご登場。相変わらずちょっと色っぽい系の発言が目立ちます。
聖・ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイのあからさまな系統と少し方向性が違いますけど、詩穂さんも煽ってくる派ですね…。
遥香っちゃんと同じく癒し系ですがあっちが聖ならこっちは柔という感じです(怒らせたら笑顔でキレる怖さはなぜか共通)。
ストーリーでは今大変なことになっていて、一元的な物の見方しかできない若めの先生から舌打ちで迎えられる悲しきオンナではありますが、季節イベントではそんなのお構いなしに前のまんまですよう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 01:23
戦闘能力的には「HP・SP回復フィールド」という新しい能力を開花させてくれましたが、ぶっこわれを危惧したのか「SP600消費で5秒しか持たず、SP300回復」という、協力プレイ向けの性能になりました。

ちなみに「5コンボ以降SP9%アップ」みたいななかよしスキル(パッシブスキル)があれば、意図的に5コンボで攻撃を切る度にSP現在値が9%回復するため、2500SPあれば225SP回復するのよね…。

悪いけどちょっと微妙と言わざるを得ないなぁー。

まあ星守の中も明るい子、物静かな子とか居ますのでざっと分けてみると…(度合いの強い子ほど左に居ます。無は無気力・無頓着などマイペースでフラットな精神の持ち主です)

陽:ひなた、みき、昴、望、うらら、ミシェル、花音、蓮華、ゆり
無:くるみ、桜、あんこ
陰:サドネ、詩穂、明日葉、楓、心美、遥香

という感じでしょうか。
もちろん、ほぼ全員、明るい所と暗い所や悩んだりする部分は持ち合わせてはいるのですが、ざっくり傾向で分けるとこんな感じです。

ちなみに精神力の強さですと(左ほど強い。気の強さや言動の激しさではない。困難に陥った時の耐性の主観です)

心美、桜、蓮華、くるみ、明日葉、遥香、みき、楓、あんこ、ミシェル、花音、望、うらら、昴、ひなた、ゆり、サドネ、詩穂

こんな感じ。自信の能力・経歴に自負のある子、挫折や無力さを痛感して立ち直ったエピソードがある子は強く、普段イケイケで騒がしい子ほどその力が通じない時に折れやすい傾向があるようです。
いわゆる「闇に囚われたことがある」「人生経験が足りない」子たちは評価が低めに、絶望的な展開でも心折れずに立ち向かった活躍のあった子は高めになっています(全員戦闘不能になっても当時のラスボスに啖呵をきった遥香っちゃんとか)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 01:25
個人的に推したいのはやっぱり心美ちゃん。
この子は下級生に意見もできないような弱腰の子なんですが、いかなる状況も受け止めて「でも…」と言い出す勇気があるのです。
控えめで意見は最後まで言いださないことも多かった彼女ですが、変わろうとして親友のうららちゃんのマネをして前に出ようとして、それをやり遂げてしまうという成長キャラなんです。
うららちゃんは「控えめ巨○でオトコ受けしそうなのにハートも強く(中の人の関係もあって)、実は歌唱力も優れている」という潜在能力の高さに大変な危機感を感じており、しょっちゅう「ぐぬぬ」となっています。

桜ちゃんは純粋に「天才」であるからで、ひなたちゃんに頼まれる、相手の非道にキレるなど、スイッチが入ると大抵相手をビビらせるほどの徹底的な勝利を納めますが、普段はめんどくさがりのダメ人間です。

聖ド両ビれんげ先パイは「努力家」であり、妬みによって追い落とされ、新体操選手への道を閉ざされた過去から、人を気遣い空気を読んでバランスと取ろうと実は一番心を砕いている星守のムードメーカーであり、先生をからかう態度とは裏腹に、同胞を護りたい気持ちは実は星守一強いかもしれない重要人物だったりします。
ただし、自分が努力家であること、仲間想いであることを表に出すのを嫌う為、裏方に回ろう回ろうとするあまり「なにかたくらんでるな」としか思われないのが玉にキズ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 01:26
詩穂さんはまあシナリオでターゲットになったこともありますけど、いわゆる「依存」の傾向が最初から見え隠れしていた子ですから、しょうがない所もありますよね。
家族や生活を守る為に環境をせっせと整えてその中を快適にする能力はとても高いですが、外的要因でペースを乱されたり崩れたりするのを極端に忌避する、変化を求めないタイプというか…。
アイドル世界に飛び込んだのも「花音ちゃんの傍に立つ」という居場所があったから耐えられていた所を新たなコミュニティとの出会いによる些細な変化に疎外感を感じる…、ああ、わかりますね。若いころの僕の悩みみたいだなコレw(そういう性格なのでコミケとかのサークルに馴染めなかったのです。かといって仲間内だけでできることは限られるし、どんどん個人の都合で人が減るし…っていう)

まあそんな感じで、僕の浴衣ガチャはここで今度こそおしまいです。
今度こそ貯蓄方面に行かないと!
性能の低い時にはバンバカ来ていたサドネちゃんは肝心な時には表れてくれませんでした(ノ∇`)

バレンタイン、Tiara、入浴、ウェディング、'16水着と来てくれた回数は多いのに、どれも戦闘力としては電撃でB判定のものばかりというね…。うぎぎ。

そういえば今回謎の「二日間確定期間延長」が来たのですが、水着に比べて回す人少なかったんですかねえ。
温泉もいいけどやっぱり水着こそが女子モノの華って気もするから、比べる方が悪いって気もしますけどw
■雑談■@kurotama
2016/08/04 01:29
■ネタバレ注意だけど特に問題ないと思う@イース8の話。
・コメント欄に書かれたワードは検索でもひっかかりにくいというか相当下位に置かれてしまうネット界の掟がありまして、記事タイトルにしなければ外から検索で飛んでくることなどほぼ不可能なんですよう。
よってこのコメント欄を読んでいる方はほぼいないということになりますが…。
まあ…よし!(イース8関連コメントはいずれまとめて記事にアップする予定。お盆休みとかに)

で、本編のほうは「はいはいタイパタイパ(タイムパラドックス)」と、未来にいるアドルの危機を未来視で視たダーナちゃんが、アドルの危機(主に橋が落ちてる等、どうしようもないアレ)を見てからダーナちゃん的現代で「ヒモロギの樹」という太いツルのような幹を持つ樹の苗を植えれば「樹は最初からありましたけど、何か?」という感じでうまいこと道がつながるんです。

同行するメンバーも「アドルが急に倒れた!」と一瞬道から目を放したスキに「そこに樹がある」状態になっていて最初はびっくりしますが、アドルは夢のことをわりと詳細にメンバーに打ち明けていますから、2度めあたりから適応してきました。
かしこいラクシャちゃんとかは「道が途切れていますね…、アドル、そこのクリスタルを触ってみてください」と「早く過去のダーナさんに頼んでなんとかしてもらいなさい」と指示する有様。
適応しすぎぃ。まさしく「はいはいタイパタイパ」ですよ。

で、僕の想像した通りの展開にワクワクしてたら「それが当然に」なっていく感じで、少しさびしさを感じながら奥へ奥へ行くとですね…、同行しているリコッタちゃんの「父上」、ユーモアと余裕を忘れない先パイ探検家の「タナトス」おじさんが示唆してくれた「とある物」を見つけるんです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 20:32
おそらく今回のイース8の物語の中で、最も経験を積み知性と精神的タフネスを兼ね備えた「オトナの男」である彼は、空を飛ぶ古代種にエサとしてさらわれて空を飛んだ際に「とある物」を見ており、アドルの夢の話を聞いた時に「ピン」と来たようなのです。

で「自分の目で確かめてくると良い」と促され、アドルが「とある物」の前に進むと…、なんと、ダーナちゃん本人が大樹の籠に護られて眠っているではないですか!!

僕はてっきり、物語終盤までアドルとダーナちゃんは交わることなく、TVCMでも力尽きて崩れ落ちるダーナちゃんの姿が描かれてますから、ラスボスに単身挑むも力尽き、遺骸に残った幽霊的な姿でアドルとご対面、ラスボスのヒミツを伝えて後を託すものだとばかり思っていたんです。

あ、黒玉さんは発想がグロいと良く言われます(⊃д⊂)
アメリアちゃんのプロフィールとかでも彼女いきなり死んでるしな…。

でもそれもこれも全部ファルコムが悪い。
まだ「ベルセルク」なんか始まったばかりの頃、日本ファルコムが世に出した「ダイナソア」というダンジョンRPGが全て悪いのです。
これはいわゆる「ダークファンタジー」でして、主人公たちは霧で覆われた森を抜けた先にある街で出会い、そこから抜け出す為、城の宝を狙う為、帰ってこない人を探す為、それぞれの目的を果たすために手を組みます。

素性も何も知らずに協力しあう仲間たちですが、城の深部に進むにつれ「この城はおかしい」とそのヤバさに気が付いたり、探し人を見つけたらきがくるっていたとか、あまりハッピーでないことばかり起きて不安しかありません。
変な四天王とかが要所要所護ってるしさあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 20:32
そしてその地の秘密は、太古の軍神が呼び起こされて滅びた街の中で死者たちが解放を求めて生者にすがり、抗いきれなかったものもまた死者の列に並ぶことになる…という地獄でした。
軍神は争いをこそ望むもの、この地が安息になることなど望んではいないのです。
元はなぜ呼び出されたのか知る由はありません。戦争に勝つためか、繁栄を約束して欲しかったのか…(明確な理由はあったけど忘れました)。
死者の中には後に訪れた者に軍神を倒す力を与えてこの地を解放してもらおうとする者もおり、主人公たちは脱出する為、死者の魂を救う為など、理由は様々ですが、軍神に挑み、そして退けるのでした…。
敗れた軍神は「おまえたちもまた争いに悦びを見出すものだ」と主人公たちに賞賛とも呪いとも取れる言葉を残して一応消滅します(大分意訳が入っています)。

全てが終わり霧が晴れると、そこにはただの朽ちた街があるだけ。
自分たちはみんなで揃って夢でも見ていたのか…と思いますが、いくつかの事象が「それは現実ではないかもしれないが、自分たちが潜り抜けてきた事柄は事実である」と示しています。

冒険者たちは問題が解決した者、新たな絆を得た者、自らの迷いを断ち切って晴れやかに故郷に戻る者など、また散り散りになっていくのでした。

いやいや、エルリックサーガとかきちんと読んだことなかった僕にはこの背徳的で救いもない世界観が新鮮でねえ。
心に深く刻み込まれてしまってるんだと思います。
こう書くとグロいのかと思うでしょうが、ダイナソアの話自体は実はそこまでグロくはないです。
死者の云々というのはエンディングで霧が晴れた時初めて確信できるものですからね。
この感じがまた「自分たちは夢でも見ていたのか?」とプレイヤーまでもが思わされるなんともいえない感じを見せてくれたんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 20:33
今みたいにきっちり全ての情景を描くゲームではないから登場人物もカードイラストで出てくるだけで背景や風景なんかありませんからね。
そこに生活感があるものだと勝手に思い込んでいたのはプレイヤーだけで、実際は通路になぜか食料も住処も持たない「現地の人間」がいるだけでもゲームプレイ時に違和感は感じなかった。

だからエンディングの「すべては幻」というのが活きるわけで。
それに、明らかに生者だったけど物語の途中で死んだ人、道の途中で別れた人って、どうなったんでしょうか。
幻と一緒に消えたのかもしれないし、軍神の囲いを突破したのはもしかしたら主人公たちだけで、あの世界はまだ続いているのかもしれません。
更にいうと「裏パーティ」という存在が居まして、とある手順を踏むと、本編の「善人パーティ」と違う「悪党パーティ」が組めるんです。
でも彼らだってこの世界に来たことは変わらない。だけど主人公と組まなかったから「抜け出せなかった」。

そしてもし「悪党パーティ」と主人公が組んだら、本編の善人たちは、そこで救いもないまま永遠にさまよい続けるのかも…。
色々な想像ができるこの作品は「ファルコムなのにやたら深くて黒い」と大評判を呼びまして、今でも強烈なファンがいますね。
魔法の呪文の名前が酷似しているので「魔道士オーフェン」を書いた方がシナリオをやっていたのでは?と言われていますが、詳しくはよくわかりません。
日本ファルコムはクリエイターの扱いがひどくてよく逃げ出されていることで有名でしたから「元ファルコム」とか結構いるのですよ…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 20:33
あ、話を戻しまして

てっきり霊か物言わぬ遺骸とご対面ルートかと思ったら、目の前にピッチピチの姿でいるじゃあないですか(胸板レベルの貧○ですが。ちなみに彼女は巫女なので恋愛や結婚とは生涯縁がないはずですが、それとは別に背が低くまな板なことは少し気にしている模様)。

ちょっとガッカリしちゃったなぁと思いましたが、ダーナちゃんがどうして大樹の懐で数百…数千年?眠っていたのかについては本人も記憶に強いブロックをかけている模様で、無理に思い出そうとすると激痛が走ってやめさせられてしまいます。

だからプレイヤー的にはやはり、現代の記憶なしダーナちゃんは現地ガイド件戦闘員で、水晶からアクセスする過去に生きる、アドルの足取りを追うダーナちゃんと協力して彼女の過去、そしてエタニアに何が起きるのか、どうして彼女は現代に自分を送るしかなかったのかなどを探すことになります。

うんうん、これならこれで面白そう。

僕の考えた若干グロい再会に結果的にたどり着きそうでかつ、生前?のダーナちゃんをキャラクターとして見せることもできます。
今回のイース8の物語を組み上げた人はこれかなりすごいよなぁ。
正直イースの物語が本当に優れていたのは1・2だけで、その他のものはみんな「ありきたり」でした(7はなかなかよかったけど)。
「冒険家がその地の騒動に巻き込まれる中でヒロインとか助けてると地域に残る過去の謎と原因の敵がいてそれぶったおして次の地へ」っていうパターンが一緒だったんだけど、その間に出会う人やヒロイン、ドギがどこで加勢に来るか、アクションゲームとしては結構面白いよね、今回もBGM最高やないか!とか、いい意味の安定感はあるものの、物語自体は結構シンプルだったんですよねー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:00
だけど今回は「無人島の探索」「漂流者を集めて生活の場を組み上げていく過程」「漂流者同士のいさかい」「クセのある人物で和が乱れる」「漂流者の中に殺人鬼がいます!」とか、いろんな要素を絡めてものすごく楽しいです。

で、ダーナちゃんですが…どうして今ここにいるのかはわかりませんが、アドルが夢で見ている時点までの記憶は解放されているので、それまでの彼女の古代知識、エタニアの地理、島の脱出を阻むクラーケン的な(オケアノスと呼ばれています。まあギリシャ地方だからね)敵を退ける方法など、アドルたちの漂流村は「この島から脱出できるかも!」という新たな希望を見出すことになるのでした。

6部構成とのことだったけど4部が短かったので現在は5部。
レベルや装備的にははっきり言って終盤に近い感じがするので、物語の結末はわりと近い気もします…!
最近程度の低いゲーム(バトガは生活だからノーカウント)ばかりやっていたせいか、イース8がものすげー高品質に見えますぞう。

■わざとやってるんだと信じたい@雑談。
・ジャンプSQ発売日です。
正直に言いますと最近長期連載ものは長期感を出し過ぎて一か月の進みが遅い気がします。
月刊なのでページ数も多めでそれだけ手間をかけられる為、僕はこの月刊というペースは嫌いではないんですが、悪い言い方をすれば週刊のほうが4回「ヒキ」を作る所を、2〜3倍の分量で1回「ヒキ」なわけですから、悪い料理の仕方をすると単純に密度が半分くらいの「のんべんだらりとした漫画」になりかねないのです。
「青の祓魔師」も「終わりのセラフ」も一か月分では少し足りませんが、まとめて読むときちんと面白そうなあたり、惜しい感じがします。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:00
妙に人気のあったサッカー漫画「1/11(じゅういちぶんのいち」)」の作者さんが描く「世界を救った後目的を無くした勇者がコンカツに挑む」作品とかは一話完結なのでページ数が多いのを上手く活用できてると思うんですが…(いわゆる「勇者と魔王モノ」なんですが、作者さんからそのジャンルに対する愛着が見えにくいのが難。舞台装置に選んだだけっていう作劇上の手段という気がする。本当はまたスポーツ人情モノでもやりたかったのでは…?と邪推する出来ですね)。

まあ今からする話はソレとは関係ありません。
泉光(いずみ みつ)先生という、超絶美麗作画の先生が居りまして「背景を描きこむのが好きです」という、世の中の「背景描くの嫌だようキャラだけ描きたいようパースとか消失点とかこの世から消えて?そうだ、AIが背景描けるようになってよぅ」と願っている絵描きさんからすれば羨望するか敵視するかしかないような先生です。
というか、もうモデルを線画で出力するツールとかないの?僕も背景大嫌いなんだけど。

…。
まあ、なんらかの形で見て頂ければ「超絶」「美麗」が決して言いすぎでないことは確認できると思います。
(実は背景を描く知識がないと人体も上手く描けないぞ!)

その先生が描く初のオリジナル長編漫画が「7thGarden」でして、世界を作って支配している「天使」に何かを奪われた「悪魔」ヴィーデが、天使たちが「小人」と呼ぶ人間の青年アウィンの住処と守りたい大切な人たちを護る代わりにその悪魔に体を貸す契約をし、襲い来る天使と戦うバトルファンタジーです。
読み切りをポツポツ描いているおられる時には見せなかった残虐描写によって、美麗なキャラたちが「クチャメキポキ」とつぶされたりとか平気でします。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:04
ヴィーデさんもこれまで天使1名をSATUGAIしてますが、□リ幼女を容赦なく真っ二つにしてトドメもクチャっと刺すとか、元の絵が美しいだけにちょう怖いです。
だけどそれは大体、ヴィーデさんの恨みの深さを表現したり、どうしようもない絶望を呼ぶためにしょうがなく用意された必然性のある残酷表現だと思いましょう。

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のコミカライズではそういう表現が一切なかっただけに、びっくりされた方も多いかと思いますが、まあしょうがない。

で、何が「わざとやっているのか」という話ですが、今月は絶体絶命のアウィンとヴィーデ(この作品では天使や悪魔は小人に自分を武装としてまとわせることで決闘します。通常のケガなどは「修復」が可能ですが、天使と悪魔の戦いではほぼ修復できない為、まさしく「殺し合い」となります)の元に現れた、アウィン視点での旦那様「イオラ」と使用人頭のおねえさんであり自分の剣の師匠「リズ」が子供の姿の本性を出し、ヴィーデにというかアウィンに加勢する熱いシーンが描かれました。
二人はお互いに武器になることができ、状況に応じてお互いを使い合う形で戦闘を盛り上げるのですが…。

弓状の武器になったイオラを構えるリズが正確に狙う描写で「ロックオン」するんですよ。

その時、アタックのスペルが「ATAKKU01(〜04まで4つのロックオンマーカー)」となってるんです…。

おいィ? スクリーントーン作成ソフトか、イマドキならコミックスタジオとかでやってるんでしょうけど…。
アシスタントたち、先生、編集、校正の4段階のチェック全員が「ATAKKU」をスルーしたのかよw
アタックはATTACKですが(一応コワイのできちんと調べた)、キーボで入力する時は確かに「ATAKKU」ですからねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:04
英語知らないアシスタントが忙しい泉センセの為によかれと思ってやったけど英語知らなかったと理解しておくことにします…。
リズがアホの子だったらいいのですが、相当キレるタイプの女子だし、そもそも兵器のゴーグルの表示だからなー。
ということはイオラが英語知らない子になるのかな?旦那様ロールプレイしてたのに…。
単行本では直ってると信じたいけど、「イオラくんが変化した武器であって、彼は英語苦手みたいですw」みたいにヒネった解答とかしてくれるならいいけど、彼もおバカキャラではないんだよなー。

まあ悪いのはチェックを怠って印刷に載せた集英社ですね。
作家サイドは忙しいんだからタイプミスくらいするのをフォローし、文芸・資料・教養方面をサポートするのが編集者であり、出版元でしょう

重箱のスミをつつくような話題ですが、それだけ画面をしっかり楽しませてもらってるからこそ気づいたということで。
全ての漫画雑誌を読んでるわけでもないですけど、方向性や好みを差し引いても泉センセの画力はかなり高いとこにあると思うので、見てみるのも悪くないと思います。
ただこの作品は、僕は平気ですが…、罪のないかわいい女の子が斬られたりするからちょっとエグいかもなぁ。
「あの花」のほうがオススメかも。

■実は一番楽しみにしてた@雑談。
・今一番盛り上がってるSQの漫画は僕の中で「青エク」でも「セラフ」でもなく、「米沢先生」でもないし「大森サティスファクション」でもない…。
サンデーの「天野めぐみはスキだらけっ」の台頭によって少々お株を奪われ気味の「千早さんはそのままでいい」でもないのです。

それは「大正処女御伽話(たいしょうおとめおとぎばなし)」です。
事故で右手が動かなくなった主人公タマヒコの元に、父に買われて連れてこられた少女ユヅ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:38
その一家では「死亡扱い」として田舎に家を買い与えられて隔離され、右手が使えない為に1人で着替えもできない身となった上に母を亡くしてすっかり厭世的になってしまった彼の心をなごませるのは、ひたすら明るいユヅでした。
しかしユヅもまた「金で買われた」ということで大層ひどいめに合わされるかもだけど両親の為にも頑張らねば…と悲痛な覚悟で同居することになったタマヒコの想像以上の優しさとその内に抱える悲しみを知って、徐々に二人の愛情は深まっていくのです…という、昔ながらの純愛物語なのですが…。

ユヅの学生時代の友人が当時では微妙な、今でいう「できちゃった結婚」をすることになったので、家に入る前に学生時代の大の親友だったユヅと東京観光しましょうとお誘いをされ、タマヒコの許可ももらって東京へ出かけたその日「関東大震災」が起こってしまいます。

タマヒコの住む田舎は大したことはありませんでしたが、関東大震災と言えば、当時木造建築の長屋作りが多く、お昼時だったこともあって大火でひどいことになった日本の歴史上でも相当悲惨な出来事のうちの一つ。
そんな中に「たまたま」お上りさんになってしまったユヅの安否が気になって仕方がないタマヒコは、つい先日一番の上の弟を奉公に出したばかりの悪女ポジションの娘リョウと、ユヅを探しに東京に向かうのでした。

地獄のような様相となった東京をさまよってユヅを見つけたタマヒコは仮設診療所に彼女を運びますが、幸い外傷はほぼありませんでした。
タマヒコは彼女を探している間中「まだ言ってないことがたくさん、たくさんあるのに…」と後悔しつづけ、やっと見つけた彼女はこん睡状態。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:38
今は生きていてもこのまま栄養も取れないままなら衰弱死してしまうと聞かされ、気が気ではありません。

一方ユヅは眠りの中で「自分はどうしてタマヒコを好きになったのか」を思い返していました。
これまでの連載の中で語られたエピソードを思い返し、1年以上共に過ごして来た中で機会を見つけては告げようとしてもなんともならず「いつか夫婦になるのだとしてもこの気持ちは直接伝えなければダメ。生きて必ず再会する」と願い、自力で目覚めるのです。

徹夜で看病をしていたタマヒコは目を覚ましたユヅを見て喜び、ユヅは目の前に居てくれたタマヒコに「ずっと伝えたかった気持ち」を、周囲に人がいるにも関わらず大きな声で言ってしまうのです「好き…大好きです」と。

はあああああああ、すごい。
昔の連続ドラマ見てるみたいです(*´Д`*)ハァハァ

なんかもう完全に二人の気持ちが一つになってしまってて来月辺りにはエンディング迎えそうなノリですが、それはそれで…まあよし!
考えてみても「新たな困難」でも発生させなければ大体解決してるのよなあ。

作者さんが「古き良き純愛話を描きますよう」と宣言してただけあって、当時(文明開化あたりから突如始まった)のムーブメントである「結婚前の女子は清らかでなくてはならない」という道徳観の中で、人買いや奉公、村八分や世間体なども交えて描いてきたこの作品、とても良いです。
■雑談■@kurotama
2016/08/04 22:39
■エッグがリサイクルできるようになるそうです!@PSO2の話。
・★10エッグと★11エッグは「10個で」ラムグラ1つになるそうですー!

…。

★10はともかく、★11エッグが10個貯まるまで倉庫に入れたままにしておかないとなの?
どっちでもまとめて10個ならまだわからんでもないけどなぁ。
PSO2はケチくさすぎですね(;´ρ`)ノ
バランス調整とか長期的視点とかより「めんどくさい」「ケチくさい」が前面に出過ぎてる。
今このゲームで「おほーっこんなもの拾っちゃったよおおおぉん」っていうアイテム、あまりないですよねー。

ちなみに東京ボスからしょぼいエッグが出る確率は下がりますが、例えば大和とかの大箱の中身のエッグ率は特に変わらない模様です(´・ω・`)

現状は武器強化改善?によってラムグラが120個ずつ必要とかそういうのではなくなりましたから、10個で1個というのはあまりにもショボすぎる。
どっちかというと「エッグのレアは色を変える」「Suになってない時はエッグをドロップしません」か「新世武器のEXPになります」のほうがありがたかった。

他にもSG80消費するガチャを「10連できるようになりました!」」とか、頭おかしいと思います。
20SG100円やで…800SGって(多量購入ボーナスを考慮しない場合)、4000円なんだけど。
あの内容で、およそ40%の確率で微妙な消耗品が出るガチャを一度に4000円回す子いるのかな。

僕そのお金あったら焼肉かお寿司の食べ放題行きたい(ヽ´ω`)ゲソソ

8/13の生放送で秋からの新たなお楽しみが発表されるといいんですが…、もう1年、グッダグダのままやぞ…!?
■雑談■@kurotama
2016/08/05 20:02
■スイカ味のちのあめがふったある夏の夜@バトガの話。
・先日「ツインバレット(2丁拳銃)に散弾がつくイカしたカード」である、浴衣明日葉ちゃんが来たものの、ツインバレットがほぼ初期の1音武器しかない…と書いた後、センバツで頂いた「武器ガチャチケット」を3枚引いたら…、2音のツインバレット「ブラッディシャワー」がでてくれました。
本当はもう一段上の「クリムゾンハニー」こそが「ゲームが終わる」と言われてる武器でして、与ダメ7、コンボ威力アップ6、スタン4…と、威力は上がるわ麻痺させるわですごいやつなんです。
ツインバレットは射程が超長い2ヒット射撃なので、状態異常と相性がいいのです。

で、ブラッディシャワーは役に立たないのか…と思ってたんですが、そちらも実は毒5、麻痺3というヤバイ効果が最初から付いてまして…。
武器自体に威力補正がなく、レアリティもハニーより低いので威力も大分目減りしてるんですが、今回の夏祭りイベント後半は「はぐれイロウスを倒せ」がまたきてるんですよ。

この「はぐれイロウス」というのは、クエストクリア後に一定の確率で遭遇できる追加イベントでして、挑むかどうかはプレイヤーが選ぶことが出来ます。
そして、プチレイドイベントですので、倒しきれなければ他プレイヤーに依頼として投げることもできるし、自分で再遭遇するまで確保することもできます。
ただし一時間以内に撃破しないと逃げられてしまうので、火力のない人は他プレイヤーに投げた方が撃破できるようになります。

このイベントはたまに挿入されるのですが、一匹撃破するごとにはぐれイロウスのレベルが上がっていき、報酬と共にHPもどっかどか上がっていくのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/06 03:54
そして毎日レベルがリセットできるので、やることないヒマガヒマガヒマガーと言ってる先生たちには絶好のアレなわけですよ。
というのも、最後のレベルまで倒しきると「星のかけら」が結構もらえるのです。
なので毎日レベル上限まで狩ればイベント期間中星のかけらが掘り放題というわけですね。

しかし、以前は最大16レベルまでおり、星のかけらも毎日25個掘れたのですが…、あまりの苦行に不満が続出。
やらないといけないわけじゃないんだからイヤならやらなきゃいいじゃんっていうのはゲームでは不思議と通用しないんですよねw
僕は1周したらもういいわwとやめてたんですが、毎日命を燃やして16レベルまで撃破し続けていた子たちとかいたようで…。

さらに敵HPがこれまでのバトガでは考えられない程の100万HP越えだったので、意外なことに「毒」がすごく有効になりました。
状態異常「毒」は1秒にHPの1%削る効果のようで、効果時間の10秒で敵のHPが10%削れるわけです。

これが猛威を振るいまして、確実に毒を与えられる★3カードが重用されるくらいブームになりました。
なにせ、当時は敵に1万越えのダメージを与えるスキルとかあまりなかったのに、1秒に1万以上削れていくわけでw

そのせいで次の開催から、敵に「毒耐性」のようなものが付けられ、該当スキルを5発くらい叩き込むとようやく毒にできるようになったんです。
毒レベルはおそらく「かかりやすさ」で、毒耐性が10だとしたら毒レベルを合計10以上になるまでヒットさせると発動という感じでしょうかねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/06 03:54
で、今回はもう5回めくらいの「はぐれイロウス」イベントになりますが、数々の非難を受けて「毎日レベル5まで5体撃破できる」「5体撃破時にもらえる星のかけらは毎日6個(その他素材などももらえる)」となりましたが、レベル5はHP150万、防御力もカタいとまた先生が(#^ω^)ピキピキとなりそうな要素を持たされています(HPをあげるのはいいけど防御はあげるべきじゃないんですよねー)。

そこで、ブラッディシャワーさんです。ツインバレットで毒5ついてるこの武器は、戦闘開始から数発撃ちこんだだけでもう相手のHPが1%ずつ削れ始めてますので「とても毒にしやすい」特性がありまして…。

敵HPが高ければ高いほど凶悪になるので、レベル5はぐれイロウスのHP150万だと、1秒に15000ずつ削れます。
さらに武器に他の武器をつける「サブ武器」システムのおかげで、今ブラシャワさんは毒5、麻痺3、スタン1、HP吸収1…とひどい有様。

敵が上手くスタンなどで行動不能になれば「ヒャッハー、ダックハントだぜ!」と動かない的に集中射撃出来る為、一番すごくハマッた時などは制限時間60秒の間に77万HP削ることもありました。
ご自慢のソード遥香っちゃんにケズってもらった所、敵の攻撃のマヒをもらわない運がいい時で37万ほどしか削れていないので、ツインバレットの対単体エネミー相手の削り能力はすさまじいことになってるわけです。

ちなみにそのエネミー、イベント特有の冗談エネミーでして、本来なら突進と電磁ロッドによるマヒ攻撃が驚異の戦闘用ドローンなんですが、今回はボディをスイカ色に塗られ、サングラスをかけ、名前も「真夏のしましまBOY!」とつけられてのご登場。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/06 03:55
特設イベントバトルも「真夏のスイカ割り」と称されてこのスイカ色ドローンはパキャっと割る感じになってるのです。

なにげにバトガはイベントごとにテクスチャ変更とはいえボスの形を変えてくる(ぬいぐるみスライムとか、メイドドラゴンとか、チアーゴーレムとか、ゴスロリドラゴンとか…)ので、見た目の使いまわし感が少なくていい感じ。

さらにですね、はぐれイロウスを沸かせるには通常のイベントクエストをまわらないといけないのですが、そこはうちの鍛え上げられたエリート星守たちは8〜15秒でクリア出来る上、運が良いと武器を強化する素材を6個くらい拾ってくるので、周回が苦じゃない。
さらに最大5匹になったので、上記の毒ツインバレットがあれば協力プレイで他の人の力を借りずとも星のかけら6個、武器素材最低10個、親密度上げアイテムが最低5個、およそ1時間ほどでもらえてしまいます。

録画見ながらでもできるので、まだまだやる気がたくさんある僕には特に苦にならない労力かなー。
なんていうか、素材の確保のさせ方とか、周回させたいなら周回しやすいマップを作るとか、チマチマ重ねた努力がつぎのガチャの礎になるとことか、ソゲソゲとバカにしてますけど、誘導がすごく自然でプレイしただけ帰ってくる感じが素晴らしいのよね。

最近ログボしかもらってない状態のPSO2も、プレイする人の気持ちを操るようになってくれればと思うんですが、酒井さんがやりたいこととプレイヤーの間にははっきりと溝があるようなので、もうあまり期待はしてませんねえ。

まあバトガのほうもネットではさんざん「ヒマガ」「オワガ」「坂本死ね」「またカブった…もう心が折れました」と言われてるんですが、ほんとに「PSO2やってみろよw」と言いたくなります(´・ω・`)
■雑談■@kurotama
2016/08/06 03:57
■たまにはほめなな@PSO2の話。
・もう終了してから4か月経った「PSO2ジアニメ」。
今は弓子&ラスト侍のご夫婦のパトカを得られるオーダーがきていますよね。
前回の†コア†・リリカ・ムサシのトリオでもできたんですが…、この一連のオーダーは「受注時にパトカがもらえる」んですよ。
なので最後のムサシのオーダーは受けたら即破棄しても大丈夫なんです。
そして今回は弓子さんと一緒にアークスクエを一つやったらラスト侍さんのオーダーが出現。

つまり、実質「アークスクエ一回でパトカ2枚」ゲットできるわけですね。
前回のトリオの時は4回くらいクリアしないとだったので多少ダルかったんですが、今回のみたいな配慮はとても良いなーと思います。
イツキとかのメインキャラならともかく、弓子・ラスト侍はさすがに脇役であり、持ちキャラ全員分やらないとダメですからね(当然いらないならスルーして構わないけど)。
で、弓子・ラスト侍の公式セリフは全部押さえたい!という方以外はやらなくていいわけです。
更に、なぜ弓子さんから始まるの?というのも、声優さんの名前を見れば理解してもらえるかと。
きっこちゃんキャラだけでいいという方は2回話しかけただけでパトカゲットですからねえ。

全てやりたい人にはクリアセリフとか用意するけど、手抜きでいいかなと思う人もモノだけは簡単にゲットできるようにする…。
こういう配慮が見え隠れしてるのはわりと「どういうオーダーが好まれてどういうのものが嫌われるのか」をよく研究してて、こなれてきた感じがします。
ハンスくんオーダーも昔は敵種限定だったのを「そのエリアにいる種族を○○匹」に変えた過去もあります。
ランダムをえんえん探し回るのが面倒という意見に配慮したんでしょうけど、オーダーに関してはわりと気が利いたことしてる印象です。
■雑談■@kurotama
2016/08/06 19:33
■お知らせ■
・フレパリスト更新しました!

■サギとは言わないけど@雑談。
・フジテレビの男子柔道60kg級がやるというからTVをつけて1時間(52分)。
一行に始まらないんだが? いやいや、地球の裏側から生中継だから不測の事態に備えてゆるりとしたスケジュール組んでるのはうっすらとわかりますが、段取りが悪いと感じてしまう(;´ρ`)ノ
もうすぐ開始まもなく開始じゃなくて開催予定時刻を言え…!その時までTV見ないから…!
これを書いてる横でも現地リポーターが「まもなく!まもなくです!」と言ってるんですが…開催予定時刻を言え…!
うぎぎ。

そういえば柔道は前(前々もかな)オリンピックで「金なし」だったということでだいぶ落ち込んだ模様。
以前外国の方が何かで「日本人は選手自身も見てる側も金以外認めないのがひどい」と言ってましたね。
言われてみれば「惜しくも銀」とかいうフレーズをよく聞いたもんです。
銅メダルでも「入賞であり、世界3位なんだからすげー」なんですよねー。
誰が良いとか悪いとかではないですが、言われてみればその通り。
そもそも国の代表選手ってだけで只者じゃないんだから「がんばれ!がんばった!よくやった!」でもいいかなーと思いますね。

…でも「負けてもいいや、出られただけでもボクは満足さ」と心の底から考えてる選手なんか一人もいないわけで(多分ね)、金を取る意気込みで行け!そして応援する側も「楽しんで来い」より「勝ってくれ」になるのも当然って気もするよなぁ。
その応援する気持ちがあるからこその「惜しくも〜」の言い回しだと思いますがね。
勘違いして「金じゃないからショボw」という心無いコメントと混ざってる気もするなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/06 22:26
そんなわけで僕は柔道・空手(今はないけど)・テコンドーなどの対戦競技観戦が大好きだったりします。
レスリングはなぜかピンとこないので、立ち競技が好きな模様。

そして今競技種目を見たら、ボクシングとかあるのかー。
しかしなぜかボクシングは興業のほうのプロボクシングを見たいって気がします。
偏見なんですけど、綺麗なスポーツのボクシングはこう…、なんか違うというか。
漫画とかの影響かもですが…。

■武器ガチャの日@バトガの話。
・いつもどおりガチャ→イベント前半→イベント後半→武器ガチャ→センバツの流れで順調に進んでおりまして、今回も武器ガチャのターンになりましたので、こちらも武器ガチャを引いてきましたヽ(´ー`)ノ

しかしあまりにも誰もガチャしてくれなかった為、武器ガチャにも「星のかけら150個で10+1回引けて、11個めは★4武器確定」という確定権が付くようになったため、うちも引くようになったんですよねー。

なにより課金要素武器ですから、どれが出てもかなり強い。
微妙だとしても最近実装された「サブ武器セット」によって、特殊能力付与ができるようになった為に星のかけら150個分の価値はあるわけです。
欲しいのがあるからと何度もやるとダブりの悲劇が起こりますので、確定権1回だけやれば貴重なかけらを確実に自軍の戦力強化につながるわけですよう。
ホント、ヒカキンにやさしいゲームだよなぁ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/06 22:27
で、今回うちは…「ツインバレット」があたりました!
電撃wikiで性能を調べてくると…コンボ威力8、HP吸収5、SP回復アップ3と、手数が多く安定した戦いをできるツインバレットとしては更に守りを固めた武器と言えますが…(コンボを長く続けやすいのでコンボ8は何気にすごいが)、リズムが「複音」であり、しかも最悪の「1・2・3音複合」です。
つまり、タップする度にリズムを確認して変えないといけないので、糞端末のうちでは乱戦においてはラグとリズム変化でロクに戦えないことが予想されますね(;´ρ`)

以前引いた超絶強力ロッドさんも、性能は究極レベルだというのに「1・2・3音」であり、コンボが安定しないので結果的に使えないという…。
いい端末ならほんとにすさまじいロッドなんだけどねえ。
だからこのツインバレットもありがたいけど使いにくそうだなぁw

ちなみに先日の「ブラッディシャワー」の攻撃力が480くらいで、こちらの「祭弾・双天」は759とケタ違い(ケタは一緒だけど!)の威力差ですから、間違いなく強力な武器には違いないのですがー。

まあ今回の「はぐれイロウス狩り」イベントではブラッディシャワーさんの毒能力のほうが優秀って気もしますねー。
■雑談■@kurotama
2016/08/06 22:28
■どくじゅう!@バトガの話。
・ええ、やってやりました。
ついに宿敵である御剣風蘭先生(みつるぎ ふうらん。5年前は星守をしていたらしく「歴代最強の星守」と言われていたが、年齢制限にて引退。現在は星守の技術・装備開発を一手に引き受ける才女だが、適当で責任感のない態度で何度も演習中の星守を命の危険にあわせているクズ。おそらくなんでも自分のハイスペック基準で考えるので周りの人がついていけないタイプなんでしょう…)を倒しました。

といってもVRによる模擬戦なんですが…。
このゲームには毎日0時に支給される5枚のチケットで、素材稼ぎ、コイン稼ぎ、経験値稼ぎなど好きなお得クエストに挑む権利をもらえるのですが、休日は0時と12時に10枚ずつ支給されるので稼ぎたい放題になるんですよ。

でもやることねーぞゴラァというヒマ先生を黙らせる為に「週末検定」なるものを用意したんですね。
それは連続30ステージに及ぶ大型クエストなんですが、最初は1枚チケット消費、次は2枚…と5枚まで上がっていくため、1週ではクリアできないんです。
しかも失敗したらチケットは没収、先に進むには「Sランク」でないといけないため、クエストによっては2〜3回にわけて挑まないとSランク要項を満たしきることが出来ないなど、気長にやりーなというものだったんです。

で、最近の、栄養のよくなってよく発育した星守なら(以前は1800くらいあればよしと言われていた攻撃力が最近のカードでは2400などになっていて、ゆるやかに底値が上昇しているのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/07 02:38
HPも4000あればよかったのが6000〜8000あるようになり、14倍で最高!と言われていたスキル倍率は25倍で「威力低め」と言われるようになっており、条件付きなら70倍とかのスキルも出るようになりました)いけるかな…?とたまに挑んではいたんですが、それでもステージ30の御剣先生を3人がかりでいいから倒せというクエストがクリアできませんでして…。

ネットで「ハメ技」動画も見てみましたが、うちの端末では無理な動きをしてまして無理だったんですよ(ノ∇`)
で、人間型エネミーは射撃等に対して過敏に回避行動をとるので、弾数無限のツインバレットならハメ殺せるのでは?と思っていどんだのですが、1音武器では弾幕が薄く、詰め寄られて返り討ちになってしまいまして…。

しかしですね、2音固定武器のブラッディシャワーさんが降臨された今、弾幕は2倍。1タップで2ヒットですから、4発の銃弾が敵AIにとってはさぞ危険なものに見えるのでしょうねえ、クククク。

実際は24+75とかしか与えられず、膨大なHPを持つ御剣先生なら、かわさずにそのまま詰め寄ればひよっこである現星守などピチュンってしてしまえると思うのですが…。
このクエストが実装された時にはなかった武器ですからね、ツインバレットは。

しかし、使える物は使わせて頂きます。
いい加減うちの子たちを勝たせてやって欲しい!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/07 02:38
遠くからマップのカドに御剣センセを追い詰めて全星守の怒りを乗せた明日葉ちゃんのブラッディシャワーが容赦なく襲いかかりましたww

おまけにサブ武器も込めて毒のレベルは7に上げてありますから、時折毒になって2400x10とか削られてます。
1ヒット100以下ないのが4ヒットですから、10秒で24000というのは大変大きなダメージと言えますね。

で、こんな感じに。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQVE4ZHg2dnhQa0E
御剣先生を撃破!しかしこれだけでは華がないので大天使遥香っちゃんの活躍を大公開です。ミミちゃんのロッド技で魔法少女的にスイカドローンをパキャっとしてます。

いやー、これでようやっとクリアできました。
ちなみに先ほどゲットした最新サイキョーツインバレットは武器としての性能はブラッディシャワーさんより遥かに強かったですが、毒の状態異常になるHPが膨大なボスに関してはブラシャワさんの毒攻撃のほうが強烈みたいですね(サブ武器で毒をつけてもっとも上手くやっても60秒55万ほどしか削れなかった。ブラシャワさんは77万とか削れます)。
■雑談■@kurotama
2016/08/07 02:38
■はじめからフルスロットルだぜ!@PSO2の話。
・これはさんざん言われてきたことですが、生放送で内容先出し、報酬の武器も潜在能力までまるだしにした上、コレクトファイルで品目まで最初から開示されてるというのはなんとも味気ないですね…。

コレクトファイルはマップ踏破、エネミー撃破が一定数になると解放とか、段階踏めなかったんでしょうかねぇ。

コレクトファイルとは違いますが、ドラゴンズドグマオンラインなんかではその地域にたどり着くと、各所の問題ごとを解決という名目で地域開放クエスト群がその地の管理者から依頼されるんですよ。

で、それをこなしていくと自然に地理は理解しやすくなり、コンプした後にはそこへの転移移動ができるようになったりとか利便性が上がるし報酬も得られるという形で、世界紹介、エリア探索をゲームに取り入れてるんですよね。

PSO2のほうも「○○のオブジェを見てこい」とか「○○を何匹撃破してくれ」みたいなおつかいをゲーム進行に取り入れるなどすればよかったのかなーとか思いますね。

【告知】しゅういちオンザビーチ
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/7(日)23時からの「ビーチウォーズ」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
ラスベガスが先週からだと思ったらそんなことはなく、ストーリーの解放でさえ来週で、フリーとして実装は更にその2週間後!というわけで、仲間うちでビーチウォーズをプレイしてみませんか〜。

そんなわけで、22:45頃より参加希望のウィスを受付しています!
途中参加もOKですー。
ブロックが混雑していた場合移動もできます!

それではよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/08/07 13:19
■はるかとおけきラスベガス@PSO2の話。
・喫茶でおしゃべりをしてる時「ラスベガスのフリーが来たらまた集まるようにもなると思うけどー」と発言して、それがまだ2週間以上先だということに絶望しました(´・ω・`)
8/13の生放送でなんかうきょーッってなるような要素が発表されないかなー…。

■毎日暑いので…@雑談。
・焼肉が食べたいです。ちょう食べたい。
牛丼屋のほしゃい肉じゃなくて、ステーキっぽい肉厚のアレをレア気味でギヂィイって噛みたい。
でも焼肉屋やステーキ屋に行くお金はないので、スーパーで安い木曜日か火曜日にいいアメリカ産お肉でも買ってきてうちで焼こう。
最近は分厚い豚肉が300円くらいで3枚食べれるので、くっそ高い牛を少な目にしてそれを合わせればお店で食べる値段以下でおなか一杯肉祭りができますよう。
はあああああ、にくにくにくにく、おにくたべたいよぉ。

■バトルスピリッツを流し見しながら書いています@雑談。
・またアルバトロサ家って言った…。
字で書くと何がおかしいの?ってなりますけど、画面をちらちらとしか見てない状態では「サケ」の部分だけ気になって、アルバトロ「サケ」と言われるたびに「サケ?」と振り向いてしまうんです(´・ω・`)メイワク

【終了】しゅういちオンザビーチ
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
というわけで、今日はストロボヤンマさん、ハツネビーストさん、大和さん、メアさん、ヴィクターさん、Gorgorthさんが来てくださって、7名でわーきゃーオン・ザ・ビーチできました!(※先ほどからおかしなテンションなのはお酒が入っているからです)

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/08 02:01
敵の出は相変わらずでして、エンペラッピーには出会えませんでした。
これほんと、クロームとガルグリフォンじゃなく、エンペラッピーを固定で出してくれませんかね…!

そういえばNPCでSOROさんが浮かれポンチな恰好をして登場してくれるんですが、ハツネビーストさんからの情報で「実は素手で来ています」と教えてもらっていたんです。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qVmJNdkRDLUEzaE0
たしかにSOROさん素手でしたw マジ寄生NPCなんだけどww


で、上手いこといって3周できまして、今回は大和さんに★13メロンエッグ、ヴィクターさんに★13ワンダ、ターニアちゃんに★13バレットボウ・グライロウが出た感じでした。
おめでとうございます!(また「サケ」って聞こえた)

ちなみに「★13よりエンペラッピーのほうがレアなんですが…」といわれていましたが、ほんとそんな感じでしたね(;´ρ`)ノ

その後はおしゃべりしてる間にNierさんが来られたようですが、気が付いたら消えておられました(ノ∇`)
しかし月曜日が手ごわいですということで皆さん早めに落ちる感じでしたので、こちらも解散しておしまいになりましたー。

皆さん、またよろしくお願いしますー!
■終了■@kurotama
2016/08/08 02:01
■しんのしょうしゃが誕生@雑談。
・ニセコイが終了しました(´・ω・`)
数年の時が経ち、あの時の主人公たちはみな就職する年齢になっていました。
そして楽(主人公)は…「公務員をやりながら家業のヤクザを継ぐ」という状態になっていました。

彼の説明をざっくり意訳しますと「うちの組織も悪いことはしておらず、むしろこの街に他の勢力が台頭するのを防ぐ役目を担っており、チトゲんチのマフィアと衝突しかねないのも全て街を護りたいが為だったし、なにより彼らを放っておけない」ということで、侠客のほうのヤクザだから暴力団じゃないヨということで、定時までは公務員、うちに帰ったらヤクザの頭目という生活を送るということになったそうです。
うん…。

暴 力 団 関 係 者 は 公 務 員 な れ な い か ら ね ?

公務員にも地方・国家、一種二種とか色々ありますから一概には言えませんが…、楽のなりたがってるのはこれまでの言動からすると市役所の中の人みたいな「地方公務員」に属するアレのようです。
まあそっちなら昔から「口利き」「縁故採用」が根強く言われてるアレですから「街を護る裏の顔」であった楽の父が手をまわせばなれそうではありますね。

で、ファッションデザイナーとして成功したチトゲと約束の日に再開してそのままつきあったこともないままケッコンすることになってるそうですが…、パティシエの恰好をした小野寺ちゃんが二人のウェディングケーキを用意して待っており、楽と軽口をたたき合う「良い友達」として付き合いが続いていることが示唆されていました。

彼女は先週の卒業式のあの状態のまま「チトゲのことを好きで夢(公務員)に向かう楽の隣でいい女友達を続ける」という形で過ごし、自分も夢を見つけ達成したということなんでしょうね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/08 22:25
彼らの為にウェディングケーキを作った小野寺ちゃんがそれでふっきれて新たな恋に進む、もしくは見届けた後で今おつきあいしてる人と真剣に今後を考えるなどでないと、厳しすぎるというか楽に都合がよすぎて気持ち悪い。
デザイナーとして飛び回るチトゲがいない寂しさを紛らわせる愛人くらいになってたほうがまだぜんぜん理解できる…。

確かに彼女は「忍ぶ恋」が似合うオンナです。
そんなものは文化祭の演劇イベントで「ジュリエットに選ばれて楽と演技キスまでするドキドキの展開だったのにクラスメイトを助けたら足をくじいて練習のレの字もしてないチトゲが代役になって演劇はグダグダになったけど楽を始めとして全員がフォローしてハチャメチャロミジュリになったけど結果的には大ウケし、小野寺ちゃんは屋上で楽にだけ演技を見てもらえて小さな幸せを感じる」というケツマツを見た時にみなさんが言ってた「それ愛人の喜びやからな…(涙)」というアレからもわかってました(⊃д⊂)

いやー、ひどいエンディングでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/08 22:26
では誰がしんのしょうしゃなんでしょうか。
「シツレンして逃げてたら勝手に楽が釣れおったwww魅力ありすぎてサーセンwww」のチトゲさんでしょうか?
違いますね。

彼女は世界的に有名になった後に実家がマフィアだったことがバレ、ダンナがヤクザでありながら公務員をやってたスキャンダルでブランドごと失墜して落ちぶれる未来しか待ってません(´_ゝ`)ウラノwカオww

それは…、途中脱退したパワフルタフネスbPの九州オンナ、警視総監を父に持つマリーちゃん…、の熱烈なファンである「千葉県のYさん」です。

千葉県のYさん(以降Yさん)は、人気投票の度にマリー推しで投票はがきを数千と送り、公正を期すためにジャンプについてる応募券を必要とされれば20万円分相当のジャンプを購入し、それも封じられるとマリーの誕生日にオーダーメイドの指輪だかなんだかを送ってきたという、ニセコイの有名ファンなのです。
作者さんからも「ありがたい」と言及があり、読者からも「マリーはYさんとこに嫁げよw」と言われてました。

あれこれあってふっきれたマリーは数年後、病気療養も終わって「楽の代わりになるくらいステキな人とお見合い」をし続けていました。
その中に「千葉県在住の…?ふむふむ」みたいなセリフがあって、読者からしたら「そのYさんと末永くお幸せにww」とほっこりさせらたわけです。

しんのしょうしゃは作者半公認でセリフにだけ登場した「千葉県のYさん」で
ウッドボール(キマリ=決まり=木の鞠。ファミ通ネタ)だね!
■雑談■@kurotama
2016/08/08 22:26
■たびのおわり@イース8の話。
・ふわあああああ、イース8が面白いですよう。
もうそろそろ本当の終盤となってきまして、クリア前ですが「クリア後(レベル)ダンジョン」のボスも撃破し、今はやり込み要素を埋めながら装備の強化を図っています。
とりあえず、ラクシャちゃんがキャラ・萌え・おしり・戦闘力・イケメンドS執事に言葉責めされる…とあまりにもカンペキすぎて辛い。
「アドルと(大好きだった)父がそっくりすぎて…そ、その…」みたいな根底に流れるファザコン的なアレも素晴らしい(*´Д`*)
ファルコムはいつの間にか、こんな萌えモンスター娘を産み出せるようになってたんですね…。
「男子3日合わざれば括目して見よ」です。素晴らしい!グッジョブ。
ラクシャちゃんをニヨニヨしながら見守るだけで7000円の価値はありますね。あのイケメンドS執事の気持ちがよくわかる。

ちなみに前作「イース・セルセタ」では、アドルがほぼ最後に覚えるスキル(必殺技)が「画面の時間を停止させて光の剣で薙ぎ払いから振りおろしを行う」というまさしくチートスキルを身につけます。
この「画面を停止」というのはアドルの能力ではなく、ただの「演出」なんですが、スキルをたくさん使っていると放てる「最終奥義」的なEXスキルでのみ許されている特権だったんです。それを終盤のアドルはSPを支払うだけで容易に時間を止めながら一方的に攻撃できるのです。

あまりにも強い為、SPが自動回復する装備品と軽減する装備品を合わせて付ければ難易度がハードだろうとナイトメアだろうとラクショーとなりかねない危険な技でした。主人公だからいいんじゃねとも言えますが。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/09 20:27
で、ラクシャちゃんが僕の歪んだ目線を抜きにしても40レベル台で習得するスキルが、この「画面停止」の演出を持っているスキルでして、基礎消費が高いのでEXスキルを使う為のポイントも多く得られ、威力もバツ牛ンなので、これを連打してるだけで20レベル格上だろうとなんだろうと優位に立ちまわることが出来るのです。

また、彼女はレイピアを使い手なのですが、消費の少なくコンパクトなモーションでひたすら連打する技が多く、装備品の中の「状態異常を付加する」ものを身に着けると、敵をあっという間に状態異常にできるんです。
このゲームは敵も味方も「状態異常攻撃を複数回受けて蓄積度が100になると状態異常になる」というルールで、格闘ゲームよろしく「スタン値ゲージ」も見えるようになってますので、「ブレイク(斬・打・突の耐性が消えて一定時間マヒする)」値に特化した突き技や、「スタン」値に特化した突き技を持つラクシャちゃんは「サポートキャラ」の側面が強いはずなのですが…、それらを使いこなすと、巨大な恐竜をスタンさせても良し、攻撃回数で状態異常を誘発しても良し、猛攻で手が付けられない相手を「画面停止」演出スキルで封じながら戦うのも良し…、とサポートキャラを超えて「敵を完封しつつ撃破できる強キャラ」となってるんですよ。

もう一人の突属性を使い手のガンナーのヒュンメルさんも、いわゆる「当て身技」を持ってまして、受付時間の長いカウンター待ち攻撃スキルを持っているので、時間がかかってもとにかく被害を抑えたいバトルではカウンター狙いで戦うとやたらと強いという…。

今回のイースは突属性がやたらと強い印象なんですよねー。

前作の突属性のカーナちゃんも後半は投げナイフの域を超えた「ナパームショット」などで大暴れしたものですが、イースのバトルヒロインは強いですねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/09 20:28
ちなみに□リ視点抜きでもかわいいもう一人のヒロイン、リコッタちゃんは「巨大な骨をブーメランのように投げて広域範囲攻撃」を行ったりしており、幼○が巨大な武器を〜のポイントをしっかりつかんでいます。
「リコッタいずれボン・キュッ・ボンなる。アドル、ツバつけるなら今のうち!」とか狙いすぎててとってもいいですね!
アドルには恋愛機能がついてないからある意味安心。

話のほうはネタバレになるのであまり詳細にかけませんが、こんな壮大になるとは思ってなかったw
諸星大二郎先生の「妖怪ハンター(奇談)」並にすごかった…。
これまでのイースシリーズで最大級のスケールのデカさだよな…これ。

この直後にイース6・7の話を1年の間に体験したアドルは「スケールちっさw」とか思わなかったのか、そこだけが不安です(ノ∇`)
というか、なんでこのあたりに集中してエピソードがあるかっていうと、アドルが「23歳」だからなんだと思います。

もう「赤毛の少年」の限界ラインを超えて「赤毛の青年」となってるのはいいのですが、うかつに時代を進めると「赤毛のおっさん」となるからなぁ…。
「30代のジャンプヒーローがいるか」と、シティハンターも銀魂も主人公は28〜29歳で踏みとどまらせてるんだし…、年齢のイメージって怖い。

30を超えた男性は「30なんかおっさん界では毛も生えそろってないヒヨっ子である」と知ってますが、10代、20代が見る「20代後半」のおっさん感は果てしないですからね。
だからいずれ「おっさんアドル」という新ビジュアルを打ち出した「ア○ルト・イース(アダ○トは必ずしもエ□いという意味ではありませんよ)」シリーズもやるのかも。
ウルフガイみたいな感じで。まあウルフガイはアダル○描写祭りだったけどさ…。
■雑談■@kurotama
2016/08/09 20:33
■明日こそベガス★@PSO2の話。
・はい、先週は「まだ」でしたね(ノ∇`)
今度こそベガスですが、あれをやるためにはストーリーを嫌でも進めないといけないわけで、そういう意味でもなかなかに上手い。
新エリアと言う華をプレイしたければストーリー見なな?というそういう流れは今後も取り入れて行ってほしいですが、ここ新マップって3か月に1回あればいいほうなんでしたねw

8/13の生放送、楽しみのような怖いような…!
何気に8月下旬以降のロードマップが空白なので、それに関することをドドンと超絶大発表する為に黙ってるしかなかったということだったと信じたいですね。
EP5でまたマトイちゃんと行くスペースファンタジーに戻ってもいいんやで?
地球なんてなかった。新種族の住まう惑星しんりゃ…、探検に出発だー。

【告知】ジョジョ第4部第19話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/9(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/08/09 20:42
■ひろし入院?@雑談。
・新聞を見ていたら「クレヨンしんちゃん」のパパこと野原ひろし役の藤原啓治さんが、病気療養の為収録をお休みすると発表されました。
ひろし(藤原さんの愛称。あえて敬称をつけない)と言えば、国民的アニメの声だけでなく、多くのアニメで落ち着いた役や「お父さん」役を任されることで有名ですし、アイアンマンの吹き替えだってひろしなのです。
きちんと休んで快復されるならいいのですが、声のお仕事をしてる方はよく喉のガンなどもありますからね。
とても心配です。

ちなみに僕が好きな彼の役は「ガンダム00(ダブルオー)」の敵役「アリー・アル・サーシェス」です。
ほんとうにドクズで救えないヤツなんですが「とーころがぎっちょん!」が忘れられません(ノ∇`)
特殊な能力も何も持たないのにただただ狡猾で強く、強力なガンダムを操る「パイロット」を撃ち殺してガンダムを奪うとか、もう一人の主人公の姉である記者を親切なフリをして撃ち殺すとか、スキをつく方面のしたたかさも描かれていて、本当に「コイツ早く死なないかな…」と思わせるクズ中のクズでした。
彼の手によって直接不幸を与えられたメインキャラは…片方の手で足りないくらいいますかね(;´ρ`)
間接的にはン十名というか戦争一つ単位どころか、いくつもの戦場を作ってきた男ですから、まさしく悪党。

あと最期も、情けを与えられたのに後ろから撃とうとして自滅とか、本当にドクズのまま改心もなにもなくみじめにやられたのもポイントが高い。
「実は事情があった系」とか、もうさんざん出てきましたから「純粋に自己中の性格破綻者」というクズ悪党を、国民的アニメのがんばるとーちゃんという好感触の役を演じているひろしがやったのが大変痛快でした。
だから僕は彼の役の中で一番好きなのが悪党役のサーシェスなのよね〜。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/10 02:48
ちなみに一般人に聞くとたぶん「青エクの神父!」とか出てくると思います。
ひょうひょうとしたオヤジを演じさせたら抜群の方なのですよー。
まあご多忙な方なので、休暇が出来たと思って養生して頂けたらいいですね。

■隠れた銘柄@雑談。
・たまにロヂャースにいくと買ってしまうのが「無敵ikka」というブランドのチューハイです。
名前がうさんくさいので、昔お隣の国で作られた第三のビール「バーリアル」を箱買いしてあまりのくそまずさに絶望して(感じ方には個人差があります。しかし僕のコメントは「馬のションベンみてーな」です。や、飲んだことはないけどさ)以来慎重になってまして、一応調べてウラを取ってから購入したんですが、一応メーカーは「アシードブリュー」という創業150年の酒造らしいので、とりあえず買ってみたのですが…。

これがなかなかンマーイ!
サントリーとかのSTRONG系チューハイより遥かにお安い350ml78円、500ml120円というのがいいのですよねー。
まるまる30円安い。
アルコール度数が高いのですがエグ味が少なく、少しジュースっぽい感じなんですが、体調がおもわしくないとSTRONGを苦いと感じることがある僕はこっちのが好きかもしれない。
あと安いってのは大きな力ですよ。チューハイというのは安さがウリなのですからね。
そんなわけでロヂャースにいくとついつい買ってしまうのでした。

【終了】ジョジョ第4部第19話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、JOJO史上おそらくもっともみっともない「カネの取り分で争う中高生」を描いた「重ちー編」後編ですよ。
来てくださったのはGorgorthさん、Lilyデューマンさん、ストロボヤンマさんでしたー。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/10 02:49
物語は銀行で500万円の宝くじを交換するシーンからスタート。
エリート銀行マンはなぜかこの中高生3名が「怪しい」と感じていて、裏に書いてある住所氏名と彼らのもってきた通帳の情報が違うことからジグジグといじめにかかります。
敵でなくても「気に入らないからいじわるしてやれ」で悪意が出たりするのもいい感じですよね。
何も大義名分のある誇りある敵、卑怯な敵ばかりではない、世の中「ただ気にくわない」という理由で嫌がらせを受けることなどよくあります。
結果、仗助くんの「クレイジーダイヤモンド」の能力で描かれていた文字の一部を作り替えることでエリ銀さんの思惑は外れ、見事に500万円をゲットする3人(手続き上の都合で現ナマは3日後に用意されますが)。

そこで重ちーが500万が惜しくなって、先ほど(先週)得たお金で二人を帰らせようとするのですが、億泰くんがついにブチ切れて重ちーを殴り飛ばしてしまい、重ちーは、ハーヴェストをけしかけるのでした。

一匹二匹殴り潰しても群体スタンドは本人にダメージが及ぶことがないのは億泰くんの兄、慶兆くんの時に思い知っています。
まずは彼を殴った億泰くんの脚がハーヴェストにグヂュルグジュル、ブヂィーっと足を引き裂かれるエグい攻撃をし、「追ってきたら殺す」と宣言して逃走します。
億泰くんの足をクレイジーダイヤモンドの能力で治癒した仗助くんたちも500万の正統な分け前を主張して追いかけるのですが、見た目は中学生を追いまわすチンピラ二人組ですから絵ヅラが最低ですw
転んだ重ちーはハーヴェスト達に自分を運ばせるスタイルで華麗にビルの屋上にまで逃げますが、仗助くんたちもスタンドを上手く利用して追いかけ、追い詰めることに成功します。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/10 02:49
小切手をよこせッと詰め寄る二人ですが、急に視界がゆがみ、ロレツがまわらなくなる状態に。
勝ち誇った重ちーが言うには酒屋の前を通った時にお酒を失敬してきたと、そしてそれをハーヴェストを使い二人の体内に血管注射。
血管に直接アルコールを打つと、内臓というフィルターを通していないアルコールが体の中を激しく駆け回ることをなぜか知っていて利用する重ちーの意外な頭脳プレイになんと歴戦の二人が手玉に取られてしまいます。

そして億泰くんはハーヴェストに目玉をつぶされ、仗助くんも同じ目に合わされそうになる所で、不良のたしなみなのか「さっきもらったカネと手持ちの全部をやるから、この場はなかったことにしてくれえ、頼むッ」と手打ちを要求。
「仗助がどうにかなったらオレの目を治してくれるヤツがいなくなるからよォーッ」ともっともらしいことを言いますが、その実、仗助くんに目くぼせを送って「(このカネで釣って射程距離まできたら…)」というたくらみを伝えます。

土下座したままカネを捧げる態度に調子のよくなった重ちーはまんまと近寄ってくるのですが、気づいてしまうのです。
これはスタンドの射程距離内に収めるためのワナだと。

しかし、億泰くんは「もう遅い」とザ・ハンドの「空間をケズり取る能力」で重ちーを引き寄せ、仗助くんのクレイジーダイヤモンドが素早く小切手を奪います。

これで…と小切手をビリビリに破り「俺たちの勝利は確定した」と宣言する仗助くん。
俺が直さないとこれは500万円にはならないよなぁーッとそのかけらを空にバラまくのでした。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/10 02:50
欲におぼれた重チーはハーヴェストにその破片を集めるように指示を出した結果…。

ガードなしで彼らにとっつかまるハメになったのです。
ブチ切れた仗助くんに殴られて「お勉強」させられる重ちー。当初は重ちーに250万、仗助・億泰に250万という取り分を「3等分」と宣言させられますが、そこで気づくのです。

あ、3人の力を合わせないとこの宝くじは取れなかったんだと。
それまでの欲にゆがんだ醜い表情はナリをひそめ、出会った時の朴訥な表情に戻った重ちーは快く3等分に納得するのでした。

受け取りの際に「あれ?役に立ったスタンドの数はハーヴェスト500体、2人は1体ずつ…、これは500:1:1で分けるべきなのでは?」と欲望が再発するのですが、さすがに「話が追わんねーだろうがボゲェ!」と突っ込まれて引き下がるのでした…。

あれこれありましたが3人は166万6666円ずつもらってハッピーエンドだったとさ…。
なにこれ羨ましい。

いやいや、お金を巡っていがみ合う3人の姿がとっても面白かったですねw
純粋で朴訥な重ちーがカネが絡んだ瞬間ゲスい顔になるのがよかった。

カネなんかなければ幸せなのにね^^;とクチで言っても現ナマを前にすると豹変するのが人間。
「人間賛歌(人間とは素晴らしいッ)」を謳うJOJOシリーズですが、汚い部分をしっかり描く(笑)のがよかったですね。

来てくださった皆さん、またご一緒しましょうヽ(´ー`)ノハヨネナ
■終了■@kurotama
2016/08/10 02:50
■んん?結構面白いよ@PSO2の話@
・ストーリー、いきなり世界がグッと広がって面白くなってきましたね!アースガイドの設定がモロに「バトルガールハイスクール」の「星守」と同じなんですが、それだけよくある設定ということで…。
後は「デパート崩落事件」「見たこともない親戚がテレビで泣きわめく」とか…、ヒツギちゃん&エンガくんの国籍が苗字に反して日本人じゃない感じなのを除けば、ファレグさんのコウ・カルナギっぷりもあわせて面白かったです。
(コウ・カルナギは漫画「ARMS」に出てくる人類最強の男であり、超能力者や戦闘サイボーグ、ミュータントがひしめく超人揃いの中、鍛えた技と武術一つで誰よりも強い男です。よく「バキ」の範馬勇次郎とどっちが強いか話題に上る)

あれだな、今までプレイヤーがヤキモキしてたのって、ヒツギちゃんを始めとした「女の感情論」だけで話が展開してたからだと思います。
「だって」と「でも」と「かわいそう」と「好き嫌い」など、感情を中心とした着眼点を誰も修正せずにただ眺めさせられ、ワケのわからんキチガイ共(ハギトさんやベトールさん)の理由なき暴走を「なんか許せないけど、なんか…その…許せないんだから!」とフワっとした感じで気持ちのままにわぁーってしてたらふにゃっと勝っちゃって「なんだったんだろう…」となってるのを見てプレイヤーも「なんなんだよww」となってたんですよね(ノ∇`)

それがエンガさんという、きちんと筋道だてて話ができ、敵と自分とヒツギちゃんを見比べて「今のお前はダメだ」とダメだしをする大人なキャラが登場して、今地球で何が起こっているのかをきっちりプレイヤーに説明し、中村悠一さん演じる王子が歯をキラりとさせながら説明すると、プレイヤーは「やっと話が通じた気がするw」となったわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/10 22:22
待望のマトイちゃんと、ストーリー開始当初から謎の存在だったアルくんの気になる出会いも描かれて、物語は先日登場した四天王っぽいなにかなんかいなくても良かったんじゃない?という感じで終結に向けて加速し始めた感じですねー。

きちんと外の世界を描いてアークスとアースガイドとマザークラスタの関係が整理されただけでずいぶん印象が変わりました。
今回のストーリーの感じだったら僕は見て行ける気がするな。

■なんか微調整された??@PSO2の話A
・SS貼るのめんどいので貼りませんが、さきほど海底に行ったら、やたらと黄色い光が降る感じになってて、天候かとも思ったんですがそうではない模様で…。
ちょっと何か修正したんでしょうかね。僕は海底はレイ武器のコレクトシートで通いまくったから、見間違いということはないはず。

ついでに、右上のミニマップのプレイヤーの向きを表すアイコンが少し立体的なものに差し替えられていますね。
Vita実装時にアイコンにグラデーションがついたことがありましたが、部分的にマイナーチェンジした模様です。
■雑談■@kurotama
2016/08/10 22:23
■じょうじゃく…だがしかし@バトガの話。
・コミケでグッズを販売する記念として「毎日リセット!ガチャチケットが水曜〜日曜までの5日間もらえちゃうZO!」なタダガチャ配布イベが始まってたんですが…、初日を逃してしまいまして、水曜分が消えてしまいました…。
毎日0時過ぎてから一通りやりきってしまうのがアダになった…。

ところが、じょうじゃくろたまさんですが…?

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qYmczY0NMeTd3SUU
なんと、みじめに単発チケット引きを行ったじょう(以下略)の元に、今回のアタリ枠の一角、浴衣桜ちゃんが大光臨!!!
普段テンション激低めの桜ちゃんですが、お祭りになると結構はしゃぎ気味になるんです。
縁日の買い食いも楽しみの一つなんですが…、結構お高そうなかき氷(500円以上しそう)を地面に食べさせることになって、悲しい顔をする一歩前の表情で見上げる絵柄が切ないですね。

スキルのほうは「かき氷を失った悲しみで敵の被ダメ50%アップ、敵の与ダメ50%ダウンという強力なデバフと毒効果を与える湧きつぶし能力の高い単発高威力攻撃」という、イロウスからしたらいわれのないいいがかりによって多大な被害をこうむるひどい効果でして、電撃wikiではS判定をもらっています。

しかし何より

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qNFZHcWdSVjV1aUk
浴衣姿がちょうお似合いでかわいい!一番右の遥香っちゃんは新規セリフが見れたので記念です(*'-')
普段と違ってテンション高めなのもポイントが高いですねー。

しかしすごいなー。1日めを逃した分は完全に取り返してるわコレ。
■雑談■@kurotama
2016/08/11 02:15
■チケットを使って安くお肉を食べてきました(*´¬`*)@雑談。
・いつの間にか制定?されてた「8月の祝日」。TANABOTA感あふれる日なんですが、僕は焼き肉を食べてきました。
表面をサッと焼いて肉汁を封印し、ワサビを乗せて頂くエーゴギューノサーロイン(よくわからないけど高価らしい)は、噛み締めると口の中にじゅわぁっと甘い脂が広がるんですよ。
僕も良い肉は何度か食べたことがありますが、良い肉は脂が甘いのよねー(砂糖的な甘さというわけではない)。
なんかそのお店の記念日だったらしく、格安チケットだったのでかなりお安く頂けてハッピーでした。

■ガチ準廃とエンジョイ勢の戦い@雑談。
・アニメ「バトルスピリッツ ダブルドライブ」が面白いです。
先日ラスボスに敗北して、元の世界で手に入れた十二神皇の「午(干支の馬のこと)」を取られた赤主人公。
ラスボスの思惑に対抗する巫女のエトちゃんを支援する神殿っぽい組織の人たちが新たなカードを届けてくれたので、事なきを得てここから大反撃ロードが始まるのかと思いましたが、今回いきなり敗北しました(´・ω・`)

というのも、「午」のカードは赤主人公が現実世界の大会で優勝し「世界に一枚しかないカードの持ち主」となったことで、エトちゃんに「異界の勇者よ…力を貸してください」的に異世界に召喚され、十二神皇のカードを集めて世界転覆を企むラスボスからカードを奪って欲しいとお願いされて今戦っていたんですが…。

ラスボス側は先日、赤主人公と緑主人公を打ち負かして十二神皇のカードを2枚奪ったばかりか、徹底的に心を折って二度と刃向わないよう追撃を考えた末「赤主人公に恨みを持つ人物」を異界に召喚します。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/11 20:24
その少年(以下準廃くん)は…

大会の決勝でそれまで一度もオレに勝ったことのない赤主人公にたまたま破れ、世界で一枚のオレだけのオレの為のオレが持つのにふさわしいオレの午のカードをあんなマグレで勝ったやつに奪われた上に「いい勝負だったよな^^」とかドヤ顔されないといけないんだよマジ殺すからな絶対一生許さないし忘れないし復讐の為ならなんでもやるから

みたいに、嫉妬と恨みでパンパンに膨れ上がっており、ラスボスから「オマエに午のカードを与えたいんだけど実力が知りたいからうちの腕利き倒してみてもらっていい?」ともちかけられると、かなりの実力者である腕利きを超レアカードなしで普通に退け「午のカードを寄こせ、それはオレのものだ」と自信満々にラスボスから受け取ります。
そのあまりの不遜さにまゆをひそめる幹部もいましたが、ラスボスは「あの恨み、憎しみ、執念…使える」とニヨニヨして見守るのでした。

準廃くんは移動中の事故で動けなくなっているエトちゃん一行の前に現れ、赤主人公と再会。
赤主人公はみんなに「オレの世界の仲間なんだ」と嬉しげに紹介。
彼の中では準廃くんは「カード仲間。切磋琢磨し合うライバル」という感じなんですね。
しかし、赤主人公が「世界大会でいいバトルをした間柄である」と述べると…。
準廃くんは「オマエとのあの勝負でオレはわかったんだ。勝負は勝たなければ意味がないってな!いいバトルなんていうものに価値はないんだよッ!」と激昂。
「オマエがオレに勝つなんて何かの間違いだ…、あの時まで一度も勝てなかったオマエになんかオレは二度と負けない。あれは過ちだったと証明してやる」と深く激しい怒りをぶつけ、赤主人公の前で十二神皇「午」を召喚します。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/11 20:25
赤主人公は「俺だけのエグゼシード(午の名前)が、敵として出てくるなんて…」となんというか切ない感じを出していて、よくわからないんですがNTR感がすごくします。
強くなければ好きなカードも守れない非情の世界!

かつて自分のものだった愛馬に自軍の戦力をケチョンケチョンに蹂躙され、5つしかないライフも残り1つしかない状態まで追い込まれた赤主人公は、新カードとそれに伴う起死回生の召喚時効果(そのカードを場に出した瞬間に発動する特殊効果)によって、仲間モンスターカードを支援・パワーアップさせる「異魔神」を召喚成功、一気に形勢逆転のチャンスを得ます。

はいはい出ました。そりゃ今月発売の新ブースターパックの宣伝だからね、これは勝ったよねわかりきってたよねつまんないねふふんと思って見ていた僕はその後、藤田和日郎笑いを「ニンマァアアア」とすることになったのです。

そこそこ強いカードに異魔神の補助効果を得てブーストされた攻撃力は現時点で「午」の攻撃力を上回っています。
しかも特殊効果「指定」によって、代わりの捨てモンスターで防御することを封じて、トドメを刺しにかかるのですが、赤主人公は「ごめんなエグゼシード。オレの手でおまえを破壊するなんて…。だけどそれでオマエはオレの元に帰ってこれるんだ!」と、うおおおーーー、いっけぇええーと完全に勝ったつもりで色々語ったんですが、準廃くんは「フラッシュタイミング(インターセプト、割り込みのバトスピ用語)、○○発動、異魔人を破壊する」とカウンターで魔法カードを発動。
攻撃宣言後に異魔人補正をなくした新カードは「午」カードの攻撃を上回ることが出来ず返り討ちにあい、呆然とする赤主人公はそのままライフを0にされてまたしても敗北してしまうのでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/11 20:26
「これでわかっただろう、オマエなんかに負けることはもう二度とない。アレは間違いだったんだ」と勝利宣言する準廃くん。
仲間たちが「赤主人公のカタキ、次は俺とバトルしろ!」とバトルを申し込むも「オレは赤主人公に勝って、自分の強さを証明した。他のことなんかに興味ないね」と去っていくのでした…。

はぁあああ、おもしれえええw
勢いだけで勝ち進み、自分が勝った時に相手の気持ちも考えずに「いいバトルできたな^^」と言ってしまったが故に準廃くんのようなネガティブモンスターを産んでしまい、インガオホーとして復讐される…。

大体赤主人公は、まだ本当にクソガキ様なので自己中発言が多く、話の都合で緑主人公が先に異魔人を入手した時も3話くらい「ねえオレの異魔人は?オレもはやく欲しいよぉ!エトー感知してよハヤクハヤク」とか言ってエトちゃんを困らせていましたからね。
天真爛漫なのはいいのですが、主人公でなければただのクズと言っても過言ではないお子様なので、この立て続けの敗北はある意味スッとするアレがありましたね。

まあいずれは神引きでガツんと勝ってしまうんでしょうけど、実はこの赤主人公…。

十二神皇「猪」争奪の「10ターン防御せよ」戦 → 3ターンで敗北

佐倉綾音ちゃん(のキャラ)戦 → 相手に十二神皇がなかったので押切勝利

ラスボス戦 → 余裕で敗北(あれはまあどうしようもない)

準廃くん思い上がったエンジョイ勢に現実を教える戦 → ドヤ顔で勝利語りしてたら魔法カードカウンターでみじめに大敗北。

と、ここしばらく負けが込んでるんですよ。
最後のが特にひどすぎるw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/11 20:30
つまりこの子守りが甘いので、同等以上のカードを持ってる相手には先行逃げ切りで相手に対策カードがない時はあっさり勝つけど、なんらかの対策をされた時に「そんなこともあろうかと」とカバーするカードをほぼ入れてないくさいのよね。

なので、今回の準廃くんのようなこなれたプレイヤーを相手にするとキーカード破壊でいきなりデッキごと意味がないことにされてしまう。
子供向けアニメですし、都合のいい時に最高の引きをする展開が多いのでまっとうな戦略は語ってもしょうがないのですが、キャラごとに「傾向」を設定してるんだなーというのは見る側としては面白いです。

今回は準廃くんが満足した為、新カードは持っていかれなかったようですが、個人的には「もうこいつに高級レアもたせるのやめない?ガバガバなんですぐ敵にプレゼントするだけなんだけどw」としか思えませんね。

主人公も余裕で敗北しまくるバトルものって面白いよなーと思います。
「ガンダムビルドファイターズ」でもそうでしたけど、この戦いで人は死なないけど、それだけに全力でプライドを賭けて勝負できる(作り手も主人公をビシビシ敗北させられる)というのはうま味だと思うので、今後もどんどん負けて欲しい。

■ラグナロクオンラインにガンナー登場@雑談。
・その名も「リベリオン」。くそ…、なんかキュンとするアレを持ってきやがって…ッ!
でも考えてみたら僕ROはノービスを超えることができないでやめたんでした
(;´ρ`)
愛好家がたくさんいるのは知ってますが、僕はあわなかったんだよなぁー。

ガン○ー、ネ○ソン、スク○ニ、D○M、○ンゲーム

…ここらのメーカーの作品で僕を動かせたらたいしたもんですよ!
そう考えるとFFブレイブエクスヴィアスはすごかったんだなぁ(過去形)。
■雑談■@kurotama
2016/08/11 20:32
今頃上位職きたのですかガンスリンガー!
Roはガンスリンガーで始めましたが上位職が未実装だったため
途中で同期から戦力外通告を受けたという哀しい過去があります(爆
あのゲームは種族特攻狩場別装備ドーピング他色々頑張りました…!
といいますかそうしないとやってけないですしそれでも戦力外ry

・・・・PSO2って、本当にいいゲームだと思うんです。
久しぶりのレスがこんなんで申し訳ありません・・・!つい…!
E-san
2016/08/11 22:43
■アークスリーグが「本気出したら負け」のゲームに(ノ∇`)@PSO2の話。
・「同率1位」ができる可能性がどうもあるらしく、まだ仮定とはいえ「全員1ないし10まで討伐数あげたら後は終了時間を待つ。抜け駆けして1人だけ1位になったやつは晒せ」みたいなおかしな意見が出始めていますねw
さらに「ログインしたらエントリーされるのを利用して終了時間ギリギリ(15分?)前までログインせず、したら様子を見てみて誰もやってないならちょっとだけ本気出して上位を狙う」のような「システムの穴」を突こうと言いだしてる方もいるみたいです。
ちなみに「バトガ」のほうでも、競技放置勢という方々が居まして、毎日星のかけらを5個もらう為にオンライン要素である「競技」を3回やらなければならないのですが、日々のことなのでみんな競技などまともにやりたくないので、全員何もせず放っておけば60秒の制限時間が来て「全員1位」として、120BP(バトル景品ルーレットがまわせるポイント)が得られます。
真面目にプレイする勢、お前らが放置するならオレが1位になって120BPゲットだぜ勢もいますが、ふぅん元気だね頑張ってねーとそちらも放置されている模様(ノ∇`)
というのもBPルーレット景品に大したものがないからなんですが…。

PSO2の場合は100SGだと500円、5SGだと25円ですから結構な差がありますよね。
昨日うちも実験してみたんですが、ログインはしたけど何もしないで時間が過ぎると、参加してないので景品なし、該当の敵を1匹だけ倒しておけばひとまずエントリーされて最低の5SGもらえるので、それでいいんじゃないかなって思いました。
「1匹倒して放置して、全員で100SGゲットやで」がセオリーになればいいのになー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 01:28
今後どれくらいの頻度で開催されるかわかりませんが、これがイン可能な時間内に来てくれれば必ず5SGもらえるコンテンツとしてみればいいんですかね(´・ω・`)

なんかこれでSG稼いで緊急トリガー買って身内は自由に緊急出来ちゃうねというシステムにしたいのかな?
「緊急」という言葉の意味がなんなのか、それだけ無視すれば結構アリなんじゃないかなこれ。


■調べものの為に自分のコメントを読みかえしてたら@雑談。
・当時のバトガ日記が悲喜こもごもで笑えますね(⊃д⊂)
それはそうとしてすげーものを見つけました。

========
2016/06/30
■すごい展開になる悪寒しかしない@雑談。
・ニセコイが佳境に来ています。「ケッコンの約束をした女の子」とは小野寺ちゃんであり、二人ともそのことを思い出しました。
チトゲちゃんもそのことを思い出し、身を引く気満々で、まさかの「地味系幼なじみヒロインが大勝利する稀有な漫画が大光臨するの!?」と思った人は甘い…。
このニセコイの異様な「メインヒロイン補正」の前では、楽(主人公)がいきなり「思い出したけどオレ…、お前(チトゲちゃん)と一緒に居ると楽しいことに気づいたんだ」みたいなことを言いはじめて、小野寺ちゃんも「わたしもそれでいいとおもう(言わされてる感)」で二人を祝福するエンドくらい平気でやりかねない漫画だからね、これ。

お、恐ろしい…。
どうなってしまうのか、本当に恐ろしい。
========

ほぼ100%この展開でニセコイが連載終了してましたね…(ノ∇`)
やったーよそうがあたったぞう。

orz

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 01:29
■8/21(日)がすごい@雑談。
・TV東京16時から「ガンダムビルドファイターズトライ」の新作OVA「アイランド・ウォーズ」が放送、19時からAbemaTVでOVA版ヘルシングの全話一挙放送ですよ!
特にOVA版ヘルシングって、原作再現を命がけでやる…!と6年くらいかけて作られたものすごい出来の代物ですよね。
21日はもうなんも予定いれずにPCにがっつりしがみついてよう(*'-')

>E-sanさん
こんばんはー。
以前言われてたゲームってRoだったんですね。うちも職場で(職場で!)Roやってた人がたくさんいて、昼休みに、徹夜残業の合間に何名かで組んで…と皆さんやってました。職場で!(3回め)
僕の周りの方とかはスキルの流行りに合わせて新キャラを1から作った方が早いwとかやってて、スキルツリー系ゲーム怖いと思ったものでしたが…。
好きなクラスが運営の事情(新クラス追加せず)で貶められ、仲間からそういわれるのは厳しいですねー。

僕もFF11ではネットで「あんこくは死ね」と言われながら暗黒騎士の魅力に取りつかれて機会さえあれば暗黒を出そうとして「いいから赤魔道士か黒魔道士出してよ。お前程度の準廃装備(最強の人の9割の強さでも、とある数億ギルする装備がないならトップ以外はいらない世界でした)じゃ居ても居なくても変わんないよ」という効率派プレイヤーとぶつかってましたし「Gu/Huは死ね」と言われながら野良緊急でたらテレポーターで破棄とかされてましたから、そこらへんのことはわかりますぞー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 01:29
PSO2って、自由にクラスを変えられる上、種族にあまり差をつけないようにされ、レイド攻略チームに入るために装備面接()されたりしないとか既存MO、MMOでトラブルを産む要素はことごとく避けるようにデザインされているんですよね。

今の寄生問題も性善説で作られている枠組みをズルい人が悪用し、またプレイヤーにそれを協議して裁く機能もつけず、相談役のGM(ゲームマスター)も用意しなかったせいで、単純にゲームへの熱量が低い人、時間がなくてプレイできない人まで一緒くたに「寄生」とされてしまっていて、これだけストレスを無くしても意地でも「比べて・差別する」をやめようとしないプレイヤーは増える一方です。
さらにいうと匿名による陰口文化がネットによって瞬間的に拡散されて日本人の悪い癖「同調圧力」が最大限に働いてしまって、もう周囲のプレイヤーにどう思われるか、自分も立ち回り警察官、装備警察官にいつ「そんな装備でXHに来ないでもらえます?」とか言われやしないかとビクビクするようになりましたね…。
で、「ほんとうにこわいのはひとのこころなのでは」と、結局いつもの感想にたどり着いてしまったりします(ノ∇`)

あの毎日のようにおいしく頂いているニワトリでさえ、群れの中の一番弱い子をいじめ倒して、ストレス死したら次に弱い子を…としてるらしいですし、別で発生した解決の出来ない不満が弱い所に集中してぶつけられるというのは、もう仕方がないことなのかもしれませんね。

そういうのをやらなくて済む「身内」の存在はありがたいよなぁと思いますねえ。
PSO2の告知のほうはあまりできてなくてすいません!
ラスベガスが来たらまた色々やると思いたいですので、よろしくお願いしますー!
■雑談■@kurotama
2016/08/12 01:29
■ただひたすらびっくりした@イース8の話。
・イース8、エンディングにたどり着きました。ごっつり時間をかけたおかげで「真END」です。
しかしすさまじい話でした…。これまで僕は「イース・オリジン」というイース1・2の女神様たちの時代の話、「イース・ストラテジー」といった外部メーカーの完全な外伝作を除いて全てプレイしてきまして、かなりイースは知ってる方と言えます。
なので、良いゲームをクリアしたばかりの興奮でウッフ〜!となって言ってるわけではなく、客観的に見て「イース1・2を超えた」と言い切ることが出来ますね。

「エヴァンゲリオン」が一世を風靡した後「補完」という言葉が流行りました。
今は「まどか★マギカ」ショックによって「概念」が流行してるのかなぁーと、わかってる風に語るのは簡単ですが、そう簡単に切って捨てられない良質な物語でした。

立場も身分も年齢も全く異なる漂流者たちとの群像劇を描いて「厳しい自然に閉ざされているけどそこには優しさと助け合いが確かにある」という、ヒトや社会も描きました。
その上で、世界・神話・宇宙・次元・時間を絡めて描き、作中に「???」と思った部分の伏線はガッチリ最後で回収してくる高レベルっぷり。
「未来予知の巫女が自ら未来に介入して意図的にタイムパラドックスを起こす」という展開に震えるほど感動したという話なんか遠い過去のことのようにスケールがでかくなっていって、むしろギャグにさえなってましたね…。

でも素晴らしい物語でしたし、何よりアクションゲームとしての出来も大変良かったです。
物語の理由上、事実上のラスボス戦は全7章のうち5章で終わります。そのラスボス戦は正直に言うと失敗でしたが…。
その後はガラっと物語が変わってしまうので、あまりこう、許せん!って感じの相手じゃないのよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:32
しかしイース8がなによりステキなのは、よく「物語が終わりそうになるとキャラクターたちとお別れしなくちゃいけないのが辛いってなる」って聞くじゃないですか。この物語はそうならないんですよ。

だって物語の中盤以降くらいから「ここを出たらまたそれぞれの生活に戻るから、いつか…、それも近いうちに別れの時は来る。その時は笑って別れたい」とキャラクターたちが言及してるんです。

みんなたまたま同じ客船に乗っただけの赤の他人同士、流れ着いた者同士助け合うしかないから寄ってるだけですからね。
もちろん仲間意識はきちんとありますが、みんな自分の人生を持っている人物たちです。無人島から脱出したら、客船の行先で本来そうだったはずの、自分の旅の目的地に向かったり、家族の元に帰ったりするんです。

だからエンディングが少しも悲しくない。もちろんいい意味で。
このさわやかな終わりは、まさしくすぐさま次の冒険に向かうアドルの心境と言えます。

あまりネタバレはかけないのですが、僕は「イース7」の終盤の展開において「なんでこのヒロインばっかりが全部背負わないといけないんだよ」と納得がいかない事を以前語りました。
もちろんアドルや仲間も同意見なんですが、ヒロインの固い決意とその一族に流れる宿命を断ち切るには彼女が討たれるしかなかったのです。
残された人たちはヒロインに感謝をしながら新たな人生を歩むエンディングではありましたが、そこにヒロインはいないのです。
だからイース7はゲームとして面白いけど話としてはあまり好きな方ではありませんでした。

今回のイース8もアドルが老齢になった際に残したという著書(イースシリーズはアドルが書き残した冒険史が生家から発見されたものを紹介しているという体裁です)からなんですが、冒険の書き出しはこう…

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:33
−−−−我々は神の道具ではない。
生きている、意思のある存在なのだ。

それでも人智を超えた運命を
否定できない瞬間は訪れる。
そんな時、君はどう振舞うだろうか?

極限に身を置いて尚、
意志と誇りを抱き続ける姿は美しい。

私はそのような存在になりたいと願ったし、
数十年を経た今となっても、
『彼女』に畏敬の念を禁じ得ないのである。



この文章にある意味この物語の全てが書かれてるんですよねー。
良く出来てる。

まあとにかく、イース8は文句なしの名作…、歴史に残るレベルのアクションゲームになってると思いました。
システムシナリオグラフィックキャラクターの全てがこれまでを完全に超えてるシリーズものなんて、1−2年ごとに8bitから16bitとか、ゲーム機が次々に移り変わってた時代じゃないんだから、早々ないと思うんですが…。
いやはや、このゲームはちょっともっと話題にならないとおかしいでしょう。
ものすげー作品ですよ。

さて、ここからはちょっとゲーム的な感想になります。

◆ムービーの話。
・日本ファルコムは昔から「OPムービーがドヘタ」でして、綺麗な止め絵やドットグラフィックを描けてもアニメや動きのある画像…動画を作るのはダメダメでした。
Live2Dもなかった時代なんで、キャラの止め絵が右から左に動いて、3Dモデルで作られた剣がヒュンッと出てきてカチーンとぶつかる…みたいなのを2000年代の作品でもやってたんです。セルセタとはいいませんけど。

そんな残念なファルコムでしたが、イース8はしっかりお金をかけてきちんとプロのアニメ屋さんにOPムービーを頼んだので、大変良い出来となっています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:34
ゲームをエンディングまでプレイした後にオープニングムービーを見ると「これ見せたらアカンやろww」というレベルのネタバレや、ゲーム内のイベントをアニメで動かすようなサービスシーン(エ□いわけではないよ)があって、1分ちょっとの中に物凄い情報が詰め込まれてるんですよねー。
アニメ制作会社に依頼してつくってもらうOPムービーって「内容サギ」なことが多かったので、今回もどうせ活躍想像アニメなんじゃないんですか?と思ってたら「つくり」は少しもなかったっていうね。

◆イラストとゲーム内で違いがある。
・おかしい…、ゲーム雑誌のキャラデザイナー描き下ろしイラストや、エンディングのラクシャちゃん見ると、巨○とまではいかないですが、確実にC以上の大分豊かな感じとなっておられるのに、ゲーム画面ではハト胸というか、どうみてもAです(´・ω・`)
おかしい…。これはやはり3Dモデルが尻派で、イラストレーターと反目でもしあってたのではないか。

◆BGMの話。
・以前「耳に残るコレダーというのが今の所ない」と言ってましたが、セルセタのCDを聞きなおしてみたら今作のほうが上でした(´・ω・`)
イース7のあたり…、いや「イースvs空の軌跡」というソフトあたりから活躍し始めた作曲家さん(聞いたら一発でわかるくらいいい意味でクセがある)の感じがすごくいいので、イース7は今聞いてもすごくいいんですが…、イース8にもそれ系のが後半にドドンと入って来てて結構よかったです。
全部大体聞き終わった感じでは イース7>イース8>セルセタ ということになります。
ちなみにセルセタは超昔、PCエンジンCDROMで発売された「イース4」の焼き直し作品なので、楽曲もできるだけそれを元にしたアレンジで作られていて、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:36
言い方は悪いですが20年近く前の旋律なわけですから、いかに今風にアレンジしても厳しいものもあったかもしれませんね(セルセタオリジナルのBGMは前述の方っぽい感じなのでイイです)。

◆ヒロインの話。
・先ほど語った「イース7はヒロインが…」という話題。物語のヒロインが必ずしも幸せにならないといけないわけではないとわかってるんですが、その彼女ってあまりにも無欲に誠実に孤児(過去の経験で口が聞けない)と一緒に慎ましく、貧乏だけど小さな幸せを見つける生活をずっと続けて来てるんです。
そんな女性が一族の宿願を背負って犠牲になる結末は、彼女の中では良くても、見てるこっちが切なくなる。

じゃあ今回のヒロイン、ダーナちゃんはどうでしょうか。
彼女の悲惨さは世界レベルなので…、ちょっと反則級にひどいんですよ。
くっ…何を書いてもバレそうになるからお伝えできないのですが、めちゃくちゃひどい目にあいます(ケガをするとかショッキングな体験をするとかそんなあまっちょろいものじゃあありません)。
だけど最後のシーン、そして結末は未来を感じさせる「はは、ダーナらしいな」とアドルが言ってしまいそうな別れをするんですよ。

そして彼女が至る結末は、物語を見ていると「ああ、そういえばこの人もうそれくらいのことしてるわな」ってなる。
だから納得のいかない感がほぼないんです。
できることを全力でやった。ただそれだけですからね。そしてそれは登場時から何も変わってないんです。
彼女がどうしてそういう性格になったのかというエピソードを聞くと「その思い出を人類愛に変換できるのはすごすぎる」となりますしね。

それでなおかつ「後に残らない」。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:36
今後アドルの冒険にも、あらたな設定や地域の設定を作る人にも何も触らない。あれだけ世界のことに関わる話をやったのに、ですよ。
イース1・2がしょうがなかったとはいえ「世界から魔法と魔物が消えました」って言ったせいで25年経った今でも「魔獣」とか「魔物」とか使えず「魔法使い」も存在してない世界観を強いられているんですよ!!

セルセタでは「魔獣が出たぞー!」としれっと言ってますが、あれはもうほんとあそこのスタッフの勉強不足が呼んだアレだから…!

で、今回も「獣」と不自然に言ってましたね。
どうみても獣を逸脱してる連中もいるんですが、絶対に「魔物」とはいいませんし、ダーナちゃんが使うのは「理力」だから魔法じゃないから。「魔法みたいな力」だから!

というわけで、ここまで続くと思ってなかった(イース3だって本当はイースの続編じゃなかった)のが悪いと言えば悪いんですが、これだけ長年続くシリーズの場合「○○の話で○○が○○になっちまったからなー」というのは避けなければいけないんです。

例えば相棒のドギさんを死なせるとか、アドル・ドギのどちらかが身体欠損(片目になる、手足が欠ける等)を被るとかはあってはいけないわけです。
そのあたりの不満が一切なく、アドルの思い出の中には深く刻み込まれても彼の在り方や今後には何も干渉せずに綺麗な体で次回作に送り出すことが出来ました。

ちなみにこの直後に(調べたら2年後だった)アドルはイース6の物語で「また」難破してエルフっぽい耳の人たちの島に流れ着きます。
もうこいつは船に乗せるな…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:37
◆エンディングの話。
・何度も何度も取り上げて恨み節を書きます。
イース・セルセタはラストバトルが終わると「死ぬなよ!」と言って別れた仲間たちと再会もしないまま「きっと彼らも無事ですよ」で終わります。
本当にもうふざけんなボケとしかいいようのない…終わりダメなら全部ダメという感じのアレでした。
これも何度も書いてますが、その後インタビューでプロデューサーがそれを「そのほうがイースっぽいかと思いましてw」と自己正当化してるのもクソでした。
ファンの間でも悪評が高い部分です。

と、さんざんケチョンケチョンに言われたせいか、今作のエンディングは別れのシーンだけで章があり、「仲間のその後」も描かれるというサービスっぷり。もちろん、プレイヤーが操作できるキャラたちだけですけどね。
リコッタちゃんの記述だけは少々心配ですが、彼女ならたぶんどこででもやってけるでしょう。

そういえば、アドルって過去は振り返らずにただひたすら突き進むコミュ障の冒険キ○ガイのような印象もあったんですが(主人公はセリフを発してはならない病はセルセタあたりまで患っていましたから。イマドキそれはもう古い!)、今作ではみんなから「いずれまた会いましょう」「○○に立ち寄ったらぜひ私の店に来てください」とか「その頃までにひとまわり成長した自分を見せたい」とか、再会を約束しまくるんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:37
実際に訪れたかどうか、流浪の彼にその機会があったかどうかは想像におまかせではあるんですが、今回の冒険のようにみんなと一致団結してコトにあたり、その行動力で皆を率いる姿を見ていると、すごく人間味があって謙虚ながらも優しい男(作中でもそう褒められるし)で、なんにでも首を突っ込んでやっかいごとに巻き込まれるも見捨てられずにがっつり解決までつきあう点、その振る舞いから年頃の女性を魅了してやまないのに本人は一切浮気をするつもりがないこと(本妻は冒険です)くらいしか欠点がない。

最近は「オレがてめえらを守ってやるぜ」系の主人公より「僕に力を貸してくれないか」系のほうが流行ってると思うのですが、アドルがそっち系でよかった。
かなり長い間彼はしゃべりませんでしたから「優男」「童顔(イース1の広告用イラストが都築和彦氏のカワイイ絵柄だったのも大きい。説明書のアドルは別に優男でもカワイクもないからねw)」くらいしか情報がなく、性格には結構ブレがあったんですよねー。

まあ、今作においては最後も良しということで。

3週間、ヒマを見つけてはプレイし続けるだけの魅力は十分にありました。思い出に残るゲームになったよなぁこれ。
2017年発売のPS4版、追加要素がステキなら買っちゃうかも。
これでやっと「新釈・剣の街の異邦人」の続きが出来ますw
■雑談■@kurotama
2016/08/12 22:38
■今後のPSO2はどうなったでしょうか…!@PSO2の話。
・うん、今の感じで続いていく模様ですね(;´ρ`)ノ
今回も箇条書きで述べていきますよう。

◆★13はついに「ガルグリ武器の色違いのアッパーバージョン」が出るハメに…。
同じレアリティで「ラムダ○○」が出たようなものですw
従来品より一回り性能が高く、HP微吸収を備えて大登場する模様。
砕いて石にできるかと思って取っておいた方にはビミョーな結果に。

◆秋には「壊世・アムドゥスキア」が満を持して登場。
色が濃くなって黒曜石のような結晶を身にまとう龍族たちとご対面となります。
壊世・ナベは氷、壊世・リリは炎が弱点でした。
今度は雷あたりが弱点になるのかなー。Foが得意な属性を中心にしてる気がするので、これで3エリア揃ったみたいな感じ。

◆新TAは東京
やりごたえがありそうですが、毎週ゴリゴリまわすにしてはガッツリしすぎてるように見えなくもなく。

◆年末までのロードマップ発表
レベルキャップ解放・新難易度は結局なかったですが、下半期開始の10月頃?からのロードマップにはPA・テクニックのカスタマイズ「拡張」の文字が。新規が増えるって意味ではないのかな?
ただここでひさしぶりとなる「PA・スキルバランス調整」が入ってきます。

◆PSU10周年ということでイーサンやカレンが大登場。
イラストにはヴィヴィアン、ライラ総督なども描かれていますから、NPCでライラが登場という部分がビースト実装と何か関連があるのか「ビースト顔をスクラッチ報酬で出します」になるのかはわかりませんね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/13 20:04
◆SACHIKO爆臨
さすがでした。音響設備が悪いのか音が聞き取りづらい場面はありましたが、それもライブ感ってことで。
まったく理解不能であろう客層の前でもしっかり盛り上げていき、インタビューもソツなく朗らかに盛り上げたあたり、全体的に「プロ」という雰囲気がすごくよかったです。
衣装がメチャ重そうwと思ってたらご本人も言ってて笑いました。
退場の際にぼそりと「謙虚にしてないと…」とソデのほうにさささっと走っていくあたり、最近の「お客様気取り」に噛み付かれないように心がけている所が見え隠れするあたり、経験を感じさせてくれましたね。
超がつく大御所の方だと言うのに、あの柔軟さとしたたかさと前向きな所は本当にすごいとしかいいようがないです。
カップヌー ドルのCMでもたけしに突っ込まれてるしねw

◆生放送終了生放送司会者たちも今回でお別れ。
9/15の東京ゲームショウにて開発者だけの生放送があるらしく、そこで10月以降の番組形態を発表する模様。
ネットで物議をかもしている4gamerのインタビューは本当にひどいものですが、あそこで「質疑応答だけの番組があってもいい」というようなことを言っていましたから、何か分ける形にするのかもですね。
モモーイさん、一太郎さん、エノモトさんは本当に卒業した模様でしたね。
おつかれさまでした!

◆まとめ
コミケのおまけ、サチコさん効果があったのか、会場は満員だった模様ですね。
ゲーム内ははっきりいって盛り下がりが止まらない状態で、まる1年かけてEP3の時のやる気や装備に対する熱は完全に奪われた感がありますが…、結構好きなガルグリ武器がHP回復もついて帰ってくるというのはちょっと押さえておきたい感じがしますね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/13 20:05
壊世ということでアンガさんもご登場して、いよいよ★14でも出すのん?と思ったら一応情報はでなかったですねえ。

まあそんな感じで情報面に関するなら「たいしたことはない」情報局でした。
一応「ガチャ回数ボーナスについにフェイスタイプ登場(取引不可要素の強化)」「要望の多かったキャストパーツのみガチャを実装」など、課金絡みでも動きは出てきたかなーという感じではあります。
というか、EP4の衣装をACガチャに入れてきたのは意外でしたね。
ストーリーの敵役用のはみんなSGガチャ行きかと思ってました。
ファレグ衣装はあの方の中身からして「太めでも形が崩れなさそう」という意味でちょっと欲しかったのでありがたい。

PSUの話題が出た時に結構多くの方から「いまさら」「PSUってなに?」的な感じが見られたこともあって、古参が喜ぶと新規は???ってなり、新規が助かるわーと喜ぶと古参は俺たちのやることを寄こせよ…イライラとなる感じで、最近の「思ったことが直接ネットでぶちまけられる」という世情を受け止めているネトゲ運営は大変だなァって思いました。
僕はなにげPSUのエネミーたちに登場してもらいたい感じはします。

あ、そういえば「ソードに関してはちょっとお待ちください」からの情報ナシが3か月を突破しました(ノ∇`)
秋の調整でまとめてやってくれるんですよね?ね?
■雑談■@kurotama
2016/08/13 20:08
■剣の街の異邦人再開@雑談。
・未見のストーリー!多いなる謎を解け!とアヒャヒャヒャウヒヒヒとなり、クキィーッ、ヒャッハーッ!と無我夢中で遊びつくして大団円を迎えたイース8の熱が収まって来て少しさびしさを感じた所に、すでに一度クリアした「剣異」は厳しいものがあるww
こちらも一応、シナリオ中に死んでしまうストーリー上の仲間を「救済」するルートが描かれるという新規要素、周回プレイが必須のエンドコンテンツ要素に手を加えたという改善がされているのですが…。

その改善が…

・周回で得られていた敵レベル上昇、能力値上限解除&レベルさえあげればボーナスポイントで能力値を上昇させられる要素が「隠しダンジョンのボスを何十回も撃破してかきあつめるしかない」となって、キャラ作成時のボーナスポイントが「超」重要になった。今作からささいな特殊能力「才能」の中に「持たざる者」という、特殊能力を持たない代わりにボーナスポイントを+10できる才能が追加され、その才能があるとキャラ作成時のボーナスポイントで頑張れば30を出せる事(10代の若者だと3〜5しかもらえない)から「全員持たざる者でよくね?」になってしまった。

・前作では13レベルになると得られていたスキルセット拡張枠「スキルトークン」がアイテム消費制に。シナリオ終了までには4キャラ分ちょっとしか入手できないため、サブキャラを複数育成して死者が出た時の控えも並行して育てるという仕組みが崩壊。1軍と2軍が明確に存在することとなった。
なお、このスキルトークンを得られるアイテムは、件の「隠しダンジョンのボスが落とすかもしれない」枠であり、敵レベルが上昇するとドロップしなくなるバグを開発も気づいておらず、ユーザーに指摘されて「修正します」となっていた。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/08/13 20:27
・転職はお金を支払えば無限に可能、武器はお金で強化可能
僕がプレイを再開した前日に出たパッチがあてられるまでは、お金無限増殖バグがあったので、既存プレイヤーにはお金はプレイ時間をかけずとも無限にあることになってた模様。
僕はのり遅れたためみじめに自分で稼ぐしかないみたいです(⊃д⊂)

とまあ、改善という名の改悪なんじゃ…?となってましてねえ。
公式で「剣の街の異邦人ver1.5」と言ってるのを揶揄して「Ver2.0になったら呼んでw」と言われてしまっています。
プレイした方からの評判はよさげというものの、一番大きなwikiは更新をほぼ放棄している為、情報を2ちゃんにひろいにいくしかないのも辛いです。
むぎぎ。

【告知】いけ花詰み(生放送徒版→生花→いけ花という花しゃれ)
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/13(土)22時30分からの「生放送ブースト徒花」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
はい、お盆休みの真っただ中ですから帰省されたり旅行されたりしてる方も多いかなと思ったのですが、いちおう告知してみます!
本日行われた生放送のアンケートによって、ビーチウォーズを15:85で制して徒花が選ばれまして…、なんだか選挙の話を思い出しましたね。
最悪を避けてベターを選ぶしかないってやつ。
どんだけ嫌われてるんだビチヲw

ということで消去法によって選ばれたって選ばれたのは変わらないということで、身内で遊んでみませんか。
顔見せという意味でもぜひ!

なお時間が過ぎてもうちがインしてなかった場合とかは参加者の方が居らずにログアウトしたと思って頂ければ!
お盆休みなので十分あり得ますからね(´・ω・`)

それではよろしくおねがいしますー!
■告知■@kurotama
2016/08/13 20:28
■本日はゆりちゃんの誕生日@バトガの話。
・高校二年生なのに背も小さく、胸元も小さいというか、影すら描かれないという絶壁のゆりちゃん。
最初は「背が」小さかったはずなのに、いつのまにか「胸がない」になり(その証拠に、ハンガーにかかっている初期衣装には胸元の影が描かれているが、着ると影がなくなるという悲しい仕様変更がされた模様。空気のほうがグラマーなんだが?とか言われてたw)「思い込みの強い性格」が「突っ走ってはカンチガイから失敗して涙目になる」となってしまっていて、最近では正義を愛する警察官の娘をこじらせて「戦隊ヒーローマニア」となり、花の女子高生だというのに戦隊ヒーローショーを見に行ったり、グッズを集めるばかりか身に着けていたりして、おしゃれな親友のファッションデザイナー志望の望ちゃんからは「ありえない」と断言されていて、「ネタキャラ」とプロデューサーから宣言されている、なかなかに微妙な気持ちで見守る感じのキャラクターです。
ちなみに剣道の全国大会レベルの実力者である為、武器なしでも大の男二人をかすり傷を負っただけで取り押さえたりしていて、星守であることをなしにしてもかなりの強さを誇っています。

そんなゆりちゃんの誕生日ということで、誰でも100%勝てるバトルで「誕生日記念ガチャ」を引けるチケットがもらえたので引いてみましたが、来てくれたのは★2遥香っちゃんでした(ノ∇`)

僕のゆりちゃん誕生日はこれで終わりです…。
1年めはね、ミニストーリーが見られたんですよ。だけど2年めから、誕生日ガチャで誕生日カードを当てた先生のみが見られるというクソのような仕様に変わりましたので見られなくなりました。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/14 03:30
多くの先生は見られないので、2年めの各キャラの誕生日は寒々しい感じ、もしくは「どうしてこんな仕組みにしたんだよ」と荒れ気味になるという、キャラ萌えゲーとしてはあまり楽しくない感じになっちゃいましたよねえ。

交流の場に書き込むのは大抵「運良く出た者の自慢」「出てないけどアオリ目的で出たと書く者」「課金して出るまで引いた猛者」「課金したのに出なくて怨嗟のコメントを書き込む者」ですからね。

まあそんなわけで次の誕生日が来るキャラは9/23の遥香っちゃん様。
僕は一度でもガチャ課金をしたら「そっちのリストになる」と危惧してやはり遥香っちゃん様の生誕祭であってもガチャ課金はしないと決めましたので、手持ちを使うだけになりそうです(ヽ´ω`)ゲソ

ちなみにリークによって8/15の15:00から「温泉イベント第3弾」であることがおそらく確定。
温泉では「入浴」「湯上がり」の2種類がありまして、まだこの温泉でカードがない生徒は…

昴(高1)、望(高2)、くるみ(高2)、うらら(中3)、ミシェル(中2)、楓(中2)

と…不人気2年組(くるみちゃんに人気が集中してるだけとも言う)を始めとした、今の所あまりこう、そそられないラインナップですね(ノ∇`)
とは言え、水着の時もみんなかわいらしかったので期待はしておきましょう。
手持ちの石は800個くらいはありますが…、あまり全開で進む感じだとやばいよなぁ。
9月は文化祭かハロウィンとかもありそうだしね。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/14 03:30
【終了】いけ花詰み(生放送徒版→生花→いけ花という花しゃれ)
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はGorgorothさんが来てくださって、野良で挑むことになりましたー!
ARKS1レベルから挑んだので結構死亡マークが出てましたね(;´ρ`)ノ
Gorgorothさんもアイアンウィル10レベルの75%の確率でHPが1残る効果がなければ結構倒されたと言ってました。
うちは例のアウラTMG+HP装備のおかげで何とか平気でしたが、ときどき1000を超えるダメージを受けてたので人のことは言えません(ノ∇`)

色々理由があって今野良のレベルはかなり低下してると思うのですが、そんなんでアルチとか実装して大丈夫なのか…?と思いましたw

とりあえずサチコライブ補正も込みでかなりのブーストがかかっていたはずなんですが、うちには何もでませんでした(ノ∇`)今のプレミアムが切れたら、また年末辺りのすごいのが来るまで一旦停止を考えているので(予定は未定)、今は拾った★10武器とかはせっせとパスに返還していますから、それが50個近く稼げたのはありがたいかなー。

終了後はストーリーの話題とかサチコライブのすごさとか、途中に顔見せに来てくださったストロボヤンマさんも交えてお喋りをしてたんですが、1時になったので解散という感じでしたー。
なんとなく、去年のEP4発表から今までの路線変更とかってアニメの為に寄り道した感じですよね。
だって1年かけていまやっとマトイちゃんの話に戻りそうですし、EP4の冒頭の話から今回のストーリーにつなげても別にそこまでおかしくないよねw
アムアルチなんかはEP3終了直後というか、徒花前に出さないとダメなものだったよ…。

来てくださったお二人に感謝です。
またご一緒しましょうー。
■終了■@kurotama
2016/08/14 03:34
■新釈・剣の街の異邦人小説読みました@雑談。
・あのベニー松山氏(以下ベニ松さん)が手掛けた小説が読めるということで、元版持ってるからDL版1800円でいいのに3000円出して小説同梱版を購入しました。つまりこの文庫サイズの小説に1200円というハードカバー並の値段を出したことになります。
買うんだから読む必要はないでしょうと、公式HPの第三章まで試し読みも無視してきましたから、イッキ読みしましたよう。

内容はまあ…「いつものベニ松さんでした」ですね(ノ∇`)
僕はすいませんが有名どころの「隣り合わせの灰と青春(ウィザードリィ1を小説化)」「風よ、龍に届いているか(ウィザードリィ3を小説化)」と、アンソロ集の短編「不死王」くらいしか読んでませんが…。

なにが「いつもの」なのかといいますと

・侍か忍者など和風クラスが主役、もしくは中心的に描かれる
・気のいい豪放磊落な巨漢が名前を変えて存在
・なんか盛り上がって迷宮内で結ばれたら一発ヒット(まあ昔のハリウッド映画なんかでよくあるし)

いえいえ、非難するわけではありませんよ。
きっとオーダーが「隣合わせっぽくよろしくお願いしますッス」とされてたはずですからね。

ええと「剣の街の異邦人」は制作が「TEAM MURAMASA(以下チームラ)」でして、名前の通り、ウィザードリィが大好きでしょうがない連中(これは敬称です)が「WIZライクなゲームを作ろう」としている開発チームです。

あ、ウィザードリィ1では最終フロアにおいて遭遇する敵からドロップする可能性があるレア武器「むらまさ」がケタ違いの攻撃力を誇る武器でして、いわゆる「エンドコンテンツで最強レア掘り」を少なくとも日本人に植え付けたのはこの作品のせいと言い切れる代物です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/14 19:43
このチームはもちろん「ウィザードリィといえば村正だよね!」というあれでこの名称にしてるはず。

なので彼らが作るゲームは大抵「前衛3名・後衛3名で迷宮を探索」「ゲームクリアとは別にレア掘り・育成も楽しめる」要素にむしろ軸足を置いてる感じがありました。

ちなみに「ウィザードリィ1」において「むらまさ」がなんだったのかといいますと…。

次点の武器が1ヒットにつき11〜15ダメージの「しゅりけん」だったのに対し、「むらまさ」」は10〜50ダメージ与えます。
このゲームはレベルが5上がるたびに攻撃判定回数が+1増えるのですが(クリア推奨レベルは13)、しゅりけん、むらまさはレベル1の装備可能クラスが握っても最低3回保障=10レベル相当の攻撃判定回数を持っている為、めちゃくちゃ強い武器なわけです。

今の用語でいう「スコップ(強い最強武器を得るために有効な汎用的なレア武器)」が10〜12ダメージを与え、装備者のレベルに依らず最低4回の攻撃判定を与える名剣「カシナートのつるぎ」があって、そちらは両武器に比べると鼻で笑うくらい入手できるわけで、クリアするならカシナートが前衛3人に行き渡ればボスを始末する準備はやりすぎというくらいです。
でも「むらまさ」を何本入手できたかが仲間内でステータスになるほど、みんな熱中して掘ってたものです。

ちなみにこれは有名な話なんですが「カシナートのけん」は日本のプレイヤー及びウィザードリィを広めた方たちによって最低ダメージの低いブレの少ない武器=名匠の鍛えた業物という印象が育っていました。
しかし、本家はダジャレというかブラックユーモアがあふれるアレコレがあり、カシナートというのは当時のフードプロセッサ(ハンドミキサー)のメーカー、クイジナートのことだったそうなんですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/14 19:43
つまり、自動回転刃を持つドリル剣だったわけです(パイルバンカー、ローラーダッシュ、アームパンチ、ガリアンソードという燃え武器を多数生み出したアニメ監督、高橋良輔氏のアニメ「ガリアン」において、騎士ロボがこの「ドリル剣」を搭載している。そっちはカッコイイが、なぜかガリアンソードのように後の者が影響されるアレは少なかった)。

その事実が知られるというか、自力翻訳して遊んでた層とか本場の人間からは「名匠wwwプフー」となって笑い種だったようなのですが、日本のファンは涙目になりながらも重厚ファンタジー路線を堅持し、見事逃げ切りました。
送り出したアスキー(現・アスキーメディアワークス)、グループSNE、「ゼビウス」「ドルアーガの塔」の遠藤雅伸氏が率いる「ゲームスタジオ」の方たちの頑張りのおかげと言えるでしょうね。

制作はアメリカの大学生の、今で言えば同人ゲームでした。
テーブルトークRPGの「ダンジョンズ&ドラゴンズ」をコンピューターゲーム化して、迷宮探索と戦闘に重点を置いたものだったんです。
でまあ、ウィザードリィはアメリカでパソコン版が製品となって売り出されると大ヒットし、日本にも来て「重厚(以下略)」として立ち位置を確保して一定のファンをガッチリつかみました。
たしかドラクエの堀井雄二先生あたりはコレやりたさにアップルのコンピューター買った気がしました(別にめずらしいことじゃなかった)。
ドラクエ1はもう一つのファンタジー大作「ウルティマ」と「ウィザードリィ」を彼なりに噛み砕いて「RPGを日本のゲームに浸透させたい!」と作られたものですからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/14 19:43
で、日本版というか、ファミコン版において上記のアレで「重厚なファンタジー」として思われていたおかげで、末弥純(すえみ じゅん。イラストレーターで、ウィザードリィ大好き人間が講じて日本版のイメージを造り上げたすごい人)氏のイラストでものすごいカッコいい印象になりました。
FF1と同時期の発売だったんですが、FF派かWIZ派かではっきりと好みが分かれていたものです。
ちなみに「グレーターデーモン」のデザインはその後の肉弾系悪魔デザインの基礎になったといっても過言ではないほど、ファンタジー好きには重要なアレなんですよ。

アメリカでよくある「買収に買収を重ねてどこに権利申請すりゃあ使えるんだよ」状態に陥って、もう「ウィザードリィ」という作品はおそらく新たに生み出せなくなった模様です(ウィザードリィオンラインはそこどうクリアしてるのか謎)。

なので、チームラが手掛ける作品はぜんぶ「アノコロのウィザードリィ大好きだった子あつまれ〜」という感じになってるわけです。

しかし時代は進んで萌えとかそういうのが流行って来て、もう重厚イラストでは購買層を狭めることになるのでは…?となったせいか、ガワ(絵柄)とかは今風のポップなものに変えていってがっくりしてたんですよ。

で、チームラ作品では「おなじみ」となった戦闘システム、レア掘りシステムのマイナーチェンジされ、絵柄が重厚になったのがこの「剣の街の異邦人」なわけです。
ちなみに、ガワをかわいい絵柄に変えた「Stranger of Sword City」も配信されています(旧絵柄も全部入ってるけど)。

まあ長くなりましたけど、チームラ作品の中である意味一番「末弥純氏の描く世界」に雰囲気が近い「剣異」にベニ松さんというのは、カネを支払う価値がありすぎるわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/14 19:44
だから小説版の感想が「あ、これいつものベニ松さんですよね」でも問題ない…。
いつのまにTS(性転換ネタ)でリアル男の娘ネタをやるような小技を手に入れたのかはわかりませんが、相変わらず侍系の主人公が超活躍して、その脇には頼りになる巨漢がおり、ヒロインとは16歳と17歳だというのにアレを仕込んだりとやりたい放題でした。

わざとらしくゲーム内用語で「スキル」を放たせたりするのは陳腐なのではなく、ゲームをやってる人間しか読まないのが確定している小説なんだからいいでしょう。
僕も大好きな「修羅」というスキルを話の重要な所で取り入れたのもよかった。

これはターン制のゲームなのに、それを仕掛けるといきなりデスマッチにもちこめるバーサーク系の極北に位置するキチガイスキルで、仕掛ける相手を間違えると開幕でいきなり死亡しかねない意味でもヤバさがすごいのです。
しかも、このゲームHP減ると敵から集中攻撃受けるから、そのやりとりでたとえ死ななくても(低レベルで習得する表式は一度被弾したら許してもらえるが、高レベルの裏式はどちらかが死ぬまで最大15回とか斬り合いが続く)敵全員から狙われるから、使い所を誤るとパーティに迷惑しかかけないわけです。
うちのパーティメンバーのツバキさんはこれでよくひん死になってました(僕はコマンド式RPGでも個性を出したがるタイプなのです)。
かっこいいけどスキル考えた人はあたまがおかしいよね(ホメ言葉ですよ)。
■雑談■@kurotama
2016/08/14 19:44
■いちばんこわいのはひとのこころ@PSO2の話。
・生放送はプレミアム様が入室したので出て行って?^^;となって何度も蹴りだされたので部分部分見れておらず(ミラーにも一応入れさせてもらったんですが)、改めて、未見のとこを見てたんですよ。

そしたらなんとスガヌマさんが元気に大登場。
ストレスから解放されたのかやたらお元気そうでなにより。妙に明るくてかえって不安になったんだけど(;´ρ`)

所がですね、会場にカメラが戻り「スガヌマくんいたねーッ 呼んでないのに」とサカイさんが言うと、キムラさんが「僕(ユーザーからの)ヘイトが高いんで、写真パネル守ってって呼んだんですよーw」と言ったんですね。
イチタローさんがそれを聞いて「風通しーw(上下間の連絡が行き届いていないのではありませんか)」とツッコんだんです。
もちろん、きっとご両人とも悪意はないと思うんですけど…。

その後に映ったサカイさんの顔が…、なんていうか怒りと寂しさを感じてるような…(台本を見てたから伏し目がちになってただけかもだけど)。
スガヌマさんがPSO2から抜ける前、会場の裏でやってたトークコーナーで「ユーザー視点の案を出しても9割OKが出ない」とグチらしいものを言ってたこと、キムラさんが「もう少しPSO2を支えてよ、力を貸してくれえ」とメールで引き止めたんだけど応じなかったですねという話が出てました。

これはやはり、スガヌマさんとサカイさんの間に大分意見の相違があって、ケンカ別れとはいいませんが、なんかこう、あまり仲がいい感じで円満異動という感じではなさそうな雰囲気を感じますね…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 01:08
そして腹心の部下のハズのキムラさんが自分の知らないメールで、生放送という「やったもんがち」の所にSTAFF扱い(のフダを身に着けてた)で放逐したはずの菅沼さんを入れているというのは相当面白くなかったことでしょう。

なんというか、制御不能、もしくは現場と上層部の完全な隔絶っていう感じが見え隠れして末期感が漂っていますよね。

僕の経験でもディレクターの感情的、感性的な技術的視点を伴わないふわっとした指示による修正で何度も何度も徹夜クラスのリテイクを出されるのを1年半くらったエリートチームがプロの責任としてそのプロジェクトはやりきったけど「今後そのDの元ではやりたくない」と全員で直談判、新Dの元で作ることになった時に入社したので、最初の頃はその職場内の軋轢を知らずに居たって言う…w(その後数年かけてそのDは自分だけのチームを作り上げたのですが、社長にガキじゃねえんだから…と呆れられていた)
恐ろしい経験があります(ノ∇`)

とりあえず忙しくても自分の作ったゲームは自分で遊んだ方がいいと思うんですよ。
楽しめとは言わないけど。そこで出る不満・物足りなさ・至らなさこそがいいものを作ると思うんですけどねー。
まあ最近はゲーム部分はおまけなのではないか(すげーよくできたおまけだけど、状態を説明するにはこう言うしかない)という感じで、コラボだらけになってますけど、これってPSO2だけでもないんですよね。

ここしばらく、スマホで広まった「基本無料」の嵐に対してユーザーが悪い意味で老成してしまった…、慣れてしまった感じがいっきに爆発したのか、グラブル・パズドラ・白猫のソゲ3台勢力(モンストはよく知りません。水着のおねえちゃんが出てくるCMはUVカット化粧水のっぽくて面白かったしエ□くて好きです)が、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 01:09
のきなみよくゲーム仕様をよく知らないで実装したキャラやカードが強すぎて他の要素が一瞬でミジンコ以下になって炎上したから、あわててその価値を下げたりしてフラフラし、イラついたユーザーによってさらに大炎上、もしくはコラボだらけで飽きられているなどの事件が起きていますし、新規ゲームも2ヶ月で閑古鳥状態だったり、スタートダッシュでつまづいて必死に修正してるうちに人離れを起こして今後の活躍に期待される状態とか、とにかく厳しい状態のようですね。

前からだろwと言われればそうなんですが、この夏は全体的にソゲ・ネトゲが「無理をしすぎてあざとくなった」ことと「ユーザーが他の楽しみとかに気づいた・不景気感の解消がされない」などが相まって、すごく荒れ気味ですよね。

あまりリアルの話題を出すとあれなんですが、日本そのものとも言えるお方が異例の「おことば」を出し、ザ・日本とも言えるアイドルの星、しんのスタァと言えるグループが結成四半世紀を前に大解散、歴史のなかなかあるお国がダチョウ倶楽部のように「押すなよ押すなよ…、押すなっていったじゃないか!」で青ざめたり、黄色いネズミのアレが1か月たたずにこれまでのソゲの全てより稼いだらしい話とか…。

なんていうか事件が起きすぎて「時代の節目」が来た感じがすごいのです。

いい話がイチローメジャーで3000本安打とか、柔道の全階級メダルとったどーとか、卓球シングルスで日本人が史上初のメダルゲットとか、52年ぶりにメダルを取った水泳とか、頑張ってるのスポーツ関連だけじゃんって感じがします。
都知事のあれは就任前からおわっとるwと言われてたので規定路線ですが、新都知事はびっくりしましたね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 01:09
客観的に見ると、今最も盛んで話題性があるネトゲがなんとPSO2だというこの事実。
中に居る僕らは「そうっすか^^;」と思うかもですが、他のゲームに移住できないかとけっこう色々調べたら「これでもPSO2のほうがマシ」という結論に至りました。恐ろしい。
僕らは中にいるから気づかないのですが、PSO2は結構まともで活気があるほう、なんですよ(今のこの状態でさえね)。
個人的には言いたくないのですが「さすがセガ」というね。

バトガだってこのお盆は本当にヒマガであり(センバツがなかったんです)、頼りにしてたまとめサイトもお盆で帰省でもしてるのかロクに更新はされないわ、夏休みだからってキチガイが沸いてコメ欄が無駄な言い争いでものすごい長さになったりしてて、みんな書き込まなくなったからねw(そもそも本編に話題がなかった)

ゲーム関連で言うなら「イース8」が本当にひさびさに面白かったんですよ。
基本無料のネトゲやソゲって基本的に「永遠のバージョンアップ待ち」とも言えるのでえんえん遊べるのかな?と思って皆さんヒマツブシも兼ねてやってるのでしょうけど「きちんと終わる物語」という良さに改めて気付かされた感じです。

基本無料という未完成品と、有料買い切りの完成品の差を思い知った夏だったと言えるでしょうか。
そしてやはり目につくのが「基本無料で遊んでるのにお客様気取りで文句を言う輩」のタチが相当悪いということでしょうかね…。
ありていですいませんが、貧乏が悪い、のかなぁ。

■けしからァん!@バトガの話。
・そんなバトガに新たな風が!稼ぎ頭である白猫プロジェクトの炎上がマジひどかったので、バトガが綺麗に見えてしょうがないw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 01:09
ざっと見てきた感じでは、弱小微妙キャラ→新形態解放による超絶大パワーアップでキャラ性能が普通に20倍とかに→先週まで無敵だったキャラ持ちさんが「そいつが居るなら俺たちいらねーよな」とクエストを破棄するレベルでマルチプレイ用高難易度クエストを1分ちょっとで終了→大★炎★上→運営あわてて「想定外の強さになってるので調整します」→そこそこの性能に落ち着いたものの、想定外部分じゃないとこを弱体化してダメージが半分以下になったので「なんだこりゃ」と呆れ顔という状態の模様です。

僕これ知ってる…FFブレイブエクスヴィアスで見た騒動だ…w
この仕様知らないアホ実装からの上げて下げては本当になえますよねー…。
飽きられないように次々ケツ(締切)だけ決めてガツンガツン突き進むからきっともう繁忙時の回転すしやのくずれたお寿司みたいな状態になってるんでしょうね…。

で、バトガの方も夏と言えば…といわんわかりに、水着に続いてまたまた肌色企画「温泉旅行第三弾」ということで、昨日も書いた最後まで選ばれなかった6名の入浴/湯上がりカード12枚が大実装です。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qV1FNVElDNGVNZTg
おお…楓ちゃんカードの入浴/湯上がりカードですね。
さっそく楓ちゃん押し先生がズッキュウウウウンとなってました。
でも綺麗な背中っていうのもいいですよね!

今回の昴・望・くるみ・楓・ミシェル・うららの5名はスタイルはいいのですがスレンダーな子ばかり(くるみちゃんを除く)なので、絵師さんの腕が問われそうですから…、どういうシチュエーションで魅せてくるか、明日の帰宅後が楽しみです!
■雑談■@kurotama
2016/08/15 01:10
■コクリコ坂からを観ました@雑談。
・もっと剣呑な学生運動の話かと思ったら、ドラマチックラブコメでした(ノ∇`)
当初の目的なんぞ恋の前では過程に過ぎないっていうの、いいですよね。

作中の主人公も言ってますが「やすいメロドラマさ」なんですよ。

どっかで「ヒロインが良い子すぎて男が描いた脚本特有」みたいなジェンダー論者っぽいアレも見ましたけど、どっちかというと「ヒロインの顔利き、印象の良さで話の6割解決してんだが?」という、オッサンは若い女の子に弱い的な見え方の方が気になったけどねぇ。

ストレスや悩みを抱えながらも習慣と家事はやりつつ、恋が始まるとそのことで頭がいっぱいになる「生真面目な女の子の初恋」とか結構それっぽく描けてたと思うけどな(少女漫画チックにモノローグで気持ちを募らせる文法とはまた違う方向でね)。

本当に女を偶像化して描いてたら「気持ちの起伏がない」と思います。
天真爛漫でいっつも調子を変えずに笑顔しか見せない感じになるのでは…(そしてそれは○崎アニメの女子とか結構その傾向じゃあないかとか…)?
オトナとなって「起伏を表面化させなくなる」っていうのとはまた違うんだよなあ。

話は少しずれますが、想像以上に面白い「クロムクロ」の女子感はステキですよ。
若者の群像劇の側面もあり、キャラ描写に定評のあるスタッフさんたちの作品なので、仲良しの中に気遣いや不満、溜めてる気持ちや、不満はあれど気になってる異性をついつい助けてしまって後で落ち込む、やりたいことをやるには能力が必要でぐぬぬと歯を食いしばる者もいれば、能力はほぼ最高値なのに思うように事が運ばずにムスっとしてる者もいます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 21:05
さらに女同士の根の深いいさかい(根は深いくせに理由は「気にくわない」だったりするのがまたリアルw)、そして繊細なオタクたちの癒しである天真爛漫な幼女(あれは10歳行ってるかどうかなのかな?)と、わりとスキがない。
アニメ「青エク」の最終回をぶちこわしにして、第二期決定したらしいのに「アノ最終回周りどうすんのこれww」とした戦犯のカントクさんの作品なので、すごく不安視してた僕は思い入れが入らないように「消化枠」で流し見してたんですが、かなりはまってしまいましたからね。

そんなわけで「コクリコ坂から」は想像以上に内容がストレートでシンプルでしたし、盛り上がりの幅もすっごい低いんですが、きちんと楽しかったです。
映画館に行ったらちょっと不満が残ったかもだけど、TVで見る分には観終わった時の爽やかな感じがいいですね。
暑い夏のさ中より、梅雨明けの初夏、夏休みがこれから始まる学生さんに見て欲しい感じの作品でした。

■ジャンプ+が面白い@雑談。
・今週はお盆休みでジャンプ本誌がお休みなので、逆にジャンプ+が読み切り8連続で「間」を持たせてくれる感じになっています。
そんな中僕が期待してるのは「マッチョグルメ」の成田成哲先生。
この方、半素人の登竜門「ジャンプルーキー」というサイトで何本も「バキ」と「ベルセルク」を足したような話を描いておられまして、何本か連載を狙った感じのもあったんですが、正直に言いますとちょっと話作りのセンスが古い(;´ρ`)
でも「熱い男が描きたい…!」という熱意がけっこう好きなんですよ。

でも面白かったのは…。

それぞれがひとつの格闘技を極めたスペシャリストだけど、なぜか仲良しの高校生5人組。
そんな中で癒し的存在の小太りの少年が「みんな強いけど、パンチングマシンで誰が一番強いのかな〜?」と無邪気に提案。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 21:05
みんなは「ははっお前面白いこと言うね…」と朗らかですが…スイッチが入ってしまいます。

「「「「この中で一番強いのは誰だ…!?」」」」

と。
で、スピード命の空手家、立ち技最強を自負するボクサー、「やりすぎてしまう」アマレス日本王者、技なんて関係ねェ!のケンカ殺法…と、皆がそれぞれ全力でパンチングマシンに挑み、互いが互いを認め合いつつも上下が決まりそうになったその時。

「じゃあ僕の番かな」と小太りの少年が学生服を脱ぐと…、みっちみちに鍛え上げた筋肉とそれを覆う脂肪で重戦車のような体が現れます。
彼は謙虚なのでこれまで何もいいませんでしたが、学生にしてすでに相撲部屋で鍛え上げられている相撲エリート。
そのタックルは2tトラックに時速40kmではねられたようなものというナレーションと共にパンチングマシンが壊れてしまい、4人は唖然とするのでした。

まあ、それだけの話なんですが、この方が格闘技大好きっ子というのは大変伝わってきていいんですよー。
後は悲しみを背負った男が巨獣を1人倒し続けるとか、ボドボドになりながら己の使命感に従って突き進む系とかね。
一応女の子も(おそらくアドバイスを受けて)出してきてるんですが、描きたいのは「戦う男」なんだろうなーっていう。

しかしその期待とは裏腹に第一弾の「ハトトコネコ」が面白かった。
ホームレスの集う裏道に迷い込んだお人よしの男と場違いなお嬢様。
悪漢にさらわれそうになっているお嬢様を救ったのはお人よしではなく、鳩にエサをやるのが趣味の「ピジョンマン」でした…。
という。
物語特に役には立たない新米ホームレスのお人よしを語り手にして、お嬢様とピジョンマンの交流を描くものです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/15 21:06
そういえば最近のジャンプ読み切りには「ホームレスが実はすごい」系のネタが散見されますね。
得体がしれないけ人生の負け組と思われていた方が「都合がいいとは思わないか?」という見方です。
これは裕福を裕福と思えない現代におけるファンタジーの場として注目されたってことでいいのかな。

日本が中国武術に対して思い込みにも似た憧憬を抱くこと(「拳児」を読んだ友達が八極拳にハマってかなりうんちくを語ってたなァ)、西洋人がニンジャにとりわけ幻想を抱いていること、海賊なんか瀬戸内海にいたくらいしかない日本ではなんか海賊っていさぎよい海の男感で描かれること(西洋文化でリアル海賊の被害を受け続けたとこでは名前の通り海の賊の見方のほうが多い)など、知ってるようでいて実は知らないものにはフィクションがすべりこみやすいんですよ。

日本の場合は「旧家」「隔絶された村社会」「スマホ世代の若者事情」「女子校の中」「ヤクザの世界」「金融業界」ときて、そこに「ホームレスの意外な社会性」がファンタジーを抱ける場なのかなー。

読み切り第一弾、宣伝カットを見た時はなんとも思わなかったけど、なかなかに面白かったです。
鳴り物入りで登場した「ファイアパンチ」がもうどうしようもない感じになってるだけに(解説する気も起きないくらいグダグダ)、面白いのがあるとホッとします(´・ω・`)
「Cherry Teacher 佐倉直生」は次回で最終回だし…!
■雑談■@kurotama
2016/08/15 21:08
■アノコロの衛藤ヒロユキは神がかっていた@剣異の話。
・「魔法陣グルグル」という作品に「ファンタジー北島」というキャラがいるそうです。
はじまりのお城の周辺で最弱の敵を倒し続けてレベル99にまでなった苦労人中の苦労人なんですが…。
いまうちの剣異はソレ状態になっています(ヽ´ω`)ゲソソ
もうクリアしたことあるので「もっとも稼ぎやすい場所」というのは知っています。
意外と終盤より前半のほうが高速回転させられるのでやりやすいのよねー。
だけど、wikiをみてつくったその計画書がヒドイ

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qMGg4WDVyT1NhNHM

水色の部分は上げ終わった部分です。

転職すると元のレベルの半分になりますから、実際には15レベルと言っても7レベルから、最初に30まで上げる子は次の15レベルなどは転職した瞬間に達成する為、そこまでではないとはいえ…。
あまりにもファンタジー北島すぎない? だって僕の性格上、★マークの最終クラスに達するまでシナリオ進めないんだけど!
その間ずっとずっとレベル上げの日々ですよう。
まあたまってる動画もあるし、移動中もプレイしてるのでガツガツプレイはできるんですけね…。
あと15レベルまで上げるのは実は1時間ちょっとでいける(途中からこっちが強くなってくるので)ので、ショーグン、タっさん、モリっさんあたりはわりと簡単に最終クラスに就けそうです。
下の方にいる人たちはゲームを最後まで引っ張る為にゲームの進行度を度外視して鍛え上げられるキラーマシンたちですから、じっくり時間をかけないといけません。30レベルになるにはやっぱりかなりかかるもんなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 01:28
今回、新バージョンとなったことで前作より変わった所が一つありまして…、クロッカーという、時間を操る魔法戦士クラスがですね、そのクラスに就いた瞬間習得する「クロックアップ」がゲームを崩壊させるくらいヤバいスキルなんです。

効果は「使用したターンに選択したアクションを2度行う」でして…、例えばサムライのスキル「斬り込み 弐(威力が60%に下がるが、敵前列とその次の列全員に切りつける。消費するものなどは特にない)」がありまして、クロックアップ→斬り込み 弐をするだけで、前列とその次の列に対して前衛の攻撃力が60%とはいえ襲いかかります。2回連続で(´・ω・`)

つまり全員クロックアップを使えるなら、開幕、もしくは敵を無力化した瞬間に、12人で一斉攻撃できるも同然なんです。
デメリットは「次のターンはスキルそのものが使用できない」だけ。
あの、通常攻撃はできるんですね…(魔法も使える)。

ということはクロックアップを持つキャラは、2ターンで3回行動してるようなもんですから、知ってるのと知ってないのではゲームの在り様が変わってしまいかねないパワーを持ってることになるわけです。
ねえ、これ本当にバランス大丈夫なんですよね…?
ちょっと不安になってきたんだけどw(強敵は1戦闘につき各スキル・魔法の攻撃を1回しか受け付けない「見切り」という能力がついていくそうです)

で、さらに、ボスになったら命中と回避が99になるまで防御しつづけて、MAXになったら戦闘開始ねー というバフをかけるゲームとなってた前作を解消するために、命中と回避は魔法では+10までしか上げられないとなって、高回避のボスにはまともに攻撃が当たらず、ちょう痛い敵の攻撃はかわせなくなるのでは…?
と旧ファンが戦々恐々としてたんですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 01:28
敵の攻撃に対して防御していると「ガードカウンター」という、必中の通常攻撃で反撃した後、敵は強制スタンするというルールが入りました。前衛は近接攻撃に対して、弓・杖などは射撃・魔法攻撃に対してそれぞれガードカウンターを発生させられるので、イヤな言い方をすれば「攻撃準備が整ったらみんなで防御してガードカウンター狙おかw」となりまして、スタン中は敵は回避とかできないんですよ…。

そして前衛の中で最も平均的な「ファイター」が15レベルでマスターするスキルが「ヘヴィスイング」。
いわゆる「魔神切り」でして、命中率が35%キャップかなにかに下がるかわり、ヒットすれば3倍のダメージとなるスキルがあります。
うん、察しの良い方は気づいたかもしれませんが「ガードカウンター成功→前衛後衛全員でヘヴィスイング→必中するので…」という、容易コンボがね、生まれてるみたいなんですよね…。

とはいえ、ガードカウンターが確実に発動するのは初回のみ。どんどんと成功率は低くなっていくので、消極的に防御だけしててもなかなかガードカウンターがでずにジリ貧になるようなんですが…。
武器防具をお金でプラスの数値を上げられるおかげでずいぶんとヌルゲーになったみたいですねえ。
とはいえ、うちのファンタジー北島をしなくていいわけではないからね…。

■宴の始まりやぁー!@バトガの話。
・はいはいはい、来ましたー、いわゆる新装開店状態の新ガチャですよう。
バトガの上手い所は「確定」によって、新規カードは必ずゲットできるとこです。
毎月ログインしてるだけで330個も星のかけらを配っているのだから、イベントもしっかりやってる人なら最低でも2回に1回は新規カードが得られますからねぇ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 02:02
なので「はいはいでませんでしたオワガ」となるのは確定のない「誕生日」と「集合イラスト」の時だけです。

で、今回6人の2パターンで12枚排出の可能性があるので「プチ闇鍋」と化しているのですが…。
運営的には「1日に2回確定権あるから4日で2000個使ってもええんやで?」なんでしょうけど、ざーっと見渡した限り性能はパッとしないように見えますが…?

イラストのほうは先日も言った通り、1人を除いて皆さんスレンダー(配慮した表現)派であり、なんかこれ先生の前でしてるポーズじゃないよね(それ下の方見えてるよね)というのがすごく多くて、苦心の跡が見て取れますね(⊃д⊂)

そういえばくるみちゃんは相変わらず「聖域」だよなーと思いました。
お色気要員の両刀ビッチれんげ先パイ(そろそろ恩返しとしてつけていた聖とってもいいでしょ)、貧乏大家族の詩穂さん、息をしてるだけなのにエ□い小動物牛の心美ちゃん、精神方面のシチュでエ□い妖艶要員となりつつある(泣)遥香っちゃん…。

このあたりは少々お色気気味に描かれるのに、くるみちゃんは水着だろうとお風呂だろうと「無垢系」で通してる…ブランド力といいますか。
汚れてないわけですよ!クキィーッ!

個人的にはバトガにエ□は求めてないので、少年漫画クラスの健全なお色気方面で行ってほしいなって思います。
謎の液体まみれとか湯気で隠れてるだけとかSIZURU感(写真用語らしい)とかは突き詰めて欲しくないんですよ。
「ToLoveる」は好きだけど「ToLoveるダークネス」は嫌いじゃないけどオススメしないというのと似ています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 02:02
見渡した中では明確にハズレな絵はないのですが、絵師さんの力不足か(今回は上手い方の方とそうでない方の2つが混ざってる)それただの立ち絵に近いのでは…という構図に時間かけてない感じのがいくつかあって、時間がなかったことが見て取れますね…お疲れ様ですw

そんなわけで、最初だけは本当になにもハズレもカブりもないやさしいガチャです。
心安らかに参るとしましょうか、ふふふ。

…。

複数枚きても、ええんやで?(マジ顔)


(ここまで引く前に書きました)

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qc0JsOFJmRUFuWWc
うっひょおおーーーーー!SHINE引き!(社員・輝き・○ねの3つが重なったステキな言葉)
ひそかに欲しいと思ってた湯上がりうららちゃんが貧○をカバーする扇情的ポーズで、扇を仰いでる人にはあれが丸見えじゃない?っていうイラストと、久しぶりのくるみちゃん(入浴)版!
聖域枠だけあって色気のかけらもないですが、このカードがすごいのは…後述。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdXJ6LUl4b3FkUE0
温泉うららちゃんの雄姿。ツインテールをおだんごにして上半身のボリュームがなくなったせいでなんだかLive2Dのほうでは相変わらず可愛くない…!イラストを「写真」と見るなら、自分の魅せ方をよく研究しているからかわいいということになるのかなー。

ちなみにガンカードであり、スキルの性能はといいますと…、心美ちゃんのアレを目指そうとしているのか牛乳・牛乳・フルーツ牛乳とイッキ飲みでロック位置への範囲攻撃3回後、散弾と攻撃力50%アップをつけます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 02:03
スキル攻撃部分はちょっと威力が物足りないものの、なかよしスキル(パーティに影響するパッシブスキル)でガンの弾数+2、うちには弾数+4の武器がありますから、通常5発の弾数が11発になってリロードが少なくてよくなります。
さらに攻撃力アップ+散弾でガシガシ攻められるので、気持ちのいいカードですね!
ガン弱点のドラゴン種なんか一瞬で穴あきチーズにしてやれます。
Live2Dはちょっとアレですが、イラスト・カード性能は僕的には十分アリでした!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcTNxT0V4ZldUZW8
温泉くるみちゃんの雄姿。温泉カードをゲットするということは、親密度を任意に下げることができるということ(しょうがなく覗くことで…!)。
そういう意味でも重要ですが、のんきものの彼女とは言えさすがに怒りそう(そして覚えてそう)なので、黒玉さんのMPが多く残っている時、もしくはやることがたくさんある時でないとダメージを負ってしまう可能性があります…!

で、Live2Dは安定のかわいさでして(こちらはカード絵が上手くない方の絵師さんなので微妙)、スキル性能は…?
ハンマーカードで、自分周辺へわきつぶしができる判定長め・威力低めの1回ヒットというのはしょぼいのですが、なんと「10秒間ダメージ無効・吹き飛び無効」がつきます!

これがどういうことかといいますと「SPが切れるまでほぼずっと無敵で通常攻撃を続行できる」というわけです。
事実上ダメージソースが落雷もつかない通常攻撃のみなので、タイムを競うコンテンツや、時間制限がきびしいコンテンツでは役立たずですが、これを使い始めればほぼ無敵になるというのは大きなアドバンテージです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 02:03
吹き飛び無効ということはラグ以外でコンボが途切れず、回避も必要ないわけですから、時折ある「くらったら即戦闘不能」という敵がおじゃまとして存在するようなクエストでは障害自体がなかったことになるのです。
困るのはハンマー苦手の「幽霊種・鳥種」相手ですが、10秒ごとに武器相性無視のスキルダメージがつくのでよほどでなければ削りきれるでしょう。
3人でいけるクエストなら幽霊ならロッド、鳥ならガンのキャラクターを応対要員として連れて行ってもいいし。
さすがにSP消費が高いのですが、うちには必殺のSirius遥香っちゃん、水着'16うららちゃんといった「5コンボに達するとSPを最大値の12%(うららちゃんは9%)上限値と現在地が上昇する」を活用して「スキル発動したらコンボをあえて失敗して1から初める」でやることで、かなり長持ちさせられますからね。

敵の攻撃なんか全部かわせるだろw というエリート先生からは評価が低いのですが、僕んちみたいなラグラグ環境だと「敵の都合を一切無視して殴り続けられる」というのは評価がとても高いです。
効果時間が10秒なので、コンボが2回切れたら途切れるのが残念ですが…これ以上はやりすぎな気もしますしねー。

いやー、しょっぱなからアタリを引きました。
僕の見に行ってるとこでは入浴楓ちゃんのソードスキル「嵐付与+遠距離攻撃無効フィールド発生」が、妨害されずに嵐による追加攻撃を問題なく使えることで評価が高い模様。
うちは嵐使うと動きがカクついてコンボが切れがちになるからなぁー…。

でもせっかくの肌色企画だから、確定日終了までにもう一回くらいは引いてもいいかなーと思います。
■雑談■@kurotama
2016/08/16 02:04
■お盆休みかもしれないけど@PSO2の話。
・ヤバいですね(;´ρ`)ノ
8/13の生放送でさすがに大きな流れが出るかと思いましたが、先日も語った通り、去年やってればまだ興味がひけたかもくらいのモノでした。
アニメを入れてそれで無理に東京絡めた感で1年間既存プレイヤーにほぼなにもなしはキツかったね。

一番皆さんがプレイできそうな時間にラスベガスが来ておらず、8/24実装なのでやることがない…!
ラスベガス武器はTMG・ロッド・ウォンドをコレクション目的にでももらって遊んでみようかとは思ってるのですがー…。
マゾい設定だったらどうするかわかりません。
もうここまで来たらソゲの武器みたいに、お手軽に取ってお手軽に強化して次のイベントでまたゲットして…と気軽路線にしてくれたほうがいいきもするなー。
今は実際、3キャラでTAを1回やった分くらいで★13強化できるのだから、コレクトファイルで武器を1本とったら属性60で、300万メセタ払ったら+35の属性60にするのでいいじゃんって気がする。
強化に度合いがあるから荒れるんでしょうし、みんなにもゲットしてもらえるからせっかくデザインした人もハッピーだし、それでいいんじゃないのかな(本音を言うともう全部武器迷彩実装で済ませて欲しい)。

正直、ネトゲの武器強化に時間をかけてその差でプレイ意欲を煽るのは古いと思う。
すこしでも辛いと「そんなダルい作業できるかぼけw」と楽な方に逃げてくと思いますね。
この夏のネトゲ全体の下火感はそれを証明してるんじゃないかなー。

強さに関わる装備をカネで売ることはしないけど「武器迷彩」ならガチャでやってもいいわけだしね…!(黒玉さんのかいしんのいちげき)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/16 19:53
■ファンタジー北島をしながら@剣異の話。
・低レベルでシナリオ進行しても特に問題がなかった(ノ∇`)
このゲーム、特性値(能力のこと)とHPがあればよくて、HPは転職ではほぼ減らずにすればするほど少しづつ増えていく感じです。
レベルって何に働くのかというと、スキル習得を除くと「命中値」だけなんですよね。

ボス戦も、準備を整えてガードカウンターからの反撃が有効なので、前作ほど「命中・回避ゲー」ではないのも大きい。
ただ、以前は「毒」の状態異常は行動ごとに1点、戦闘中はHPの5%?くらいだったのが、移動中も5%?減になったのでオート移動などをしてるとすぐ人が死にます。
一回ツバキさんで「毒でHPが1残るのか死ぬのか試してみよう」とやったら死んでしまいました(扱いがひどい)。
何もかもが緩和されてるわけでもないし、どうも「見切り」もちのボスは結構強いようなので、ファンタジー北島(低レベルで稼ぎが良い所で延々稼ぎ続ける)せなな
(ヽ´ω`)ゲソ

【告知】ジョジョ第4部第20話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/16(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。
今週は月も火も23時に緊急があったんですが、いろいろあって火曜日のほうになりましたー。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu

それではぜひよろしくお願いしますー!
■雑談■@kurotama
2016/08/16 19:54
【終了】ジョジョ第4部第20話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はGorgorothさん、エリシアさん、ハツネビーストさんが来てくださいましたー。
今回は以前康一くんを監禁して理想の関係になる為に徹底的に調★教しようとして逃げられた恐怖のオンナ、山岸由香子さんが主役の回でした。

由香子さんは康一くんの魂の強さというか弱そうに見えても心根に一本芯が通っていることが今も変わらず好きで、あの時は「見ているだけでもいい、康一くんを好きな私でいればいい」と納得したものの、想いは募るばかりで落ち込んでしまいます。

そんな時、怪しげなエステサロンの女主人に呼び止められた由香子さんは彼女のスタンド能力によって「恋を掴む顔」に整形…いや、メイクしてもらうことで、康一くんととても楽しい時間を過ごすことができたのでした。

しかし女主人の言葉通り「効果は30分」。それを過ぎたら康一くんは突然の腹痛で逃げ出してしまいまして、怒りにまゆをギュンギュンにつりあげた由香子さん、サロンに殴り込みに行きます(このパワフルさはすごいw)。
そこで女主人に「もっとすごい魔法」を提案され、高額な費用をポンと支払った由香子さんは「その効果を維持したければ睡眠時間以外は30分ごとにこの口紅を塗ること」と、魔法には制約と期限があることを指導して彼女を送り出します。

女主人のスタンド「シンデレラ」の力によって無敵の顔とボデェーを手に入れた由香子さんは康一くんに告白。
彼も同じ想いを抱いており、しあわせなキスをするのですが…。

康一くん、親友の仗助くんと億泰くんに「由香子さんとキスをした」と報告。
仗助くんは窓から転落するくらい驚き、億泰くんは号泣して悔しがりながらも応援します。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/17 01:57
しかし康一くんは「その後彼女が学校に来ていない。連絡も取れない」と続けます。
二人は助けてやりたいが…、と、二人の間のことかもしれないからともう少し見守ることに。
何かあったら呼べよと伝え康一くんを送り出します。

1人で調査を始める康一くんは由香子さんそっくりの後ろ姿を見て話しかけますが、振り向いて「そんな人知らないわ」と答えた女性は整形…メイク部分がおかしなことになっている由香子さん。

彼女は30分ごとに塗らないといけない口紅を怠った為、綺麗にした部分がボロボロになってしまっていたのです。
彼女特有の強い言葉でサロンの女主人に猛攻撃(スタンド使いなのでそれでです)しますが、元に戻しなさい!といきり立つ由香子さんに女主人は条件を出します。

彼女のスタンド「シンデレラ」はこれまでにいじった顔のすべてを記録している。このたくさんある顔の中から自分の顔を選べたら今回のことは「なかったこと」にしてあげる。と。

彼女は「困っている女性にメイクを施して幸せを与える」ことを目標としてきた女性。
その患者というかお客さんは皆なにかヒトクセある者です。
間違えた顔を選べばあなたの顔はその運命も背負うことになるとプレッシャーをかけますが、実はその中の由香子さんの顔はなく、本当の答えは「この中に自分の顔はない」でした。

しかし悩んだ末、由香子さんは「自分では選べないから康一くんに選んでもらうわ。彼が選んだ運命なら自分は受け止めて見せる」と、その深すぎる愛情を示してみせます。

康一くんも「もし間違っていたら…」と自分のスタンドを出し、スタンドの目をつぶすことで自分も由香子さんの顔を見られなくして欲しい。
彼女はきっとその顔をボクには見られたくないと思うからと女主人に頼み、これだと思う顔を由香子さんにはめてあげるのでした。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/17 01:57
由香子さんは自身の運命を康一くんに託す、といい、康一くんは由香子さんの将来を決めるという重すぎる行為のセキニンを取る為「間違えていたら目をつぶしてくれ」と覚悟を決めたわけです。

康一くんが選んだ顔は、本当は間違いのはずなのですが、由香子さんの顔は元に戻り、二人は喜びあいます。
女主人は二人の深い信頼に感服し、由香子さんに「男を見る目は確かなようね」と、自分のルールを曲げて由香子さんに元の顔を返してあげることにしたのでした。


おお…、JOJOとは思えない…、でもスタンドがあることによって魔法チックなドラマが展開されまして、康一くんと由香子さんは晴れて恋人同士になりました。
康一くんも言ってましたけど、彼女って怖いけど、言うべきことはきちんというし、自分の決めたことを遂行するためなら多少の障害を苦ともしないタフネスがすごくて、すごく頼りになるんですよね。

由香子さんの愛は先日までは一方的でしたが、自分の気持ちに気づいて、康一くんのことを改めて受け入れる覚悟をしたことで少しは柔らかさを増したような…感じだと良いんですがw
この後どうなるんでしょうねw

いやいや、良い話でしたよう。

雑談でも話したんですが、JOJO第四部の魅力って、みんな自分の危機は自分の力で乗り越えてるんですよ。
仗助くんという主人公がかたっぱしから全て解決して回る話じゃないのがいい。

由香子さんだって顔が元に戻らないなら女主人を倒してスタンド能力を解除させられるか試してみるとか、あのまま泣き寝入りということはしなかったはずですが、康一くんが介入したことで全員幸せに目的を果たして終わらせることが出来た。
誰かに頼りっきりではないけど、力を合わせればより良い結果が得られるなんて、道徳の教科書みたいな話にしあがっているんですよね。
素晴らしい。
■終了■@kurotama
2016/08/17 01:58
■先生ってしゅごい@雑談。
・ジャンプ+の「読み切り8連続祭り」2回めは「こっち見て片山先生」。
カタブツクソマジメ教師がとあることでお札を剥がしたら地縛霊に気に入られて憑りつかれました。

というつかみです。
これまた最近ジャンプで多い「自殺した生徒が意外とうまく死後を生きている/生者に希望を与える」系の話でした。
ヒロイン?の地縛霊っ子がガチ怖い外見なのがマイナスですが、カタブツクソマジメ教師・片山先生が正しいことを正しいと信じて正しく解決すると、生きてる少女も死んでる少女もみんな先生を好きになっちゃうという無双っぷりを見せつけてくれます。

GTOなどでは元ヤンの型破り教師が凝り固まった大人たちの常識をぶっとばして、ある意味反面教師も兼ねた先生っぷりで大活躍という漫画が流行ったこともありますが、今は一周周って「クソマジメを通すという芯の強さこそが本当に強いことだ」という流れも多いですよね。

先日書いた「オレ様サイキョーストーリーより、思い悩み苦労する見守り型主人公のほうがウケつつある」というのとも関係すると思います。
どっちがいいか、よりも時代の流れなんだろうなー。
この作品はクセがなくて面白かったです。

最近ジャンプ本誌では幽霊のくせにパッツンパッツンのはちきれんばかりのボデェーを持つヒロインが愛嬌をふりまいてたらいつのまにかカワイイ女子が主人公のコガラシさんの前に集まる「ニューToLoveる」ともいえる「ゆらぎ荘の幽奈さん」が人気なんですが(ToLoveるのリトきゅんと並んでコガラシさんが男前すぎて、編集のアオリでさえ「コガラシさん」と言われる。確かに男も惚れる精神的イケメンだからなぁ)、この作品はヒロインの地縛霊は「見た目は怖いけど精神はかわいい」「話が続けば最後は綺麗になって成仏」を狙っているにしては怖すぎるw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/17 02:00
この点でせっかくの親しみやすい話が見てもらえない気がするのが残念。
でも今幽霊がかわいかったら「幽奈さん、流行ってますもんね。プフー」となるのは必定ですから、フックが必要だったんでしょう…!

■仁義なき争い勃発@バトガの話。
・まずはこれを見て頂きたいです…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qbkFOamNrRmxHNWM
戦争の始まりだ…(もう終わったけど)!

事実上の人気投票ですね。上位○名ではなく「1位のみ」ですから、燃えます!

遥香っちゃん様と言えば、先日の「センバツ使用率bPは誰だ」でも…

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcE1IY1NpdlBjenc
このように華麗にbPを獲りました。
しかしこの時は「ウェディング遥香」カードの性能がタイムアタックに役立つものだったので、戦闘能力を重視する先生たちの評価も込みですからね。

なにより、フィギュアと言えば手に取れるもの…、くるみちゃん辺りの巨○美少女勢が黙って通してくれるとは思いません。

黒玉さんさすがにフィギュアを自室に置いておくのはちょっと恥ずかしいので購入はなさそうですが、応援は惜しみませんよ!
いやもう投票済んだんで、後は祈るだけですけどねw

途中経過とかされても、毎日1票とかっていうルールじゃないから、一度流れが決まったらもう変わらないだろうなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/17 02:00
リセマラの要領でサブ端末で登録→投票の流れをしてまで推しを当選させたい必死君の有無が勝敗を分けるって気もするけど、白猫プロジェクトの人気投票の「コロプラキャラ」枠でランクインしたサドネちゃん(登場直後だったこと、声優の悠木碧さん補正込み)、アキバクイーンのくるみちゃん(巨○美少女で早見沙織さん補正)、メインヒロインのみきちゃん(バトガと言えば主人公!という補正)、シコちゃん(意味は各自想像してください)という若干不名誉なあだ名で呼ばれ、少年先生(なんだこの表現)の体の一部を直撃させるイラストで勇名を馳せている詩穂さんなど、ライバルは多めですぞ…。

そんなわけで、2回めの湯けむりガチャに挑んでみようと思います(唐突な展開)。

はっきりいって強さで言えば、今回は無理することはない気もするのですが、親密度を調整できるようになる(しょうがなく覗くことによって)やはりここは乗っておくべき。
12枚中2枚だから、ダブることはないと信じたいです。

(ここまで引く前に書きました)



画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZmtVX1hSM0tXRDg
まぁ…よし!
途中、くるみちゃん、ミミちゃん、望ちゃん、うららちゃんと複数枚チャンスあるか!?と思ったのですが、普通に確定分のみで湯上がり昴ちゃん(ソード)が来てくれましたー。
Live2D的にも性能的にもヒットだった水着昴ちゃんに続いてどうなんでしょうか…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qWENYbFlmbmVvakk
バスタオル昴ちゃんの雄姿。
バスタオル姿でストレッチはいろいろヤバいのではないかと思うのですが…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/17 02:11
まあ、絵柄的にも性能的にも話題のソード楓ちゃんがちょっと欲しかったのですが、ダブらなかっただけでもよかった。

スキルは周囲4回ヒットというだけでソツなく強い感じで、技の見た目が真面目系なスキルは昨今貴重です。
だってうちの主力は巨大まんじゅうを2発落として敵を壊滅させるやつだしな…w

なかよしスキル(パーティメンバーに影響するパッシブスキル)は「残り時間60秒以下で与ダメージとコンボダメージ超アップ」という、バレンタイン遥香カードの時間厳しい版ですねー。
あちらが120秒以下で、ソード・スピア・ハンマーにしか効かない代わりに攻撃力そのものがアップ+与ダメアップで、スキル自体も強化されるので使い勝手は上、かなー。
こちらは指定なく全武器種に対応しているので、ツインバレットやブレイドカノンなどに効くのが強みです。

星守きってのストライカーな彼女は毎度攻撃力のパラメーターが高いのがウリですが、今回も防御力がもっとも高くなりがちなソードなのに攻撃力が高めということで、もし70レベルまで限界突破すればソードカードの中ではかなりの高火力となるのですが…。
なかよしスキルの性能が高くないので、その攻撃力が活かせることはないかもしれませんねえ。

とりあえず名残惜しいですがこのあたりで撤退しないとのちに障りますから、仕方がなく撤退ですね。
2回で3枚取れて成果は上々ですぞー。

人気投票は1位を取れなさそうな生徒押しの先生からはあまり評判はよくないですねー。
1位だけってのが悪いのかなー。
まあ1アカウント1票で、努力も行動も何もできないから純粋に力こそパワーだしな。

気持ちはわかる、だがわかってやるわけにはいかんのです。
ジーク・遥香!ジーク・遥香!
■雑談■@kurotama
2016/08/17 02:11
■タマちゃんが死んだ@剣異の話。
・ええ。18レベルになってクレリックのウリとも言える「ホーリーシールド」を習得し、一安心した矢先のことでした。
ホーリーシールドはいわゆる「バリア」を張るスキルでして、使用者のレベルに応じたHPを持ち、パーティの誰かが攻撃を受けるとその防御力によって軽減された分HPが減り、最後に割れる瞬間はそのダメージを全て肩代わりしてくれるという(たとえ500ダメージを受けてバリアが一撃で破壊されてもそのダメージはパーティメンバーには届かない)、大変優れた防御手段です。

今は経験値稼ぎに来ていたのですが、ついでにトレジャーハント(トレハン)も兼ねて装備の充実とお金稼ぎをやろうとしていました。
このゲームのトレハンは「敵の輸送隊を襲撃」というスタイルで、姿を消して待ち伏せし、好みのアイテム種が入った宝箱を持った隊が通りがかったら姿を現してヒャッハーと襲いかかるという…、山賊まがいのアレがウリであり、序盤からこれをやりまくります…!
で、良い物が入っている銀の宝箱を持つ敵ニンジャ部隊が通りがかったので、銀の輝きに目を奪われて襲撃しました。

敵が素早かった為先行は取れず、パーティを護る特殊な「神気スキル」を使用するためのポイント「士気」は7しか残っていません。
この状態でニンジャとやりあうということは「クリティカルヒット」でパーティメンバーがいきなり即死させられる危険を示しています。
2ターンの間状態異常からの完全防御をもたらしてくれる「精霊の壁」は士気を9消費するのです。

戦闘でダメージを与えれば士気は回復するので、1ターンだけ凌げればいいんです。
で、タマちゃんにはクレリックの便利魔法「ディバインライフ」を指示。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/17 22:36
この魔法は「HPが0になった時、MP分のHPを得て踏みとどまることができる(MPがなんらかの形で1以上あれば何度でも効果がある)」でして、確かクリティカルヒットにも有効だったはず。

ホーリーシールドはファストトリック(素早さ無視でターンの最初に使用できる)がついてるスキルではないので、素早さに1点もボーナス能力を割り振っていないタマちゃんのホーリーシールドが発動する前にニンジャが動くでしょうからね。
しかもホーリーシールドは今時点では3発も耐えられないでしょうからクリティカルを持つ相手には効果が薄いと思ったのです。

しかし、非情なニンジャたちは飛び道具装備なので前列だろうが後列だろうがおかまいなしに攻撃を仕掛けてきます。
攻撃は前衛に3発、タマちゃんに1発放たれ…、案の定、タマちゃんは急所を突かれ即死してしまったのです。

くっ…最年少でうちの飼い猫(ネイ3人娘)と違って全員で守らなアカン子なのに…、銀の宝箱の為に見捨ててしまいました。
そう、ダンチョーはリセットせずに銀箱の中身を持って帰ることを選択したのです。
ゲームではこれ、セーブ後からの何戦闘かを失うだけですが、僕の中ではダンチョーは未来を取捨選択する力を駆使していることになっています。
つまりアイテムの為にタマちゃんの死をアリと判定したわけです。

しかし銀の箱ですよウフフ、タマちゃんを療養で休ませないといけないだけのものが出てるといいなぁ(;´ρ`)ノ
と鑑定してみたら、何の変哲もないアサシンマスク+8とかでした…。

ダンチョー は ふかく きずついた !

…まあ実際はアイテムの中身を見てからリセットしても失うのは数分くらいですが、そう何から何までリセットしまくってたら面白くないしね。
この結果は判断の甘さの代償として受け取ることにしましょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/17 22:37
剣異ものんべんだらりとプレイしたら作業ゲーかもだけど、やっぱり色々考えながらゲーム内の出来事を事件として見ていくと楽しいなぁ。
クリエイターの作ったキャラの物語を眺めるのもいいけど、自分で作ったキャラたちで遊ぶゲームもまた面白い。
タマちゃんにはしばらくお休みしてもらいましょうヽ(´ー`)ノ

■黒玉さんは別に感動屋じゃあないよ@雑談。
・ジャンプ+の漫画が面白いたびにキャッキャと感想と紹介を書いてますが、そうならない時もあります。
今日は読み切り祭り3日めですが、そういうアレです。

■明日はアプデ情報の日?@剣異の話。
・wikiが事実上更新停止状態なので、しょうがなく本スレウォッチをしながらファンタジー北島してるんですが、明日8/18の生放送で「バランス改善第二弾」の内容がわかるようになるとか。

現状は「死人が出た時の為のサブメンバーを育成しながら進めよう」というコンセプトを自らぶち壊す「スキルセット数解放アイテムが貴重品すぎてメインメンバーの拡張をするのでいっぱいいっぱい」な為、スキルセット数拡張のアイテムがゲームクリア後のダンジョンのラスボス周回でしか得られないというバランスをなんとかしろよと言われています。

実際それがどうなるかはわかりませんが、このゲームは血統種という「コアを抜き取らない限り無限に再生する不死の強者」モンスター討伐が物語の中核なんですが、コアを抜き取った後もワープ移動用の魔石に「寄生」して仮復活する「リスポーン」という障害がありまして、前作ではルスポーン血統種がいるとワープが封印されてクソダルいので、除去しないといけないという嫌がらせ要素でした。
特に大きな報酬もないのに、重要施設に取りついたから払わねばならないのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/17 22:47
今作ではそれに対する不満を解消するため「魔石の近くにリポップするだけ」となりました。
狭い通路に陣取られると戦わなければいけませんが、基本無視して良い存在に。

でも逆に「無視していいならこのシステムはなんなの?」となりまして、その敵あたりに能力値アップアイテムやスキルセット数解放アイテムを仕込めばモチベにつながるのでは?と言われてるんですね。

僕はまだプレイ途中なんですが、確かにいくら転職してスキルを貯めこんでも、初期セット数の3つだけしかつけられないので、結構厳しいですねー。
育成の楽しみが減ってるのはいかがなものかと思います。
そもそも転職なしでもクリアは可能なゲームなんですけどね。
なんとかうまく調整してくれるとありがたいのですがー。

あ、転職を繰り返してキースキルがそろってきたので、ファンタジーが超加速して転職速度が上がったらお金の工面が間に合わなくなってアヒィーってなってたんですが、稼げる新たな新天地を発見したらお金に困らなくなった代わりに無理な連戦で即死魔法をもらってヨシミさんが2度も死ぬハメに…。

リスクとリターンを計りにかけてできれば無事にやってきたいものですが、なかなか上手くいきませんね(ノ∇`)
とりあえず剣異も楽しいです。
■雑談■@kurotama
2016/08/17 22:50
■PSO2の飽きがなぜくるのかを考えてみました@PSO2の話。
・いえね、ファミ通のインタビューを読んでいたら、酒井さんたち運営も色々考えて、データを集めてそれをプレイヤーに還元しようとしていて「とにかくつまらなくて面白くないから酒井死ね」みたいな意見がギモンに思えるわけです。
彼らはきちんと考えて色々やっているよね。

しかし、レアドロップ制ではあまりにも出ないまま半年〜1年挑み続ける(しかも向こうのいうタイミングのみしか機会がない)上、常時掘れるアーレスは白熱した方がいた一方で「欲しい武器種を狙い始めると2本めが果てしなく遠い」ということで、苦労した割には報われなかった方もいたかと思います。

で、石集め制はどうだったのかというと、ここのコメントでは何度も語っていますが「中レベル〜高レベルまで幅広くマイペースで集めることができた黒の領域のチャンドラはすごく秀逸なバランス」でした。
あのペースで石集めコンテンツを展開していけば拡張も込みで色々できたことでしょう。

全ては「運営が用意したタイミングに不特定多数の人とマルチをわーわーやって欲しい」を押しすぎて、緊急必須に変えた「徒花」が悪いと思います。
あれによって、コンテンツの消化スピードを運営が管理しようという目論みは成功したでしょうが、多くのプレイヤーに「配布管理じゃんこれ」と看破されていましたね。

コレクトファイルはそれの脱却のはずが、取り違えました。
石集めがダメだったんじゃないんです、みんな「自分のペースで集めさせてくれ」と訴えていました。

だけど、出来上がって来たものは、緊急必須の上にランダム要素が入った為「やりがいという名の障害がある回数が読めない配布管理」という最低の代物でした。とにかく出るまで終われないっていう、ブラック企業の終業時間みたいな感じ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/18 02:23
ランダム要素を完全排除した大和は気楽でよかったものの「様々なプレイ環境の方に合わせる為」と称して朝から晩まで休みなくひたすら同じ緊急を何度も何度も立て続けに連発し、あらゆるユーザーから「もう繰り返しすぎて作業感しか感じない」とNOをつきつけられてしまいました。

これらも「無能」「バカ」とこき下ろすことは簡単ですが、向こうさんも商売です。
制作にかけた時間分ユーザーの興味を持たせ続けなければいけないなど、一定時間内に配られるレアの数は管理したいのでしょう。
レアドロップ制の頃から、一定時間内にドロップするレア数は管理していたはずです。
だから実装してすぐの時はポロポロ落ちるわけで、アイテム定量制ではないと宣言していましたが、おそらく経過時間当たりの全サーバー内の存在数を調整する為のドロップ数制限はかけていたと思われます。

客観的に見てみるとやはり、ユーザーのためのよかれと思う調整が二の次になっていると感じるのですよね。
最近のユーザーが非常にうるさいというのもあるので、しょうがない部分もあります。
お前ら何なら満足するんだよ!と言いたくても言えないのでしょうし。

昨今の「寄生」問題でも色々起きていますけど、これらのアイテムドロップの関係、継続的にやりたくなる要素がどうして欠けているのかを考えてみると…。

段階がないんですよ。このゲーム。

ステージAをクリアして、得た力でBをクリア、慣れも相まってC・Dはあっさりクリアできるものの、Eになったら一旦装備の見直しをしないと勝てなくなってきた。
そしてC〜Dを周って腕を磨き直し、装備を整えてEに挑んだら、いよいよソロでは難しいF以降の冒険が待ってるぞ!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/18 02:24
F初期はみんなパーティ初心者だから自由だし教えてもらうことも多く、失敗も多いがある意味一番楽しいし、フレンドも増えやすい。

Gあたりになってくるとセオリーが身に付き始め、少し上の世界に挑む事や、仲間の上級者の手伝いや世界を知って自分はまだまだやることがたくさんあるんだ!と思うと同時に、Fランクあたりのルーキーを自分が過去そうであったことは棚にあげて蔑み始めることも。

Hくらいになると自分だけの持論や、こうだと思ったスキル振り、装備なども揃い、古くからのフレンド、同期のフレンド、自分がリーダーとなる小コミュニティや他フレンドの集まりなど世界が広がり、コネやツテを駆使してハイエンドなコンテンツに参加し、メインクラスの装備をさらに充実させることを意識し始める。

ネトゲはまあ基本的にこんな感じで飽きるまでやるわけですが(これMMOじゃねーか!というのはおいておいて)、「積み上げた結果でようやく立つステージに応じた装備入手に挑む」という段階がないのよね。

PSO2でいうなら、サイキ防具とかはフリーマップのボス直をして40秒で挑めるボスを何十回も何百回も倒し続けることで入手でき、これこそがアクションゲームのハクスラよ!と喜んでる方も多かったですが、緊急で出たグンネさんからいきなりポロりしたXH初挑戦の子もいるわけで…。

物事には段階が必要と考えるプレイヤーにはこういうのが面白くないのかなーと思いました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/18 02:24
まあ…「オレはもうこのレイドコンテンツに毎週3−5時間、2年通っている…、しかしリーダーが甘い人だから入って一か月の同じクラスのやつにもロット権(サイコロを振って一番高い人がゲットするシステム。プレイヤーたちでルールを決めて許可された人しかロットできないようにして棚ぼたを無くそうとされていた)を与えたため、そいつがいきなりロット勝ちしてもう抜けやがった。許せんからオレもこのレイドチームから抜けるわボケ」みたいな話はどこにでもあります。

なんていうかPSO2は最初からずっとソレなんですよね。
求められるのはプレイにかけた時間でもなく努力も知識も要らず、運だけ。
運が終わったら今度は運営のいうコンテンツに遅刻せず休まず通った良い子には早くレアをあげよう という配給システム。

僕がさっき挙げたような「重い」ゲームシステムはもうイマドキ流行りはしないでしょうけど、「お手軽」と「階級付け」を一緒にしたらいかんって思うのです。

「お手軽」っていっても、

遊んでたら面白くてタイムやランクを高めたくなっちゃって気が付いたら○時間ハマってたわー。
そこで得た報酬で○○いけるようになったからもっと難しくて楽しいステージが待ってるぜ!

というのと

んあー、なんか参加してたらレベル上がったんでレイドコンテンツに出たらすごいらしいのが出たってチムメンが言ってるけど、強化するメセタないんでいいわって言ったらすげー怒ってたwwだっせww 気持ち悪いからもうやめよw

というのとは違う…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/18 02:24
PSO2は果たして前者になれているだろうか…、なれてない気がする…。
ネットゲーにある程度思い入れがあった層はやはり「協力してクリアしてステージを上げて、装備をどんどん高めて新たなステージへ」を求めてるのじゃないかなーって思うんですが…。

新エリア実装!15分で終了!
ではないんだよなぁ…。

PSO、PSUは、ネットモードに行く前にオフラインゲームのストーリーがあってそこで散々ソロプレイを勉強するので、よかったのかもしれないなぁ。
PSO2もマップ解放をただ漫然とゴールに付くだけじゃなくて、ストーリー仕立てで紹介しながらそれが終わるまでマルチに参加できないようにしてもよかったかもね。EP1のストーリーは若干その匂いも残っているんですがねえ。

お手軽をなんかはき違えてるような気がするんだよなあ。

でもインタビューを真に受けるなら「ラスベガスに行ってもかまわないくらい収益が出てるのにいけなかったなー」とか発言していましたので、PSO2は大儲けであり、商業的には大成功だそうです。
よかったね。ハッピー!

そういえば4gamerのインタビューはライターの攻撃的な(本音の)物言いが後から強引に修正されていて話題になってましたねw
ファミ通のほうはそれを踏まえたのか、つっこんだことを聞く前に話題を切っています。

僕の中ではファミ通ってユーザー側に立ったことをズケズケいう「狂犬ポジ」で、それで得た支持を元に「ちょうちん記事書いて欲しかったらよォ、コレ(お金のハンドサイン)積めや、誠意や誠意、なぁ!ゲハハ」みたいなイメージで、それを読者に見透かされて「いくら積まれたんだろうねー^^」って生暖かく見守られる連中だって信じてたのに、がっかりです。

PSO2はどうも「言論統制」という言葉が見え隠れするねえ。
■雑談■@kurotama
2016/08/18 02:36
■エクストリーム北島を考慮中@剣異の話。
・今晩の第二弾パッチの内容によりますが、一時的に剣異をお休みして、今度2が発売されるということでPSストアで500円になってた「デモンゲイズ」をやるのもありかなあと思っています。一つのゲームを終わらせる間に別のゲームをクリアしてこようかなとか苦労人も度を超えてると思いますが、結構楽しそう何でもの(ノ∇`)
絵柄が可愛い系の楽しい下宿生活+時々バトル系らしい。
といっても生死関係が甘い意外、剣異とシステムは変わらないのですが…w
神気スキルの代わりに「デモン」という召喚獣があるくらいかなぁ。

ファンタジー北島も大分進行してきて、おっさん3人衆がもうすぐ最終クラスに到達しようとしています。
敵陣を突破して、ヒトタイプに倍撃がつく「闇の騎士道」というナイト15レベルのスキルをクロッカー1レベルのスキル「クロックアップ」で2回に倍化させれば、3人のおっさんが1ターンで6回、3重にならんだオークの群れを蹴散らしていくのです。
熱い肉と肉のぶつかりあいは、高速戦闘コマンドで5秒で済むので、おっさんと肉ダルマのオークたちとの絡みは「ダイジェストでお送りしています」状態で終わるのがいいですね。
あ、すいませんちょっと近寄らないでもらっていい?臭いので。

戦闘が5秒で終わるようになってファンタジーの加速が止まらない…!
いよいよ飼い猫たちをニートからひきずりだして現場で肉ダルマとくんづほぐれつさせる地獄の特訓が始まります…!
15レベルあたりまでで転職を繰り返すのは、この縦に3重に並んで出現するせいで「闇の騎士道」もちがいれば瞬殺できるということから、オーク村襲撃が一番経験値稼げるのよね…。
悪いのは全部チームラ。
■雑談■@kurotama
2016/08/18 20:25
■レスポンスの良い運営が良い運営@剣異の話。
・ネットでパッチ(修正プログラム)を配布できるようになったことで「完成品を上げようという意識が下がった気がする」とかのたまっている方も居ましたが、バランスの全てを知り尽くしたつもりになってその面白いラインを追求したつもりが、時間をかけて経験値をコツコツあげる「実プレイ時間」を支払うユーザーの間にある温度差というものはあって、結果的に「つまらない」となるのは残念ですがあり得ることです。
それを解消できるんだから、まずはよしとしましょう。
でも以前買った「宿屋ゲー」こと「禁忌のマグナ」なんかは、想像を絶する超絶クソゲーとして僕の記憶にも新しいですが、修正版を出すのが1か月かかったことで、パッチ後はギリギリ遊べるようになったものの、評価は戻りませんでしたからね。
あれで「クソゲーオブザイヤー」にノミネートされないとか、大賞作品は一体どれだけのポテンシャルを持ってるというんだ…。

まあそんなわけで、皆さんからの案に出ていた「倒す価値のない再生血統種から能力アップアイテムやスキルセット増加アイテムドロップさせろや」が見事に通り、クリア前から能力上げに勤しめることになりましたよう。
これでリスポーンのお知らせが出たと同時に「おほっ能力アップチャンスキター」ってなるね。
うちもリスポン血統種貯めておこうっと(*'-')エヘヘ

発売から1ヶ月で2回のアプデが行われる辺り「焼きなおしてやったんだからありがたいと思いやがれ」ではなく「ユーザーに楽しんでもらうver1.5が作りたい」という言葉にウソはないことが見て取れますね。

こういう誠意が客をつかむと思うのですが…。

アプデは来週末までにされるそうなので、おっさん3人が最終クラスについたら一旦お休みしてデモゲ始めようそうしよう。
■雑談■@kurotama
2016/08/18 21:45
■裏サンデーしか知らなかったじょうじゃくろたまさん@雑談。
・本日「天野めぐみはスキだらけっ」の3巻が届きまして、いつも通りのアレにニヨニヨさせて頂きました(*´Д`*)ノ
そこに入っていた宣伝で「サンデーうぇぶり」なる週刊少年サンデーのwebコンテンツがあることを知りまして…、先週立ち読みで読んで面白かった「魔王城でおやすみ」が第一話から読めるとのことで読んできたんですが…。
ひどいwおもしろいなぁこれw 僕はとある作品のせいで「魔王と勇者モノ」は大体見る前から毛嫌いする感じなんですが、その食わず嫌いを突破してくれましたw

しかし本題は「幻魔大戦Rebirth」のほうでして…、これがね漫画「スプリガン」の原作者、七月鏡一氏が脚本をして、石ノ森プロ所属の方が作画なんですが…。
すごくいい…!きちんと現代の作画レベルでありながら「きれいに描いた石ノ森絵」で展開されるのです。
もちろん「スターシステム」でサイボーグ009などの登場人物のそっくりさん(サイボーグでないだけで役割や元の職業は009をほうふつとさせる配役)とかもでてきますし、この懐かしくて新しい感じは素晴らしい。
昨今のキレイな絵というのも素晴らしいんですが、やはり石ノ森テイストはグッっとくるものがあるなー。
002や004みたいな目元を隠した髪型とか見るとニヤニヤしてしまう。

話は少し変わりますが、僕はDVDを買うほど「グレンラガン」が好きでした。というか派生作品はイラネと思ってますが、本編は今でも好きです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:54
この作品のノリどっかで見たなと思ってはいたんですが、脚本の中島かずき氏って、ゲッターロボの石川賢先生(こちらも故人)の編集者で、ある意味「ゲッターロボ」の関係者だったことから「面白そうだけど終わらない作品」であったゲッターロボを完結させたいとの思いも込められていたようです。
言われてみれば最終形態の「天元突破グレンラガン」ってゲッターエンペラーみたいなもんですからね。

もちろんグレンラガンがゲッターを使えないからのパチモンというわけではなく、ソウルを受け継いで終わらせる「二代目主人公」のノリと思っていいものだと思いますが。
ゲッターロボとしては終わらなかったかもしれませんが、あのテの壮大に膨れ上がっていく話を「ここで止めないとダメなんだ」と1人抱えて生きていく主人公という話はきちんとグレンラガンとしての物語として終わっていていいですね。
(ゲッターロボは理屈で言ったら絶対に勝利不可能な相手がまだまだ上にいくらでもいる段階で止まっています)

そんなわけで、幻魔大戦も「仕切り直しの新作が出て再始動したら途中で止まり、次の仕切り直しの…」というのが出続けた上に、作者の平井和正氏は先日亡くなられてしまった為、結局幻魔と人類の決着はつきませんでした。
いわゆる「虚無った」わけですが、きっと作品の完結を待ち望んでいた方も多いはずということで上がった企画でしょうから、今度こそ決着をつけて欲しい!
どんなに素晴らしい作品も「完結してこそ」だと思うので。
グレンラガンと違って、版元メーカーの正式な後押しを得ての作品だからその可能性は高いと思いたいですが…?

読んだら内容が「幻魔大戦vs石ノ森ワールド大戦」になってた(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:55
イナズマンやミュートスとかでてきたぞw これは幻魔ファンはどうみるのでしょうか…。
と思ったら犬神一族(ウルフガイ)が出てきた…、これは「平井和正vs石ノ森大戦」ですねw

■新体験・ザ・ほしもり@バトガの話。
・今回の第三弾の温泉イベントが面白いことになりそうです。
物語の発端は…、一般生徒は夏休みだというのに、星守クラスの18名は基本的には毎日特訓と奪還授業。
でもさすがにお盆はお休みにしようということで、ようやっと夏休みが始まります。

しかしクラスには若干しょんぼりした生徒たちの姿が。
昴ちゃんは「みきも遥香も家族旅行に行くんだって…」
望ちゃんとくるみちゃんは「ゆりが剣道の後輩に一本取られたから、鍛えなおしに山籠もりしてくるって…」
うららちゃんは「心美は実家にお手伝いにいっちゃった…」
と、それぞれ相方たちにフラれてしまい、一緒に過ごす夏休みの予定が崩れてしまったということなんです。

そんな所に「だったらわたくしの別荘に来ます?」と表れたのは、すっかり(ゲーム的に)イベント会場提供係となった楓ちゃん。
世界各地にある千導院家の別荘や施設の中には、年若い彼女が訪れたこともない持ち物もありまして、機会をみつけてはバカンスに利用しており、相方のミミちゃんを連れて行こうとしてた所、センパイ方が困ってるようなので、2人が6人になっても問題ないということでした。

サドネちゃんはひなたちゃんと一緒に桜ちゃんチで宿題をやるとのことなので、これは「今年」の話のようですね(サドネちゃんは去年の冬前の星守入りです)。

そこで、実はいた先生も生徒から「先生も一緒にいこうよ!」と誘われるのですが、楓ちゃんはなにやら考えたのちに承諾します。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:56
外国にあるというその別荘は温泉なのですが、温泉を高級にした「スパ」というやつでして、近々一般人相手のリゾートスパとして解放しようと整備が進められているのでした。
先生は男性ですから自室に用意された「露天風呂」(先生曰く「バルコニーに浴槽おいただけだよね…これ」)で済ませて頂く感じになり、女性陣はもう「王宮」といわんばかりの贅沢なお風呂でさっそくバスタオル一枚でキャッキャとはしゃいでいるのでした。

遅れてきた楓ちゃんに「浴場で騒いではいけません」と叱られる残りの5名ですが、作法を護らずテキトーに体を洗ってきただけの面々に呆れ、一度本湯のお湯を抜くように指示しようとすると…。

先生の声で「抜かないでくれ…」と言われるのです。

生徒たちは「やだ先生、まさか覗き!?」となって悲鳴が巻き起こります(いつも水着やバスタオル1枚で向き合ってるのに…。でもこれが普通の反応だよな…!)。
嫌悪と敵意むき出しの生徒たちですが、先生の姿は見当たらない。
「???」となっていると、その声が「耳に聞こえているものではない」と気づきます。
先ほどから聞こえている声は頭に直接伝わっているのです。

先生は理由はわからないけどどうやら目の前の本湯の「お湯」になってしまったそうで。
…足くらいまでしか浸からなくてよかったですねw 生徒たちがお湯となった先生の中に入ってたら「ToLoveる」だもんな…!

で、先生を助けなきゃ!と「なぜか」近くにあった湯船にバケツリレーの要領で先生を運ぶ星守たちですが、ちょっとずつこぼれるので「先生が減っちゃう!」となります。

そもそもどうしてこんなことになったのかと問うみんなですが、それはみんなも聞いてただろう?と先生が語り始めます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:56
数十分前、生徒たちは楓ちゃん専用?の老執事さんからこのスパの伝説を聞かされます。
昔々、悪い女神様が居て、この地でたいそう悪さをしていたのですが、勇者が彼女を打ち倒し地の底に封印しました。
以降、ここに置いてあるライオンの顔を持つ勇者の像をもって女神は閉じ込められているのだと。

女神の怒りがこの地に温泉をわかせており、勇者が男性だったせいか、この湯に男性が浸かると恐ろしいことが起こると言われているのだそうです。
先生が温泉に入れなかったのは、なにもいやがらせや迫害というわけではなく、この伝説が本当だったらまずいから、です。

ということだったのですが、実は先生が部屋に行った後もおしゃべりは続いていて、生徒たちはうっかり勇者像の羽織っている衣装を外してしまうんです。

そんなことも知らない先生は「まあ僕がみんなとお風呂に入るのは無理だけどさ…」と若干しょんぼりしながらも露天風呂()につかって、それでもいい眺めに気をよくしていたのですが、勇者像の衣装が外れたその時、実は地の底の女神は一瞬力を取り戻し、イケニエとして先生を露天風呂に引き寄せます。
先生はバスタブに浸かったまま宙を飛び「このままでは…星守クラスに新しい担任が来てしまう!! みんなさようなら、いままでありがとう、僕のこともたまには思い出してくれよ…」と死を覚悟しますが、まんまと温泉に浸けられたことでお湯になってしまったところで、先ほどの星守の子たちがぞろぞろ入ってきたとこにつながるんだそうです。

そこまで聞いてわからないなりにわかった彼女たちは同時に恐ろしいことに気が付きます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:57
このお湯を捨てても、乾いてなくなっても先生消えちゃうんじゃない?と。

さらに水が渦巻き、先生が地の底に吸われそうになってしまい、女神の勝利宣言が響くのです「よくも閉じ込めてくれたな人間ども、女はドレイ、男はお湯にして我が力としてやるわー」と。

楓ちゃんは、(あんな伝説は迷信だから)まさか使うことはないと思っていた地下への通路を開け、先生を救出しに行くと宣言。
「アタシたちバスタオル一枚なんだけど…」となりながらも、一刻の猶予もない先生を救いに6人の星守が起つ(半裸で)!

という所で前編は終わります。


一応補足しておくと、星守たちの所属する組織「星の箱舟」は、イロウスがまだ大規模侵攻するまで「超常現象」レベルで単発で出現したりしてた魔物(イロウス)などを極秘裏に始末する組織でして、千導院家はその星守たちを1千年以上サポートし続けてきた名家です。

楓ちゃんはその長い歴史の中、初めて「星守」になった千導院家の者として一族全ての期待を背負っています。
ちなみに星守たちの実質的リーダー、明日葉ちゃんは、千導院家と同様、楠家として星守と密接につながる名家。
彼女の母親が星守だったことから、同じ名家でも少し格が上、ということになるんでしょうかね…。
(ちなみに明日葉ママは先生と明日葉ちゃんをくっつけたがっていて、よく無理やりセッティングをして、あわよくば手を出してもらっても構わないとさえ思っているフシがあるが、作中屈指の「強い」性格であるため、誰も逆らうことができず、結果的に明日葉ちゃんをお嫁にすると一生アノママがついてくるという意味で彼女の弱点となっている)
これまでのストーリー上では互いに敬意を払っていて、仲が悪いとか陰口をたたくような関係は描写されていませんが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:57
そんなわけで、千導院家の「実は別荘に見せかけておいて、封印された過去の○○です」ネタはもはや定番となりつつありますが、コロプラ公式ツイッターで「ただいま開発中」と紹介されたのは…。

「踏破型のダンジョン風」でクリアする連戦ステージ!

確かに地下深く眠る女神の元にチュウチュウ吸引された先生(お湯)を取り戻しに行くんだから、ディープダンジョン化するのは必然…!
まあシステムが新しくなるというより、クリア条件を満たしてどこまでも降りていくバトルステージとは思いますが、この新体験にワクワクしてる僕が居ますヽ(´ー`)ノ

今回は多分初イベントだからグッダグダで非難されると思うんですけど、2回め、3回めと回を増すごとに改善をしようと試みるこの運営ですから、安心して見ていられるのよね。
本当にダメな企画は破棄して二度とやらなくなるしね(協力プレイを強要する「運動会」とかね)。

で、昨日の深夜にこれを描き上げてチェックしてたらもう明日の15時からプレイできる模様。
本当にこのメーカーは仕事が早くてすごい。

もうイマドキのメーカーは「やってやってる感」でのんびり構えてたら追い抜かれるんですよねえ。
そんだけやってもカキンしない人はしないんだから、何年も続くとは思えないな。
(アノポケモンGOでさえ、お盆過ぎから話題聞かないしな…)
■雑談■@kurotama
2016/08/19 00:59
■無限へのモチベはSHIROSUKU@バトガの話。
・はい、始まりました、夏休みやるこねーよヒマガヒマガとキーキーわめく先生に「ほらよっ」と投げ与えられたチャレンジクエスト…、それが「無限回廊」でした。
まあフタを開けてみればなんのことはない5連戦クエストx5であり、最初の25層で合計53個の星のかけらを配布した後は、1〜4層がそこそこ、5層だけボス的なアレがでてきて苦戦させられるというアレでした。

メインのご褒美は…
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZHVZdlpjMExJS0E
UVカット効果がないSHIROSUKU!

実際には採用している学校はないと思いますが、なんかニーズがあるアレですね。
今回は先生のSHIROSUKUへの飽くなき欲求が星守たちを深層へと向かわせるやる気につながってるようです。

先日長文でお話した前編と、今回のストーリーにまるっきり繋がりがなかったのは残念。

前編で先生がお湯になっちゃった!→女神様にチュウと吸収されるまえに助けな!→1000層ダンジョンに潜るぞー先生のために!→後編開始、地の底にたどり着いた星守と女神の対決

と、こういう流れなら気持ち良かったのに、今回のイベントの冒頭では

なんか穴が開きました→老執事さん、千導院執事マニュアル「温泉地で穴が開いた時の対処法について」によると地の底まで続いているそうですぞ!→楓ちゃんが「放っておくわけにはまいりませんわ!今なら星守のみなさんもいるから手伝ってもらいましょう」

になってて、先生助けに行く感じじゃなくなってるのよね(´・ω・`)
このままでは先生がかわいい星守たちにSHIROSUKUを着せたいがために頑張ってることになりませんか!(ゲーム内的には違います)
■雑談■@kurotama
2016/08/19 20:16
■アークスリーグはやらないけど@バトガの話。
・こっちはやりこんできましたよう。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qX2ZPSUtzeHlqa00
堂々の一位。現在は103層まで到達しています。

しかし…、はっきりいいましてこれは僕の実力ではない。
先日ゲットした「入浴くるみ」カードの「10秒間吹き飛び・ダメージ無効(事実上無敵)」がなければ即死でした(´・ω・`)
だって終盤は敵の攻撃にあたると6000ダメージとか食らうし(HP6500くらい)、しょぼい端末だから重い攻撃には耐えられないのにバカみたいに敵召喚するし…。
で、入浴くるみちゃんカードの無敵があっても今度はスキル使用ポイントの「SP」が切れる問題が発生するのですが、そこで「水着'16うらら」カードです。
このカードはパーティメンバーに効果をおよぼすなかよしスキル(パッシブスキル)として「1年生と3年生のみ、5コンボ以降SP12%回復、消費SP減(超)」の効果を持っているので、スキルを13コンボで発動→コンボをあえて切ってまた13貯めなおす間に消費SP減状態でスキルを使用できる上に最大SPの12%回復(+敵を殴って得た回復SP)という「SP無限戦法」を可能にするのです。

これによって、戦闘開始の最初だけなんとかスキルを発動させた後は、もうただコンボをつなげてスキルを発動すればいいのです。
多少コンボが切れても10秒以内に13コンボは達成できますので、無敵は途切れませんが、じゃあ安定でラクショークリアなの?と言われればそうではありませんでした…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 02:03
よくある「無限の再生能力を持ってると悲惨な倒され方をされる(火山に放り込まれて永遠に死に続けるとか、復活しても数百トンの砂と水の中なのでこれまた死に続けるなど)」と同じでして、無敵には無敵の悩みというのがあります。

一番恐ろしいのは「ハンマーが苦手とする幽霊系エネミーが3体同時」とかでして、幽霊系の大型エネミーはプレイヤーの下に追尾型の魔法陣を呼び出す攻撃を遠距離攻撃としてもってるのですが、これの追加効果は「封印」。
20秒の間スキルが出せません…。

吹き飛びもダメージも効きませんが、状態異常無効はかかってないので、こいつを食らって状態異常になったらアウトです。
5ステージごと小刻みにセーブされるのでラクチンかと思ったら、90層超えたあたりから「30秒以内に大型エネミー2体倒してね★」が出た時にソードでもハンマーでも弱点を突けないと、30秒以内に倒しきれずにゲームオーバーとなってしまいます。
時間に余裕のあるバトルならまさしく「無敵」なんですがねぇ。

しかもこの無敵スキル、攻撃性能はおせじにも高いとは言えず、こんな高難易度バトルではたよりが通常攻撃のみっていう決定的な弱点があります。
ハンマーは細かな回避を織り交ぜながら敵にまとわりついて強烈な一撃で戦う武器ですが、間を詰める能力が低いので、逃げながら射程を保とうとする敵が出てくると一気に不利になります。
なのでその場合、星衣フローラひなたちゃんの必殺スキル「シュートレイザー(ロック位置に3ヒット小範囲+通常攻撃に落雷付与)」で追撃しないといけないのですが、そうすると無敵が解除される可能性が高くなります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 02:04
だから必ずしも無敵一本やりで、このカードがあったら初心者でも勝てるわwwというわけではないのですが…、逆に超凶悪なドラゴン3匹に囲まれてボコられる酷いステージなどは中央に陣取って3ドラに囲まれながら無敵とSPを切らさないようにだけ戦っていれば余裕だったりします。

ステージ100では「おもてなし」と称して御剣先生が大登場し、先日ツインバレットでようやったハメ殺したばかりの僕は涙目になりそうになりますが、この無敵スキルの前には態度が悪いクズ教師でしかありません(ノ∇`)
電撃wikiはこの「入浴くるみ」をB判定にしてましたけど、僕の中ではウルトラSクラスでしたヽ(´ー`)ノ

で、冒頭の画像に気をよくして更なる階層記録を作ろうとしたんですが、91層から「強敵なかわりにタイムに余裕がある」タイプだったのが、01層からはまた「まあ30秒で倒してやw敵の攻撃にあたると6000ダメージ受けるけどね」というキチガイ難度になったので、どんなステージに当たるかっていう運だけのゲームになってしまいました(;´ρ`)ノ

何度もやれば103以降も伸ばせるかもですが、もうここでいいや(報酬は100層で打ち止めです)。

■過ちの代償@剣異の話。
・良アプデ待ちということで、安心して育成計画に拍車がかかり、ファンタジー北島が加速。
予定を上方修正(ゲームのソレではなく、ビジネス用語で「計画が順調なのでさらに目標アゲちゃう?」のほう)して欲張りなレベル上げの夏になりそうです。

物語は全12ダンジョンくらいあるなかの4つクリアして、5〜8の入口が空いた中盤の最初で止まったままだけどキニシナイ。
デモンゲイズも500円のIMADAKE感に負けて購入してしまったんですが、とある事情によってやめ時が見当たらないことに(;´ρ`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 02:04
モリっさんが死んだんですよ。
ドワーフおっさん3人衆の中で最も若く(48歳)、ドワーフ族だというのに素早さを極限まで鍛え上げた上、耐久力を犠牲にして腕力も極めようとしている攻撃力高めのおっさんです(後は耐久力と耐性を中心にあげた盾役のショーグンと、腕力と耐久力を極限まであげきったタっさんがいる)。
ゲームが始まって以来このタフネス3人衆が倒れたことはありませんでした。
ダンチョーのHPが500、転職未経験のタマちゃんで480位の所に1100HPあるんですから倒されるはずもなく。
本来ならもっと上の敵を相手にする能力ですからね(実は第6ダンジョンあたりに転職なしでは厳しい超ボスが待っているのを僕は知っています)。

そんな彼がなぜか死んだ…?
そうなんです、前作では彼らおっさんたちは、生まれついての才能に「不屈の肉体」を選択しており、麻痺と致死攻撃に100%耐性を持ってたんですね。
なので放っておいても敵の運よく当たったクリティカルなど判定すらさせない状態でした。

しかし今回は新たな才能「持たざる者」によって、ボーナス特性値を基本で+10、実際にはサイコロを何度も振っていいのが出るまで粘ったので、ボーナス21だの24だのという怪物として作成したのです(10代の若造だと3−5しかもらえない)。
このゲームはレベルより能力値がモノをいうとこがありますから、ボーナスに+15されれば「15レベル強い」というのと序盤はかわらないわけで、大変有利なんですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 02:04
僕はこういうゲームでは「まずは道を切り開くためにタフネスだけを極めたキャラを作成して物語を進行し、いい稼ぎ場所まで進んだら本格的に最終パーティ用の人材育成を始める」というのが大好きです。

その為に「熟練の技で若き主人公を助けるベテラン戦士」としてはそこそこに強ければいいとして、先日最終クラスにつけたところで「あ、即死耐性ついてないやん」ということに気づいたんです。

今回は「不屈の肉体」がないので、どこかでナイト21レベルにしないと、ちょっと急所を突かれただけでコロリといく軟弱くんとなってしまう…。
そんなわけで、最終クラスは返上してもう一度ナイト21になる為の再特訓ですよう。
最終クラスがナイトであるショーグンはそのままナイトでもよかったんですが、せっかくなので全く毛色の違う新たなスキルとして「人形使い」を21まであげてもらうことに。

人形使いは武器が装備できないクラスなんですが、敵に「暗示」をかけて敵を操作できるのです。
このコマンドは人形使いを極めて「暗示再使用」のスキルを得るまでは「1戦闘それぞれ1回しか使えない」ものの、ボスにも100%言うことを聞かせられるという凶悪な性能を持っています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 02:05
その中に「敵を最前列に引きずり出す」という暗示がありまして、生粋の盾役であるショーグンに疑似的な「挑発」としてこれを覚えてもらっても面白いかなーと。
それ以外にも「通常攻撃を強いる(魔法やブレスが使えない)」「命中と回避をすごく下げる」「攻撃と防御をすごく下げる」など、ひどいものがいーっぱいw
パーティ内に人形使いスキル持ちが複数人いても同じ敵には同じ暗示は使用できないようなんですが、これ面白そうだなァ。

ちなみに最終パーティでメイン盾をやる予定のおソノさん、全ての呪文を操る後衛マスター、成長後の「ザ・スーパータマちゃん」、そして攻撃以外の妨害と雑用は全て任せろ!のダンチョー(主人公なのに主行動は敵の妨害と、士気を高めるための歌唱です。でもドラクエ6の時もスーパースターから勇者になってたからな…)もこの「人形使い」を極める予定です。クククク。

でもせっかくのお休みだから、ガッツリデモンベインを始めるのもいい…。
迷いますねえ。
■雑談■@kurotama
2016/08/20 02:05
■デモンベインって別ゲーじゃないですか(´・ω・`)@デモゲの話。
・デモン「ゲイズ」スタートです(ノ∇`)
目が覚めるとよーわからんけどデモンに襲われ、ぶっとばして地上に出たら見知らぬ世界に立っていた…自分は悪魔=デモンを支配し使役する魔眼の持ち主として言われるがままにデモン封印に駆り出され、家賃を支払う為に日夜廃墟を駆け抜けるというストーリーです。
「めぞん一刻」のファンタジー版を目指したと言われる通り、竜姫亭に集う人々は変人ばっかり。

アルトくん、まだエスカリオを救ってもいないのに、エスカリオの数百年後に降り立って今度はここを救えとかずさん過ぎる(デモンゲイズは剣異の200年以上後の話です。人物やアイテムやボスなんかが共通している。一部BGMもポップ調ではあるけど旋律は同じ)。

で、変人の1人(ということにしている)オミさんに誘われて現在3人めの仲間まで手に入れました!
ここはあくまで下宿宿なので、パーティメンバーを増やすには部屋を借りねばならないのですが、主人のフランさん(年齢不詳の謎の竜の女王。へそがあるように見えるが「私だってその気になれば卵のひとつくらい産める」とか、家賃を滞納した冒険者がコゲコゲになってオヒィイイって逃げてくるなど、どうみても竜人ですが、詮索したらヤバいらしい)は守銭奴…いや、しっかりしているので、1人めのメンバー追加は1000G、2人めは5000G、3人めは10000Gの新規賃貸契約量を請求してきます。
ド外道。

ウィザードのオミさんに導かれて集まったデモンゲイザー(悪魔召喚剣士。主人公)のアルトくん、サムライのコハルちゃん、パラディンのマナさんの冒険は始まったばかり!


つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 16:58
ツバキさん出そうとしたけど良い絵がなかったんですよ(´・ω・`)
なのでセブンスドラゴンのキャラから持ってきました。最後の仲間はヒーラーのコンコンになる予定。

このゲーム、種族と外見は関係なくいけるので種族=そういうタイプの人とライトにとらえることで、たとえば、敏捷性は高いけどかしこくなく信心も最低のネイ族でヒーラーをやらせたい場合、非力だけど信心が最高のいわゆるホビット系種族の「ミグミィ」を選択してキャラの見た目をネイの中から選んでもいいんです。
主人公も基本の名前と「ヒューマン」「男性」は固定なのですが、見た目のイラストを女子にしてボイスを女にすればゲーム中は女の子になります(ストーリーではあくまで男として扱われる)。

例えば…

オミさん:中身エルフ・外見エルフ男性ウィザード
コハルちゃん:中身ヒューマン・外見ヒューマン女性サムライ
マナさん:中身ドワーフ・外見ネイ女性ニンジャ
コンコン:中身ミグミィ・外見ネイ女性パラディン

という感じにしてます。
これでいくなら敏捷性が必要なサムライは中身ネイの外見ヒューマンにすればよかったんですが、それ思いついたのマナさん作った時だからなあ。
デモゲのほうはやりつくすまでやるつもりは現状ないので、あまり時間をかけない方向で。

で、絵柄がいわゆる「萌え系」でして…最初の数時間は馴染めなかったですが、徐々に慣れてきた感じはあります。
ゲーム部分は剣異を少しコンパクトに収めた感じですが、デモンの使役が面白いんです。

デモンは6人めのパーティキャラとして「デモンゲージ」のあるターンまでは主人公に使役されますが、ゲージが0になると「暴走」。
こちらの敵となります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 16:59
収めるにはその戦闘中にダメージを受ける/与えるなどしてゲージを5にして「送還(ゲーム中は違う言葉だけど)」するか、たぶんもういっかい倒せばいい感じ。
なので、ゲージを意識しながら、でも6人めのオート行動の仲間としてうまく活用しながら使いこなさなければいけないのが面白い要素でしょうか。

災害?災厄?で崩壊して200年経った王国での冒険なんですが、そこかしこに「デモン」の支配するダンジョンがあり、その中の魔法陣を一つ一つ占領して自分のものにすると、魔界へのアクセスが途絶えたデモンがマップ上にボスとして現れるので、それを倒して魂をデモンゲイザーの瞳に封印すればマップクリアです。
でもいくつか魔法陣を制圧していると向こうから「挨拶」に来るんですよ。
ひとしきり戦ってHPを減らすと「今回はここまでにしといてやるよ」みたいな感じで一旦退いてくれるのですが…。

ゲームの最初に「攻撃力タイプ」のデモン配置しないでくれる?(#^ω^)ピキピキ

快調に魔法陣占拠してたら4つめくらいで突然「挨拶」に来られて、アルトくん2発で死んだんだけどw
オミさんが機転を利かせて「自分の持ってる杖が道具として使えば100%逃走できる」効果があるって気づかなかったから(焦ってアイテム欄の手持ちアイテムの効能を全部見直したんですよ)そのままゲームオーバーでセーブもしてないまま最初からやりなおすとこだったわw

ということで萌絵だけど結構ぷちぷち死にますし、竜姫亭に来る一般賞金稼ぎとかダンジョンでよく死体になって転がってるし、なかなかハードな世界観ですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/20 16:59
そもそも冒頭のデモンは暴走して暴れまくり、主人公を起こしてくれたおっさんを殺してしまっているけど、主人公に封印されたあとはかわいいメガネ魔女っ子になって親身にサポートしてくれます(デモンはこっちが召喚の指示を出してなくても勝手に支援を行うこともある。まあ宿主が死んだら自分も死ぬしね…)。
でも押さえつけている魔力が途切れるとまた魔物めいた姿に変わるわけで…、なかなか世知辛い。

ゲームが進むと、正気を保たせたまま「暴走」状態の力を解放できるようになるそうで、悪魔の力を乗りこなせ!という感じが結構いいアイデア。
好みの問題なんだけど、このゲームもう少しリアル系の絵柄で出せばもっとウケると思うんだけどな…。
萌え絵の中でも度数高いからすっげー損してると思うわ。

今朝クリアした初めてのガチデモン戦なんか、明らかにレベル足りてないので、盾向きとは言えないアルトくんにありったけの重装備つけてひたすら防御させ、後衛からコハルちゃんが弓で、オミさんがアイテムを1ターンに2度使えるスキルをつけて無限に使用できる「癒しの杖」でHPを維持しながらひたすら時間をかけてケズるっていう、MMOのボスみたいなことやって倒したからねw

しかもこのゲーム、セーブが頻繁にできるからってたまにアリエナイレベルの大群に襲われてしまい、立ち向かおうとすると…、自然に「盾役必要だわコレ」ってなっていくからね…。

なのでセオリーは「前衛に壁役のパラディンを置いて、主人公を含む残り4名は後衛から安全に攻撃」ということになってますからね。
剣異が前衛3名固定となってるのはこれが「やりすぎ」だったからかもなぁw

でも「荒廃した大地を支配するデモンを下し、自分の手下にして新たなデモンに挑む」というノリ、嫌いじゃないです。
主人公もオッドアイ系だし、厨二病がきゅんきゅんきます。
■雑談■@kurotama
2016/08/20 17:01
■明日はいそがしー@雑談。
・以前にもお伝えしましたが、明日は16時からテレビ東京にて「ガンダムビルドファイターズ夏休み特別編」、19時からabemaTVにて「ヘルシングOVA一挙放送」があります…(3時までの8時間!)。
ガンダムビルドファイターズは録画できるのでいいとして、abemaTVは録画等ないので正座待機しとかなな。

そういえば今日の18時からPSO2の「29時間生放送」があるそうですね。
前の週に突然発表されて27時間TV越えようよwというだけの理由でモモーイもかまたろうも不在で29時間とか、もう舞台とアニメPSO2ジアニメを全部流してメンバーと実況するくらいしかやることないんじゃないの?(それはちょっと楽しそう)まあなんだ、期待はしてないけど質問コーナーを20時間答え続けてくれるって黒玉さん信じてる。
全部ぶちまけよっか。
まともに見てると「時間がない→なぜかネタ質問ばかり取り上げる」のコンボでイラつくの確定なんで、後でまとめ記事で確認します!

でも「できない」「無理w」「1年後なら」「プログラマーに聞いてみます」「他のを進めた方がいいね(だったらその無駄な29時間生放送はなんなんだよw)」「もうかってないんです(業績は問題ないけどなw)」とかばっかりだろうから、こう書きだすと本当に期待できないなw

「いつEP4終わるの?」とか「酒井さんって本当にPSO2やってないの?」とか「PSO3はいつから?」とかは教えてくれないだろうしねえ。

■お知らせ■
・PSO2の告知はラスベガスが来たらまたやる感じにします(ノ∇`)
よろしかったらおつきあいくださいー。
明日は忙しいし、今日はビーチウォーズですからね…。
何気に今日は「少女革命ウテナ」がイッキ放送かぁ。
■お知らせ■@kurotama
2016/08/20 17:19
■ウテナより天さん@雑談。
・同じ時間に「東京喰種1期全話放送」があったのでそちらを見てました。
東京喰種といえば、ツンツンツンデレ(デレ要素が4分の1ほどしか含有されていません)のヒロイン、トーカちゃんを、バトガの遥香っちゃんを演じている雨宮天さんが演じておられるということで、ちょろっとしか見てなかったのを全部見てきました。

グールに生まれたというどうしようもない宿命を負いながら、人間社会とのつながりを保とうとギリギリの綱渡りを続け、大学受験まで考えているトーカちゃんの抱えるストレスはハンパなく、ついこの前まで人間だったカネキの「僕は人間だ、化け物じゃない」という心無い自分のことしか見えていない発言に当初は大分イラついていましたね。
中盤の大きな事件を境に彼の甘さの良さがわかって関係は徐々に軟化していき、最初は「誰がどうなろうと知ったこっちゃない」という態度だったのが「店長がいかないなら私1人でもカネキを救いに行く」と言い切るまでになってました。

ニンジャスレイヤーのヤモト・コキ=サンの時も思ったんだけど、この方はこっちのシリアス&蓮っ葉なキャラのほうがメインなのかなあと思いました。
遥香っちゃんみたいな萌え声のほうが「一応女子声優としてたしなんでいます」くらいのものなのかもしれない。

物語はトーカちゃんが仲間意識を芽生えさせた反面、その救出されるヒロインポジなカネキは、執拗な(原作で2巻くらい、アニメで3話くらい)拷問を受け続け、その臓器を移植されたせいでこんな運命をたどることになった張本人の幻影から「弱いから全てを失い、流されこうなったのよ」と説得され「悪いのは僕じゃない、わるいのはせかい」となり、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 01:52
世界が押し付けてくる悪意に対しては徹底的に力で抗う性格になり、二人はその後すれ違っていくこととなります(恋愛は大きなテーマではないが、仲間意識のかけちがえという大きなテーマの中にカネキとトーカのすれちがいの話も盛り込まれているのです)。

脳内のアコガレの人の幻影と聞いて「ちょっとファンタジーがすぎませんかね」と思った方はあれだ…漫画を読んでみてもいいかもしれません。常人では絶対に味わえない…不死に近い特性をもってたが故に、捕らえられた時点では絶対に勝てない男の「おもちゃ」となって、死ねない状態で回復し次第拷問再開され続け、肉体を責めても耐えれちゃうなーとなった後は精神をグズグズにかきまわしにかかってたわけですから、死の間際に見るという走馬灯や幻影を見ても1_もおかしくない…。

そういえば、この作品はとても深いので、ワンアイデアでポンとやってみた行き当たりばったりのタイプでないことは誰もが認めるでしょうけど、「移植された内臓が元の持ち主の記憶を移植者に与える話」は実は世界各国で報告されている事実なんですよね。
臓器提供者のことは基本知らされないのに、心臓移植後に好みが提供者のものに変わってしまった話などがあります。

臓器移植によって別の種族になる(最近の最新話ではそれがうっかりではなく意図的だったのでは?と話が進んでいます)、臓器提供者と心の中で対話するというのはそこから派生した「一見裏付けがありそうなファンタジー」として十分アリではないかなと。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 01:53
「ハート」という言葉は心という意味を持っていると思いますが(英語圏では「スピリット=魂=心の真髄」とイコールではなく、霊魂とかそっちを表す言葉であり、他の形容詞や名詞とセットでなら日本でいう「○○魂」と無理やり使うこともある、くらい)、

ハート=心臓と名付けられた臓器

ハート=心

は混同してると思われてまして(学会とかレベルの話ではなく)、頭でもの考えるのだから心や魂は頭にあるのでは?
となって、心臓という言葉が日本語と英語の微妙な表現の差が産んだアレかと思っていたんですが…。

実は脳も「信号をだし記憶を司る中央集積装置」ではあるのですが、根本的で解決されていない問題として「ヒトは何から始まるの?精神・心・魂はいつ発生するの?そしてそれはどこにあるの?」というものがあります。
つまり現代医学でも「精神・心・魂のありか」は解明されてないんですよねー(「体に覆いかぶさりまとっている物理的ではない現象」のほうが納得がいくくらい見つかっていない)。

一応脳が社会生活で得た常識を元に行動させて経た記憶を元にその人の人格が形成されていくのはまあいいでしょう。わかります。
オオカミ少女が保護されたのは良いけど、結局人間の営むストレス社会になじめなかった話とかを見ても理に適っていますよね。

しかし、そうではなくて、魂のあるものとないものの決定的な差のハズの「魂」がどこにあるのかっていうと、オカルトっぽい話に行くしかないのです。

で、臓器に記憶が宿る話というのは、リクツで言えば「臓器に記憶を保存できる細胞なんかない」わけですが、多少オカルト混じりとは言えやはり血を送り出す器官に「Heart」と名付けたこと、それを「心の(ある)臓器」と名付けたのは、昔はそう信じられていたんだよw だけではない何かがあるのかもしれませんね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 01:53
(西洋で吸血鬼がどうして怖いのかというのは、コウモリ自体が病原菌の媒介者として最凶レベルであること、南米辺りには栄養価が高いからと血液を吸うものがいる、西洋医学では血は神聖視されていた時代があって、血=魂と思われていた古い迷信があり、それを吸い取るなんて怖すぎパないという色々が混ざったような感じっぽいですね。狼男も、森林と密接に暮らしていたヨーロッパの人たちにとって超怖い野生動物だったからとかだったりします)

東京喰種は立ち読みで読んでるだけでは深いところまでなかなかわからず、かといって単行本買うまで好きという感じでもない(素晴らしい作品なのは理解してます!面白い)ので、また3巻分くらい新刊が出たらマンガ喫茶でまとめ読みしよう。
でも毎週「ええ〜ッ」っていいながら楽しんでる感想書きさんのアレみてると、リアルタイム読みこそが最も贅沢な楽しみ方な気がする…。

その意味でもアニメでイッキ見できたのは結構よかったです。
若干わかりづらいアクションシーンもよく動きをつけてくれていたのがよかった。

ただ、続編の「アニメ2期」は原作が十分終わりきってないことを配慮したのか、作者さん原案で「ifルート」やってるのよね。

■デモゲにくびったけ@デモゲの話。
・うん、最後の仲間、ネイ族のコンコン(ヒーラー)を仲間に入れるお金、10000Gが貯まる前にストーリーが進んで鬱展開になったwww
このチームラファンタジーは全体的に「地上は神の勢力争いのステージ」という感じで、大抵大きな神や魔王がなんか画策して、ヒトは荒波にもまれる木端のような扱いなのよねー。
良い時はみんな「よっ魔眼のダンナ★」って言ってたのにイベント後は「てめーが来ると酒がマズくならぁ」まで落ちてるからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 02:15
ストーリーは厳しい傾向ですが、ゲームのほうはなかなか快適。
魔法陣にジェムを捧げ、それにつられてやってきた魔物をぼこして経験値稼ぎとアイテム稼ぎ(カネ稼ぎも兼ねる)をやるのですが、剣ジェム、鎧ジェムと別れているので「今欲しい装備はコレかな」とある程度絞ってできるのがいいです。

逆に無限に購入できる「無色ジェム」は何が出るか指定ができないかわりに、プラスの数値が高いものがでやすいので、武器強化用コストがなかなかたまらないシナリオ中盤位まではプラスが高いのは嬉しい。

剣異が転職によってスキルをどんどん組み合わせる感じのバランスなのに対して、こちらは5名+AI動作のデモンと転職なし(他クラスのスキルをセットする「神器」システムで転職要素は埋めてある)な為、各クラスがそれぞれ強みがあっていい感じですね。
このクラスはこれ…役に立たないのでは…というのが見当たらないです。
逆に剣異が相当「プレイヤーに厳しい世界」となってる感じだなー。
デモゲは防具を固めると目に見えてダメージが減りますけど、剣異は固めても痛く、命中重視の紙装甲だと一撃で即死〜ひん死になる感じかな。
…いや、防具の性能はわかったけど、盾役ビルドでも痛いってなによ(;´ρ`)

死に対する扱いもレベルx10Gで蘇生、とドラクエ3並にお安いので、言い方が悪いですが「捨て身戦法」を取らせても勝利できるなら良しみたいなところもお手軽です。

剣異よりデモゲのほうが好きだったという方がいるのも理解はできる、かなー。
今度2も出るわけだしね…。
これ10月か…、予約しちゃおう。今やってるデモゲ1は確かに面白いわー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 02:22
絵柄も1よりはちょっと一般ゲーに近くなってるし、バトガの明日葉ちゃん役の方(あまり見かけない)が巨大斧持ちネイ演じてるしね(*'-')
ただこれ「今度はデモンがパーティメンバーになる」って、マイキャラは作れないパターンかなー。

こういうの好きって言ってると必ず「世界樹の迷宮」が挙がるんだけど、セブンスドラゴンと世界樹は成長システムが「悪しきスキルツリー」なので個人的にはつまらないんですよ(´・ω・`)

こうしたら面白いんじゃない?で変えられない。パーティのMP回復を担う詩人さんは冒険中基本的にMP回復の歌を歌ってるだけだったり、火の全体魔法を極めたキャラはMP回復補助もらいながらそれ連発するだけのマシーンになったりね。
ダメとはいいませんが僕は好みではない、ということで。

剣異も、最初に居た仲間NPC2人も、神候補の3人(それぞれ従者が1名)も次々仲たがいして袂を分かつ物語だから「いつまでもこの世界にいたいニャー」とはできず「神か悪魔になって世界を統べる」か「希望者を引き連れて元の世界に帰還する」と、現在を否定するエンドだから、ハッピーエンドではないのよなあ。
元の世界に帰ったって若者は学年がずれ、社会人は職を失ってるわけで、記憶が残ってたらぬるい日本では飽き足らず、まっとうで平凡な人生に戻れないかもだし(シナリオ中で破滅するNPC2人は今回「救済」ルートも用意されてるけど、今言った通りの道を歩んだ子いるしなぁ)。

ちなみにベニ松さんの小説版だと「残る組」「帰る組」に分かれてて、ここはよかったです。
荒事のある世界のほうがいいって人もいるよね。
■雑談■@kurotama
2016/08/21 02:23
■サッポロ一番みそ味は神@雑談。
・インスタントラーメンの王者として君臨し続けているこのラーメンに、ちょっとテーブルニンニクとトウガラシを加えて食べればそこらの店のみそラーメンよりおいしいというのは一体どういうことなのか。
もちろん麺部分は本物のお店に比べると微妙なんですが…。
ローソンの冷凍ラーメン(100えん)もすさまじいクオリティでびっくりしましたが、みそはこのサッポロがあるので特に…?
という感じだったからなあ。
おそるべし。

■AbemaTVの脅威@雑談。
・昨日「東京喰種」のコメントを書いた時忘れてしまってたんですが、他の紹介やスタッフの意図などを一切知らずに僕が感じたままの感想を書くと「これは古きテレビ文化の再現を狙ってるのではないか」ということです。

漫画家の松井優征先生(魔人探偵脳噛ネウロ、暗殺教室)が「パロディが好きなんですが、広く周知されていないと威力が下がるので、以前のようにTVのネタを出せば安定というようなことがなくなって幅が狭くなってしまった(要約)」とおっしゃってました。
彼は漫画の中で説明セリフの背景に風刺やヒニクなどを込めた1コマ漫画をよく描くし、悪役として「どうみても□リコンの日本一有名な先生」が孫に向ける危険な執着を描いたりしますしね(どうみても宮○駿カントクです)。

漫画の起源?は新聞などの風刺1コマだとも言われていますので、これは正しいスタイルと言えるのですが…。

これがAbemaTVとどうかかわるかと言いますと、このテレビ、録画ができず、いわゆるタイムシフト的に前のを追いたければ月額980円のサービスに入らないといけない。
だけどこれのためだけに980円は高い。

じゃあどうしますか?って言われれば「時間を作ってTV(PC)の前にデデンと座る」しかないでしょ?

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 14:02
AbemaTVのプレミアムは高いとか書いてる方も居ましたが、それはきっとこの企画の本質を理解していない。
必要な方には融通を利かせるサービスをといえば聞こえはいいけど、おそらく真の意図は「時間になったらTVの前に座らせる」です。

これによって何が得られるかと言えば「CMを100%見るしかない」ことに尽きます。

僕なんかHDD録画がメインになってから「3か月後にイッキ見するね^^;」というスタイルなので、CMなんか何の意味もない。
だって3か月前のCMだもん。
さらに自動チャプター生成でスキップできるから「ウザッ」と画面タッチしてスルーですよ。

CM見て欲しくて番組制作費出してる側からすればこんなに面白くないことはないでしょう。

更にこれはネットが出来れば全国で見られますから「地方格差」がない。
ということは、地方在住でぐぬぬとなってた方はAbemaTVのたくさんある番組表を見るようになりますよね。
しかも「録画しておく」ができなければ「時間を作る」しかない。

「見たいテレビがあるんで帰ります」は制限なのかとも思いましたが、TV放送がスポンサー会社のCMを流す場だとするならこれはおいしい。しかも、録画ができないんで、画面を結構しっかりみてないと「あ、いまのちょっともっかいみたい」と巻き戻しもできない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 14:02
だったらやはり「時間を用意して映画気分でガッツリ見た方が楽しい」となります。
企画立ち上げの方にこの意図があったかどうかは知りませんが、TVの存在意義が「国民に同時に広く同じ情報を提供する(ことで意見や興味の方向性を整え、見せたいものを見せる操作がしやすいことで政治家も商売人もみんなハッピーに)」だとすると、便利になり過ぎてただ利用されるだけだった「ネット>TV」の関係が「TV風ネット」に生まれ変わった感じにも見えます。

とりあえずちょい古のアニメを一挙放送してくれるのはありがたいなあ。後から話題になった作品とかいくらでもあるからね。

■これがハクスラ掘りゲーの楽しみだよ!@デモゲの話。
・ええ、4体めのデモンは「プライドが高くスピード自慢で、ははは、どうしたどうした!と煽りながらプレイヤーを翻弄してくる敵」でした(ノ∇`)
由緒正しすぎて笑えてくるw

ちなみに1番めは「生まれたばかりのしょぼデモンメガネっ娘」で暴走後はオオカミ女、2番めは「戦闘大好きチェーンソーアーム娘」で暴走後はラセツっぽいバトル系悪魔、3番めは「おっとり無口な鉄鎧盾マシマシのウシ娘(口癖がやる気なさげな「どっせい」で、名前が「クロノス」…。つまり土星シャレの可能性が…頭いいけどバカだろお前っていう感じのこういうの大好き)」で、暴走後は鎧を脱ぎ捨ててビキニ状態になりますが、その防具がみんな攻防一体のシールドビットのように攻守ともに大活躍…というアレです。

4番めのデモンはヒニク屋っぽいスリムな男で、自分より遅いものは全部大嫌いという頭のおかしな感じの人です。
魔法陣解放を進めていると「顔見せ」に現れまして、こちらの動きを「スロー」の魔法で鈍らせて回避率を下げ、多段攻撃でズビズバに切り裂く活躍を見せました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 14:03
一応凌げましたけどこいつが本気になって暴走モードになったらどうすればいいんだ…!

と、マップを埋めて魔法陣開放を進めながら「風に強いらしいから土属性の防具とか売らずにとっておくかな?」とか「コンコンに頑張ってもらって命中アップ回避アップの魔法を覚えるまで育成してから挑むか」とか色々やってたんですが、魔法陣相手にトレハンを繰り返していると「精霊の弓」なる武器がドロップ。

それまで使っていた弓の7割ほどの威力ですが「x2」の表記がまぶしい。83の威力が53x2になるわけで、どちらか一発はヒットする可能性がある上に総ダメージも高い。
サムライであるコハルちゃんは装備できませんが(このゲームではサムライは弓得意なのに!)、パラディンであるマナさんなら装備可能です。
参加が遅かった彼女は主人公のアルトくんより硬いとは言えない感じな上、防御を捨てて敵防御を0にしてダメージ判定をする「ホーリーチャーがあまりにも強いので、後衛から弓で戦ってました。
アルトくんが後衛からでもまともに戦えるようになったらいずれは交代するかもしれませんけど、今はデモンを操ること以外、特に優れた所はないので前衛でサンドバッグになってもらうしか(ノ∇`)

ちなみに防御を固めると命中率が下がる為、今は「気絶とスタンのついた6回ヒットのスタッフ」を装備して普段は防御、敵が減ってきたらスタッフでボコして気絶(回避ゼロ、防御低下状態)を狙ってアタッカーの方たちのサポートをする形に。

アルトくんせっかくデモゲでは花形勇者サマになれると思ったのに、結局また「支援がおしごと」か…w
厳しいねw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/21 14:06
で、第4のデモン「ヘルメス」戦が来たのですが…。

開幕でマナさんの「精霊の弓」による特殊効果「沈黙」が普通に通ってしまったので、ヘルメスさんはスローをかけようとしては「魔法はつかえなかった」となって、前哨戦で見せたパーティの前後を入れ替えるスキルとかもロクに使えないまま、スローに執着したあまりになにもできずにボッコボコにされましたww
倒される間際に多段ヒットでアルトくんのHPを満タンから残り2割にするほど猛攻を見せたため、やはり「スローで回避率を下げてからコンボで1人ずつ血祭に上げる」という、恐ろしいスタイルだったようですね。

これはひどいw
準備してる段階でたまたま手に入った武器のおかげで大苦戦のはずのバトルが思わぬ方向に転がって余裕勝利とか…。
この精霊の弓は使える武器ですが、特にレアリティが高いわけでもないのでいわば「普通に強い武器」くらいなんですよ(今調べたら同じDランクの中では「レア」であり、アタリ武器の模様)。

だけど掘りゲーに求める楽しさってこういうものだと思うんですよねー。
絵柄は相変わらず馴染めませんが、デモゲの評価がうなぎのぼり。
たのしいわーこれ。
■雑談■@kurotama
2016/08/21 14:06
■もいねーのみねねー、ものねーもみねねー、まーのもみなみななー、もー、みーねねー@デモゲの話。
・↑はたくさんある(雑魚戦だけで5曲くらい、ボス戦で4曲くらいある)戦闘シーンのボーカル部分なんですが、音楽がこれ剣異の人と同じ(というか、チームラのダンジョンRPGは結構な確率でこの方)なんですよ。

で、初音ミクなどのクリプトン製ではないボカロを導入しておられるんですが、発音がはっきりしてない為、ハミングとボーカルの中間のような、妙なくせになる感じがいいんです。
剣異のほうは重厚感を出そうとしてるのでコーラスだけなんですが、デモゲは若干ライトにしてあるので、ガールズロック感がするアレが多いのです。
で、タイトルのような音楽が脳内に流れ始めててヤバいです。
なんか剣異では「ボカロ部分カット」みたいなオプションがあって、前作となるデモゲでは大分叩かれた模様。
なんかボカロ曲をすげー嫌ってる層がいるようですね。
僕はむしろ好きなんだけどなー。

ちなみにゲームのほうはパラディンのマナさんが13レベルでやっと「敵の攻撃を引きつけつつ自身は防御回避アップ」という盾役スキルを習得したので、主人公のアルトくん、サムライのコハルちゃんを前衛に出して彼らを護りつつ戦えるようになりました。
後衛のヒーラー・コンコンも一定値のダメージに耐えるHPを持つバリア「ホーリーシールド」を習得、ウィザードのオミさんもコストがないかわりに使用ごとに威力が下がる、旧ウィザードリィでドラゴン系種族が使えた「ブレス(炎の息)」的能力の「ウィザーボルト」を習得した為、基本的にはマナさんが盾として護る間に残り4人が攻撃し、マナさんが耐えられないようならオミさんが「アイテムを3回連続で使うスキル」を活用して無限に初級回復魔法が使えるロッドで回復補助します。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/22 03:58
残念なのは、ホーリーシールドが「限界を超えた時敵ダメージを吸収して消失する(上にMP消費などせずに使える)」効果の為、防御が下がる系とか反撃を受ける系の攻撃をつかってHPがゼロになりそうな大ダメージをもらっても一発だけならなかったことにできるという、超強力な特性がある為、ちょっとした魔法や状態異常回復でバリアをやめると返ってパーティの被ダメがあがるということになってしまってる点ですね。
いや、ありがたいんですけど、ヒーラーがホーリーバリア貼りマシーンになっているw

おかげで消耗なしに連戦できるようになってかなりラクチンになってきました。
即死攻撃とかもまだもらったことないし、レベル5くらいから即死攻撃を用心しないといけない剣異はやっぱり敵が怖いわw

■8時間の戦い@雑談。
・「ヘルシング」一挙放送を見終えました。19時〜翌3時18分までって…。
うう…「最も長い映画」には勝てないだろうけど、こりゃあ大変だー。

改めて観ると途中から「これ何のためにこんな戦ってるんだっけ(;´ρ`)」という感じになりますけど「古今東西、不死の化け物がどうして好戦的なのか。それは死にたいから、殺して欲しいからだ」という隠しテーマがあきらかになると、それまでの物語が一気に興味深いものになるんですよね。

主人公アーカードが「化け物を殺すのはいつだって人間。そうでなくてはならない」とこだわりを見せるのは、自身を「人として生きられず、化け物になってしまった弱い自分に嫌悪感を抱いているから」であり、序盤などに出てくる「力を手に入れてヒャッハー」となってるのはなり立てだし、化け物歴の浅いものであり、むしろさっさと殺してもらえてよかったなとなる感じすらある感じになります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/22 03:58
結局、強くて死なずに周りが変わっても自分は変われずにいることに耐えられなくなっていくということなんです。

今回の大きな騒動の元になっている敵達も「死に場所」を望んであんなことをしたわけで、視聴者目線主人公のセラスが「死にたきゃ首くくってひとりで死ね!」と責めても「それじゃあ困る、それじゃあ報われない。オレたちは戦って倒されたいんだよ」と言います。
はた迷惑なことには変わりないけども、数百年生きて力を極め不老不死に近い肉体と戦闘能力を持つに至ったけど「だから?なんのために?なにするの?」となるんでしょうね…。
それでも「不死が欲しい!」と非人道的なことに力を貸すものは多く「他人の芝は青く見える」状態なんですよねー…。

主人公のアーカードはその最たるもので「絶望を潜り抜けて我が前に立つ人間よ、我を倒してみろ!」となっていて、人の命などなんとも思わない捕食者である反面、誰よりも人間の意志の強さ、限りある中で燃やし尽くす何かに憧れているのです。

しかし彼は最後、物語を通しての仇敵の策にハマり、この世から消滅したかに見えましたが、30年かけて主人とセラスの元に帰ってきます。

見た方によっては「あんなに死にたがってたじゃん?」とカンチガイしたり「また倒されなかったね…」となる方もいるかもですが、不死に飽きて「あの時化け物になったのはあやまちだった、死なせてくれえ」となるのは目的がないからでしょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/22 03:59
物語終了時のアーカードにはもう老境に差し掛かった主人が居り、いつまで経ってもぎゃあぎゃあと騒がしいだけの眷属、セラスが居ます。
見守るべき相手が居て、頼りない子分が居る。
他の戦闘狂たちが何十年も待ってただひたすら「自分の死に場所を見つける為生きる」みたいな状態になり、それをまとめて受け止めてそれでもたった30年この世から居なくなっただけで済んでしまった彼は、物語開始前よりは何かを見つけたのではないか、と思いたいですね。

面白かったし出来もよかった。24分や30分という「時間で区切る」のではなく「終わったとこまでで区切る」という大変ロックな、製作者たちの本気が垣間見えるオリジナルアニメビデオだっただけに、最終回のスタッフロールに「(完結まで)7年間おつきあいしてくださったみなさん」が入るのは製作者たちからの感謝のメッセージでしょうねー。

イッキ見2夜連続は正直キツかったです!
でも分割されると気がそれるから、イッキ見ありがたいんだよなぁー。
僕は記憶力が病的にないので、伏線とかすぐ忘れちゃうんです(´・ω・`)(くだらないことはいつでも思い出せるのになぁ)

ふわー、はよねな!

■お知らせ■
・フレパリストの更新が遅れています。全部エクスペリエンスが悪いんです。
わるいのはでもげ。
■雑談■@kurotama
2016/08/22 04:01
■台風が来たら仕事休みって法律つくろ?@雑談。
・無理なことくらいわかってますよ(´・ω・`)

■BLEACH大終了@雑談。
・なんかすっげー長くなるんだろうなって思ってたら案外ぶつ切りで終わった。
敵方の幹部クラスがそれぞれ強すぎで、これ消化してたら10年かかるんじゃない?と思ってましたけど、ラスボスが復活→分け与えていた力を全部自分の元に、としたことで現状活躍中の幹部(ほぼ)すべてが強制的に舞台から排除されてしまうという、打ち切り的な時短をされて生死がうやむやになった子とかもいたりしました。

しかし、相変わらず護廷十三隊の面々はちょう頑張っても戦況覆せないよな…。

かませで有名な日番谷きゅんとか結局最後まで

開発していたすごい氷雪系最強ザンパク刀の奥義を見せてカッコよく活躍→素晴らしいキメゴマで炸裂し一見勝利か!?→反撃でやられて「なん…だと…」

みたいなのやってましたね。
卍解(普通に変換できた)の威力アップに伴い条件付きで一時的に少年→青年に姿が変わるサービスがあったのが救いですが、最終バトルでは「久々に登場したと思っていたら敵の能力によってゾンビ化していた」等、いい意味でネタキャラとなってたりとイマイチなまま物語が終了しました。
結構好きなんだけどなー…。

物語は10年くらい経ってひさしぶりにアノコロのみんなが集まる感じになったのですが、一護と結ばれたのは物語開始前から知り合いで、以降もずっと彼を支えてきた女子、織姫ちゃん(爆○)で、二人は男の子をもうけており、物語の冒頭で出会った死神の女子ルキア(貧○)は死神界での幼なじみ(あちらも死後の世界なりの社会があるのです)アバライくんと結ばれて女の子をもうけていました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/22 20:26
ラスボスの未来への攻撃(おまえたちが幸せの絶頂の時に現れて滅ぼしてやる)を意識せずに退けるという凄まじい潜在能力を見せた一護の息子と、すでに死神として活躍し始めているルキアの娘が顔を合わせた所でこの物語は終了します。

…。

違和感を感じて調べて見たんですが…。

子供をつくることを「もうける」といいますが、設けると儲けるの漢字のどっちが正しいのだろうかというアレがありまして、儲けるって「お金がもう儲かる」を連想するから「設ける(設備・委員会とかを設定する)」をあてがちですが、正しくは「儲ける」なのだそうです。
「子宝」という言葉もあるように、夫婦の…ひいては人類の大切な財産というように前向きに受け止めておきましょう。

話を戻しますと、これでいいんですよ。
一護もルキアもひょんなことから出会い、お互いに意識し合い、助け合って来ましたし、その仲に流れるものは確かに信じ合う愛でした。

だけど、織姫ちゃんも家族を亡くし、兄を亡くし、その兄は妹が心配すぎる未練から悪霊となってかえって彼女を苦しめる形になってしまい、一護が死神としてその悪霊を倒したことからただのクラスメイト以上となり、事情も知る彼に深く惹かれて行き、最後は戦いに身を投じたわけですから、こちらもヒロインとして負けてはいない。

結果的に一護もルキアもそれぞれに大切な人と結ばれ、その子供たちが再びペアになる形で縁が深まっていくというのは安定してていいですよね。
NARUTOでも、ナルト→サクラ→サスケ という切ない三角関係が ナルトxヒナタ、サスケxサクラというカップルになり、二人の子供は今同じ小隊で切磋琢磨しあっています。

こういう流れは同性親友同士の縁を深める手法として、または自然発生的に「良い関係は世代を超えて繰り返される」となって王道だと思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/22 20:27
これを見ると「ニセコイ」はいまだに納得がいかないよな…!
話の流れ的に納得がいくかどうかやぜ…、最初にそう決めてたとかどうでもいいと思うんだけどね。

そんなわけでどうみても続編が描かれそうなブリーチですが、重大発表は実写映画化でした(´・ω・`)

この「重大発表→ミュージカルor実写映画化」っていうガッカリ感の流れはなんなんでしょうね。
いまだに「劇場=メディアミックスの最終到達点」っていう妙な権威があるのかねぇ。

大体の人は「知ってた(´・ω・`)」となるだけだと思うのですが。

■新連載「ラブラッシュ!」開始@雑談。
・あああ、怖い…。
僕はこの作家さんは読み切りの時から応援していて「E-ROBOT」も単行本を買って応援しています。
しかし、今回の新連載を見て「よく頑張っている…!が、がんばれー」という感想でした。

わかりますか、自分は好きだよ、すごいと思うよって思ってるけど「たぶんてっぺんはとれないよね」とわかっていて、だからこそ「がんばれ」という言葉しか出てこないアレです。

ヒロインの天使子ちゃんが主人公に毛づくろいしてもらって、羽ゴミをポリ袋に貯めておくのとか、どうみてもスライム女子がいたり、口が悪い人は「エ□のない劣化モンスター娘のいる日常じゃね?」で終わってしまいそうなんですよ。
あちらはあちらでどうかともおもいますがw

しかもあちらは「人外の存在は社会に認知されつつあり、衝突が起こらないよう国も慎重に交流を図っている」設定があり、こちらは世界や社会は描かず、主人公の前に突然モン娘が現れる感じで、社会とのつながりは今の所描かれていません。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/22 20:27
つまり「ちょっとエッ チなラブコメ」を超える感じにはなれないということ。
山本先生の向こう見ずな挑戦には敬意を表する…ッ
評論家気取りのド素人の想像を超えて、人気作に…なって欲しい…。
この方、ガワはコメディだけど、キャラの心情でドラマを描くの結構いいのよね。

頑張ります上手くなりますもっとやわらかそうな女の子が描きたいですという熱意は各コメントから受け取っていますが、同じ時期に幽霊限定モン娘モノで(エ□絵師として素晴らしい才覚をお持ちの方が描く)「幽奈さん」があるんだぞ…!
編集部も酷なことをするよな。

単行本買うからね(骨は拾ってやる的な意味)。

来週からは「アイアンナイト」の屋宜知宏先生の「レッドスプライト」ですか…。
わかってる。僕は好きだよ。すごく応援してるし、できるだけ先生の世界の良さが子供たちや漫画読みに爪痕を残せることを心の底から祈ってます。
単行本買うから(⊃д⊂)

お二人ともジャンプの高品質にはいい意味で向いておられないのよね…。
バカにする意図はないのですが、web連載のほうがユルいから、人気取りに追われずにやれるって思うのよなあ。

だけど詳しくは知りませんが、web連載は原稿料ナシ、単行本になった売上のみ作者に還元みたいなウワサも聞いたことがあります。
(調べたらさすがにゼロではない可能性がある模様の予感でした)

まあ…僕の応援する作家さんたちの大活躍を願っています。
■雑談■@kurotama
2016/08/22 20:46
■KOCCHIMOKISEI@バトガの話。
・はい、SHIROSUKUとの戦いは後半戦へ。
協力バトルをプレイすると得られるバッジ集めと、スコアを支払ってSIROSUKUを9着ゲットする戦いが始まりました(´_ゝ`)
で、一番のネックが「レアバッジを各種2個」でして…。手持ちが9個なので9着得るには18個必要かあ。
レアでない方なら数千あるんだがなあ(1回のバトルで10〜20x5〜8個でる)。

最近は協力プレイが過疎っているので(重すぎるんだよ…)、イベント用のソロでも2分くらいでクリアできる控えめな協力ステージが期間限定で配信されています。
それでも一応レアバッジが手に入る可能性はあるんですが、期待するほど確率は高くないので結構だるいのです。
だから誰も立てないのならうちが立てようということで、うちに足りていないサソリ系ボスのレアバッジ狙いに「エクス・スコルピオ」部屋を立てたのですが…。

1回め:ハードで部屋を立てると攻撃力1200の子が入室(今はVHなら5000超えててほしい。せめて4500はないと…)、少々不安ですが挑むもクリア。レアバッジは0個(⊃д⊂)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/23 01:15
2回め:やっぱハードはレアバッジ確率低いわ…と部屋を解散、VHを選択し再び待ちます…。
今度は攻撃力5400クラスの子(ちなみにうちもそれくらい)が来たので、3人揃うまで待とうとしたのですが、ラジオチャットで「ガンガンいくよっ(音声付)」などでアピールしてきてるので「2人でもいけるっしょ!」という意図と判断して挑むも無事にクリア。
バッジ2個ゲット…。2個て(⊃д⊂)

3回め:そのままのメンツで挑もうとしたら攻撃力2200くらいの子が入ってきたのですが、まあさっき2名でクリアできたから挑みますと、やはりレベルが低い為2200さん戦闘不能。
復活すると全員の報酬が減るので(弱いから)寝ててくれてもよかったのですが、きっといい子なんでしょう。戦線復帰してクリア。
うちはレアバッジ3個x2を得て合計8個!
しかし、うちより遥かに強く、多分端末も優秀な5400さん、毎日3回やらないと「オンラインプレイ3ステージ」を満たしたのか、バッジを満たしたのか「復活してんじゃねーよw」と不満だったのか退出。

4回め:その方とVHは無理だなと思ったので改めて部屋を立てて待つと、もう0時16分。ノルマ3回はみな終えてしまって部屋が成立しないころかなーと思って待っていたら入室してきた方が!
ちょっと不安を感じたのでVHにいけそうか攻撃力をみると1700…(´・ω・`)

うん、部屋を破棄してソロであと1個レアバッジが出るまで粘ることにしました…。

効率厨的な考えに見えるでしょうけど、攻撃力1700って、武器装備してること考えるとほぼ初期値ですからね…。レベル1。
VHの敵の大技が5400とかくるわけで、よけなければHPでまず耐えられずに戦闘不能です。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/23 01:15
この場合

・起き上がり回数をしこたま消費されると報酬がゼロ。
・早々に戦闘不能になってそのまま放置、こっちは必死に戦ってバッジを献上する流れ(別にそれでもいいけど、VHをうちのクソ端末でソロクリアするのは無理なので、結局負ける可能性高し)。
・持久戦なら無敵になるセットがあるためか、協力プレイはHPに対して制限時間が短めとなっている。

ということで「時間の無駄」にしかならないので、しょうがないのです(´・ω・`)
僕は早くデモゲに戻りたいのだ。

サソリは協力プレイ専用ボスなので結構強敵の為、協力プレイをしてみたのですが…、のっかるつもりのプレイヤーが半分くらいでやる気をなくしました。
これならイベント用協力プレイをソロでまわして1個出るの待った方がいいわ(ノ∇`)

SHIROSUKUが欲しければ鍛えよ!自分の手で掴みとるがいい!カーッ!

■追記■
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qV0F4VVcxT0d3dXM
これが鍛えた結果!
■雑談■@kurotama
2016/08/23 02:21
■大盤振る舞いすぎる@イース8の話。
・なんと「イース8」が無料体験版を配布すると発表。
序盤の10時間近くをまるまる全部遊べるうえにデータは製品版に引き継げます。
Vitaを持っている方はぜひ体験してみてください!
この良作はどんどん広めるべき。

■SHIROSUKU学級爆誕@バトガの話。
・先日ゲットしたSHIROSUKU18着。このアイテムは任意の生徒に上げることが出来るシステムなのですが、今回は容赦なく全員分もらったので全員にプレゼントしたんですよ。

そして現れたのがこの光景

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qMHFDS0FTYno2ZUE
なんと…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUm1lczktSl9ZUE0
何が起きてると言うんですか!

そんなわけで「衣装プレゼントをすると自動で着替える」らしく、意図しない形でSHIROSUKU学級が爆誕しました。
先生ちょっと自分の趣味出し過ぎじゃない?

【告知】ジョジョ第4部第21話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/23(火)「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうよう!

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/08/23 21:15
■明日は実はけっこう大型のアプデですよう@PSO2の話。
・リング多数実装、新エリア、新コレクトファイル、新ガチャと盛りだくさんのアップがきますね。
新アクセサリーの中に「腕に巻く装甲」みたいなのがありまして、アレが結構欲しかったりします…。
実際には末端肥大な装備なんか腕が疲れるだけで武器を扱うのもニブくなりそうですけど、衣装のシルエットを変更できるアクセはわりと欲しい(リーヴァショルダーとかすげー重宝してます)。
ただなー、これくらいでやめちゃった皆さんが帰ってくるかというと微妙な気もするw
これを2週間前に実装するか、生放送で全部見せなければよかったですよねえ。
常設XHマップのコレクトファイルがどれくらいの難易度なのかも気になるかな。いい加減「集める気なら2時間で終わる」くらいにしてもらって、クールタイム解消にSG使わせるバランスにして欲しい。
時間稼ぎコンテンツよのうって感じになったらやらないかなー。今はオフゲのほうが面白い感じだし。
新ガルグリTMGはちょっとまた+35まで頑張ろうかなとは思ってるんですけどね。

【終了】ジョジョ第4部第21話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、本日はGorgorthさんとカガミネデューマンさんが来てくださいまして、いよいよ本格的に主人公たちと恐怖の異常犯罪者吉良さんが接触してしまいます。
スタンド使い同士は引かれあう…、もうしょうがないのかもしれませんが(;´ρ`)ノ

冒頭はなんだかんだあっても仲良しになっている仗助・億泰コンビと重ちーのほっこりした日常が描かれます。
そんな時、同僚の誘いを断って手首だけの彼女と昼食デート中の吉良さんの元に食べ物の匂いを嗅ぎつけた野良犬が。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/24 01:20
動物、とくに犬と言えば出たら惨死する危険性アリという、動物に厳しい作品ですが、今回の犬さんは睨まれて追い返されただけで助かりました。

しかしそのせいで、重ちーのサンドイッチが犬に盗まれる→重ちー、吉良さんのサンドイッチを間違えて持っていく→サンドイッチの袋の中には少々臭いを放ってきた手首彼女を奪われたことに→アレを見られたら…平穏を愛する異常者の吉良さんの日常が乱れてしまう…ッ

という、荒木先生大好きなモノローグ追跡劇が始まります。
なんとかして重ちーのスキを伺って彼女を取り戻したい吉良さんですが、いろいろ邪魔が入ってひたすら焦らされます。

数々のハプニングを持ち前の運(自称)で切り抜けた吉良さんは心配事も解決して帰路につくのですが、意地汚い重ちーはそれを目ざとく発見、相手がスタンドを使えると知らずにハーヴェストで取り返そうとしますが、吉良さんもまた、スタンド使いなのでした…。

そんな感じで緩い中高生の日常と、切断した女性の手首しか愛せない異常犯罪者の日常がついに接触。
次回は重ちーのハーヴェストと、吉良さんのスタンド、キラークイーンのバトルからとなります。
うん、勝てそうにないな(ノ∇`)
重ちー、初登場回はなかなか上手く立ち回りましたが、相手と正面向き合って能力を活かす頭脳戦になると弱そうだからなぁ。
群体スタンドの「多少潰されても本体にダメージはない」利点以上の防衛能力がないので、相手に正体を知られないうちに「仕込み」をしておくと仗助・億泰戦みたいに優位に行けるのですが…、後出し有利のスタンド戦で守りに入ると生き延びるには機転と知恵が必須。

仗助・億泰コンビが気づいてくれれば…ですかねえ。

終了後はおしゃべりなどしてましたが、0時半となったのでお開きですヽ(´ー`)ノ
またよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/08/24 01:20
■UTUWA狩り@剣異の話。
・はい、アプデが来ましたよう。
「来週中にはアップ」と言っていて火曜日に上げてくるこの有能さ。
で、注目要素は「リスポーン(再出撃。復活)した血統種から能力アップアイテムや奥義の器(スキルスロット数増加アイテム)がドロップする」だったわけです。
血統種の撃破はこのゲームの目的ですが、主人公たちごく限られた人間だけが、力の源である「純血晶」を抜き取って彼らに滅びを与えることができます。
しかし、移動用の「大魔石」のエネルギーに寄生して撃破したはずの血統種が復活することがありまして、前作ではそれが発生するとテレポート移動ができなくてちょうダルいので改めて始末しなければいけませんでした。

でも終盤に「スキル使用不可」「魔法使用不可」「通常」が混在している地域がありまして、その制限エリアの魔石に通常エリアのボスがわくとラスボスより面倒なことになりまして…。
大変不評でした(ノ∇`)

なので今作では「大魔石周辺に復活する」という形に変えられ、狭い通路を塞ぐ形で出現した場合のみ撃破を強要される感じになったんです。
しかし今度は「じゃあこのリスポーン自体意味ねーじゃね?」となってまして…。

能力アップアイテムや奥義の器がクリア後要素の最後の最後の報酬で3つ固定で入手だったことから「キャラ育てても倒す相手はもう数十回単位で倒したあとなんだが?」と非難され、今回の「リスポン血統種がドロップすればリスポンに価値が出るのでは?」という意見が通りました。
これは大変グッド!おかげでリスポンに対する反応が

前作「めんどくせ…」
今作「…(無関心)」
アプデ後「来たか…ガタッ」

となりました(ノ∇`)

アプデ前にリスポンした復活血統種はわざと放置しておいたので、これからUTUWA狩りに行ってきますw
■雑談■@kurotama
2016/08/24 03:33
■UTUWA狩り終了@剣異の話。
・雑魚血統種3匹をロードを駆使して狩ること15分…、UTUWAを3つ手に入れてホクホクです。
昨日まではゲーム中に存在する26個を使い終わったらクリア後コンテンツまで拡張できなかったですからね(1人につき7つ必要)。
それがリスポン血統種の数だけ頑張れば増殖できるわけで…、いい感じでやる気が出てきた!

【告知】ラスベガス★ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/24(水)22:30頃から、ラスベガスをだらグルします!
【パス】hino
【コメント】
はい、おひさしぶりの喫茶周回です。
新エリアなので皆さんで遊んでみましょう!
時間までには頑張って僕がフリーエリアを解放しておきますー。

今回ちょっとまた制限バトルをしたいのです。
昨今の皆さんの火力ですとあらゆる敵をピチュンと倒してしまい、敵の動きもへったくれもなく始末してしまうでしょう。
せっかくの新エリアなので最初くらい敵の動きに翻弄されてはわわってなりたいので、武器の持ち込みを

「武器攻撃力x属性x潜在が1500以下」

でやってみませんか。

例1:攻撃力980で属性32の拾っただけの★13なら980x132%で1293

例2:攻撃力800で属性50、潜在16%なら、800x150%x116%で1392

という感じです。
本当は特殊付けで付いてる攻撃力は云々とか、防具の攻撃盛りとかあるんですが、細かいことはいいません。
ちょい手加減した武器でラスベガスの敵と存分に語り合おうってことです。

後は予定表とかわからないので緊急には基本出ません。
こちらは一応0:00までやっていますが、居なかったらお察しください(ノ∇`)

それではよろしくお願いしまーす。
■告知■@kurotama
2016/08/24 04:22
例3 タクト-NT+35攻撃力155で属性なし!潜在レスタの
 155x100%x100%で 155
ペットは属性60だけどな! 

シンクロウ属性10x6匹で参戦しました
たくさんのシンクロウがひかれました
よくがんばった!お疲れ様でしたー
たきゅわん
2016/08/25 00:50
>たきゅわんさん
おつかれさまでしたー。
ホントもうサモナーの参加者さんが居るなんて1_も想定してなくてすいませんw
サモナー界の攻撃力の多寡はよくわからんのですが、★10の属性50ペットくらいが今回の基準になるのかなーと思いました。
ご面倒かけてすいません(ノ∇`)

またよろしくおねがいします!お疲れ様でしたー!

【終了】ラスベガス★ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、久しぶりの喫茶となりまして、ハツネビーストさん、ストロボヤンマさん、Gorgorthさん、ヴィクターさん、シルディアさん、るびこさんが来てくださいましたー。

ライドロイドの操作に皆さん最初は戸惑っていたようですが、終了間際になると僕が一番もたもたはわわって出遅れていた気がします…!
火力を少々抑え目にしたにも関わらず結構サクサク倒せていましたから、大分弱めに設定されてるようですね。

ラスベガスは飛行ができるということでマップ自体は大分ショボく見えますが(うちは影切ってるので本当にひどいw)、なんか聞いたところによると「ネットゲームで広い空間を管理するのは結構重いようで、それらを考慮した結果なんだと思い込むことにします。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdW5Pb3dldFZlRXc
影がないとヤバイ…。なんかすごく昔のPCゲームみたいだ…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qcVQtTXZRcTFXdVU
こっちはまだマシに見えますが、橋の欄干(らんかん)はポリゴン1枚なことから、だいぶ絞ってるのが伺えますね(;´ρ`)

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/25 03:28
多分ソニチの技術力がないとかじゃなくて、12名でエフェクト出しまくってギャアギャアやる為に必要なんだと思いたいですね。
Vitaに合わせてゲームの仕組み自体が引っ張られてる気もするけど気にしないことにします。

エネミーのほうはバカ度が上がっていて思っていたよりも全然面白かったです。
ワイルドトレーラーが巨大エネミーばっかりみてきたアークスには「今更」感があるということも言われてたんですが、そっちよりまた「予兆が少ないのであまりかわせる気がしない攻撃」でスタンを仕掛けてくるのがやっかいでした。

耐久力はすごく低いので、本気武器で挑めば何もさせずに勝つこともできるような相手なんでしょうね。

ひさしぶりだったので足を止めておしゃべりが多めになりブーストを使ってる方には申し訳ありませんでしたけど、なんていうかラスベガスのコレクトファイル、100%出るわけでもないワイルドトレーラーとか自由の女神ことベガス・イリュージアとか…、250が効いてたのに1.2%とかしか上がってないのですが…。

いい加減ここでしぼるのやめてくれないかなー。実装日に2時間本気で周ったら1回め終わりでもいいと思うんだけど。
属性ももう最初から60でいいし、次々出して次々乗り捨てるような、ソゲのイベント武器並みに下げて行けばいいと思います。

上昇率が低すぎて今回はスルーしちゃうかもですねえ(;´ρ`)

0:00で解散の予定だったのですが、ライドロイドクエストが12人でないと難しいかもしれないと教えて頂いたので「じゃあ希望者さんで失敗覚悟で女神に会いに行きましょう」とお誘いし、一回だけやってみました。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/25 03:28
結果は6人で定められたゲージの95%くらい埋めることができて大成功といえるんじゃないでしょうかヽ(´ー`)ノ
本気武器でやってもらったことと、経験者の方が居たのがきっと大きいと思います。

ドロップが大箱方式なのでアイテムは気にせずに暴れられること、生放送で聞いたBGMはここで聞けることなど考えると、短めの制限時間も合わせてなかなか面白い感じなのでは?と思いました。
これ日替わりで3種類くらいを回すんですよねー。

まとめてみると、ラスベガスは結構楽しかったです。
ライドロイドの操作に慣れてくるともうちょっとスムーズに現場に移動できるのかなーという感じでした。
皆さん言ってたのですが、ライドロイドからAISバルカンみたいなので攻撃したいですねw
なんで搭載してないのかなー。

ひとつ感心したのは「地球にはダーカーいないんでアークスメカをいくら出しても大丈夫」ということで、一応設定は意識してるんだろうなと思われることです。
もうAISで焼き払おう(´_ゝ`)
で、ファレグさんには通じなくて「こんな人形役に立つか、生身でこい」とか言われたい(ちなみにAISの動力源はアークス本人らしい。それもすごい話だ)。
地球編はロボの装備を集めてカスタマイズする新体験だったら、たとえ人が減ったとしても逆にこっちのがいいわwという層も出てきた気もする。

ヒトとロボットを使い分けるゲームって意外と少ないんですよね。有名なのはゼノギアスとかか。
ロボットでないと倒せないやつをヒトで倒す楽しみとかもあるから、ちょっとそっちには期待してたりします。

そんなわけで近いうちにまたラスベガス体験会はやりたいなーと思っています。
個人的には、ですが、コレクトファイルの伸び以外はバカっぽかったし楽しいアプデだったと思います。
皆さんご参加ありがとうございました!
■終了■@kurotama
2016/08/25 03:29
■しあわせ神器計画@デモゲの話。
・このゲームがハクスラとして高い評価を得ているのが「ジェム(宝石)」システムでして、敵デモンの支配地域に侵攻して魔法陣を一つずつ解放することで、そこがセーブポイント・所持デモン切り替え・ジェムを捧げて魔物を釣る(ことで経験とアイテムを稼ぐ)、とこちらの冒険の拠点となります。

一度解放すればセーブした後にジェムを捧げて「吟味」ができますから、当たりが出なくてもお金になったりアイテム強化ポイントの「エーテル」になるので神経質にジェムを節約しなくても十分やっていけますが、そのシステムもまたよく考えられているんですよねー。

無名のジェム:指定はできないけど神器(他クラスのスキルをセットできる)以外の装備品がドロップする可能性があり、アイテムにプラスの値が付きやすい。
プラスは武具をそのまま強化するが、エーテル強化では+10までしか上げられず、それ以上はジェムからドロップに任せるしかない。
最高で主人公のレベル分のものが出るので、何が出るかな感が楽しみたいならこのジェムを。
お店で無限に購入できるし結構敵がポロポロ落とす。

(装備品名)のジェム:剣のジェム、刀のジェムなど、アイテム種を指定してドロップさせる力がある。これによって育成メンバーで装備できないアイテムが落ちてがっかりという状態を回避できる。敵撃破で結構たまっていくが、お店には99個しかない為一応有限である。

強化系ジェム:敵のレベルを上げて良いものを落とさせたり、落ちる数自体を+1もしくは+2するものなどがある。わりと貴重気味だが結構拾える。

神器のジェム:他クラスのスキルが結晶化したアイテムで、各キャラは最大5つ装備できる。このゲームには転職がないため、その代わりの育成システム。

という感じです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/25 03:31
新しいエリアに行ったら、とりあえずカバンに入ってる興味のある装備のジェムでまわして、後は無名を適当につっこんで稼げばそのエリアの装備品は結構入手できます。
武器は拾った瞬間から正体がわかる上に強化しなくてもいいので、突然攻撃力が72→154とかに上がったりします(このゲームは武器攻撃力-敵防御力のダメージを与えるので結構すごい。逆に威力が低く攻撃回数が多い系の武器は全くダメージが通らないことも)。

で、問題なのが神器のジェムです。
これはお店にも超高額で3つだけ売っていますが、主な入手手段はデモン前哨戦とデモン本戦だけです。
なのにドロップがランク内のランダム…。

例えばパラディンがアサシンの防御スキルを神器で補うとパラディン/アサシンのような転職後クラスのようになりますが、パラディンにパラディンの持つスキルの神器を装備しても効果は重複しませんので、ここはよく吟味してセーブ/ロードを駆使してでも慎重にやらなければいけません。

サムライのノーコスト範囲攻撃「斬り込み」を主人公やパラディンに持たせると雑魚戦がグッとラクになりますし、逆に単体攻撃が反撃上等の自爆スキル「修羅」しかないのでボス戦で困るサムライには、パラディンの持つ自身の防御を半分にする代わりに敵の防御も0にして命中率アップの「ホーリーチャージ」やアサシンの持つ「スニークアタック」などが有効です。

つまり転職システムよりお手軽な組み合わせ系強化スキルなんですね。
取得がランダムなのでそこに気づかないと「すごく楽にゲームできた」人と「すごく辛いゲーム進行だった」人が分かれてしまいますが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/25 03:32
当面の問題は「ホーリーシールド」です。
これを使うとターンの最初に(ファストトリックといいます)味方全体を護るバリアができ、レベルで増える耐久力を超えるダメージは自身が消失する時に一緒に持って行ってくれる神スキルです(ヒーラーだけに)。

しかし問題がありまして、ヒーラーが回避や命中アップの魔法を使うターンは「ホーリーシールド」が解けるわけで、仲間を守る為の補助回復を使ったがために、盾役にイヤな一撃がヒットして撃沈、パーティ壊滅…とかあり得るのです(´・ω・`)

なので、ヒーラーのコンコンは「ホーリーシールド」しかできなくなっていまして、それが大変もどかしい。
というわけで、物語中盤から挑むことになるお城で出るというホーリーシールド狩りですよう。

幸い4回くらいのロードで入手できまして、パラディンのマナさんを更に強化できるニンジャのスキル「パリィ(判定成功でダメージ0)」もゲットできました。
後はボス戦で決定力に欠けるサムライのコハルちゃんにパラディンの防御無視攻撃「ホーリーチャージ」をつけたいということでロードしまくっています。
転職システムよりラクチンではありますねヽ(´ー`)ノ

追記:5回くらいで取れました。

なんというか理想のハクスラゲーじゃない?これ。
PSO2に慣れた身だと「出先からアイテムを倉庫に送れない」のがネックだけど、それやると宿に帰らなくてよくなって、ヒロインのフランちゃんの守銭奴キャラが立たないからね(´_ゝ`)(宿屋に帰る度にメンバーのレベル総計によってどんどん高まる家賃を徴収されます…ひでぇ)

PSO2のどこでも倉庫送りっていうのは本当に神システムなのよねえ。

デモゲは底が浅いというすごく印象が悪いですけど、わりとプレイ感が軽めに作られているので助かります。
■雑談■@kurotama
2016/08/25 03:33
■個人的には叩きたいわけではないのだけど@PSO2の話。
・1日経って情報が出そろってきたら、今回もネットでは非難ごうごうですね(;´ρ`)ノ
ざっと見渡してひでーなこれと思うのは、ウォンドEチェンジ。
このリングがあればウォンド一本で全属性に対応可能っていう、最大効率で活躍したかったTeさんに複数の武器作成を強いるひどいやり込み要素から解放してくれると思われていました。

実際半分くらいは解放してくれてるんですが、シフタ・デバンド・レスタ・アンティという回復・補助テクニックには反応しないものの、ゾンディ・ザンバ・メギバのフィールド系テクニックだと属性が変わってしまいます。
まあブーツも同じルールなので、開発が悪いというより期待が高まり過ぎてたのかなと思うのですが…。
世のテクターがこれらフィールド系テクニックをどれだけ活用してるのかを把握してればなんとかして欲しいとこではありましたね。

後は僕もちょっと期待してたスタンディングサインリング。
これね、今面白いことになってまして「批判してる側がスタスナを勘違いしている」「生放送の説明が少々誤解を招く」「初心者にラムグラ15個要求する(ノ∇`)」、色々込みで「イラネ」となってるのです…。

元から運営が意識してたと思われるのは「スタンディングサインがでたらキャラの座標は1秒動いていませんよ(いまならスタスナのりまっせ)」で、わりと間違えてないと思うのですが、批判する側、そもそも初心者の方がスタスナのクソめんどくさい仕組みを誤って覚えてるっぽい感じなんですよね。
例えばサテカノやエンドアトラクトは元からスタスナ成立前にチャージしたら何秒経とうとスタスナは乗りません。
だからスタンディングサインが光った後にチャージを開始すればいいのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/25 20:14
だけどそもそもスタスナをわかってない方は「チャージ中にスタサインでた!」となってて、微妙な考えの違いから不満を感じてしまってる。

このアイテムはそもそも「スタスナと連動しているわけではなく、キャラが1秒静止になったことを知らせるタイマー」なので、よくみたらな名前と説明文の中に「スタンディングスナイプ」と連動してるとは書いてない。

僕がやってたFF11では魔法の効果時間の切れ目の3分を計る為キッチンタイマーを用意したりする方も居ました。
敵も5分〜15分でリポップするので、敵を連れてくる役目のエリートはタイマーを活用してたものです。

これはそういうアクセサリーなんですよラムグラ15個も必要としますけど。
でもこれで「とにかくサブRaだから強そう^^;」とか思ってた子とかがもう一度「スタスナってなあに」と興味を持って調べてくれればアークス全体の火力が底上げされるんじゃないかなー。
あとこれは僕が完全に悪いんですが、これLリングじゃん。
GuのLリングはもうフロントSロールで決まってるからダメだよ(´・ω・`)

でも僕気付いちゃったんですが、地球産エネミーの多くにヘッドショットがなく、弱点を常時露出した敵がほぼいないんですよね。
幻影だからみたいな言い訳を使って「射撃職の天下」を解消しようとしてるんだなって思いました。
昔僕も言ってた「弱体化したら荒れるでしょ?新追加の敵の耐性やHPを上げれば相対的に都合の悪い攻撃属性にストップかけれるんだよね」というのをやってるんでしょうかね。

だけどwb貼ってもウィークヒットアドバンスが乗らない(wbの120%アップをしても1.1倍以上にならない為、WHAの条件が満たせない)のはダメでしょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/25 20:14
wbジャマーはいいけど、wbに「貼られた箇所は倍率に依らず弱点となります」という、活躍のメを残してあげないと。
でないと「クラスの否定」になっちゃう。

ランチャーの通常攻撃を山なり射撃に変える代わりに威力と範囲が伸びる「Aランチャーモード」はひどいみたいですね。
弓の時にも言ってましたけど、弾が一定距離で消失するので、高く打ち上げて障害物を超えた向こうの敵に当てる、結果的に射程を伸ばす「曲射」ができない。
範囲は結構広がるようですが、ランチャーも迷走してるよなあ。
上で書いた通り、ウィークヒットアドバンスを効かないようにしていくなら、ランチャーを「ヘッドショットがない代わりにダメージそのものが高い近接武器に近い仕様」にでも変えて欲しい。
爆風で攻撃するんだからヘッドショットもないでしょ(ヘッドショットの定義が感覚器官や脳の詰まっている重要器官に銃弾がヒットするから起きる効果を数値に表したものなんだしさ。確かに腕が火傷した場合と顔を火傷した場合を比べると、顔の場合ショック死もあり得るから間違ってはいないのかもだけど…)

一方「メイトラヴァーズ」がRリング…つまりクラススキル強化系ではない為、Brのクイックメイトと共存できるというのはいいですね。
以前AIS用のリングを鍛えようとしてたら鍛える意味がない系のリングだったので宝石がまるまる20個余ってます。
それを使って早速もらってきましたよう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/25 20:15
「ジャストリバーサルカバー」は転ばされた時にジャストリバーサルに成功するとHPが20%(モノメイトが30%)も回復するステキなリング。レベル20の性能待ちではありますが、レベル10の時点で10%回復してるようなので、悪くても15%は行くのでは…?
これが20%だったら完全に欲しいリスト送りですね。
メインHuやFiではすごく役に立ちそう。
後はあれだ、スナッチJAコンボリング…でないかなー…。

全部が全部ダメではないけど、期待させておいて…と思うのもあるのは事実ですね。
特にコレクトファイルはひどいよなぁ。
せっかく面白そうな武器なんだけど、TMGのほうは「PP回復アップ、消費ダウン」なんですよ。
うん、射撃職が厳しい昨今、威力潜在捨てる選択肢は無理ですね(´・ω・`)
Guは楽しいけどBrやFiのアレ見てしまうと「想定外の空中戦で敵をハメられる」という点くらいしかアドバンテージを感じない。
しかも納刀すれば急速充電のオービットは威力もPP回収も兼ね備えてるからねえ。
一応セットしてるけど、黒の領域2016が来たら破棄する可能性の方が高いなー。
自由の女神1体で1.2%はね、無理ニャウ。人の時間をなんだと思ってんだw最低3周しないと属性60ならないんだよ…?
今のPSO2プレイヤーにあれ2ヶ月で6周したらあって猛者ちゃんどれくらいいるのかな。

僕はシルバちゃんからアストラルライザーNTを6本もらう予定です。
2日に一回機甲種300体ならまだぜんぜんやる気あります。
全クラスだと思ったけどそれは調子よすぎか。
■雑談■@kurotama
2016/08/25 20:19
■ニャウは駆除しよう…@PSO2の話。
・さっきサブキャラのライドクエスト解放の為にラスベガスを周っていたら、ニャウがゼッシュレイダを呼んだんですよ…。
地球にはダーカーいないからメカ施設を多く入れたんですね^^と感心してたんですが、これでダーカー粒子の浸食から逃れられなくなったわけだよね(´・ω・`)
まあ考えなしにただのEトラとしてニャウ入れてるんだと思うんですが、地球にダーカー呼ぶのは設定の視点からやめてほしかったなーという話。
つまりニャウは駆除しよう。甘い顔してるから彼奴がつけあがるんでしょう?
ラッピーみたいに「捕獲」してこう…(以下略)と思いますよ。

アークスが出向くとダーカーが追って来て結局その星はダーカーに浸食される皮肉というのはサービス開始当初に推論としてありましたねw
シャオがEP3から「あーくすはきれいなそしき!ダーカーをほろぼしてうちゅうのへいわをまもるんだ」と路線変更してからそのあたりがすっげーうさんくさくなりましたけど、初期3惑星に関しては資源か植民地を探しにアークスが出向いたらダーカーが出てきて、またダーカーの仕業か!となってるけど実際はどっちが先かは怪しいって感じでしたよね…。
まあリリーパの採掘基地なんかは最初から「アプレンティス封印の地」なんだけど、採掘施設を護れってウソついてたからね。
ダークファルスがまだ居ますなんて発表したら大事になるから知らせなかった優しいウソではあるんでしょうけど…。

まっとうにやれば面白そうな世界設定も色々あると思うんですけどね。
PSO2の世界。
■雑談■@kurotama
2016/08/25 22:28
■お知らせ■
・フレパリストが更新されました!

■パーティ完成@デモゲの話。
・チームラゲー伝統の「僧侶が毎ターンMP回復して、仲間とMPを交換することでMP回復役になる」を満たす最後のスキル「マナ回復2」をヒーラーのコンコンが28レベルで習得したことによって、ようやくパーティ火力がドカんと上昇しました。

これまでいつもパーティを最後列から見守るのが役目だったウィザードのオミさんがその実力を発揮できるようになるのです…!
今まではMPが本気を出すと冒険を通して5ターンで枯渇するアレだった上、つい先ほどまで対単体の大技を覚えていなかったので、活躍できるシーンが「敵が3列以上いれば1ターン後に殲滅できる」という限定的なものでした。

でもMP事情が改善された上に先ほど述べた対単体の大技「クアッドボルト」がイカした魔法でして、地水火風の4属性ボルト(矢弾・弾のこと。単体攻撃魔法の名称)を連続で放つことで、地水火風の属性を持つ相手にはどれか1本が1ダメージになりますが弱点を突いたボルトが2倍ダメージを与え、光闇無の相手には通常ダメージx4を与えます。
つまりどんな属性の相手にもボルト系魔法4倍分のダメージを安定で与えられるんです。無属性魔法でもいいんじゃないの?とか無粋なことは言ってはいけません(最後の魔法がいわゆるティルトウェイト的な無属性的全体攻撃魔法だからです)。

これをウィザードのスキル「ファストキャスト」で毎ターン2回放てるので、消費MP18x2を支払えるならパーティの誰よりも高火力をもつことになるのです。
長かった…。wikiなどでは「最初の仲間は前衛が無難」と言われていたのに、主人公をオミさんが見出したノリにしたいが為に二人パーティなのに勇魔といういばらの道を進んだんでした(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/26 21:02
初期のウィザードなんか4発ボルト打ったらもう消費アイテム投げつける事しかできないんだけどw
大変でした…!

でも今はもう、MPに余裕が出来過ぎてオミさんがどんどん消化してくれないとMPがあふれかえってしまう為「オミさんが動いたら戦闘が終了する」「(オミさんの超魔法を受けても)まだ敵が残っている…だと?強敵だな…」という強キャラ感が出るようになりました。
魔法使いが強いとうれしいなぁ。

ちなみにこのゲーム、めずらしく「STR(腕力というより強さ。必ずしも筋肉ムキムキではない)が死にステータス」なんですよ。
あまり考えない系の人は「つよくなければいきのこれない!」と言わんばかりにSTRを上げそうなんですが、デモゲでそれは意味がないとは言わないものの、効果が低いのです。

なぜかというと、まずはVIT(生命力。HP上昇に重大すぎる役目を果たす)を15前後まで高めると良いとされていて、その後に自由なパラメータ振りが始まるのですが、このゲーム、LUK(幸運)が占める割合がめちゃくちゃ高いんです。

なぜかというと、LUKの高さは状態異常発生率を与える時も受ける時も大きく上昇させます。
サムライのクリティカルヒット(即死)や、麻痺やノックアウト(気絶)もLUK判定ですし、パラディンが敵からの攻撃を受けた時に状態異常にかかるかどうかもLUK判定。さらに防御スキルや攻撃スキルの発動もLUK判定です。

どんなにSTRを高めて攻撃力を上げようが、敵のターゲットになる度に死んだり麻痺して後列に下がるパラディンなんかうんこですよね。
サムライはクリティカルヒットが効く相手には100%決めて戦闘を早く終わらせたいですし、効かない敵は麻痺かノックアウトで無力化したい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/26 21:03
対多数戦に優れたサムライの役目は敵を倒すというより、クラス柄AGI(敏捷性。戦闘時の行動中、二刀流の逆手の攻撃力補正)を上昇させることから敵1列〜成長すると敵3列まで、二刀流で両手に構えた武器で切り付けることで敵を状態異常の嵐に巻き込んでしまうことです。

これができるようになると戦闘開始と同時に敵ほぼ全員が即死・麻痺・ノックアウトの判定に晒されますから、当然使用者のLUKが高いほうが有利です。
ということで、盾キャラ、アタッカーキャラのどちらもが高いLUKがあると仕事が安定するんですよねー。
例えSTRが初期値で攻撃力がしょぼくても、ノックアウトして回避が大幅に下がってる敵をボコるんだから2ターンかかっても問題ない。

ということでうちのキャラはまだ得意能力をカンスト(種族初期値+20)してないので、STRに振ってる子は一人たりともいないのでした(ノ∇`)
先述のヒーラー・ウィザードは逆にVITを上げたら必要能力のINT(知力…だがゲームでは魔力と置き換えた方がいいかも)、MYT(神秘性。旧ウィザードリィでは信仰心となっていた)を何も考えずにカンストまで振ればOKとなっています。

主人公のアルトくんはデモンゲイザーの必要能力VIT、MYH、STRのうち、VITを最低限+ちょいプラス、LUK高め、MYHそこそこ…とすごくショボい振り方をしています。ゲイザー攻撃魔法はSTR参照で威力が上がるのですが、重い武器の威力がいま280とかあるから武器で十分なのよねえ。
しかも使役するデモンたちは主人公の武器の威力を参照して攻撃力アップなので「攻撃回数が多い(=命中判定が多い為当たりやすい)武器より、当たらないマイナス補正付きだろうと高威力な武器」を持たせておけば、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/26 21:03
オミさんがクアッドボルトで400x8出してる横で850x4とか出しますからね(操作できないので毎ターンとは限らないけど)。
デモンが彼の刃だと思えばやっぱりSTRはいらない気がする。

まあ終盤〜クリア後だと「両手武器を二刀流する」という頭のおかしなスキルを1周につき1つ入手できるそうなので、STR激振りの「力で何もかも大粉砕する」近接祭りになるそうなのですが…。
デモゲは面白いけど、パーティ編成のやりくりや育成は剣異のほうが深い感じはしますねー。
お手軽って意味ではこっちなのかな。BGMはすごくいいです。

■イツワリノウタヒメ?@バトガの話。
・先日発売されましたバトガ特別編「アイドルガールアフタースクール」のCD第一弾が通販サイトを含む各所(アキバ・新宿・渋谷)で売り切れ続出となり、コロプラも嬉しい悲鳴をあげています。
コミケで行われた物販コーナーでも4500円もする描き下ろし水着イラストタペストリーが「お○松さん」グッズを抑えて完売。
確かに○そ松さんに比べれば売れないだろwと数を絞られていたかもしれませんが、ファンとしてはちょっと嬉しい(*'-')
単純にアニメ絵水着イラストとして出来がよかったのもありますけどねー。

じゃあバトガは今アニメ化も決まって上がり調子なの?と言われれば…。ゲーム本編のほうは新カードが出た前後だけワァーッと盛り上がる感じですね。
ではどうしてなのか。
それは来年1月に行われる初のバトガのリアルイベント「大神樹祭り」があるからです。
僕も日頃から「ガチャには金を出さないが他の良いものには喜んで出しますぞ」と宣言している通りCDを購入しました!
それにですね、イベント優先先行申し込み権がついてるんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/26 21:04
僕はもうおっさんなのでリアルイベントとか恥ずかしくていけませんが…(譲っていいなら欲しがってる人に有料で○フオクにでも出して譲ってあげたいが、それは禁止されています)。

バトガの声優さんはあり得ないくらい有名人ばかり呼んでいまして、18人中半分くらいが「作品のヒロインキャラを張れるレベル」、そのさらに半分くらいが「売れっ子すぎてスケジュールを押さえられません」というエリート声優さんばかり。

バトガ立ち上げ時にルーキーで、その後頭角を現した方も居るには居るんですが、立ち上げ時点で人気声優さんだった子も多いですからね。
どうもコロプラもキャラが乱立してて他メディア化しにくい「白猫プロジェクト」に代わって、アニメとかで映えそうなもう一つのプロジェクトということでバトガを作ったみたいなんですよ。
だから実はサービス開始前からアニメ化企画は進行してたそうで、1周年を迎えて波にも乗ってきたところでアニメ化発表という流れだった模様です。
金持ちコロプラが「獲る気」まんまんで用意したプロジェクトだったんですねー。

で、そのリアルイベントには現状で11人くらい担当声優さんが出場決定で、他の方は今交渉中らしいのですが、そのラインナップの豪華さにいわゆる「声豚」さんたちが反応、バトガは知らなくても○○ねるがでるなら全力出すしかねえだろ…!みたいなね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/26 21:04
ちなみに早見沙織さん(くるみ)とか南條愛乃さん(れんげ)とか悠木碧さん(サドネ)とか雨宮天さん(遥香)とか…、僕でも知ってるレベルの方はどうやら別イベントとかぶって出られない模様(ノ∇`)

でも声優さん事情を知る先生からすると「この時期によく11人も集めたわ」ということなので、声豚さんがゆらり…と本気を出すのもしょうがないのかな。

バトガ人気なんじゃない気もするけど、これでバトガに入って来てくれてもええんやで?
前のCDは売り切れ→再販はわかるんですよ、多分売れないと思われてましたから。
今回は再販分を見越して数を用意してもらったと思うんですが、やはりリアルイベントは強いなー。

声優さんって時々「自分を有名にするために原作を踏み台にしてそう」と思うこともありますが、原作で引き上げてもらい、いずれ原作を引っ張り上げる役目を果たすのかと思えば、お互いに高め合うみたいな感じにも取れるのかもねー。
人気商売だから人気のある人たちが絞られて濃縮されていってトップ連中はすごいオーラ出してるしね。

ちなみに今日から第二部7章スタートで、ストーリーも闇落ちした詩穂さんを救えるかどうかで気になりますが、8/31の15:00には多分次のイベントの告知もあるでしょうから、星のかけらをここで1000個にしておきたい所…!

バトガのアプデはほんと安心して見てられるよなー(不具合もすぐ直すしね)。
■雑談■@kurotama
2016/08/26 21:07
■TANABOTAなんですか?@デモゲの話。
・FF15が発売延期になったことで?(9/30→11/29)、デモンゲイズ2の発売日は10/15→9/29に前倒し。
僕も結構長くゲームファンやってますが「前倒し」ってあんまり記憶にないわ(;´ρ`)
潰しあいにならないなら上半期最後にぶっこむわwwということでしょうか(結果の反映は間に合わなそうだけど)。
FFパワーはおそるべし、ですかねえ。
僕はあれだ…リアル路線あまり好きじゃないんで(´・ω・`)
野村ファンタジーになってからさ、遠景のシルエットでキャラの見分けつかないんですよね。
遠くから見ても髪の色くらいしか判断できないの。
カプコンみたいに「キバツでなければ通りませんぞ?」くらいまでいくと逆にいい意味でバカなんですが、あれは誰か何か言おうぜ。
だからFF9、FF11、FF14の非ノムファンがああいう(ちょっとデフォルメが効いた)感じになったんだから。
まあ9・11・14仕掛けた田中Pは14の失敗で更迭されたけどな…くそうw(僕は田中Pは好きだったのです)
12は松野ファンタジーですが、作品完成までこころが持たなかったそうで…。でもあれもリアル系だけど結構シルエットでも見分けつくように体格やなんやは意識して変えてるんですよ。

ノムファンはなんていうか、バストショット(顔と胸元まで)での差異しか見てないって感じ。
キャラクターはシルエットなんだけどねえ。
ワンピースの登場人物にシルエットで見分けつかないやつがいますか?っていうことです(ローとゾロは多少ヤバいけど、まあゾロは3本刀だし)。
なので世界が認めても僕はノムファンは結構です(´・ω・`)
世界的には大ヒット間違いなしだと思うのでよろしくやると良い。
■雑談■@kurotama
2016/08/27 02:54
■ガンダムビルドファイターズトライ・アイランドウォーズを観ました@雑談。
・1時間以上の番組だったんで「???」となってたんですが、ガンプラ販促パートを盛り込んでの特番でした。
そちらのパートも結構楽しく見れました。

で、本編は本当に番外編であり、あの面々がまた仲良くいがみ合いながら新デザインのガンプラで大活躍するというアレでした。
ビルドファイターズトライと言えば、ガンプラ同士のバトルのハズなのに「粒子蓄積量」の倍率を上げる手段を模索してガンプラに搭載、倍率を競い合う感じになったのを大層非難されていましたが、今作は必殺モードとして「仲間を粒子に変換してカミキバーニングガンダムに蓄積、仲間全員分のエネルギーを使って倍率に優れたカミキセカイくんに技を放ってもらうというミもフタもないアレ」でした(ノ∇`)
うん、確かにシステム上一番有利な戦い方だよね、ガンプラバトルじゃないけど(´・ω・`)
もうバトルさせる気ないだろ…!

各ファイターみんな、粒子エネルギーバリアや粒子エネルギーを使った「必殺技」めいた粒子技を研究していましたが、究極はやはり「貯めこんだ粒子を効率よく放つ技」の存在であり、カミキセカイくんはリアルモンクタイプな為、現実での格闘技でいう「気を練る」に粒子が乗ってくれるのでトライ時代も猛威を振るっており、視聴者からは「それはガンプラファイターの実力にカウントするのずっこくない?」と言われ続けていましたからねえ。

今TOKYOMXでは「ガンダムビルドファイタ−ズ」のほうをやってるんですが(僕BD買ってるのに)毎週楽しみに見てるんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/27 18:58
あっちはなんていうか「黎明期」でして「粒子操作に目を付けた最初の世代が出始めた頃」の話だから、その辺りをどれだけ独自研究したかによって、新兵器的な「ええっそんなテクがあるんだ」に満ちていて、彼らは自分だけの理論を自分で見つけて実戦で披露して格上食いをやらかしていたわけです(それ以前の猛者は新世代にことごとく敗北しています)。

しかしこれ、粒子操作でカタナでビームを斬った「戦国アストレイ」の開発者、「若き天才(アーリィジーニアス)」ことニルス・ニールセン、「粒子チャージシステム」を作ったイオリ・セイが全部悪いよなw

ニルスはその後、開発者側にまわって新粒子システムによる設計者になった為にこの「粒子量蓄積x倍率アップ技が勝敗を決する」バトルを構築したわけですからね…。

新世代システムは「若年者、または自分の機体を壊したくないユーザー」に配慮して、ガンプラバトル内での破壊を実際の機体(プラモ)に与える率がほぼゼロの「モードC」を開発(予選はちょっと壊れるモードB、決勝はVR内での破壊が実際にプラモに反映されるモードA)したのはよかったけど、試合に出てくるエリートが軒並み「ガンダム」とは言えないエネルギー必殺技持ちというのは…、ちょっと微妙な気持ちになりますね。
あれじゃあバズーカの口径を上げたり装弾数を増やしたりとか、機体に装甲を重ねて防御力をあげたりとか、ミリタリー方面の楽しみをしてるファイター絶対勝てないもんな。
ビームサーベル剣技に長けたファイターとかもビルドファイターズには居ましたけど、トライ時代だと「刃にエネルギーをまとわせて大群ごと薙ぎ払う」攻撃に勝負もさせてもらえないわけで…。

確かに子供向けアニメだけど、ちょっと進化の方向性を見誤ってる気がするなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/27 18:59
プラモ狂四郎リスペクトなのなら「なにっジュラルミンを削って作ったシールドだと〜!」とか「この機体の外装にはゴムをまとわせてあるんだ、ご自慢の電撃は効かないぜ」とかそういう地味な発想で「こんなこともあろうかと」合戦が見たいのよ。
ビルドファイターズ時代はその要素があったんだけどなぁ。

でも考えてみれば、主人公イオリ・セイが新アイデアに行き詰っていることを心配したママンから頼まれて、後にカノジョとなるメガネ委員長が彼に教えてもらったガンプラを使って「女の子限定大会」に出場したエピソードでは…。

この子はぬいぐるみが動き出した設定だから…と「ガンプラの中に綿を詰める」というキバツすぎる発想を披露。
ライバルの女の子がランスでザスーッと突き刺したらミ(ワタ)が出てびっくりし、そのスキにくちからワタをモニモニと吐きだしてワタまみれにして動きを封じ、場外に突き飛ばして大勝利してました。
イオリ・セイはそれをみて「ガンプラは自由なんだ!」と確信、例のエネルギー蓄積システムを発想するのです。

あれ、悪いのはメガネ委員長じゃない?これ。
あの時にもうトライの「エネルギー合戦」の種はまかれていたというのか…。れきしのぶんきてんだった!

今回の特別編の話に戻りますが、特別版名物「ナゾの少女」が登場。
しかしこれを見ている大きなお友達は「ん?」と思うのです。

前々作「ガンダムビルドファイターズ」で、バトル主人公のレイジ、そしてニュータイプ系ヒロインのアイラは、レイジの故郷「アリアン」という異世界に帰って(アイラは異世界に嫁入りして)しまいました。ナゾの少女ちゃん、アイラと髪の色も雰囲気もそっくりなんですよね。

アリアン組がついに出たことになります!これは嬉しいファンサービスですねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/27 18:59
「トライ」ではさんざん「イオリ・セイ、委員長カップルとか、アリアン組は出ないの?」と言われ続けていまして、7年後の彼らが見たいという声は多く聞かれていました。
結果、イオリ・セイと委員長はフランスで同棲?している仲と判明、委員長は顔の下半分より下と声だけの登場をしました。
でもアリアン組はやはり「異世界」ですからね、登場しなかったんですよ。

レイジとアイラは仲良くいがみ合いながらもお互いに惹かれていましたから、あのまま過ごしていればケッコンするなんて別に不思議はないんですけど、それだと時間が合わないんですよねー。
作中ではレイジがガンプラバトルで活躍してから8年。
レイジもアイラも16〜18くらいですし、レイジはアリアンの第一王子なので現代社会の常識にあてはめるのは間違っていますが…、現れたナゾの女の子は体つきからしてローティーン(11〜13くらい)。

あの意地っ張りな二人が突然発情して子作りする(失礼な言い方だ)なんて思えないので、それなりの関係になるには半年では足りないでしょう。
ということは、アリアンと現実の時間の流れが違うと見た方がありえるかもしれません。
僕は正直、もっと流れが違っていて「トライ」後半でレイジそっくりの謎の少年が現れてライバルチームにいるのではくらい思ってましたからね。

案の定、今回の話の最後にはラベンダー?で覆われた美しきアリアンの城下ですっかり大人となったアイラが謎の少女を迎える為に登場し、カミキセカイたちにガンプラ教えてもらったと喜んで報告する娘に「ママもガンプラを通じてパパと出会ったのよ」と伝える形で終わります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/27 19:00
これは…あれだ…。

次 回 作 が あ る と 見 て い い ん で す ね !

っていうか、僕が気づいてなかっただけかもしれませんが、今回アリアンの風景が「コロニーの内壁風」であることから、アリアンはコロニーだという情報が提示されましたね(空に継ぎ目があるし、遠くの内陸が見える)。
これやっぱり絶対に続編は準備してるよなぁ。

今回はニルス博士の構築した新粒子システムによる実験で暴走が発生、テスターとして招へいされていた主人公たちが巻き込まれるというお話でした。
そしてレイジは「想いを叶える秘石」の力でアリアンからこちらに飛んできており、最初は偶然飛ばされたのですが、そこでイオリ・セイと出会って、とある恩義によって「ガンプラバトルでセイを優勝させる」と約束。
「王族の誇りにかけて約束は守る」と宣言しますが、ガンプラバトルシステムはその秘石によって飛ばされてきたアリアン人のこすい盗賊がもたらした「異界からのオーバーテクノロジー」だったのです。
ガンプラ大会は最後、その異界ネタでわやくちゃになってしまい、レイジは元の世界に帰還することに。
アイラはレイジと別れがたく、ついついて行ってしまったことで、二人はこちらの世界には戻らなくなりました。

ちなみにアイラはガンダムで良くでてきてキーマンとなる「ニュータイプ(精神感応能力)の少女」。
その、人と分かり合う為の力を遠隔機動兵器を操って敵を一方的に殺戮する為に利用されており、望まぬ戦いに心を痛めています。
そのさなか、ニュータイプと化しつつある主人公と戦場で出会い、それが新たな悲劇に…という、初代の主人公と悲劇系ヒロインのオマージュがガンダムシリーズの中で何度も繰り返されました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/27 19:00
アイラも当然その流れであり、共産国解体っぽいアレで孤児となった少女がその異様な粒子適応能力を買われ、スポンサーの為に大会を荒らす役目でした。

ナゾの少女はその娘です。
つまり、ニルス博士が開発中の新システムはあまりに強く粒子に関わった為、粒子感応能力を受け継いだ娘が「呼ばれてしまった」可能性があります。
もしくはそれを辿って異世界に渡れてしまったともいえますね。
これはアリアンとこちらの世界を巡ってもう一つ話が作れるのではないか…?

ちなみにビルドファイターズトライが終了した時「TVシリーズ第三弾のお話は打診されているのですが、ひとまずお休みして、ビルドファイターズ、ビルドファイターズトライ用に1本ずつOVAを制作します」という発表がされていましたから、今回のがトライ版のOVAでしょう。
ということはいよいよイオリ・セイが登場するビルドファイターズ版OVAが用意されつつあるということ。

次の話はビルドファイターズ最終話としてイオリ・セイ本人世代、もしくは更に時代を進めて彼らの子孫の話にアリアン勢を絡めてくるとかですかね。

文句ばっかりに見えますが、トライ名物「恋の4角関係」とかカプ厨である僕は始終ニヤニヤしっぱなしでした(*´Д`*)
トライで猛威を振るった体型がお子様だけど一番心のかけひきに長けているドロボウ猫ポジのシアちゃんがイマイチ活躍できなかったのが残念。ギャン子はもうボクサーの人が半分カレシだからいいじゃん。

できればトライでもう一本TVシリーズやってほしいなー。
この作品は深夜とかいかずに、子供向けガンプラ販売促進アニメとして夕方放送アニメの感じで行ってほしいのよ。
久々の4角関係とオリジナルガンプラの高レベルなアクションシーンで十分「夏休みスペシャル!」してまして、大変面白かったです。
■雑談■@kurotama
2016/08/27 19:02
■お、おいおいおい…、オイオイオイオイ…!@バトガの話。
・本日はフォルテシモの花音ちゃんの誕生日。2年めのバトガは星守たちの誕生日には先生が好きなだけ1日限定の誕生日ガチャにお金をジャブジャブ落としてよい権利を与えて頂ける行事となっておりまして…。

その生徒の押し先生だけが血ヘドを吐きながら石を消費していく、漫画アカギでいう「沼」状態に陥り、ぐにゃあああああっとなってる先生がせめて笑ってもらおうとネットに成果を書き込んで空虚な笑いを浮かべるという、この世の地獄が見られるイベントなんです。

去年はプレイヤーなら「誕生日ストーリー」が見られたのに、2016年の新作誕生日ストーリーはカードを当てないと見られなくなったのよね。

で、記念クエストで「誕生日ガチャチケット」が1枚入手できるんですが、大抵は誕生日じゃない生徒の体操着カード(★2で最低レア度なのでよくこれになる)をもらってげんなりして終了するんです。

誕生日に限り、9800円で星のかけら700個を購入すると「誕生日生徒★4確定ガチャチケット」が入手できるんですが、新作の誕生日カードを含めたこれまでのカードから6種の復刻カード(性能は同じだが復刻マークが入るので別カード扱いとなる)も★4ですから、9800円で誕生日カードが当たるとは言っていない…ということになります…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/28 10:04
基本、課金は意識せずとも遊べる良心的なソゲであるバトガですが、この誕生日に関してだけはソゲメーカーらしい悪魔の表情をチラリと見せつけますねえ。

で、僕は9/23にある遥香っちゃん様の誕生日の為に石を貯めようとか言ってましたけど、最近の流れだと1か月に2回ある確定ガチャについてくだけで一杯一杯で貯蓄というのはあまりできてないかんじです(ここ2ヶ月のストーリー分は取ってあるけどね)。

で…、今回チケットで引いてみると「データダウンロード 1/4」の文字が。
おかしい。これは端末に新たなデータがインストールされる時に出る表示です。つまり花音ちゃんの未取得カードが1枚来たことを表しています(一度に複数当たると必ずしも4の倍数ではないがダウンロード量は増える)。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qVXhRTnQwTEJ0clU
うおーー、ガチャチケット1枚で誕生日花音ちゃんがキターーーーー!

あいかわらず先生のことを椅子かミジンコだとしか思っていない感じが繊細なオタクにはやさしくない子ですが、最近はちょっとだけ態度が軟化した感がありますね。

しかしさ…、この奇跡(★4カード的中率が7%で、6枚中の1枚。もちろん確率は均等ではないけど)、これはさぁ、来月の9/23に起きるべきアレじゃないの??
(´・ω・`)

花音ちゃんできて遥香っちゃんが来なかったら悲しいんだけど!
■雑談■@kurotama
2016/08/28 10:04
■相変わらずいい@雑談。
・ジュウオウジャーがイカした総集編をやりましたね。
最近現れた新たな敵役「バングレイ(以下バンさん)」は「他者の記憶を読み取ってコピーを作ることができ、そのコピーは記憶に基づいた自我を持っている」を使いこなす凄腕の宇宙傭兵で、多分自分が強すぎてスリルを求めてる系のヤツです。

その彼は初登場回のお盆回で主人公の母をはじめとした「記憶に居る故人」を召喚、戸惑わせます。
主人公ヤマトは思わぬ母との再会に「まさか、ありえない…、でも嬉しいよ」とひとときの安らぎを得るのですが…、バンさんにひゃあーっと切り捨てられ、ヤマトを気遣いながら「でも会えて嬉しかった」と言い残し消滅。
大切な思い出を汚され、激しい怒りでバンさんを圧倒したヤマトですが、バンさんは「キレイゴトを抜かすお人よしめ…」と彼で「遊ぶ」ことにしたのでした。

その後もヤマトの言う「仲間とのつながり」を揺るがす仕掛けで彼の心をさいなむのですが…、今回ははっきりいって総集編でした。
しかし、その使い方が実に上手い。
ヒマをもてあましたバンさん、ヤマトをいたぶる新たな仕掛けを思いつき、ブルー(シャーク)とグリーン(ゾウ)を襲撃、気絶しているうちに爆弾を仕掛けたて彼らをコピーします。

その上で助けに来た仲間に「30分後に爆弾が爆発するから、ニセモノを見つけて倒せ(殺せ)」と指示、しかし記憶を元に作られているコピーなので見た目、能力、記憶は同じです。

困ったヤマトたちはクイズ番組形式のクイズコーナーを始め、視聴者に「そんなことしてる場合かw30分で仲間二人死ぬんだけど?」とツッコませます。
当然作中の爆弾を仕掛けられた4人も「こんなことしてる場合か!」とツッコミます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/28 17:49
その後は過去の映像を振り返りながら「本物なら知ってるよね?記憶力クイズ〜」という感じで進行するのですが、コピーも本人たちも記憶は共通してるので勝負がつきません。

しかし、バンさんの狙いは別の所にありました。
どっちがニセモノだろうと、見破られようとかまわないのです。要は「仲間の姿をした同じ記憶を持つニセモノに手を下させる」ができればいいのです。見誤ってホンモノを始末したらそれはそれで笑えるwということで…。

同じ記憶を持つ者ですから、お前はニセモノだな?シネーッ とするにも真偽の違い以外は本人と同じ。
それを仲間に強要させ、生死の狭間で醜くいがみあい、二人を助けるためにニセモノを二人を殺すしかない状態で果たしてヤマトのいう「つながり」とやらは保てるのかねえとニヤニヤしながら見守ってるわけです。エグいww

こういうののお約束解決法に「精神をゆさぶる」方法があります。
例えば「ボクとしたあの日の秘密のヤクソクを覚えてる?本物ならあの時のヤクソクは忘れないはず」とウソをふっかけ、反応を見るのです。
ニセモノは「知ってるはずだよね?」という信頼を裏切れないので、ためらうはず。
ホンモノは本当にしてないので「いつの話だよしてねーよボケあとキモい」と言ってしまうのです。

作中でもそれを「持ってきた映像を二度見しないと確認できない程細かい画像クイズ」を使って行い、みんなで見たアレも覚えてないのではこっちがホンモノだよな、と「ニセモノ」を看破し、僕は「クキキ、予想通り」とほくそ笑んだのですが…。

いよいよ始末するかとなった時に、ニセモノ認定された二人は逃亡、ホンモノ認定された二人は嬉々として彼らを追い詰めます。

しかし今回は「本人の記憶から作られた完コピ品」です。
ニセモノもホンモノも「いつの話だよ」という回答ができてしまう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/28 17:49
ヤマトたちは一度ホンモノ認定した方の記憶が「正しすぎる」と判断、泳がせて様子を見ていましたが、やはりホンモノ認定(仮)は「まるで写真でも見てきたかのように」完全に状況を言い表せるのです。

先ほど僕が述べた「お約束解決法」についても言及するヤマト。
記憶が完全で自信があるニセモノは「あの時のヤクソクなんてない」と断言。
一方ホンモノは「え…言われたっけ…ちょっと待って待って」とためらっていました。

僕が言っていたのは本物vsよそおった偽物の見つけ方であり、ヤマトたちの仕掛けたのは「本人の記憶から作られた完コピ品を暴く方法」なので、真逆なんですよね。
あいまいなウソに対して断言できるvsごめんえっと忘れてたかな…?と考え直してみるその様子もヤマトたちはしっかり観察していました。

その事実を突きつけられ、ひときわ頭のわるいイエロー(ライオン)に「俺だって詳しいことなんて覚えてねーよ、人間の記憶ってのはあいまいなもんだ」とダメ押しをされ(お前にはなんか言われたくないw)、観念してしまいます。
本当のホンモノを当てる為に一時的に追い込んでしまったことをブルーとグリーンに謝ったヤマトたちは、武器を取ってニセモノを始末…はせず、時間もないというのにどうすればいいのか考え始めるのです。
クイズを行ったのは「なんとかニセモノを手にかけずに事態を納める方法を考える時間を稼ぐ」為でしたが、結局いい方法は見つかりませんでした。
ホンモノを含めた5人は誰一人として「ニセモノを早く殺せ」とは言いださなかったのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/28 17:50
バンさん的にはここからが見物だぞ…バカどもがこのまま爆死か?wとニヤニヤしていましたが、ニセモノたちは二人で申し合わせ「あーあ、私が(僕が)ホンモノだったらよかったんだけど」と自ら消滅を選びました。

そうです、記憶どころか何もかもがコピーされているので、仲間が自分たちを決して見捨てないこともわかり、子供向け番組なので光になっていい感じに消えましたけど、実質自殺したも同然ですね。
仲間の為に命も省みずに必死に解決法を探してあがく様子を見て、ニセモノ自らも自分で始末をつけるという回答はバンさんの想定外なのでした。
彼は接触した人の記憶を見てしまう能力を今は悪用していますが、きっとたくさん傷ついて「ヒトは薄汚いもの」としか思えないのでしょう。
ヤマトは彼の与えるストレスにいつも彼の信じるまっすぐな道で解決してしまう為、きっと許せないんです。
綺麗すぎるから認められなくて心が汚れるようなことを仕掛けるのに、もっともっと綺麗に輝いて跳ねのけるのだから。

そんなバンさんですが、片方が消えれば爆弾のタイマーも止まる部分に関してはウソ偽りなく働いた為、ホンモノにつけられていた爆弾も消滅します。
自分で敷いたルールは守るのね。これでどっちがどうなっても爆発するんじゃ「面白くない」からでしょうけど。

バンさんは敵役ではありますが、厳密にはフリーの男。
このままヤマトの敵として卑劣な作戦を続けるか、ヤマトのまっすぐさを最後は認めるのか。
バカみたいな総集編かと思いきや、結構深い所を突いてきました。
ジュウオウジャーの話作ってる人のレベルの高さはなんなんだろう一体。例年の戦隊ヒーローものと比べても明らかに上回ってるよな…。

戦隊ヒーローものはね、やっぱり「正義を貫く男」を描くと燃える。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/28 17:50
ジュウオウジャーの主人公ヤマトは昨今流行り気味の「ヤレヤレローテンションハイスペック系」でもなく「イケイケハイテンションでなんでも解決」でシナリオが味方しなければ何もできない感じでもない「自分と仲間の能力を最大限生かして困難を切り抜ける苦労人型リーダー」なんですよね。
6人中4人くらいが手の付けられない個性派な為、仲を取り持つのはものすごく苦労してるんですが、それだけに仲間からの信頼の厚さは本物。おまけに今回見せたように知性も意外と高く、本質や現実が思うようにいかず汚いものでもそれから逃げずに自分の正しいと思ったことを貫く強さが描かれています(その精神の礎となった母を弄ばれた為、バンさん初登場回の怒りの反撃はすさまじいものがあった)。

戦闘部分とかはイマイチ面白くない(というか見るべきところもあまりないレベルで良くない)んですが、人間周りがものすごく魅力的なのよなージュウオウジャー。

ちなみに来週はここ数年で一番好きな「海賊戦隊ゴウカイジャー」の面々が本編のナゾをひっさげるキーマンとして戦隊ごと大登場!
僕ゴーカイレッド大好きなので今から楽しみです(シンケンジャーとかキョウリュウジャーもよかったけどね)。

ちなみにゴーカイレッドは「くぐりぬけた修羅場で得た胆力と、認めた仲間がいれば怖い者なんてねェ」と、最後は大銀河超宇宙帝国的なものの本拠地に突っ込んで話を終えた豪傑です(前向きな「俺たちの戦いは(これから銀河クラスなんで)これからだ!」エンド)。
■雑談■@kurotama
2016/08/28 17:51
■はわーアニメ消化せな…@雑談。
・あれだ、もうデュラララの転と結とかいいんじゃないかな…!
HDDでたくさん貯めておけるとはいえ60時間分(もっとある)とかあるともう手が付けられないよなーこれ。
オフゲを始めたのがヤバい(面白いけど)。
そしてとっておいてあるくらいの作品なので、きちんと見たいからながらで見れないのがキツいのよなあ。

【告知】ライドクエストツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/28(日)22:30頃から、ライドクエストをやろうと思いますー!
【パス】hino
【コメント】
はい、BGMが結構イカしてるラスベガスのTA的な存在、ライドクエストをやろうと思います。
クロトさんのオーダー分くらいはやってしまいたいですからね!

ライドクエストに興味あるけどまだやったことない方とか、野良怖いとかで行けてない方などもお気軽にどうぞ!
尚、人数の都合でハイスコア狙いが云々みたいなことはできませんので効率はあまり良くないと思いますー。

緊急には基本出ませんが、途中参加、途中抜けOKですのでそのあたりのあれこれはご自由にどうぞ!
こちらは一応0:00までやっている予定ですが、ログインしてなかったらお客様がいなかったから落ちたんだなwとお察しください(ノ∇`)

それではよろしくお願いしまーす。
■告知■@kurotama
2016/08/28 18:09
【終了】ライドクエストツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
はい、今日はクロルさん、Gorgorthさん、ハツネビーストさん来てくださって、ライドクエストをやってきました!
時間の都合で4人だった回はあまり多くなかったですが、それくらいいるとボスやなにかも出てくる感じになってスコアもあがりますねー。
おかげさまでスコアを60万ほど稼がせてもらい、クロトオーダーを終えることが出来ました!

ライドロイドもなんとか他の方に説明するくらいは乗りこなせるようになってきましたが、やはりこれ、移動にしか使わないんだったら東京のダッシュパネルと浮遊なんかにあるジャンプ台でよかったんじゃないかなって思っちゃいますねw

なんのゲームを参考にしたのかは知りませんが、そちらがそうだったとしても、やはり感覚的に、アナログキーで直感的に移動ができて、上下機動をボタンでやれればよかったんでは?と強く思います。
アナログキー+全方位へのブーストダッシュっていうのでなんかいかんかったの?
ついでにいうと乗らなくても背負って人間状態で空を飛んで空のエネミーと空中戦できればしんたいけんだったよね?(古い格闘ゲーム「サイキックフォース」みたいにね)

他の作品がどうだったかではなく、PSO2はプレイヤーキャラもAISも移動は基本アナログキーで行うものでしたから、それありきで考えるべきだった。
誰もがフライトシミュレーターの操作形態に慣れているわけではないし。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/29 04:13
PSO2がアクションロールプレイングを脱却して総合エンタメを目指しているというのなら「直感的でわかりやすく、10分後にはすいすい動かせるもの」を目指さないとあかんですよね。

そういう感じなので「ライドロイドめんどい、うざい、いらない」という非難を受けているのを方々で見ても、僕は「しょうがない」と思うのでした。
ただ、乗りこなせるとそこそこに楽しいです。
問題はそれが「現地に急行する足」でしかないこと(´・ω・`)

だったら敵が次々ベルトコンベアで流れる製品のように大量湧きしてくれた方が嬉しいんだが?というプレイヤーは少なくないと思います。
なんだろうなー、賢いけど人付き合いの苦手の人が考える「こうしたらよいと思う」…悪く言うとプレイする人の顔が見えてないものを作ってばかりですよね。

何のためにオフイベでプレイヤーと交流してんのよw そういう民草(←)の声を聴くためじゃあなかったのか?っていうね。

僕も次人間で日本に生まれ変われることがあったら絶対100%貴族…いや、公務員を目指すと心に決めているんですが、PSO2も生まれ変わることがあったら、基本無料なんていうヤクザなものから脱却して、月額管理費もらうかわりにきちんとユーザーを楽しませるもの作る感じになるといいですね。

でもライドクエストは実は嫌いじゃあないので、また開催したいと思います。
来てくださったみなさん、どうもありがとうございましたー!
■終了■@kurotama
2016/08/29 04:13
■何が起きているって言うんです?@バトガの話。
・日曜の朝に当たった「バースデイ花音ちゃん」。誕生日カードと言えば、戦力的には「あったらステキだね、ふふっ」ってくらいであり、あくまで押し先生が自己満足する為のアイテムという感じでした。
むみぃことミミことミシェルちゃんの誕生日カードは、落雷・散弾・嵐の全部が一度に付くというとんでもない効果でした。

今回の花音ちゃんは電撃wikiの情報によるとターゲットを中心に範囲小で6.2倍x10ヒットという性能です。
一発で倒せる敵は10対象に、1ダメージしか受け付けないメタル属性には10ダメージに、大型との1vs1では62倍ダメージ…。
僕の好きな「多段ヒット」タイプですね。ちなみにさらっと書いていますが62倍ダメージは頭がおかしなダメージで、これが通常のスキル発動には13コンボ必要な所、10コンボで使えます。
しかも最近はやりの「ターゲット中心」です。ロックしていれば相手が余程大きく素早く動かない限り必中に近い命中率です。
しかも武器種はツインバレット。
そして更に「苦手無視」の特性を持っています。
「苦手無視」は第二部になって星守が手に入れた新たな力です。

これまで強スキルの条件は「武器相性無視」でした。ハンマーであれば攻撃が効きにくいゴースト族にも100%のダメージを与えることが出来るんです。

しかし、ハンマーが特に効きやすいゴーレム族やオオカミ族には通常攻撃では200%のダメージが出るのに「武器相性無視」のスキルでは100%しか与えませんから、倍率によって通常攻撃よりは強いものの、ちょっと物足りないこともあって、武器相性を活かしたいならスキル発動をオフにして使うとかの工夫が必要でした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/29 04:14
「苦手無視」は第二部の新エネミー「人型イロウス」の持つ「全武器種に耐性」を突破する為の力で、先ほどの例でいうと、ハンマーで苦手なゴースト族には100%、効きやすいゴーレム・オオカミ族には200%の威力でスキルのダメージが出ます。

今回手に入れた花音ちゃんの持つ武器「ツインバレット」はあらゆる敵に対して距離でしか苦手・得意を判定しません。
つまり、立ち回りによって適正距離をキープできれば得意(200%)、接近されすぎたら苦手(25%)となってしまいます。
「苦手無視」の6.2倍x10ヒットはいかに遠くても接近戦の距離であっても苦手にならないため、必ず100%のスキルダメ−ジを与える上、適正な距離であれば、2倍…つまり12.4倍x10ヒットとなります。

え、ボス単体に打ち込めば124倍って事?
さらに「スキルバースト」というのがありまして、多くはスキルの威力を100%上昇させます(今回の温泉カードで初の150%アップカードがでましたが)。
つまりそれを仕込んでからなら、248倍?は?(しかも僕んちにはバトガ初のツインバレットカード、アイドル花音ちゃんのカードがきていて、そのスキルには補助効果として「使用後10秒間スキルバースト」がついているんですが…)

今まで強いとされてきたスキルは多くても45〜50倍(条件付き)でした。そこにスキルバーストが乗って100倍を超えることはまあ一応ありました。
それが248倍だと? こ、これはすごいカードを引いてしまったでぇ〜〜〜!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/29 04:14
更に、今一週間「第二部ストーリーガチャ」という、アタリが22枚もある地獄の常設ガチャが確定権を毎日2回!ってやってるのですが、うちはマイ嫁の遥香っちゃんの星衣フローラカードが来ていないまま、半数近くのカードをゲットしてしまいまして、この確定権は爆弾みたいなものなんです。
うかつに手を入れれば吹き飛びかねない代物…。

でも第二部7章実装記念で、毎日1枚ずつ武器ガチャチケットと第二部ストーリーガチャチケットが交互に配られてまして…。
そのガチャチケットを使って体操着(ハズレの★2カードのこと)を引いてはいはい体操着体操着ってなるところが…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qOHAyWDdUeFpHQm8
なにッ!? ガチャチケ単発で★4の星衣フローラが出ただと…!

しかも未所持の風紀委員ゆりちゃんのカードですよ。シースルーの胸元なのに谷間的なものが1_もないあたり、さすがです先パイ。いらっしゃいー!
このフローラゆりちゃんはカッコよくて結構好き(*'-')

このカードはソードタイプで、スキルはいわゆる「PSPo2iのオーバーエンド」です。
自分周囲は複数ヒット、射程無限の一直線のアタリ判定を持っている、かっちょいい技で、当然「苦手無視」です(ソードの得意な相手は植物系ただ一種ですが…)。

ワケわかんないwなんでこんなに幸運なの?
これは調子に乗って星衣フローラ遥香っちゃんカードでないかな…ってガチャさせようとしてるんでしょう!
コロプラくんにはもうダマされないんだから!

いやー、何が起きてるんでしょうね。
そしてまたフローラ遥香っちゃん率が下がったww
この第二部ストーリーガチャの爆弾度がどんどんヤバくなってるw
■雑談■@kurotama
2016/08/29 04:15
■レッドスプライト連載スタート!」@雑談。
・屋宜知宏(おぎ ともひろ)先生の新作「レッドスプライト」が始まりました!
読み切り版では旧日本陸軍風の自軍vsアメリカ帝国(帝国なんですよ)みたいなのとやりあうさ中の新兵器…、超人兵士を作ろうとしたけど、安定しないので人間爆弾として使ってたらそれに適応できた主人公たちが反乱、非情の将官を始末して(ストーリーはここまで)、彼らはその能力を命の限り燃やし尽くして戦争を終結に導いたらしいですというアレでした。

今回はそれの連載版なのですが、ヤバめだった旧日本軍vsアメリカの感じはやめまして、国の中で当たり前のように作られ消費されている「電池人間」を解放する革命団の旗頭として活躍する少年の物語になった感じです。

雷髄(らいずい)と呼ばれる旧世代の生物の化石から取れる骨の髄はガソリンなどの化石燃料よりはるかに素晴らしい効率を持ちまして、世界の様子をガラっと変えました。
雷髄燃料によって世界は発展し、中でも、ジェットにもプロペラにも依らない磁力の反発?で宙に浮かぶ「コイルエンジン」を搭載した巨大飛行船は雷髄文明の象徴だそうです。

主人公タツたち6名は孤児院で暮らしていましたが、最近引き取られてきた子は輪に入れず、顔に壮絶な傷痕のあるデュラン先生に心配されています。

タツはその少年?モノを多少強引に輪に入れ、みんなのリーダー格であることを示しますが、そんなわきあいあいとした風景はわずか10数ページで終了。

孤児院がたくさんの飛行艇からの榴弾によって爆破され、謎のオカマ言葉っぽい中佐が現れて、部下たちにモノを始めとした孤児たちをさらうよう指示。
立ち向かったデュラン先生は中佐の雷髄兵器によって心臓を握りつぶされて倒されます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/29 20:42
倒されたフリをしてスキをついたデュラン先生は背後から中佐に強烈な一撃をお見舞いし、タツだけを抱えて逃走。
電気の力で異常縮小されて潰された心臓を自身の電気で強引に動かし、タツだけでも逃がそうとしたのでした。

とりあえず今回の秋の新連載攻勢の中に孤児院が怪物の人間農場になっているネタがもう一つある…!
孤児院の印象が…w

逃げながらデュラン先生はタツに彼らの由来を話します。
雷髄エネルギーは石油などより遥かに高効率のエネルギーですが、なぜか人間に投与すれば数倍〜数千倍の効率を出せます。
その「電池人間」を活用して軍は兵器を動かしているのです。
そして孤児院の6人と新参のモノは幼少期より雷髄になじむように調整され続けた「高効率電池人間」。
自分もその実験台だったデュラン先生は中佐に反逆、子供たちをさらって逃亡し、辺境の孤児院で暮らさせていたのです。
しかしモノは凄まじい潜在能力を持っていたが為、電磁波をキャッチされて襲撃されたのが今回の事件だったのです。

デュラン先生は追手の機体を壊してタツにその真実を見せます。
そこには箱詰めの電池人間が管でつながれて意識のないまま横たわっており、タツに「地下に逃げれば電磁波も感知されないだろう。おまえだけでも自由に生きて欲しい」と告げますが、子供たちの大将だったタツは「あいつらもこうなるの?」と問い、「今すぐでなくてもそうなるかも」と聞かされると「みんなと一緒でないなら自由じゃない!必ず救い出してやる!」と反発。

デュラン先生はその気概に心打たれ、彼の潜在能力を少々荒療治だが…と引き出します。
それは自身の持つ雷髄エネルギーをタツに浴びせ、強引に目覚めさせることでした。

自身の心臓を無理やり動かしていた電気もなくなり、タツに後を託してこと切れるデュラン先生。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/29 20:43
6年後、デュラン先生の背後からの一撃でも致命傷となっていなかった中佐は、大戦の戦勝記念パレード用に巨大飛行船を動かす為、電池人間たちに限界を超えた出力を出すことを強制していました。

そこへ現れたのは6年経って立派な少年と成長したタツ。
彼はこの6年、力を蓄えながら機会を待っていたことを告げ、中佐に襲いかかります。
あの時逃した「高効率電池人間」が向こうからやってきてくれて狂喜する中佐ですが、タツは人間を超えた反応速度を用いてカタナ一本で兵士たちの銃撃を無効化、逆に全員斬り伏せた後に中佐の心臓を強烈な電気で縮小させ、デュラン先生の仇を取ります。

彼の能力は「体内に電気を流すことで得られる超速度」。
6年かけて体中に電気を巡らせる修行をした成果です。

勝負はつき、仲間の行方を問われた中佐は「タツが良い実験成果を見せてくれたご褒美」に知っていることを語ります。
戦勝パレードで披露される「巨大陸上戦艦」の動力としてモノが使われていること、他の子は取り上げられたので行方は知らないこと。

次の目的が定まった彼はこの飛行船を奪うことにし、電気人間たちに問います「どちらか選べ!」と。
このまま電力として消費されるだけなのか、自由を目指して旅をするか…。

賛同した電池人間たちを従え、タツの革命が今、始まる…!

という所で第一話は終了。


…ジャンプの悪いとこが出た感じですね(;´ρ`)ノ
これ4〜5話かけて孤児院での暮らしとか描いて襲撃までのタメを作らないと…。

だけどインパクト重視の週刊連載でそれをやっていたら、描きたいことも描けないまま話をたたむように言われて悔しい思いをすることになるでしょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/29 20:44
屋宜先生はたぶん、自分の評価を客観的に見れていると思うんです。この方の作風はジャンプにはあわない。
発想がエグいし、敵の思想も大体エグいし、読み切りからして

・ドイ○の東西闘争時代。少女士官を同盟国のニンジャボーイが救う話。
・先祖がえりした魔物が人間社会を壊滅させるが、人間の心を残した魔物が人間を守る為に反逆。
・日○vsアメリ○の第○時世界大戦が本土決戦になったら?状態のぶつかり合い。

など、好みがミリタリー世界情勢系なんですよ。

少年漫画の枠に収まっていたいから毎度少年主人公なので、おそらく青年向けのハードタッチではなく、少年が挑んで潜り抜けるものが描きたいからというのもわかります。

でも、銀魂のようにギャグとシリアスを織り交ぜることもないし、ブリーチのようにおしゃれなポエムと美しい画面構成でカッコよくシーンを演出することもなく、腐女子が喜びそうな美少年と美少年の妄想をする要素もないし、日常に潜む非日常をこっそりと狩ることもないし、女子絵には定評がある(ケモナー要素など「わかってる」ニッチな部分をジャンプでやる等)ものの、本人があまりこう女子萌えを押す人ではないし、おっ○いにもおしりにも拘りはない少女志向であり、わかりやすい萌○にもアッピルできない。

対象は「年少の男の子がおれもこんなカッケーやつになりたい!」となる、あくまで少年誌の少年向けなんですよねー…。

だから巻末にも「もう一度連載の機会を頂けた」「描きたいことを全力でやらかす覚悟」と、タツと同じく短期決戦の気概を感じられるコメントを残されています。
そもそも多分、これは一夜の話で終わりかねない。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/29 20:45
戦勝記念パレードの記念的勝利の象徴の巨大戦艦の中に人間を燃料した非道が隠されていることがマスコミを通じて世界に向けて報道され、タツは命を失ったが革命の火はともされたエンド。

もし続くようなら見開きカラーページに登場している「6年間実験を繰り返されて悲惨な姿になっている孤児院の仲間たち」と対面して説得したり殺しあったりする話も描けそうですが…、いいとこ二人めを倒したところで「時間切れ」になりそうです(⊃д⊂)

いいんですよ、屋宜先生ってこういう感じで。
僕の視点が薄汚れてるだけだろうと思うかもしれませんが、彼の作品を全部読んでるファンの僕が思ったのはこういう感じですw

孤児の中で最も潜在能力の高いモノくん(ちゃん?)を救出して解放と革命の旅を続けるなんてことにはならないよ。
だって軍がひた隠しにしてる電池人間を解放しようとするテロリストを生かす理由がないもの…。

しかも戦勝パレードってことは、まだ武装を解除しきってない現行兵器や部隊がまるまる使えるんですよ。
内乱鎮圧と聞けば喜んで戦いに臨む者も多そうです(戦勝国ってのは勝ち馬感で高揚してるものでしょうし)。

次々に襲いくる精鋭を仲間を失いながら血みどろになって退けるものの、そこにかつて共に育った仲間が「調整」されて敵として立ちはだかるとか、希望の全く見えない感がすげー楽しそうなんですけど…、狙いはわかるんですけど…!

アイアンナイトも作中の主人公と同様、先生も限られた時間内で描きたいものを描くためにあがく感じでしたからね。
僕はこの先生大好きなので、短い機会の間に漫画家魂を燃え上がらせて欲しい!
単行本は買うから…、好きなだけ戦ってください!
■雑談■@kurotama
2016/08/29 20:45
■どっちが好み?@雑談。
・デモンゲイズ、ひとまずクリアできました…。
終わってみれば40時間以上かかってましたね。500円で買ったしては遊べすぎですヽ(´ー`)ノ
ラスボス戦が2連戦なんですが、これまで倒したデモンを再生させてくるんですよ。
ありがちwと思うのは甘い(⊃д⊂)

このチームラゲーはですね、終盤のボス戦ともなると…

@後列攻撃を普通にかましてくるので特殊アイテム、もしくは特殊デモンの持つ「後列攻撃無効」を維持しなければならない。
A盾役でもまともにくらうと1ターンで消し飛ぶ可能性がある為、非ダメ半減の「ディバインアーマー」の呪文は必須。
B命中アップ・回避アップのバフ(プラスの補助効果)もないと連続16回攻撃とかで死ぬのである程度欲しい。
C魔法効果を打ち消す技を使ってくるのでそれを護る呪文を切らしたら総崩れになる。
D隊列変更の技によって前衛後衛を入れ替えられるので隊列破壊への対抗呪文を切らせるとヤバい。
E一定ターンごとにHP大幅回復をしてくるため、それを突破できなければ永遠に勝てない。

これらが重なってくるんですが、大体はCに気を付けていればある程度バフが揃ってくると後は作業と言っても過言でない感じになるのです。
と、思ってましたが…。

再生デモンがね、ランダム?なんですよ。その中に高慢ちきなクソエ□ビッチデモンのヴィーナスさんがいらっしゃって、運が悪いとダークヴィーナスx3+ラスボスとかになる。
で、こいつらが魔法効果除去を「ランダムで」行ってくるんですよ(⊃д⊂)
ラスボスさんは規則正しいタイミング…もしくは仮にきまぐれだったとしても1ターンに1回。
ルールを逸脱しない紳士なンです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/30 20:35
でも一応、呼び出すデモンの数には限界があるようですから、ひたすら凌いで凌いで機会を…待ってたら、コツがつかめたというか、手を抜けるポイントも見つかりまして、ずっと守勢に回ってバフを重ねていたウィザードのオミさんに攻撃に参加してもらいました。
必殺のINT55(装備込みのMAX値)クアッドボルト(4連射呪文)x2が魔法支援デモン「プルト」さんの魔法ダメージ45%アップの猛威で襲いかかり、こちらの射程距離無限アタッカーと協力してクソ(略)ナスさんを優先的に始末するようにしてみたところ、突破口が開けました。

ラスボスさんは抵抗できない「魔法威力半減」の呪文をかけて必死に抗いますが「2倍欲しいってことかッ!」と、もうお上品にバフ全掛けするまで攻撃しないんだ…とか言わず、多少被弾しながらも強引に攻めることで勝機を得て、見事に30分以上の長丁場を制しました。

まあトドメを刺したのはサムライのコハルちゃんでしたけど(ノ∇`)
オミさんのことだから、純アタッカーの彼女にトドメを譲ったに違いない。

2度敗北して、装備・スキルを整え直して、先ほど書いたように魔法効果除去を連続で使われて崩れかけたのを直し、守りを固めたがるアルトくんを叱咤して攻めに回らせたオミさんが呼んだ勝利と言えるでしょう(ということにしてください)。
やっぱりオミさんはハンパないわー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/30 20:36
さて、タイトルの話なんですが、先日クリアした「イース8」は大変良いお話で燃えました。
終わってみればデモンゲイズもその3分の2ほどかかってるわけですが、ダンジョンRPGなのでストーリーはかなり控えめです。
それでもデモゲはキャラを立てて人間関係やらドラマをだいぶ盛り込んでるわけですが、それでも控えめ。

どっちが面白かったかというと…どっちも面白かったですヽ(´ー`)ノ
キャラクターがしっかり立っていてみんな好きになり、壮大なストーリーを綺麗にまとめたイース8も面白かったですが、ラスボス戦やこれまでのダンジョンでの苦戦、お宝発見でひゃっはーこいつはすごい!となったり、ストーリーでヒロインといきなりデキちゃって「はわわ」ってなったりしたこのデモゲの冒険も面白かったです。

一応クリア後ダンジョンも度合いによるけどプレイしておこうとは思いますが、剣異のプレイ時間が減るのでそこそこで引き上げないとですね。レア掘りも含めていい感じでまとまっててよかった。
サムライがあまり強くなかったので、これならファイターにサムライのスキル乗せた方が強かったかもなあ。
後はウィザードが上でも語った通り、本気を出すとめちゃくちゃ強いのもよかった。
仕事をこなしながらMPという制限ありきとはいえ、色々管理しつつもやる気になったら状況を反転させるくらいの高火力を出せるっていうのはとってもいい。

ストーリーについても嫌いではないけど、なんだろう、メインイラストが本当にヘタクソすぎて大分損してると思う…。
イベント用一枚絵で別の方が描くと「おお、こっちならカワイイかも」となるキャラもいるから、何の力関係でこのヘタなほうがメイン張ってるんだろう…って本当になりました。
好みを超えてるんだよなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/08/30 20:36
■お月見と聞いてバニーガールを用意するキチガイ運営@バトガの話。
・8/31の15時より新イベント&ガチャ「月の兎はバニーな少女の夢を見る」が開催されます。

お月見イベント→うさぎが餅をついている→そうだ、バニーガールやろか(名案)

うん、この企画出した人はバカですね。コロプラはキチガイ。

…だけど、いいバカだ。
黒玉さんこういうの嫌いじゃないよ(*´Д`*)b

問題はセンバツされた子たちがみき・昴・望・くるみ・あんこ・ミシェル・心美・うららっていうね。
おい…、おいィ?
遥香っちゃんがおらへんYAROGAI!

うわああああ、こういう時にドスケベ両刀ビッチれんげ先パイとか、貧乏大家族詩穂さんとかの巨○勢を外し、清楚系にも最近()がつきはじめたおしり女王の遥香っちゃんがラインナップに入ってないとか、彼奴らの目はFUSHIANAじゃあないんですか。

冷静に考えてみるとセンバツされた子たちって確かにバニーが似合いそうではあります(特にみき・望・ミシェル・うらら)。
いわゆる「陽」側の子たちが健康的なお色気で攻めるタイプですね。
くるみ・あんこ・心美はまあ言うまでもなく、巨○勢だからでしょう。
心美ちゃんに関してはまた恥ずかしそうにしてそうだし(まだイラスト知らないんです)。

つづくー
■告知■@kurotama
2016/08/30 20:40
しかしアレだ…、昴ちゃんはそれなんなの?
僕はかなり昴ちゃん好きなほうですが、それでも彼女にバニーガール姿というのは、ちょっともう逆に嫌がらせなのではないか(言い過ぎ)。
カワイイ恰好に憧れている昴ちゃんには悪いけど、ボーイで男装してくれたほうが似合いそうです。

健康的な中にも見る人の視点・視線によっては絶妙な淫靡さをかもしだすのがバニーの魅力…、そういうステージを得意とする遥香っちゃんがいないのはおかしいでしょう?(僕は本当に遥香っちゃん押しなのだろうか。最近評価がひどい気がするw)
コロプラには軽く失望した!

【告知】ジョジョ第4部第22話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】8/30(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/08/30 20:41
【終了】ジョジョ第4部第22話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はGorgorothさん、ハツネビーストさん、ストロボヤンマさんが来てくださって、皆さんでJOJOを鑑賞しました。

前回の最後でこの第4部のラスボスである吉良さんと、重ちーが対峙。
彼のヒミツである「手首彼女を持ち歩いている」を重ちーは見てしまったんです。

ハーヴェストを出して威嚇する重ちーですが、吉良さんも自らのスタンド「キラークイーン」を出し、この少年から色々聞き出そうとします。
取りつかれて首に穴をあけられても動じないその理由は「すでに勝利しているから」。
何かあると見せかけてハーヴェストに奪わせた100円玉は爆弾と化して重ちーの顔を爆破します。
「キラークイーン」の能力は「触れたモノをなんでも爆弾に変え、好きなタイミングで爆破できる」という凶悪なものでした。

かろうじて死亡はしなかった重ちーは、吉良さんがいうに「脳の約3分の1が顔の中身とミックスされている」そうで、「知っているスタンド使いの情報を教えてくれなければキミの両親も殺す」と脅します。

両親を護ろうとした重ちーはハーヴェストを使って植木に擬態し、吉良さんの目をごまかしてやりすごすと、仗助くんのクレイジーダイヤモンドに傷を治してもらおうと高等部のほうに行きます。

血まみれで歩く奇妙な少年を助ける者はなく(ひどい)、クラスで億泰くんと話している仗助くんの姿を発見、ドアノブに手をかけます。
しかし、鏡に映る吉良さんに気づいてしまうのです…。
視聴者は「そのドアノブに触ったらダメーーー」となるのですが、哀れ、重ちーはドアノブから爆風をもらい、廊下で焼失してしまいます。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/31 02:18
最初に爆弾を使った時も校舎の目の前だったことから、この爆発は「スタンド爆発」とでもいうようなものなのか、音も出さなければ燃焼の煙も出さない模様(人が燃えたら臭いですぐにわかる)。

扉の外で重ちーがそんなことになっていると思いもしなかった仗助くんですが、重ちーの最後のハーヴェストがボタンを届けに来て血まみれになって消えてしまったことから「何かあったんじゃねーのか」と、彼を探そうとしますが…、クラスにも帰っておらず、両親は警察に捜索願いを出しました。

昔、連続殺人鬼に殺されてしまい、その存在を誰かに伝えたいと地縛霊になっているレイミちゃんは、グズグズに焼け落ちながら天に消えていく重ちーの姿を見て「またヤツに人が殺された…」と涙を流すのでした。

仗助くんは杜王町で顔見知りのスタンド使いをレイミちゃんの元に集め、彼女から重ちーの霊が天に昇って行ったのを見たことを聞いて、彼の死を確信します。
そして集まった皆に今回の事件の脅威と15年も前からこの街には連続殺人鬼が潜んでいることを告げます。

一度ハーヴェストに敗北しそうになった彼は、ハーヴェストは慎重に使えばまず負けることなどない凶悪極まりないスタンドであり、重ちーの一見おつむが弱そうに見えて戦況分析が得意で状況を自分に有利に運ぶ部分も含めて高く評価しています。
その彼が殺されたのです。

相手はただものじゃあないと改めてその脅威を皆さんに伝え、警戒と協力をお願いする仗助君。
思い思いに分かれていく皆さんでしたが、その現場に吉良さんはおり、仗助くんと億泰くんに関しては重ちーと一緒に居たのを見ていますから、もしかしたら集まった皆さんも顔を見られて各個撃破されてしまうかもしれない…。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/31 02:26
しばらく経ち、不安を抱えながら過ごす康一くんは、承太郎さんを見かけます。
無口な彼を内心ちょっと苦手に思っている康一くんですが、彼は新たなスタンド使いの存在に神経をピリピリさせていたのかもしれません。
彼は重ちーが奪ってきたボタンから、そのボタンが犯人の手掛かりにならないかと考えて杜王町内の手直し専門店をあたっていたのですが、靴屋なのに「服のお直し承ります」の張り紙を見てそこも当たってみることに。

狙いは当たり、重ちーがちぎってきたボタンと同じものを縫い付けた背広の上着がかかってるじゃあないですか。
店主に依頼者名を聞く二人。この時代はまだ顧客名簿の情報に対しての守秘義務的な考えはなかったんでしょうかね、店主は何気なく背広の中の管理札を手に取るのですが…、その札は爆弾となっており、手がはじけ飛んでしまいます。

唐突の理解不能のできごとに慌てる店主ですが、開いた扉の奥から何者かが背広を回収しようとしています。
そしてそのスキ間からドクロのついた小さな戦車のようなものが店主の方に取りつき「オレヲミロ!」と呼びかけます。
スタンドが見えないまでも重さは感じるのか、店主がそちらを見ると…、その戦車は店主の口にガボォンと入ります。

あまりの出来事にあっけにとられる康一くんと承太郎さんですが、背広を回収しようとする手を追おうとする康一くんを承太郎さんが止めます。
スタンド戦でむやみに突っ込むのは危険なことを彼は経験から知っているからです。
それに背広を回収しようとあせって手を動かしているように見えますが、それも「誘い」だと見ぬきました。

店主の口に入ったドクロ戦車は承太郎さんの警戒通り爆発してしまうのです…。

という所で今回は終わりでした。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/08/31 02:26
こえええええええ。

重ちーはドアノブを握って殺される寸前にハーヴェストに彼の存在を知らせるものを奪ってこさせてたんですね。
両親の安全の為に、仗助くんに治してもらえるかもという期待の為に、色々考えた中でおそらく取れる行動は多くなく、反撃も勝利も期待できない彼が選んだのは「敵の正体につながるものを伝える」でした。
ちょっと欲深い所はあったけど親や友達を大切にする少年の最後としてはあまりにも厳しく、そして勇気にあふれている。

そして同時に、子供であろうと自分の平穏な犯罪者ライフの為なら平気で女性も子供も殺害する吉良さんの異常性が垣間見えるストーリーでした。

触ったものが何でも爆弾になる上、謎の戦車?による自律稼働型の爆弾まで併せ持ってるんですか…。
しかも、爆発だけに限らず、腐って臭いの出かかっている手首だけの彼女をカバンの中で跡形も残らず焼失させましたし、重ちーも人がいる老化で一瞬で燃やし尽くしました。

好きなように燃やしてしまえるし爆発もさせられるんでしょうかね…。
女性も、彼の好きな手首から下を奪った後はおそらく不要部分を消しているんでしょう…。
犯罪者にとって最も厄介な「証拠隠滅」を容易にする上、何が爆弾なのかわからないように自在にワナまで仕掛けられるこのスタンド。

恐ろしい相手が出て来てしまいましたね…。
個人的には1〜3部のラスボスに格と異常さで少しもひけをとってないように見えますw

話も息をのむ迫力で雑談してる余裕があまりないくらい、今回は緊迫しました。
いやー、JOJO第四部、面白いわー…。

一緒に見てくださった皆さん、ありがとうございました!
またご一緒しましょうー!
■終了■@kurotama
2016/08/31 02:27
■すべりこみセーフな先生は女難の相@バトガの話。
・時間切れにならないうちに温泉イベント後編のストーリーをざっくり紹介します!

一般生徒と違ってお盆あたりにしか夏休みをもらえない星守クラスの面々ですが、日数が短いせいかいつものように同学年の親友同士で思うように集まれずに用事も特になく取り残されてしまっていたかわいそう側の生徒たち。

でしたら…、と、お嬢様の楓ちゃんが持つ海外の温泉宿に招待された昴・望・くるみ・ミシェル・うららの5名+先生は、その地に伝わるじゃあくな女神の伝説に巻き込まれてしまいます。

で、女神の呪いによってお湯にされてしまった先生を救うために地下深くの女神の封印の地にバスタオル1丁で向かう星守たち。
ダンジョン踏破でもするのかと思ったら、ウォータースライダーばりに先生を入れたバスタブに全員入って滑り落ちるという乱暴な手段で地底に向かいます。

騒動のさなか、じょじょに零れ落ちて目減りしていく先生(お湯)。
しかしのんびり移動して乾燥しても消えてしまいますから、多少減るのもやむなしということで進みます。

数十キロ近く下って地下にたどり着くとそこには広大な空間がありますが、女神の神殿とやらは遥か遠くにポツんとあるのみ。
えーあそこまでバスタブ押していくの?と急にテンションが下がり始めるイマドキ女子のみなさんに、先生は申し訳なさそうに黙るのでした(お湯だけど)。

その上、お湯となった先生を奪って復活しようとする女神が、イロウスを召喚して次々に襲いかからせるので、星守たちは徐々に追い詰められていきます。

ついに負傷者が出るか?となったその時、助けに来てくれたのは前編で登場した勇者像。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/31 03:12
昔女神が暴れた時に女神を封印した勇者をかたどった石像が動きだし、救出に来てくれたのです(数十キロどうやって降りてきたんだ…。同じように滑り落ちてきたのかねえ)。

言葉はしゃべれずとも頼りになる獅子面の石像さんの力強さに、むみぃことミミことミシェルちゃんがまず懐き、うららちゃんが「なかなかカッコいいじゃない」と先生から鞍替え、先生は「どうせ僕なんかチャプチャプいうだけだもんな、はは…」と自信を無くしてしまいます。

慰めようとする昴ちゃんと望ちゃんですが、先生に気を取られて襲撃されそうになった所をすかさずフォローに入るイケメンの石像さんの活躍に望ちゃんまで「カッコいいよね」とほだされます。

ショックを受けた先生は本格的に意気消沈しますが、あわてて「いつも相談に乗ってくれるし」「先生は役立たずなんかじゃないよ」とフォローを入れる昴・望・くるみの説得と、物言わぬ石像さんが「ぽん」とバスタブに手をかけ「わかるぜ」と親指をグッと立てて先生を応援することで、先生までもが「石像さん…」と石像派になりコンプレックスは解消されたのでした。

先生…女々しすぎるw

おそらく石像さんがバスタブを運搬することで長い道のりも乗り越えて女神の神殿にたどりついたバスタオル1丁の星守たち6名ですが、女神の本体は温泉からわきでる湯気のようなものであり、力の源である温泉からイロウスをどんどこ休みなく生み続ける為、熱気があるのに水分も取れないまま(先生を飲むわけにもいかないからね)戦ったことで、1人、また1人と脱水症状を起こしかけて戦線離脱していくのです。

一方、皆の盾役として前線にいつづけた石像さんのボディにも限界が来はじめていました。
部分部分にヒビが入っているのです。
石像さんは状況を好転させる為、温泉の中に進み、栓を抜こうとします。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/31 03:13
このじゃあくな女神の力の源というか本体は温泉。
栓を抜いて地の底に再度押し込めてしまおうということなんですね。

石像さんの自己犠牲精神により、栓は抜かれ、女神は恨みの言葉を残しながらもれなく奈落の底へ流され、再び栓をされると先生の呪いも消え去るのですが、元から入浴中だった先生、生徒たちの前に裸で現れることになって彼女たちにギャーーーーっと言われることになります。

ドタバタの横では、石像さんにひときわ思い入れのあったミミちゃんが悲しんでいました。
広義では石像もぬいぐるみ…偶像の一種だからね…。うごくぬいぐるみ?が消えてショックなんでしょう。

数十キロをどうやって登ったのか一切描かれませんでしたが、無事に地上に戻れた6名+先生。
じゃあくな女神も封印でき、だいぶ目減りしてたはずの先生も五体満足に帰還できましたし、ひとあんしんだね!とはなっていたんですが…。

ミミちゃんは石像さんを失ったショックから元気がないままなのでした。
今回のメンバー中、最もお姉さんな望ちゃんや、同期の楓ちゃんとかがミミちゃんの機嫌を取ろうと色々申し出てくれますが、彼女の気分は晴れないままで、素直に喜べないのでした。

しかし、そこへ荷物の搬入が来ます。
楓ちゃん付きの老執事さんに事情を聞いてみると、先日無くなった石像を地元の呪い師に再発注しようとしたのですが、呪い師さんは昨晩夢でインスピレーションを受けて徹夜で石像を作ってしまったので納めてくれと申し出られたそうで、老執事側としては手間が省けてよかったけど、なんで???となってた模様。

勇者の石像は封印の役目を果たす為、呪い師の夢に出現し、またここに舞い戻ってきたというわけだったのです。
石像さんが無事に帰還して喜ぶ一同。
ミミちゃんも元気を取り戻してめでたしめでたしという感じでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/31 03:14
うん、石像さんパない。

今回の見どころは「やだ、アタシたちバスタオルしか身に着けてない!」と先生を前にギャーーーーっとなった前半のシーン。
これまでの12名って、混浴風呂で上半身裸の先生とばったり出会っても特に恥ずかしがらなかったのが違和感あったのよね…。
女子はやはり男性の裸を見るのは恥ずかしかったり興奮したりするそうなので、親しいし、水泳の授業では見てるとはいっても先生とばったり出会ったら恥ずかしがるのが普通だと思うのですが、ここにきてようやく「恥じらい」が描かれました。よかった!

あとは、お湯になって生徒たちを入れた先生(意味が分からないがそうとしか言いようが…)はある意味常人が体験できないToLoveる状態で生徒たちにまとわりついていたと思われること。
まあ、自分が女神に吸われて消えるか、乾燥して蒸発するか、ガサツな星守たちにまきちらされてなくなるかという状態だから、気が気じゃなかったとは思いますが。
イロウスの攻撃がバスタブにでもヒットしたら、せんせいのいのちがこぼれてなくなっちゃう!

つぎはまあ、石像さんは石になっても勇者だったってことでしょうか。
星守はなんか居ても居なくても良かった気もしないでもないですが、石像さんのHPを女神の温泉まで保たせる役目を果たしてたということでひとつ。

最後は、ミミちゃんは石像=硬いぬいぐるみということで懐いてたのはわかりますが、あっさり「頼りになるぅー」とコビを売り始めたうららちゃんが株を下げたってとこでしょうか(ノ∇`)
望ちゃんはただ「かっこいいよね」くらいだったので、先生が「望も石像派か…!」と神経質すぎただけですけど、昴ちゃんとくるみちゃんと楓ちゃんはブレませんでしたから、結局うららちゃんが一番尻軽ということが露呈しました。

まあ、見たまんまだけどねw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/31 03:14
でも同時に、先生が星守のみんなからの信頼に対して執着心を持ってることも垣間見えました。
この人もあれだ、まだ若いだろうに美少女揃いのみんなから大抵好意的に接してもらえてるから、カンチガイし始めてるんだろうな…!
あんこちゃん曰く「今の先生ってさ、ギャルゲーの主人公みたいだよね」ですから、しょうがないw

まあ…、蒸発して消えかけてて心が不安定になってたということにしておいてあげましょう。
先生今回、一から十まで被害者でしかなかったからね。

まとめると…、どうせ予定なんかないでしょ?と言い当てられて、温泉宿にきて1人バルコニー風呂を強いられたと思ったら女神に引き寄せられてお湯になり、生徒たちから覗きとカンチガイされた上に、女神に吸われて死ぬか、乾燥して死ぬか、まき散らからされて目減りして死ぬかのいやな3択状態になった上、イロウスと戦闘できる頼れる石像さんごときに信頼を奪われ、最後は生徒たちに裸を見られたのになぜか叱られるっていうね。

この先生はイベントの度に毎度毎度トラブルに会わされすぎてて、全然羨ましくないなw
でもまあ、ぶっとんでて面白かったです。

細かなツッコミ所はありますが、キャラを活かしてお気楽なストーリーを作るという面ではぜんぜん及第点だと思います(上から目線)。

さー、明日はバニー祭りだぞう(*´Д`*)=3
■雑談■@kurotama
2016/08/31 03:15
■やばいクリア後が楽しい@デモゲの話。
・はい、クリア後ダンジョンその1はね、あっさりクリアだったんですよ。
やっぱりストーリーボスの「運が悪いと魔法効果除去が1ターンに何度も飛んでくる」はとんだ鬼畜仕様だったと言わざるを得ないね…。
そして物語は真の最終章、クリア後ボスが語る「宇宙の彼方から来る真の敵」を撃破しに天界へと攻め込みます。

実はこのボス「剣の街の異邦人」の裏ボスというか黒幕であり、剣異の時代に主人公に魂の半分を分け与えて光・中立・闇の勢力をひっかきまわさせ、役目も済んだからおいしく回収しようとルートによっては直接対決し、そうでなくてもクリア後ダンジョンで対立するも、想像以上に強くなっていた彼とその仲間にぶっ飛ばされるという喜劇…いや悲劇の黒幕さンでして…、数百年後のデモンゲイズの時代に「宇宙パワーをひっさげて華麗にご帰還」すると同時にデモゲの主人公(うちの設定では魂の同一人物)にまた返り討ちにされるという…。
なんだかちょっとかわいそうな子なんです。

しかし、そのボスにたどり着くまでの間に、再生デモン2人組を6回くらい倒さなければいけないんですが、そこからは最高級のドロップアイテムがボロッボロ落ちます。

ゲーム1周につき1つしかゲットできない「ユニークアイテム」はリストから除外されていくので、いずれは「チッまたはずれかよ」となりまくるのですが…、このゲーム、ドロップアイテムを自力では+10まで、ユニークアイテムは+30まで強化できるのですが、ドロップ品に関してはプラスの数値は「最大でプレイヤーのレベル」となります。

レベル99なら+99が落ちる可能性があるんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/08/31 23:44
なので、中盤でお世話になったアノ武器や防具が+39とかついてドロップすれば、モノによってはAランクレアの+10とかを超える可能性もあるのです。
つきつめると「1周1つしか取れない神アイテムをレベル99で狙い、+99がつくのを待つ」形が最も強力なアイテムを入手するアレになりますが…、まあオフゲなんで自分が満足するまでやればいいと思います(ノ∇`)

でもこのね「ラスボス戦はある意味おまけで、その最後の道すがらのドロップアイテム掘りがエンドコンテンツになっている」というのは、初代ウィザードリィの地下10Fの様子そのものなんですよねー。
さすが自らの制作チームに「チームムラマサ」とつけるチームラの作品。
初代へのリスペクトとオマージュを感じることが出来ますね!

ちなみに2〜3周すると「ゲームに一本しかないサイキョー両手用武器を片手に一本ずつ持って、2ターンめ以降は攻撃を受けるまでずっと7回ヒット」とかできるようになるそうです。
まあ…その前に最後のボス倒さなな…(今真ラスボス一歩手前で負けそうになって逃げかえってきました(ノ∇`))
■雑談■@kurotama
2016/08/31 23:44
■ダガセラは楽に集められますぞ@PSO2の話。
・来ましたねグラール祭り。
僕は結局、双子さんから「ダガーオブセラフィ」が一本もドロップしませんでしたから、今回のカレンさんからのダガセラNTは期待してました!
イーサンとカレン関係のオーダーをささっとこなすと武器もらいクエが出てきまして、またキッドさんとシルバさんのオーダーみたいに300体倒して来ればもらえるんでしょう?
とか思ってたんですが…、なんかアヌシザグリ15体とかガウ・オガキバル5体とかとダーカー200体とかすっげえうざい(´・ω・`)

でもこの編成を見てピーンと来ました。これTAハルコタンSHで全部こなせね? と。

で、TAハルコタンSHを3周して終了させましたヽ(´ー`)ノラクショー

欲しい方は参考にしてくださいね。

ちなみにキッドさんのゴッドハンドNTはTAナベSH殲滅を2周、シルバさんのアストラルライザーNTはアークスクエのヴァーダー討伐のやつのエリア2に機甲種しか出ませんのでそれのSHをプレイすればOK。

ヒュージカッターとクレアダブルスについては各自調べて頂ければ(ノ∇`)
★13はこれくらいの難易度でいいんだよなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/08/31 23:53
■バニーは後ろがいいんですか?@バトガの話。
・はい、来ましたねバニー祭り(このコメントは8/31に書かれたものです)
若者は水着でキャッキャしていろッ!オトナはバニーになんかアレだ…色々なナニをこめて心穏やかに拝見するんだよ…(ダメなオトナ)。
ということで、どのイラストも構図に凝った為に、夏にあった「健康的なお色気 全・開ッ!」なノリとは違ってマニアックなアレとなっています。
とりあえず、胸の立派な子がカジノのボード上に身を乗り出すシーンを選択した絵描きさんはいいHENTAIだと思う。
大変よし。

そして今回注目のカードは…。

@みきちゃん
ドヤ顔で剣を持って、均整のとれた素晴らしいスタイルを見せつけていますが、剣刺しマジックの箱の中には「だ、大丈夫だよねコレ?」と青ざめた顔の昴ちゃんが…。
みきちゃん、みんなの笑顔のために頑張ることを重視するあまり、親友の表情から何も察しないタイプだからな…(軽くサイコパスだと思う)。
古い親友の遥香っちゃんがみきちゃんの独自のレシピによる紫毒ケーキを「おいしいわよ」と食べてるせいで、新しい親友の昴ちゃんは「これ…食べても死なないよね」となることなど日常茶飯事。
そんな彼女が剣刺しマジックですよ。
昴ちゃんの命は風前のともしびですね…、ストーリーが超見たいですw

Aあんこちゃん
とんでもないおしり絵になってました。なんでこの子ひきこもり不健康女子なのにこんなスタイルいいの!おかしいでしょう!ください!

まだ情報が出そろっていないものの、ロッドでかつ攻撃補助フィールド設置+仲間全員にスキルバースト(一定時間、スキルのダメージが2倍になる)付与ですから、性能的には素晴らしいものがあるかと。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/01 19:49
うちには同様能力の「フローラれんげ」カードがあるので、必ずしもないとダメな感じではないけど…?

今回はあくまで「バニーコス」がウリのようで、性能的に「ふぎゃああああ」というのはない模様ではありますね。
9/23の遥香っちゃん生誕祭には、星のかけらを250個用意して、祈りながらみじめに単発10回をやろうと思ってますので、バニーにあまり持っていかれるわけにも…。

というわけで、今回も「2枚新規カードが来たら撤退、押しのくるみ・心美・みきが来たらハッピー」

という感じでやってみましょうか。1日2回確定なので一気に2回!
最初の1回は何も悩む事のない心安らぐガチャやからな。

(ここまで引く前に書きました)





画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qckxrajBDenN5dnM
うららちゃんでしたー。カード絵は背中をぱっくりひらいた感じで振り向き美少女感を出してますね!
トレードマークのツインテールを片側にまとめたサイドテールにしてることでグッと年上感が出ました(オトナとは言わない)。
今回は珍しくLive2D版ももかわいい。
言い方が悪いけどうららちゃんのかわいさは、太陽の下で輝くアイドルより、夜っぽい世界を眺められる位置の明るい部分で踏みとどまってるくらいのほうで活きると思う。
いや、偏見ですけど!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/01 19:50
2回めは…

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qc09famJmOWp2Q0U
はい、みきちゃんが来てくれました!おおー!狙い通りに来てくれると嬉しいですねー。
なにげに髪にちょっとだけウェーブがかかっていて、ほんの少しだけちょっぴりほのかにオトナっぽいですね。
カード性能的にはまあちょっと微妙なアレっぽいのですが…、ソード界はそれを活かすパーティを組めさえすればそれ一つで一つのイベントを完封できる、戦術級のスキルがすでにいくつもうちに来ており、コマが揃いすぎている為、ちょっと使えるね^^程度ではもう喜ぶ感じではないよなぁ。
あくまで、意外といいスタイルをしているみきちゃんを愛でる為の衣装という感じでしょうか。
ちち袋の線がLive2Dで実線になってるのはポイントマイナスかなぁ。色の線か塗り分けにして欲しかった。

そういえばCMでエヴァコラボをやってるやつでLive2Dモノがあって、おおっと思ってみてたんですが、Live2Dって万能ではないんですよね。
アングルが激しく固定されるから、イラストに角度をつけると急にしょぼくなる。
親バカ的に擁護するわけじゃあないけど、バトガみたいに正面固定ってわりきったほうが綺麗に収まるよなって思いました。
かといって完全3Dになった代わりにゲーム中ほぼデフォルメ3頭身しかいじれないゲームではデザインがもったいない(し、作る側も大変そう)。
使い方難しいんだよなぁー。
■雑談■@kurotama
2016/09/01 19:51
■ここまで突き抜けるとすごいなって思いました@雑談。
・ジャンプ+読者の僕は時々ここでオススメ漫画を紹介してますが、今回のは「はいはいヘタウマ系ね、はっ(鼻で笑う描写)」となっていた「群馬アイドル神話 馬セブン」でした。
埼玉ディス漫画「翔んで埼玉」がウケたのを見て二番煎じとして「群馬がいかに魔境か」というネタで突っ走るしょうもない漫画なんですが…。
なんだろう、きっちりしたギャグ漫画を読んでる時より「吹いたw」というシーンが多い。

やだ…これってもしかして…ううん、まだアンタのことなんか…認めないんだからね!

みたいなアレでしょうか。
分かる、今ならツンデレの気持ちが分かりますよ。バトガ第二部最終章一歩手前でツンデレ女王の花音ちゃんがついに先生のことを「アンタ」「変態」「□リコン」ではなく「先生!」と呼んだ時みたいな。

まあオススメはしないんですけど、どこまで行くのか見守りたいと思います。
しかし「あまり面白くないハンターハンターだなぁ」と失礼な感想を抱きながらも見ていた「群青のマグメル」が音信不通になってから3ヶ月めに突入した感じです。そんなとこリスペらなくていいんやで?(;´ρ`)ノ
海外の作家さんをそうだからというだけでディスるのは嫌いですが、契約や失踪されると手の打ちようがないという弱点はデカいよなー(中国のわりと人気?作家さんなのです)。

■サンデーの新たなお楽しみ@雑談。
・サンデーと言えば、僕は「天野めぐみはスキだらけっ」と「絶対可憐チルドレン」と「双亡亭壊すべし」しか読んでないのですが(だがしかしは単行本読みしようと思っています)、webサンデーで試し読みしてから「魔王城でおやすみ」のトリコとなっています(ノ∇`)
今週はハーピー娘が姫の魔の手にかかって泣くお話。姫って本当にひどい子だよ!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/01 20:43
でも姫は傍若無人だけど、よく死んでるのがいいですよね(一応生きてないと困る人質なので、あくましんかんがその度に蘇生させています)。
しかし…「絶対可憐チルドレン」はほんと「これぞサンデー」っていう漫画だよな…。

サンデーファンには申し訳ないけど、サンデーは「淡々と物語を進める為、一見さんには大抵面白くないことが多い」印象で、単行本で繋げて読むときちんといいんだけど、2週くらい抜かすともうわかんなくなる感じがすごくしています。
「一週ごとのヒキとタメ」に特化したジャンプっ子にはこれがキツい。

「絶対可憐チルドレン」は作者さんの描きたいことを十年以上かけてずっと積み上げてきてるから、内容も深いしキャラも日々変わりながらもブレないんですよね。
それだけに最近の「精神をのっとって知らないうちに敵の手下に」という敵のやり口がえげつないわけで。
だけど週単位で見ると、ファンだけどいいます「つまんない」ですw
きちんと一つ一つドラマを重ねて行ってはいるんだけどねー…。だから必ず結末はきちんと読んで見届けたいとは思っていますが…。
わくわくしたことはなんか一回もないなw

最近、チルドレンたちが「ひとりの女性」としてきちんと自立してきていて、はっきりいって指導者なんかいらなくなっちゃったからね。
だから彼女たちを指揮する同年代の少年が新指揮官になっちゃったし。

でもそれこそが作者さんの狙いなんですよね。しっかり大人になった全世界のエスパーのトップ3と、彼女たちを幼少(10歳)時からずっと導き続けていた男が、予言の言うとおり悲劇的な決別を迎えるのか、予言回避のために組織を上げて努力した成果が出て違う未来を選べるのか。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/01 20:43
現状、中学生編の間ずっと敵だった子が支配を逃れて「4人め」として仲間になって、未来はまず一段変わったんですよ。
だけどそのせいで、敵も変わってしまった。
つまりもう、予言の回避はできたけど、その予言をしてくれた存在はこの世に居ない為、ぶっつけ本番でやるしかないのです。
だけど「その予言」は、以前はオトナだけが知っていたのですが、先日彼女たち、チルドレンたちにも知らされました。

最悪の未来だけは回避したいという思いが共通項としてできた今、彼らの愛と信頼が未来を救うと信じるしかない…。

きちんと読むと、このように大変興味深い「人間とミュータントは果たして敵対するのか和解するのか」というテーマを描いてるんですよ。
全て読んでいるわけでもないですが、海外の「X−MEN」とかと同じレベルの話でかつ、ファンタジーに逃げない分、日本人びいきが入ってるかもしれませんが「絶チル」のほうが難しいことを「作家1人で」「週刊連載で」挑んでいるのが素晴らしい。

じゃあジャンプは最高で面白いのかというと、逆に「一週ごとのヒキとタメ」を強いられるが故に存在できないタイプのマンガジャンルが多くあるとこが弱点。
起承転結でいう「承」を描いてもいいのは2年以上続いたような作品だけなので、とにかく生き急いでしまってる感じ。
最近は1〜2話で「起転結」まで描いて、人気が出そうなら「承」パートに入れる、または新章に進んで改めて「起」から描ける感じかなー。

だから10年近く連載してたのに作中時間が3か月とか1年のことでしたとか普通にあります。
とにかく物語を展開させな!と追い立てられているからです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/01 20:43
「ダイの大冒険」なんか半年以内くらいみたいで、最終盤に大復活したアバン先生が死んだと思われてから再登場まで3か月不思議なダンジョンに籠って最下層まで行ったと明言されてしまったので、不思議のダンジョンをに挑む準備期間を入れても物語開始から最後まで、大して時間はたってないことになるし、聖闘士星矢なんか物語開始から十二宮編終了までマジで3週間くらいじゃなかったかな…。少なくとも半年も経ってないうちに青銅聖闘士デビューから黄金聖闘士とやり合うまでになってたわけで、これまでの格付けはなんだったのかという感じにw

雑誌のカラーということで別にかまわないと思うんですけど、タイトルを絡めていうなら「サンデーはお気に入りの一話完結モノが見つかるとしばらくハッピーになれる」ということで。

そういえば「双亡亭壊すべし」は、なんとなく微妙な空気で迎えられたまま評価が変わってないような気がするのですが、きっと気のせいですね。
「うしおととら」に出てきた国家機関らしきものとか、うさんくさい山師どもがどこからかわいてきてゲタゲタと陽気に怪異に挑んだと思ったら2週でほぼ全滅したところは面白かったです。
一本調子と言われない為かもだけど、藤田先生は一度原点に立ち戻って「少年が一本気で物事に立ち向かう」ものを描いた方がいいんじゃないかなーとか思いますねえ。

うおー熱いぜ泣けてくるぜー!いっけー!ってなる漫画が描ける人はそうはいないぜー!(←ジャンプ放送局のさくまあきら風)
■雑談■@kurotama
2016/09/01 20:45
■最後のミッションは衣装探し(⊃д⊂)@デモゲの話。
・隠しダンジョンのラスボスを撃破したら「更なる脅威」の話をされまして、その一個前の敵がね「敵味方双方に3500とかのダメージを強制で与えてくる魔法」を気まぐれに使ってくるんですよ。
それを使われるたびに盾役でもHP1900のパーティメンは即死。ぐしゃぐちゃに崩されてアヒィーッとウィザード初期装備の「魔法の杖」の効果「敵から100%逃走」で逃げ出した時、サムライのコハルちゃんしか生き延びてなかったっていう…。

まあこれの解決方法は、その隠しダンジョンのラスボスがデモンで、最後の使役デモンとしてパーティ入りするんで、それのレベルを上げて「神の奇跡」みたいなんの効果の中の「敵から受ける魔法を無効化する」を使うしかない(もしくは死亡時にHPが1残る効果のスキルをセットしておくとか。一つしかないけど)ようだった模様。

これってウィザードリィの「マハマン」なんですよね。
神に奇跡を与えてもらう代わりに、自身の経験値が1レベル分下がってしまいます。

これは原作となった「ダンジョンズ&ドラゴンズ」の「ウィッシュ(願い)」というもので、それをゲーム内の戦闘時に嬉しい効果として限定的に落とし込んだものなんです。
で、呪文使用回数の数だけ使われたら迷惑なので「1レベル分経験値を支払う(その結果習得レベルより下回れば使用もできなくなる)」という効果になってます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/01 22:58
それがデモゲでは「ちょいとデモンさんのご機嫌をとる(ダメージを受けたり与えたりスキルで「応援」したりしてゲージを高めること)」だけでほいほい使えてしまう。

これがねー、クリア後ならではのチートスキルでして、ゲージ容量さえ残ってれば毎ターン使用できるんですが、8種類くらいある中の3種類から選択式となってまして、味方のHP回復とか味方が魔法を完全無効にするとか回避+30にする(物理攻撃に対して無敵みたいなもん)とかを毎ターン好きなのを重ねていける上、使う→リスト見る→いいのがないから次のターンまた見てみるね^^;ができてしまう。

この力はありがたいんだけど凶悪すぎる(ノ∇`)

で、ある程度装備も出尽くしたし、チートスキル+装備の充実であらかたアイテムも掘ってしまったので、最終隠しボスを倒した後に発生する「管理人さんの衣装を取り戻せ」クエストに挑んでいます。
5種のうち4種はわりとサクサク取れたのですが、最後の胴体防具だけがぜんぜん落ちないんです…。

このゲームのある意味目的である「大村正」とか「神村正」とかより「管理人さんのドレス」を求めてラスダンをさまよったりセーブ&ロードしたりしています。

早く剣異の世界に戻りたいのにw
■雑談■@kurotama
2016/09/01 22:59
■どぼじて…こうなっだんだろうなぁ…ってなる未来しか見えなくてもそこにバニーがあるから@バトガの話。
・ええ、今回のバニーはアレです「ハズレの回」だったと言ってもいいでしょう(´・ω・`)
イラストは大体みんなアタリなのですが、戦闘能力で言えば電撃wiki様によるとBだのAだのしか並んでませんね(;´ρ`)ノ

うちにあたったみきちゃん(ソード)、うららちゃん(スピア)も堂々のB。
そうなのよねー、ソードって苦手が少ない代わりに得意も少ないのですよ(苦手はドラゴン系、得意は草花系だけ)。
だから「苦手無視」がついててもそこまでアドバンテージがない…。

星衣フローラひなた先生のハンマースキル「シュートレイザー」などは、足の遅いハンマーの弱点を埋めるべく、ロック位置の中範囲に3ヒット(1ヒットめなどで敵を倒してしまっても視線の反対側だろうとロック箇所が飛ぶため、ほぼ「必中」)し、その後もロック位置にほぼ命中する「落雷」を付与します。落雷は本来武器が当たった時の与ダメの半分が与えられるので、雑魚相手ならハンマー素振りだけでそこまでノシノシ歩かなくてもカタが付く上、ボス格には単純に1ヒットごとの与ダメが1.5倍という大変優れた性能を誇っています。

おまけに「苦手無視」なので、ハンマーに弱いスライム系、ケモノ系の2大ガチムチパワー派に対してはダメージが2倍になるのです。
このスキルの頼れる度を100とすると、今回のみきちゃんのスキルは同じ「必中3ヒット苦手無視」なのに、35くらいでしょうかね…。
ひどすぎるw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 03:34
うららちゃんのスキルも同様に「必中3ヒットで自分ごと移動(倒せなければその場で通常攻撃にうつれる)」なんですが、敵のロックが甘い為、あらぬ方向にぴよーんって飛んで行ってしまい、ハズレたばかりか自分まで敵から離れることもある、後で修正でもされんじゃないのコレwというものでした(ノ∇`)

一方、将来のライバルと認めてやまない心美ちゃんはですね…。
今回堂々の「S」ランク。カード全体の総合能力でも「SS」でした。
ツインバレットが強いのはうちに先日来てくれた花音ちゃんカードでもそうなんですが、スキルがね「超広範囲に持続時間の長い2回中威力」を放つ」もので、僕も助っ人システムで運営の用意した心美ちゃんを使ってみた所…。

「ボス登場演出という時間ロスを挟んでもまだわきつぶししとるww」という感じでした。
電撃wikiは、対多数に対して一気に殲滅できるスキルはWASSYOI!とはしゃぐ傾向があるので、うちに来てくれたひなた先生のスピアスキルも「電撃Sだけど実際には威力が低すぎて…」という状態と同じだと思います。

思います、が…。

正直に言うと、今回「お肉勢」は1人も当たってないので、1人くらい肉感的な子のカードが欲しい(´・ω・`)
みきちゃんはイラストが描かれるたびに太ったりやせたりと主人公のクセに安定せず、うららちゃんは中学三年生らしい、これから頑張ろう!な感じですからね。

戦闘能力的には心美ちゃん・昴ちゃんくらいしかめぼしいのがないんですが、絵柄的には大体アタリですからね。

うさぎは寂しいと死んじゃうらしい(そんなことはないそうですが)ですが、おっさんはバニーと聞くと心がざわめくものなんですよ。
ものなんですよ!

はは、これでダブったらどうするんだろうねホント…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 03:34
でも今回のイベントは20日までで、どうやら残りのメンバーがバニーと化して襲ってくる(黒玉さんの印象的な話)こともないようですから、後悔する時間も涙目になってみじめにストーリー消化して星のかけらを補充する時間も十分にある…。

ここはWASSYOI!しとくべきだと思うんです。
なぜならそこにバニーがあるから。

ところで先日のオリンピックで掛け声が「WASSYOI!」のヤリ投げ選手の方居ましたよね。
TVでは「なぜか和風ですね^^」という感じだったんですが、ニンジャヘッズ(ニンジャスレイヤーマニア)として低レベルな僕でも「忍殺好きなんじゃないのw」って思った。

でも「ガッチャ!」とか「カワバンガ!」とかの「メリケンのやったぜ○ねコラひゃほーい!」な時に使う謎単語と比べても「WASSYOI!」は負けてないと思う。

さあ、引いてみましょうか…、被らなければ一応誰でもいいんやで…!





(ここまで引く前に書きました)


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdEJOeGJLb0tkeE0
オニクの女王、オニクの女王、オニクの女王、女王だッ!ハッ(筋少の「私はみまちゃん」より)
キキキ、キターーーーーーヽ(´ワ`)ノ

こりゃア素敵だ。
リスクを負って得た勝利はどうしてこう「およろしい」のでしょうか(注:ボタンを押しただけです)。

ピンポイントで心美ちゃんが大ヒット。ひさしぶりにおいでになりましたァン!(3月の星衣フローラ以来半年ぶり)
いらっしゃーいー!WASSYOI!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 03:35
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qVHJZdGJPQ0NpWnM
なんていうか残酷…、残酷ですね!毎度毎度同級生でかつ親友なので横に並ぶうららちゃんの心境は…。

で、でも「持たざるものに与えられる才能は飢えだ」ってハイキュー!で老カントクが言ってた!
確かに、身長でもお金でも身分でも、持っているもの(しかも与えられた系)は穏やかですよね。
持たざるものこそが闘志を燃やせるわけですよ!

心は小動物だが体の一部は暴牛な心美ちゃん、大変良し(ご満悦)。

うんうん、データダウンロードの表示が出なかった時は「やばいちょっとコレ、タイムマシン探してこないと」となりかけましたけど、つい先ほど助っ人で使ったばかりだからね、スマホ内に心美ちゃんのデータがあったんでしょう。多分ね。

しかし10枚のラインナップの中に今回のバニー要員がほぼ全て来てまして、最後が心美ちゃんだったので「アタリ」はわかっていましたが、その間も「まさかに2枚め3枚めある?」とワクワクさせるものがありました。

はあああ、よかったよかった(;´ρ`)
どぼじで…ってならなくてよかった…。今度こそ大撤退やー!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 03:35
さ、後は武器ガチャ用に150個支払いますから、それ抜きで9/20までにできれば1000、無理でも750貯めないとだなぁ。
期間がまだ3週間弱あるから、色々稼ぐメが多いのは安心できますね。
18日あればログボと課題で最低198個増えているので、ガチャ分はなかったことになります(ガチャ武器も性能がアレなら引かなくてもいいし)。
ここはストーリーで掘れる石をちょっと解放すべき、だよなぁ。

今回のイベントが恐ろしいのは「イベントが9/20まで」「遥香っちゃんが2回連続で出ていない」ということで、9/20〜9/23で新イベントの確定ガチャに彼女が登場する可能性が大変高く、最終日に遥香っちゃん生誕祭が来るという「遥香押し先生もれなく全員大死亡の星のかけらローラー作戦」シフトが組まれているということです(´_ゝ`)=3ギャフン

それに8/31に締切された「フィギュアにしたい星守は誰?」投票の結果がまだ発表されてませんが…。
遥香っちゃんなら充分1位の可能性がありますからね。
いや、押しだから言うのではなく…。

「遥香っちゃんフィギュア化おめでとう月」としてまた搾取されるようなアレとかぶせてくるのではと戦々恐々としています。
右を見ても左を見ても地獄しかないw
■雑談■@kurotama
2016/09/02 03:36
■女王の実力パない@バトガの話。
・はい、フィギュア化投票の結果が出ました…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qNS1admc3V0FEeVU
うーん、残念! くるみちゃんの牙城は崩せず!やっぱり正統派巨○美少女のカベは厚かった。
さすがくるみちゃんでありますなぁ。
アキバクイーンに続いてのbPでしたー。

以降、

2位:詩穂さん
3位:ミミちゃん
4位:サドネちゃん
5位:遥香っちゃん

と続きます。

アキバクイーンの時は

1位:くるみちゃん
2位:みきちゃん
3位:明日葉ちゃん
4位:ミミちゃん
5位:遥香っちゃん

なので、ミミちゃんは1位上げ、遥香っちゃんは5位のままという感じになりました。

ちなみに台湾版の人気投票ではミミちゃんがぶっちぎりの一番、コロプラキャラ人気投票では登場直後かどうかわかりませんがサドネちゃんがバトガから唯一の登場(16位くらい)ということで、詩穂さんだけが実績の後ろ盾なくいきなり駆け上がった感じとなりました。

面白いのは傾向で、くるみちゃん・詩穂さん・遥香っちゃんは優しくてうるさくないタイプなんですよね。
詩穂さん、遥香っちゃんはスイッチが入るとおっかねえ面を持ち合わせていますが、くるみちゃんは植物が絡まないとぼーっと光合成(公式でそう記述はないけど、あの緑の髪は…!)してる天然ほんわり系なので、こわくないのがポイントが高い。

ただ、植物が絡むと深夜の学校に忍び込んだり、がけっぷちの花を見に行くとかムチャをするので放っておけない感があって、そのギャップがいいのでしょうねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:22
ミミちゃんは不思議系なので、優しくて良い子ですが、ミミワールドについていけない先生も多そうではあります。
サドネちゃんは無垢な天真爛漫キャラなので、二人っきりのセカイでの共依存大好き系の先生にはウケそうですね(本編ではその世界をどんどん広げて人間らしくなりつつあり、結構まっとうに育っていますが)。

明るい子より穏やかな子がウケるあたり、昨今の草食男子、またはかしましいのは疲れるんじゃよ…というオッサンが多いということなんでしょうかね(ノ∇`)

■笑顔で刺しあう友情@バトガの話。
・はい、今回「なにが起こるっていうんです…?」とワクワクしながら見守っていた「バニーみき」カードのストーリー。
ささっとスピード解放して観てきましたよう。

(場所は不明ですが)カジノ見学会?にお呼ばれした先生と一部の星守。
みきちゃんはドヤ顔で「今夜はわたしとおつきあいくださいね!」とマジックショーを開いています。

その向こうには…、

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qWDBjN0ZFcjU4c3M

怯える昴ちゃんが(ノ∇`)
見ている先生も大変不安です。
みきちゃんは人の笑顔の為に頑張る!と前向きで明るい子なんですが、おおざっぱで周囲も見えずに視野狭窄で突っ走ってしまう癖があるからです(´・ω・`)
おまけにおっちょこちょいで後先を考えないので「後悔先に立たず」でがっくりすることも多いのですが、今回の場合は少し様子が違う。

なぜならみきちゃんがやるのは「箱に剣を刺しても中の人は無事でした」マジック。
親友の昴ちゃんは日頃のみきちゃんのアレコレを浴びていますから彼女が「少なくとも命綱を握らせたらヤバい」ことくらいは体験から知っていることでしょう…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:23
これに関しては「失敗しちゃいました、えへへ…」ではすまない…!

見てくださいホンモノの剣ですね〜とリンゴをシュパッと半分に切るみきちゃん。
彼女の得意武器はソードなので、おそらく言葉の穏やかさに反して鋭い剣筋であり、本気で振るわれたらたまったものじゃあないと思えたことでしょう。

先生は箱に押し込められて怯える昴ちゃんに何かあってはいけないとみきちゃんに「ちょっとまった」と手順を再確認するように言います。
観客は先生だけだったのです。

みきちゃんは大丈夫ですよ〜とにこやかにショーを続行しますが、なんと刺す部分をよく覚えておらず、昴ちゃんは剣が刺されそうになる度に「その穴じゃなくて!」「み、右だよ!」と、必死に彼女の剣に殺られないように指示を出しますが、狙いは心臓のある穴へ…。

という所で、先生は居眠りから目覚めます。
なんだまた夢オチかよケッとなる僕でしたが、先生は言葉を続けるのです。
「夢か…でもショーがなくなったわけじゃないからな…、昴の為にも練習からしっかり見に行っておかないと」と…。
ぜ、絶望した。夢が夢で終わらない…。

自分の見た夢が本当にならないように、みきちゃんの居る練習場に赴く先生。
仕掛けから把握すればイザという時助けられるかもしれないと箱の仕掛けを聞いていると…、機械仕掛けの箱がバタン!と閉まり、二人は1人分のスペースにギュウと詰め込まれてしまいました。

思わぬ密着に色んな意味でヤバイと感じる先生。
みきちゃんは体が痛い…と苦しそうです。

そんな時、昴ちゃんが練習場にやってきたので、箱の中で大声を出す二人。
しかし昴ちゃんには聞こえておらず、彼女は置いてあった剣を手に取ると「げっコレホンモノじゃん。アタシ今日生き延びられるのかな…」と不安そう(その予想は正しい)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:27
でも、みきちゃんも来ないようだから…と自分も箱に剣を刺してみよう!と遊び心を出します。

その間も箱の中では呼びかけているのでは聞いてもらえず…、遊び感覚でぶすーぶすーと剣を刺す昴ちゃん。
その度に態勢の関係で先生の尻などをかすめる剣(ホンモノ)。

その無邪気な一撃がついに先生の心臓を捉えそうになった時…、みきちゃんは先生に目を閉じるように指示して星衣フローラに変身。
衝撃か、変身後のパワーで箱を壊して脱出するのでした。

本番までに壊れた箱をどうしよう…となってしまいましたが…。

ショー本番が問題なく進行していますが、仕掛けのついた箱は壊してしまいましたから…。
なんと「みきちゃんが刺す剣を昴ちゃんが箱の中で頑張って避ける」という、ガチの剣刺しショーになった模様w

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qWW9PZW91ZndyeXc

お客さんの前でドヤ顔をキメているみきちゃんに対し、箱の中の昴ちゃんは怯えきっています。
この二人の友情というのがどういうものなのか…、一度きちんと考え直してみたほうがいいかもしれないナ、と思いました(ノ∇`)


いやー、面白かったです。
みきちゃんが悪気がないにせよ笑顔で他人を追い詰めるのは本当にサイコパスだと思います。
たぶん自分が頑張ってるから相手も頑張ってると思い込む感じで、邪な気持ちはないんだと思いますがw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:29
昴ちゃんって常識外れの体力と運動神経を誇る以外は感性も発想も普通の女の子(僕の知ってる体育会系の女子はもうあと3段階くらいおおざっぱだぞwかわいい性格してるけどね)なので、個性的な(配慮した表現)星守の皆さんと絡むとだいたい「受け側」になることが多いんですが、こうして単純に「受難」を受けても、キレたり、機嫌悪くなったり、泣きだしたり、根に持って険悪になるとかしないので、ちょっとかわいそうなんですが…、逆に言えばライター的には「どんな目にあわせてもいい便利な子」とも言えるんですよね…。
かわいそうだけどしょうがないねw

■じゃあラブラッシュはどうなんですか@雑談。
・週刊少年ジャンプ、もう一つの注目新連載の「ラブラッシュ」。
こちらは内容がどうみても「モンスター娘のいる日常」からマニアックさを抜き取ってラブコメ成分を強めに利かせた派生モノという感じでしたけど、読切版に比べてバランスに変更がありました。
連載版は読切版を2話に分けたので、今週までどうなるかわからなかったのです。

読切版では平温系幼なじみのシズクちゃんと、情熱系天使族のココロちゃんの二人のうち、幼なじみの家族同然の親愛(着替えを見られても動じない等)が主人公の告白によって恋愛に変わる瞬間の描写より、恋の天使のココロちゃんが主人公に好きな人が居てつらいけど諦められらない!って泣きながらも主人公に告白してきなさいよ!と迫る描写の方が強かったです。

さすが山本先生。この方のマンガってバカなノリなんですけど、描こうとしてるキャラはきちんと色々考えての行動をしてるんですよね。
だから所々「影」が見え隠れする…、その明るさは頑張って作られてる表向きの顔なんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:30
前作E−ROBOTも、主人公の元に現れてワーキャーエ□トラブルばっかり起こしてるようでいて、本来の目的は「紛争地域に介入して無血鎮圧させる為、また家族や恋人のことを思い出させて望郷心をかきたてる事」の為の平和的バトルロボットだったんですから。

いや、大丈夫です。これを提唱したハカセは作中でも狂人扱いされてます。それも含めていいんですよ。
キャラが世界に全肯定されてるわけではないけど、だけどそのキャラは信念を持ってやってることを描こうとしてるわけです。

どんなに横暴でどんな無茶をしても許されるし根に持たれないし怨恨は残さないし法に裁かれることもないしうまく勝利した上に敵からも味方からも「ほう…」と称賛されるような、オレサマサイキョー伝説作品と違う魅力があるんです(それ系にも面白さがあることは認めますが)。

読切版のココロちゃんは「好きな人が幸せならそれでいい…、なんて思えるわけないじゃない!諦められない!」と、実に生々しい感情を見せてくれて、でも相手を尊重したいがゆえに泣きながら主人公を送り出して、その行く手を邪魔しようとする他のモン娘たちを風の魔法で蹴散らします。
だけどその子たちも「自分だって抜け駆けしたくせに!」とまっとうな文句を言ってるんですよね。
それを「うっさい!いいから帰れー」と、出来のいいお嬢様をかなぐりすてて暴れるんですよ、自分の好きな人が告白しにいくのを手助けするために。オトコマエすぎる。

じゃあシズクちゃんは主人公の気持ちをどう受け止めたのか。

18になるまで抱いていた当たり前だけど深い深い親愛が、主人公から告白されたことで「恋」に変わるのかもしれないと初めて気が付いて、答えが出せないくらい動揺し、すぐには答えられないけど嬉しいという感じでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:30
無自覚平温だった彼女が突然「恋を意識した少女」に切り替わるシーンが実にかわいらしくて、読者はシズクちゃんもココロちゃんもどっちもいい子にしか見えないわけです。
いい意味で「どっちでもいい」感じ。

「片方が意味もなくそうと決まってるから結ばれる恋愛モノ」とは違う、先日の苦い記憶からこの作品に期待を抱いた大きなお友達も多いのではないか。

ちなみに連載版ではココロちゃんのアプローチが主人公に「だったらあたって砕けてきなさいよ!粉々になったら私が治してあげるから」と発破をかけるものではなく「(シズクちゃんへの対応を見て)私に脈がないのはわかったよ。だけど好きだから、もう好きって伝える事しかできないよ」と伝え、主人公はシズクちゃんにきちんと伝えないと!と思うように変更されています。
連載版はシズクちゃんが恋を意識したシーンが山本先生の表現力の上昇によってより華やかになっていました。

このコメントを書くために読み直してみたんですが、ちょいエ□路線だった読切版と違い、連載版は全体的に無駄なエ□描写を控えめに言ってる感がありますね。
先日も書いたように、今ジャンプには超絶美麗女子絵描きさんの師弟コンビが人気連載を持っています。
そこに山本先生の親しみのもてる絵柄(配慮した表現)でエ□路線を出すなんて、温厚そうに見える黒帯空手マンの前で3か月かじって正拳突きの真似事しか覚えてない外見だけのチンピラが「おう外でろやコラァ」とやっちまったような感じになるのは目に見えてますからね…。
正しい判断だと思います。「競うな、持ち味を活かせ」ですね。

読切版では「オトコマエ乙女」のココロちゃんが56%くらいの感じで上回ってた感じですが、連載版では「あらたなる幼なじみヒロイン覚醒」のシズクちゃんが65%くらい取ってる感じですね…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:58
次週からいよいよ個性豊かなモン娘たちが主人公をハンティング…いや、アプローチをかけてくる未読の世界。
山本先生の腕の見せ所ですね。
期待外れに終わってもいい…、僕はこの作家さんも好きなんです。
単行本、こうたるで…!

■ドレスの前にハンマーを求めて@デモゲの話。
・最後のクエストのためにハンマーを求めて最終フロアをさ迷っていたんですが、色々あって先に「ピコピコハンマー」を求めることになりました。
絵柄に反して比較的シリアスなデモゲ世界観において明らかに異質なこの名称…。

ですが「2x10ヒット」で200ダメージを与え、その攻撃には「麻痺・気絶」がついています。
これをサムライに持たせ、逆手には同じようなコンセプトの「10x6ヒット」の「麻痺・気絶」のついた「スタックスタッフ」も用意すると、戦闘が始まるやいなやものすごい速度で3列までの最大15体くらいの敵に対してピコピコピコピコピコピコピコピコピコピコピコピコとハンマーが襲いかかり、辺り一面マヒと気絶状態になった敵が残り、動けず防御も半減した敵を残りのメンバーが悠々と始末するという…地獄を生む武器なんですよ(´・ω・`)
ちなみに剣異にもこの武器あるので、猛威を振るっています(ノ∇`)

それを掘りに最終少し前のダンジョンに来ているんですが、このゲームのレア掘りは緩いので、もう5−6回見かけています。
だけど、このアイテムは「ユニーク」属性がある為、1周につき1本しか入手できません。
ユニーク武器は+30まで強化できるので、ピコピコハンマー+30なら、32x10ダメージを与えられることになります。
なので、できればプラスの高いものが欲しい。
今パーティ平均レベルは48という所なので、+31以上が欲しいのですよう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 21:58
ということでお金稼ぎも兼ねて、しょぼいピコハンが出たらリセットしてやり直しています。

レア掘りの為の敵を呼び出すサークルにセーブ/ロード機能があるので、やり直しもラクチンなのよねー。

ちなみにまっとうなサイキョー武器の攻撃力は片手武器で340くらい、両手武器は500くらいで、ある一種類だけ700くらいになりますが、片手で300を超えていたらまあ最強武器と並ぶ強さということになりますね。
だからぜひとも+31以上のものが欲しい。

うちのサムライ、コハルちゃんは最終ダンジョンにて入手した「神の両腕」というスキルをつけているので両手武器二刀流ができます。
なので、今の火力は287x2と267x2…と大変なことになっているのですが(これファイターだと700x1と580x1になる)、このゲームは戦闘中に武器スタイルを2セット持って行けるので「敵が団体ならこの武器セット」「敵がボス一体ならこの武器を」「盾役が死んだら盾を装備して代わりの盾役に」などできるんですよー。

なので、ボスがマヒするまではピコハンセットでしこたま殴り倒して、マヒやノックアウトが出たら大振りのカタナをギラリと取り出してなます切りにしようっていうアレなんですよ。

少し話がずれますが、このゲームは古くからある「盾持つより二刀流じゃね?w」を覆そうとしていまして、頭・胴・インナー・アクセサリ・盾の中で、盾にもっとも多くの防御点を割り振っています。

旧式のTRPGなんかでは盾の防御力は敵の命中を5%下げるのみ、両手武器は1〜8ダメージが1〜10になる。
くらいでして、ウィザードリィの世界を用いたTRPGでは、片手武器は1〜8ダメージ、両手武器は2〜16ダメージ、プラスの付いた高性能の盾なら持つのもありかもね(世界一のものでも+5)くらいの低い扱いでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/02 22:00
僕はそれに納得がいかず、自分でルールを作った時は「盾受けの重要性」を強く出していって、攻撃の為に防御をおろそかにしがちな両手持ち(武器受けは当然できる)と、防御に秀でた成功率の高い「盾受け」と盾に勝手に攻撃が当たって防いだことになる特典などを入れていました。

チームラも盾がショボいことに憂いを感じていたんでしょうね、このゲームでは装備セットで盾を構えただけで回避+10、防御+70くらいとか平気で上がるので、先ほど述べた「メイン盾が死んだので2番目に硬いキャラが盾をセットしてサブ盾としてしばらくしのぐ」くらいはできるのです。

だから「守りを固めたいなら盾を持つ」「回避重視キャラでも盾を併用した方が回避力もあがる」という感じで盾が非常に重要な位置にいるのです。
ネットではもうチームラシステムは飽きたみたいな声が聞かれますし、正直に言いますとその前の作品群「ジェネレーションエクス」「クロスブラッド」当たりのころは僕は評価してなかったです。
この「デモンゲイズ」の前の「円卓の生徒」から今のシステムになったっぽいですが、こっちのは好きだなぁ。
でもいい加減剣異に戻りたいです!はやくでろーでろー。

でもパーティの平均レベルが51になったら最強のカタナ「大村正」が落ちるようになるらしい…。
それも+30以上とか目指したらどうなってしまうんだー(そこを突き詰めるとレベル99になった後の最後の周で+99を目指すのこそが最良になるわけですが…)。
■雑談■@kurotama
2016/09/02 22:01
■デモゲ完全終了@デモゲの話。
・結局、ピコピコハンマー狩りは+38が出たことで解決、パーティのメインアタッカー、サムライのコハルちゃんは麻痺気絶攻撃と、高火力の両手刀の二刀流でうまく行くと1300x10回の打撃を与えることが出来るようになりました。
ウィザードのオミさんが各種バフにデモンの恩恵を込み込みで1600x8(MP消費36)ということを考えると、ようやくオミさんの域に到達したということになります。

その力は絶大で、10回+6回(スキル使用で11回+7回)もLUK最高値で判定させられればまず麻痺とスタンになりますよねー…というアレで、ラストダンジョンのボスラッシュも1ターンめから麻痺によるスキル阻害ができ、最高難度の「まるこげ(ベリーハードのこと)」でもザクザク狩ることができるように。

そしてようやく、管理人さんのドレスをゲットすることができましたようヽ(´ー`)ノ

これでデモンゲイザー(主人公)のアルトくんはシナリオ最終章で最強の聖剣となった「聖剣デモンスレイン」を「エクスブランド」に強化してもらえました。

このデモンスレイン、最初はvsデモン最強の武器ということで今回の表ラスボス「闇の大天使ソル」の配下10デモンによって封印が施されるほど警戒されたものでして、ラスボス直前にソルを封印できる「ソルの大鍵」を用いてみるものの通用せず、だったらとその鍵のパワーを注入して作られたのが「聖剣デモンスレイン」でした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 14:01
そういえばデモンたちがアクマというにはちょっとイイモンっぽい雰囲気あるよな…と思ってたら、元は全員光の精霊神が送り込んだ世界の調停役(ソルの復活に対処する為、もしくは200年前の争いの時に世を救うために作られた)だったようで、全員ソルさんに負けたり、長く闇と対峙するうちに自分も闇に囚われて「闇堕ち」したものだった模様。

だから光の精霊神の代理人プロメスちゃんはこの話にずっと関わって来てたんですね。クリア後の隠しボスその1を撃破した時に語られたことです。

で、デモンスレインの話ですが、闇を狩るもっと大きな闇の剣→光と闇があわさり最強に見えるを経て、最後は竜の姫のパワーを浴びて(焼かれたっぽい)、闇・光・中立全ての力を受けて鍛え上げられた真の最強の剣となりました。

中立神の助力が「ぬすまれた衣装を全部取り返してきて」を達成したからお礼に、というのが大変おおざっぱだよな…。

で、そのエクスブランドの威力は絶大で、これまでのおよそ1.5倍ほどダメージが通るようになりました。
あとでwikiで確認したら、AGI補正が0〜3つくのでリセマラしたほうが良いってなっていて、僕のはAGI+0だったんですが…。
まあデモンゲイザーにAGIって特に必要ないので問題ないです(強がり)。

これまではアタッカーとしては微妙な位置に居たアルトくんもさすがにサイキョーの剣の力を借りれば一級品のアタッカーとなりまして、何度も戦うことで敵のパターン(ラストダンンジョンは雑魚戦がなく、再生デモンx2との7連戦となるのです)も、手の抜き方も覚えてきたのでルーチンワークとなってきました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 14:01
51レベルになったので記念に刀を出せるジェムと、ドロップ品の質があがるジェムを持って7連戦をしてきましたが…、大村正も村正も出ませんでしたねえ(たった一周だしね)。

しかし、もう敵も最高難度の「まるこげ」で余裕ですし、2周めの敵レベルが一回り強くなった版もプレイできるのですが…、ここでデモゲはおしまいでいいと思いました。

面白かったわー。
デモゲ2の物語ではアルトくんまだ残りの余生を楽しんでる時代のようですし(たった数年後。これはデモゲ1勢も出るかもね…あそこだと敵にしかねないけどwお店のメンバーは3人ほど2に登場しています)、何せ自分のキャラクターが作れないかもしれない?(デモン=パーティメンバー)ので、デフォルトキャラで楽しむことにしましょう。
デモンと仲良くなってデートしよう!とかわけのわからん情報も入って来てるしなw

ダンチョーに「オミさんの力で後の世を頼みます」と任されたオミさんの使命はここに果たされた。ということに僕の中ではなっています。

■すくすく心美ちゃん@バトガの話。
・というわけで、ツインバレット心美ちゃんを育成してきました。
経験値アップのチケクエが出てる日ならそれ5回でほぼカンストですからね。
で、強い強いと言われていたスキルを使って「おお…」となりはしたんですが…。

結局「入浴桜」カードの「ロック箇所中心範囲大・威力大攻撃x2に加えて攻撃力25%アップ・吹き飛び無効・スキル威力2倍が10秒持続」による、一回でもスキル発動すればその後は回避動作せずに攻められる性能の前にはかなわないって感じでした。
電撃Sランクにも幅があるんだよなあ。

まあツインバレットは単体ボスをハメる為の武器種でそれっぽいスキルがある中、広範囲対応版もあるっていうのは良いことです。
■雑談■@kurotama
2016/09/03 14:07
■オール・ユー・ニード・イズ・キルを見ました@雑談。
・映画館に観に行ったら「IMAX3Dはぁ、すごい画質とぉ、音声なのでぇ、会員サービスのぉ、1300円でぇ、鑑賞はできずぅ、2300円になりまぁす」と言われて「そんな商売してたら客なくすと思うよ?」ってイヤミを言って帰ってきた思い出の作品です。
アホすぎる。高画質とやらを観たい方にはそうすればいいけど、通常版との選択式にしないなら観ない選択をするだけよ。
勝手に客が減って潰れるがいい…。○○の○ル○よ。
と、ヤングジャンプでやっていた「デスノート」の小畑先生によるマンガ版を読んでワクワクしながら時間を作って行った結果、考えの違いによる悲劇(ケチなのじゃないよ、価値がないのに払うのが嫌なだけだよ)によって見る機会がなかったこの作品をTVでやっと観ることが出来ましたヽ(´ー`)ノ

感想は「スターシップトルーパー1より面白いと思う」でした。これが褒め言葉になるかどうかは、スターシップトルーパー1を観た方の判断にゆだねられます。

分かりづらい話をアメリカ人が見てもわかりやすくしようとして大分頑張ったと思うんですが、やっぱり日本のラノベの…文章で読ませることにして作られた作品を「2時間で発端から過程から謎からすべて描いた上で大団円」にしないとなんですから、大変だったと思います。
タイプリープというかループものなので、観る側も制作側も「おほっ使いまわし、できるんちゃう?」と思ってたなら甘い(⊃д⊂)

わかりやすさの為に多分すごく頭使って構成したと思うし、着眼点は確かに面白いと思いますからね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 20:32
僕もハカセクラスではないんで同様の映画があったかなかったかについてはあやふやですが「死んだらループのメカバトル戦場もの」はさすがにテレビドラマでは無理なテーマですし、アニメでもそんな予算かけて戦場シーン描いて人気でなかったらアウトですから、実は再現するには彼奴ら(ハリウッド)に任せるしかない。
映画評論界でどうだったかとかは興味がないので調べていませんけど、原作を漫画化したやつは買ったくらい好きなので、その視点からすると「よくがんばった」という評価です。

敵の動きが人類にはムリゲーな感じでとってもよかったです。
ヒロインのリタがああいう外見なのは文化の差なので、もういいです。
しかし、彼女の持つ大剣(漫画では巨大な戦斧)の理由をちょっとでいいから語って欲しかったな。

有名ロボット戦争アニメの新作では必ずうっさいSF考証マニア連中を黙らせる為に「なぜ18mもの人型兵器が必要になったのん?」という理由から作ります。
曰く「レーダーが効かなくされ、有視界での接近戦しかできなくなった」。曰く「現用兵器による遠距離攻撃では装甲やシールドシステムを突破できない」…などなどです。
そこの料理の仕方こそがうっさいSF考証マニアである僕とかにはご褒美なんですが…。

最近だと「機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ」が、カントクがビーム戦嫌いなんで作中の最後に至るまでビーム兵器は一切登場しませんでした(秋からの第二部ではわかりませんけど)。
そこが元だとしても、遠距離からの射撃では重厚な装甲を貫けないので、接近して撃つか、質量攻撃を関節やコクピットに叩き込んで黙らせた方が早いとなった戦闘は十分迫力がありましたね(そのせいで死にざまが大抵悲惨なことになりますが、ガンダムは初代からコクピットを狙う戦闘です。1話でアムロがすでにそうしてる)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 20:32
そしてこの「オール(略)」が漫画版で持ち出していた「なぜエースが使うのが旧態依然とした近接武器なの?」という理由が「弾数制の武器だと弾が切れたら戦えなくなるじゃん」という、言われたらそうですよねーというもの。

だけどそこからは「接近のリスク」が抜け落ちてます。
あそこの敵は装甲歩兵の複合装甲を余裕でぶち抜くスピア弾をいくらでも放ってきますから、装甲なんていうのは爆風の破片よけくらいの意味しかないんですよ。
そのルールの世界観で「弾数気にしなくていいとかサイコー」というのはキチガイとしかいいようがない。
もちろん「重いし体が振り回されるし扱い方間違うと自分の腕や腰がイカれる代物」なのは承知の上で「だがこの質量ならヤツラを叩き切れる」というメリットの前なら残りのリスクは受け入れるのも仕方がないと判断した結果なんです。

主人公はとある物語の仕組み上「死んだら同じ個所に戻る」状態になってしまっているので「死に戻り」をしてパターンや危ない箇所を全て「死んで覚える」ことができます。
まさしくゲームのリセット状態。その結果、ループを抜け出すには弾数に縛られていてはダメだと考え、戦場の女神と言われているヒロインのバトルスタイルを真似ることになるのです。

だから映画版で、生身の人間が持てる「フチを少し鋭利にした鉄の棍棒」をふりまわしてる姿はちょっぴり切なくなりましたけど、まあしょうがない…。

だけど映画版は逆に「死に覚えゲー」の側面をより強く出していまして、まるでダンスを踊るように潜入をし、戦場を駆け抜けますが、そこに至るまで何回失敗したんだろう…と、しかもてっとり早くやり直すには、拘束されたり治療されてはいけないので、トム・クルーズが虫けらのようにプシプシ死亡もしくは自殺するという…、ある意味衝撃の映画なんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 20:33
まあ「日本のラノベ原作^^」と言ってもインパクトないので「トムクルーズが死にまくる?」みたいなキャッチコピーでしたしね。

だからやっぱり合計で言うと「よくがんばった」なんですよね。
面白かったと思います。
ちなみにIMAX3Dなのは○○の○ル○のせいじゃなくて、元からそういう配給方式だった模様。
2年の誤解が解けました。ごめんなさい○ル○、今度映画見に行きます。

■剣異って地味じゃない?って改めて思った@剣異の話。
・ようやっと舞い戻ってきました剣異。
なんだ…システムはほぼ変わらないのに(敵の回避や防御がデモゲ以上に高いけど)、すっごい受ける印象違うなー。
文字をポップ体みたいなのから平成明朝みたいなのに変えただけですごいイメージ変わるのに、テキストの中身はほぼ完コピなので、おいこの文章見たことあるぞwってなります(ノ∇`)

で、こちらでもピコピコハンマーの系列が「星屑のハンマー」とかになって存在してるので、ドロップ箇所を巡ってさっそく掘ってきました。
レベル上げ用にオーク村襲撃用特化のスキルセットにしてたのに、ハンマーが落ちる場所につくまでに3回も血統種を倒さなければいけなくてあせりました…。

とはいえ、今作のボス戦の基本パターンは「守りを固めて機会を待つ」スタイルなので、基本的には「相手がうかつに攻撃して来た所を防御で受け止め、ガードカウンターで気絶させたスキに全力でブン殴る」を守っていれば、序盤は結構大丈夫になっています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 20:48
凶悪すぎるスキルを持つ「クロッカー」「人形使い」の新クラスもあるし、プレイヤー的にも多くが「2周め」でしょうから、ある程度楽になるとこは楽にしてるんでしょうねえ。

クロッカーはレベルが低いうちは「1ターンに2回スキルや魔法を使えるが、次のターンはスキル自体が使用できない」スキルを持つので、緩急をうまく操作しないと「敵がピヨってるのにスキルが使えない!」となるのですが、28レベルになると「ほぼリスクなしで完全に2回行動」っていうどこぞのラスボスみたいな感じになりますからゲーム自体の難易度が下がり、封印してる方も多い模様。

人形使いは敵に抵抗ナシの「暗示」をかけて敵を操るクラスで、ちょっとつまらなそうと思ってたんですが…。
通常クラスでいう「戦う」コマンドが、自分は攻撃できない代わりに敵を指定して敵を攻撃するように仕向けられるんです。

ボスが出てきたら「雑魚の○○を攻撃」と指定してボスに手下を始末させることもできるし、自分自身を攻撃するように指示しても構いません(結果的に自害することになることも多数)。
敵の攻撃力の高さが凶悪なほど利用できちゃうわけですね(指定された敵の行動は阻害しない。そういう暗示はまた別にある)。
例え対象の敵が無慈悲な味方のNOUKINに始末されていたとしても、他の敵が操られて指定の敵だけは攻撃するので「ハズレ」もなし。

この悪党感が結構いいです。
ツバキさんの転職リストに入れておいてよかったw
■雑談■@kurotama
2016/09/03 20:48
■店ドロップが頼りになり過ぎて難易度蝶低下(ノ∇`)@剣異の話。
・ピコハン狩りで少し試したいことがありまして、やってきました。2本めのピコハンが、特殊があまりいいのがついてなかったんですよ。
この武器は基本的に「気絶」の状態異常がついていますが、おまけとして最大、毒・麻痺・睡眠・混乱が更に付加される可能性があるんです。
無印剣異の時代は1周につき一本のユニークアイテムだったので、ダメなものが出たらランダムエンカウントで出会う「ムミック」という、ミミック族の長老さんに食わせてリリース(手放す)必要がありました。
その後またドロップに挑戦することで特殊能力やプラスの数値をやりなおすっていうシステムだったんですね。
ピコハン程度なら数分トレハンすればゲットできますが、強大なアイテムになるとリリースするか手元に置くかは悩みどころだったんです。

デモゲでも起こったんですが、Bランクの+46とか、高ランクを掘る過程で出た「良品」のほうが、Aランクの+10より強いので、Aランクの超レアさまやぞ!と言われましても実数字はねえ、劣っておりはりますやんか?ってなるんですよ。

新釈剣異のほうではそれを改良すべく、ムミックに合わずとも、ユニークアイテムは1周で何本でも入手可能とし(数が多いほど確率は下がるらしいが、3−4本なら出る感じ)、お店に売ったらその分だけ在庫が増えることとなりました。

以前は店の在庫とこちらの売ったものは別扱いだったんですよねー。

しかし、今回は「今はお金ないから売るけど後から買い戻す」もできるようになったんです。
でもひとつ疑問がありまして、ドロップ時の武器固有の特殊がついたりつかなかったりするとこは保持されんの? でした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/03 23:22
例えば今うちにはピコハンが2本ありますが、片方は毒麻痺混乱つき、もう片方は麻痺とかしかついてないんですけど、売って買い戻したらどうなるの?というのがありました。

今回それを実験してみると…、なんと「買いなおすたびに能力付け判定はやり直されている」ことが判明。
つまり、一回敵からドロップすれば、カネさえあれば店でいいのが付くまでセーブ/ロードでドロップ判定できるってことです。
(ピコハンはBランクユニーク品なのでたった6000くらいです。どんどんアホみたいに高くなる模様?)

デモゲみたいに「ノーマル品は+10まで、ユニーク品は+30まで、生ドロップは自分たちのレベル分までプラスがつく」という差異はないため、ドロップ品にいい特殊能力が付いてなくても、買い取るカネとセーブ/ロードに耐える根性さえあれば何度でも判定が可能ということに。

これは…やりがいがないと見るより「剣異を一旦やりつくしたファンに、半チートモードでの理想装備揃えゲーの楽しみを」と見た方がいい気がしてきましたね。
これを「つまらん」という方も居ますが、2本めが欲しければ2周してまたクリアしてねのほうが頭おかしいと思うのですが…。

ソーサリアンのユーティリティディスクみたいなもんですよ(たとえが古すぎてわけがわからなくなっている例。すごろくで年齢を増やさずに経験値を稼げたり、魔法合成がわからずとも最初から魔法のついてるアイテムがお金で買えたり、名前を自分の好きなようにつけかえたりできた。ちなみにシナリオでの隠しアイテムや店売り魔法は設定ミスかバランス調整か、消費MPが通常作成のものと違うものがあり、そういう便利アイテムを見つけるお楽しみもあった。長い)。
■雑談■@kurotama
2016/09/03 23:23
■ひさしぶりにマジキチなストーリーがきました(ノ∇`)@バトガの話。
・色々やってて見れなかった今回のイベント「月の兎はバニーな少女の夢を見る」が正気とは思えないストーリーを出してきました。
いつぞやの「手紙をポストに入れたと思ったら鳩になって飛んで行った」のと同じくらいワケがわかりません(アレは後に「純真な子供のサンタさん宛の手紙は鳩になって異世界のサンタさんの国に届くシステムだったことがわかったのですが…)。

理事長の代わりに月の代表と会見することになった星守たち。急のことなので予定が空かない生徒も多く、集まったのはみき・昴・望・くるみ・あんこ・うらら・心美・ミシェルの8名のみでした。

初めての月旅行だ〜とか、月の最新設備には興味がある…とか理由は様々ですが楽しみにする星守たち。

向かった先は…なぜかオンボロな廃墟にしか見えませんでした。
しかし迎えにきたリムジンと格調高そうな執事は立派なもので、到着した先には最先端の高級ホテルがありました。

彼らはそこで、赤いぬいぐるみのウサギの着ぐるみを着た支配人と出会い、これは月のイマドキファッションであると告げます。
月の代表との会見は明日なので、今夜はディナーショーでも見てゆっくりされてくださいと、彼女たちを招待する支配人(赤ウサギのぬいぐるみ)。
女子たちにはバニースーツを渡し、この衣装でショーをご覧くださいと指定。
バニーガール姿に戸惑う生徒も多かったのですが、先生は「郷に入り手は郷に従えだよ」と、体験してみることを提案するのでした。

ディナーショーではマジシャンが不思議な技を次々と披露し、観衆も大いに盛り上がっています。
そこで「次はお客様にも協力してもらいましょう」と、この場で最もチャーミングなお嬢様方ということで、くるみ・うらら・心美・ミシェルを指名します。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/04 04:21
指名されなかった望ちゃんは「なんでアタシは選ばれないのよ!」とちょっとプリプリしてますが、先生が「望はチャーミングというよりビューティだからじゃないかな?」と機嫌をとり、舞台では消失マジックによって4人が影も形も消えてしまったではないですか(みきちゃんはまた選ばれなかったねw 無気力そうなあんこちゃん、ボーイッシュな昴ちゃんはわかるとしてw)。
盛り上がるステージはその後も続きますが…、ショーが終わっても4人が帰ってこない。

当然残った側は不信を感じます。
ホテルの人に聞いてみると「もうお部屋に帰られましたよ」とのこと。
そこで部屋に帰ってみると「先に地球に帰ります」の書置きが。しかしそれを見てハイそうですかと納得できるはずもありません。
だって本当の目的は月の代表との会見なのですから。

いよいよ怪しくなってきた為、手分けして探すことになる先生と残り物4人(手分けしていいのかねえ)。


一方、選ばれた方の4人は部屋の中で縛られた状態で目を覚まします。
さっきまでおしゃべりしてたのに!?という発言から、部屋に仕掛けでもしてあったのでしょうね。

慌てる者、状況を確認する者などもいますが、誰かが部屋に入ってきます。
それは赤いぬいぐるみのウサギの着ぐるみの…支配人。

彼は星守4人に向かって「キミたちには身も心もウサギになってもらう」と宣言。
そう、あのショーは人身売買?の会場であり、くるみちゃんたち4名はさらわれてしまったのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/04 04:21
今までより草がおいしく食べられるんでしょうか?と間の抜けたことを言う今度フィギュアになるくるみちゃんや、自分もウサギのぬいぐるみになれるの?と目をキラキラさせているマイペースのミミちゃんですが、支配人は「笑っていられるのも今のうち」と、彼女らの今後を語って聞かせます。

ここからライターの正気を疑うテキストがさく裂しますよ…。

まず、身も心もウサギになる→ウサギなので寂しいと死んじゃうんだよねとミミちゃんが突っ込む(先日偶然僕も書きましたが、ウサギにそんな習性はない。調べるとQ&Aのアレが見られるので気になる方はググって頂きたい)→そう、寂しいと死んでしまうから主人にべったりになるよね→欲しがる人が買います^^

ということらしいのですが…。
「???どういうことなんだってばよ?」ってなりました。
年齢制限に引っかかるような薄い本的な存在になるアレをぼかしてるのかなって思っていたんですよ。この時は。

のんきな二人に対して、うららちゃんと心美ちゃんは「そんなのイヤですぅ」「絶対仲間が助けに来てくれるんだから」と反発します。

ここで場面は失踪した4人を探す先生と残り物の4人の様子に移りますが、そこで彼らはとんでもないモノと出会っていました。
どうみても同じイラストじゃないですかーという、支配人と同じ形の赤いぬいぐるみのウサギの着ぐるみの紳士?

彼が言うには「私は支配人ではない」とのこと。
星守のことも神樹ヶ峰女学園の一行だということも知っていて、この事態を解決するため共闘したい、信用して欲しいと言ってきます。
しかし、見分けはつかないし4人はさらわれているしで信用などできるはずもなく、こういったことに多少慣れているあんこちゃんが「信用して欲しいなら私たちの欲しい情報を出してみなさい、話はそれからよ」とグサりと追及。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/04 04:22
彼は今選ばれし4人が「身も心もウサギになって、ゆくゆくは買われる」状態になっていること、そしてあのホテルではそれが常態化していること。
そして、自分がその被害者であることも語ります。

彼は身も心もウサギになるプログラム(教育課程のことだと思われる?)から外れた「身だけウサギになったおっさん」だそうです。
つまりこれは着ぐるみじゃないの?そして支配人は身も心もウサギになって誰かに使役される存在なの?

これは結構恐ろしいことが月で起こっていると思うのですが、残り物の4人はこの「ウサギおじさん」の秘密を聞いてゲンナリしています。
さすが残り物…!

残り物の子たちは彼と協力しあって選ばれし4人がウサギになる前に救い出すことができるんでしょうか。
後編に続くそうです。

ハマっているバトガですが、時々「マジキチ」としかいいようがない話出してくるよな…。
これ、マジメにとってハラハラしてるとズッコける方面だと思うんですけど、それにしても理解に苦しむ展開だな…。

でも他のストーリーはなんだかんだいっておまとめしないでいるのにこうして書いて紹介したくなってしまうわけだから、フックは効いてたということかもしれないですね(錯乱)。
■雑談■@kurotama
2016/09/04 04:23
■寝具って大事(⊃д⊂)@雑談。
・「お値段以上」のアノお店で購入したベッドマットがあれだ、縫製場所から3つに分裂してベッドに山線・谷線みたいなものが生まれている…。
そのせいかここの所、背中と腰が痛いわあ。
このマットが「お値段以上」だったかについては…。
来たばかりの時の「おほぉ…体が沈み込むようじゃワイ…、○万でこれは…ありえへんでぇぇ…(はふぅ)」となってたので、残念ながら「以上」というしかない。くそう。
アノ店ってCMで「お値段以上、○○○♪」っていうフレーズ出すから、何を買っても「以上なんでしょうね?」と警戒してしまう…。

ちなみに有名魔法瓶メーカー「サーモス」の金属タンブラーは超高性能で、コップの外に中の温度を一切感じさせませんが、3割くらい値段が下の「お値段以上」の金属タンブラーを追加購入したら、飲み口を薄くする技術が甘くて口触りが悪い上に、あまりに部屋との温度差があると中と外の飲み口付近に汗をかくことがあります(机にたれて困るほどではない)。
こっちは全然お値段以上じゃない…、サーモスのを追加で買えばよかった(´・ω・`)

マットなぁ…どうしようかなー。寝具は上観るとキリないからねえ。

【告知】ひさびさ徒花ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/4(日)23:00の徒花さんを身内でやりませんかー!
【パス】hino
【コメント】
はい、ひさしぶりに喫茶でいく徒花をやろうと思います。

一応22:45分頃からウィスを受け付けており、お客様の人数によってARKS何レベルまで待つかは決めたいと思います。

近況報告や顔合わせの場としてお使い頂ければ。
それではよろしくお願いしまーす。
■告知■@kurotama
2016/09/04 19:03
■台風が来るとなぜ心が騒ぐのか@雑談。
・嬉しいというと被害に会われている方に対してあまりにも失礼ですし、自分も交通機関の遅延とかで帰宅が遅くなったりジメジメしてキショイ思いをしないとだから無縁ではなく、別に嬉しくないのですが…。
外出しないで済む日に外がゴウゴウ鳴っていると、なんかちょっと、気持ちがそわそわするんですよね。
これはなんなのかなあ。

あと先日しつじゅん療法で治したひざですが、神経の回復には時間がかかるとなってまして、気圧が下がると痛みがぶりかえすことがあります。
おお…これが「こんな日は古傷が疼くぜ…」という現象なんですね(※自宅の階段で転んだだけです)。

【終了】ひさびさ徒花ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今日はストロボヤンマさん、大和さん、ハツネビーストさん、Gorgorthさん、エスポワールさん(エセットさん)、ヴィクターさん、Aquaさんが来てくださり、ARKS3レベルを待って出発しましたーヽ(´ー`)ノ

徒花さん自体はそこまで手間ではなく、強化徒花ショックもすっかり慣れてしまったって感じですね(;´ρ`)ノ
エルダーさんが強化された時はキャップも上がってたりで明確に強さが違ってたんですが、徒花→強化徒花はほぼ全員に★13が行きわたったこと以外、ウェポンブーストもクラスブーストも変わらないので同じはずなんですけどねー。

まあSHに上がった時もVHで余裕だった装備でHuでも2−3発でダウンするという攻撃力上昇にびっくりしてましたが、今では全然平気ですもんね。
昔語っていましたけど「一発当たっても死んでないならそこは適正エリアです」というきがくるったバランスはPSOでは当然。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/05 02:06
なので3発当たってやっと乙女発動みたいな現状は、PSOの世界観からすればいささか緩すぎるのではないか。

強化徒花はその「一発耐えられるならまあ適正エリアでしょ(装備の整ってない人の死体マークを大量生産させながら)」という意味で、いい刺激だったですよね。

アクションゲームなんだから「予兆のある攻撃をよけれなくて文句言われてもねえ」っていうくらい攻撃力は強いほうが楽しいんじゃないかなーとか思うんですよ。
そうなってくると「攻撃は捨ててるがオレは2発なら余裕で耐えるぜ…ムーンは任せな!」みたいな方も居て、プレイヤーの個性化にね、つながるって思うんです。
ライドクエストみたいな横の広がりを模索する前に、縦方面にまだ進めるだろ?っていうね。
逆に言えば縦に進まないのならそのゲームは終わったのとほぼ同義なんですぜ…。

やっぱり今もしPSO2が盛り上がるっていうなら、新エリア程度では足りなくて「新難易度、およびレベル上げの余地、装備の更新に迫られるほど強い敵の存在」だと思うのよねえ(それを1年前に出してほしかった)。

こうして皆さんで集まってわーきゃー言ってクリアしてると、PSO2も別につまんなくないんだけどなぁ。
コレクトファイルでソロ化というか、プレイヤー間を分断された気がしますねー。

まあそんなわけで、久しぶりに来てくださった方も居てよかったです。
ご自身の気分と都合が合う時のみ参加で全然かまいませんから、またよかったらおいでくださいねヽ(´ー`)ノ

それではみなさん、おつかれさまでした〜。
またよろしくお願いします!
■終了■@kurotama
2016/09/05 02:06
■コロプラひどいな(;´ρ`)@バトガの話。
・神樹ヶ峰女学園の理事長、神峰牡丹(かみね ぼたん)の代わりに月の代表と会見をしにきた星守の有志の方たち(8名)。
しかし、案内されたホテルのショーを鑑賞しているうちに、消失マジックの体裁でさらわれた、くるみ、ミシェル、うらら、心美の「選ばれし者」たち。

ホテルの支配人、兼「商品」を教育する係のウサギの恰好をした男?にこれからの行く末を聞かされます。

彼女たちはまず「身も心もウサギ」になってもらい、モニターに映る富豪たちにオークションで買い取られるらしいのです。
ミミちゃん曰く「ここにいる人たちみんな目が怖い…」ということで、皆も不安になりますが、助けはこず、彼女たちは洗脳ビデオを見せられてしまうのでした。

一方、残り物であるみき・昴・望・あんこの4名+先生は、不審に思って調査を開始しますが、彼女たちは「身も心もウサギになってオークションにかけられる」ということが、被害者である「身だけがウサギになったおっさん」の口から語られます。

選ばれし者たちが囚われている場所はわかる…が壁が立ちはだかっているかもしれないと語るウサギのおっさん。
そこには月にはなぜかいないはずのイロウスの姿が。

(バトルステージでプレイヤーが)それらを撃破すると、オークションが開かれている会場にまでたどり着くことが出来ます。
そこへ訪れた先生と残り物たちは「語尾にぴょんをつけてやたらとすりすり体をこすりつけてくる選ばれし者たちの姿」を見ることに…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 03:17
彼女たちは洗脳ビデオを見せられましたが「心だけがウサギになって寂しいと死んじゃうのでご主人様にピョンピョン甘える人間の女の子」となり、支配人によると「時間が短かったので心しかウサギになってないけど、これはこれで需要がある」と述べ、オークションにかけようとしていた所を、間一髪間に合った星守たちによって阻止されたのでした。

しかし先生は、過去の記憶と寂しいからすりよってしまうウサギ人間?のないまぜになった選ばれし者から「先生、あそぼー」「先生、星を一緒に見ませんか?」「先生、一緒にお花の成長を見届けましょう」と、すりすりとすりよられ「あの、近いんだけど…」とあせっています。
ちなみにミミちゃんだけは特にいつもと変わらない様子でした。
先生も「普段からぬいぐるみになりたいと言ってる子だからな」と不思議に思っていませんでした(ミミちゃんの「ぬいぐるみになりたい」発言は、昔友達がおらず寂しかった時に自分の支えになったのは想像の中に居るウサギのぬいぐるみだったから、自分も人を支えられる人になりたいという意味です。わかりづらい)。

追い詰められた支配人は、月に居るはずのないイロウスはそれに似せた一般人避けの見せロボットであり、こちらは対イロウス用の軍事ロボットだから…と火星式の戦闘用ドローンを繰り出してきますが(バトルステージでプレイヤーが撃破します)…。

星守たちは地球奪還の際、イロウスの出す瘴気でAIを狂わされたドローンを生身で倒しまくってきています。
いまさら戦闘用ドローンの集団ごとき、いくらきても負けるはずもありません。

あっさり破壊しつくし、支配人をギュウとおさえつけてお縄にする星守。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 03:17
みきちゃんも「悪い人の相手は星守の役目じゃないけど…、これは見過ごせません!」と、支配人に「身も心もウサギになった人を戻す方法」を聞きだして事件は大解決。

ミミちゃんは「みんなでウサギさんになれて楽しかった」といいますが、昴ちゃんに「(詳しくは語らないけど)本当に危ない所だったんだよ?」と緊張感のなさを叱られます。
くるみちゃんも先生に迷惑をかけたことを謝りますけど、先生は「これは不可抗力だったよ、無事でよかった」と許してもらうのでした。

ミミちゃんは「…またみんなでウサギさんになりたいな、今度は先生も一緒に」と1人笑顔で思って今回のシナリオは終了です。


…。
おい、ライターとこれにOKだしたやつ出てこい(怒)。

久しぶりにコロプラ運営に文句の「ご意見」送りましたよ…。
ひどすぎるよねこれ。

星守の4名、誘拐されて洗脳されて人身販売される直前まで行きましたよ!?
何考えてんだ坂本死ね。氏ねじゃなくて死ね。

これはひどいわ…。

しかもなんでか知りませんが「身も心もウサギになるプログラムで身だけがウサギになったおっさん(ビデオを見せ続けられることで洗脳されるまではいいとしてもどうして体まで変わるんだ?)」も、捉えた支配人から聞き出した方法で「元に戻せる」らしいです。
ビデオ観ただけで肉体がヒト→ぬいぐるみになるのにファンタジー要素ではない…。これはどうなっているんだぜ?

しかも今回の話の主目的はね「理事長の神峰牡丹(かみね ぼたん)の代理として月の代表と会見する公務」だったんですよ。

思えば到着した時、廃墟に通された時点からなんかおかしかった。
地球から来た首脳の代理が誘拐されて洗脳されて販売されそうになるなんて、現実で起きたら国際問題どころの話じゃないですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 03:18
月という独立国家?の信用は地に落ちて数十年…いや、もしかしたらずっと、回復は不可能でしょう。

しかも、そのホテルはこの「見た目の良い女子を誘拐して見も心もウサギにして富豪に販売する」稼業をずっとやっていたと証言しています。
つまり、月はこんな違法組織を阻止できない無能ということになります。

さらに、引率の先生です。
「不可抗力だったよ」じゃねーよ。
おまえが緩いから本来つくはずのホテルじゃなく、人身販売を裏稼業にしてるホテルに連れて行かれ、世界に18人しかいない星守のうち4名が二度と星守になれない体(配慮してぬいぐるみってことにしておく)にされたかもしれないんだけど?

おまけにさらにいうと、理事長ですよ。
おまえが会見するのはこんな連中で、しかもそれを制御できないか把握してないのどちらかでしょう?
多忙で公務を他の者に任せるのはしょうがないにしても、このリスクを予見も推測も把握もしてないとか「何を持って古くから地球をイロウスから守ってきた組織の長」と言えるのか。

これはすごく好意的に考えると「星守たちにこの人身売買組織を潰させるために何も教えず送り込んだ」可能性、さらに「この月の失態を世界に公表するかしないかはこちらの考え次第。と、彼らの弱みを握ることで、地球奪還の時にも自らのプライドなどというくだらないもので星守を邪魔をしてきた月の首脳を二度と逆らわないようにする為、知らないフリで一芝居うった」がありますが、先生が無能のせいで選ばれた星守は怖い目にあうことになりました(少なくとも洗脳ビデオを見せられて、誰が誰かも把握できずにぴょんぴょん言って媚びを売るような状態にはされた)。

今回のシナリオはダメでしょう。
「こいつに本(脚本)を書かせるな」と思われた脚本家やカントクは末永くけなされるのと同じことをしてしまった。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 03:22
コロプラはバトガのパブリッシャー(版元)でありながら、自ら作品の規定ラインを堕としてしまったのです。

薄い本でキャラクターのキャラ性、人格を「二次元だからw」と辱めるネタに慣れきったオタクたちは気楽に「俺はくるみちゃん欲しいw」「俺は心美ちゃんw」みたいに反応してましたが、こちらからすれば嫌悪感しかない。
謎の液体まみれの半裸絵とか、もうほとんど全裸で謎の光で隠れてるだけですよね?とか、スジが見えてますぞwwデュフフ みたいなそういうあざといエ□に手を染めないから評価してたのにねえ。

バトガの世界は思ったより優しい世界ではなく、世間は怖く、評価は厳しく、オトナたちは自分たちの体面のためならボランティアで頑張っている星守を死なせるようなことさえ平気で行おうとします。
それを護り、可能な限り彼女たちに普通の青春を味わわせてあげるために理事長が保持しているのが「神樹ヶ峰女学園」という表の顔を持った対イロウス組織「星の箱舟」です。

これまでは多少問題があってもそのセンは守っていたんですが、今回は突き抜けてしまった感じですね。
これ、味方側に誰もおとがめないまま、会見の様子も描かれないまま「またぬいぐるみになりたいなー、今度は先生も一緒に」で終わったので、納得できない感と不完全燃焼感がすごい。

この件を抱えたままどうやって月の代表と会見するんだよww 責任取らせないと気が済まないだろ…。
しかもそれも特に描かれないし…。

これはダメだね。アウトです。

だけどイベントのポイントを貯めると貰えるミニゲームの「神経衰弱」は大変良し。
早くプレイしたいです(*'-')ノ
サクラ大戦であった「帝国華撃団コイコイ」と同じノリですかねー。
でもこれ書いたライターは廃業してほしい。
■雑談■@kurotama
2016/09/05 03:23
■わすれてました(ノ∇`)@PSO2の話。
・はい、昨日の徒花喫茶ではまたコスプレネタがさく裂していたのにご紹介し忘れていまして…!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qWDBmMHMxT294a1U
三龍王の一、覇王鬼帝。
なんとも言えない【双子】さんの表情とマッチしてて、まるで鬼帝さんが絶対殲滅ロボに乗って現れたみたいなことになっていますw

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qRGwzV1BUMVgtVlE
伝説の闘技「於美合」。
鬼帝さんに呼応してヴィクターさんの何か(主に服)がはじけ、遅めの鑑定が終わってのこのこ現れたターニアちゃんの前にとんでもない光景が…。
「…」と見つめ合う漢の間では言葉はいらないのです。
スイーツを頼んでるのがジワジワ来ますねw

奥では大和さんとハツネビさんが「肉がっつり女子会」を開催中。
さすがビースト。肉がないと始まらないですよね!

■グレーだけど紹介したいんです@デモゲの話。
・プレイは終了し、剣異で「ファンタジー北島(適度な難易度でひたすら経験値稼ぎを行っておりゲームをやってるのか作業をやってるのかわからない状態。すべては後半戦の勝利の為に!)」をやってますが、デモゲの音楽が懐かしくなって「作業用」にデモゲのBGMを流しています。
動画URL→http://www.nicovideo.jp/watch/sm19963915
デモゲ戦闘音楽+α

サントラないから→サントラ発売されました(2013)→2016年プレミア価格になっとる(⊃д⊂)
の流れということでご容赦頂きたい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 21:39
ボカロ「IA(イア)」によるハミング+イタリア語メインの造語によるホニャホニャしたボーカルパートが様々な空耳を呼んでいますが、これはある意味うまいよなーと思います。
はっきり歌詞がついてるのもいいんだけど、よくわからないけど旋律が綺麗でついつい口ずさんでしまうという。
ラストバトルではこれまでの戦闘をメドレーで聞けるのですが「最終回バージョン」ということでその謎造語の部分がすべて日本語になっていて「ああ、こういう意味だったのか!」となるのも上手い。

どの戦闘曲も素晴らしいですが、やはり僕は「05ボス戦」が好き。
これ聞くと、剣異のBGMはトーンが暗いのよね(派手な演出も萌えキャラもいない硬派なダークファンタジーの方向性ですからね)。

■駆け抜けすぎて怖いw@雑談。
・先週から始まった「レッドスプライト」。
第二話めにして、もう1人め(ボクという一人称だけどたぶん女子。オギ先生ボーイッシュ女子大好きっ子だからね)を救出。
独裁者の誰も求めてない強制参加の勝利演説にレールガンを使って「小生(古い日本語で俺、我などを指す一人称)は砲弾より強い…」と言わんばかりに、赤い稲妻をまとった主人公のタツが、気の緩んで浮足立った「世界の覇権を握った大正義軍隊」の兵士をなぎ倒しまくります。

いいですね!展開早い!このスピード感はこの先生の前回の苦い経験が活きているのでしょう。
「アイアンナイト」は敵が「みにくく変化した人間のおっさん」ばっかりで大変に華がなかったからな…。

蹴散らされる敵は醜くてもいいんだけど、ボス格として何度も登場するならやはり少しカッコイイとかのほうがいいかなーと。
裸の化け物おっさんのケツのアップとか見たくないでしょうやっぱ…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 21:40
このレッドスプライトなら敵は「世界の覇権を握った大正義軍隊」のエリート士官とか将軍とかになるので、誇りも思想もある者たちが立ちはだかることになるのでは。

2話でいきなり大統領?大総統?の喉元まで突撃した今回ですが、恐らく「壁」となるそれら強敵が出てくるはず。
イイゾー。

このオギ先生の漫画を見ているときの「生き急ぐかのように無理をして突っ走る少年を心配するヒロインの気分」はなんなんだろう。
作品を楽しむと共に心配でたまらないこの感覚は不思議だよなぁw

■新たな展開のお手並みは…?@雑談。
・先々週までで読切版の内容が終了した「ラブラッシュ!」。
どんなモン娘が出てくるのかな…?と思っていたら「背低めの巨○サキュバス」のエリスちゃんが登場。

サキュバスって、エ□で男性から精気を奪うことである意味なんかちょっとよしとされている悪魔界のエ□リーダーですが、文献によっては男性に対しては女性となって精気を奪い、女性に対しては男性となってアレするという、悪魔の中では「妖怪」じみた存在。

「妖怪とは(自然)現象である」と荒俣宏さんも言ってますが、この悪魔ってようするに「婚姻前の不義」とか「浮気によって出来るはずのないタイミングで妊娠」した言い訳を悪魔化したものなのでは?とか考えちゃいますね。

今wikipeって来たら、当たってたw やっぱり「言い訳」に使われてた模様です。
キ○○○教はほんと都合の悪いことを全部悪魔さんたちに放り投げすぎだろw
誰が悪魔だかわかりゃあしないw

でもこの「自分たちにとって都合の悪い存在は全部悪魔」という考えがアレを世界中に広がらせたわけで、中々に恐ろしい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 21:41
一応フォローしておくと、末端の人々の中にあるキ○○○教は穏やかで優しい教えで、そんな「殴ってよいのは異教徒だけです」みたいなことないんですけどねー。

僕は人間の基礎が定まると言われている幼少時代にカ○リック系統の幼稚園に通ってましたから、よく知ってますし、信仰の強制がなかった証拠として現時点で「それに染まっていない」ですしね。

サキュバスの話に戻りますと、つまり「両性具有」でもいいわけです。
ネットの人たちとか大好きやろ?というアレなんですが…。

ラブラッシュのエリスちゃんはいわゆる「サキュバスらしくないサキュバス」です(恐らく性転換はしない)。

ちなみにweb連載の「ジャンプ+」では現在「悪魔のメムメムちゃん」と「幸せ福音計画」と、サキュバスブームが起きています。
山本先生…メムメムちゃんは論外として(2頭身ダメ悪魔のギャグマンガだから)、福音計画と水織ちゃんにケンカ売るとは危険な賭けやで…!
ボコスカウォーズでいう王vs騎士戦を見守る時の感じ(王は強いけど負けたらゲームオーバー)。
あんま強くないんだから無理しないで…!

彼女も天使というかキューピッド族のココロと同じく、主人公のことを影からひっそり見つめて18になるのを待っていた1人。

一日遅れとはいえ、昨日蹴散らされたモン娘たちの中にいないのが幸いして主人公レイジにアタックすることができました。

内気で妄想の中で遊ぶ、使い魔の後押しがないとなにもできないダメな子…、ココロとは真逆の子ですが、レイジを想う気持ちは本物で、勇気を振り絞って告白に来るのですが…。

あまりにモタモタしているので使い魔にたきつけられて突撃、上手くいかないので逃げようとした所を使い魔に叱られてサキュバスの能力「魅了」でレイジを虜にします。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/05 21:42
魔力によってレイジはエリスちゃんが世界で一番かわいく見えてしまい、今すぐ欲望を叩きつけたくなる衝動が彼を襲います。
人間にこれに抵抗する力はないらしく、一時的な情動に身を任せそうになった彼は、本当に好きな人の為に抗い、自らで自らを殴打して気絶して抵抗。
「なんてやつだ」と呆れる使い魔はエリスちゃんに今のうちにアレをするように指示、戸惑う彼女に「今しかチャンスはないだろ」と説得して強引にキスをさせようとするのですが、割って入ったココロちゃんに阻止されてしまいます。

気が付いたレイジにココロちゃんは「亜人種にとってキスは婚約の証、キスをしたら絶対に結婚しなければならない」と告げ、レイジを取られまいと対決の構え。

人間の幼なじみは枠の外ですが、モン娘界はこのルールによってハンティング…いや争奪戦を行うことになってる模様で、次週、門娘同士の対決開始!という所で第三話は終了。


おお、エリスちゃんは「内気なぽっちゃり系で本人はエ□くないけど種族自体がどうしようもなくエ□い」という、オタクの人が好きそうなアレを出してきましたね!僕も好きです!

ガチで血のしたたる異種族バトルはして欲しくないので、その「亜人種ルール」を持ち出して平和的に戦ってくれるといいなー。

押せ押せのココロちゃんと控えめだけど体型も種族も控えるの真逆のエリスちゃんのどっちが気に入ってもらえるかとかを競い合った方が楽しそう。

僕的には3話でエ□モンスター(モンスター違い)を出してきたのは「わかってる」と思いました。
シズクちゃんが1コマくらいしか出ていませんが、二人がぎゃあぎゃあ言い合ってる所に「なにしてるの?帰りましょ」と自然に入ってきて争わず彼を連れて帰るくらいの正妻感をだしていって欲しい。

僕は面白いと思うんだけど…頑張れ山本先生…!
■雑談■@kurotama
2016/09/05 21:51
■さて…明日から本気出すわ…(ゆらり)@PSO2の話。
・最近ログインボーナスしかもらわず、おすすめクエストを毎日やり(リング経験値が欲しいのでボーナスキーを狙ってるのです)、ダガーオブセラフィとアストラルライザーNTを揃える為に3日に一回ハルコタンSHx3周とヴァーダーソーマ撃退のエリア2で機甲種を300体倒すのをやりながら土日はTAしか…、あれ、結構ガッツリやってますね(;´ρ`)

…まあ、低調気味のPSO2。少なくとも緊急はほぼスルーしてますからね。

だけど、明日から始まる「戦道2016」は、色違いガルグリ武器が取れますから、ラサハディス愛好家の僕としてはちょいと目が離せない…。
現状の旧ラサハ様でさえクリティカル100%が容易で、潜在範囲内ならGuのスキルTMGマスタリーのクリティカル時ダメージアップが常に発動し続ける凶悪武器なのに、今度のはうっすらと一回り強化された上に適正距離内ならHP微回復もつくとか。

先日報酬期間にHP耐久型防具も作ったうちとしては、アウラでのボス時に被ダメ低減装備と、このラサハ様のHP微回復は押さえておきたいのです…(セイガーTMGが出れば手っ取り早いのにな)。

しかし、10/7までと期間が短いようですが、また明け方緊急があるといわれても出ないといけないとか、とにかく緊急に縛り付けられる感じになったりするような伸び方であれば無視をするかもですが…?

つづくー
■告知■@kurotama
2016/09/06 19:38
逆に独極1−5にグンネさんやガルグリさんの高レベルは固定出現するので、それをガッチリまわしていけばサクサク進められるというのならSGをぶっこんでシート回復をやっても構わない…!

後はクリア後にエンペラッピーが出るとのことですが、それが闘将のタガミさんのように「出ることもある」でほとんど姿を見せないような感じでなければいいんですがねえ。

とにもかくにも、久々にPSO2で燃える時間がやってくるかもしれません。
ホンの少し、やる気の出る数値設定とかにしてくれれば全然OKなのに、そこで全て失敗し続けているこの状態を果たして打破できるのか。
明日の1回目の戦道で全てが分かりますね。

【告知】ジョジョ第4部第23話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/6(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/09/06 19:38
■ジャンプに書いてあった衝撃的なコメント@雑談。
・今週のジャンプで、なんか漫画賞があって、審査員の方々から一言ずつアドバイスがありまして…。
その中で一番印象に残ったのが「手塚プロダクション」のもの。

SNSに思いをぶつけるより作品に込めて送って下さい。そのほうがもっと多くの人に見てもらい共感してもらえると思います。

ということでした。
非常に耳が痛いw確かに僕の今の状態もそうですからね…、やくたいもないものを書き流して「やってやった風」になっても誰も読んではいない。だったら凝縮して作品に詰めこもうよっていう話ですよね。
さすがいいこと言うわぁ。
でも誰にもチェックされないで書き流す「トイレの壁の落書き」「チラシの裏」も必要だと思うので、ここはこれで良い。
うっかり迷い込んできた方が「うひゃあナニコレ気持ち悪いw」と思いつつ読み始めたりしたら楽しいじゃあないですかとかそんな感じ。

【終了】ジョジョ第4部第23話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はGorgorthさん、KAITOデューマンさんが来てくださいまして、吉良さんの脅威を見守ることに。
今回の何がすごいかって、吉良さんは「単純なプログラムを持つ自律稼働型の技・シアーハートアタックを置いて行っただけで、歴戦の強者である承太郎さんを撃破、康一くんを追い詰めることが出来た」わけで…。

すさまじい能力を持っているということを視聴者に見せつけてくれました(;´ρ`)ノ

また、承太郎さんの経験に基づいた…、冷静で少し臆病にさえ見える判断に若い康一くんが反発「ボクだってそこそこに経験は積んでいるんだ、ボクだってやれるってとこ見せてやる」と先走りし、フォローに入った承太郎さんがひん死の重傷を負うのも面白かった。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/07 01:39
先日の仗助くんとのコンビでもそうですが、彼は「無敵のスタンド使い」と言われてはいるものの、それを近接最強クラスの破壊力でも時を止めることでもないと思っているフシがありますね。

観察と推察からくる冷静さを失わない思考と知恵によって積み重ねた「経験」が彼の強さを支えているのだと思います。

スタープラチナの視力・動体視力、そしてその反応速度は人間を遥かに超えており、こめかみに突き付けた銃から発射された銃弾さえ指二本で捉えることができますし、時止めによる逃げも可能ですが…、とにかくリーチがない為、敵のやってくることは大抵しのがないと勝てないんですよね。

受けの戦術を支えるのはスタンドではなく本人の知恵というのがカッコイイ。

そして4部ではルーキーである少年たちに戦いを教えつつ、危ない所は自分が受け持つ感じになりましたが、そのせいでケガをしたりすることが増えたと思います。
今回もそういう感じとなりましたが、その自己犠牲精神は康一くんの怒りのスイッチを入れ、彼のスタンドを「ACT3」まで進化させることができました。

それによって一応状況を維持し、仗助くんに電話で連絡をすることができました。
無敵と思われていたシアーハートアタックを攻略していく過程も面白かったですねえ。

みなさんと雑談の中で「シアーハートアタック」の名前がやはりロックバンド「クイーン」のアルバム名にあること、意味が「心臓停止、転じて暗殺の意味も」などを知ることもできました。

第四部…面白いよなァー。
来て下った皆さん、ありがとうございましたー!
■終了■@kurotama
2016/09/07 01:39
■新・戦道に出てきました@PSO2の話。
・はわわーっとちょっぱやで帰って来て参加しました(´・ω・`)ゞ
ほんと、アプデ当日20時に新緊急入れるのはマジやめろ…!

えーと、箇条書きで

・マルぐる形式に悪化。2周めで、出た敵を1人で相手する勇者くんが登場。いい人揃いだったのか誰もそれを咎めなかった為、無駄にまるまる1周走るハメに。
マルぐるをよくわからない子と一緒になるとまる1周分損する模様(ノ∇`)

・3周して道中に1回、ガルグリ撃破後に1回エンペラッピー登場。また運ゲーか…。

・レアガルグリが2回出現、★13を2本落としてくれましたが、ワイヤーとブーツでした(´・ω・`)
そこはTMGでしょう?

・くっそ高いショルダーアーマーを購入して勇者ターニアちゃん第3形態にヽ(´ー`)ノ
ちなみに左上が戦道2016強制、右上がガルグリ(独極でもこなせる)です。

デイリー30、レアブ250、トラブ100のブーストでこのような感じに。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qZUVoZjRYRmFtMDA

これから読み取れるのは

「戦道3回出撃(9周)で緊急必須項目はコンプ」
「赤武器はVHアドでゲット」
「ガルグリは独極にて週に7.5x5(週)増やせる」

ですね。
今週うちが参加できそうな戦道は9回(朝7時のは多分出ません)。
+32コースなら一か月かければ達成できそうですが、+35となると厳しい感じがありますねー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/07 21:49
レアグリからなら2回出会って2回★13がドロップしてますので、オーディンと同じく生ドロップにも期待しましょってことでしょうね。
あとはTMGに関してはエクスの遺跡と海王でレアの生ドロップに期待できますから、ゲージの低いうちはそちらで一発解決を狙えばいい感じでしょうかねえ。

さっき言ってきたんですが、まあ1周ではでませんでしたね(;´ρ`)
ミズーリM13-NTなんかこの前拾ったんだけどなー。

どうあがいても戦道3回(9周)が開催されるまではシートは埋まりませんから、それまでにどう動くかって感じですね。
とりあえず時限インストールで9%だけでもドロ率あげておこうと思います。

TMGに関しては武器性能的にはインヴェのちょい下当たりなので、元の性能の「指定範囲内なら12%」が維持されてるならかなりいいですし、ちょっと欲しいですね。

エンペが固定で出るのではというアテがハズレ、マルぐる形式になったことでまたプレイヤー間で荒れそうなことなど、この運営に期待するだけ無駄というのがよくわかりましたね。

一回ごとにお客様の意見を反映させて仕様を変えてくるソゲのコロプラ以下とか、ちょいと恥ずかしいと思います。
あいかわらずヴィスボルトあるしな…。あれ放置対策っていうなら「一定時間立ち止まっていると即死級のダメージをくらう」とかでないと対策になんないでしょ。
もうちょっとしっかりしてくんないかなーホント。
■雑談■@kurotama
2016/09/07 21:51
■新ガルグリ武器の潜在が判明…@PSO2の話。
・TMGに関しては「1ヒットにつきHP回復1(固定)、クリティカル25%、威力13%」だそうです。
武器に特殊が付いていないとした場合、

モナク(新ラサハ様)+32で1444、+35で1476で威力13%アップ
オフスは+10で1514で威力12%アップ(条件などはなし)

ですから、回復部分が1ヒット最大50のガルミラくらいかと思ってただけに完全に肩すかし。

ダメージ目的TMGで役割も被っていて射程外には効果がないためシフピリの最後の部分や中距離エルダー、インフィ零の最初の中距離攻撃すべてに乗らないということになりました…。

これは「必要ない」ですね。オフスを他武器で作ってしまって、Gu用にいいTMGを揃えようとしているけどまだ★12なんだよねくらいの人にはありがたい武器って感じかなー。
ラスベガスのタイタン武器が条件揃えればオフスを超えてくるだけに、こちらももしかしたら?と期待はしてみましたが…。

メリットを頑張って探し出すなら

・Gu/Raさんがクリティカルストライクリングと合わせればクリティカル100にできる。
・Gu/HuだとサブHu側のフューリークリティカルを減らした分HPや物理耐性にSPを割ける

ということに。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 00:20
しかし、フュリクリは格闘系PAのクリティカルにも適用されますがGuのゼロレンジクリティカルが適用されない為、モナク(ラサハ)を使えば素5・フュリクリ25・武器で25(クリティカルストライク打撃で+25だけど一応射撃職なので…!)で55%ものクリティカルを得ることができます。

100%出るならクリティカルが出れば威力が5%あがる「TMGマスタリー」を計算に入れていけるので強いんですが、55%ですからねえ。
クリティカルストライク射撃があればオフスでも射撃クリティカル100%(マスタリの+5が常時適用)なわけで、考えれば考えるほど性能面ではわざわざこしらえる必要がないという…。

難しい所にいる武器ですね…これはまいったなぁー…。まさか冷静に考えてもダメだし、思い入れを入れても作る手間の方がかかるとは思わなかった(ノ∇`)

■ストーリー観ました@PSO2の話。
・先日バトガ第二部でも同じような展開見たww 洲崎さん(PSO2ではコオリちゃん、バトガではメインヒロインのみきちゃんの声をあてていらっしゃる)大変だww

こっちのほうが動きがある分キチガイっぷりもまがまがしさもよかったですが、バトガのほうは改心してあっさり元に戻りましたからね…、コオリちゃんは難儀しそうなくらいこじれつくしてると思いました。

あと数学に携わってる人はオークゥさんを見たら怒るんじゃないかな…、あれが理系のトップクラスだなんて、まるで数学者がバカみたいじゃない?セリフとしてはバカっぽくて面白いんだけどねw
■雑談■@kurotama
2016/09/08 00:20
■コメットルシファーを今更みました(´・ω・`)@雑談。
・パナソニックヴィエラ様の容量がヤバくなってきたので、剣異で経験値稼ぎをせっせとしながらたまったアニメを消化しています。
まる1年以上前の作品、コメットルシファーを見たんですよ。
なんか軽くまとめると…

空から降ってきた女の子となぜかそれをおいかける軍隊。少年の日常に波乱が巻き起こり、周囲の人物も巻き込まれていき、穏やかさの中にひそかに隠れていた過去の秘密が明らかになっていく…。

という、明らかに「天空の城ラピュタ」で「天元突破グレンラガン」をやろうとしてみた感じでした。
3Dモデルによるバトルシーンは第一話から中々ステキなクオリティでしたが、次回予告や番宣で「大冒険が始まる」みたいに言ってる割には12話中の5話くらいまで話が進まないという…。

ちなみに降ってきた女の子はこの星「ギフト」の命を司る星そのもの、少女を護る自律型ロボット(非戦闘時は石の蛇のようなマスコットキャラになっている)は女の子を護るためだけに作られた「ガーディアン」というものでした。

最初は6〜8歳くらいなのですが、5話の事件を境に主人公より少しおねえさん?の16歳くらいになり、感想サイトではそこを境に「幼女が…幼女がぁ…」とバルスの光を浴びたムスカ大佐みたいにはぎゃああおおおおーってなってる方多数。
業が深いナと思いました(ノ∇`)

年齢が増して、舌足らずな言葉づかいもすっかり普通になって、むつかしい言葉も話せるようになってるのに、顔の印象が変わってないのは残念だったなぁ。

後半の話は執拗に少女を追ってくる軍隊の活動と、このまま成長するにつれ力を抑えきれなくなる彼女の力を封印するためにとある地へ向かう逃亡劇に変わっていきます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 02:03
主人公の育ての親である喫茶のマスターは、実は元は有能な軍人で、主人公が生みの親とどうして死別したのかなどの過去の話が絡み、そして元部下で未だに戦争時代のあのチリチリ来るような緊張感を求めている戦闘狂なども少女を護るガーディアンとの戦いを求めて新たなロボットに乗り換えて襲ってくる等、どんどんキナくさくなるんです。

そこに主人公のことを好きな幼なじみの良いとこのお嬢さん(じゃじゃ馬)と、彼女の婚約者の金持ちイケメンとの三角関係に、空から降ってきた女の子が成長したことで親愛が恋愛に変わっていく様子など、人間模様も結構描かれていました。


話がダメになるのは元軍人の主人公のお父さんが、旧知の仲の偉い人に「息子を狙うのはやめさせてくれ」と頼みに行こうとして偉い人のいる基地に向かうあたりで、このあたりまでは「進み遅いな…」とか「それギャグで済まないだろ…マジメなのかギャグなのか線引きがはっきりしないなあ」とか程度のもどかしさ程度で済んでいたのが、ここから大幅に破たんしていくんですよ…(´・ω・`)

元軍人さん、話が付けられないからって軍事基地を1人で襲撃し始めまして、偽造カードがバレたからって守衛さんを撃ち殺し、出てきたガードも全員撃ち殺したものの、移動しようと車に乗り込む際に生き残りから反撃を受けて腹に穴が開いてしまいます。

そこまで犠牲を出して偉い人の元に移動したのに、いたのは秘書ただ1人。
秘書に待ち合わせ場所を伝言するように頼んで去る元軍人さんですが…、この秘書さんが危険な人物で、自分の仕える男の意見を通させるために国の重要人物を旅客機の移動中に撃墜して全員亡き者にしてしまった張本人であり、この少し後に主人も「用済み」と始末してしまいます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 02:03
その後、待ち合わせ場所で元軍人さんが死へと向かう苦しみの中で息子への想いをひとり語り続けます。
その場所とは主人公の母親の墓でして、母はとある石の研究をしていたがために口封じとして殺され、護衛を任されていた元軍人さんはその時任務中だった為、助けを呼ぶ彼女を救うことが出来なかったのです。

軍人として人を殺しすぎた自分にはふさわしくないと思いつつも主人公の母に惹かれていた彼は、運よく生き残った主人公を引き取って育てることを決意したのでした。
危ないことには関わって欲しくない彼の思惑とは逆に、主人公は母のしていた研究に関わることが家族の絆を再確認できる手段であるかのように石に取りつかれており、そのせいか、またはそのおかげか、主人公は石に関わる少女を拾ってきて巻き込まれてしまっているのです。

後半3話でこの「実は…」話が一気に出てきた上、元軍人さんは先ほどの秘書の偽装(主人公の母の姿)に惑わされている間に手を変化させた剣で刺殺されてしまい、秘書がどうやら人間ではないということから話のトーンが変わってしまいます。

メカ戦も人間側の用意した最新鋭ロボットは結局勝負をつけられず(どっちかというと人間側のロボットが負けたところで終わったと言えば終わったのか)、その秘書が主人公たちの星「ギフト」より前に滅びた星…「(おそらく)アース」の精を護るガーディアンであったことも判明。

その秘書さんの目的「愚かな人類によって主(アースの精)が滅ぼされ、深い悲しみを抱えていたが、綺麗に輝くお隣の星を見ていたら、あっちの精の力を奪って自分こそが新たな主となればいいんじゃね?って思った」という、身勝手極まりないもの。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 02:03
秘書さんは「この機会が来るまで3度文明が滅ぶだけの時間が必要だった」とか言い出し始め、必死に抵抗する主人公たちを翻弄し圧倒し、話が壮大すぎるアレになります。

星と星が限度を超えて接触しようとして互いの重力で崩壊し始めるレベルまで進んだところでヒロインの降ってきた女の子が主人公との今後を諦めて、二つの星を見守る精となりました。

エンディングでは10年後?の彼らの姿が描かれるのですが、最終回はビルとか建物とかすごい巻き上げられたりしてて、10年で元の感じには戻らないと思うのですが…。
まあ、悪い人は全員死んで、主人公の幼なじみはまっすぐな愛を向けてくれる金持ちイケメンと結婚し、主人公は二つの星の間にいる星を眺め「離れていてもいつも見ているよ」という彼女の言葉を思い出して微笑むのでした。

この物語のすごいのは「主人公がバトルにはほとんど参加しない所」です。
一方的にボコされることはあっても、彼は戦いません。
中盤の最後で、人間側の兵器を追い返す際、ガーディアンに乗って操縦するようになって(12話中8話めくらい)、秘書さんがガーディアンの本性を出した際まではしっかり戦っていましたが、その時に秘書さんに「精の持ってるはずのものを持ってるのはコイツだったんだ」とその秘書ガーディアンにとりこまれてしまいます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 02:04
降ってきた女の子は彼を取り戻すために戦うことを決意、ガーディアンに自らが乗り込んで最終形態に進化させ、主人公を取り戻すためにラスボスとなった秘書ガーディアンと戦うんです。

それまで戦力外として目にもとめられていなかった子こそが実はラスボスの求めている大事なものを持っていて、それを見破られてさらわれたのを相方が助けに行く…って、これ逆じゃないですかね!
主人公のヒロイン感がすごかったw

なんか、元軍人さんがおかしな無双を始めてから星vs星のバトルにまでなる最後の4話を見ていると、前半5話まででもう少しちりばめたりとかしようよって思いましたね。素人でも話の配分がちょっとアレなのでは?と思いました。

シナリオって大事だよなぁ…。
メカ戦がすごくいいのに話が残念と言えば「ヴァルヴレイヴ」を思い出すんですが、脚本家さんの中に「ヴヴヴ」の方、居ましたね(3−4人で書いておられたので脚本家1人の影響はそこまで大きくないとは思いますが)。

あと、バトガで凛々しい生徒会長をやっている声優の田村睦心(たむら むつみ)さんが、救いようもない戦闘バカのキチガイ美少年役を演っておられて「声優さんすごい」って思いました(調べたら今やってるバトルスピリッツの緑主人公もやってた)。
■雑談■@kurotama
2016/09/08 02:04
■不安になってきた(ノ∇`)@デモゲの話。
・デモゲが面白かったので脊椎反射的に2も予約してしまったんですが…。

・自分のオリキャラは作成できず、代わりに主人公が善・中立・悪から選択可能(スキルなどが変化。ストーリーは不明)。
外見変化も主人公に限って結構用意(人間・男なのは変えられない)。

・仲間は固定で、皆「人間だったがデモンに改造されたデモン人間」。主人公はそれを率いる「魔眼もちを改良して造られたデモンゲイザー」。前作では6番目のAIで動く召喚獣的扱いだったデモンだが、今回はパーティメンバー=デモンであり、主人公によってそれぞれ覚醒させたり、1人を選んで合体したりできる。

・デモゲ1は終盤が一般RPGプレイヤーには厳しく、クリアできない人が多かった(3ターン内に5000ダメージ以上与え続けないと倒せない壁特化ボスがいたんです)為、ストーリークリアの難易度は下げる代わり、難易度に「まるこげ(ベリーハード)」の上となる「けしずみ」を用意。
更に、クリア後にベニー松山氏をブレーンにおいたダウンロード配信のエンドコンテンツ「KEN-GOU」を用意。
デモゲ1のキャラグラフィック・デモンたちなどと何らかの形で激しくバトルすることになるとか(対人要素のダンジョン戦だろうか)。

・共に戦闘を経て親密になったデモン(女性多め、男性も一応いる)とデートしたり、半機械の彼らのメンテナンスをタッチパネルで行うコミュニケーションで新たなスキルを獲得できる。

と、だいぶ違う感じっぽいのよね(;´ρ`)ノ
デモンたちの外見カスタマイズや、一定レベルに上がった時にどちらのスキルを選択するかなどで転職とはまた違うキャラカスタマイズができるようですが、一番の問題は「また絵がしょぼい」ってとこでしょうか(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 20:42
1と同じコンビ(キャラ絵とデモン絵は担当が違う)、あれ、好評だったんだろうかw
しかも、独自の良さはあったデモン絵担当の方が、今回キャラがデモンに変身するということでキャラ担当のほうに絵を似せようとしたけど、そもそも絵柄が違うので結局似ておらず、それだったらデモン化したら完全に別でよかったやん?ってなってる感じがしました。

有名イラストレーターもってこいとか、こういうのは「またいつもの」ヤスダスズヒトさんにでも依頼すればいいのに(デジモンで有名。デュラララとかメガテンデビルサバイバーとか一時期ヤスダ旋風を巻き起こした)とかまではいいませんが、今いっぱい上手い人いらっしゃるのにどうして…?ってなるよなぁ。

ちなみに歴代のモンスターグラフィック担当の方がキャラ絵を書いてるのが「剣の街の異邦人」で、こっちのほうがいいという声も聞かれますが、一般的にはやはり「重い」ように見えるそうで…。時代ですねえ。

ファイアーエムブレムifも「タッチパネルを使っておさわりコミュニケーション♪(男女問わず)」は、硬派()ゲーマーから蛇蝎の如く嫌われ、唾を吐き捨てるように「気持ち悪い!」と叱られていました(なので海外版では会話選択で同様のことができるようになったとか。ちなみに同性結婚をできるキャラが男女ともに1人ずつ用意されていますが、これも海外からの要望だとか…海外こえーな)し、我らの(すいません僕の、です)バトガも、なでなでを前面に押し出したCMは「お茶の間に流れると時が止まる」「気色悪いw」「生徒及び女性を性的な目で以下略」「なでられてうれしそうにしている女子生徒が洗脳されてるようで怖い」などなどの非難を浴びました…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 20:42
うっさいな!先生の手からはなんか快楽物質のドーパミンや気持ちを明るくするセロトニン的なものを誘発させる何かが出てるんだよ…だから2日以内に摂取しないと禁断症状が出ます(一度それを過ぎるとしばらく摂取しなくても平気になる)。

…。

うん、ダメかもしれない(ノ∇`)

まあとにかく、タッチパネルがあるんだからお触りしよっか?という要素は、会議室で企画が出た時は「ヤバイコレ世界獲れるやろ…」とテンションがあがるものの、開発室で形にした時「かあちゃん、俺は何を作ってるんだろう」と、自分が何を生み出すためにこの世に生まれたのか疑問に感じているのではないか(想像ですよ)。

僕は興味がなかったのでお断りしたんですが、アニメーションGIFを使ってエ□同人を描いてる同僚から「仕事やめてこっち手伝ってくれない?やっただけ成果につながるから正直、正社員よりもうかるで」とお誘いされたことがありまして、ちょっとだけエ□同人がどうやって作られてるか、造っている人がどうやってるのかを垣間見たことがありますが…、その人はヨメさんに(超美人)「○○くん、○○○(女性の局部)うまく描けてるねw」ってホメられてました…。

あ、人種が違うんだなって思いましたね!あけっぴろげである意味羨ましい(ノ∇`)
あとヨメさんが超美人(二度め)。

僕もここでやりたい放題描いてますけど、知り合いにブログやってることは知らせてませんから、匿名の上でやってるわけです。
黒玉さんの中の人が誰かを知っていてここを読んでる方がいたらどうか黙ってて頂きたい、永遠に。

そんなわけで、デモゲ2は3年かけて「ちょい萌、ちょいエ□の入った燃えるダンジョンRPG」という感じになったんですが…、はたしてうかつに手を出してよかったのか、ちょっと悩んでいます(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 20:43
■慣れとはまっこと恐ろしいもんぜよ@バトガの話。
・はい、以前問題になっていました「遥香っちゃんだまれ事件」。
そのメインヒロインを食うレベルのヒロインっぷりで「聖女さまや」「女神様やー」と寂しく繊細なオタク先生どもの支持を一身に集めていた遥香っちゃん様。
ストーリー第二部において、敵のぬいぐるみ状の生物、アルルことボロ雑巾の「星守たちを分断して精神攻撃をしかけ、心を堕としてやるでしゅよ」計画で、彼女もボロ雑巾の幻覚と口撃に晒されてしまいます。

突っ走るみきちゃんを心配して「もっと気を付けないと」とたしなめ、保健室で治療をしていると、みきちゃんの「あーあ…、遥香ちゃんは心配性だなあー」という心の声を聴かされ、驚かされる遥香っちゃん。
どうやら、たしなめる所までは記憶にある光景のようですが、悪意のある幻覚によって「本音」部分が追加されているようです。

ボロ雑巾はそれを「心配してるふりをして相手に依存している。重すぎる愛は嫌われる元。ムダ元気(みきちゃんのこと)だってウザがってる」と煽り、さらにその優等生っぷりを「他者を心配してる自分に酔っている偽善者。親の敷いたレールの上をただなぞっているだけの…」と揶揄され、涙ぐんで黙り込んでしまいます。

ボロ雑巾は「こんなお嬢さまチョロいもんでしゅねえ、さあ堕ちるがいいでしゅ」とほくそ笑んでいたのですが、突如「だまれ」と笑顔で言われ、はい?と固まっている所に「おまえごときがアイツ(親友のみきちゃん)を悪く言うんじゃねえ」「その舌切り落としてタンシチューの具にしてやろうか?」と不良顔負けのセリフを笑顔で言い放ちます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 20:45
お嬢さまなんか軽くヒネったるわwとタカをくくっていたボロ雑巾はその迫力にビビり、あっさり「お、おとといきたるわ!」となぜか大阪弁で負け惜しみをいって退散します。

遥香っちゃんは、その演技が彼女の愛読マンガ「バイオレンス・アニキ」のセリフだったことを述べ「以外と効くものね」と自分でもびっくりしましたが、ボロ雑巾の言葉を思い返し「私はみきに依存してるんじゃない、自分の意思で人の役に立つ強さを持つ人になりたくて星守になったんだ」と気持ちを改めます。
その強い決意が彼女に新たな力「星衣フローラ」の力を授けるのでした。


…それまで遥香ちゃんは優しくてかわいくて綺麗で美人でたぶんいい匂いがして優しくていつでも見守ってくれる僕だけのマンマなのぉとなっていた先生たちにも「こうかはばつぐんだ」となりまして…(黒玉さんのスタンスは「毛並みのいい女子に一方的に好かれて立場を忘れていけない恋がしたい(*´Д`*)ゲヘヘ」です。彼奴らほど純粋な想いではないな…)。

「ライター死ね」「あれは無理(⊃д⊂)」「幻滅した」「ライタークビにしろ」…と「だまれショック」は多くの繊細な先生のハートをズタボロにしたのでした…!

その第三部特別編が「フルボイス化されました!いよいよアノシーンに声が…!」と公式ツイッターで紹介されたんですが、その画像がまさしく「タンシチューの具にしてやんぞ」のシーン。

公式もアノ破壊力を十分にわかっておられるwww 死ね^^

で、他の生徒のはまあおいておいて、遥香っちゃん編を拝聴したんですが…!
件のシーンは「東京喰種のトーカちゃん」の感じで演じられており「あ、こっちの声もイイ」となりました(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/08 20:45
遥香っちゃんの声優さん、結構「はすっぱ系バトルヒロイン」演っておられるので、舌うちしながら主人公を蹴っ飛ばしたりしますが、生まれついての宿命で悩み続ける悲劇の少女でもあるトーカちゃんの演技を見た後だと初登場時の衝撃も和らいでた感じです。

大人びていて真面目な優等生という見えやすい面に隠れて「恋もマンガがお手本」「ひなたちゃんにアニキ用語(マブダチなど)を教える」など、以外と幼稚な面もあるので、遥香(理解)レベルが低い先生共には敷居の高いイベントでしたね(メガネをクイッとする)。

おまえらが繊細な理由で嫌いになればなるほど純度(遥香押し先生の母数が減るという意味)が高まるのだ!
嫌いになるがいい!


ふむ、遥香っちゃんネタで出たら僕が撃墜されるようなシチュエーションねえ…。

どうみても異性の関係の一歩手前くらい親密なIKEMENに、車で送ってもらったりしてて、それを見つかった彼女が「あ、この人はただの知り合いなんです」とかいいながらベタベタしてくる体を押し退けて(自然なボディタッチ)、見てるこっちが反対に親密さを感じるみたいな、彼女が認めてないだけでもうそれほぼ付き合ってるよね?みたいな敗北感を感じさせるイベントが来たら、かなぁ。

オタクは「気になってる人の異性の友達」の存在に耐えられないからね、しょうがないよね。
そういうのは飲み会で好きだった子が以前の配属先の上司にうちの現場で見せたこともない甘えた声を出して触ったり触られたりのコミュニケーションをしてて「こいつら絶対デキてた上に別れた今もなかよしってヤツじゃねーーーかぁあああああ!」みたいな厳しい現実でお腹いっぱいだよ!
現実が厳しすぎるのが悪い…しゃかいが…わるい…。
ほんとうにこわいのはひとのこころ!
■雑談■@kurotama
2016/09/08 20:45
■島本和彦先生の漫画で言ってたことは本当だった@雑談。
・以前、熱血漫画家の島本和彦さんがエッセイ漫画で高校だか大学の映像コンテストに招待された時、いかんともしがたいもやもやを抱えてしまい、ガマンできずに漫画で不満をぶちまけたことがあります。
プロの漫画家として何十年もプロの世界を見てきた彼からすると、学生作品であるということを差し引いても「つたなすぎる」「起承転結さえないだと…」「パクりを通り越して以下略」などというものは、いくら招待された席であっても一言言いたかったのですが、勇気がなくて現地では「皆さん頑張っておられる」的なことしか言えず、後に名前を伏せた上で「あああ、我慢できない」と不満をぶちまけていたんでした。

結果の感想が「普段文句を言いながら見てる作品でさえ、きちんと幾人ものプロの手を経てきちんとしたものとして出されたんだなと痛感した。プロの皆さんありがとう、ありがとう」という感じのものでした。

たまった「クロムクロ」を見てるのですが、26話でじっくり描けることを考慮したとしても、きちんと話が展開していて段階を踏んで伏線が回収されていき、物語当初の謎や敵の真実が次々と明かされ、敵味方の双方がまっとうに奮闘した戦闘で時々味方に犠牲が出たり、敵のいびつな仕組みからほころびが見え始めたり…。

ああ、きちんと面白い!
この作品だって完璧で最高ではないと思いますが、好みは別にしてもきちんと話が展開してるからね。
好みとか面白いとか面白くないとかの前にきちんと物語が進むって素晴らしいと思いました。

そこまでこき下ろすほどひどくはないのですが、「コメットルシファー」はやっぱり色々ひどかったと思う…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 01:53
■またもや投票イベント開催@バトガの話。
・というわけで、イベントが開催される度に不評しか呼ばない「運動会」の季節がやってきました。
毎日課題と称して3回他プレイヤーとの対戦プレイを「させられる」ものであり、いやいや放置で時間を過ぎるのを待っている先生が大半だというのに「運動会」が開催中は得られるポイントが2倍な代わりに開催時間も2倍の2分という悪魔のようなイベントなんです。

仮に良いものがあると、みんな「(接続が)重いよう、コロプラ死ね」といいつつやったりしてたんですが、徐々に「なにを出されても無視」して態度で示し始め、ついには「運動会が開催されてもガン無視」する先生ばかりとなってしまい、運動会は開催されなくなりました(ノ∇`)

で、今回行われたのが「ほしもりスローガン」という投票イベント。

運動会を独断で大胆に作り替えても良いという理事長のお達しによって、星守生徒の中から委員長を選ぶように言われた先生は、18人を集めて立候補者を募ります。

手を上げたのはこの6人。それぞれ主張が違います(ゲーム内キャッチフレーズをまんま掲載)
それぞれに2人の支援者がついており、18人が綺麗に分かれました。

◆風紀委員のゆりちゃん◆ 支援者:花音・明日葉
汗と涙!超える困難!「青春大体育祭!!!」

黒玉コメント
苦労を一致団結して乗り越えよう!結束を高める為お泊り合宿もあるよという純体育会系の彼女らしい提案。


◆パソコンおたくあんこちゃん◆ 支援者:桜・くるみ
体に優しい超省エネ「オートマチック体育祭」

黒玉コメント
このゲームにはオートモードが1時間につき1回(ストック最大数5)がありまして、おそらく眺めてるだけで終わるものになる模様。
やばい、支持率高そうww

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 01:55
◆小動物牛心美ちゃん◆ 支援者:うらら・蓮華
みんな仲良し「のんびりおだやか体育祭」

黒玉コメント
競争ではなく、全員で運動を楽しくやりましょうよというコンセプト。ドスケベ両刀ビッチれんげ先パイが、優しい笑顔で見守っているのですが(彼女は明日葉ちゃんを最も好いているだけで、可愛い女の子は誰でも大好物、いや大好きなのです)、プレイヤーからもあんこちゃんからもうららちゃんからも「なんかたくらんでない?」と思われていますw


◆マイ嫁の遥香っちゃん◆ 支援者:楓・詩穂
秋の魅力満載♪「アーティスティック大体育祭!」

黒玉コメント
穏やかだけど怒らせると笑顔で威圧してくる系の遥香っちゃん。大食いだけではなく音楽を始めとした芸術を愛する側面もあるのです。
そんな彼女が押すのは「秋と言えば芸術の秋!革新的で独創的な刺激のある体育祭」。
おお、食べ物から外れた!素晴らしい!
絵を描かせれば前衛的な画風のお嬢様の楓ちゃんも星守の中の「芸術派」。同じく読書が趣味の貧乏大家族の詩穂さんも彼女の案を推薦します。
しかし、詩穂さんがよけいな一言…「食欲の秋でもありますね!」と指摘。
遥香っちゃんは「!」と反応し、その要素も取り入れられるようになりました…。
詩穂さん…!


◆むみぃことミミことミシェルちゃん◆ 支援者:望・昴
世界イチかわいい(はぁと)「ふわふわうんどうかい」

黒玉コメント
はい、いつも通り彼女の大好きなぬいぐるみの世界に運動会を染めちゃおうというアレです。
デザイナー志望の望ちゃんの感性にピピっと来たのか、彼女も乗り気、カワイイ衣装でカワイイダンスで応援するよ〜というコンセプトにかわいいもの好きなスポーツ少女の昴ちゃんも反応します。

断言する…この3人は多分無理だw残念です(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 01:55
◆メインヒロインみきちゃん◆ 支援者:サドネ・ひなた
叶えてドリーム☆「夢のスーパー大体育祭」

黒玉コメント
みきちゃんはみんなが楽しくできればいいなということで「全員の意見を取り入れた全部乗せ体育祭」をやろうと提案。
新人類ソフの(最近その設定効力がなくなったよな…新しいフレーズつけよう)サドネちゃんは「みき…(ネタがなくてまるパクりなんじゃないの?の意味だと思う)」と多少呆れ気味ですが、彼女からすればみんなで楽しくやりたいからと自信満々。

パン食い競争はおっきなアンパンがいいなーと言う成長株のひなたちゃん、じゃあサドネはチョコロールパンがいい、と「食欲の秋」感の感想を述べる二人ですが、みきちゃんが「私が作ってきてあげる!」と申し出ると絶句するのでした…。
ホントに迷惑な先パイだよなぁw

しかし、これが実際には一番票取りそうですよね。
だってこれ、勝ち残ったものが望みをかなえられる系の話で主人公が「俺に負けたやつの分も全部叶えられる世界を作るわ…」といって正当性を得るのと同じだもんなあ。


まとめとしては…。

ゲームプレイヤーとして最もイイと思うのは、あんこちゃんの「オートマチック体育祭」。
キャラ押し的には遥香っちゃんのゲージツセンスが果たしてホンモノなのかネタにされるのかが見たい「アーティステック大体育祭!」(フルートはちゃんと上手いです。楓ちゃんの絵画のようにネタ要素はない)
だけど、お祭り的な目線ではみきちゃんの全部乗せ「夢のスーパー大体育祭」だと思うよなあ。

大会委員長に選ばれたキャラは独自の「続きのストーリー」と「委員長衣装」が作成され投票モノが来るたびに「ヤラセ」と言われ続けているアレを打破したいのか「9/13以降1日4回得票の様子を更新し続けます」と発表。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 01:56
そしてその票となるアイテムを得られるバトルを用意して「プレイヤーが頑張ったらそれだけ票を得られる」システムにしてあります。

このイベント用の4ステージをクリアしただけで450票くらい獲得できたので、どれだけやる気のあるプレイヤーが出てくるか、でしょうね。
来週の第1回中間結果発表で大差をつけたら多分そこが1位になるだろうなー。

僕はとりあえず全員に50票ずつあげてきまして(先生ロールプレイ的に全員を支持してあげたいし)、後はどうするか考え中ですね。
僕の中のサボリ根性はあんこちゃんにしろと言ってるのですが、これはムジュンしてますよねw
サボるのが大好きな先生が1位になるほど票いれるわけねーだろwwというね。

大体育祭で楽をする為に頑張ってプレイして票稼ぐぞー^^とかおかしい。
それならみきちゃん案という勝ち馬候補に乗って、そこにオートプレイが充実されるよう祈った方が現実的ではないのか…。

バトガはつぎつぎに新体験を用意してくれるのが僕は大好きですが、出入りしてたまとめサイトが開店休業状態となってコメント欄が荒れてるのよね(´・ω・`)
2ちゃんの本スレはこの前の人身売買ネタでさえほぼ話題にならないくらいやる気無くしてるし、ソゲが長年続けるって難しいんだなーと思いました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 01:56
そもそも掛け持ちしてる人ばっかりだし、同じコンセプトの後追い新作(オルタナティブガールズ、マジガーーール!など)も出て来てるからねえ。

9月はどこも稼ぎに入ってるんだから、9月内はキバりなよ?と思うのですが、次の更新はどうも「第二部8章(最終章)」のようで、今週末から「第二部最終章記念」イベントで3日間ガチャチケットが配布されるそうです。

9/23の遥香っちゃん誕生日に向けて石を貯めているうちとしては「第二部ガチャ(アタリが22枚もあってまず狙いのものがでない闇鍋状態)」はスルーできるので嬉しいけど、前回花音ちゃんと詩穂さんの星衣フローラ衣装が登場してたから、そこに追加してアタリカード24種のスーパー闇鍋にはしない可能性もある…どうなるか…。

まさかの「交換復活」とか来ないかなー。
不要カード3枚を欲しいのと交換できるアレが結局一番みんな引くのよね。
今はそれを廃止して「確定ガチャ」になったんだけど、確定+交換っていう無課金の楽園にしてくれないかなエヘヘ…っていう乞食発言。

ガチャの度に「カブりはやめてぇ」と悲鳴が上がり続けてるわけだし、不満を解消させてヘイト抜きをどこまでできるかが結局信頼を得る気がする。

「オルガ」も「マジガ」もざっと眺めてみても、バトガがやっぱり一番いいと思うんだけどなあ。
アニメ化で盛り上がる前に本編大終了とか笑えませんぜ(本編終了後の話をアニメでという最初から決められていたサービス終了もアリではあるが)。
■雑談■@kurotama
2016/09/09 02:13
■お、おもしろォーいッ!@バトガの話。
・先日クソクソクソと酷評していた秋イベント「月の兎はバニーの夢を見る」のストーリーですが、それのイベント報酬にあった「ほしもり神経衰弱」が、実に面白い。

ゲームは単純なものですが、キャラクターには強さが設定されていて、リアクションや勝ち負けセリフなどはなんと豪華新録!
これ、勝っても特に何ももらえないんですが、ひとしきりプレイしてしまう魅力がありました。

それはこのゲームがキャラゲーであること。
親子や親戚の集まりでやるカードゲームのようなものであり、そこには気遣いや接待などの要素が入ります。
大人が本気出して勝ちに行けばそりゃあ勝てるでしょうけど、それじゃ子供たちは楽しめない。
だから、ちょっと脇を甘くして付け込む隙を作ってあげる。だけどわざとらしいと子供もしらけますから、追い詰めてほれほれヤバいぞーと煽るのもいい。
言い換えると、勝ち負けは要素の一つでしかないんです。主目的はコミュニケーション。

強い生徒(あんこ・桜など知性タイプ)は一度見た絵柄は忘れない為、ガチでのやり合いになりますし、ちょっとむみぃな生徒(ミシェル・ひなたなど、バかわいいタイプ)相手には「あえて手札を揃えずに答えをチラっチラっと見せて取らせてあげる」ような楽しみ方もできます。

で、わざとらしく半分取った後はまぬけに行動してドロー狙いをするのもいいですし、なんていうか、勝ち負けじゃあなく、やりとりを楽しみながら「もう一回、もう一回!」ってキャッキャいって遊ぶ感覚なんですよ。

むみぃ乾燥な神経衰弱も相手をかわいがる気持ちで遊べばシンプルだけどすごく楽しい。
大変良し…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 22:25
将来的には別アプリで「ほしもりポーカー」とか「ほしもりマージャン」とか作ってもええんやで?

ちなみに遥香っちゃんは意外なことにあまり強くなくて「考えていたらお腹がすいてきました…」と、相変わらず驚異の燃費の悪さを発揮していました(ノ∇`)
この子、超勉強できるはずなんだけど…(教室で授業中、居眠りしないのは遥香っちゃんと風紀委員のゆりちゃん、生徒会長の明日葉ちゃんだけです)、勉強中のカロリー摂取すごそうw
しかし遥香っちゃんの場合は「先生に華を持たせて良い気分にさせる」「ちょっとでも長く遊んでいたい」などの小技を仕込んでくる可能性があるという「向こうだって純真な気持ち以外もあるかもよ?」という想像もできて楽しい(れんげ先パイあたりは意外と勝ちにこだわりそう)。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qc3h1QVBBMTEwOWM
ラフな格好(レッスン着という衣装。全員分ある)で、合宿所のお部屋で神経衰弱…。
ちょっとした修学旅行の夜気分ですね。
少し遠いめの札を取ろうとして体を傾けたら、うっかり下着がチラ見えしてドキっとしたりとか、お風呂上りのちょっとしっとりしてる髪の匂いが妙に色っぽかったりそういうアレだ!

ちなみにひなたちゃんあたりだと、答えをチラ見せしながら接待プレイをしても、3回ずつくらい何度も答えを見せないと正解しなかったりと、僕の好きな「数値で個性を演出」してるのも上手い。

唯一の欠点は「(合宿所の)部屋にいる女の子しか選べないこと」ですねえ。
いちいちその子の部屋に行ってトランプ設置してはじめないといけないし、2名部屋、3名部屋だと誰が現れるかは運次第。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 22:26
合宿所に入れてない子と遊びたければ人を入れ替えをしなければならない(Live2Dデータ読み込みの関係上しょうがないけど)。

だけどそのおかげで好きな恰好で対戦できる面もあるし、欠点というよりしょうがない仕様かも。

なんのカネにもならなくても作業日程が3日単位できゅうきゅうに詰まってても、キャラを愛してもらえばいずれガチャ課金するかもしれないってだけの為にここまでするんですよ。
このミニゲームはその出来以外も色々と素晴らしいと思うなー。

■AQUIちゃんの目はうつろ@バトガの話。
・なんかプレイステーション1でソフトがドッバァーッと出まくっていた時期がありまして、そこのキャラでなんかAQUIちゃんというのがいまして、基本的にはキューピーめいたかわいいアレなんですが、まんまるの黒い目が無表情でなんか怖いんですよ。
調べたら出てきましたが「XI(サイ)」というゲームで、確か開発者もそのAQUIちゃんのカワイイようでいて空虚な感じについては狙ってるようなことも言ってた気がします。

まあ何の話をしているかというと…、バトガのイベントバトルというのは最近「クリアしなくても時間が来たらクリア扱い」で終わるんです。
初心者に向けた配慮ですね。
だけどそれを使うと、宿題を「放置でクリアできる」わけです。

宿題というのはイベント開催に依らずに、やりこめば自主的に数十個のまとまった数の星のかけらを稼げるコンテンツで、その中に「難易度○以上のクエストを○○○回クリア」というのがあります。
最初は10回で星のかけら2個とかですが、クリアしていけば最終的に200回クリアで星のかけら75個とか、300回クリアで90個とか入手できるようになるのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/09 22:26
この放置で回数を稼ぐのを危惧したか、最近は「くっそ緩い難易度だけどそれを理由に制限時間も120秒以上」みたいなのばかりでした。
しかし今回は…、制限時間が40秒とかのがあります!
これでクリアしたら「もう一度」を選び続ければ…「放置でクリア回数を稼げる」わけですよ!
まあ、星守は40秒サンドバッグになるので少々気が咎めますが…。

これはチャンス…9/23の遥香っちゃん誕生日に向けて星のかけらが欲しい僕としては剣異でファンタジー北島をやってる間も録画を見てる間もずっと画面を見ずに放置クリアで回数を稼ぎ続けられるわけですよう。

■マロンリボルバー2ぶんの1@PSO2の話。
・さきほどの戦道でマロンエッグ★13がドロップしましたヽ(´ー`)ノ
これでマロンを爆破しては次のマロンに切り替えて爆破する…通称「マロンリボルバー」ができるように。
リボルバーなんで6発いるんじゃあないの?と言われればそうなんですが、復活にかかる時間が60秒だとして、10秒ごとに4〜6回被弾して最大にふくれたマロン投げれるんかいなって話ですよ。
なので3匹で十分。

最近リング育成の為にサモナーで動いてるのですが、マロンで攻撃を全部受け止めていい塩梅にキレかけたら敵集団めがけてぶつけって数十万ダメージ(広範囲に30万ダメージとか)は結構楽しい。
ペットを愛でようとするからおかしかったんだよ。
ペットじゃなくて、シューティングゲーム「R−TYPE」の自律稼働兵器「フォース」みたいに、敵に突っ込ませて暴れさせるとかね、利用し合う関係みたいなのだと思えばいいんだ。

まあガチのフル強化するとチャレンジマイルがあと40万くらいいるとかなので適当に属性だけあげておこう(ノ∇`)
■雑談■@kurotama
2016/09/09 22:36
【告知】いくさの道はダルい道ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/13(土)23時からの「戦道2016」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
というわけで、一本道マップがイースターやいざないのような固定湧きマップに進化するかと思っていたらジャンプ台で合流もできないマルぐる形式に改悪されていてギャフンとなった感じの「戦道2016」。

コレクトファイルの具合から、雑魚戦が多いほうがありがたい作りとなっているので、野良では早くも「じっくり倒して進む」感じとなっています。
運営の意図を素早く読み取って2度めあたりから進め方のコツをつかむあたり、PSO2のプレイヤーはよく教育されているw
最近何かと冷遇されていたwbを阻害する敵もおらず、ひさしぶりに「Raさんがいると楽」な緊急ですね。
特にいやがらせのようにそこかしこでわいてくるお家ダーカーの胴体にwbを張ってくれると大変マシになります。

■18:12追記:22:45分頃からウィスを受け付けておりますー。

まあそんな感じの緊急ですが、せっかくですから身内でやってみませんか!
よろしくおねがいしまーす。
■告知■@kurotama
2016/09/10 18:13
■フレパリストが更新されました!
・すいませんウソです今作業をしています。

【終了】いくさの道はダルい道ツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、本日はAquaさん、トアさん、ストロボヤンマさん、Gorgorthさん、ヴィクターさんが来てくださり、6名で周る感じになりました。
皆さん手慣れた感じなので、野良でやるより早いくらいの感じでサクサク進めたのがよかったですヽ(´ー`)ノ

さすがにあちこちに動き回る双子さんとガルグリの相手には苦戦してしまったものの、あれはなんだ、足折ったり感電させたところを数で攻めるボスだからね…。

うちはサモナーで職キューブとリング経験値目当てで出撃させてもらいまして、多少マロンの扱いにも慣れてきたので(※操作方法が、ではなく、どれくらい痛めつけてどうやって投げつけるか具合の話です)、マロンチェイスでそこらじゅうにケンカ売りまくってヘイトが向いたらマロンシールドで呼び戻して連中の怒りをその身で受け、スキをついて投げつけて辺り一面に40万ダメージとか与えてケヒヒって笑うプレイをしてました(注:黒玉さんが笑っています)。
ペットを盾にするなんてかわいそう とか思わず、ペット状の指向性地雷とでも思っていれば心も痛みません。
カッコよく言えば「我はつるぎ、魔を討つつるぎ!」みたいなね、まあ投げつけるんですけどNE。

そんなわけで、ボワン様とか初めて見ることができたり、ヴィスボルトやなんか壁を生み出すのを飛び越えるやつとか面倒なEトラがでなくてよかったったですが、エンペラッピーも一回も登場しませんでしたね…。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/11 01:54
ボヤンさんが★13の新ブーツをゲット、トアさん、アクアさんがジグモルデさんからヴィオラエッグ★13を得た模様です。
おめでとうございます!

今回のガルグリは旧版のガルグリ武器も落とすので、実は新版が出ただけでラッキーなんですよう。
また、★13エッグは高カロリーなので、レベル100以上のペットに使うと結構ゲージが伸びますぞー。
ヴィエラエッグ★13は多くの方が大和連発でゲットしてると思われるだけにちょっとアレですよね(;´ρ`)
使えないとは言えませんが、フル強化したワンダを持ってるうち視点ではそこまで重要度は高くないエッグですね…。

ちなみに今回の2016年度版で新追加された要素がこちら。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qYS1GVXNNdzNIQjg
真ッ赤なおつきさまです。「なんでないの?との声があったので今年から入れた」とディレクターさんが言っておられたんですが、EP3のハルコタンのムービーにでも出てたんですかね、赤い月。

野良だとあわてて次受けな!と駆けているので全然気づいてませんでしたから、結構な収穫だったと言えます!

その後カフェでお喋りをしているとアテメさん(エセットさん)、Nierさんが来てくださって、色んなお話をしていました。
1時になって落ちる方が居られたので、こちらも解散という感じになりました〜!

みなさん、またよろしくお願いしまーす!
■終了■@kurotama
2016/09/11 01:54
■全軍突撃!(ヤシャシーン)を聞くたび「おまえそれ言いたいだけやろ」と思う@剣異の話。
・いえね「アルスラーン戦記・風塵乱舞」8話をイッキ見してて「特に感想はない」感じだったんですが(ソツなく消化試合を見せられた感。出来は普通にいいですが不思議と感想は何も浮かばない。漫画のほうでは早々にザンデ死んでなかったっけ?くらいのうっすらした印象)、CMとかでとにかく「ヤシャシィーン!」と言いまくるんですよ。
わかるわかる、言いたいよねヤシャシィーン!でも不慣れっぽい女子ナレーターが無理やりやしゃしーん!と言ってるのはゲンナリしました。
張れよ!こう…声を…!プロでしょうあなた!クキィーッ!という感じ。
仕事でやってるんじゃあない…もっとこう、やる気出していこうよ!

で、これがどうして「剣異」タグなのかというと、終盤にさしかかったファンタジー北島(度合いの低い効率の良い場所でえんえん稼ぎ続けること)、キラーエリートネコたちの育成もずんどこ進んできて、はっきりいいますと「2周めの敵レベルが上がりきった終盤で戦う戦闘能力」を有しているのに、いまだに序盤の終盤のオーク村襲撃を続けているわけです(ノ∇`)

だってなぁ、オートバトルで0.5秒で8000経験値、繰り返して敵レベルを上げると16000経験値も狙えるし、それをおよそ30回繰り返して、アイテム欄パンパンにして帰還すれば1万ゴールド(本当は血晶といいます)稼げるんですよ。

1サイクル10分。しかも4−5回その遠征を行えば「すでに倒した血統種がリスポーンする」ので、それが出たら転職前のスキルをセットする枠を増やせる「奥義の器」を出すまでリセマラし(そこそこの強敵相手にリセマラできるあたり、うちの戦力がクリア後レベルというのがよくわかる)、UTUWA狩りです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/11 03:21
でもですね、そんな快適な北島ライフも時々災難に見舞われます。

オートバトルをするとネコが一匹死亡している(一番酷い時は2匹死んでました…)という…。
そしてパラメータがそこまで高くないサブ盾ニンジャのヨシミさん(人間)などは、なんとリーダー敵から「殴りかかる→敵のスキル『反撃』が発動→急所判定で即死」などをもらってました(;´ρ`)

ネコたちは生まれ持った才能で「不屈の肉体(急所攻撃・麻痺攻撃を100%防ぐ、ナイト21レベルのスキルと同じ)」を持っているので、急所攻撃は無効でしょと思ってましたが、やはり狩りの終盤、敵レベルが+20を超えたあたりでやしゃしーん(突撃)すると、時々死んではる。オートバトルボタンを押した後、死亡ボイスが聞こえたら誰かが返り討ちにあってるわけです。

厳密には違うけど、オートバトルは「シュレーディンガーの猫」状態。
フタを開けるまでそのネコが死んでいるか生き残るかはわからないわけです(ボタンを僕が押してる時点でやはり違うものだけど)。

このゲームは死からの蘇生と、死亡可能回数の「生命力」を回復させるのに20回ほどバトルをお休みしないと快復できませんので、お金を投入して「即時回復」したいところですが、それをやるとお金が4万ほどなくなりますからキビシー。

手持ちの良い武器をちょっと+11から+20にしたら2万ほど消し飛ぶような感じなので、できれば「即時回復」はしたくない。
ただでさえ転職を繰り返して1回の転職に3万とか4万かかるようになってるんだから…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/11 03:21
そんなわけで「ログ」を確認してみると、敵レベルが上がるとリーダー格の攻撃をもらうと最大800ダメージくらい受けているらしい。
このオーク村がどうしておいしいかというと「強力な攻撃力を誇るリーダーが手下を盾にしてとにかく後方に逃げる」思考ルーチン(後方にいるリーダーは範囲魔法で削りに入るので致命傷にはならない)に対して、ナイト15レベルで習得する「闇の騎士道」というスキルが、敵縦列を貫通する1.5倍撃(精霊・人族に対して。オークは人族扱い)が実に上手く機能するからなんですよ。

なのでみんな取りあえずナイト15を経験してくれば効率よくその威力を敵全体に与えられるわけです。
しかし防御を役目とするナイトの攻撃スキルですから、リスクもありまして…、それは「自慢の防御力を半減させる」なのです。

前作であるデモンゲイズは気のせいか「こちらの武器の攻撃数値−敵の防御数値」はイコールであり、防御40の相手に攻撃160で斬りかかると120ダメージ与えるような「絶対値」制の感覚なんですが、wikiとかみてると同じシステムを流用してるはずなのに、剣異の場合は「相対値」制な気がするんです。

ええと、つまり、攻撃力160と防御40でも、レベル差に応じて「レベル差補正」がかかり、同じレベルなら受けるダメージは120ですが、レベル差1につき補正が入って、20レベル差なら80%増しの216ダメージみたいなね。
なので防御半減の入ったスキルでくらう反撃はその差以上にあるような気もします
(;´ρ`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/11 03:22
考えた結果、敵を倒したりなんだりでリーダーがターン開始時に最前線にいるターンは、パーティスキルである「黒金の壁」を使用して物理被ダメを50%減しないといけないなーという感じに。

このゲーム独自のシステムで、アイテムを輸送する部隊を姿を消して欲しい種別、敵を狙って経験値とアイテムをゲットする「待ち伏せ」というのがありまして、それを実行する為のポイント「士気」はパーティスキル使用にも消費するので、できれば消費したくないのですが…。

やしゃしーんする度に死の危険があるのは厳しいことから、用心戦法でいくことに。
刺激がないから、この未完成パーティで中盤ダンジョンの探索初めてもいいかもしれないなァ(;´ρ`)ノ

余談ですが、漫画「ベルセルク」において、少年剣士が主人公ガッツに「オレに戦い方を教えてくれ」とお願いした時、小柄なその身で無理をする彼にガッツは言いました。

「何十年も修行して剣豪にでもなってから戦場に出るつもりかよ。おまえは今体格も技も持ち合わせてないんだから、今あるものを活用して生き抜くしかないだろ(意訳)」

と。

すいません、うちの剣異のパーティはダンチョーの指導によってクリア前から「クリア後の敵と対抗できる力」を蓄えてから本編を進めようとしています(´・ω・`)
なんかほんとすいません。
■雑談■@kurotama
2016/09/11 03:26
■これはいい…これはいい絶叫アニメ@雑談。
・秋のアニメに向けて、HDDの中身を消化する「大アニメイッキ見祭り」。
ちゃくちゃくと進んでおりまして、次は「甲鉄城のカバネリ」です。
ちょいと古い世代ならまず知っている「美樹本晴彦」氏キャラデザの「和風xスチームパンクxゾンビ物」アニメですね。
大分古参の方なんですが、時代に合わせて少しずつ絵柄を変えて対応しながら、それでも自分のラインは崩さないことで、現役を保ち続けておられる、大変良いイラストレーターさんです。
アニメのほうも、主人公の線は太く力強く、女子は止め気味のカットではすかさず「イラスト風」の高級仕上げにして(1〜2話って言ったら最初の話数だから、一番予算かけるとこだから、当然だけど)美樹本氏キャラデザを活かす方向性であり、とっても良し…!
バトルヒロインのほうの「無名(ムメイ)」ちゃんのスタイリッシュガンアクションもすごくよかったですねえ。

脚本家さんがアノ「大河内 一楼」さんということで若干不安がありました。
いや、有名脚本家なんですよ、コードギアスとかキングゲイナーとかターンエーガンダムとか、サンライズの有名アニメでシリーズ構成(物語の管理をする係。脚本の頭と言ってもいいのかも)を手掛けているエリート脚本家さんです。
まあ時々本当にダメなシナリオをやるので、有名人なんですがアンチの方もいる方ですね(;´ρ`)ノ

しかし…、今回のカバネリは、1〜2話時点ではすごく引き込まれます。
主人公一話でカバネ(屍、ゾンビのこと)になるけど意識は保って、第二話では人間じゃないけどゾンビでもない状態の「カバネリ」となり、鉄の機関車で首都に逃げる民衆を護衛することになります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/12 01:19
どこかで「またエクソダスかよww」と聞こえた気がします!
大河内さんは「列車で現状から逃げ出す逃亡劇」展開大好きっ子で、なぜか彼が関わる作品は大型の乗り物に色んな人を詰め込んで逃走するシチュエーションが多いのよね(ノ∇`)
ちなみにエクソダスとは「逃亡」のことで「キングゲイナー」で作中で言われていましたね。

主人公は後先考えない突破型で、過去に姉?妹?幼なじみ?を目の前でカバネにされて泣く泣く見捨てた経緯から、大変暗い情熱で彼らをブチ殺せる武器を作って自らの手で、そして意志のある者たちが立ち向かえるようにと日々研究を続けてたんです。

声にやたらと力がこもってるからなんだと思ったら「うしおととら」でうしおを演じてた方なんですね。
聞き応えのある少し荒っぽい感じが小気味いい、イマドキ珍しい「熱血声」ですね。
他人事ながらのど大丈夫なの?って思いますが、ただ聞いてる分には大変良し。

剣異をやりながら…と思ってたんですが、がっつり画面に張り付いてみることにします(ノ∇`)
ただちょいと不安なのは、どこかでちらっと「1話が一番盛り上がったアニメ」の中でカバネリがあったような気するんですけどw
そりゃあ第1話(カバネリの場合は1〜2話で1話扱いですね)で客掴まないとだし、各雑誌や記者たちに試写会するからねえ。
落ちていくのかもですがそれはまた自分で見て判断するということで!

■あれぇ先日7章やった気がするんだけど@バトガの話。
・明日より「第二部第8章」最終章が公開されます。
第二部は花音ちゃん、詩穂さんのアイドルユニット「フォルテシモ」が中心となって、地球を救った星守でさえ敵わない新たな敵「人型イロウス」とその謎、星守でもないのに星守よりも強い二人組を中心に描かれてきました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/12 01:24
人型イロウスは人の心の闇につけこんで人より生み出すイロウスであり(イロウス体が倒されると本体は意識不明から快復できる模様)、実はフォルテシモの二人も「とても素養のある人型イロウス」として力を引き出されてイロウスを狩っていたのです。
あれこれありましたが星守と共闘するようになったフォルテシモの二人。

星守たちと充分近しい存在になった所で、協力者のフリをして全ての出来事を操っていた黒幕は、より心の闇が深い詩穂さんを追い詰めて、最強の人型イロウスとして覚醒させます。

一般人からも次々にイロウスが生み出され、対処に追われて疲労困ぱいの星守をつぶすため、迫る闇詩穂さん。
黒幕はどうやら「星守」という存在に深い憎しみを抱いているようで、苦しめて痛めつけて叩き潰さないと気が済まないようで、こういう手の込んだいやらしい攻め方をしている模様ですね…。

ずっと親友だと思っていた詩穂さんの「本音(悲しすぎて歪んでしまっていますが)」を聞いて大きな心的ダメージを受けた花音ちゃんは、二人がアイドルデビューした時の思い出の衣装でもう一度彼女に自分の気持ちを伝えると言って単身闇詩穂さんの元に行きますが、言葉も歌も届かず、闇詩穂さんの放つ攻撃によって深手を負ってしまいます。

分かって欲しいタイミングで巧みに話し合いをできないように仕向けられ、不当に暴走させられた詩穂さんは、花音ちゃんの必死の想いを受けて自分のしてしまったことを後悔。
手をこまねいて見ていた星守たちは、自分たちの力の源である歴代星守たちの想いの詰まったブローチから神樹さまの力を感じ取ります。
この感じは、第一部終盤にて、敵の新人類ソフと名乗る少女、サドネちゃんを星守として認めた時と同じ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/12 01:24
花音ちゃんと詩穂さんの想いを叶えるために力を込めると、黒幕によってむりやり力を引き出されていたフォルテシモの二人は晴れて正式な星守となっていたのでした(バトガの基本は「乙女の純粋な祈りが奇跡を呼ぶ」感じです)。

自分のしでかしたことにまだ迷いのある詩穂さんですが、今やらねばならないことは街にはびこるイロウスの排除、そして護る者のいなくなった黒幕と決着をつけることです。
星守最後の戦いが始まる!


というところで前回までは終わっていました。あ、第二部で最後とは別に言われてませんが、なんとなくもう敵っていないのよね…。
いちおうラスボス「イリス」と共闘してはいるが手下ではない、空飛んでしゃべるぬいぐるみのアルルという名前のボロ雑巾が所属不明ですから、ボロ布の飼い主が第三部で出てくるのかもしれません。

しかしあれだ、4月から9月末の半期で第二部終わらせおった…すごいスピード感だなぁ。
これでも「1年めを2周しててやることないから、パラレルワールドでアイドルモノしよっか」の「アイドルガールアフタースクール」も4話やってるのよね。
プレイしてる方は楽しいけど、ハイペースすぎて心配になるわ。

そして、第三部があるのかどうかはわかりませんが、ここはツイッター広報がしっかり仕事をするので不安はないですねー。
アニメ化も控えているわけで、来年に向けてアニメタイアップ企画が出るとは思いますが、また新キャラが増えるのかどうかも気になります。

そろそろ「交換」をね…へへ、再開して頂けませんかねぇ…。
もう押しが来るか来ないかにビクビクするのはたくさんだ!倒さないと…(カバネリのセリフを改悪)
■雑談■@kurotama
2016/09/12 01:24
■やることたくさん@雑談。
・カバネリの続きもみたいし、剣異をプレイできる時間もどんどん減っていくし(9/29にはデモゲ2がきます)、ジャンプで僕が注目してる新連載2作品も好調だし、バトガの第二部最終章も実装されたしでやることがたくさん。

特にカバネリが面白いのがいい。消化って感じじゃあない。バトガのほうは新ガチャで第二部終盤の二人のカードが計4枚追加されたガチャがあって、ご祝儀に星のかけら50個消費してみじめに単発2回やってきましたが大轟沈(ノ∇`)

なんかすさまじい高性能カードになってる上に、闇落ち詩穂さんがなでても不機嫌にさせても上機嫌にさせてもヤバいw(色々な意味で)と、詩穂ファン及びヤンデレ好きにはたまらない出来になっている模様。欲しかったなーw

次のガチャは何が来るかわかりませんが、9/21に向けて石を貯めておかないと…。

【告知】ジョジョ第4部第24話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/12(月)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。
今週は緊急の具合によって月曜日となりました。すいませんー。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/09/12 19:43
【終了】ジョジョ第4部第24話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はハツナビーストさん、Ivoryさん、エリシアさん、Gorgorthさんが来てくださいました。
おひさしぶりのIvoryさんは先日のPSO2生放送第45回に参加されていたようなので、お話をじっくり聞かせてもらいましたが、そうしたらエリシアさんのタイムリミットが来てしまいまして、JOJOを観る前に落ちなくてはいけなくなってしまいました。
すいません(;´ρ`)ノ

でもまあお喋り自体は楽しんでいただけたようでなにより!

で、JOJOを見始めたのですが…、今回もすごい緊迫感で進む30分であり、派手なアクションもスタンドバトルもほぼないというのに会話劇とラスボス吉良さんの醜悪な様子、ジョースター家の男たちの根性や洞察力も垣間見えた素晴らしい回でした。

康一くんも承太郎さんに「心では勝っていたぞ」と褒められるくらい、力で負けても意地は見せつけることが出来ました。

しかし素性・名前・顔、そのすべてを知られ、追い詰められた吉良さんも、スタンドエステ「シンデレラ」の彼女の力を利用して顔と名前、指紋など「吉良良影」の痕跡を全て捨て去り、見事に逃げおおせて街の中に消える形で逃亡に成功。

まさしく「一進一退の手に汗握る攻防」というキャッチコピーをつけたくなる出来でしたね。
吉良さんが本格登場してからのJOJO第四部アニメは本当に素晴らしいです。
「息を呑んで見守る」と言ってもいい状態で見ておりますぞー!

終了後はJOJOの話や「クロムクロ」が良い出来であること、PSO2のストーリーの話などをしていましたが、1時半となってしまったので解散しましたー。

それではまたよろしくお願いします!
今日は短くまとめてしまいました(ノ∇`)ハヨネナ
■終了■@kurotama
2016/09/13 02:58
■酔った勢いって怖い(⊃д⊂)@バトガの話。
・あまりにも闇詩穂さんのヤンデレがステキで、ちょっと心中してもらいたいなぁと思い(サドネちゃんが子犬くらいに思えるくらいのヤンデレっぷり)酔った勢いで、さらにみじめに第二部ストーリーガチャ1回、クライマックスガチャ2回で単発3回ガチャをやったんですよ…(星のかけら75個も消費。ステージ初クリア報酬6個だからね…13ステージ分やぞ!)。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qemNXVDJzbTZGSWs
おほっ、ってオマエかーい(ノ∇`)ちなみに右は「第二部最終章」のクリア画像。コトが全て終わって神樹ヶ峰女学園に転入してきた二人の図です。
もとの学校の奏乃宮女学園(かなでのみやじょがくえん)の制服の方がよかった…!

いやいや、オマエとか言ったら踏まれますよね…。あなた様でしたか…星衣フローラ花音ちゃん。
なにげにすごい確率だと思うのですが、ツインバレットで電撃評価はA。

先日もらった誕生日花音ちゃんはツインバレットで「10コンボでロック位置に10ヒットで60倍、距離を調整すれば120倍、スキルバーストを仕込めば240倍」を持っているので、正直に言いますと劣化版でしかない(´・ω・`)(誕生日花音ちゃんが対単体に特化しすぎた凶悪すぎるカードなのが悪いのだけど)

むぐぐ、残念。
酔った勢いでコトを成すのはやめたほうが良いというお話でした…。
この減った75個どうすんのコレ!誰が埋めるっていうんだ…!
■雑談■@kurotama
2016/09/13 04:47
■カバネリ視聴終了ヽ(´ー`)ノ@雑談。
・うん、6話までの「脱出編」と8話以降の「激闘編」にかっきり分かれた感じでしたね。
6話までできっちり世界と人物を描き、無敵のバトルヒロイン無名(以下ムメイ)ちゃんも「悪い男にだまされている弱さ」のようなものを見せた所で、7話で一区切りつけて8話からは幕府の精鋭カバネ狩り部隊「狩方衆(かりかたしゅう)」が登場。
彼らを絡めて終盤戦にみっちり5話(正確には5・6話も終盤の伏線として重要)を使って混乱と物語のひとまずの収束を描きました。

ここから美貌の王子様「美馬(以下ビバ)さま」が登場、ムメイちゃんの言う「あにさま」は彼ということが判明します。
しかし主人公の生駒(以下イコマ)は彼のことを疑わしく思っています。
彼はムメイちゃんとの交流を経て「あにさま」にカバネリ(意識を保った半ゾンビ人間。限界はあるが高い身体能力だけを活用することができる)にさせられていることを知ったのです。
妹をカバネから救えずに見捨てて逃げ、戻った後で「自決袋(ゾンビ化するまえに自分で心臓をつぶす指向性爆薬)」でカバネと化した妹をその手にかけた過去を今も後悔し続けている彼は、意識しないうちにムメイちゃんに妹を重ねてしまっていたのでした。

ビバさまは表向きは国の為、外のカバネを狩る部隊のリーダーとして10年もの間功績を上げ続けてきましたが、実は10年前に遠征した九州において現将軍の父の命によって補給を絶たれ、謀殺されるはずだったのです。
しかし彼は生き残り、同志を集め、カバネの力を取り込んだ「カバネリ」を作り、力をつけて今一度将軍の元へ帰ることを目論んでいました。
当然、復讐の為にです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/13 21:15
彼は父を含めた人間を「みな臆病者だ」と評し(おそらくは)人を裏切り、切り捨て、自分だけは生き残る…、そしてその思想が形になったかのような、父の治める幾重もの壁に覆われた首都を「力のないものは死ぬ、力のあるものは生き残る」状態…、つまり、ぶち壊してしまいたかったのです。

イコマは早い段階から彼を危険だと判断、ムメイちゃんを彼から切り離すべきと感じ敵対しますが、ビバさまはイコマたちの避難列車を利用して首都に乗り込む計画の為、避難民から血を獲ったり、人質同然の扱いをするのです(カバネリの運用には人間の生血が欠かせず、ビバさまの手元にはムメイちゃん以外のカバネリ兵もいます)。

なんやかんやあってビバさまが10年かけて用意した手段は首都の壁をやぶる力を持つと判断され、ついに復讐が始まります。
彼らの巧妙な計略と、捕らえておいたカバネを街中にバラまく非道な作戦で首都は壊滅。

その祭、攻城兵器的に使われる、カバネ群体のコアとして使われているムメイちゃんを救う為、イコマはあらゆる無理をしてなんか上手いこと頑張って物語を解決に導きました。

ふわっとしてるのは面倒だからじゃあないですよ!あらすじだけではわからない魅力をいつか見て頂く際に損ねないようにしようと…、いえすいません結構複雑なので面倒だからです。


率直に言いますと、面白ぉーいッ!となったのは4話くらいまでと、ひとまずの勝利、そしてみんなが「これからもがんばろう!」となった中盤最後の息抜き、七夕の話(7話)くらいですかねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/13 21:16
やはり4話で一回カバネリの話は終わってて「俺たちの旅はまだまだつづくぜ!」からの、5〜6話で最終盤の核となる設定の敵、及び、ムメイちゃんの実態を描いて今後の不安を煽り、ごほうび回で楽しげなレギュラーの姿を描いて、見てるこっちからしたら「この中で何人生き残るのかなぁ…」と不安になる感じから、案の定の不穏展開。

8話以降は逃亡劇が陰謀劇というより、甲鉄城の面々がビバさまの復讐劇に巻き込まれる話に変わってしまうので、激闘編(勝手に名づけた)はイコマくんあまり絶叫する機会もなく(絶叫芸がウリの声優さんだからね)、ちょっとこう、カタルシスのない「ため」の時間が続くのよね。

それでもつまらないとか、脚本が不安だ…とか、今なんでこうなったんだっけ(´・ω・`)とかならないのはよかったですけどね。
むしろビバさまの配下の連中さっさと無残にくたばらないかな(#^ω^)ピキピキとなる描写が多かったですね。

話が終わってみれば12話が終わった後も「俺たちの旅はまだまだつづくぜ!」でした。
すごく続編の匂いがしますね。
先日
だいたいカバネがどうして発生したのかとか一切解決せず、現状からエクソダス(脱出)するのでいっぱいいっぱいだったしね。

ビバさま配下のカバネ研究のマッドサイエンティストは存命しているので、彼が色々知ってそうだったんだけど、放逐しちゃった?からなあ。
お飾りの姫様がどんどん成長していって頼もしくなるのもよかった。

とにかく、まあ面白かったです。
僕の中ではあまり評価の高くなかった「大河内一桜」氏ですが、今回は最初・中盤・終盤の大きな展開(僕が面白ぉいッっていってたとこは大体)は、ほぼ彼の脚本だったので評価を修正せざるを得ないかもしれませんね!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/13 21:17
そういえばなんか違和感を感じてたんですが、途中で気づきました。
このアニメ、昨今では珍しい「二重カゲ」の描画なんですね。
深みが出せる代わりにくっそめんどくさく、TVアニメではなかなか見られない…オリジナルビデオアニメとかのクオリティでしょうか(昔の話ね。今はカゲは1段階だと思う)。
だけど美樹本絵ならこれくらい濃いほうがいい気もします。

ダメな点とかなかったし、絵柄もそこまで崩れなかったし、ヒロイン勢はアップだとやっぱりCG塗りになる処理かけてたし、結構満足。
次はどうしようかなぁ、アクティブレイド2期がそろそろ終わるので見始めようかなあ。

10月からは楽しみでしょうがない「鉄血のオルフェンズ2期」開始ですからね。またアトラちゃんが不幸にならないように祈りながら見守るのが始まります。
そこにかぶらないように済ませたいので短めのいこうかなあ。

■お酒は人生を狂わせる!@バトガの話。
・そういえば昨日酔った勢いでできた子(違う)、星衣フローラ花音ちゃんも撮影してきました。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUUZ2WjJEU01iVHM
うう、あいかわらずナチュラルに蔑んだ感じで見てくるのがツライ!これを見ると遥香っちゃんの不機嫌や覗き後のぷんすかしてるのなんて、まだ愛情がこもってるというのがよーくわかる。

第二部最終章一歩前で初めて先生のことを「アンタ」ではなく「先生」と読んでくれた花音ちゃんですが(くっそニブい先生はその衝撃的事実に気が付いていませんでした)、このなでセリフは花音ちゃんの基本セリフですからね(星衣フローラ衣装固有セリフは拾えなかった)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/13 22:22
実はうちは花音ちゃん★4カードは実装済みのものは2枚を除いてほぼ来てまして8枚中6枚も来ているので、かなりコンプに近いすごい状態なんですがそれによって見ている「より親密なストーリー」などではさすがに「こんな私によくついてきたものね」くらいにはデレてくれるんですよ。
だけど基本的にオトコ嫌いなのか、初めての出会いでいきなりToLoveるばりにドデーンからの大事なとこに手をついてしまったアレがまだ引きずられているのか、先生のことはゴミ無視かミジンコか椅子くらいにしか見ていませんからね。

ちなみにヘンタイって言われて喜ぶ人種、素足で踏んでやるんだからがご褒美にしか思えない人種、アンタ椅子になりなさいよと言われてはふぅとなる人種などがいることをわかっておられない模様で、1コマ漫画でもドスケベ両刀ビッチれんげ先パイからも「そのままの花音ちゃんでいて欲しいわぁ」とほっこりされています。

残念なことに僕にその属性がいまいち備わっていないので、花音ちゃんはタダきっついだけの女子、なんですよね…(ノ∇`)
どちらかというと好みの詩穂さんはまだ3枚しか来てないのよなあ…(しかも強カードに限って来てくれない)。
■雑談■@kurotama
2016/09/13 22:22
■こちらは良い話題てんこ盛りでありますなあ@バトガの話。
・自由な体育祭を投票で決めよう!という企画が進行中でして、不正だのなんだの言われないように1日に4回、リアルタイムに集計結果を公開しますイベントが開かれています。

本日から得票数が発表されましたが…、こういうのは初回の投票数で大勢が決まる(ビリに投票しても死に票となる可能性が高い為、勝ち馬に乗ろうと切り替える人多数となる現象)ので、結構大事…。
18:00時点ではこうでした。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qX3A5S1hWQzJuMms
おお、遥香っちゃんの「アーティスティック大体育祭」が得票数4,414,342でトップです!
2位のあんこちゃんの「オートマティック大体育祭」が3,472,145で100万票の差がありますね。

先日のフィギュア選手権で猛威を振るったくるみちゃん、詩穂さんは登場していませんでしたから、消去法で…という感じでしょうか。
ちなみにミミちゃんはまた3位。
ここの所の投票企画では必ず上位に名を連ねるのに3位以上にはなれないっていう…w

遥香っちゃんは支援者に詩穂さんが入っていますからね、彼女の絡んだストーリーに期待が集まったという所でしょう。

はい、どうして遥香っちゃん押しの黒玉さんがちょっとテンションが低めなのかといいますと…。
「あんこちゃんのオートマティック体育祭」に惹かれているからです…!

僕的には「おまえらまたあの接続障害に等しいマルチプレイやりたいのかよ」という意見(;´ρ`)ノ

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/14 03:03
遥香っちゃんのゲージツセンスがギャグに落とされるのか、それとも支援者の楓ちゃんの手による前衛美術めいた異空間ができあがるのか…、アーティスティックなはずなのに、先生に「選ばれたらパン食い競争を増やしたいなあって…」と相談してるとか、もうすでに「食欲の秋」に切り替わってるとかしてて結構不安なんですがw

そこに1位の半分の210万しか得票とれていないメインヒロイン()の6位みきちゃんが「だったらわたしがパンを提供するよ!」となり、それを唯一普通に食べられる実行委員長遥香っちゃんが「ありがとうみき…」とOKを出せば、地獄がこの世に現れるのは確実…!

そうでなくても彼女の盛りで○○食い競争とか出されたら、食べきれずにあががとなる選手を尻目に彼女が1人でニコニコ完食してぶっちぎりの一位になる未来しか見えない!

遥香っちゃんのヒロインポイントを少しけずってもいいのなら面白い展開になりそうですが…!
なやむなー。

あと、投票で捧げる「タスキ」が、25ポイント(なでなでは100〜150ポイント)の親密度アップアイテムであり、数百本単位で投票すると無駄に親密度が上がるリスクもありますからねえ。
「遥香っちゃんは基本的になでなでで親密度を上げる」とするうちの育成方針にも反する…!

9/23の誕生日ガチャが控えてる手前、なんか気分的に笑顔で威圧されたい感じではないしなぁ(ネタが枯渇すると、たまには笑顔で威圧されてこよう(*´ω`*)ってなることがある)。

■追記:心を鬼にしてあんこちゃんに2000票入れたら親密度が63→66になった…!
無駄に親密度が上がるのをあまりよしとしない僕はこのイベントはここでおしまいかもしれません…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/14 03:13
ここで話は変わりますが、シルバーウィーク特典として、9/16〜9/30の期末までの14日間ログインすれば「パティシエ修行中みき」の★4カード(ソード)が全員にプレゼントされるとか!

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUUZ2WjJEU01iVHM
おお、さすがに多分レシピは守ってるんでしょうね…、いつものみきちゃんの調子でやったら「営業停止にする気か」と1時間でクビになること間違いないですからね…。
多少未来の姿ということでいいのかなー。
条件が緩い為、ほぼ「全員プレゼント」となるこのカード、攻撃スキルがこれまでにない「メガスキルバースト」というものらしく、現在うちの主力であるソードがまた強くなってしまいますねえ(*'-')

いやー、ほんとバトガ運営は頑張ってるよなあ。
10月からはおそらく第三部が始まりそうですし、今後も楽しみです。

問題は僕のバトガアカウントがそろそろ限界な気がすること。
自主的に星のかけらを掘る余地がなくなってきたので「イベントごとに1000個用意しておく」が困難になりつつあります。
本来ならそこで「星のかけら購入勢になってえな」なんですが、ガチャに課金は嫌でござる。

なので、なんらかの形で複垢にしてその時の状況でおいしい方を…みたいなのにしたほうが良さそうでもあるのよねー。
一応9/23の遥香っちゃん誕生日という大消耗イベントを終えたら、後はクリスマスとかに向けて貯蓄モードに入れるのだけど。
運営が古参を継続させるために「宿題全リセット」とかやってくれればいいんだけどなぁ。

そういう意味でも10月には期待しています。
■雑談■@kurotama
2016/09/14 03:13
■450万ID突破記念だそうです@PSO2の話。
・期間限定キャストパーツガチャがある意味妥当とはいえ500円のゴールド限定でしたね(;´ρ`)
そこはまあよしとして、GV(グラデーション)版が入ってるのは悪意ありと思いました。
GVは後から出たので値段もお安く、はっきりいうとハズレなんですよね(パーツによっては味わい深いのもありますが)。
しかも回数ボーナスが500円版のと思えないくらいショボいw
いや、でもここをあまりに豪華にされると出費がヤバいんでしょうね。

今回は

2回(1000えん):クワトロアンテナ
5回(3000えん):リーダーアンテナ
10回(5000えん):ラミア・フェイス

となっております。
ラミアフェイス欲しい人は5000えんで確実にゲット!

後から特定のデザインの衣装が欲しいと思うと、40分の1の確率に挑まないとなんですね。
確率は一応、全て2.5%で一応均等だとは言えますが、人気衣装はGVが混ぜられてるからアタリ確率は半減してるわけですが。

…、うん、まあ、基本無料ゲーの問題点はPSO2がよくあぶりだしてくれたって思います。
だっていちいち運営を疑う目で見るようになるし、お金をもうけようとする施策が全て「あざとい」と映ってしまう。

FF11が多くの人にMMORPGの素晴らしさを伝えることに成功し、その中の多くの人に「楽しかったけどもう二度とMMOはやらんわw」と教えてくれたのと同じだよね。
そう考えると有名タイトルの責務は果たしたと言えるんじゃないかなって(苦笑)。
次の作品は月額制にしたらいいと思うよ(´・ω・`)
でもここはPSUで月額課金+アイテム(サービスごと)課金のハイブリッドをやって失敗?してるからなぁ。
■雑談■@kurotama
2016/09/14 19:49
■魔将より奪いし斧槍の輝き(前編)@剣異の話。
・ええ、厄介極まりない中盤のお邪魔血統種「ガイゼル」を討伐して参りました。
まともにプレイしていると初の中級ダンジョンとなる「地下死街エリア」。
毒の床がそこかしこに存在していて、まっとうにクレリック1人のパーティだと全員分の毒を消すのもままならない上、徘徊する不死の魔物たちには「不死○」の特性を持つ武器がなければ1ダメージしか通りませんから、クレリックのスキル「ホーリーウェポン」を付与しなければ戦闘もロクにできない有様。

おまけに新釈になってから

・クレリックのスキル「ホーリーウェポン(武器の不死特性を1段階上昇)」がパーティ全体から、個人に縮小
・毒の効果が戦闘中は1ターンにつき最大HPの5%ダメージ、移動時1ダメージから、移動中も5%減少に強化

となってしまいました。
このゲームでは序盤から「戦闘時1ターン、移動中にHP○回復」というアクセサリーが当然のように取得できるので、旧版では移動中の毒はほぼ無視できたんです。

ですから、旧作プレイヤーはオート移動をしたら仲間が突然死ぬという、初見殺しならぬ経験者殺しの目にあうことに。

というわけで、新釈から始めたプレイヤー、旧来のプレイヤーの心を折る気満載の「高難易度」を見せつける中級一発目の脅威がこの「地下死街エリア」なのです。
うん、ぶっちゃけると一度クリアしたら二度と来たくないエリアです(ノ∇`)

で、ファンタジー北島(具合の良い場所でひたすら経験値だけ稼ぎ続ける作業)も終盤にさしかかって「1つのクラスをマスター(28レベルくらい)するまで延々作業」という状態に来ましたので、シゲキを求めて話を進めながらにしようと思いまして、ウワサの地下死街に来てみたんですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/14 21:23
新釈では既存プレイヤーにも楽しんでもらえるよう、ダンジョンのギミックが増えまして、大抵は大きなひとつの謎解きミッションをクリアすることでマップの行き来がしやすくなったり、やっかいなトラップを弱体化させることができるようになります。

毒々エリアであるここでは「毒の無力化」をできる装備品が入手できるのですが…。

アイテム名が「解毒ガムの○○」なんです。
解毒ガムというなぞの粘液状のソレをまとったベチャアッとした装備品を装備すれば毒になってもダメージを受けずに済みますが、毒にはなってしまう上に説明文からして不快感がかなり高そうなのが困りもの。

たとえば頭装備の「解毒ガムのかつら」。
説明文は「ネチャリと髪に絡むかつら」です…。あとは腹巻やふんどしなど、カッコイイ印象のあるものはありません…。

で、これをパーティメンバー分6つ揃えれば快適に地下死街を探索できるのです!(背景も自分たちも不快なまま!)
だけど僕これ、2つしか発見できませんで、地下死街のさらに地下「旧市街地」は毒の霧が充満しているので進みようがなくなったんですよ。

剣異はダンジョンから瞬時に帰還するアイテムが貴重品でして、1歩歩くごとに最大HPの5%分ダメージを受けながらの探索はまず不可能。
帰ることもままならないままタイトル画面送りになるのは目に見えています。

そこでとった戦法が「2名で地下探索」です。
パーティから外せないダンチョーと、将来メイン盾役を担う予定のタフネスクレリックのおソノさんに毒々デートをしてきてもらいます!
毒対策にかつらと腹巻をせめて+20に強化しようとして大金をぼったくられてあまりいい気分ではありませんが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/14 21:24
幸い敵のレベルが低い為、弱い敵回避の魔法を唱えるとほぼエンカウントはせず、固定出現の敵アイコンも高い確率でスルーできるんですが、盾役スキルをセットしてあるおソノさんは攻撃では役に立たず、不死◎(ダメージ1.5倍)でかつアンデッドに強い火属性の武器である「炎帝の杖」を二刀流でセットしてきているダンチョーの攻撃力も、本来のうちのアタッカーである凶悪なキラーネコたちのようにダメージは稼げませんから、出会ってしまうとひたすら苦戦します。

結構即死攻撃を放ってくるのでそれを避ける「神気スキル(パーティスキル。士気というポイントがないと発動できない)」も維持してないとクレリックを極めて完全耐性スキルを会得しているおソノさんはともかく、ダンチョーはあっさり死ぬ可能性が…(この人は本当に仲間がいないと役立たずだな…、まあそういうビルドにしてるのは僕ですが)。

で、苦戦していると(3ターン経過すると)乱入してくるのがこの毒エリアの支配者、血統種「ガイゼル」です。
プロモーションムービーにも登場したカッチョイイ首なしデーモンであり、グレーターデーモンがアンデッド化したということで、そこらのストーリーボスよりよほど強敵の…本来ここを訪れた際には絶対に相手をしてはいけないモンスターです。

せっかく敵の数を頑張って減らしたのにこんなのまで出てきたら撤退するしかなく、100%逃走可能な神気スキルで逃げ出すことに。

結果、解毒ガムシリーズが手に入るのを期待して挑んだ地下死街のさらに地下のエリアではそれは入手できず、さらなる奥地で毒霧エリアを抜けて街へのワープゲートを発見したので、以降はここにパーティメンバーごと転移してくることが可能になりました。

解毒シリーズなんかいらなかったんや!(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/14 21:24
しかしですね、僕はガイゼルと出会った時に出たテロップを見逃していなかった。
今作はやり込みプレイヤーの為に「血統種をメーカーのいう適正レベル以下で倒すと報酬がもらえる」というトライアル要素がありまして、そのテロップで「はい」を選ぶと適正レベルまで下がって挑戦できるんです。

そこにあった報酬名は「デモンズハルバート」。
あっ、ガイゼルのイラストがもってるハルバード(長柄の斧槍)ですね(ゲーム中はハルバー「ト」になっているのです。調べたらドでもトでもどっちでもいい模様)。
以前、序盤の迷宮のお邪魔キャラの黄金の鉄の塊的なナイトを倒して得た「マジェスティランス」は、終盤ダンジョンでの一般ドロップ品なんですが、この時点で入手するにはあまりにも強力な代物でして、今も+20に強化されてちからじまんのアイナさんが片手でぶんぶんふるってオークを串刺しにしています。
このハルバードもおそらく強力な品にちがいありませんぞ…。

しかしこのトライアルには穴がありまして、「制限されるのは現在のクラスのレベルで習得するスキル」「転職回数ボーナスで伸びているHP・MPは考慮されない」であり、転職を繰り返して他職の高レベルスキルをセットしていれば使えてしまうんですよね。
HPやMPも無転職の16レベルと、10回を超える転職を経た16レべルではかなり違います。

なので、ストーリー上で倒す蜘蛛女は一時放っておいて、ガイゼルを倒してみようと思いました。
やつのもっている斧槍が欲しい!

(後編につづく)
■雑談■@kurotama
2016/09/14 21:29
■魔将より奪いし斧槍の輝き(後編)@剣異の話。
・正規メンバーを連れてきて、再び毒エリアに。
全員の毒&一歩歩くと最大HP5%減少のダメージは厳しいのですが、固定ザコの居る所まで頑張って赴いてこっちから絡み、ホーリーウェポンや補助魔法などを準備しながら3ターン過ごすと…、きました、ガイゼルさん。

下準備に使用した神気スキルによって、毎ターンHPが最大値の10%回復するようになってはいるのですが、ターン終了時にHPが5%を切っていると毒のダメージを受けてキャラクターが死亡してしまう為、すごくつらい!(これ毒を治せば戦闘中は再度毒にならないのを忘れていました)
しかしそれよりももっとつらいのがガイゼルさんの攻撃。

ソウルブラスト(ウィザードのスキルで、一度使用すると次のターンは使えない制限があるものの、レベルに応じた範囲攻撃を繰り出す。使用する度に威力が減るが、元から威力が高い場合、減っても痛いのは変わらない)が260〜150ほど来るので、HP最低のタマちゃんでさえ800あるうちのパーティでもこれは厳しい。
さらに、バーサーク(5回ヒット)・サイクロン(7回ヒット)などのファイターが持つ複数回攻撃がそのデモンズハルバードの「中距離まで届く」特性で後衛にも容赦なく襲いかかるので、魔力と前列後列無視の斬撃の波状攻撃で毎ターンのようにひん死or死者が出るような感じに。
こういう攻撃にはナイトの「同じ列の味方を高確率で肩代わりする」防御スキルより、忍者の「分身が代わりに回避判定をしてくれる」防御スキルのほうが有利だったんですが、ブランクが長かったので失念していました(ノ∇`)
しかし回避99に上げてから殴るゲームじゃなくなったから、分身は前作より無敵ではないかなー(それでも命中しかみてないアタッカーの回避力よりははるかにましだけど)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 01:56
こちらも一度死んでもMP分のHPを得て死ななかったことにする「デバインライフ」の対抗呪文をかけてあるので、事故死ならかろうじて防げますが、新釈の仕様変更によって「デバインライフは一度効果を発揮すると効果を失う」とされたため、1ターンに2名死ぬとその人にはデバインライフは適用されないのよね(毒死にも適用されない。ダンチョーがそれで1死した)。

おまけにデモゲと違って剣異のキャラは一度死ぬと「生命力」を1つ失います。
貴重品として蘇生アイテムは持っていますが、うかつに蘇生してもう一度死ぬと生命力がまた減ります(´・ω・`)
10代のキャラは生命力3、20代のキャラは生命力2なので、10代であるタマちゃん・コトリちゃん・アイナさん以外はみんな「1戦闘中に2回死んだらロストする」わけです。
3人も10代がいたのか!

ダンチョーは主人公として「生命力無限」の特性を持っているので蘇生アイテムを使うならダンチョー一択なんですが…。
蘇生後はHP1とかなんで範囲攻撃一発でまた死ぬっていうね(ノ∇`)

結果、斧槍の連撃とソウルブラストと毒という状況のダメージで戦闘開始4ターンあたりでダンチョーの2死含めてツバキさんタマちゃん死亡でパーティが半壊してしまいます。
これが新釈剣異のガチボスバトルか…オーク村襲撃で愚鈍なオーク相手に無双演習しまくってたからものすごくつらいw

さらにこの敵、ついにきた「オーマの波動」「見切り」持ちです。
オーマの波動は魅了攻撃で、1ターンで解けるもののパーティ全体が混乱して同士討ちするので、パーティが壊滅しかねない。
それを1回だけ防ぐ神気スキルは存在しますが、他のも使わないといけないのでうまくまわしていかないと大変なことになります。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 01:57
見切りは1戦闘中に同じ攻撃は二度と受け付けないという敵だけの特性で、新釈からの新要素です。
なので、オーバークロック(1ターンに2回行動)→乱れ撃ち(50%打撃を3回放つ)だと、2回めの乱れ撃ちは「見切り」されて通用しないばかりか反撃まで個別にもらってしまうのです。

結果、激しい攻撃の合間を縫って「防御」状態で敵の攻撃を受け止め、「ガードカウンター」によって敵が気絶するまで耐える感じになるのです(高位の敵は一回で気絶するとは限らない)。
以前の剣異は「命中回避ゲー」でして、前衛が防御を選択して「防御時に発動率がアップ」するスキルで敵の攻撃をしのいでいる間に後衛が敵の回避を下げ、味方の命中回避をあげきってから戦闘開始という感じでした。

今回の新釈は既にプレイした方から「ガードカウンターゲー」と揶揄されていたんですが…、必死でそれを狙って「反撃のスキをうかがう」バトルにきちんとなってて面白い。

敵とまともにぶつかりあうと大抵こっちに死人が出るんですよ。
だから、神気スキルで上手く「被ダメ50%減」とか「状態異常無効」をまわしつつ、補助魔法を徐々に積み重ねて状態を維持しつつ、前列後列を入れ替えてくる「隊列破壊」や魔法効果を全て消去する「魔法消去」対抗魔法を切らさないようにして複数回行動のボスの攻撃をいなしつつ機会を待つのです。

今回はパーティが半壊し、回復はもう神気スキルの「毎ターン最大HPの10%回復」しか残っていない状態でしたが、そこで運よくガードカウンターが決まり、次のターンに相手がピヨっている所に、おソノさんの人形使いスキル「敵の攻撃・防御がすごく下がる」とアイナさんの「オーバークロック→乱れ撃ち(気絶中は見切りできません)」、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 01:58
コトリちゃんの「オーバークロック→フルスイング(命中率が最大50%まで下がるが威力は3倍。気絶している相手には100%命中する)」でそのまま撃破することができました。

ここは転職を繰り返して鍛え上げた成果がでましたね。オーバークロックで2回行動っていうのはやっぱ強烈。

だけど、フルスイングはファイター15レベル、オーバークロックは28レベル習得ですが、次のターンスキル自体が使用不可能になるクロックアップならクロッカー1レベルから習得できるので、新釈をお手軽にやるのなら必須なスキルって結構低レベルでとれちゃうのよね…。

また新クラスの人形使いの使える「暗示」が強烈。
ターンの最初に必ず発動する「ファストトリック」を持ち合わせていて、敵ボスだろうと抵抗できないのは凶悪すぎる。
しかし1つの対象には1種類につき1回しか効かないので、使いどころを見極めなければなりません。

例えば最高の暗示「殺」は1ターン混乱させる効果ですが、その真の効能は「こちらに対して攻撃してこない時間を1ターン作り出せる」ことです。
これを使えば忙しい戦闘開始時にバフやデバフを準備する時間をまるまる1ターン持てるし、まだ使っていないなら死亡者を甦らせてHP全快にすることもできます。
さらに先ほどもやった、相手が気絶した時に「怠」をして、攻撃・防御を大幅に低下させれば必中攻撃の威力も増しますし、「盲」で命中回避を20%低下させてダンチョーの気絶麻痺てんこもり棍棒でぼかすかに殴り倒して強引に気絶を狙ってもいい。

さらに今回ガイゼル戦で痛感した「攻撃が多彩すぎてなかなかガードカウンターできない」場合は「忘」で通常攻撃しかできないように仕向けてガードカウンターを誘発すればあんな被害をださずに1ターンキル(正確には2ターン)できたかもしれないのです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 01:58
いやはや、防御してる間に後衛が命中回避アップするゲームからすればだいぶ進歩したんじゃないかなと思いました。
というか人形使いスキルはこれ、手放せない魅力があるなぁw

多少先読みが必要ですが「次のターンの開始時に最前線に出させる/最後列に下げる」暗示は、NOUKINを雑魚の群れの奥にひっこませて無力化、魔法使いタイプを先頭に引きずり出してフルボッコに…と活用できますしね。
剣異の戦闘システムに慣れれば慣れるほど活用法がわかってくる奥深いスキル群なのでした。

まあこれでデモンズハルバートをゲットできました!
現状出来る最大限の+20まで強化してみたところ、これまで「わりと強い武器」だった両手武器が280くらいだったのに対し、こちらは精霊◎、不死◎(1.5倍になる)つきで440くらいありますよう(マジェスティランスは片手武器で340くらいあるけど特攻がついていない)。
苦労のかいがありました…!

死んでしまったメンバーにはしばらく休養してもらって、探索を続けていきましょう。ダンチョーには休みはありませんけど。

ちなみにこのガイゼル戦は驚異のバグ?が報告されていまして、ガイゼルに倒されると生命点が2減ることがあるらしく「ロストした」「なんで生命点多く減ってんの?」みたいな報告が相次いでいたんですよね。
療養が終わった終わったと思ってパーティに戻したらなんかまだ生命点が全快じゃない…。
危なかったわー。

いやいや、やっぱり面白いなァ。

…この時黒玉さんはまだ気づいていませんでした。
上位血統種を狩るということはきままに復活するリスポーン血統種リストの中にガイゼルさんが追加されたということに…。
奥義の器狩りがメインパーティ分終わるまではやるべきじゃあなかったw
■雑談■@kurotama
2016/09/15 02:01
■経験値○○倍!という広告は語るに落ちている@雑談。
・経験値ン百倍!とか言ってるのあるけど、それキャンペーンしてない時は1倍なんだよね(´・ω・`)
基本無料でも時間は無料じゃないのでいいですわ…。
どっかでやってた「最初からレベル80!」とかもレベル80の価値もわかんないしなー。

でもPSO2は1000円で75レベルになるチケットくらいあってもいい気がする(一度75レベルに到達したクラスがある人のみ)。
だけど経験値をお金で売ってたオフゲのテイルズは叩かれてたっけ。
クリアするまでのレベルを稼ぐのに莫大な作業を強いられるから課金するしかないってバランスでなければ非難されることはないと思うので、きっと別の要因があったんでしょうね(追加シナリオが○00円で開封されていくとかだっけな)。

■TGSで1回目の生放送があったそうです@PSO2の話。
・ペルソナ5とコラボですかー。
あのマスコットネコみたいなののマグがあったらちょっとうれしいかな。ペルソナ5は先日、発売直前番組で30分くらいの新作アニメをやったんですが、なかなか面白そうでしたよ。
たくさんやりこめるようにストーリークリアに80時間くらい、やり込めば数百時間も行けるとか聞いて「アニメになったら観るね^^;」ってなりました。
ファンにはごほうびらしい。

主役・福山潤のイケメンボイスのピカレスクモノとかワクワクするのはわかりますが…!

あとはPSO2では初の「ファミ通CUP」が開催されるそうで、トクベツな防衛戦が楽しめるそうです。
SSにメカ犬がいた時点でもうあの「空中大回転衝撃波飛ばしからの回転アタック」で塔ごとアークスがなぎ倒される未来しか見えないw
ファミ通買わず・見ずってなってから10年くらいたつから何の感想も出ませんでしたね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 22:47
他にもミリオンアーサーと相互コラボ、もう一つのコラボの話が出てましたけど、もうコラボはいいんで、自分ちの地盤固める事にエネルギーを割いてほしいと思いました。
客寄せしか見えてないじゃん。
ほんとPSO2は「同接13万→CM効果は抜群→どんどん話題作りしてオフイベ開きましょうー!」としか見えない流れになってきたなぁ。

客がしらけてるのはデータで見られないんでしょうか。
これが基本無料の成功形だっていうなら、もうこのシステムはダメでしょう。
こっちも「コラボばっかり押しっていうことは…」と語るに落ちてるんですよねー。

僕は「ファンタシースターのオンラインゲーム」がやりたいのであって、客寄せ企画の宣伝を観たいわけではない。
それじゃあ無料プレイが成り立たないでしょ^^;というのなら成り立たなくて結構です。

■業務スーパーkuro@雑談。
・ええ、業務スーパーが近くに出来てからというもの、会社帰りの道にあるのでしょっちゅう顔を出しているのですが、袋にはいった漬物を狩った時は大失敗しましてね…、こんなもんどうやって食うんだよ!みたいな塩辛さでとてもじゃないけど食べられず、まだましだったタクアンは水に浸けて塩分濃度を下げる「塩抜き」を行ってようやく食べられるようになりましたが、無理して食べ続けるのもキツいということになって泣く泣く捨てることに。

ヒットしたのは「業務スーパースレ」で紹介されてた「スモークローストチキン1kg(850円くらい)」くらいですかね…。
値段を見るとちょっとアレですが、これは大変おトクです。
スモーク味がついてるので買ってきたらほとんどを冷凍しておいて、欲しい時だけ解凍して料理に使ったり、サラダに添えてそのまま食べたりできますし、お酒のおつまみにもなる。
これはお値段以上!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 22:48
で、こっちが本題ですが…「豆もやし」がヤバい。
昔はソーセージの袋みたいなのに汁ごと入ってて、包丁で開けるとプシャアアアって出るのが大変なモノでしたけど、業務スーパーで売ってるのは普通のキュウリのキューちゃんのやつみたいなパウチ状のになってまして、普通味とキムチ味があります。

おねだんも78円(税抜)なので大変良し。
お昼食べすぎたなァとかいう時は、もうこれを小皿に出してズゾゾー、ポリポリと食べれば取り合えず大丈夫だし、いちおう大豆の一種なのでそう体に悪いってこともないでしょう、たぶん…。
ただのもやしはちょっと生臭くて苦手なので、加工豆もやしが安定して低価格というのは大変うれしいですね。

あとは業務スーパーではないですが、キョクヨーの「サンマ塩焼き」缶詰が素晴らしい。

何も今更健康志向でもないんですが、お昼はカレーだのなんだの食べてることが多いので、夜はこういうのでバランス取る感じのがいいです。
脂分のないものを尊び始めるとなぜか「おっさんになったなぁ」となります(ヽ´ω`)

■バトガ9月最後のイベントは…?@バトガの話。
・ききき、来たー。
明日の15時よりアドガ第3回、これまでアイドルになってなかった 楓・ひなた・桜・サドネの年少組と、アドガ世界でもトップアイドルのフォルテシモの6名が「アイドルガールアフタースクールデビューガチャ」に「追加」されます。

9/21じゃなくてもう一週早めてきましたか。ここのスピード感はあなどれないですねえ。

しかし追加か…、うん、わかってた(ノ∇`)
これまでの「Princess」「ROUGE」「Pixie」「/MUTE」の3名づつ4チーム12人に続いて「Clover」「f*f(フォルテシモ)」の4+2の6名が「均等に確定で当たる」地獄の闇鍋が今開きます…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/15 22:49
これは…前向きに見れば「Princess遥香」とか、超性能というウワサの「/MUTE蓮華」を再度取得できるチャンスとも言えますが…。
初日から華麗にダブって「どぼじで…ごうなっだんだろうなぁ…」と涙目になる可能性も高い…!

なによりうちはアドガの初回に、みき・くるみ・望x3 みたいな出方をしてダブり祭りになって悔しい思いをし、第2回は1回だけひいてミシェルちゃんをもらって撤退したような気がします。

なので、うちにあるアドガカードはみき・くるみ・望・ミシェルの4枚だけであり、最後まで出そろった今、本気でやってもアタリを引く可能性は高いんですが…、9/23日はね、その…「裁きの日」じゃないですか。

遥香っちゃん生誕祭が控えていて、そこで誕生日カードとは言わないまでも何か未所持の★4でも来てくれればハッピーなわけですから、確定がなくてもそちらにパワー(星のかけらのこと)を使いたい。

2回…、2回だな。
今ある星のかけらは約900個、もうすぐ満期の宿題で数十個入ってくるもので実質1000個ありますから、遥香っちゃん様の為に500個確保できたことになります。

この9月末イベントに遥香っちゃんを重ねられたら黒玉さんダブル・バインド(必殺技っぽい。あと正確な使用法ではない)でみじんに消し飛ぶところでしたよう。

コロプラの遥香押しに対する有情采配に感謝せなな(多分アドガ序章を上半期で終わらせたいだけ)。

…。
時々ネットで見かけるので「有情」を使ってみたんですが、一見「無情」の対義語に見えてやはり何かおかしい。
僕の知識の中では「北斗有情破顔拳」が出てきたんですが、調べて見たらやはりそれが元となって、無情(情け容赦ない)の対義語っぽいと思われて使われているんでしょうね。

一応「三省堂大辞林」でも対義語として掲載されてはいるのか…。
■雑談■@kurotama
2016/09/15 22:52
■旧ソ連製=無類のタフネスというのは何初出なのか@雑談。
・いやー、ようやっと見たんですよ「パシフィック・リム」。
序盤はちょっと(´・ω・`)という感じもあったんです。なんでネオジャパン…いや、日本機がないんだよ!
マナちゃん助けたイェーガー(この世界の戦闘ロボ)が日本製じゃなくて絶望した!とね。

でも中盤戦のカテゴリ4(つよい)の怪獣2匹vsネオチャイナ…いや、中国の3本腕イェーガーと、ネオロシア…いや、ロシアの旧型だけどパワーと装甲なら任せろというののタッグバトル?は燃えましたね。

中国のは通常二人乗りの所を3兄弟で操作し、3本の回転のこぎりアームで敵を滅多切りにする「サンダークラウドフォーメーション」が必殺技。

中国=キバツな武芸で初見殺し!とかテンプレすぎて笑える…!
カテゴリ4さん相手に、持ち上げられてから遠心力で投げ返す曲芸みたいな投げ技も披露してましたね。

で、ゴツいオヤジとプラチナブロンドの美女コンビ(ここもテンプレすぎて笑えてくる)が駆る、第一世代機(作中最高は第5世代)。
おそらく火薬でパンチを加速する「ナックルショット」らしいもので、カテゴリ4の首根っこを押さえつけてガドン!ガドン!とパンチを撃ちつける力強さはシビれました。

もうなに、なんなの!この時点で「はふぅー」とご満悦になる…!

やられざまも見事で、中国機は良い戦いを見せたものの、サンダー略が相手の浅い所を切り裂いただけで致命傷にできず、格闘戦の末パイロットが乗ってるのに対して装甲のない頭をもがれて即死!ロシア機は自慢の装甲を強酸で溶かされた後クチャクチャにされて海に沈められてブチュっと行きました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 02:40
作戦終了後に「この戦いで2名を失った」と言ってたので中国3人組はもしかして奇跡の脱出を?と思ったけど、その後1_も登場しなかったので「イェーガー2機」を指していたのかなあ。

敵が結構恐ろしく、きちんとバトル相性みたいなのを学習してるのよね…。
この世界のKAIJYUはどうも記憶を共有しているようで、イェーガーたちと戦った記憶は彼らの戦闘経験値になってるくさい。
もしくは彼らを造りだしている連中が各国機に合わせた対抗策を持っているのかも。

さらに登場頻度と同時出現数がどんどん加速するので、イェーガーとパイロットの損耗率に対して敵の出現が早すぎるという所まで追い詰められてるんですよね。
でも中盤戦と最終決戦の間が作中のタイマーで3時間しかなくて笑いました。
さすがそこで踏ん張らないと世界がマジで滅ぶ寸前。整備の人たちもキアイ入れたってことでいいですけど、何か月もかけてお金工面してリペアしておいたっていう話を冒頭で聞いてるのでちょっと「???」とはなりましたけどね。

序盤で鮮烈なデビューを果たした最新鋭機イェーガーは、これまでの機体とまるで違う速度で動くさすが最新型!というノリで、他のイェーガーたちとくらべても日本ナイズというか「カッコイイ系」なんですよ。
乗ってる人がベテランとその息子で、息子はプライドが高く、自分以外を足手まといだと思う高慢ちきなヤツというのも、もうぜんっぜん奇をてらってなくて最高ですね
(*´Д`*)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 02:40
そんな機体も敵の放つ電磁波攻撃で電装系が即死させられるとか、追い詰められるのもよかった。

わかってやってると思いますが、主人公機には「ロケットパンチ」「チェーンソード(ガリアンブレード)」「ブレイストファイヤー」など、日本のロボット物へのリスペクトあふれる機能が満載!
シチュエーションも「敵に連れられて成層圏の上から地上へダイブ(あんな翼でそこまでいけるかww)」、「決死の自爆」など、もうこれでもかといわんばかりにギュウギュウに詰め込んでいましたね。

見ていて「日本の特撮、越えられてないか…?」という不安を感じました。
大都会を舞台に怪獣と取っ組み合いするシーンの迫力、ケンカ殺法よろしく、鉄パイプのかわりにタンカーでブンなぐるとか、劇場で見たらアメリカ人のように「hoooooooooo!」と叫んでしまいそうな爽快感があったんだけど!

トランスフォーマーでも「スーパー合体(勇者シリーズ)」、「合体後に見栄ポーズ(サンライズ作品など)」やられてて、彼奴ら(メリケン)にそのあたりの良さを理解されたらヤバい…とはわわってなっていましたけど、この作品でも見てて面白い反面「これは日本大丈夫っすかね…」としか思えなかった。

パシフィックリム、色々ツッコミ所とかありますが、続編が楽しみですよう(なんかでモメて2018年以降らしい)。
かなり面白かったです。
■雑談■@kurotama
2016/09/16 02:41
■自作ガチャを作ろう@剣異の話。
・はい、いよいよ最終クラスにさしかかる子も出てきまして、スキル枠がMAXまで増やしても10個しか装備できない(前作は16まで増やせたのだが、万能キャラになるのが製作者は面白くなかったらしい)為、ビルドや役割分担など、新釈ならではの要素を取り入れて色々してみることになりました。

結果…、以前掘りに行った「星屑のハンマー」が命中アップ+3、精霊○、不死○、ハンマー系すべてに基本でついている「気絶」の他に、最大…沈黙・毒・麻痺・混乱・睡眠がつく可能性があって大変良い性能。
上位版にBランクで攻撃回数が5→9回に跳ねあがった「星のハンマー」もあるのですが、それが出やすいならまたその時考えれば良し…。

前作の無印の剣異では「ユニークアイテムは1周につき1本」でしたから、星屑のハンマーを複数本得たければ最大でも5周しかできないので5本までしか取れなかったんです。
しかも、良い能力がつかなければ「ムミック」というミミック族の長老に「ランダムで」遭遇し、彼にアイテムを食べさせないとドロップ権が復活しなかった(売る・捨てるなど、ただ手放すだけだとロストしてしまう)。

正直に言うと「マジキチ」の仕様だったんですよ(´・ω・`)
なので、ユニークの超レアをゲットする頃にはプラスの沢山ついた準レア武器をたくさん持っていることになり「神村正+0拾ったけど、スコップに使ってたドランなんたら+35のほうがはるかに強いんだが…、もっかい掘れってか…」みたいな悲報が掲示板に寄せられていたものです(ノ∇`)ヒデー

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:29
今作はそういう不満点をなるべく解消してみたいということで、

@プラスの数値はお金を支払えばノーリスクでシナリオ進行ごとに定められた数値まで強化可能(クリア後に+99までOKになる)
A店に売ったらそれは「在庫」となり、お金が出来た時に買い戻すことが可能。ただしプラスは0に戻り、ランダムで特殊がつくタイプの武器は再判定される。
Bユニーク武器は3本めあたりから出にくくなるが、お店に売ればまた最初のレア取得難度に戻る。

ということなので、いいのがでないかな…とお店にある「星屑のハンマー」3本を買ってはロード、買ってはロード…と繰り返していたんですが、なかなかいいのがでない。

うちはニンジャのコトリちゃんが先制攻撃で敵にマヒ気絶をばらまき、残りのアタッカーが気絶で回避が鈍った敵の首を狩る、もしくはごしゃっとするという、いわば「ジェットストリームアタック」です!
ちなみに主人公のダンチョーは後ろで、士気を回復させる為にタマちゃんと二人で「剣を結ぶ歌」を歌うのがお仕事です(ノ∇`)
その他の雑事も二人でやりますよ!

しかしあれだ、特殊効果の付きが良い2本と合わせても5本なので、いっそ全部お店に格納して「星屑のハンマー」を量産、一回のロードにつき10本くらい買って吟味できるようにした方が効率的じゃない?と思いまして…。

で、アタリを引いたらそれは回収してセーブ、ハズレはまたお店に売ってしまえばいいのです。
もちろんお金はたくさん使いますが、星屑のハンマーは性能こそ凶悪なものの、たかがCランクのレアですからね。
6万くらいお金を用意すれば10本買えてしまう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:30
転職費用もあと15万ほど支払えば二度と払わなくてよくなるので、たまったお金は装備の強化だけに使えるわけですから問題ですらない。
まあ足りなくなったらオーク村に徴収にいけばいいだけですからね(´_ゝ`)(悪党)

というわけで、星屑のハンマーを量産して自作ガチャを作る作戦、開始ですよ!

■それはあくまのしょぎょう@バトガの話。
・うん、先日も書きましたけど、今日からアドガの新イベント&新カードガチャが始まりました。
しかし、「(アイドル)デビューガチャ」に追加されるということで、前向きに見るとこれまでのチームのカードも得られるという感じなんですが…、熱心にやってきた先生ほど「★4確定には違いないけどカブったから実質0枚なんだが?」を受けるという地獄の「闇鍋ガチャ」なわけです。

ネット先生たちも「フーっ、やれやれだぜ…、コロプラさんよォ、9月なのはわかるがよぉーッ」と諦めとため息と怒りでお出迎え(雰囲気をJOJOぽく表現しています。実際はもっと汚い罵声ですよ★)。

せっかくトリを飾る年少組の「Clover(楓・ひなた・桜・サドネ)」と、先日バトガのセールスランキングで瞬間最大売上12位を記録したフォルテシモの二人がこれではかわいそう。

しかしもっと悲惨なのは…このカード絵。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdWRQZ3NpNUNuY1E
これはひどい…、クリスマスの低クオリティを遥かに下回るデッサン狂い。
忙しいのはわかるがこういうのはOKを出す上司が全て悪いのです。
「専門学校からやりなおしてこいごくつぶしが」とつっかえされても文句言えないぞ…、と、立ち絵しか描いてない僕がエラそうに言ってみます。
でもひどいよこれ…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:55
(エ□キャラとして「シコちゃん」という若干不名誉なあだ名で愛でられている)人気キャラの詩穂さんでこれはない。

Clover組のイラスト4枚は、アドガ特有の超ハイクオリティ作画なだけに、フォルテシモの2名はひっどいなこれ。
あ、花音ちゃんのほうも同じ担当の方なのか、若干アレです。同人っぽい。

これは某ゲームであった「描き直せ運動」が起きても仕方ないよなぁ…。それ以前に当たらないんだけどねwww
先日、第二部ストーリーで闇落ちしたキャラがプレイアブルな使用キャラとして実装され、そのダークネスなキャラ性と圧倒的高性能のスキルで詩穂さん好きを大いに沸かせた直後にコレだから、ダブル…いや、トリプルパンチですね(ひどい・でない・これなら闇落ちのままでよかった)。

しかし、イベント参加用に1枚は欲しいということで、250個だけ突っ込んでみることにします…。
今回の新規カードが来る可能性はかなーり低い気がするのですが、うちの揃い状況だとおよそ8割の確率で新規カードが来る計算になりますから(確率計算機使ってきた!)…。

以前から持ってるカードが来て涙目になる確率は20%ほどです(意外と高いな…)。

特設ページのスキル紹介を見た所、先日登場した「マヒ付き落雷」付与のサドネちゃんのソードカード、完全新能力の「本体が被弾するまで隕石を落とし続ける」という、うちのクソ端末では処理落ち必至の花音ちゃんのロッドカードあたりがすごそう。

絵柄的にはゴスロリ衣装にベースがやたらと似合う桜ちゃん、キーボード姿が似合うリーダー格の楓ちゃん、この子の為にCloverはゴスロリバンドになったよね?のボーカルサドネちゃんと、全体的に大変良し…。
お色気で勝負するタイプがほぼ不在なので、セクシーの真逆にいるゴスロリでの勝負というのはとってもいいですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:56
フォルテシモはネコミミファッションで、Live2Dとかのほうはかわいいんですが…「顔」となるカード絵がなぁ。

まあ、ここに述べたどれもこずに終わる可能性のほうが高いから考えてもしょうがないね(ノ∇`)

(ここまでは引く前に書きました)





画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUnNGbVZ3Y2t1SlU
くっ…、新規ではある…が…、Pixieうららちゃんが来てくれました!
やっぱ闇鍋はひでーよな…、普段バトガとコロプラは比較的褒めている僕ですが、やはりこれは非難されてしかるべきよね。

不本意ですが、今日はこのへんにしておいてやらぁ(⊃д⊂)

アイドルカードの一番の売りは「歌」。
最初の1枚めが入手できると、教室や戦闘、合宿所のテーマのBGMとして「全員版」「オフボーカルバージョン」をいくらでもかけることができるようになります。

さらに、そのキャラの「ソロバージョン」も聞けるようになるのです。
バトガのアイドル曲は担当パートが細かくわかれているのですが(CDブックレットで担当箇所がわかる)、収録は別々に通しで録音したのを編集して使う為か、3人で歌っているのと大分印象違うのがウリです。

今回当たったPixieのデビュー曲「キミはワタシの…(はぁと)」は、これまでのバトガのアイドル系曲の中では一番好きなんですが、うららちゃんの声の人、内田真礼さん、ライブとかやってる割には(以下略)だなぁ(;´ρ`)
かなりの売れっ子のはずなんだけど…、おかしい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:56
ちなみにPixieは、うらら・心美・ミシェルの3名で構成されたアイドルで、心美ちゃんの声の原田ひとみさんがものすごく上手いんですよね。
ただ、キャラの声で歌ってるか?というと、ミシェル>>>うらら>>>>>>心美であり、きちんとキャラ声出してるのミシェルちゃんの声の加藤英美里さんだけなんですよねー。

今聞き比べてるけど、やはり「完成品」の3人版が一番いいかなー。これのCD早く出ないかしら。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUnNGbVZ3Y2t1SlU
アイドルうららちゃんの雄姿。何気に以前のアイドルカードも持っているのでアイドルコンプ中です(*´Д`*)
かわいいんだけど(何よりねんがんのアイドル活動できてうれしそうなうららちゃんにほっこりする)、帽子のせいでどうも「アメリカ横断ウルトラクイズ」という単語が思い浮かぶ…。

カード性能的にはここの所連続できまくっている「ツインバレット」であり、本来の使い手の花音ちゃんとケンカして仲良くなったうららちゃんが星守で一番最初にフォルテシモ武器を使い手になったという、ストーリーきちんと読んでる派からすればニヤリとするものでした。

攻撃スキルの性能はそこそこですが、ロック箇所必中なので力不足はあるものの使いやすくはあり(9倍x3。先日入手した誕生日花音ちゃんは6.2倍x10…)、攻撃力+50%を20秒維持できるので、通常削りが強いツインバレットには頼もしい効果と言えるでしょうね。
ちなみにスキル演出中はカウントが停止するので、バトガ世界の20秒は回避しなくてすむ場合のスキル発動にして3−4回分維持でき、大変強力だったりします。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:57
くっ、水着遥香っちゃんが来てくれていればツインバレットで落雷付与ができたのに…。
しかし、散弾付与のツインバレット明日葉ちゃんカードがあるうちからすれば、これと交互に使えば大型に残酷なダメージを叩きこめる感じになりますね。
ツイバレが充実してきて何よりですねえ。

先日運よく入手できたツインバレットバニー心美ちゃんと合わせて、花音・うらら・心美の第二部仲良しトリオ・ザ・ツインバレット部隊が作れてしまいますよう。
問題は良いツイバレ武器が2本しかないことだけど(´・ω・`)

まあ良し…、予定では2回挑むつもりでしたが、後は評価を眺めながらガマンできなくなったらもう一回、ですかね。

9/23の遥香っちゃん生誕祭には「確定」はないのだから、やる人は77連したって★4ひとつ出やしないという地獄。
入れ込み過ぎれば空っぽの抜け殻だけが残るっていうね…。

判断力を養われるゲーム、それがバトガ!

…うぐぐ。
■雑談■@kurotama
2016/09/16 21:57
■こっちの二丁拳銃もイイゾー@バトガの話。
・はい、電撃評価が出たんですが…、今回はひどい有様だったようですね(;´ρ`)ノ
まさか「C」評価が出るとは思わなかった。
ドラマーの成長株ひなた先生がCっ子なんですが、基礎パラメーターは全カード内でぶっちぎりの1位ということなので、サブカードや母艦として役に立つ面は一応あるんですけどねー。
ドラムの衝撃波を使って素早く10ヒットっていうのは、いつものひなた先生のノリなんだけど、今回は威力と範囲が低すぎましたねえ。

今回の新ユニット「Clover」はイラストも3Dモデルも極上の出来(アドガ衣装のなかで一番好きかも)でして、カードイラストもスキル演出もすっごくいいだけに残念。
桜ちゃんとかサドネちゃんがプロのマネしてジャイーンギュワーン!と目を><にして鍵盤引いて攻撃してるのもいいし、サドネちゃんのは電撃評価こそAですが、ロックターゲットを麻痺にしながら切り刻むという大変僕好みのスキル…、いやいや、僕が「この黒玉はなぁ〜ッ、動けないヤツを切り刻むのがだぁ〜いすきなんだよぉーッ!」みたいなZANGYAKUなのではなく(これじゃあゴステロさンだな)、端末がオンボロなので回避アクションや敵が一斉に湧くとかで負荷がかかるとコンボが途切れちゃうからです。

まあ…その…搦め手でハメるの好きですけど(→の「サイト内検索」でタクティクスオウガと打つと過去のインケン記事が出てきます。4回くらい書いたかなぁ)。

でもまあ、来てくれなかったんだからしょうがない。
9/23に備えてここはガマンガマン…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/17 02:26
でもなー、今回のClover衣装はスゲーいいんだよなぁ…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQkdpVW1zaU9sQjA
電撃wikiより。左から楓・桜・ひなた・サドネです。全員いいけど、楓ちゃん・サドネちゃんコンビが特に最高。
うぎぎ、欲しい…。

あ、タイトルの件なんですが、先日ゲットした「星衣フローラ花音」のカードのスキルがめちゃくちゃカッコイイのですよ。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUEs4SHppMUUyVEU
ツインバレットから光のブレードを出して銃剣状態にし、あたり一面放射状にドッバァーッ!と8回切り刻み、最後は極太レーザーでロック箇所めがけて高速で薙ぎ払います。
その一撃で敵が倒れれば素早くターゲット変更するので、射程ほぼ無限で雑魚は全滅できます。
その「湧きつぶし」の時間が短いこと、一撃で倒れないボスをタゲってしまうとそこで攻撃が止まるのが、やはりAランクスキルという感じでしょうか。

本当の強スキルは自分中心大威力大範囲で持続時間長めとかで4セット30体くらい一気に湧きつぶすからな…!

うちの主力は巨大まんじゅうを2発落とす高カロリーアタックですし、上で述べた「本当の強スキル」とかは「抹茶かき氷白玉入りを買ったのじゃ〜!と珍しくはしゃいでいるとベチョっと地面に落としてしまい、もう買うお金残ってないのに…どうせえというんじゃ…という負の思い出がキーになってる技」ですからね。

その後あれこれあって先生がおごりました。「おごってもらう理由はないわい」と遠慮と食欲と素直になれない気持ちでスネている桜ちゃんが超かわいいストーリーでした(*´Д`*)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/17 02:26
しかしこの負のオーラで、大ダメージを受けるイロウスさんたちに罪は…ないと思うが…!

ちなみにまんじゅうもかき氷もみんな桜ちゃんのスキルですが、遥香っちゃんが使っています(´_ゝ`)

でもこのスキル「インフィニティライト」のカッコ良さは素晴らしい。
星衣フローラのスキルは全部「マジメカッコイイ系」なので、「バトルガール」部分が強く出ててなんか癒されますね。

強スキルがほぼないのはご愛嬌で。
今でも第一線で主力を張れるスキルは数えるほどしかないのがちょいと辛いですが、いわゆるスタンダード技ということで。

初期の星衣(聖闘士星矢の聖衣とブレザーを組み合わせたびっくりするくらいクッソダサいデザインのやつ)なんか、フェニックス・リヴァイアサン・ユニコーンの3種しかなく、15人が5名ずつ当てはめられて分けられただけで、星衣の司ってる属性、炎・水・雷をジャンプ蹴りから放つ、いわゆる「ライダーキック」状のスキルで固定だったのですから、みんな個別のスキルを編み出すなんて、成長しましたねえ。

■19人めの星守、現る@バトガの話。
・先日の水着2016にて遥香っちゃん狙いでガンまわしした為「遥香っちゃん以外の8名が全部出た(⊃д⊂)」という悲しみの事件。
しかし、そこになんと、活躍度でいえば新たな星守と言っても過言ではない方がいます。

それが「クラゲ」さんです(´・ω・`)キリッ

昴ちゃんのガンスキル「レイジオブオーシャン」で召喚され、辺り一面巨大クラゲの触手で薙ぎ払った後、すこし小さくなって触手衝撃波をずっと出し続けるんです。
いわゆる「設置スキル」なんですが、最大の特徴は「HPが尽きるまで攻撃を広範囲に出し続ける」ことです。
持続時間がないんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/17 02:53
この攻撃は1秒間隔で3倍与え続け、ダメージを受けた敵はのけぞりで素早く動けない為に、足止め&継続ダメージは中途半端に○十倍の威力やー!というスキルより凶悪です。
さらに他のスキルを発動する演出の間もずうっと1秒に3倍ずつ削り続けてくれますから、演出が長めのスキルほど得をするという…。

クラゲさんに手加減は一切なく、無慈悲に淡々と1秒3倍のダメージを与え続けるんです。
HPゲージのところにただ「クラゲ」と記されるのみの控えめな存在ですが、その脅威ははっきり言って弱めの星守より強いのではないか。

さらにこの武器がガンというのも大きい。
動きの素早い人型エネミーとかは、このクラゲさんの勢力範囲を通って来てもらうように誘導すると、のけぞりで動きが止まりがちになり、回避行動も遅れるので、普段は避けられがちなガンで命中させ放題になるんですよ。

さらに、望ちゃんのガンスキル「ストーミィクライシス」という、洞窟で突然の雷雨に巻き込まれて雨宿りしてた時の記憶を模したスキルは、かなりの広範囲に4回、断続的に落雷を落としまして、その攻撃は高い確率で相手を6秒ほどマヒさせます。

その範囲は本当に広大で、大きめの島のようなマップでも半分くらいカバーできるほど。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/17 02:53
これをクラゲさんと組み合わせると、毎秒3倍ダメージを食らってる所に6秒マヒの付いた落雷が4発落ちるわけです。
さらにうちは「変身(攻撃速度があがり、ダメージがおよそ150%される)」できるガンを持っているので、開幕変身→クラゲさん召喚→雷召喚で、ほとんどの戦闘にカタがついてしまう。

敵が凶悪すぎる時は範囲攻撃に巻き込まれただけでクラゲさんが蒸発してしまう為そこまで有効ではないのですが、それはあくまで「最凶難度」みたいな所だけであり、通常最高値の300くらいの難易度ではそう簡単には落ちません。

この、まるで海自体を味方につけたかのようなコンボが今回のアイドルイベントの「防衛」ですさまじい能力を発揮してましたね…。
なにせ敵はライブ活動中のアイドルめがけて襲ってくるわけですから、そこにクラゲさんを設置すれば…あらゆる敵が勝手によってきてはピチンって死にまくるわけです。
たまに攻撃してもいいし、気が向いたら雷なんか呼んでもいいし、他の子に交代してのけぞり祭りでままならない敵をヒャアーッ(黒玉さんが言っています)と切り刻むのもいい。

クラゲさんがもしメスだったら神樹さまもきっと星守にしてくれると思う。
だけどあの樹って□リコンだから、卵産んだりしたことある子はダメかも(クラゲって卵生でしたっけ…)。

■お知らせ■
・今週の喫茶は日曜の生放送緊急?を予定していますヽ(´ー`)ノ
■雑談■@kurotama
2016/09/17 02:55
■こち亀大終了・ジャンプの話もろもろ@雑談。
・こち亀が本日発売のジャンプで40年記念と同時に連載終了しましたね。集英社のほうも「今年は40周年イヤーや!」と大はしゃぎして盛り立ててたのですが、内部的には結構早くから決まっていた模様です。
ただ、先日お盆でジャンプが休みの週にでた「こち亀ジャンプ」に寄稿した「斉木楠雄のΨ難」の今週の漫画では、「終了するならもっと気合いを込めたのに(手抜きしたという意味ではなく、こち亀全般への想いを盛り込んだものにしたのにという意味)」と作中キャラの口を借りて作者さんも語っていたことから、関係者内でも2週間ほど前の発表まで知らされなかった模様ですね。

どっちにしても「お祭りのなか終わる方が両さんらしい。40年間休まずに働き続けてきた両さんに有給をあげようと思います」ということで、編集部と不仲になったわけでも、ネタがなくて辛いわけでも、作者さんが限界になったわけでもない様子なのは大変素晴らしいと思います。

週刊漫画=地獄=当たらなければ人生まるごと徒労になりかねない=休みなんかないという印象でボロボロになるまでやる印象が強いですが、まだ余力を残しているというのがすごすぎる。

ただ「ワンピース」の作者さんなんか「秋本先生はこれでやっと休めるんだー!」とか書いてましたから、実際は口で言うほど易しくはないのでしょうけどね。

まあ、彼自身も次の作品を模索したいのか、いきなり4つの読み切りを順次発表していくとありましたから(全部女性主人公なのはまあご愛嬌で)楽しみにしておきましょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/18 00:16
彼の読み切りはこち亀連載中にもいくつか載りましたが、社会問題、環境問題を描く…、1970年代の漫画アニメみたいなのがたまに混じるのを除けば、結構ストーリーもキャラも絵もしっかりしてるって印象なので、お金に余裕もあるわけだし「ヒットしても打ち切られてもやりたいようにやる優雅な漫画家生活」の余生をたっぷり楽しんでいただきたいですね。

この漫画で最新事情を知ることも多かった(ドローンあたりは完全に先取りしてたと思う)。

途中から入ったフィギュア・メカ・イマドキ絵柄の女子を描いてたアシスタントさん(ちなみに一回だけ読切かなにか出したけどその後独り立ちせずこち亀内で活躍しておられることから、結果はアレだった模様)の行く末とか他人ながら気になりますが…、お疲れ様でした!

★レッドスプライトざっくり感想。
・ヤバい…、敵幹部が1人を除いて全員オッサンだ…。オギセンセィ…。
モブ(群衆)シーンで彼のデビュー作のヒロイン士官ちゃんに似てる子が居たのはちょっとおってなりました。

一つ問題なのは…、見せ場として出してきてる「飛行船バトル」がウケるのかどうか。
主人公のタツ、実はカタナを持って戦ったのがまだザコを蹴散らすのみで、4話に至るまで大きな流れを紹介してる感じから抜け出してないのよね。
たぶん次回で最新飛行船とのバトルになるものの、またタツさんがレールガンの弾にのって敵船に乗り込んでドカバキやるんだと思いますがw
バトル描写だけど、人vs人の対決になるまえにメカ戦の前振りがある感じなのかなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/18 00:16
先日は「ものすごいスピード感」と言ってましたが、前回で「大統領の首をそのまま取ればよかったのでは?」と仲間から指摘された時に語った「大統領を始めとした幹部全員、自分の(電光石火の)動きを捉えていた」、と、あのまま突っ込めば普通に返り討ちになっていたと思われるという話と、今回の大統領サイドの話で「民衆の前で幹部たちの力を出させるわけには行かん」と、自らを含めてなんらかの超人能力を秘めていることをほのめかしていましたから、本番はここからなんでしょうね。
18回しか猶予がないかもだから、慎重に話を進めて欲しい。

★ラブラッシュ!ざっくり感想。
・ダメサキュバスのエリスちゃん、なんとアノ体で14歳だとか…。さすがです。
キューピッドのココロちゃんとのバトルは、サキュバスの技の一つ「誘眠」で一発でカタがつきまして、モン娘バトルとはならずにあくまで人間ドラマで終わりました。

しかもエリスちゃんは技を使ってでも強引にキスすれば(亜人界では婚前のキスは結婚の誓いなのだそうです。そこに意志の有無は問われないのがさすが…)愛情なんか後からついてくると言い切るお供の使い魔の指示を振り切って、勇気を出して告白し、主人公レイジに「他に好きな人がいるから…」と断られてしまいました。
レイジも見た目だけでなく中身もカワイイエリスちゃんにドキドキさせられてはいましたが、彼の幼なじみへの愛情は深くまっすぐなのです。

エリスちゃん、去り際に「勇気をくれてありがとう」とモノログってましたから、この作品は「ハーレムもの」というより、モン娘というポイントを駆使して次々に新しいヒロインを描いていく…悪く言えば「数うちゃ(何かが)当たる」戦法なのかもですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/18 00:17
最新話では、幼なじみに告白されて、親愛と恋愛の違いが考えてもわからないということで悩んでいた正ヒロインちゃんが、モン娘たちの騒動で語られていた「キス」をしてみれば何かわかるかも…と主人公とキスしてみたいと言い始めました。

展開が早いのはレッドスプライトじゃなくてこっちだったか…。
出てくる女の子が今の所、外見や設定よりずっとまともな性格をしててかわいく、種族が違っても女の子は女の子なんだよという感じなので、僕的には見てて安心できる漫画だなぁ。
だけどこの雑誌は「ニセコイ」が超おおウケしてた読者層が支えてるんでしょ?うーん…(もう一段絵柄自体がかわいいか、エ□くないとダメかもしれない)。

比較対象にされるであろう「モンスター娘のいる日常」は、良くも悪くも生態や思想を絡めてそのギャップがギャグになりかけてる話ですから、うまくズラしてきたなという感じ。

★まとめ
・お二人とも、単行本1.5巻とか2.2巻くらいの分量で打ち切りされておられますから生存戦略は大分練ってこられての勝負でしょうから、緊迫感がありますね!

ファンとしても今のジャンプで長期化は厳しいのはないかと思っていますので、きちんと描きたいことを描き切れるよう見守っていますぞー。
作者も読者もそんなに続くと思っていなかった「大臓モテ王サーガ(全8巻)」あたり、イマイチ受け切らなかった「マジコ(全8巻)」あたり(ちなみにおよそ2年の連載で8巻でます)が中堅どころの作家さんが到達できる最高点だと思うのよねー。
■雑談■@kurotama
2016/09/18 00:18
■魂を放り込め@バトガの話。
・現在の星のかけらの数…、865個!
Xデイ(9/23)への貯蓄としては十分…、そう、十分なんですよ。
あと4回「特訓」をすればさらに56個手に入るし…。900個近くあることになる。

もちろん10月頭のガチャにも取っておかないとなので、9/23で一応使い切ったとしてもできれば250、または500は残して置きたい…。
「宿題」にて60個だの75個だのもらえる「難易度○○以上を○○回クリア」もあと4〜50回圏内で満期になりますから頑張ったら急速充電はまだ出来るという感じです。

ここでどうしてお悩みをしているかというと、やっぱり「Clover」の衣装がかわいい…!
アドガ関係は先日のうららちゃんを入れても18枚中5枚しか来ていないので、いかに闇鍋と言えども、確定権のある今ならまだ7割くらいは新規カードが望めます。

33連(750個)やっても★4すら出ない可能性のある遥香っちゃん生誕祭はそれくらいリスキーなのです(確率計算機によると33回もやれば90%で1枚ならでそうとのことですが…)。

んあー、悩むなぁ。
よし「迷ったら両方」、ゴローちゃんだってそう言ってますし、10月まではまだ2週間弱あるんやで…!

ここは一発、カブりを恐れずに引いてみよう…!

(ここまでは引く前に書きました)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/18 03:01


画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qN0FVeWNOWldCbjQ
はい、こんなもんですよ。ははは…!スゲーーーーーー!!WASSYOI!

一番欲しかったサドネちゃん、絵柄的に超欲しかった桜ちゃんが2枚、そしてまた恐怖の望ちゃん(彼女に恨みはないし嫌いじゃないけど、以前の複数枚のトラウマがね(´・ω・`))が来てくれましたようーー!

そして遥香っちゃんは★3でのご登場。とことんまで縁がないねえ(;´ρ`)ン
しかし悩んだ末に使った250個で今回の新規カードが2枚同時に出るなんて物凄くラッキーです!
…1日目でコレ出せよ!とか、そこ望ちゃんじゃなくて遥香っちゃんなら…とはいいますまい。
よー来てくれなさった。ささ、頑張って育成しようしよう!


おまけに以前のアイドル企画の時も二人のカードは来てますから、こちらもコンプということになりました。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qdlVSTmJQbUxGa0k
ゴスロリ桜ちゃんの雄姿。
カードは性能も「HPによって威力の変わる設置系」であり、そこそこ面白いのですが…、なによりその恰好がね…。
ゴスロリの王道を行ってて素晴らしいんです。
けだるげな表情(注:本当にダルいと思っている)に、女性としてより少女としての魅力を引き立てる為の西洋人形のようなフリフリドレスが大変良し…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/18 03:02
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qR0tUZ0xnckpkeTA
続いてはサドネちゃんの雄姿。
先日も書きました通り、サドネちゃんは「マヒ付き落雷」がつく、反撃を受けがちなソードにおいてとっても助かるスキルを持っています。
これでマヒさせてメッタ切りにできるわけですようケヒヒ(黒玉さんが言っています)。

彼女はClover4名の中では一番女性らしい体つきをしていますが(最年少組なのは人間社会における便宜上、だからね。この子年齢不詳だし)、実は本編でもアドガでも「歌が上手い」という特性を持っています。
最近は生活環境が大幅に改善されてなりをひそめた「ヤンデレ」部分ですが、こういうイラストを見ていると、空虚な瞳と衣装が相まって雰囲気はバツ牛ンですね。
明るく清純な子揃いの星守の中でこのDARK属性はやはりアクセントとして良い感じです。

まあよかった。
支払ったリスクを大幅に上回るリターンが得られてハッピーでした。
欲を言えば初特性である「フォルテシモ花音」の「隕石召喚付与(武器を振る度に隕石が落ちてくる)」が気持ち良くて素敵だったので欲しかったですが…、またいずれ隕石付きが出た時に期待しましょう

…9/23に何があっても大丈夫なように幸せポイントをこうして貯めておかなな。
■雑談■@kurotama
2016/09/18 03:19
■1年越しのまともなアプデかと思ったら@PSO2の話。
・やっぱり10月アタマの「バランス調整」がきれいさっぱり消えてなくなってたでござる(;´ρ`)ノ
ものすごい量の情報が1時間にみっちりで、結構快適でした。
こういう生放送なら大歓迎です。

今度のアプデで注目な点をざっくりご紹介しますと…。

・リングをトレード&マイショップに陳列可能
素材も取引可能になるといろいろはかどりますねえ。ラムグラ30個、強化30を最低10個食う上にギャザリングの手間をおいくらメセタに換算されるのかが気になります。
個人的には確率と戦わないのを考慮してもダルさで言えば5スロ防具完成品くらいの価値があると思うけど…?
安く買いたたかれるならむしろ買う側にまわりたいね。

・アムドアルチにて★12防具実装!サイキさんお疲れ様でした(木村Dの直発言)
防具としての性能もさることながら、なんと「Lリングを合成可能」だそうで…。
そのクラスには必須でしょう?というLリング(クラス能力拡張リング)を組み込めるようです。消去・回収できるのかは不明。
これほとんどFiさんの救済だよね(´・ω・`)
他のクラスは3つも有用なLリングない気がするんだけど…。
あ、HuはハンターギアセイブとJG変化系を同時に持てますね。組み込んだら取り外しできないとするなら必須ってなってるギアセイブくらいかねえ。

・バランス調整はリングとPAカスタムでお茶を濁す
パラレルスライダー零式でついに「初期OPのホバー射撃」ができるそうです!これは強いか弱いかでなくなんか欲しい…!
生身だとおかしな見た目になるかもだけどねw
あとはプレイ感覚が変わりそうなのは「ステップ中にジャンプすると高くジャンプできるリング」かなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/18 17:42
通常、ジャンプ後はノロノロ走りになる所、こちらは最高速を維持できるらしい、これも初期OPのアノ疾走を再現する為のものかな。

あとはサクリファイスバイト零式というのが気になりますね。

みなさんの要望は「サクリ必須になってるのをなんとかして」だから「通常攻撃からPAまで全部サクリあり状態の20%アップに」した上で「サクリはPP吸収PAに」とかにすれば良いのでは?とされていましたが…。
サクリが強化されてより依存が高まるのはどうかと思いますがねえ。
しかし、サクリに「ギアゲージアップ」の効果がついていたら、ハンターギア系がつかえないFi/Huでのソードが快適になるなー。
テロップのSSを撮影した他のブログのまとめ記事とかに期待しておきましょうか。

・初期3ペットに少し成長した「上位種」が登場
ワンダ・トリム・サリィの3種がオトナっぽく精悍になって大登場。
エッグで直接孵化させることでも入手できますが、これまでのを進化させることでも変われるとか。
たとえばワンダ★13に新ワンダ★8を合成したら、新ワンダの★はいくつになるの?というのは生放送でも疑問が出ていましたね。
でも進化後の姿は結構かっこよかったので、あのふよふよ浮く感じの違和感は消えないと思いますが、悪くはない、かなー。

しかしマロンの成長した姿とかどうなるんだろう…やせるのか、トゲでも生えるのか…。

・今年のハロウィンは「不思議の国のアリス」テーマ
こちらはなかなかよかったです。レイヤリングとはいえ、アウターがコートや上着状ではないので、ちょっと足腰を太くしているともれなくご懐妊するアノ現象に引っかからなそうね。

リング・PAカスタマイズもそうだけど、改善できないことは仕様でなくアイテム単位で小手先の対応で済ませるあたり、相変わらずいっぱいいっぱいなんだなーと思いました。
■雑談■@kurotama
2016/09/18 17:42
■トリトリはまたヴァーダーが出るらしい@PSO2の話。
・そしてボスは二つ名付きグランゾさんだそうで…。野良がまたしても阿鼻叫喚の地獄になりそうですねwリリチいったことないとあんなん無理だよね(ノ∇`)

そして終了時にはエンペが出る(かも)で、タガミさんの金色版が出る(かも)なので、ほとんど会えないと思います。
いつになったらパチノリやめるんだろうな…。

【告知】生放送戦道をやりませんかツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/18(日)22時半からの「戦道2016」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
というわけで、もろもろが200%アップの戦道を身内でやりたい方を募集です。
22:15分頃からウィスを受け付けています。
もし開始前にうちのキャラが居なかったら参加者さんがおられないのでログアウトしたと思って頂ければ(ノ∇`)

コレクトファイルを集めてて野良でガッツリ周りたい!という方は多分そちらのほうがよろしいかと思われます…。

あくまで顔見せ、雑談、交流のついでだと思って頂ければ!
それではよろしくお願いしまーす!

■告知■@kurotama
2016/09/18 17:50
■夢は夢にして終わった@剣異の話。
・「星屑のハンマー」がなんか5本を境に全くでなくなりました(⊃д⊂)
ネコたちの最後の仕上げのクロッカー25〜28、人形使い14〜20の間、ずっと実績ポイント(釣り用語?以前入手した同じ場所で粘ること)で鈍器カテゴリの箱を狙い続けたのですが、でませんでした。
副産物もたくさん取れたし、こちらが強ければ経験値が多く稼げるドワーフゾンビたちもおいしいですから問題はないんですがー。

ネコたちは最後に気絶以外の全状態異常を完全に防ぐクレリック26レベルのスキル「聖なる魂」を手に入れたらそれぞれ最終クラスにつきますから、そろそろ引き上げなくては。


前作が5周だから、レアは5個でキャップなのかな?とも思ったんですが、オーク村特産物である「狐の短刀」は17本も持っている…。
最低のEランクレアだからかもですが、何よりオーク村に何十時間こもったと思ってんだwというアレですからね。
確率がごく低かろうがン万匹も倒せばそりゃあ出ることもあるでしょうよ…というナニだと思われます。

というわけで星屑のハンマーを10本そろえて「店買いガチャ」状態にしよう計画…失・敗!

くそう…。

ちなみにタイトルのアレはウィザードリィ1のラスボス、ワードナの復讐劇を描いた「小説ウィザードリィ4ワードナの逆襲」から。
チンピラに襲われている少女を救おうとした新米騎士の男が実力不足でチンピラたちに敗れ、少女と共に大変な屈辱を味わわされますが(見世物として彼らの前で救おうとした少女をアレさせられる)、その経験を礎にして剣の修行に励み、ついに城の守護騎士を任されるまでになりました。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 03:30
今回、過去の亡霊(ワードナさんのこと)を討ち果たして褒美をもらい一人前の騎士となった暁には、あの後も自分を支え続け、共に苦楽を分かち合ってくれた少女に結婚を申し込もう。
そう決意した次のページの最初に「夢は夢にして終わった」の一言が書かれてシーンは次に移ります。

あ…、あ…? おいぃ?騎士さんのエピソード結構尺取って描いておいてそれかい!
と多くの読者にツッコミを入れさせたしょうげきの演出は今でも忘れられません(ノ∇`)

ちなみにその後も色んな背景を抱えた冒険者が己の事情の為、功名心の為に挑みますが、等しく全員無残に何もできずに皆殺しにされます(´・ω・`)ヒデー

実際、パソコン版のウィザードリィ4では「1〜3を潜り抜けたキミの自慢のパーティをメーカーに送ってくれ(´_ゝ`)b」と送ってこられたパーティが、敵として登場しまして、それを召喚したモンスターで撃退するんですよ。

異次元レベルの難易度で伝説となったこの作品は、「ドルアーガの塔」の謎解きが親切に見えるレベル。
発見した人の正気を疑うレベルの謎解きがいくつもある上、バグではなく手順をミスすると「詰み」になる箇所が各所にあるという…。しんせつにセーブ箇所が8こもあるのはそのためだったんですね(白目)。

それから比べればユーザー投稿のパーティなんか障害のうちにも入らないわけで…(でも小説ほど圧勝できるわけでもない)。
まあとにかく、黒玉さんの夢は確率の前に潰えました。短い夢だった(´・ω・`)
みじめに5個買って当たりが出なかったらロードしなおす感じにします…。

■お知らせ■
・すいません、喫茶の終了感想は明日書きます(ノ∇`)
■雑談■@kurotama
2016/09/19 03:30
■ムミシタンおそるべし。そして僕も代償を支払った…@バトガの話。
・体育祭の実行委員を誰にするか決める投票が行われているバトガですが、開始から昨日まで、トップを走っていた遥香っちゃんの「アーティスティック大体育祭」が、むみぃことミミことミシェルちゃんの「かわいいたいいくさい」に追い抜かれました…!

集計は本日23:59。
掲示板などでは「遥香を引きはなせー!ヒャッハー!」とか「最終集計前にオレの隠し持った票をドンとぶちまけてやるゼ…見てろよムミシタン共め」とか、押しを勝たせる為に先生たちのさや当てもヒートアップ!

ちなみにムミシタンとは

むみぃ信者xキリシタン→ムミシタン

となったようで、ミシェルちゃんのことを「頭むみぃかよ」とか「手足を引きちぎってやりたい」とかカゲキな愛情表現をする一方で、ミシェルちゃんをこよなく愛する狂信者共です(´_ゝ`)

まぁ、カゲキな方と本当の愛好家の区別はつきませんけど、ミシェルちゃんがネタにされつつも大きな存在であることはバトガ界の事実でして、それが力を持って現れたのが今回の現象ということでもあります。

僕は「なでなでで〜遥香っちゃんを〜愛でたいのでぇ〜」と投票によって親密度が無駄にあがるのを嫌がって投票はやめていたんですが、このピンチに立たないと遥香押し先生としてはダメな気がする!と、持ってるタスキを遥香っちゃん様に捧げたのですが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 10:12
親密度が81になってしまいました…。
これまではずっと75で止めてたんですが、2位以下の子たちがそろそろ70になる子も増えてきたので、差を開かせるために上限解放しまして、それが80になってたんですね。

本当は80で一旦止めて、上がり過ぎた親密度は81になる前に「しょうがなく」覗きをすることでリセットして80維持をする予定だったのですが、9/23の誕生日…、一年で一番繊細な日のガチャに備えてマイナス行動はとるまいと控えていたのがアダとなりました(人は運に任せるしかなくなると迷信を信じるようになるのです)。

しかしムミシタン共(異教徒共のノリで読んでください)の追い上げにあせってつい…、80の壁を突破してしまった…。

許さない…許さないぞ!

あ、逆恨みなのはわかってます(*'-')★

遥香っちゃんの「実行委員長衣装」は見たかったけど、現時点で差は40万票くらい。
あと12時間、まだまだわかりませんね。

日に4回?発表されることで大いに盛り上がっていると思われます。

デキレースだよバッカじゃねーの?最初からシナリオや衣装作っておいて合わせてるに決まってるよなんていう「俺はしゃかいのしくみにくわしいんだ!ガハハ」みたいな子が盛り下げようと必死ですが、見守ってる僕からしたらこの逆転劇は面白いなー。

あ、メインヒロイン()のみきちゃんは後方で風紀委員のゆりちゃんと壮絶なビリ決定戦を演じてらっしゃる模様ですね(ノ∇`)
ゲーマーにはやっぱ特化型がウケるんでしょうね…僕は「全部やりましょう!」は結構魅力的だったけど、確かに文化祭とかで絶対失敗するパターンだよなw
■雑談■@kurotama
2016/09/19 10:12
■決めろ!必殺…@剣異の話。
・最終クラス一歩手前のダンチョーたちはそろそろ進めなな、とストーリー進行と新たなエリアでのトレハン(トレジャーハンティング)に忙しい日々ですが、今作では「とりあえずバフ・デバフで命中回避を整えてから戦闘開始」というのが廃止されました。

とはいうものの、同じ場所でトレハンを重ねて敵レベルが上昇して30レベルくらい差がつくと必要になる上、どうもこちらもダメージと同じく「絶対値ではなく相対値である」気がします。

命中25と回避25なら50%だけど、命中21と回避25では(1=5%換算なら30%なのに)20%みたいな…。
命中と回避の差1=1ではない何かを感じます。

FF11などを強く意識しているチームの作品ですか「レベル差補正」で、差に対してつく確率にレベル補正をかけたりしているかもしれませんね。

というのも、例のオーク村襲撃なんかでも、レベル15を境に急に攻撃が命中し始めるとか、士気の上限が上がってトレハン回数が10回から15回にあがったら11回め以降はバフで命中を上げないと全員の全攻撃がハズレだったりして、明確な壁を感じるのよね。

で、今作では時を操る新クラス「クロッカー」と、暗示で敵を操る「人形使い」が追加されましたが、そのクラスが凶悪極まりない。

まずクロッカーは鍛え上げると毎ターン2回行動可能となる「オーバークロック」が使用できます(2回行動できない行動、意味のない行動もある)。さらに途中で、敵の命中・回避を20%低下させる「ディレイタイム」を覚えます。
奥義的なものとして「タイムストップ」があり、最強魔法並みの消費MPですが1ターン時を止めて時間を経過させます。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 11:53
こちらも行動できないのですが、パーティスキルの指定はできるので、1ターンに2個以上パーティスキルを使いたい時、ボスによっては○ターンごとにしてくる○○の行動というのがあるのですが、それをスルーする為に使います。

人形使いは「暗示:盲」によって敵の命中・回避を著しく下げることができ、「暗示:怠」によって敵の攻撃・防御を著しく下げることができ。「暗示:忘」によって通常攻撃以外選択できなくなります(アクティブ・パッシブ含めすべてのスキルが発動できなくなる)。
これらは1つのキャラクターは戦闘につき1回のみ、一体の敵に対しては各暗示一回ずつしか効きません。

さらに「暗示:殺」は1ターンいかなる敵だろうとこちらには襲いかからず自傷するか自分の味方を攻撃してくれるため、こちらは行動しつつ1ターン稼ぐことが出来ます。

これらを使いこなしていくうちとあることに気づきました。
「これ全員で使ったらどうなるんだろ」と。

トレハンでもボス戦でも、キーになる大物って最初は先頭に居ることが多いんですよ。
従来なら開幕というのは前衛は防御を固めつつ戦闘中ずっと継続するパーティスキルを使用したり、魔法消去を防ぐ魔法を使ったり、隊列破壊を防ぐ技や道具を使ったりで長期戦に備えるんです。

ですが…、防御している状態で敵の通常攻撃を受け止めて「ガードカウンター」を発生させて、相手が気絶しているうちに一気に攻撃を叩きこむのが勝負を決めることが多いこの今作では、もう少し荒っぽく出来るのでは?と考えました。

というわけで、

ナイトのおソノさん→暗示:盲で命中下げる
ファイター予定のアイナさん→暗示:怠で攻撃・防御下げる
サムライ予定のツバキさん→オーバークロックからのヘビースイング(3倍撃)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 11:54
ニンジャ予定のコトリちゃん→オーバークロックからのヘビースイング
クレリックのタマちゃん→暗示:忘でスキル封印(防御系パッシブスキルを発動させない為)
ウィザード予定のダンチョー→ディレイタイムで命中・回避20%減

と、アタッカーネコ2匹の3倍撃を開幕1ターンめでヒットさせる戦法を編み出しました。
アイナさんは最終クラスがファイターな為、ヘビースイングがまだ使えないのです。

ツバキさんは例の魔将から奪った「デモンズハルバート」を持っていますから、その攻撃力は凄まじいものがあります。
本来なら守りを固めて反撃を狙うセオリーを、これをやることによって、開幕から敵の回避・防御を極限まで下げて最大命中値が50%にまで下がると言われている3倍ダメージのヘビースイングを当てていくことでスピーディにするわけです。

多くの敵に特攻を持つデモンズハルバートのヘビースイングは、防御低下とあわさって最大3600ダメージほど与えるので、もし2発ヒットすればいわゆる「強敵」が1ターンで沈むっていう…w

それにそこで倒せなくても、このターンのボスは「命中低下・攻撃低下・スキル使用不可」なので、こちらに致命傷を与えることはまずできないでしょう。
むしろその状態で通常一発で死人が出るようならおとしなく退却した方がいいよ…(このゲーム盾役以外が打撃受けると即死しかねないけどね)。

倒しきれない場合は次のターンから普通に攻めていけばいいわけですし、運が良ければ倒しきれずとも敵のHPを大幅に削っているわけですからこっちが有利なことは変わりないわけで。

いやはや、パーティ全員の連携で一撃必殺が狙えるとか…、転職を重ねて強化してきたかいがあったですねえ。
敵がもっと強くなってくるこの後はどうなるかわかりませんが、それも含めて楽しみ。
■雑談■@kurotama
2016/09/19 12:00
■絶望した(⊃д⊂)@剣異の話。
・最終クラスに転職したものの…、スキルセット枠10個だと足りない…!
ニンジャのコトリちゃん辺りはクロッカーか人形使いにもう一度転職してもいいかもしれないな…。
今作は命中値が高い不意打ち系攻撃で削らなくても敵の命中・回避を司る小技が増えたため、ニンジャの相性が悪すぎる…。

【終了】生放送戦道をやりませんかツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回は東京ゲームショウからの生放送で集計した緊急として、200%ブーストのついた「戦道2016」が行われました。
参加してくださったのはストロボヤンマさん、ハツネビーストさん、ドロスさん、ミクさん、Ivoryさん、Gorgorothさん、クティヴィンスさん、トロさん、ソラマメさん、ヴァレリーさんと、大変たくさんの方に来て頂けましてびっくりしました!
さすが3連休。そしてライブ込みでも22時半からのスタートということで、普段お忙しい方・早く落ちないとダメな方もご参加できた模様でした〜。
ライブで遅れるならこれくらいにして欲しいものですよね。お昼にはPSO2部分の放送

着ぐるみリリーパで現れたGorgorothさんの姿に「ざわ…ざわ…」となる皆さんでしたが、中身は案の定…

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qS3pvRFFPbzY1X0E
という、大変ひどいことに…!(左上は至って平和な集合の様子です!)

しかしこのサカ○さん、再現度高すぎですよね…。ミツヨシヘアーがご本人のあれよりも大分オデコを強調された感じになっているので、うまくハマるとこんなことになってしまいます(;´ρ`)

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/19 16:20
今回は大きなレアブーストもかかっていたので、パーティの中でもレアが出まくっていたんですが、その度にINARI認定されるので、拾ったスペシャルウェポンがなんだかぶきみに温かいのではないか…、とおめでたくない感がすごかったですw
「私が拾ったレアアイテムがOINARIに…」等、参加者の皆さんにサ○イの祝福が等しく残酷に降り注いだものの、1周めではグリフォン・ゲルスが大登場。
確認しきれませんでしたが皆さん結構★13武器を拾っていた模様ですね!
うちには新ガルグリウォンド・ワンダエッグ★13が来ていました!ボヤンさんは新ガルグリダブセを背負っておられたので拾われたんだと思います。
★13を拾った方、おめでとうございますー!
拾っても強化するのめんどくさいなあっていうのがなくなればこのゲーム、もっと楽しくハクスラできるって思うんですけど…、インヴェみたいに強化済みでドロップしてもいいんですよ…!

終了後におしゃべりなどしていると、ハツネビーストさんの新アカウント新キャラの三ノ輪 銀さんが来てくださって、改めて皆さんとフレ登録されたり、アテメさんが来てくださったり、Nierさんがいつの間にか背後に座っていたりなどして、久しぶりに皆さんと顔合わせが出来て楽しかったです。

残った方と延々おしゃべりをしていたら時間がキケンな感じになったので撤退して今回は終了でした。

以前のように毎日のようには開催しないものの、今のPSO2の感じからするとこうして成果にこだわることなく集まってちょっとおしゃべりして…みたいなのもいい意味で熱が抜けてていいかもですよね。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました!
また機会が合う時にはぜひとも参加して頂ければと思いますっ。それでは、またよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/09/19 16:20
■おまえの技は見切った→普通に殴ればいいや@剣異の話。
・た、たった今起こったことを話すぜ!
終盤の氷結エリアを探索中、血統種に襲われて、もし負けたらここ40分ばかりの冒険が台無しになっちゃうモジャーとあせってたんだけど、
いかにもお強そうな、狼男めいたその様子なのに手下を呼んで後ろから氷の全体攻撃したり、バフかけて手下が倒されるまで待ってるみたいなんですよ。
「見切り」を持っているので、スキルも魔法も1回ずつしか通らず…、どうしたもんかなー、また防御からのカウンターで…と思ってたら、なんか一向に前に出てこないで手下を呼んでるんですよ。
一番貯まった時には2匹x4列くらいいましたかね(はるか遠くに血統種さンが見える状態)。

ははァンと思って、射程距離無限のスキルを持つコトリちゃんに通常攻撃でえいって殴らせると普通に効いてます。
数ターン待ってみてもHPを大幅に回復したりはしなさそうですね…。

ということで、アイナさん、ツバキさんはミドルレンジ(1列先まで届く長柄系)武器を持ってるので、手下を1列だけ残してキープし、飼いネコ三匹の通常攻撃で狼男めいた人、あっさり撃沈で御座います。

なんだったんだコイツはw

※転職後でレベルが下がっているので、パーティの平均レベルで強さが決まるボスとかが少しパラメータが低くなっているのかもしれません。
前作のタイムアタック企画では転職しまくって能力値とスキルを最高にまであげたキャラを転職のレベル半減を利用してレベル1に戻し、ソロで隠しダンジョンのボス倒してる人がいましたからね。
■雑談■@kurotama
2016/09/19 19:49
■剣異の世界も3高以外お断りだった件(´・ω・`)@剣異の話。
・ぐりぐり進めています。そりゃあ育成をほぼ終えてからだからね「ファンタジー北島」によってドラクエ3で言ったらダーマの神殿あたりで勇者以外の3人を全員、商人→盗賊→遊び人→賢者→戦士で全特技マスターして戦士20レベルにしてから「さあ、船の冒険に出発だ」とやってるわけですから、戦闘はラクラクですよね。
2周めプレイだから別にいいんですけど、ちょっと寂しいナと…。

で、武器の話なんですが、剣異の武器は

@1撃が大きい両手武器、及び片手大型武器(大剣・槍など)
A複数回ヒットするので命中判定及び状態異常判定を複数回行える武器(カタナ・短剣など)
Bヒット数だけに特化した、状態異常付与用の武器(ナックルなど)

がありまして…。

ニンジャのスキル「凶刃」が判定で発生するとヒット数+1、即死の状態異常がどんな武器でも付きます。
なので、TANABOTA+1ヒットが発生して一番おいしいのは@の大型武器ということになりますね。

もし防御力25だとしたら、@180x1の武器と、A85x2の武器と、B25x7の武器の場合、@は「1回ヒット!155ダメージ」、Aは「2回ヒット!120ダメージ」、Bの武器種が「7回ヒット!7のダメージ」となり、攻撃力が低いほど損をしかねない。

これは STR補正(1につき+3。STR33なら武器攻撃力がざっくりいうと100くらい上がる)がそのまま乗ると、多数攻撃武器が圧倒的有利になる現象を恐れてのことなんでしょうけどね…。

手数の多い武器は攻撃補正を上げてやると「化ける」可能性があるのは以前から僕が良く言ってましたが、こちらはそうならないように予防がしてあるわけですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 22:40
まあ若干やり過ぎたせいでナックル系が一切使い物にならない武器種となったので、剣異では複数攻撃回数武器は攻撃補正が上がるのか防御カット率でも適用されるのか、「7回ヒット!56のダメージ!」くらいにはなってるんですよ(数字はテキトーですよ)。

で、わりと好みで選んでよくなったんですが…。
例の「相手を気絶させてから100%命中のヘビィスイングで3倍撃を叩きこむ」戦法が必殺モードとなってしまった新釈ではまたしても@だけが圧倒的有利になってしまいました(ノ∇`)

おかげで先ほど挙げたコメントのように、初手から3600x2ダメージとか出すような戦法もできるわけです(ヘビィスイングにも凶刃は乗る可能性がある…はずなので、乗ったら6倍になるはず…けどまだ見たことがないので乗らないのかも)。

だけど、武器の根本的な仕組み上「使える武器」と「使えない武器」が存在しまして…。

@属性がついている(火・土・水・雷の4つ)
A不死・精霊特攻がある(○・◎の2つ)

属性がついていると、モンスターの属性に対して強い武器で叩くとダメージが1.5倍になります。逆に苦手だと0.5倍となります(極端)。さらに、不死や精霊のモンスターには、○がついていれば1.0倍、◎なら1.5倍となるんですが、○もついてない武器だと固定で1ダメージしか与えられません。

そして、クレリックは不死に対しての段階を一つ上げる(なしを○に、○を◎に)「ホーリーウェポン」というスキルを持っていて、ウィザードは精霊に対しての同様の効果「マジックウェポン」というスキルを持っています。

このあたり、グループSNEのTRPG、「ロードス島戦記」や「ソードワールドRPG」な感じがすごくしますね!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 22:45
で、前作剣異ではこの二つのスキルは「パーティ全員」でした。
不死が出たらクレリックの第一行動はホーリーウェポン、精霊が出たら(以下略)だったんです。

だけど容易すぎて要素が活きてないからという理由で新釈からは「指定した対象1人」となりました。DARUI!

前衛アタッカーが3名いたら3回かけないといけないんですよ。1人でやると3ターンです。バカじゃないの!
結果、プレイヤーが取る行動は「最低でも不死○、精霊○がついていること」という、武器の選別です。

精霊は実は「突発的に遭遇する強敵」が少ないので、トレハンでそれらを相手取る時に用意するくらいでいいのですが、不死はほぼ全部のダンジョンに大抵おり、中盤くらいまではパーティスキルを発動させておかないと「レクイエム」というザラキ的な即死範囲魔法を使ってきたりしてちょうウザいのです。

だから妥協しても「最低でも不死○でないと(´・ω・`)」になるわけです。

さらに今回はとあるはぐれメタル的なエネミーを始めとして「物理無効」を持っている敵がいくつか見受けられます。
これはどういうことかというと「無属性の武器は効かない」であり、火でも水でも、相性を問わずに属性さえついていれば良しというやつです。
件のTRPGでいうなら「魔法の武器しか効かない」というやつですね。
で、そっちは魔法使いや僧侶の付与魔法を使えば「仮の魔法の武器」という扱いになって効くようになるのですが、剣異はそんなにあまくないのです。

マジックウェポンのオーラを帯びようが、ホーリーウェポンの加護を受けようが、属性の有無を埋める手段はありません(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/19 22:46
つまり「最低でも属性がついていて、不死○以上の武器。精霊○ならなおよし」となり、もっというなら「属性・不死◎・精霊◎の武器ないの?」となる。

このゲームの属性相性は、某攻略サイトさんの表現を借りると「土属性さんが何をしたっていうんだよ…」でして、

雷>水>火>土となっています。

土が雷に強くないので土属性は武器の場合「ただ属性がついているだけ。火属性の敵には威力半減」防具の場合は「うっかり土属性のレザー防具をフルセットで身に着けているとファイアの魔法の威力が大アップして即死する」という初心者殺しのワナが待っています…(そして最初のエリアにはファイアを使う小悪魔がいる…(´・ω・`))。

なので、武器の場合は「できれば雷属性なら良し」となるわけです。

これを満たす武器を見てみると、前回のプレイで最後まで大活躍した「嵐王の槍(レア)」が唯一「雷属性、不死○、精霊◎」ですね…。
あれだけ武器があってもこの条件を満たせるのは一本だけとか…(強力な武器だけど両手武器だし)。

そして今主力の「デモンズハルバート」は、嵐王の槍と違ってノーマルで量産できるくせに「火属性、不死◎、精霊○」です。
土属性のエネミーは結構いますが、骨・ゾンビ系アンデッドはもれなく土属性なので、火属性によって1.5倍補正がもらえますね(属性・特攻の上限が1.5倍なのでそれ以上にはならないはず…)。

うう、とにかく、魔法使いたちの付与魔法の対象数が1人になったことで、前衛たちは彼らの手間を軽減するために、二刀流の二本、もしくは裏パレットに「○○が出た時用」の装備を持ってないといけなくなったわけです。

まあ掘りゲーだからいいのか…?
■雑談■@kurotama
2016/09/19 22:47
■雨で帰宅が遅れまして…@雑談。
・なんか今年って雨模様が「重い」といいますか、降るたびにロクなことにならない…。
まあ台風シーズンだからねえ。
これが終わるとざあっと秋に切り替わるはずなのでガマンガマン…。

【告知】ジョジョ第4部第25話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/20(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/09/20 20:08
【終了】ジョジョ第4部第25話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、今回はKAITOデューマンさん、Dorisさんが来てくださって、最初はおしゃべりをしていたのですが、JOJO観ないと!と見始めることになりました。
今回の内容は吉良邸の探索をする承太郎さんたちと、エステスタンド「シンデレラ」の力で似た背格好の男、川尻浩作の顔と名前を奪ってなりすました元吉良さんの行動が描かれます。

メインは吉良邸探索のほうでして、なんと彼の父の幽霊が登場!
彼はスタンド使いであり「撮った写真の中に人を閉じ込める」「写真に取りつく?ことで実体を得る」能力を駆使して、息子の罪を暴こうとする承太郎さんたちを排除(SATUGAI)しようと襲ってくるのでした。
相手の不意打ちによってスタンド能力にハメられてしまう承太郎さんと仗助さんですが、相手の勝ち口上に焦ることなく「取った写真の中に幽霊しかいないならそっちに閉じ込めることもできる」と華麗に処理、あせるばかりの若者組にはいいとこがないままでしたね。
どの写真に入るかは能力者の意志で決定できるルールだったらどうするつもりだったんだとは思いますが、JOJOでそれを言ってもなあw

息子の為にどうしても奪われてはならないスタンド能力者を作り出す「矢」。これを発見されて押収されることだけは阻止しようと、承太郎さんの機転で「封印」された彼は言葉巧みに億泰くんを煽って脱出に成功、矢を持っていかれてしまうのでした。

言動から彼の性格を見通し、調子に乗らせて絶体絶命の封印状態から脱出する姿はまさしく「悪魔」のようでしたねえ。
千葉繁さんの怪演もノリがよくて大変良し

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/21 03:09
しかもその原動力が息子の為なんですよね。
「息子が女を殺さないと生きていけないなら肯定する。だってあいつの父親だから」は、歪んでますがある意味深い愛ゆえの行動と考えるとフクザツです。

これを見て思ったんですが、第四部って「父子」の物語でもあるんですね。

ジョセフさんと仗助くん、億泰くんと怪物パパ、そして吉良さんと幽霊パパ。

全員スタンド使いなわけですが、結局ほぼ全員「矢」の力が絡んでるんですよ。
ジョースター家は第一部の主人公の首から下を奪ったDIOが矢の力でスタンド能力を得たことで、現存する子孫全員が後付けでスタンド使いになりましたし、億泰くんと怪物パパは矢の力です。

吉良さんは幽霊パパが存命の時に入手した矢でどうもあれこれあったぽいですね(幽霊パパはスタンドというか霊能力なのかもですが)。

スタンドは日本語では「幽波紋」と書かれるのですが(第1部、第2部の「波紋」とは関係がないのだけど、おそらくまだ設定が固まりきっていなかったんでしょう。第4部はもうカタカナ表記のみになっていたと思います)、幽霊に触れられると言っていたので基本的には霊体なんでしょうかねえ。

幽霊パパがやり手だった為、矢は奪われ、写真に入ったまま逃走を許してしまった所で吉良邸探索パートは終了します。

一方、川尻さんと入れ替わった吉良さんは、やる気なしで後悔しかしていない妻と子の待つ家に「川尻浩作」として帰宅。
冷めきった夫婦仲とはいえ10年以上連れ立った妻に「怪しい。いつもと違う」と思われつつ良い夫を演じ、滞納している家賃を取り立てにきた大家からスタンド能力で金銭をこっそり奪って2カ月先まで支払ってしまうその悪辣なやり手っぷりに彼女は「今初めて恋をしたかも」となってしまうのでした。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/21 03:09
とにかく「異常」の一言でしか言い表せない吉良さんと彼を取り巻く環境を暴いていきつつ、バトルと親子愛、夫婦愛?を描いた今回もすごく面白かったです。

アニメスタッフも素晴らしいのでしょうけど、荒木先生のこの作劇のうまさは、もう唸るしかないレベルだよなあ。
多少ツッコミどころはあるけど、大筋で見たら「面白い」って感想しか出てこないもの。

あれだな、「よくある」をあまり感じさせないのがいいのかな。
テンプレとキャラ論を噛み合わせて、なんでも「○○デレ」「○系」でカタにハメることに見る側も作る側も慣れてしまった今これを見ると、カタにハメて語るのがレベルの低下を招いているんじゃないかとか思いますね。

僕自身も含めてみな「コピー劣化」しているのかもしれない。

※コピー劣化とは、ある表現者がきちんと勉強と研鑽を積み上げて得たデフォルメなどのテクニックを完成品の形だけ真似て意味も分からず歪んだ理解で使用し続けて進歩をしてしまうことで、同じものを何度もコピーしていると次第に象が歪んでいくことになぞらえた言葉。

分かりやすい例でいうと、キャラクターの目の下に三本線を入れるやつ(本来はまぶたのくぼみと頬の盛り上がりをゴツくならないようにごく薄いカケアミを施していた、もしくは頬に差す赤味を表現しようとしていたものと混じって、いつのまにか「線をガッガッガッと三本入れる」に変わってしまった。90年代などはアニメで色がつけられるのに頬に三本キズのように入ってて「ヒゲ」と呼ばれていた)とか、横から見た時唇の形分顔が出っ張っているけど、開いた口が奥に書かれてしまい、その間の肉はどこを現わしているんだよ…となってるアレ。

まあそんなわけで、今週も一緒に見てくださってありがとうございましたー!
来週あたりからOPが変わるかもしれません!
■終了■@kurotama
2016/09/21 03:11
■1位はミミちゃん@バトガの話。
・秋の体育祭を自由に変更していい権利を巡って6人の立候補が選挙を行うイベントが開催されていましたが、初発表3位だったむみぃことミミことミシェルちゃんが怒涛の追い上げによって投票終了日2日前に大逆転、票を伸ばし続ける遥香っちゃんに30万票の僅差(やる気になれば1時間1万票くらい稼げるらしいので、30万なんか本当にちょっとの差です)で上回り、最終発表時刻の18:00から23:59までの間にどうなるかはわからない…と言われていたものの、結局逃げ切りましたね。

まあこの間に逆転してたらまた陰謀論先生が「デキレース!デキレース!」と発狂して喚き散らしていたでしょうから、これでいいと思います。僕の出入りしてるサイトでも大いに盛り上がっていましたけど、なんていうか、自分の考えが通らないからってキャラクターをけなす人はちょっとダメだよなーと思いました。
あそこは数少ないバトガ好きが2ちゃんの本スレよりマシな場所として住み着いてるんだから、2ちゃんノリでけなしまくるのよして欲しいもんです。

まあキャラ人気投票は中の人(声優)のファンも暴れ始めるし、票の操作とかそういう疑惑は消えないしで何かと荒れてしまうのですが、僕は結構楽しいですねー。
投票すると親密度が意図せず上がってしまうので投票やめたわって言ってる人がいて安心しました。
プレゼント攻勢で一気に最高の100にすることこそ愛情!と思う先生もいれば、特訓で汗だくになってもらってスポ根ノリで勝利を目指す先生もいれば、ひたすらなでなで回数をつぎ込んでねっちょりと親密度を高める先生もいる…。

あーでも、選挙の投票で猛プッシュしたことで深まった親密度というのもアリではあるのか。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/21 22:11
リアルでもイベントで一緒の委員になったのが縁とか、残業でたまたま退社時間が合うことが多くてとかそういうのもあるよね…!

まーとにかく、ミミちゃんがイインチョですよ…。
周りの人が若干苦労しそうだけど、ファッションデザイナー/モデルの望ちゃんがイベント事のプロに近い子だから、まあ大丈夫でしょう。
このイベントの顛末と、体育祭は10月で実装されるそうです。

楽しみ…ではあるけど、もうそろそろ、9/23が来てしまいますね…。
全石を吸い尽くされてしくしく泣いているのか、先日の花音ちゃん祭り(単発で引いたら確定でもないのに2回も花音ちゃんの新カードが来てくれた)のように意外とあっさりコトが進んで「がはは」と笑っているのか…。

全てはコロプラの神が決めるのです。750個の星のかけら、どこまで減るのかなぁ。

■新要素体験@PSO2
・東京TAに行ってきました。
TAアムドのようなアスレチック要素と、最後のごちゃまぜ乱戦によるバトルが合わさったものでしたが、最後のごちゃまぜのは戦法もへったくれもなくただひたすら吹き飛ばされないようSAつきPAを使うか上空に逃げるかという、ゲーム性の全く感じられないアレだったので、またBrのカタコンテッセンが有効なんだなあと思いました。
XH闇の痕跡もそうだけど、回避や防御をする気がなくなるのを高難度っていうのは、なにか取り違えてる気がする。

独極はそうならないよう、倒す順番とか武器相性とか設定してたんですけど、もう今の運営にまともな攻略コンテンツを作れる方は居ないんでしょうね。
クロトオーダーも追加されてなかったので、ビンゴにでも来ない限り二度とプレイしないと思います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/21 22:12
1つおくれの感想ですけど、新エネミー「ラプラスの悪魔」はなんなんだろうあれ…。
デザインの感じがサモナーのペットっぽいというか安っぽいというか、これまでのリアル路線のエネミーが急に「トゥーンだから大丈夫デース★」とかいって汚されたみたいな…。
浮いた感じしかしないのよね。

ラスベガスはそういえば、首なしライダーもサイズとかも、アークスと並ぶと質感とかおかしいのよなあ。
いい意味のごった煮感じゃなくて、ゲーム専門学校の卒業作品でみんなの個性を活かそうしたら(みんな同格だからあまり大きなダメだしもできないしな)整合性のないエネミーの寄せ集めになりましたみたいな感じを見せられているようなね。

漫画の話ですけど「僕のヒーローアカデミア」なんかだと、作者さんのアメコミリスペクト(とギャグ)によって、作中最強ヒーローの「オールマイト」だけ、モロにアメコミチックな画風で、作品中でも「さすがbPヒーロー!画風まで違う」と言われてしまってます。

これはね、色んな意味で「狙ってる」んですよ。
それくらい格が違うということでもあるし、ギャグでもあるし、リスペクトもありで、設定的にも意味があります(オールマイトは歴代オールマイトたちの経験と特殊能力を受け継ぐ特性を持つヒーローなので、一般人と色んな意味で「違う」。1人の中に何人もが息づく為、パワーもその魂もケタ違いというのを表しているとも言える)。

首なしライダーのアークスとの違和感にきちんとした意味はあるのか。
そして全然大きくないモンスタートレーラーと並ぶと、本当に「誰かこのサイズの整合性のなさに突っ込むやついないのかよ」と思うんですよ。「幻想だから平気デース★」とでも言いたいのかもですが、演出と逃げを一緒にするのは失礼だと思う。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/21 22:12
アルティメットアムドゥスキアのエネミーも、いまいちこう、カッコいいのいないですよね。
ドラゴンにこだわりのあるドラゴンサカーイの率いるスタッフが作るのに竜が微妙とかどういうことなの。

…。

あまりに非難ばかりで切なくなってきたので今一度見直してきました。
クォーツの強化版はまあ若干カッコよかったです。

なんだろうな、足とかをバカでかい爪つけちゃうから、末端肥大になってしまってデフォルメ体型じみたデザインに見えるんですね。
ドラゴンのデザインはさんざんやりつくされてるから難しいと思いますが、たまには荘厳で美しいエネミーとかもいると嬉しいんだけどなあ。
クォーツとかもそうだけど、どうも「宇宙怪獣(ゴジラ・ウルトラマンとかの特撮のほうね)」じみてるのよねえ。

リリアルチのメカ群とかはメカ犬のZOIDS感はちょっと笑ってしまうものの、雑魚エネミーとかグランゾさんとか超カッコいいだけに、ちょっと残念。
採掘場メカとリリアルチのメカは連れまわしたり肩に乗って「いけーっ」って指示したい欲に駆られるほど好きです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/21 22:12
■いい話発見@PSO2の話。
・今度実装される新リング情報が雑誌に載ったそうで…。その中に素晴らしいものがありました。
それが「ランチャーノンウィークボーナス」リングです。

ランチャーに限り「ウィークヒットアドバンス」の効力が弱点でなくても乗ります。言葉の意味的にはおかしいことになりますが、これこそがランチャーに求められていた要素です。
あの弾速がくっそ遅い上にわりと弱点に吸われてくれない、なんていうか微妙すぎたアノランチャーが、ハンター武器などと同じように「とりあえずぶっぱでOK」になるわけですよ。

これはいい。
これで「ヘッドショット・ウィークポイントを狙い撃つライフル」「弱点が見当たらないから大砲で撃っとくかwのランチャー」と使い分けできます。最初からこうしておけばよかったのに(´・ω・`)
リングでやらずに仕様で変えろよとは思いますが、これは単純にランチャー強化じゃないでしょうかね。
これが「アナザーモード」みたいに通常攻撃のみねw とかだったら作るまでもなく終了ですが、PAにも適用されるというのならかなりいいのでは。
これはちょっと期待しちゃいますねー。

もう一つはまあ生放送から言われていた「空中受け身」リングですね。
ただ、上昇できる能力が打撃力・技量だそうで、これ欲しいのはGuだろうに、イジワルです。きんせつゆうぐう!

受け身とかハイジャンプとかは完全に「★12ユニットにセットできるんやしええやろ?」ですよね。
どれか一つの候補には入らないけど、スロットがあるならつけておきたいみたいな。

★12ユニットにセットするアノ話は、打撃力とかそういうのは持ち込めないそうで、純粋にリングのメイン能力だけなので、こういう「挙動が変わるレベルなしリング」ならレベル上げの必要はないのはありがたいですね。
■雑談■@kurotama
2016/09/21 22:17
■終わりのアクス@剣異の話。
・先日「武器にも3高ですか(´・ω・`)」という話題を書きましたが、新釈では実は武器の性能にも見直しが入っています。

ショップ販売員兼、元歴戦の勇士兼、鍛冶職人の「ギリウス」というキャラがいまして、大変カッコいい「ドワーフ爺」なんです。
ちなみにうちのドワーフ3人組の「モリっさん」の外見はこのギリウスさんのものにしています。カッコいいので(*'-')

彼は異邦人ギルド(現実世界からここエスカリオに飛ばされてきた者たちが集う互助組織)の世話役も兼ねていて(有能だなァ)、立ち上げ初期に「ギリウスの○○」という武器を作っていたことがありました。

これはレア属性ではなく、トレジャーの中にはその品が多く発見されるのですが(つまりそれだけ現地で異邦人冒険者は倒されているということです…)、魔物との戦いの経験深い彼の案が入っているだけあって、すべてに「不死○、精霊○」がついています(なしだとその相手には最終ダメージ1ヒットあたりのダメージが1に、○は1.0倍に、◎は1.5倍になります)。

「一人前の戦士はウィザードやクレリックの手を煩わせない装備を揃える事」と言いたげな装備群なんですよね。
これがあればマジックウェポンやホーリーウェポンのお世話にならずに済みますから、彼らには別の手段にターンを使ってもらえばいいわけです。
それらをもらえば1.5倍になる余地もありますから、長引くようならかけてもらっても良い、くらいの感覚。
いわゆる「困ったらギリウス武器、覚えておくと(略)」というやつです。

ちなみに武器の対抗属性には、対人族、対生物、対不死、対精霊、対魔族、対神のパラメータもあるのですが、対抗能力がついてないと1ダメージにまでなるのは不死と精霊だけなのでこれまで触れませんでした。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:34
ギリウスのナイフだけにはなぜか対生物◎がついていますが、これについてはちょっと話がずれます…。

ダンジョンズ&ドラゴンズ(D&D)あたりの黎明期のTRPGが「ナイフみたいな小さな刃、1〜4ダメージでいいっしょw」と、長剣の半分のダメージに設定して広まったせいで「ナイフや短剣の威力はしょぼいw」となってしまった感がありますよね。

とはいうものの、D&Dでは両手を使って力を込めて使うトゥーハンドソード(両手剣)でさえ1〜10ダメージだったので、大した差はありませんでしたが(盾を捨てるデメリットも回避率が5%低下するだけでした)。

それからすごく長い間「短剣は最低ダメージの刃物」が定着してしまっていました。
これはある意味リアルで、人間以上のサイズの相手とやり合う時、リーチに欠け、遠心力も乗せられず(体ごと突っ込めば体重と勢いは乗るけどそれは他の武器でも同じだし)、刃物自体の鋭さ以外にウリがないなら、不適格だと見られてダメージ数値が落とされるのも仕方のないことですね。

リアル戦闘シミュレーション的な側面を持つTRPG「ルーンクエスト」では、「SR(ストライクランク)」という要素がありまして、敏捷度で決まる基本SR+移動にかかった時間+武器のリーチで求められる行動順決定ルールがあったんです。

それは取り回しの不便さよりもリーチしか考慮されなかった為、両手剣が1などの低くて優秀な数字を与えられているのに短剣は3と素手と同じでした(装備が重いと戦闘開始時のスタミナがより減っているので、健康な若者でも重装備だと2分ほどたつと息切れが始まる可能性があった。フル装備のキャラクターは「スタミナを増す呪文」の習得も推奨されているくらい制限時間が厳しかった)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:34
一方、格闘術で組みつくとSRが逆転する(リーチの長い武器は攻撃機会がなくなり、SRが高い…リーチの低いほうが攻撃機会を早く得る)とかのルールもあったのはさすがですが。

ちなみにこれはTRPGの話ですから、会話で解決することも要素のうちでして、

有名ゲームマスターに相談してみよう!みたいな質問コーナーなどで…、

例えばプレイヤーの戦士をゲームマスターの操る盗賊が羽交い絞めにして「動くと殺すぞ」と脅した所、キャラクターが「やってみろ、俺のHPは24だぞ。何回刺せば死ぬのかなw」とタカをくくってましたがそれはいいのでしょうか?

みたいな質問に対して、戦闘でのダメージ力より、状況を考えれば体を押さえつけられて刃物を急所に刺されればそこには回避判定も装甲判定もなく、その脅しを聞かなかったキャラクターを死なせると思う。

みたいな回答もありましたね。

だからプレイヤーも「短剣の異常な評価の低さ」にギモンは感じてはいたんですが、それでもやっぱり、フル武装の戦士相手に初手から短剣一本ではキツめに見えるのもまた事実。
僕も体験したことがないのでわかりませんが、実戦では大型武器で転ばして、組みついた後は短剣で鎧のスキマにブスリとするような感じだったようですからね。
ロングソードやバトルアックスで倒れるまで殴り合ってるわけでもなかった模様です。

まーとにかく、ゲームにおける短剣の冷遇時代は続きまして、物語の主人公に「盗賊タイプ」が出始めてから、「使う人が短剣を巧みに操ると急所攻撃によって大型の武器以上の成果が出せる」と見直されてきた感じかなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:34
まあ、大型モンスターと真っ向からやりあうには巨大な武器も必要でしょうが、後ろから忍び寄って組みついて、ウロコの隙間に突き刺して、致命傷にならずとも痛みで行動阻害してガチ前衛のためにスキを作ったり、首筋をかき切るようなスタイル、装甲のない眼球など狙う感じの代わりとして「クリティカルヒットが出やすい、出たら強い、基本的に毒を塗って状態異常狙いで使う」などなどで頑張って来た感じがありますね。

僕の中では転職システムによって、そのシナリオ中では最新クラスが有利になるように作られていた「ファイナルファンタジー3」で、そこの敵の弱点属性の短剣を揃えれば戦士をはるかに超えるダメージを叩きだしていて「短剣つええええ」となったのが最初でしょうかね。

あとは友人がやってた「ラグナロクオンライン」で、クリティカル特化短剣シーフ(アサシン)が強くなった話で「漫画版だか何かが主人公が盗賊だったから」という理由で短剣職に人気が出てこうなったらしいというのも聞きましたね。

FF9も短剣使いが主人公だったしなー。

まあ短剣冷遇の話はおいておきましょう。

剣異では「二刀流技能がなくても逆手にサブ武器として持って追加ダメージや状態異常を狙え、高めの命中補正でマイナス補正の付きがちなメイン武器の命中力を上げる為に使える」という役どころです。
無意味ではないけど最後までやるスタイルではない、かなー。
この前やっていたデモンゲイズでは主人公の最後の武器が片手剣だったので、最後は最強の短剣を左手に装備してましたけど。


というわけで、「ギリウス」の名を冠した武器は大変有能。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:35
そんなギリウスシリーズなんですが、前作の無印剣異において「この武器が取れればゲームクリアまでこれでいんじゃね?」と言われていた武器があります。

それが最終ダンジョンの3つほど前、物語の核心が眠る地でトレハンすると比較的容易に入手できる「ギリウスの斧」なんです。

それまでに入手できる片手用武器はレアなものでも良くて170ダメージくらい、もしくはカタナなどの85x2(即死を与える可能性アリ)だったのが、ギリウスの斧で突然245ダメージに跳ねあがります。

しかも「ギリウス」系ですから、当然「不死○、精霊○」の効果付き。
属性こそついていないですが、ちょっとプラスの値が高いのを拾えれば片手で300近くのダメージになり、サムライなら初期から習得している「二刀流」のスキルがあれば、それを両手に持てます(敏捷度が高くないと逆手の攻撃力は物凄く下がるけど)。

ゲーム最強の両手剣が900くらいのダメージですが、それはクリア後の本当に本当の最強武器の話。
終盤で手に入る普通に強い武器は500〜600くらいなんですよ。

つまりギリウスの斧二刀流ができれば、様々なスキルなどの発動を無視した標準時において、最強両手武器と大して変わらない強さを手に入れられるわけです。
ああ、これは終わったwもうレア掘り終了でもいいわw となるのもわかる。
前衛分ギリウスの斧確保したらラストバトルにいってもOKと言われてしまう由縁です。
よくあるゲームの最強武器は主人公ぽくてカッコいいからロングソードで!となりがちなのに、剣異は斧が天下をとっています。

しかもこのギリウスの斧、斧の決定的な弱点である「片手用でも両手用でも大抵命中にマイナス1以上ついている」をなくすことに成功しています。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:36
マイナス1がゼロになっただけやん?と思われるかもですが、基本二刀流で運用するんですよ。
つまり実質マイナス2以上ですから、命中1が果てしなく重いこのゲームでは扇風機(当たらない武器を振り回す例え)行きまったなしです。
それが二本持ってもゼロですよ。素晴らしい…。

で、うちもそのダンジョンにたどりついたので「いよいよギリ斧解禁か…!」と思いトレハンをしていたら、少し時間はかかったものの1本めをゲット。
そのデータを見て驚愕しました。

土 属 性 が つ い て お る … !

調べて見ると「多くのギリウス武器には属性がついている」模様。
なぜか剣だけハブられてますがw

あれーアカンよね、これは終わったよね。
レアと言うにはあまりにも容易に入手できるアックスが「土属性付き不死○精霊○」…、つまり「火属性にだけはダメージ半減されるものの、それ以外の相手には必ず1.0倍のダメージを保障」できるわけです。

さらに新釈ではお金を支払えば武器は強化できますから、うちは今最大強化の+25にして後衛アタッカーのコトリちゃんが斧二刀流でヒャッハーと殴りに行っています…。

今後手に入る多くのサイキョー武器たちが殆ど「対○○全部◎」のついた全種族に対して1.5倍撃の可能性がある武器なんですが「属性なし」なんですよねー。
物理無効エネミーとあいまみえた時、無属性武器は完全に無力ですから、ちょっとやる気が下がったなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:37
しかも育ってきたウィザードのダンチョーの火力がそろそろやばいことになってきました。
用意に戦闘開始時のみ1ターンかかりますが、次のターンから弱点を突いた魔法のダメージが800x4、神気スキルで補助すれば1200x4とか出るようになっています…。
あと少しレベルあげると、1ターンに3回詠唱のスキル、1ターンに単体魔法を3連発する「ドライボルト」の呪文を覚えるので、まだ火力は上がることに。

最終的には敵全体に無属性の大ダメージを与える「オメガインパクト」x6を放てるようになるわけで、ウィザードが終盤につれてどんどん力を増してくるのを身をもって体験しています。

とはいえ、そろそろ掲示板で話題になっていた「敵の呪い攻撃で鎧を無力化され、同じターン内にもう一度狙われたナイトが受け流しスキルに失敗して数千のダメージを受けて一撃で倒され、そこから全滅ルート」が発生しはじめました(;´ρ`)

今作の新要素「呪いで装備が無力化するからクスリで治療せなな」にはスキルによる対抗ができないので、せっかく快適になったゲーム性をそこなっていると大変不評だったりします。

まだもう一回くらいアップデートあるはずなんだけど、改善されないかなあ。
は、はよねな…。
■雑談■@kurotama
2016/09/22 04:37
■サンデーうぇぶりもちょいちょい読む@雑談。
・まだ2話しかないですが「恋情デスペラード」が面白かった。
時代劇と西部劇をまぜこぜにした感じの世界観で、荒れ果てた荒野を旅する一匹狼のサムライ女子・紋子。
行く先々でイケメンに惚れてその力になって嫁にもらってもらおうとしますが、中々うまく行かずまた放浪の旅へ…という感じです。

アクションの魅せ方が上手くて、惚れっぽい紋子ちゃんがステキ。
かわいいxセクシーxキラーマシーンであり、第二話では馬に相乗りして逃亡中「このままでは危険」と判断、走行中の馬から空中戦を挑んで追手をこっそりSENMETU。彼らの馬の背を蹴って元の馬に戻るなんていう神業も披露します。
直前に「オンナの1人くらい護れなきゃあ」と、戦いをやめるよう言われたので、メンツを守る為にこっそり瞬殺してきたわけです。
何この子、コワイイんだけどw
現在「ゲッサン」で連載中らしく、単行本が2巻まで出ているとか。あまり長期シナリオやらず読み切り話やってる間が楽しい感じのストーリーよね〜。
NARUTOとか中忍試験くらいまでのノリだけで最後まで行ってほしかったと思ってる派なので、こういう序盤の話はわくわくする。

「魔王城でおやすみ」しか読んでなかったけど、これはいい。

■ジャンプ+フェス開催中@雑談。
・今「ジャンプ+」にて、4時間限定読み放題キャンペーンを実施中です。

8時〜12時、12時〜16時、20時〜0時と、1日3回、向こうの用意したデジタルコミックを読めます。

9/22のラインナップは…

12時〜16時:遊戯王、いちご100%

16時〜20時:ジョジョ第4部、ジョジョ第5部、地獄先生ぬ〜べ〜

20時〜0時:NARUTO、キャプテン翼、すごいよ!マサルさん、デスノート

となります!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 11:31
ちなみに昨日「キン肉マン」を読んでたのですが、4時間では20冊も読めなかったなあ。
「懐かし作品」はつまみ食いで、20巻以上の大作は「あとで漫画喫茶で読み足し」のノリでやるのがいいかと。

この前「遊戯王」劇場公開記念のとき、最終エピソード読み切れなかったのでありがたいわぁ。

僕のご予定は

12時〜、遊戯王(最終展開部分)

16時〜、ジョジョ第5部(およそ10巻)、ジョジョ第四部(アニメが進んでる所まで)

20時〜、デスノート(13巻)

休日だけにステキなラインナップでありますなぁ(*´Д`*)ノ
土曜日までやっていますので、気になる漫画がある方は要チェックですぞー!
要チェックで思い出したけど、こういう時なぜか「スラムダンク」「幽遊白書」こないよね(レベルEは今回読めます)。
土曜のシークレットステージはこれ、どうみても「ToLoveる」だねw

参考URL→http://www.shonenjump.com/p/jpfes2016/
■雑談■@kurotama
2016/09/22 11:31
■疲れた…でもまだここから@雑談。
・超スピードで遊戯王読み終わりました(;´ρ`)ノ
文庫版だから1冊につき単行本2冊分が入ってるの忘れてて、バトルシティ編終盤を読み直していたのが失敗だったw

文庫版はどの作品も、サイズが縮小されるデメリット(収納に便利という見方もあるが)、ファンならもう持ってますが…という同じものを買うデメリットがあるんですが、作品終了から数年、十数年経った状態の先生のコメントを読める「文庫本を買ってくれた方へのサービス」がある意味最大のウリなんですよねー。

今回22巻ということで、1冊ずつ「遊戯王のキャラをタロットカードに当てはめてた解説」が掲載されており(これ作者さんが書いてるのかと思って感心してたら、最後で別の人が書いてたのを知りましたw)これが面白かった。

タロットカードと遊戯王と、作品のテーマになったエジプト神論に、その他伝記や世界の歴史、宗教の歴史を交えたうえで遊戯王のキャラに絡めてまとめているので、ウソは書いてないんですが「これはあくまで遊戯王の文庫本の中のコラムだからね」という、良い意味でのフィクション読み物として面白いと言うか。

まさしく「遊戯王ファンが読むもの」なのよね。
多く抱えた知識を利用して求められるものを提供するっていう、レベルの高いライターのプロ根性を見せられたような感じでした。
時間があれば1〜15巻のコラムも見たかったなあ。

さあ、もう8分もロスしてしまいました。
JOJO第5部読もう読もう!
これ20時からデスノもあるのか…、黒玉さん脳みそパァンって破裂しそうなんだけど…。

しかもその後0時からは地獄の「遥香っちゃん誕生日」をみじめに25回単発ガチャして吸い尽くされるのが待ってるんだけど。うぐぐ。
■雑談■@kurotama
2016/09/22 16:10
■もういい、もう疲れた(⊃д⊂)@雑談。
・ジャンプ+フェス、8時間めにしてダウンでしたw JOJO第5部は密度がハンパなくて、最後50ページくらいを読み切れずに時間切れです。
目がしぱしぱする…。
なので20時からのデスノートは諦めることに(´・ω・`)

あれも13巻とはいえ文が多いものだからなぁ。

ちなみに5部は、好きな人には申し訳ないけどそこまで面白くはなかったかなー。
ただネットで良く見かけるおなじみのフレーズの原典をいくつも見られたのは収穫でしたねえ。
キチンと読んだので話の流れもバッチリ理解できてボスのディアブロ撃破まではきちんと把握できました。

JOJOも当然良いものですが、遊戯王がやっぱり素晴らしい。
作者さんが「自分は漫画家というよりデザイナー」と自称されているだけあって、カードバトル漫画はこうあるべき!という姿を見せつけてくれましたね。
モンスターデザインまでもがオリジナルっていうのはすごいですよ。
ご本人もおっしゃってましたけど「カードバトル編以外だと人気があまりでない」というのは、アイデアマンの彼にはキツいとこもあったでしょうね。

本編連載満了お疲れ様パーティで続編を編集部からもちかけられた時は「疲れ果ててるのにまだやるのか…!」と思って、アシスタントに任せていいなら…と受けた「遊戯王R」、それが終わったあとに「遊戯王DX」、それで最後やなと思ってたら「ゼアル」「5D’s」とどんどん続いて行ってて、正直「もういいんじゃない?」と思いつつ、これで多くの企画が動いて(言い方は悪いけど)たくさんの人がメシを食えるならということでOKしたりしてて(その話では5D’sで最後ねって言ってたのに、今ARK−Vとかやってるよねw)、

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 22:50
この方もドラゴンボールの鳥山明氏が「連載やめるっていったらバンダイの偉い人と編集長が来て、この作品でいったいどれだけの仕事が生まれお金が動いていると思っているのですか」と説得されにきたエピソードとか思い出しました。

世の中、金儲けしたくて原作者になりたい人と、表現したいことをやってたらウケちゃった人がいて、多くの人に自分の世界を見せられる喜びだけでは終わらなくなっていって面白いと感じる人とめんどくせぇと感じる人がいるんだろうなーと思いましたね。

いくらモノを書いても誰にも見向きもされない人からすれば妬ましいでしょうけど、ああいうのも大変そうだなぁ。

■内藤先生はやっぱりすごい。大好き@雑談。
・「トライガン」で有名漫画家となり「血界戦線」でジャンプに縁を持つことが出来た内藤泰弘先生。
先日集英社の開催してる月間漫画賞で審査員をされてまして、その書評がね、まずホメる。いいとこをホメる。で、文章力があるというかクドいので、コメント欄の7割を内藤センセのコメントが占めて、編集部評が2〜3行に押し込められているというw

でもそのコメントが「一読者としての感想」「でもあえていうならの助言」「審査員としての指摘」のように、コメントをもらった人が「ああ、この審査員はボクの作品をきちんと観てくれた」と思うような感じなのですよね。

他の月の先生が適当だと言うつもりは一切ありませんが、なんというか温かいんですよー。
漫画が好きだし、下から来る新たな才能にワクワクしてるし、刺激も貰ってるっていう感じが読み取れて、好感が湧くんですよね。

審査員とか大変だと思いますけど、楽しんでやってる感じです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 22:50
またネットでも色々やっておられるので、悪い言い方をすると「ネット民が噛み付かないように配慮した言葉づかいを心がけている」ことで、無駄に敵を作らない思慮深さも見え隠れしてるんですよ。

僕は無駄に言葉を重ねて敵を生むかなりバカな方なので(ツイッターとかやらないのはそのせいです)、思慮深くてかつ、自分の意見はしっかり述べている理知的な文章が書ける人って憧れちゃいますねー。

内藤先生に一つだけ不満があるとしたら、ジャンプに来てから「おクスリでもやっていらっしゃる?」というノリのキチガイじみたギャグ絵をほとんど描かれなくなったことでしょうかね(ないわけではない)。
トライガン時代のあとがきとか、トライガンキャプテン版のカバー裏のセルフパロとか、気が狂ってて最高だったのになあー。

■ああ、あと少しで運命のアレが来ます(⊃д⊂)@バトガの話。
・これです…。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qUlctaTc5c3U4akU
なにこの女神オーラ。メガかっちゃんじゃない?
そしてしっかり食べ物をもっていらっしゃる。あれをこう…ひとくちでいくんですよね。知ってます。

正直に言いますと、最近カードストーリーが全然「攻めてない」内容でして、以前のようにストーリー見たさみたいなのはほぼないです。
全然「より親密な…」ではないのがほとんどなんですよね。
クリスマスやバレンタインの「これはもうつきあっちゃいなよ」という感じのあたりがピークだったよなぁ。

今の感じからすると微妙だったお正月ストーリーでさえ今より親密だったかも。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 22:51
でもねえ、関係が行き過ぎるとすぐに詰まるんですよね。
純愛ものの少女漫画より手前で止めないと倫理的に問題のある関係だからなあ、先生と生徒って。
公式が出していくのはあくまで「ホントの恋の予行演習」くらいまでで済ませないといけないし、いかに生徒がミリョク的でセッキョク的であろうとも先生が成人である以上、抑えられないと罪人ですからね。

その点、他のアイドルモノは(ちらっとしか見てないですが)、「プロデューサーさん」は見守る側に徹してるように見えるので、ある意味健康的なのかもしれない。

ただ、バトガはここ2ヶ月、アップルのほうかな?でランキングから外されていたんですよ。
抱き合わせや、アイテムコード商法のやり口がひどい所、彼らの掲げるレーティング(年齢制限要項。メリケンなので未成年モノにはひときわ厳しいのです)にひっかかるものなどは「不適切」ということで、最悪だとダウンロードリストから外されます。

それがランキング外になってたというのはバトガが何かにひっかかったのでは?と言われていましたね。
例えば、以前僕が言ってたように「年少組(中1)の温泉カードはヤバいからなかったのでは?」というのもやっちゃいましたし、すごくイヤな視点でみれば「先生と女生徒が仲良くなる」内容の時点でヤバいわけですからね。

キ○ガイの恰好の餌食になる要素を秘めてるのは「なでなでCM事件」で現役講師がブチギレ新聞投稿をしたことからもわかりますし。
実際ファンのコメントみたら「○○は俺の嫁」みたいな楽しみ方ですからね
(´・ω・`)(←くろたま は たなあげ している!)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/22 22:56
そういう事情があって、4月以降はより親密に見える要素を抑え目にするような方針で行ってたのかもしれませんね。
なので僕らユーザーの目からみたら「バレンタインあたりがピークだった」なのかもしれない。


そういえばバトガってカード排出率の確率表記まだやってないんですよ。
2017年4月までの努力目標だし、コロプラは加入してない組織の取り決めなんで無視しても別に構わないんですが…。

今でも問題になってるのは「確定権はあるけどアタリが6枚の場合、その6枚の出現確率は均一ではない」ことに関しての真偽ですかね。
あと、ダブった時に同じカードが2枚、3枚と出てることから、なんか妙な法則でもあんの?とも言われていますし。

でもなあ、数字にして出すと絶望が形になって現れちゃうからなあw
例えば0時から始まるガチャとかね…、例えばすごく昔にいわれていた★4排出率7.5%だと…、30回やればなんらかの★4が出る可能性はある感じのようですが…、93%ハズレと聞くとなんかやりたくなくなってきますよねw

まあ…今晩…750個(+チケットで1回)…使い切る覚悟ですけどね(´_ゝ`)
勝つか負けるかじゃない…、どう戦ったかです…(注:ボタンを押すだけです)、それを示してあとは天命を待つのみ。

裁きの時間まであと90ぷん!

(ここまで引く前に書いてます)
■雑談■@kurotama
2016/09/22 22:57
さて、運命の岐路ですよ…。みじめに単発、引いて行きます!

チケット:桜ちゃん
1回め:ひなたちゃん
2回め:うららちゃん
3回め:うららちゃん
4回め:遥香っちゃん(★3)
5回め:望ちゃん

★3で一瞬心が折れかけて、どぼじで…となりそうになりましたが、まだまだーッ!と突撃をしまして(注:ボタン押してるだけです)…、

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qTDRiUjI3ZW03T0k
キターーーーーーーーーーーーーーー!
なにこれ?完全にダメじゃないほうの女神様じゃないですか!
はぎゃおおおおおーーーー!やったッ!第二部完!
星のかけら600個も残して勝ち逃げできましたァン!

遥香っちゃんお誕生日おめでとうー!
いらっしゃいいらっしゃいヽ(´ー`)ノイラッシャイ

うわーこれはすごい。
30回分用意してそれを使い切る「覚悟」を見せることで(JOJO第5部読んだばかりだからね。覚悟って使いたいんですよ)、何も出ずに終わってもよし、2枚ほど取り逃し★4が復刻されていたのでそれが来ても良しだったんですが…、まさかアタリがこんなに早く来てくれるとは。
画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qQlFyNDBjZE9ycVU
カワイイ…、そしてまた先生と1vs1に持ち込もうとしています!
喰われるぞッ(´ワ`)ノヒャー

ちなみにこの一番左のセリフはきちんと声が収録されていて、えと、2人きりで…のあたりのためらいながら勇気出していいましたっ的な感じがちょうカワイイです。
今月の先生の財布が死ぬことになってもいいから、お腹いっぱい食べさせてあげないとダメじゃないかな(´_ゝ`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/23 03:33
ちなみに戦闘能力面では「スイーツの雨が降り注ぎ、最後は巨大イチゴタルトで〆。中範囲多段ヒットを10コンボで使用可能。時々劇毒?付与」だそうで、みきちゃんからのプレゼントも混じってるようですねw
演出短めなので、スクリーンショット撮影ができないタイプなのは残念(ゲームの進行上はこっちのほうがキビキビ戦闘できて助かる)。

今の所は「ちょっと便利な高回転スキル」でしかなく、先日の花音ちゃんのような「度を超えた凶悪カード」ではないように見えますが…?
単体にもダメージ表記がドバドバッと出ているので、もしかしたら速度と範囲とわきつぶしと対単体を兼ね備えた性能かもしれませんね。

まあね?このカードのレアリティはそこじゃあない。
数少ないオンライン要素のコメント欄で遥香押し先生たちのなかで精神的優位に立てる…その一点に尽きますね。
水着が来てくれなかったのはディ・モールト残念だったけど(第五部読んだばかりだから)、アイドル・クリスマス・バレンタイン・ウェディング・バースデイと面目は立つ感じで集められててよかった…。
あとは復刻でもなんでもいいから、メイド遥香っちゃんが欲しいなー…。あと今回復刻してたダークナース遥香っちゃんとかね。

ストーリーのほうは、みきちゃんと昴ちゃんの同級生組が「何を受け取っても喜ぶ遥香ちゃんが本当に欲しがっているものをプレゼントしたい」と困ってしまい、先生に相談した結果「授業で使うからという名目でお願い箱に望みを書いて入れてもらうのはどうだ?」と提案し、実行することに。
いくつでもいいんですか?という遥香っちゃんに「たぶん(用意するのは彼女たちだから)大丈夫だよ」と答えた所、こっそり見守る二人と先生の前でいくつもいくつもお願いを投入する遥香っちゃん。

結局いつも通り「より親密なストーリーにつづく!」でしたが…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/23 03:33
ちょっと今後の展開を予想してみましょう。
(イッキに育成してたらこんな時間になったw この文章を書いてた時点ではまだ来てくれたばっかりだったのです)

なかよしスキルの名前が「感激しちゃいました」なので…、

@古今東西美味いもの巡り的なものを山盛り書かれて、とても二人のお財布では実現できず、頑張って再現したものを用意したら、その気持ちを感謝してくれた。

A普段から星守の仲間の健康を第一に考えている彼女らしく、星守全員分の安全をそれぞれに合わせて一言コメントを添えて願った。

@だといつもの大食いネタ、Aだとメインヒロインを食うヒロインポジネタとなりますが、なかよしスキルのセリフにつながらない。
人に見られることを考えると先生関連はなさそうなので、果たして…?

彼女の魅力の一つに「ひけらかさない賢さ」があります。
先生の様子から何かを察していて、その上で乗ってあげるような…、その「察し」をハハァンと利用するのではなく、自分の良い子アピールポイント稼ぎに使うでもない、本当に何も考えない純真さを持つ子がわりと多い星守の中で「察して立場をいい意味でわきまえた言動を取る」ができる数少ない子だったりします。

今回のみきちゃん、昴ちゃんはまさしくそこを突き崩したい!という話ですからね。
親友からのプレゼントならなんでも嬉しいっていうに決まってる。だけどそれじゃダメ、心の底から喜んでもらいたいという。

みきちゃんも昴ちゃんも、年頃の女子にしては秘め事が少ないというか、まっすぐ明朗活発で単純な二人組だけど、だからこそ二人の分も気遣いをしてるストッパーでありかーちゃん役である遥香っちゃんに恩返しがしたいのでしょうね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/23 03:34
個人的には、最近大食いネタに傾いている傾向なので「いい話」を期待しているのですが…!

いろいろアレで書いてなかったんですが、水着イベントの時はあれこれあって各地の名店大盛りラーメンを3杯タダで頂き、その後それを知らずにお弁当を持ってきた先生に対して「わあ、ちょうどお腹ペコペコだったんです^^」としれっとウソをついて…(本当にお腹に余裕があったのかもだけど…)そちらも頂くという…、食の魔人っぷりを見せつけるアレだったんですよね(´・ω・`)

最近包容力(性格だけでなく胸元が物理的に)あふれるキャラ被りの詩穂さんが出てきて、そっちを立てる為にギャグ要員の活躍が増えてきているので、なんかちょっと…もう少しこう…、アノコロ(第一部終盤あたり)のヒロインらしさをね、見たいんですよ!

いやー、ネットを見てると6万かけても出ない先生とかいたみたいですね…、1回でも課金したら(追い詰めればカネぶっこむサイフガバガバ先生やぞ、むしったれむしったれリストに入れられて)僕もあの流れに飲み込まれるのだろう…。
誕生日に1万課金しようとか言ってましたが、しない方針で覚悟を決めておいてよかった(´・ω・`)

出なかったら出なかったでさだめをうけいれる心を培わなければ地獄へ落ちるのみ。
悟りを開けばこのように救いも訪れるものなのです。
これは無欲の勝利(出たから言える言葉)。

おめでとう遥香っちゃん、おめでとう黒玉さん!ヒャッハー!
■雑談■@kurotama
2016/09/23 03:35
■バランス調整が発表されました!が…@PSO2の話。
・10/5のアプデにおいてスルーされたかと思っていたバランス調整が発表されました!
なんだ、用意してたんじゃない^^悪く言って悪かったね、えへへ…と思って見終わった黒玉さんの顔は(´・ω・`)となっていました。

・ハンター
PAの微調整のみ。
無駄にSPを食われて肝心の戦闘能力がメインらしくあろうとするほど下がる部分については1_も変更がなく「ソードについてはお待ちください」の結果はPAの微調整に終わりました…。
違う…そうじゃあないんだよ…、いいからソード使って見ろって…。
ハンターギアブ最大にしても通常何回か分殴る必要があり(初手からライド・ツイスター零で斬りかかれば確保しやすいけど、そういう問題でもない)、サクリファイスバイトで20%上げられるからと非サクリ状態では弱いまま。
つまり、長期戦向けなんですよ。あのね、横でシャキンシャキンしてるクラスが8000+30000ダメージとか範囲で与えていくのね…。
ああなれとは言わないけど、じゃあギアゲージMAXで強さMAXかというと「強いと思ってるのはソードしか使ってない人だけ」ですからね…。

★13ソードで一時期延々XHコンテンツ行ってたから、凶悪アタッカー共相手にタゲ固定して遊んだりして僕自身は楽しんでましたけど、その後で他クラス★13にして触ったらびっくりしたよ。

なんていうか「ソードなのにタゲ取れてうれしい(注:ウォクラで与ダメージに対してのヘイトが200%に強化されています。つまり取られた場合は…)」というような楽しみしかできないのは玄人向けすぎないだろうか。

でもイグナイトパリングとか使いこなしてる人は「今のままでも困らない」と言ってるみたいだし、中の人がいいって言ってるなら良いのかな。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/23 23:37
・ファイター
クエイクハウリングを空中で使用した最に「L/ナックルチェイス」の効果が適用されるように変更だそうです。
ロックしてたら空中でも一定距離横にススっと進んで地面BAGOOON!ってするの??
面白いけどちょっとキモい挙動になりそうで楽しみ。
…地上クエイクって敵の方に近寄ったりしなかったと思うんだけど。まあ実装されたら確かめてみよう。

ナックルチェイスリングは地上限定を外して「ナックルを装備してたら効く」に変えないとダメだと思う。
「ロック時のみ」がロックする習性のない近接びとに馴染まないので、ナックルチェイスはオートロック時でも使えないと爽快感にはつながらない気がするなー。

・ガンナー
デップー時のSロールによるキャンセルタイミング緩和ですか。よくわからないけどまたあのガキィン!の使い勝手が上がるわけですね。
Gu/Raさんとの差を埋める政策によって最近、Ra要素が厳しい(wbジャマー、弱点の存在しないエネミー増加)→Gu/Ra以外は死ねと言ってた層黙り込む→別クラスに行くことでGu自体減少 ってなってる気がします…。
元からGuは上手く攻めればボスを一方的にボコせるという感じであり、最近の強化された近接さんには敵わない感じだし、他のクラスやってもいいと思う。二丁拳銃じゃないといやなのっていう人だけキャッキャしてれば良いクラスに戻った感じ(ただしやってるのはキックだの体当たりだのです(´・ω・`))

そういえばチェインを他クラスにいいように利用されて肝心のメインGuがチェインありき火力でフタをされて泣いてる状態が解消されてないままですね。
1年待ってこれかい。利用され続けるのがまだまだ続くようです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/23 23:37
・ブレイバー
現状、1PAのおかげでお手軽サイキョー職に戻り、対ボス火力も弓で倍撃PAを駆使すればバツ牛ンらしい(僕はどうも準備の手間がロスにしか思えないのでそこまでいいとも思えないけど、確かにカタナではお目にかかれない一撃ダメージは見られるよね)けど、個人的にはカタコンフィニッシュの威力満額の値を50ヒット?から15ヒットくらいに落としてもいいと思う。

・バウンサー
まさかの調整なし。あの…消費PP重すぎないっすかね(´・ω・`)
あと、フィールド系スキルとフォトンブレードフィーバーをGuみたいにノーモーション発動可にしてあげないとさすがにかわいそうな気がする。一時期はGuに欲しい要素を盛り込まれてたBoを憎んでたけど、ここまでテコ入れ無しだとかわいそうになってきた。

ブーツ?ああ強いみたいだからいいんじゃないでしょうか(こまめに調整されているし)。
ブレイバーといいバウンサーといい、ネットでは「使い分けできない該当クラスは役立たず」というのがまかり通ってますが、使いたい武器しか使いたくないのを強制されるほどムカつくこともないんだぜ…。
いわゆる「接着(一つの武器しか使わない・使い分けないプレイヤーに対する蔑称らしい)」で遊べるように調整して欲しいもんです。

・サモナー
★12ペットのレベル上限を110レベルにするそうです。
なんていうか、★12エッグってほとんど見なくないですか。なんか★10から★13になってるパターンばかりなんですが…。
まああの長大な101レベル以降のエッグ投与を先にこなしておけるんだから緩和というのはウソではないかなー。
しかし、他にも配慮してあげるべきクラスが…あると思うんだけど。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/23 23:38
・フォース・テクター・レンジャー
あ…、あ…?調整…なしですか(厳密にはRaはインスラが微強化されてますが、本来の使用法には特に影響しません)。

これはひどいね。
スタンスが全般的に「効果時間なし」になったのはいいけど、それは「仕様変更」であってバランス調整とは程遠いと思いますが。
バランス調整ってさ、もうちょっとこう、劇的にゲームやクラスバランスが変更される、ネットゲームの華でしょ。

その日を境に自分のクラスが切り替わる。それによって勢力図が書き換えられ、武器の流行りが代わり、今までうんこだったものが光り輝いて乗り換える勝ち馬乗りのイナゴがドッバドッバ湧く…。

下剋上じみた世界の刷新が「終わらないゲーム」を演出してくれ、仲間と「ここが良くなった、これ使ってみたけどスゲーよくなってるよ」とキャッキャしたり「オレの鍛えてきた○○が…」とゲッソリしたりとかの悲喜こもごもが起こるのが流れる水のようで楽しい。

そういうものだと思っていたんですがね。

僕はハンターの調整によって、死んでいるガードスタンスに価値が生まれるとか、時間に追われて追加スキル追加スキルでぐちゃぐちゃになってたメインハンター専用スキルの必要ポイントや初期習得などで再度整理しなおしたりするものだとばかり思っていました。

評価できるのは「PS4から始めた新規に初のスキルリセットパス配布」くらいですね。
キャラごとだとすれば新規組も最大3枚もらえるので、有名ブログさんなどは周知をお願いしたい所ですが…?(今回もキャラごとに1枚だなんてどこにもかいてないので、アカウント毎に1枚になるかもですがw)

まあやる気がない、もしくは手が足りないのはよくわかりました。
10月といったら下半期開始なのに、これでいいのかソニチ…。
■雑談■@kurotama
2016/09/23 23:38
■はわー面白いですぅ@雑談。
・前回24話で敵の先遣隊を撃破して、死んだと思われていたとあるセバスチャンもなんと生還し、大勝利でHAPPYEND!となりそうだったクロムクロ。
しかし、なんか26話まであるそうなんですよね。
あと2話なにやんの?って思ってたんですが…。

そうだった、この話には解決してない問題がありました…。
主人公ケンノスケは敵がいなくなったらどうするの(どうなるの?)です。
ヒロインのユキナにプロポーズをするほほえま展開だったのがたった1話前なのに、まるで遠い過去のような展開になることになりました(⊃д⊂)

侵略者が消えたら、すぐに人間同士が権力争いを始め、次の足掛かりを我先にと動き始めました。
前回敵本拠地にてラスボスを洗脳(ひどいwでも彼らの技術だし)し、情報を引き出した所、次の本格的な侵攻はおよそ220年後。
敵から手に入れた技術と知識で対抗できそうじゃない^^ と思ってたのは僕らがお人よしすぎたんでしょう。

人間側は、クロムクロのパイロット登録「纏い手(まといて)」化のナノマシン処理をされた人間は「不老・そして脳が生きている限り一応不死である」ことをこれまで捕獲した敵パイロットやケンノスケを研究することでつきとめました。

この事実は当の本人たちは知らないことですが、ケンノスケはともかく、ユキナももう、クラスメイトの皆と一緒にオトナになることはできません。

クソクソいいまくるハートマン的なヤンキー軍人さんも前回、協力的宇宙人のゼルに「纏い手になればそなたは人ではなくなるぞ(勢いで決めていいのか?)」という問いに「自分可愛さにおじけづいてちゃ死んでいったやつらに顔向けできねーぜ!」とタンカを切ったものの、彼もまたクソ不死となったわけです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/24 02:03
そして物語当初、そしてケンノスケにとっての現在であった戦国時代の主君ユキヒメ様のクローンであるムエッタ(ユキナのご先祖様のクローンなので超似ているが胸はこちらのほうが大きいらしい)は敵からしても裏切り者、こちらからすれば良い実験材料です。
宇宙人相手に捕虜の扱いを取り決めているジュネーブ条約的なものは適用されないでしょうからね…。

ケンノスケはもう寿命もあまり残っていないゼル、そしてムエッタを人間の手から救い、彼らを故郷の星(ムエッタの仮記憶にはゼルの星の光景が植えつけられていたのです)に届けることを決意しますが、それは現在の状態からすれば自殺行為です。
続々集結しつつある軍人、国連、守備兵などを数人で敵に回すことになるのですから。

しかしそれでもやり遂げると決めたケンノスケ、ユキナをでーとに誘い、楽しいでーとシーンが描かれますが、視聴者はこのデートが別れを切り出すものなのは見えてますから、もうゲッソリしています(ヽ´ω`)ゲソソ

ユキナは賢い子なので、ケンノスケの考えがわかり、「妹ももう大きいからわたしも行くよ」と、いつも通りケンノスケの無茶に付き合おうとしますが、彼に断られてしまいます。

突然切り出された別れに「ヨメに来いって言ったじゃない…!」と責めますが、彼は「連れて行くことはできない」と硬くつっぱねて、たった1話で二人の関係は破局。

わかりますよ、ケンノスケがやろうとしているのは多分、厳重管理されているクロムクロとかゼルの飛行メカを奪って、敵侵略宇宙人の母船で宇宙に行こうとしてるんですよね。
ユキナとムエッタはDNAが酷似しているらしく、二人のうちどちらでもクロムクロ起動のキーとなる展開は以前やっていますから、必ずしもユキナは必要ではありませんしね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/24 02:04
ケンノスケは死の危険が高いこの無謀な作戦に彼女を連れていきたくないのでしょうが、おそらく知らないんです。
ユキナももうまっとうな人間としての一生は送れない不老不死になっていることを。

地球に残った所で彼女の終わらない一生は研究材料として扱われることになるでしょう。
軍人であるヤンキーとそのパートナーはある意味「覚悟して来てる人(JOJO第5部読んだばかりだから…)」なので、命令には従うでしょうが、ユキナはただの、しかも大分かしこくない側のゆるふわ高校生だったんですよ。
せめて心を通わせたケンノスケくらい隣にいないと今後がかわいそうすぎる。

侵略者からの戦いは終わりました。
しかし、その為に必死になって知らないとはいえヒトを捨ててまで戦ったのに今度は地球人類全員が「次の戦い」のことを考え、英雄を、その力を欲し始めたわけです…。

幸い?今回の侵略敵は宇宙規模にそこらじゅうに侵略を仕掛けており、被害にあった星々たちの「被害者の、そして侵略をこれ以上許さない反逆の会」みたいなのがあるそうなので、そこに関係者一同逃げ込むエンドになるのかな。

前回救出されて生き残ったかと思われていた洗脳処置を受けた職員とかは全員死んでいたことがわかりましたし、いわゆる胸糞展開なんですが(またクソの話になった…くそっ)、話を盛り上げるために急に降ってわいたわけじゃあないんですよね。
理屈で考えると、ここの話のリアリティならばこうなるのは当然なんです。
甘いのは視聴者だった。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/24 02:04
これはある意味「魔王を倒した勇者はその後どうなるの?」の類型でもあります。
助けたはずの人類が、人類を救うほどの力の秘密を欲して敵になる。そして自分たちの戦う為の不死、ミサイルどころか核兵器の直撃に耐える重力シールドを備えた兵器が研究された結果、侵略が始まるまでの220年の間にどう人の世の中に悪影響を及ぼすのか…中学生でもロクなことにならないのはわかりますね。

これあれだ、誰かが言ってたけど「嫌なマクロス」だw 宇宙人のもたらした超技術が侵略宇宙人への切り札となり、その後は小競り合いにならずに人類の版図を広げる宇宙開拓時代になったマクロスとは違って、小競り合いになった版じゃないか…。

これはあれだ、敵の残した兵器も全部もっていけるだけもって、意識の方向がまだ「敵」に向いている「被害者の会」の皆さんと一緒に宇宙規模の戦いに身を投じるしかないよね…。
人類はもう徹底的にクズにしか見えないけど、ケンノスケにもユキナにも捨てていくには惜しい家族も友人もいるんやで…。
あと1話でどう決着が着くのか楽しみ。しっかりと見守りたいと思います。

果たして岡村カントクは僕の中の「好きだった原作を破壊してくれたダメクリエイターじゃねーか」を綺麗に覆してくれるのかなー。
今の所は9割方覆してくれそうですが、このオリジナル良作品のオチは大事ですぜ。期待してます。
■雑談■@kurotama
2016/09/24 02:04
■レベルE読みました@雑談。
・ジャンプ+フェス続いています。土曜日の午前中のウリは冨樫康隆先生の「レベルE」。
この頃から「完全1人作画」でやってたようですね…。
良く言われているのが「作中の天才キャラは創造主である作者を超えることはできない」ですが、だとするとバカ王子の頭の冴えと悪魔的天才っぷりは冨樫センセの能力を指し示しているということになりますよね。
「甲子園」の犯人というか元凶は結局誰かわからず、ググってしまった僕の知能はその程度ということもよくわかりました(ノ∇`)
面白かったです。短いので時間に追われずにこうして感想を書けるのもグッド。


さて、12時〜16時は「ブリーチ」です…。
毎週フレの皆さんに混ぜてもらっているTAをお休みしてまで読みたいのですが、いかにザッザッザッと読める見開き多め漫画でも、あれ74巻あるんだぞ…。
名物キャラの特に多い「破面(アランカル)編」が読みたいなー。
PSO2でいうとEP4みたいな「死神でも破面でもない第三勢力」がでてきてちょっと「???」となった現実編、最終章はまだ結構覚えてるのでいいや(個人的には剣八の正体くらいしか見どころなかったし)。
しかし本当に「主人公が規格外の力を持ってる超絶重要人物なのに、存在感なし、成長しない(強さだけは毎度トップクラス)、いつも出遅れる」と揃っていて、間を埋めている奇人変人たちのバトル(特に護挺十三番隊)のほうが面白いっていう妙な漫画でした(ノ∇`)

毎回修行して主人公の力になるぞ!と一般人なのに参戦する親友のチャドさん、エピソードもステキだしキャラもカッコいいのに、戦いでは出番なし、戦っても負けるといいとこなしで「そういえば今回チャドさんどこで何してんだろ」と言われているうちに

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/24 10:33
エピソードが終わったこともあったし、参戦したと思ったやられた姿で登場という「0コマ撃破」をされたこともあったはず。

思い返してみると僕結構好きだったんだなーブリーチ。この機会に読みたいです。
ちなみに最も好きな隊長は最強の火炎系ザンパク刀を持つおじいちゃん「山本元柳斎重國」ですね。
次は氷雪系最強と言われ続けていたのに最強技を出しては即破られて反撃されて「なに…ッ」となるのが役目の「日番谷冬獅郎」きゅん。

護廷十三隊はいわゆる「新撰組」っぽいアレを取り入れた久保先生のオリジナル集団(オリジナルだよね??)ですが、隊長間のやり取り、補佐官や隊員との付き合いなどなど、群像劇めいた部分もあってすごく好きなんですよー。

すごそうな集団に見えますが、あんまり強くないのもいい。
最終章において、あらゆる勢力の力を内に秘めていることが強さの秘密だとわかった主人公ですが、大体その半分〜3分の1くらいしか力がないので、敵勢力の幹部と比べて力で同等〜下回ることが多いです。
相性によっては勝利もできますが、ボスにはエースをぶつけても大抵してやられて主人公任せになるくらいの力なのがいいんです。

ある意味「勝つか負けるかわからないのが魅せ場」ですからね。
「予定通りに勝つ」なんていう退屈な役目は主人公がやればいいんだよっていう。

「新撰組っぽい」「刀」「群像劇」「カッコイイ造語」と、うまくウケる要素を盛り込んで大ヒットになったブリーチですが、まだまとめて読んだことないのよねー。
楽しみですよう。

あとジャンプ初登場時の表紙の主人公がカタナをベロりとナメてて笑いましたw
最近はスカしたイケメン笑顔の絵が多くなってたのでこういうヤツだったって忘れてたよw
■雑談■@kurotama
2016/09/24 10:38
■4時間ぶっ続けは本当に目が死ぬ…@雑談。
・ブリーチ、ストーリー開始〜ソウルソサエティ救出編(21巻)まではなんとか読めました…。
意外と読み応えあったなぁ(失礼)週刊で読んでた時はあっという間に見終わった感じだったんですが。

本当はこの次の「破面編」を読みたかったんですが、ついつい面白くて飛ばす気になりませんでしたわー。
やっぱり護挺十三隊が次々に初登場してアニメ化・ゲーム化と次々に展開してた時期ですから、ノリに乗ってましたね。
大変面白かったです。

久保先生、現在は連載も終了したばかりでさすがにお休みを取っておられますが、次回作が楽しみです。
この方、ギャグもポエミィな青春モノもめちゃくちゃ上手いんだけど、やっぱりウリはバトルだと思うのよね。
読み切りなんかで様子も見ながら次もぜひ週刊ジャンプで長期が狙える作品を準備して欲しいわあ。

16時〜20時の回のウリはなんといっても「シークレットステージ」ですが、16:07分現在アクセスが多くてつながらないww
まあどうみても「ToLoveる」だしね…!

中身はオールカラーのララのママン登場回でした。
ママンは成人なのでアレが丸見えでも大丈夫で、未成年キャラには湯気さんが良い仕事をしていらっしゃるのでジポジポうるさい輩もぐぬぬという感じになるという…集英社もさすが汚い。
ママン登場なんて何百話もあるうちの2話くらいなのにこういう使い方ができるとは思わなかった(ノ∇`)

ジャンプ+は時々アレを丸出しの漫画が載るけど、こんなにあけっぴろげにやるのはリスクが高いんでしょうね。
だけどこれで青少年へのアッピル力はバツ牛ンでしょう。
もう目がシパシパしてるからしばらく休みたい(´・ω・`)

20時から0時は「ドラゴンボール」ですが、もう疲れたのでごめんなさいしよう。
■雑談■@kurotama
2016/09/24 16:19
■脳内理解のキャラと公式キャラが一致するとうれしい@バトガの話。
・ええ、もう一気に70レベル・絆レベル最大まで上げてしまいましたヽ(´ー`)ノ
電撃wikiでは一応Sランクをもらっていましたが、先日も語った通り、今うちの主力となっているスキルたちはこの基準で行くとSS、SSSクラス(個人の使用感です)なので、ちょっと盛り過ぎじゃない?とは思いましたね。

今回の遥香っちゃんスキルを10とするなら、先日の大海コンボ(クラゲと嵐の合わせ技)は40くらいあるからね(´・ω・`)
出しただけで戦闘が終わるレベルの超スキルたちと比べると控えめだと思います。

まあ10コンボで発生する高速スキルのわりには範囲も威力もヤバいので、決して無能ではないんですが…。
「まれに劇毒1秒」というのはなんなの?と思ってましたが、もしかかると1秒で最大HPの20%減少する毒効果が1回発生ということみたいですね。
5ヒット技なので状態異常がポイント蓄積制?というこのゲームの状態異常では毒にさせやすいかも。
みきちゃんのケーキ?の力とそれを平気で消化して、しかも「おいしい」と言える遥香っちゃんの味覚と胃袋はすげーな…。
またレイドコンテンツなんかで100万HPを削らないとみたいなバトルがあれば、劇毒にした瞬間20万ダメージ与えるわけで、スキル自体の高回転と相まって役に立つことでしょう。


うちに「コンボ数減少」の効果を持つスピアが来てれば、4コンボでどかどかタルトの雨を降らせるんですが、まだ持ってないのでそれ待ちですね。
そのテのは8コンボ発動の「アニマル心美」カードが交換で誰でも入手できるので、KOREDAKE感は特にないかなー。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 03:20
パーティスキルの「なかよしスキル」は、得られるコイン+50%アップ、応援ポイント+25%アップで、先日の「バースデー花音」の絆ポイント+50%、回避数+2と組み合わせて育成にはお役立ちかも。
花音ちゃんのほうは絆レベルが上がりきれば用なしになるとはいえ、シナリオ難易度分しか入手できない絆ポイントが+50%アップだと、何度200では300ポイント、先日のように30秒で終わる難易度290とかがあれば一度に435も入手できて、高速で最大値まで貯められるので、今回も大変お役立ちでした。
「バースデー遥香」のほうは意外と重要な「コイン+50%(他の倍率アップと倍々…とならず、加算される)」があるので、お金稼ぎクエストに連れていけば今後も恒久的に我らの資産を支えてくれるステキな効果です。

僕は持っていないのですが「バースデー蓮華」などは「アイテムの吸い込み範囲大型拡大、アイテム出現数+1」と先日の選挙タスキ集めなどで異次元の高効率アイテム生産マシーンとなっていて、入手しているかどうかでものすごい格差が問題になってましたが、今回のは遥香っちゃん好きは欲しいっていうだけですね。
それでも1日しか入手機会がないので、レア度がバトガでも最難度クラス(求められるのはカネというより運だけですが)ですから、ドヤ顔して協力バトルに連れていける精神的メリットは計り知れないものがあります。

それはおいておいて(まだ嬉しいんだからしょうがない!)、ストーリーの続きです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 03:21
いつも気遣いばかりの遥香っちゃんを心の底から喜ばせてあげたいと思うみきちゃん、昴ちゃんの同級生2名は、授業で使うと言われ「お願いボックス」に「願い事」を書いている遥香っちゃんの「お願い」の多さを見て「大丈夫かなー」と不安になりますが、あれだけあればどれか一つくらいは叶えてあげられるんじゃない?という先生の意見でひとまず安心します。

遥香先輩のためなら…とお金持ちの楓ちゃん・サドネちゃんコンビも力を貸してくれ、衣装制作のセミプロコンビ、先日の体育祭で勝利したミミちゃん、望ちゃんも控えており、フォルテシモの二名も「正式スケジュール」として事務所から予定を空けられていて、普段みんなのかーちゃん役として支えてくれる遥香っちゃんに恩返ししようと準備を開始します。

当日…、特に何も意識していない遥香っちゃんを呼び出したみきちゃん、昴ちゃんの2名は、おそらく千導院家の楓ちゃんが確保してくれた豪華なパーティ会場に招かれ、まずはデザイナー組による衣装のプレゼント(イラストのアレ)、そして有名パティシエであるみきちゃんママの指導で作られたみきちゃん、昴ちゃんからの好物のイチゴタルトをプレゼントされて、喜んでいます。
食べるのがもったいないけど…ガマンできなさそうねと喜ぶ彼女に「いつでも作ってあげるから食べて食べて」と促すみきちゃんですが、それだけじゃないよ!と、本物の交響楽団による演奏まで披露(いくらカネがかかってるんだ…千導家スゲーな)、「こんなにしてもらっていいのかしら…」と若干恐縮する彼女に(僕も思ったw)、先生と共に「お願いボックス」が登場。

サプライズに喜ぶ遥香っちゃんですが、授業で使うと言ったけど実はこのためだったんだと明かされ、この場で読み上げることに。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 03:22
願い事には「みきのパティシエになる夢がかないますように」「うららちゃんのトップアイドルの夢がかないますように」「桜ちゃんが生きるのをめんどくさいと思わないように」などと、星守みんなの夢の成就や幸せを願うものばかり書かれていました。
先生に対しては普段からなでなで会話で言っているように「ずっと私たちの先生で居て欲しいです」と書かれており、みんなその優しさに幸せな気持ちになるのですが…、遥香っちゃん自身の願いが出てこない。

すると「立派なお医者さんになりたい」というのが出てきて、最後まで引かれなかった昴ちゃんに宛てたものも「昴が試合でケガをしませんように」となっていました。なんでも、ムチャしないでっていっても聞いてくれないから、せめてケガはしませんようにということだったのです。

イイハナシダナーというのはわかりましたが、これじゃこの場で叶えてあげられない。
若干困る皆さんでしたけど、あんこちゃんが「まだあるじゃないの」とボックスの中をあさると…「大盛りウマウマラーメンをみんなで食べたい」というのが出てきて「これならみんなでいけるね!」となり、ラーメンマニアのあんこちゃんも「やるじゃない…いい店知ってるわよ。そこ巨大お椀全部空けたらチャーシュー食べ放題だから」と乗り気。

これまで以上に目を輝かせて「行きたいです!」と喜ぶ遥香っちゃん。
それじゃあ二次会はラーメン屋だね!となった一行。

後日先生の元に19人分の大盛りラーメンの請求書が届きましたとさ。


いやー、いい意味で予想通り。
先日予想したAをベースに最後は食べ物ネタ大盛りでオトしてきましたね(ノ∇`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 03:24
よかった。遥香っちゃんの良い部分の要素を全部綺麗に盛り込んで、登場人物も多くて祝われてる感がすごかった。
彼女は食も幸せもスケールが大きくて貪欲なのが良い所でもありますから、徳の高さを見せられました。

ちなみに他の子の誕生日ストーリー2016も大抵このようにして「最大にその子を持ち上げよう」というノリらしいから、遥香っちゃんだけが優遇されてる感じでもないみたいです。

例えばドスケベ両刀ビッチれんげ先パイのストーリーなどはいろんな意味で愛して止まない星守の子たちとハグがしたいという願いを聞き入れてもらえて、全員をギュウギュウ抱きしめてたそうですしね。
普段は過剰な接触をいやがる明日葉ちゃんまでもが「しょうがないな」と受け入れてくれるという、大変ハッピーなアレだったようです。

まあ人によっては愛を証明するために大枚はたいた、キャラグッズとしてはバトガ一お金のかかるイベントですから、これくらい持ち上げられててもいいんじゃないかなっていう感じ(若干イヤな目線でみると、全員にこの規模のイベントをやるなら公平だしね)。

まあ先生のサイフは給料日前なのにボドボドになりましたがw
あれだ…領収書切ってもらえてるといいですね…(あそこはブラックなのでたぶん無理)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 03:25
バトガ関連では今年一番のハッピーだったんじゃないかなー。
○万かけても出なかったとかいう先生たちの嘆きが僕の力になるのです(ラスボス感)。

しかし先日から「バニー心美」「Cloverサドネ」「Clover桜」と…、見た目と性能を兼ね備えていて欲しい!といってたらそのカードが来るというのがこれで4連続な上、配布されたチケットで一回だけ引いたら来てくれた「バースデー花音」カードと、なんかハッピー月間だった感じです。

今回、星のかけらを使い尽くしても来てもらえずに10月は雌伏の時を強いられるものとばかり思っていましたから、消耗を最低限に抑えられた(125個しか使ってない)ことで、10月のイベントに遥香っちゃんがいても挑むことはできます。
完全にからっけつになってたら今頃泣きながら宿題をやりまくって250個確保に埋蔵石を切り崩してるとこだったわー…。


今日の勝利が明日も続くとは限らない、だけど僕たちはできることを最大限にやって、ただ前に進むだけだ。
たとえ何人もの同胞が傷つき、倒れたとしても、だからこそ残った者の肩に希望が託されたのだから。


と、「蒼穹のファフナー」のデスポエム(物語が全て終わった後の回顧録的な言い方でひたすら不安を煽るあの作品独特のいやなモノローグ)感を出して遥香っちゃん生誕祭のコメントを締めさせてもらいますヽ(´ー`)ノ
■雑談■@kurotama
2016/09/25 04:14
■ファンタジーのおわり@剣異の話。
・ええ、育てすぎました(ノ∇`)「ファンタジー北島」しすぎた。
ほんとに序盤でLV99にしちゃった感じでしたw

新システムの理解x装備の充実x転職を重ねた地力の強さが合わさってラスボスが1〜2ターンでこちらに有効打を一撃も与えずに沈みましたよ…(´・ω・`)
完全に「クリア後」の強さをクリア前に用意しちゃった感じ。

先日話題にしてた「星屑のハンマー」の上位版「星のハンマー」も2本入手でき、売買を繰り返し行う「店売りガチャ」で良い状態異常がついているのを用意して強化すると…、上位斧二刀流に等しい威力を叩きだせます。

星屑=5回ヒット、星=9回ヒットなので、武器の+1ごとに1ダメージアップだとしても、+30時点で34x9ヒットx二刀流で、敵にマヒ・気絶判定を18回、沈黙、毒判定を9回与えますから、ラスボスとかコトリちゃんが2回切りかかったら沈んだぞ…!

ニンジャのスキルの中に「隠れたターン数倍の攻撃回数を、防御無視の必中攻撃を与える(最大5倍)」というスキルがありまして、これを5ターン待って使うと、1ターンに合計9ヒットx5倍x二刀流で…90回殴りつけるという、ある意味爽快なアレを見ることが出来ますしね。

ファイターのスキル「バーサーク(1ターン集中が必要で、威力は3割下がるが5セット攻撃できる)」をクロッカーのスキル「オーバークロック(2回行動できる)」と合わせると合計180回もの攻撃判定が襲いかかるわけです…(こちらは必中ではないが、途中で「気絶」が出れば、以降の打撃、及びその後に行動するキャラの攻撃は事実上必中となる)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 17:29
状態異常係として用意されたコトリちゃんですが「状態異常かけるついでに、倒しちゃってもいいんだよね?」と某弓っぽい人みたいなアレになってます(ノ∇`)

さらに、ダメージを受けると解除される欠点があるものの、レンジャーの「狩りの奥義」を使うと、バーサークの使用に必要な「集中」を一回行えばそのあとは毎ターン「バーサークx2」ですからね。
ファイターは28レベルまであげると、7回ヒットの「ジェノサイド」も覚えるので、そこまで習得させておけばよかったなあ。

ちなみにこのゲームでは複数攻撃は敵の防御が高い場合カスダメージになりがちなので、威力3割減7回ヒットをやるくらいなら、攻撃力の高い武器で3倍撃のフルスイングを直撃させた方が威力が高いです。
ただし「星のハンマー」は状態異常付与目的で使うので、試行回数が多い攻撃のほうが結果的に有利になるってことですね。
気絶には回避なし、スキル発動、見切り発動なし、防御半減という…、防御パッシブスキルで魔法さえ半減当たり前の終盤のボスにかかると「まさしく必殺」の状態になる恐怖の状態異常ですから、こうかはばつぐん!

気絶は「気絶」のついてない武器でも発生する基本戦闘ルールであり、こちらの盾役さんも気絶→ペナルティ付きで集中攻撃を受けて即死→余波が残りの面々に飛んでパーティ壊滅が普通におきます。

さらにネットでも大不評の抵抗不可能特殊能力「呪い」によって防具が呪われると防具を一切に身に着けていない丸裸状態にされるので、これも盾役さんに呪い→同ターン中に敵の攻撃で数千ダメージ受けて即死→以下略 の運次第コンボが発生して大変不評。

気絶って怖い…。闇の者の魅了能力「オーマの波動」なんかより気絶のほうが怖い。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 17:29
話は少し変わりまして、このゲームの売りの「村正」。いくつも種類がありますが、うちにもようやっと最下級の村正である「小村正」が2本手に入りまして、満を持してサムライであるツバキさんに使ってもらったんですが…。
星のハンマーにまるっきりかなってねえwww

全ての敵種族に対して1.5倍撃、通常のカタナは2回ヒットな所3回ヒットという、村正特有の能力がありますが、致命(時々敵を即死させる)は効く敵にはザクザク効くのですが、ボスの多くは当然無効ですから、何も状態異常がないのと同じです。
気絶の下位能力、雑魚散らし用なんですよ。
属性を帯びていないので物理無効の敵が出るたびに武器セットを切り替えなければいけないのもキツい。

さらに、先日話題に出た「終わりのアクス」ことギリウスの斧が、1ヒットなので命中率は悪いですが

ほ ぼ 同 じ ダ メ ー  ジ を 叩 き だ せ ま す

な、なんなの…、なんなんですか!

先ほども書きましたけど、3回ヒットするということは補正をもらってはいても敵防御力、ダメージカットを3回貫通しないとですからね…。
とにかく1ダメージで与えようよという意味でなら安定性はありますが、単発大ダメージヒャッハーの牙城を崩すことはできませんでした。
結局、ツバキさんはデモンズハルバートをフルスイングでぶん回す侍になっています
(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/25 17:30
もう少ししたら両手武器を片手に一本ずつ持てるスキルが手に入るんですが、両手持ちの「大村正」が入手できなければ「デモンズハルバート二刀流」という、どこぞのユキムラみたいに「もぉうえるぉおおおおーーーぁッ!」ってやることになります…(デモハルは火属性)。
なんなんですか!
結局サムライって、最後の最後までカタナを握らなくていいクラスだったぞ…。なんなんですか!(3回め)

今作のシステム(ガードカウンターで相手を気絶させてからヘビースイング)に合わないと思っていたニンジャのほうが「そんなものに頼らずゴリ押ししてコンスタントに防御無視ダメージで削って行ける」という立ち位置が様々なシーンで役に立ってるんだけど…。
ぐぬぬ。

ちょいと育成をやりすぎて歯ごたえなしとなってしまった剣異ですが、9/29に始まるデモゲ2に移行するかどうか…考えどころですね。
まあ僕も「自力クリアしないといやなの!」っていうほどゲームに真摯に向き合う感じでもないので、デモゲ2はある程度情報出そろってからの方がいいかもです。

でもまあ、せっかく鍛え上げた力だし、もう少しクリア後の世界で強敵とやりあってこよう。
■雑談■@kurotama
2016/09/25 17:30
■久しぶりに晴れた!@雑談。
・わぁ、うちの地域では久しぶりに晴れましたよ。快晴ではありませんが…。
なんか庭の木もしょんぼりしなびて根腐れでも起こしてるんじゃないかってくらい雨雨雨…と続いていましたからね。
洗濯物も干せたしハッピーでしたヽ(´ー`)ノ

【告知】レアドロアップ戦道をやりませんかツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/25(日)22時半からの「戦道2016」を身内でやりませんか!
【パス】hino
【コメント】
というわけで、もろもろが150%アップの戦道を身内でやりたい方を募集です。
22:15分頃からウィスを受け付けています。

…うん、先週と文面が変わらないわけですが、なんでこれ150%上がってるんでしたっけ。
9月の終盤だから??
良くわからないですけどおトクっぽいですよー。

今週もガッツリ回りたい感じの方の要望にはお応えできないアレだと思うので、雑談、交流のついでだと思って頂ければ!
それではよろしくお願いしまーす!
■告知■@kurotama
2016/09/25 17:35
■お知らせ■
・フレパリストが更新されました!

■知ってる道ほど危ない(⊃д⊂)@雑談。
・昨日の告知後、晴れたからってはしゃいで運動がてらチャリンコで普段いかない遠くまでふうふう汗をかきに行ったんですが、帰りに暗がりにあった縁石に乗り上げて自転車ごと転倒しました…。
先日の「家でひざついて肉がバックリ割れた」のに比べたら、アスファルト相手に転んだのに左手親指に少々内出血、左足の親指は爪の根本のヒフが爪から剥がれて出血くらい(サンダルでゆるりとしてたので)で、不幸中の幸いとしかいいようがない。
とっさについた左手は筋肉も筋も少々痛めたようですが、動くからすぐ治るでしょ。
よくわかりませんが仏壇に報告とお礼をしておきました!
完全に不意の転倒だったから、頭やひじやひざから行ってたらヤバかったもんなあ。

皮膚がどこも破けていなかったし頭も打ってなかったので、まずは水のシャワーで患部を十分に冷やしながら、爪の内側の不気味な黒ずみをチェク。泥などだったら傷が治り始める前に痛かろうがかき出しておかないと「刺青」のように取り込まれてしまうかもしれませんからね。
ちなみに僕の手には小学1年生の入学時に尖らせた鉛筆で遊んでいた時についた刺し跡に残った鉛筆の炭素が今でもヒフの下に見えてますから、これ以上よけいなマークはいらないんだぜ。

歯磨き用の糸ようじで爪の深いところまで探ってみますが、どうやらただの内出血で、ドアに爪を挟んだ時になるような血豆が爪の中にできてるだけとわかったので、ちょうど焚いてなかった水風呂に入って、体温の温度になるまで考え事などをしながらすごし、十分に体温同様の温さになったら40度くらいにして血行促進を図ります。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/26 19:46
確か打ち身は、打った直後は冷やさないとだけど、その後は血流をよくしたほうが良いというのをやってみたアレです。
まあおかげさまで、これを書いている今は内出血の黒ずみは解消されまして、思ったほどひどくはない感じですんでよかった。
一日経ってみると、腕や腹に(自転車のハンドル等による)打ち身の後が残ってるのがわかりますがシップが必要なほどではない感じでした。
結構派手に不意打ち気味でアスファルトに転んだんだけど、ほんと運が良かった…。

「休日に勝手に自転車で外出して転んだんで休みます^^」とかできるんならいいんだけどねえ(ノ∇`)

【終了】レアドロアップ戦道をやりませんかツアー
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、そんなわけで今回は、メグリネキャストさん、アテメさん、Gorgorthさん、Aquaさん、バイロンさんが来てくださり、戦道をぐりぐりしてきました。
エンペだけが狙いだったんですが、皆さんが「結構会ってます」と言っておられたのに、うちの2周では出てくれませんでしたね(ノ∇`)

クリア後、★13はパフェとかエッグとかいくつか出ていたようなんですが、ほとんどの方はサモナーに縁がないのでイマイチアレな感じでしたね。おめでとうございます!

うちはサモナーで遊びながら「メイトラヴァーズリング」と「ジャストリバーサルリング」を育成する感じだったんですが、今回の緊急でようやっと両方20レベルまで上げられるようになりました!

サモナーもやってみるとペットが戦っている戦場の様子と、自分をタゲってくる敵攻撃の回避という2つの状況に対応しながら、ペットに何をさせるか等、なかなか面白くもあるんですが、個人的にはもうちょっと作戦指示系のオートバトルにしてくれるとよかった。

つづくー
■終了■@kurotama
2016/09/26 19:46
後、どうみても四足歩行のペットは地上のみにしてもよかったかなーと思いますね。

操作の非直感性というのがアクションゲームが好きで続けてたPSO2プレイヤーにまるっきりウケない方面の新体験だったので人気がないのは当然だと思いますが、その不満点、不人気点を解消するために威力を高めてバランスを取ろうとしてるのは完全にEP2の極端テコ入れの時から進歩してないって感じですね。

僕はね、フォースの「イル・メギド(6体もしくは6回まで自動追尾するテクニック)」とか大好きっ子なので「狂暴なしもべが敵を勝手に始末する」というのは好みのヒーロー性の中にあるのでそこまで嫌いじゃあないんですが、やっぱりどのペットも外見関係なく「ロック位置まですっとんでいく」のがショボいなって思います。
だったらそういうデザインにしてよっていう。マグを使って攻撃するクラスとかでもよかったんやで。
オパオパに「いけっ16tボム」とかやりたかった。

PSU系のシャドーグ/マドゥーグみたいな感じで持って、セットするPAやテクニックを自己判断で使う「マグテイマー」クラスみたいなんも面白いって思うんだけどね。

まあそんな感じで、少人数攻略でしたがわりと問題なくプレイできたなって思いました。
終了後はアップデートの話題とかしてたんですが、上記の理由で昨日は早めに寝たかったので、0時になったら解散させてもらいました(ノ∇`)

来週はなんと、あの方が企画をしてくださるそうですよ…(予告)。
それでは皆さんお疲れ様でした! またよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/09/26 19:46
■サキュバスから下着を剥ぐゲーム@剣異の話。
・終盤ダンジョンには悪魔族として「サキュバス」が出てきます。さらに上司的存在の「アスタルト」も出てくるんですが(アスタロト。キリスト教観点ではただの悪魔だけど、ルーツになると結婚・愛(欲望的なほう)・からの豊穣を司る女神だったのをキリスト教お得意の「悪魔化」をされ、それらが色々混じってしまって、チームラ世界ではいつのまにか痴女集団のトップになった感じにされた…。悪魔話は調べると面白いです)、彼女たちが持っている宝箱は「杖」「指輪」「下着」。

なので、彼女たちが出たら「下着狩り」が始まるわけです。ハレンチな!
(注:運搬してる「下着用宝箱」を奪うのであって、直接剥ぐわけではない)

すいません、字ズラが面白いので書きたくなっただけです(*'-')q

ツバキさんは彼女たちから最上級さらしである「天女のさらし布」を略奪してましたし、ダンチョーやタマちゃんなどの後衛陣は魔法攻撃力がちょう上がる「星の座の肌着」をもらいました。
痴女集団を襲撃して下着を奪うとか、どっちが悪魔だかわからない様相を呈してきたなw

■カタナさいこう@剣異の話。
・ええ、カタナしょぼい、終わりのアクスにすら勝てないじゃん^^;と書いたあの直後、両手持ちで射程がM(槍と同じく、2列先まで攻撃が届く)「大村正」をゲットしまして、レベル35になって両手持ち武器を片手で持てる「修羅の両腕」というスキルを習得した直後にもう一本ドロップしました。
なので、今ツバキさんは「両手持ちの太刀を両手に持ってヘビースイングでぶるんぶるん振り回している」状態で御座います。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/27 20:19
両手武器にも関わらず命中補正が+3、両手分で+6もあるので、考えなしにヘビースイングしてもわりとひっかけて、1回でもヒットすれば4ケタダメージが与えられるので、すっかりヘビースイングが基本になりました。

さらに両手武器ならではのダメージ減少もついていまして、最上級の品の一つである大村正は少しプラスを上げただけで最大の「15%」となります。
このゲームでは一つの装備につきダメージ減少は15%が最大ですから(右手・左手・頭・胴・インナー・アクセの6か所で90%まで)、二刀流で持てば被ダメージを30%も軽減できます。

盾役装備のおソノさんがフル装備で61%カットなのでかなりの防御力になりますね(基本ダメージを決定する防御力そのものは430と180で倍以上差がありますが)。

問題はこれ、呪いの武器なので、1行動ごとにHP−2がついてること。
2本持つと−4であり、いまつけているアクセサリのヒーリング+2では移動ごとにダメージ表示がでて気分が悪い(オート移動してると戦闘開始時にHPが200くらい減ってたりして実害もある)。
困っていたら、命中補正も回避補正もダメージ減少もこれまで着ていた「ワナ無効効果のある初期装備をプラスをつけてずっと使っていたもの」を上回る上、HP自動回復が+3もあるローブを持っていたので、宝箱を開けた時のワナにひっかかる危険と引き換えにプラスマイナスで1上回ることが出来ました。
これまで着てた衣装の上に羽織ってることに脳内変換したから違和感はありません。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/27 20:20
ファイターであるアイナさんも同じ35レベルで「ゴッドアーム」を習得したのでデモンズハルバート二刀流してるんですが、現状ではデモンズハルバートがヘビースイングの3倍撃で与えるのは1600くらい(敵に魔族や神が多いので特攻1.5倍がつきにくい)の所、大村正は「全ての種族に特攻」があるので3回ヒットすれば3800とか与えますね…。
なので、防御のくっそ硬いクリア後ダンジョンの最強ボスにさえ2500ダメージほど与えるので、これはまさしく「最強の武器」ですね。
上は究極のレアカタナ「神村正」だけです。

ちなみにデモンズハルバートは今+25で攻撃力500くらい、大村正は260x3くらいなんですが、ファイターの得意な「重刃」の最強武器はプラス0の時の攻撃力が780とか900とかあるのがあるので、それを入手できればまた変わってくるかもですねえ(そちらは命中ー5とかになっていて両手に持つと…)。

レアアイテムを拾うたびに戦闘力がゴリュっと変わる。ハクスラの醍醐味の一番おいしい所をいま楽しんでますよう。

ですが、最新バージョンでは能力値アイテム(ドラクエでいう○○の種的な)がたくさん入手できるので、キャラクターの能力が「種族初期値+20まで」ではもうパンパンになってレベルアップができなくなりつつ(どこも上げられないので必要な知性とか神秘性に入れる無駄をやることになる)あり、しょうがないので最終ダンジョンのその1に先に挑んでクリアしなければならなくなりました。

そこをクリアすると以下の特典が得られます。

@敵のレベルが上がる(=強くなる代わりにドロップアイテムがよくなる)
A能力上限がさらに+10される

です。
これは最終的には最終ダンジョン3種ごとに2周、6回めまでこの@とAは繰り返すことができるようです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/27 20:21
前作では1周するごとに解放されていた要素なんですが、周回プレイが不評だったのでこういう感じになった模様です。

クリア後ダンジョンの最終ボスなんかは、終わってみれば3ターンで勝利してますが、凶悪な攻撃が運悪くおソノさんの「鉄壁の守り(自分の回避力を上げ、防御扱いのダメージ減少ボーナスをもらいながら同じ列の味方への攻撃を肩代わりする盾役ならではのスキル。かなりの確率だが100%で発動ではなく、敵レベルが高いとたまにかばえないことがある)」を抜けてアイナさんに直撃。

アタッカー装備ではあるけどHPとカタさも少し意識してる彼女に7回ヒット2000ダメージ!とか出してましたから(2200HPしかないのに!)、命中重視装備のコトリちゃんに直撃すると即死します(´・ω・`)

まあ防御スキルが発動すればHP1で耐えるし、1ターンに何度でも(HPが1でも)そのスキルが発動する可能性はあるので結構生き残りますが…、即死って。
3ネコの中では最もHPの低い彼女でもHP2000越えてるのになあ…。
戦いは激化してきてますが、こちらの攻撃力もカタにハメれば1ターンで数万ダメージだせますから、まさに「殺るか殺られるか」です。
「クリア後」って感じがする!

追記:どうも一度自力ドロップしたアイテムは、マップに居る敵シンボルエンカウントの敵が落とすようになるらしく…、これを書いてから今までの間(プレイ時間で4時間くらい?)で入手難度が現実的な準最強武器の大村正があっさり4本揃いました(´・ω・`)
これによってアイナさんもカタナ装備可能のスキルをつけて大村正二刀流になったので、ツバキさんはただちょっとエ□いだけのクソチンピラポジに逆戻り(腕力はアイナさんのほうが高いのです)。
短いバトルヒロイン時間だった…(ノ∇`)
■雑談■@kurotama
2016/09/27 20:21
【告知】ジョジョ第4部第26話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【条件】ターニアとフレンドの方
【日時場所】9/27(火)皆さんでニコニコチャンネルの「ジョジョの奇妙な冒険第4部」を鑑賞し、おしゃべりをする会を行います。
【パス】−−
【コメント】
はい、というわけで「JOJO」を観ましょうようという会です。

22:45分頃から(有)ヒノモリ観光のチームルームにてお待ちしておりますー!
23:00スタートの予定です。

ニコニコチャンネルのURLはこちら→http://ch.nicovideo.jp/jojo-diu
※事前に「再生ボタン」を押して先に読み込ませておくとスムーズに行きます。

それではぜひよろしくお願いしますー!
■告知■@kurotama
2016/09/27 21:20
■ノートンの横暴@雑談。
・なんか自動更新で10900円も取られてるんだけど…、解約せな!
なんで本体買うより5000円も高いんだよw
ノートン製品自体の性能は信頼してるけどこれはないわー…。
もっと最低限機能のノートンに切り替えよう。

【終了】ジョジョ第4部第26話鑑賞&感想会
【アークス名】アルト・ターニア
【コメント】
はい、そういうわけで本日はMachine Headさん、カサネヒューマンさん、エリシアさんが来てくださいまして、JOJOを鑑賞しましたよー。
今回はシリアス一辺倒だったメインストーリーから外れての息抜き?回。
岸部露伴先生がジャンケン少年に付きまとわれる話でした…。
当然吉良さんの幽霊パパが矢の力を使ったり、本編と絡む感じではあったんですが、ジャンケンで心理戦をやりはじめるなど、いい意味であたまがおかしい回でした。

どうしてジャンケンするためだけに空高くジャンプするんだよ…w
でもバカ展開だけでなく、ジャンケン少年の誇り高さに露伴先生が感心するシーンもあったりと、大人げない大人げないと言われていた露伴先生、やはり少年漫画を描いているせいか心は今でも少年っていう部分もあるんじゃないかなという感じで、終わってみたらキャラの掘り下げにもなってて面白かったですヽ(´ー`)ノ

これ見てると第五部ってほんとサツバツとしたシリアス展開だったんだなーと思いますね。
終了後はPSO2のストーリーの話とか、他ゲーの話とかをおしゃべりしてたんですが、1時を過ぎてしまったので解散という感じでした。
ここ3日ほどちょっと僕が規則正しい生活してる感じになってて1時とかってもう限界。
朝早く起きすぎていやなんですけどね(;´ρ`)

そんなわけでまたよろしくお願いします〜!
■終了■@kurotama
2016/09/28 01:35
■開発者が聞いたらほくそ笑む消滅劇@剣異の話。
・すごく昔に、ファミ通イチのウィザードリィ愛好家のライターさんが「…!ははは…!これだからウィザードリィは面白いッ!」と吠えてたんですよ。

友人へのデモンストレーションか何かで、レベル数千のニンジャ一人で最終エリアの「地下10階」に降りて戦っていたところ、HPも数千、アーマークラスも最高になっているキャラがなぜか死亡。
(アーマークラス=攻撃の回避率。防具を身に着けると上昇する。ニンジャはレベルが上がるとこれが上がっていくので、レベル50あたりで表記上最大値になる。クリア推奨レベルは6人パーティの13レベルなので、通常は到達できない)

まさか死ぬことはないだろwとペシペシメッセージを飛ばしていたら起きたのです。

どうやら、敵僧侶が、HP全快の呪文の逆呪文(ダンジョンズ&ドラゴンズの僧侶は回復魔法を逆転させることで攻撃魔法に転じることができましたので、ウィザードリィの僧侶呪文にもそのノリのものが用意されているんです)「マバディ(HPを残り1〜8にする。いかなる魔法阻害でも阻むことができず必中。怖い)」を使用した後、仲間の僧侶が続けて「ロルト(敵1グループに6〜36ダメージを与える風の刃)」を使ったらしいのです。

残りHP1〜8にする魔法に6〜36のダメージを与える魔法ですか。コンピューター版のウィズに「レジスト(ダメージ半減判定)」はなかった気がしますが、なければほぼ即死コンボということになりますね…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:05
ライターさんの究極忍者キャラはどうもこれをもらって1ターンキルされてしまった模様。
彼はすぐさま別のキャラを地下10Fに派遣して忍者を救出(時間がすぐなら死体はほぼ残っています。時間が経過すると装備が奪われていたり、死亡のさらに悪い状態の「灰」になったり、最悪は食べられるなどして「ロスト」してしまいます)。

ことなきを得たのですが、ライターさんは冒頭のセリフを述べて「最高だ!」と吠えていたわけです。
その後彼が書くウィザードリィ記事の中で「HPを500とか300にあげてるのは甘えだ、ブタだ」と、ハングリーさがないと非難するようになってて笑いました(ノ∇`)

でも確かにこれは面白い。地下10階に出てくる「ハイプリースト」は、確かに6レベルの僧侶呪文を操る凄みはあるものの、そのアーマークラス、HPはプレイヤーキャラの僧侶より下手したら低いくらい。
地下10階に挑むパーティの前衛が襲いかかれば1ターンともたないでしょう。
ただこの6レベルの僧侶呪文というのは、HP全快の「マディ」、抵抗不可でHPが1〜8にされる「マバディ」、パーティ全体に6〜36のダメージを与える「ロルト」と、どれを使われても「荒れる」可能性が高いのです(敵モンスターは高い確率で最上位クラスの呪文を詠唱するクセがありますしね)。

ライターさんのニンジャはいかに攻撃力が高かろうと1ターンに1匹ずつしか始末できませんから、敵集団は1体1体潰していくしかなく、その分様々な状態異常や回避不可能なブレス攻撃などを浴びますからねえ。

それが上手く機能すると「数千レベルの忍者が1ターンキル」されるわけです。
RPGにおいてはなかなかない感触ですよね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:05
この「積み上げたものも油断すれば一瞬で失う」という楽しみは後に「不思議のダンジョンシリーズ」でゲーマーを地獄のどん底に突き落とすことになるのですが…。

で、本題ですが、先ほどツバキさんがロストしました(⊃д⊂) またかよ!

いやいや、ロールプレイとかじゃなくて。もちろんリセットしましたから、今は何もなかったかのように大村正ふるって、アイナさんとどっちが先にボスを輪切りにするかで競い合ってますけども。

こちらの装備が強まり過ぎて、雑魚戦は完全に「オート」で0.5秒くらいで終わるんですよ。
だから、ヴァンパイアレディx2とかね、ピチュンってできるよねとボーっとボタンを押してたらツバキさんの「に”ゃー…」という死に声(このゲームは攻撃掛け声とダメージ受け声と死に声をそれぞれ選択できます)が。

は?何が起こったんだぜ?となりつつも、経験値の足並みが崩れるのがイヤなので、貴重な蘇生アイテムを使用してから戦闘を終えようと蘇生させると(HP1)、

タ ー ン 経 過 で 4 ダ メ ー ジ を 受 け て 再 度 死 亡

20歳を超えている彼女は生命点が2点しかない為…「ツバキさんは蝶になって消滅した(パリン)」ってロストしましたよ!?
待て待て待て、何が起こったって言うんだ!?とログを調べて見ると…。

どうも、ヴァンパイアレディのうち1体が「呪い」でツバキさんの鎧を無力化、なんか操作ミスか何かで盾役のおソノさんの、味方を護るスキル「鉄壁の守り」が外れてた為、有能な敵AIは前衛3名の中で最も最大HPが低いツバキさんに攻撃、くさっても終盤の敵なので、防具なしのツバキさんを7回ヒットx2回で死なせた模様。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:06
呪いからの1ターンキルはまあたまにあることです。操作ミスというか、何かで変なコマンドでオートになってたのもよくあること。

だけど、なんでターン経過で4ダメージ受けたの?っていうのは…「大村正」を二刀流して、ターンごとにHPが4減るのを、ヒーリング性能のある防具で+5にしてなかったことにしていたからなんでした。
つまり防具が「呪い」で無力化されていたのでヒーリングも働かず、武器のマイナスだけが適用された…と。

村正というのは、なんか知りませんが「時の権力者が超忌み嫌った」というエピソードから「妖刀」とされていまして、ウィザードリィでも正義の光の…ではなく「妖刀」のノリで扱われていまして、それがゆえの「毎ターンHP−2」なんですが…。

のりこなしたと思っていた武器の思わぬ反撃に身を滅ぼされるなんて…、これは面白い!
装備が整いだしてからは雑魚戦で死亡とか絶対にありえないと思ってましたから、この「冷や水を浴びせられた感」はすごく面白いなー。

チームラの人が聞いたら「そうですか(ニマアアアアと藤田和日郎笑い)」ってなると思うな。

いやー、この前隠しダンジョンで雑魚敵としてふらふらしてる半ボスの「オーディン」さんにいきなり2700ダメージ→武器のスキル効果でHP1残りで踏みとどまる→1700ダメージ、と、まさしく「ゴリ押し」されてタマちゃんが死んだ時以来だわ…。

警戒してかかってるボス敵では意外と事故はないんですけどねえ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:06
■発売日前で見えて来たデモゲ2@デモゲの話。
・ええ、29日発売のデモンゲイズ2。
色々情報を調べて楽しみにはしてるんですが…。

@デモゲは難しい所があったので今回クリアは容易に。その代りにベニー松山氏を招いて作られる30時間クラスのクリア後ダンジョン「剣豪」を用意。
どうみても前作主人公の魂の中のデモンが復活しており(主人公とデモン部分に分けて「鍵」となり封印されていたはず)、前作手下にしたハズのデモンたちがなぜか新プレイヤー達の前に立ちはだかります。

Aキャラメイクはできなくなったものの、プレイヤーを光・中立・闇の3タイプから選択することでストーリーが微妙に変更、覚えるスキルで「ナイトタイプ」「いいとこどりタイプ」「ファイタータイプ」にわけられることに。

B仲間キャラクターは16名おり、男女比率が半々くらいの固定キャラです。
全員に「親密度イベント(メンテナンスという名のお触りをしたりデートしたり)」が用意されています。
シナリオ進行でどんどん加入してくるうちから5名を選択してパーティを組む感じ(途中入れ替えもできるでしょうけどレベル差がついていいことはない)。
一応キャラグラフィックはいじれるものの、イベントでは素の外見になる模様。

C固定キャラということで、同じナイトでも回復魔法が使えるナイトや攻撃スキルを充実させたナイトなどスキル習得の差で個性を出している。それにデモゲおなじみの「神器」でスキルを後付けして運用していく模様。
自在にビルドができた剣異よりライトな反面かゆい所に手が届かない感があるかも。


うん、絵がキツい(ノ∇`)ムリ
ほんとにこのシリーズ、イラストレーター変えて欲しいです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:07
ほんとにこのシリーズ、イラストレーター変えて欲しいです。
販売店特典の水着イラストとかみてると「女子立ち絵ならまかせろ」というタイプの方のようですね。
だけどドワーフとかのおっさんがダメ。見分けがつかないし魅力的でもない…。というか筋肉のつきかたを学ぶとこからやり直してほしいレベル。
あれとデートしたりお触りメンテナンスしろっていうんですか!無理すぎる!

あとは主人公も仲間たちも何者かに改造された「デモン人間兵士」なので、前作と違ってみんな境遇は同じ。
主人公はリーダーユニットとして、デモン合体などを指示でき、他を統率する力を与えられている感じなんですが、改造人間がゆえに定期メンテナンスを受けなければ生きていけない不便な体のようですね(離反を防ぐために組織に従わざるを得ない生存要素を仕込むのは有効な手です)。

そんな彼らが起こす「革命」の物語ということなんですが…どうなるんでしょうねえ。
取扱説明書がPDFで先行公開されていて、仲間全員の外見と習得スキルは閲覧できるので「キミだけのパーティを予習しておこう★」みたいに書かれてるんですが、仲間になるタイミングがわからないから無理じゃないですかね!

あとすでに起こっている問題がありまして「外見の気に入らないキャラだけどスキルセットはちょう魅力的だから使わざるを得ない」っていうね…。
前作みたいに「実種族はドワーフだけど、見た目はネイ(猫人間)にしておこう」みたいなことが出来ないからねえ。
自分で名づけられない、男子絵はショボい、クラスも自由に選べないとなんだかすごく萎える要素が多いように感じるんだけどなあ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:10
チームラゲーって「俺の考えた俺パーティと苦楽を共にする」のが最大のウリだったのに、そこをお仕着せにしちゃったらアウトじゃね?
デートイベントとか特に求めてないんだけどなぁ。
結局、見栄えの良い上に3人で役割分担が綺麗にまとまっている3歌姫(最初は敵側)を中心に使って終わりそうな気がするなー。

なんていうか不安しかないw

デモゲ1も最初は「これ大丈夫なんか」と思ってたけど終わってみたら大絶賛だったから、今回も一番目につく見た目がダメっていうペナルティを覆して中身はちょう面白いってなることに期待しておきましょう。

■やれやれ、解約できてよかった(;´ρ`)@雑談。
・昨日書いてた「ノートンが自動更新してその額が11000円だった件」を電話で大解決。
去年より上がってない?と聞いたら去年は9200円だったとか…、高えぇ!
最低限のセキュリティだけのやつは3200円で変えて、年維持費3900円くらいだというのでそっちに乗り換えよう…。
勝手に値上げされたらムカつくんで自動更新はもしないぞ…。でもノートンは信頼してるのでお願いします(´・ω・`)クキィ

■そして伝説へ?@雑談。
・ゆるふわドラクエっぽい低予算ドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ。
その第三弾が10月7日(金)から放映されます!

第三弾放送前の盛り上げ企画として「勇者ヨシヒコと魔王の城」と続編の「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」が、テレビ東京の公式HPで10/7まで無料配信中です。

面白いのでぜひ見てみてください!期待しないで見ると良い感じです!
2話までみてダメそうなら切ってもいいんやで…!

参考URL→http://www.tv-tokyo.co.jp/yoshihiko3/
■雑談■@kurotama
2016/09/28 20:15
■地獄のエンドコンテンツ也@剣異の話。
・装備も極まって来て、よりレベルの高い敵を相手にしないと更なる上の装備を得られなくなってきましたから、レアアイテム掘りの基本行動「待ち伏せ」を同じ場所で連続で行って敵レベルを徐々に上げて挑んでいます。

こちらのレベルが大体55くらいなのですが、敵は90レベルから始まって現在最大限まで高まった時に139レベルくらいでしょうかね。

このあたりになると敵の攻撃を盾役装備(防御560、ダメージ減少83%。ダメージ減少最大値は90%なのでほぼ極まっている)以外で受けると、4000あるHPが一瞬で2500位、下手したら4000持ってかれる上に3回行動くらいあたりまえです。

なんらかの理由でメイン盾ナイトのおソノさんが別のことをしている時に、キラーネコたちの前衛組、ファイターのアイナさんとサムライのツバキさんは「パッシブスキルの空蝉が運よく発動する、もしくは死んだけど不屈の心でHP1で耐える」が出ないと死にます。
なんなのこれw

しかしそれが剣異のエンドコンテンツ。
待ち伏せで出てくる敵の編成は決まっていますから、うちの「ファンタジー北島」で鍛え上げて可能な限り様々な対処をできるパーティならば「狩場ごとに重要スキルをセット」ということができます。

要するに「敵に行動させる前に全滅させればいいんやな?」というものでして…。

よくある作戦@
少な目でものすごい強い敵が複数いて、相手がどう攻撃してくるかで死人が出かねないバトル。

パーティスキルの「先制されても無効にする」と「前列同士以外の攻撃は完全無効化する」を併用できる21ポイント以下だと実行するのが怖いです(敵が強くなってくると先行を取られやすい為)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 02:28
ニンジャのコトリちゃんが両手に持った気絶ハンマー(9回ヒットx二刀流)で敵陣に切り込んで開幕に全員気絶させてしまいます。
その為、ヤバイ敵、ボスなどにはクレリック役のウィザード、タマちゃんと、本格派ウィザードのダンチョーが、クロッカースキルの「ディレイタイム」で命中・回避を20%ダウンさせることで命中精度を上げ、気絶判定をサポート。

その間、ファイターのアイナさん、サムライのツバキさんは「集中」をします。
ここを狙われると運次第で死ぬので、大抵は無駄になりますがパーティスキルを発動させたりナイトのおソノさんの「鉄壁の守り」で二人を護っておきます。なぜ無駄になるかというと…。

コトリちゃんの「幸運」の力で9回ずつ殴るのをクロッカースキルの「オーバークロック」によって2セット、サムライのスキル「斬り込み・弐」で2列の敵に行えばまずほぼ全員気絶にできますから、敵は行動が一切できません。

気絶はかかったターンと次のターンまるまる効いていまして、こちらからの攻撃は必中、防御は半減されていますから、おソノさんも攻撃です(彼女まで周ってくる敵に出会ったことがないけど)。
タマちゃんの敏捷度は初期値の9のままなので(回復役は遅いほうが役に立つのです)、誰よりも早く動くためにクロッカースキルの「クロックアップ」で誰よりも早くアタッカーネコのどちらかの武器威力強化の「ディバインウェポン」の魔法をかけます。
ダンチョーは人形使いのスキル「暗示:怠」によってボスエネミーの攻撃・防御を大幅にダウン。

そこにアタッカーネコたちがクロッカースキルの「オーバークロック」で2回発動にした、ダンサーのスキル「スターステップ(ダメージ減衰なしの5セット攻撃だけど、命中が大幅にダウン)」でボスを中心にめった打ちです。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 02:28
もしもし、そこで敵が生き残っても、おソノさんは人形使いの必殺技「暗示:殺」があるので、戦闘中に1回だけ、こちらの好きなターンにどのような敵も味方につけることができます(こちらには絶対に攻撃せず、味方か自分に全力で通常攻撃を行動回数分行う)。

6人全員が機械のように動いて「もし先制されたら盾役以外は即死してもおかしくない敵」を2ターンで無傷で始末するわけです。


よくある作戦A
お供をたくさん連れていて、ボスの「○ターンごとに魔法消去」とかとは別サイクルで雑魚も魔法消去や隊列破壊などを仕掛けて来て、運任せバトルになる場合。

まず1ターンめの開始時にボスがどこにいるかで変わりまして、ボスが2列め以降にいるならさきほどの「前列同士以外の攻撃を完全無効化する」スキルを、ボスが最前列に居る場合は後衛にタゲが行かないように祈りながら「物理被ダメージを半分にする」スキルを使います。

場合によってはパッシブスキル発動率が大幅に上昇する「通常防御を前衛3人が全員行う」でもいいですが…、所詮運次第ですから(ノ∇`)
もしくは被ダメージを半分にする魔法「ディバインアーマー」を、先ほども使った「オーバークロック」で最速使用しておソノさんにかけて耐えて頂きます(それで4200あるHPが3000以上削られたり、残り36になって魔法攻撃がきやしないかとビクビクすることになることも)。

ちなみに「クロックアップ」はクロッカーレベル1のスキルなので「次のターンはすべてのスキルが使用不可になる」というペナルティがありまして、使いどころを誤るとすっごい危険です。でも必ず最速行動(ターンの最初に行う行動よりも先に処理される特殊な最速なのです)というのはその価値があるんですよ。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 02:29
28レベルで覚える「オーバークロック」はリスクなしで2回行動できますが、最速行動が消えているという細かな弱点もあったりします。

今回は前衛さんは耐えるのに徹してもらいます。
なぜなら、パーティの最後尾ではダンチョーが1ターンめ「魔力強化(魔法の威力が+100%)」、2ターンめにパーティスキルの「魔法の威力を+50%」を使い、最強の全体攻撃魔法「オメガインパクト」を「オーバークロック」+ウィザードのスキル「マスターキャスト(同じ魔法を1ターンに3回唱える)で6発放つからです。

魔法攻撃力アップ装備に身を包み、魔法の威力に関わるINTは最大値まで高めてある彼の全体攻撃魔法は、大村正のヘビースイングが防御ダウンxディバインウェポンで5000ダメージ与えるのの約半分、3000ダメージを6回与えます。

これでボス以外はまず全滅しますから、その後でボスを始末すればいいのですが…。
パーティスキルの「魔法の威力+50%」は2ターン効くんですよ。

なので、次のターンに火・氷・雷の3つの初期魔法を同時に放つ「ドライボルト」を6発浴びて頂きます。
単体攻撃呪文はナイトの持つ「レベルの半分防御力がアップ」するスキルの副次効果の「時々被ダメージ半分」でかなり防がれてしまいますから、タマちゃんの必殺技、人形使いの「暗示:忘」を併用して、攻撃・防御スキルを1ターンだけ忘れて頂ければ、魔法なので必中、800x3x6のダメージでケズリ殺されてくれます(ノ∇`)

裏ボスは20体くらいいるんですが、その中堅どころの5体はみんなこの「お供をたくさん引き連れてくる。何を落とすか完全ランダムだけど最高級品を最も低いレベルから落とし始める」特性がありまして、これを高速周回(2〜3分で終わる)するには魔法が一番手っ取り早いわけですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 02:29
持てるスキルとこれまでの戦闘経験の全てを活かして、敵にまともに行動させずに一方的に勝つ。
中々面白いです。

戦法を確立したからこうしてハメれていますけど、転職あまりしてないプレイヤーさんとかはもっと長時間の死闘をやってるわけですからね。
一見無駄かと思えた他クラス転職祭り、ここにきて花開いてるなあ。

■おまけ。一度なら奇跡、二度なら実力、毎戦闘では?@剣異の話。
・前作では「ユニークアイテム」という1周につき一つしか出現せず、ゲームを5週しても5個しかもてなかった装備品が、いくらでも取れます。
一度自力入手すれば、マップ上に姿の見えている「シンボルエンカウント」の敵が持ってる箱からいくらでも落ちますので、ある程度自力入手が出来てラインナップが充実してきたら、待ち伏せでのヘヴィな狩りは一旦お休みして「シンボルエンカウント敵狩り」をすると、さっき拾った超アイテムがいきなり2本に!みたいなことが起こります(これでうちの大村正は3本に増えたしねw)。

お金で強化値のプラスを上げられるようになった今作では「+0だとランク下の武器より弱いよ…」という問題はありませんから、+0だろうとモノさえ拾えればいいんです(お金はスゲーかかるけど)。

なので、はっきり言って前作の数分の1のプレイ時間で「このゲームにおけるサイキョー状態」に限りなく近いことができるようになってます。

今うちは大村正4本を2名のアタッカーに持たせてますが、本来ならこれゲームを4周しないと無理(しかも両手武器二刀流は今作からの要素)だったんですねー…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 02:29
で、強力な装備品の中に「神の奇跡」というパーティスキルをタダで使えるものがありまして(パルプンテが使える道具みたいなものです)、それもね、一度拾うとポロッポロ落ちるので、装備しないでカバンの中にいれておいて、手の空いたキャラが運試し感覚で使うわけです。

効果は5種類あって1つだけ完全にハズレですが、残りはどれが来てもおいしいので、強化魔法をうっかり消去されてしまった時、戦闘不能者が出た時など、その回復や魔法無効化障壁など、まさしく「神の奇跡」と呼ぶにふさわしい効果が出せます。

うちはその…きせきとやらをもう6つくらい持ってましてねw
このゲームの魔法が込められているアイテムは、使用すると確率で「呪い」になってしまいまして、強力な効果は大抵1回で呪われて使用できなくなります。
が、アイテムとして効果を発揮できなくなるだけで、お店で無限に購入できる「蝶の粉」というアイテムを使えば解呪できます。
戦闘中は装備品しているものしか解呪できませんが、戦闘終了後ならまた使用可能にできるわけです。

呪い、未鑑定品はダンジョンから抜けた瞬間にすべて解呪、鑑定済みとなるので、もうこれに勝てば帰ってセーブできるぞうーというバトルでは奇跡、起こしまくりですw

実際はこれ頼りの戦法など組んでられないので、戦況が安定してきたら保険で安全を上乗せする感じで使うものですね。
もうそんなの奇跡でもなんでもないよw くじ引き みたいなもの。
■雑談■@kurotama
2016/09/29 02:30
■叩きに叩かれている?ソード調整ですが@PSO2の話。
・ソードが弱いのでなんとかしてくださいという声があるのを認識していて「ソードの調整についてはもう少しお待ちください」発言から数か月。
フタを開ければ問題だったサクリファイスバイトを「零式」にして対処というダメっぷり。
サクリをしてチュウチュウしてる間敵が全滅しないとか、それがあるからありきの威力のされてるんだろうがと非難の嵐でしたが…。

零式って通常攻撃の範囲が上がる(OEみたいなフォトン刃で攻撃範囲があがっている)んですよね。
これが全PAの範囲に適用されるなんてことはないんでしょうか…。

たしかにサクリ強制はイヤですが、あの画像の攻撃範囲で全ソードPAが扱えるならちょっとワクワクしてしまうかも。
フタを開けて見ないとわかりませんし、またPA一つの使い勝手を上げて解決かよ…とは思いますが、まだ期待してしまっている自分がいる…!
ランチャーの「どこにあててもウィークヒットアドバンスが乗る」というリングも、良く考えたら「20レベルで100%適用される」なんて誰も言ってないわけで。
バウンサーのブレイクスタンスを破壊部位以外にも適用の場合、135%が115%になる効果だったから、リングということもあって下手したら「ウィークヒットアドバンスの20%分ダメージが上昇」くらいのあってもなくてもどうでもいいものになりかねない。

ここの所のPSO2運営は「もうこれ以上バランスをいじりたくないけど何もしてないとギャアギャアうるさいから手間100に対して成果が20くらいの微調整でヒマつぶしさせてやるよ、それなら文句ないんだろ?カーッ」っていう方針ですからね…。

10/5はある意味すごく楽しみです(´・ω・`)

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 22:30
■一心不乱の大攻略@デモゲの話。
・とりあえず初めて見るかからのずっとプレイが続いていますヽ(´ー`)ノオモスレー
とりあえず箇条書き

・ヒロイン姉妹の立ち絵がひどい(⊃д⊂)
正面顔で目が傾いてる…。あ、僕もなります。右向き顔、左向き顔の癖がぬけないとそうなるんです。
上手い人たちは特訓で正面顔をマスターします(半分描いて反転コピペすればいいじゃんと思われるかもですが、なんというか違和感が出ることが多い。やってるひとはやってますけど)。
明確な修練不足からくるアレですね…。
で、イベントシーンは別のスタッフが手掛けていて、そっちのほうが上手いという切ないことになっていますw
そっちだと性格悪い姉もかわいく描けてるんだよなあ。

でも僕は巨○の妹ちゃんがいいですね。そこは揺るがない。

・デモン戦の絶望
あああああ、関節がクキクキ動く、操り人形チックなLive2Dやっちゃったか…。これはキモい!
これはやっちゃだめなんだよ…Live2Dの闇なんだようーーーーー!

前作までは上下拡大縮小でピコッピコッて最低限の手間で動いてる感を出すアレでしたが、今回はLive2Dなのか、ソレ的な拡縮ワークでモンスターに動きが付けられており、大変いい意味で気色悪くなってます。
だけど大きな人物1枚絵の関節ごとに切ってそれぞれを回転させながらクキクキ動かすデモン戦はものすごくダメな意味で気色悪いんですよ。

わかりやすくいうなら、美少女フィギュアがあの媚び媚びな表情のまま、首をキキキ…カクン、キキキキ…カクン…。と動いてるような不気味さがある(ちょっと言い過ぎたかw)。
これはないわ…。
誰だよ「ボス絵をLive2Dで動かしてみたいんです^^」みたいな案出したやつは…!

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 22:30
どうみても使い方が2年前のノリじゃん!ゲーム開発開始時点では最先端だったのが発売後には「^^;」ってなる、ドラクエ7の恐怖ムービーと同じアレになってるじゃん!

(注:ドラクエ7は開発期間が長すぎたのか、要所で挿入されるムービーシーンがいかに堀井信者であろうとも絶句するしかない低クオリティで、当時発売のゲームから見ても数年前レベルの代物。しばしの思考停止でなんとか擁護する理由を考えたあと、もうドラクエって時代じゃないのかなァ。としみじみしてしまう恐ろしさがあった。気になる方は「ドラクエ7 ムービー ひどい」で検索してみよう。ちなみに同じ年にFF9が発売されているので、そちらの動画を先に見てみるとプレイヤーの絶望を追体験できます)

・新武器種登場
攻撃すると○%の確率で単体攻撃魔法が追加発動するタイプの武器種が序盤からポロポロ。これは使い勝手がいい。
ゲームによっては超レアアイテムにしかついていないような効果ですよねー。

・じょうじゃくろたま
デモンを仲間にする時に、取り返しのつかないスキル取得イベントがあるのですが、ほぼ同様のスキルを7レベルで覚えるのを知らずに取ってしまいました(;´ρ`)

・まとめ:プレイ2時間め
とりあえず、剣異と比べてイベントやストーリーが多くあるタイプなので寂しくないのは良いところ。
お仕着せキャラたちも現在3人めを仲間にしましたけど、思ったより抵抗ないなー。

戦闘はびっくりするくらい低難度な上、死んでも剣異みたいに重くないので防御低下する代わりに強打を放つ系のスキルを使いたい放題なのはいいですね。
これ物足りない人は適度に自分で難易度調整してやーということでしょうね(宿屋で難易度の上下変更は制限なくいつでも何度でもできる)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 22:31
前作では管理人さんが宿屋に帰る度に「今日のお家賃、お願いね」と、パーティのレベル合計に合わせた金額をむしっていかれましたが、生放送で偉い人が「僕はいいと思ったんだけど、プレイヤーには不評だったみたいで」とカンチガイしたことを言ってました。
あれのせいでヒロインとくっついても素直に喜べないプレイヤーも多かったかと。
なんでゲームの中でまで「ロクな稼ぎもないくせにノコノコ帰ってくんじゃないよこの宿六!」みたいな扱いをうけにゃあならんのよ…w

で、今回の支配人(姉)はセリフの中で「(部屋のレンタル代取るなんてひどいって言うけど)なにも帰ってくるたびに家賃よこせっていうわけじゃないんだからいいでしょ」と自虐発言してるのはよかったw

今回はほんと安心して帰れます(ノ∇`) 
あとイベントから帰ると巨○妹ちゃんが「おかえりなさい」と玄関でお出迎えしてくれるのもいいですね。
前作も美人管理人さんが同じようにお出迎えしてくれましたが「で、今日のお家賃を…」と続きましたから…。
彼女にも事情があったのはわかりますが、ゲームプレイの中で一番のストレス要項がヒロイン由来っていうのもひどい話ですw

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 22:42
まあ今回はせっかく発売日からやってるので、wikiとかは詰まるまでみないでお得な鉄板構成とかも自分で考えよう。

前作は強引にその美人管理人さんとくっつけられましたが、今回は幼なじみの姉と妹でごく微妙に主人公を取り合う展開が見え隠れ。
僕としては巨○妹ちゃんとなら強引にくっつけられてもいいのだけど(今回の主人公は僕のキャラではないしな)、なんか姉に譲って死にそう。僕が気に入る女子って、たいていなんらかの理由で途中離脱するハメになるのよな…。

そういえば書き忘れてました。

・偉大な親を持つとつらい
前作デモゲのBGMは、全て素晴らしかった。断言できます。
本当に脳内でいつまでも繰り返されるような良さがあったんですが、今回はちょっと…微妙なような。
こちらがデモン変身してる間は専用BGMになるから、せっかくの敵ボスBGMを中断してしまうというのが厳しい。
ちなみにクリア後コンテンツでは前作BGMのアレンジ版でゲームが進むようなんですが、初回限定盤CDのアレンジ版聞くと、ボカロのIA(イア)ちゃんの扱いがこなれてしっかり発音してる反面、初代の良さが消えてしまってる感じがしました。
うーん。
■雑談■@kurotama
2016/09/29 22:43
■新たな戦いの風が吹く秋@バトガの話。
・10/1からの新ガチャは、衣装やテーマはわかりませんが公式ツイッターで近日実装予定の「そのカードを持っていると合宿所でミニドラマが始まる」機能があることから「パジャマトーク」衣装なのか?との予想がされています。
その写真にはドスケベ両刀ビッチれんげ先パイとマイ嫁の遥香っちゃんのアイコンが…。

前から言ってるんですけど、ド両ビれんげ先パイはわかりますよ。夜になるといきいきしてきそうだもんな。
だけど遥香っちゃんまでその「夜の眷属」の一員になってるの、やめてくれませんかね…!

ダークナース、夜の混浴風呂など、夜テーマのネタが多い彼女は、良く言えばメインヒロインのみきちゃんが太陽ということで、月っぽいイメージ、金より銀のイメージなんでしょう。
明るく「先生、だーいすきっ」って臆面もなく言うような子たちと違って、こっそりと後ろで手を握ってくるような、びっくりして振り向くと目が本気だったみたいな、ちょっと閉鎖的な、隠すようなノリの恋が似合いそうなのはわかります。
控えめのように見えて、1vs1になるとむしろウェルカムになるというのはプロデューサー自ら発言していましたからねw

だけど、あのれんげ先パイと並ぶとなんかイヤだな…!ちょっと「わかるw」と思う僕もいやだw

しかもれんげ先パイって余裕ぶってるように見せて、踏み込むと距離を空ける、引くと押してくる…と、(男性嫌いだけど)先生は気になっちゃうんですよねーと言っておきながら、マッサージなどの積極的なボディタッチはあっても、心では常に一定距離から近寄らせない何かを放っていることが多いんです(うちはれんげ先パイの★4カードが結構あるので、より親密なストーリーはかなり読んでる方)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/29 23:17
ある意味遥香っちゃんのほうが、チャンスを得たらガツんと来るタイプなんです。
狩られたい(真顔)。

実は9/30は植物代表くるみちゃんの誕生日、10/3は小動物牛の心美ちゃんの誕生日が来ているんですが、10月頭のガチャに遥香っちゃんが居るのなら…泣く泣くスルーするしかない(⊃д⊂)

しかしコロプラも残酷なことをするよな…。
遥香っちゃん誕生日で燃え尽きた先生たちに「特別なボイスドラマが聞ける新カード」出しちゃうんだぜ…。
やつらは悪魔。

だけどもう一つ恐ろしいことがあります。
10月です。

去年もこのあたりを境に「交換システムを廃止」「まだ確定権というのを実施する前」で、メイド16人闇鍋ガチャ、ハロウィンで確定なしイベントという、ユーザーを非難と絶望の嵐に追い込みましたからね。
あれで爆死して呪詛の言葉を吐きながらやめていったプレイヤーもかなりいましたからねえ。

今回もお金を稼ぐためにユーザーが泣かされる新ガチャを繰り出してくる可能性もないとは言い切れないわけです。
すげーこわいなー。

僕のようにむがいなきせいちゅうひかきんプレイヤーがどうしようもなくなったらどうしよう(⊃д⊂)
■雑談■@kurotama
2016/09/29 23:17
■進化し続ける@バトガの話。
・おお、0時過ぎたらくるみちゃん誕生日告知に紛れて「眠れぬ夜の記念ガチャ」が来るようですね。
イベントなしで確定ガチャのみか…。

まず第一弾として、昴・遥香・蓮華・うらら・花音の「添い寝」カードが登場。
先ほども書いたように「このカードを持って合宿所でベッドを設置するとボイスドラマが聞けちゃう」というギミック入りです。

じゃあ何が進化なんですかと言われれれば「第二弾は10/5より、おやすみなさい記念ガチャにて、みき・あんこ・明日葉・心美・詩穂を予定しています」と告知したことです。

これまでは第一弾とか前編とかついてるかついてないかはその時次第であり、押しは居ないけどイベントに参加したい浅はかな先生が石を使い切った後に押しが来て泣くハメになる…というようなことが多く「かけひきさせんなや」と非難が出ていました。

何が来るか予想するかも楽しみだったんですが、こういうとこを誠実にやる所はやっぱり素晴らしいな。
10月を境に地獄に落とされるのでは?とか想像しててすいませんでした(ノ∇`)

今820個くらいか…。今週末、確定終了日までに1000個にできるようにしようかな…。
4回の確定権で遥香っちゃんが来てくれればいいんですがねえ。
あまりこういうことは言いたくないのですが、残りの面々で欲しいのは昴ちゃんくらいしかないので、外れると精神ダメージがデカそうだ(後半のほうが全然やりたいもの)。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/30 02:14
■くるみちゃん誕生日おめでとう!@バトガの話。
・はい、今日はくるみちゃんのお誕生日!
しかし、次の日に遥香っちゃんスではさすがに25個足りとも他に回す気にはなれない…。
こんなだからくるみちゃんカードはあまり来てくれないんだろうな(;´ρ`)ノ

はい、ガチャチケットで1回だけまわしてきました。

画像URL→https://drive.google.com/open?id=0B9Z3f72Ej60qVnM2bWtXMXZXdzg
おおおおお、ロード画面が出たから「まさかの3連続誕生日カードクルー?」と思ったら…。

クリスマスくるみちゃんでした(ノ∇`)
これね、持ってるww しかもレベル70に限界突破して結構活躍してもらってますw
だから復刻ロゴついてるのを50レベルに育ててても、特に使い道はないという…。

一応スキルが「中範囲のダメージ+15秒間ダメージ無効(吹き飛びはもらってしまう)」なので、ソードだけで複数人で組む時に何かの役に立つ可能性がないとはいえませんが…。

うーん、持ってないウェディングやTiaraとかだと嬉しかったんですが、残念!
単発で何回かやればまた来てくれる気もするんだけど、今は時期が悪すぎる…。
ごめんなさいくるみちゃん(⊃д⊂)
■雑談■@kurotama
2016/09/30 02:15
■気づくとホラーって怖い@デモゲの話。
・はい、初期ダンジョン(各1層しかない)を4つクリアして、大きめのイベント戦を終えて、序盤の終盤の最初くらいと思われるダンジョンでこの事件は起こりました…。

主人公は今でこそデモン(悪魔人間)を統率する「デモンゲイザー」なんて言われて活躍していますけど、ヒロイン2名にとってはちょっと変わった目の男の子(視線に力を宿す「邪眼」もちだったそうな)でして、孤児院に引き取られて3名一緒に育ってきていたのに、デモンの力で街を支配する男の組織に囚われ、救出されるまでの間に改造されて邪眼を強化「デモンゲイザー」とされてしまいました。

記憶がなくなっていることで幼なじみ姉妹と使用人の少年にはがっかりされてしまいますが、ふれあっている(エ□い意味ではない)うちに確かに幼い少女時代の妹ちゃんの姿を見た記憶が思い起こされたりもして、今は姉妹の「革命」に力を貸すことを優先しています。

あれこれあって、公式HPで支配者の横に居る少年?が離反してこっちに味方してくれるんですよ。
彼は元向こう側の人間ですから、独自の情報を提供して革命の手助けをしてくれます。
なんでも「デモンを造っていたのは僕」とのことでした。主人公も彼が手掛けた?のかもしれません。

当然「ワナなんじゃないの?」と全員から怪しまれますが、主人公がわりかし気にしていない選択肢ばかりですし、なにより背に腹は代えられない。

デモンゲイザーと彼が支配者から奪ってきたデモンたちの力は一般兵士など相手にならないほど凶悪ですから、少々の相手なら返り討ちにできるという自信もあるのでしょう。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/30 22:00
ここで少し話がズレますが、今回のデモンたちはみな、人間(ドワーフやエルフも込みね)ベースであり、支配者の駒として街の各所を護っています。
主人公はそこを攻略してデモンを倒し、魔眼(邪眼の上位版)にその魂を封印することで、主人を乗り換えさせることで支配者からデモンを奪って戦力を拡大してるのです。

ミグミィ(小人族)のナイト、ペガサスちゃん(デモン16名はみな星座の名を冠しており、元の人間だった時の記憶があるかどうかは今時点では不明です)などは、オープニングで罪のない村人を星力炉(せいりょくろ。星力とはデモンたちのエネルギーで、支配者自身も魔眼の中にしこたま貯めこんでいることで絶大な力を持つ)にくべて焼却してしまいました。

数分後には仲間になって「お兄ちゃんっ!」と懐くわけですが「でもオマエ、罪のない村人を…」と煮え切らないプレイヤーも多かったのでは。しかし、デモンは契約者の意志に自発的に協力するようになっている模様で、意志はありますがまずは主人の言うことを聞くようです。
自由意志があるように見えて命令には絶対服従のようですね。

なので、冒頭で村人を炉にくべたペガサスちゃんは、支配者の意に沿って命令を遂行していただけであり、善悪の判断は「パパ(支配者のこと)がそうだって言ったからパパが正しい」位のものでしたから、割り切るしかない模様。

その後のデモンたちも、自分の任された区域を守る為に戦いますが、主人公に敗れて魂を封印される際は「ここまで…か。あっけなかったな」とか「その眼の輝きは…ダメーッ!」とか死を覚悟したセリフと共に消滅し、前作の管理人さんと「なぜか」同じ力を持つ、幼なじみ姉妹の姉の力によって「デモンの鍵」とされ、主人公を主と認めた新たなデモンとして新生してるようなんですね。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/30 22:00
だから以前していたことは記憶にあっても罪の意識はない。だって主次第でいかようにも変わる戦闘用の魔神とされた者だからという。

話を戻しまして、何が起きたか…です。
街の墓所の奥地に中級デモンの管理区域があるのでそこを襲撃することになった主人公たち。
中央の扉の封印を解くために「四方の祭壇で浮かばれない仲間がいる。彼らを滅ぼしてあげて欲しい」という意味のメッセージに従って四方の祭壇にいくと…、そのエリアでは普通に登場するゾンビ系エネミー10体くらいと戦わないとなんです。

僕の主人公は「善(光)」属性を選択したので基本的にいいやつです。
彼らの登場時の恨み言セリフを聞いて「あわれな…すぐに成仏させてやる」と倒していくのですが…。

セリフがね(順番はこっちのいいように変えてあります)

ゾンビ男1:「オガアアアザアアアン!オガアザアアアーン!!」
主人公感想:かわいそうに…。

ゾンビ男2:「ムラニ…ガエジテグレェー」
主人公感想:さらわれた?実験でもされていたのだろうか

ゾンビ女3:「ワタシノメエ…、エグラナイデイタクシナイデコワサナイデイヤアアアアア」
主人公感想:むごすぎる…拷問でもされていたのか?

ゾンビ男4:「オマエノメ…ナンデオマエダゲーッ!」
主人公感想:…。ちょっと待て。

…。

ええ、これ、多分、デモンゲイザーになれなかった人たちのゾンビですよ(´・ω・`)
3の女子の時はエグい拷問されたのかなぁ…かわいそうに、だったのが、4聞いた時に「ハッ」っと気が付いて「ゾッ」としました。
エグい。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/30 22:01
ゲーム上の敵の数ですが、4か所合わせて30〜40体居ましたから…。
ここから想像できるのは、あの協力してくれた「デモンを造ったのは僕です」の人、デモンゲイザーを造る為にどれだけ犠牲を出したんだろう。さらに仲間のデモンたちだって、1人さらってきて(志願して?)1人造れた感じではないとしたら。

この地下墓地がゾンビの巣窟になっている理由が、星力を取り出すために炉にくべられた人や、デモンを造り出す為に多くの犠牲が出ているとしたら…。

さらにデモンの特性「新たな主の意志に従う」ですが、実は主人公は隠れていましたが、姉妹と支配者さんは一度会っています。
支配者さんは姉妹が経営する酒場(兼革命軍のアジト)に昔旅芸人だった頃に世話になったと言って、姉妹の正体を知らずに挨拶に来たのです。
その際、支配者には娘がいたこと、その娘がなんらかの理由ですでに亡くなっていることが明かされました。

主人公は「デモンを統べるもの」ですから、誰かの支配は受けていないはずですが、姉妹の元幼なじみという「設定」も怪しい。

つまり今主人公が置かれている「さらわれてちょっぴり改造されたけどあなたは私たちの幼なじみだから革命に力を貸してね」というこの状況、そして「君たちデモンを造ったのは僕だけど、支配者とソリがあわなくなったから協力するね」とのたまう少年?。

ここらへんも主人公が知らされずにうまく利用される何かが隠れているのではないか…。

つづくー
■雑談■@kurotama
2016/09/30 22:01
前作もこの「目覚めたら記憶喪失」設定によって、中盤戦で恩人を自分の手で殺すことになってしまったりと話を盛り上げるためにいいように利用されていたり「申し訳ないとは思ってるけど、常人では太刀打ちできないデモンを倒し、従えることができるのはあなただけなの」と、優しく言われようと惚れられようとやっぱり力に期待されてるのは変わらないよねソレ…というアレでしたからね(しかも物語解決後たった数年でもう次のトラブルに巻き込まれてるしw)。

話がどう転ぶかまだわかりませんが、支配者もただの悪党ではない感を出してきていますから、中盤〜終盤で大規模な敵味方逆転が起こるかもしれませんねえ。

■0;00に戦闘開始@バトガの話。
・今夜0時(10/1)に新イベント&ガチャ「眠れぬ夜は君と…」が開催されます。
いつもは休日だろうと15時からなんですが、夜がテーマだからか0時からとなる感じですね。

なんでも「体調不良になった星守の子」のエピソードらしいので、時間軸はバラバラで過ごした記憶の話なんでしょうかね。
気が弱くなって普段強気な子たちが見せる弱い部分にもだえろ!というノリなのか。

第一弾のラインナップは 昴・遥香・蓮華・うらら・花音 と、遥香っちゃん以外見事に「強気・勝気キャラ」揃いですからねえ。
遥香っちゃんは「しっかりもの」が崩れるということにしておきましょう…。

さあ、色々あって結果は土曜の深夜以降に報告になりそうですが…(フレンドの方による告知が書かれるそうなので)。
うまく逃げ切らせてほしい…。
10/5にはくるみちゃんや心美ちゃんや詩穂さんも居る「アタリ」のガチャイベントが待っているんだぜw
■雑談■@kurotama
2016/09/30 22:01
【告知】モフモフと行く徒花T体験ツアー
【アークス名】ヴィクター
【条件】喫茶メンバーの方
【日時、場所】10月1日(土)22:30〜 私のいるブロックのカフェにて
【パス】hino
【コメント】
こんばんは 初めて企画を建てさせて頂きます。

明日、戦道後の22:30〜より徒花トリガー3連戦を行います。
トリガーに関しては私が出しますのでトリガーをお持ちでない方、普段あまり来られない方も遠慮なくご参加頂けると幸いです。
(勿論トリガーの持ち込みは大歓迎ですので、徒花以外でも使いたいトリガーをお持ちの方はお気軽にどうぞです)

21:45〜より申し込みを受け付けていますので、参加される方はWis又は直接現地にお越し下さい。
(戦道に出られてから参加される方はお早めに連絡をお願い致します)

皆様のご参加、心よりお待ち申し上げております。

以上駄文を失礼致しました。 それでは また。
■告知■ナナシ
2016/09/30 22:12
■お知らせ■
・残りコメント数も少なくなってきましたので、一つ上のナナシさんの■終了■コメントは次の掲示板に書いていただく感じになりました。

・コメント欄に空きがあると海外の方が宣伝を書き込むようなので(ブロックしてもキリがない)、残りのコメントは埋めさせて頂きます。
■お知らせ■@kurotama
2016/10/02 00:55
・500コメまで埋めます。
■穴埋め■@kurotama
2016/10/02 00:56
・500コメまで埋めます。
■穴埋め■@kurotama
2016/10/02 00:56
■お知らせ■
・今回は7/30からなので2か月かかった感じになりました。
PSO2の実プレイ時間が減ったことで、雑談の無駄な長文化が激しいですね。
見苦しいアレですが、まあチラシの裏っていうことで…。

次の掲示板でもよろしくお願いいたしますっ。
■お知らせ■@kurotama
2016/10/02 00:59

コメントする help

この記事に書き込めるコメントの上限に達しました。
TweetsWind

すれちがい喫茶掲示板跡地13 -PSO2雑記- スフィアサイト/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる